3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「アイシールド21」第35巻です。
集英社さんのジャンプ・コミックスにて刊行、週刊少年ジャンプにて連載中です。

作者は村田雄介・稲垣理一郎両先生。
両先生の紹介と今までのこの作品の紹介は「アイシールド21」のテーマにてまとめさせていただいておりますので、お時間ございましたらご覧下さい。

さて、第34巻でクリスマスボウルが決着。
そして青天の霹靂の如くワールドカップユースの開幕が決定しました。
まずすべきことは世界を相手に戦うメンバーを集めることですが……

と言うわけで第35巻。
早速世界を、最強のアメリカと戦えるメンバーを集めることになります。
セナたちの脳裏に真っ先に浮かぶのはやはり最強のライバルであり友、進でした!
その実力は流石の大和も驚くしかないほどで、文句なく選抜メンバー入りが決まります。
そして大和は西日本で他のメンバーを探し、セナたちはそのまま東日本でメンバーを探すことになりました。

メンバーに欠かせない、圧倒的実力の持ち主と言えば欠かせないのはあの阿含。
基本的に自分の為だけにしか動かない彼を誘うのは骨が折れる、と思いきや以外にも阿含の方から選抜入りを提案……というか強要してきます。
それはワールドカップで優勝したチームの最優秀選手はNFL入りの確定と3億円が手に入ることが発表された為でした。
そして阿含と最強のラインマンの峨王を加えて更にメンバーを練っていきます。
今まで戦ってきた多くのライバルたちをチームに加え、出来上がっていくドリームチーム。
それに加えてまだみぬ強豪や、選抜されていない強豪選手の発掘のためにトライアウトが行われました。
高見や3兄弟などが多数参加しますが、合格したのは関西関東合わせて2名のみ。
関東はあまりにも怪しい包帯男、
画像

そして関西は意外にも中学3年の新キャラ、中坊でした。
画像

この二人を加え、ドリームチームはアメリカへと飛び立ちます!!
ですが阿含はなにやらたくらんでいるようで、選抜漏れの選手達を引き連れて、独自にアメリカへと渡りました。
この謎の講堂ははどういう結果をもたらすのでしょうか……

いよいよ始まるワールドカップ。
様々な国が参加するこの大会ですが、アメフトは殆どアメリカ一強の競技ゆえに実質は世界各国VSアメリカという様相を呈しています。
アメリカはパンサーを始めとしたペンタグラムと呼ばれる5人のスーパープレイヤーを擁し、その実力は仏契ぶっちぎりもいいところ。
中でもひときわ異様な存在感を放っているのがラインマン、Mr.ドンです。
画像

なんと彼、アメリカ大統領の息子!
その上高校生にしてこの容姿と貫禄ですよ!
こんな高校生が率いていたら強いのも頷けますね!!!
Mr.ドンの率いる、そしてパンサーの待つアメリカとの決勝まで越えねばならない相手は3カ国。
ウェイトリフティングの金メダリストを擁するロシア、何故か出し抜けに架空の国ミリタリア共和国、そして日本以上のアメフト競技数を誇る強豪ドイツ。
数々の強敵を撃破しなければアメリカ戦は、そして世界一の称号は手に入らないのです!
その強敵だけでなく、何かたくらむ阿含や暴走必至の峨王など、獅子身中の虫……は言い過ぎとしても、トラブルを起こす臭いしかしない彼らの存在も不安を感じさせますが……
どうなる!ワールドカップ!!

というわけでとうとう開幕したワールドカップ。
おそらくアイシールド21の最終章となるであろう今シリーズ、じっくり展開していくのか……?と思いきや、物凄くさくさく物語は進んでいきます。
ボーナストラック的な位置なのか、さくっと終わらせるつもりなのでしょうか……
どちらにしてもVSアメリカはたっぷりやってくれることは間違いないでしょう!
対世界、対パンサーと言う今まで以上の舞台に加え、ライバルたちが一堂に会し、仲間として戦うと言うのはもう興奮せざるを得ないものがありますしね!
仲間として活躍してくれると今までの強敵も光り輝いて見えるというものです!
そして相変わらず迫力満点のアクションシーンに豊富な構図、恒例の単行本書き下ろしのオマケページも充実して納得の一冊!
来るフィナーレに期待せざるを得ません!

日本でのアメフト漫画唯一の大ヒット作品、「アイシールド21」最新第35巻は好評発売中です!
かませ犬化していたキャラたちの再活躍には感涙する他ナシ!出番はちょこっとですけど!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!


アイシールド21 35 (35) (ジャンプコミックス)
集英社
稲垣 理一郎

ユーザレビュー:
雑じゃない?セナが入 ...
暴走特急、金剛阿含  ...
世界戦・・・? この ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「惑星(ほし)のさみだれ」第7巻です。
少年画報社さんのYKコミックスにて刊行、ヤングキングアワーズにて連載中です。

作者は水上悟志先生。
前回の紹介は09年1月27日にございますので、よろしければご覧くださいませ。

さて、前巻では日下部が死に、白堂が夕日をボッコボコにした挙句パワーアップし更に告白するなど、物語は大きく動きました。
九つ目のボエドロミオンを倒し、残る敵は後3体(予定)。
この後どう展開していくのでしょうか。
勿論一筋縄ではいかないでしょうが……

さて、第7巻では10体目の敵、ピュアノプシオンとの対決をメインに展開。
今回スポットが当たるのは昴、雪待、太陽の3人の子供たち。
バトルのほかに彼らの過去の回想や、心の動きなどが描かれています。

ピュアノプシオンは今までの敵に比べ、数は多いもののたいした戦闘力はない様子で、さみだれ1人によって難なく撃破してしまいます。
ところが数日経つと殆ど同じ数にまで再生し、更にその能力までもがパワーアップしているのです!
2度目は全員動員し撃破するのですが、もしかしたら、と言う不安は拭えません。
そんな時、知識を貪欲に求めていた変身能力を持つ11体目、マイクテリオンは人へと姿を買えて人間世界の知識を吸収し始めます。
人間の生活にも興味を持ったマイクテリオンは、太陽と入れ替わって一晩を過ごしたいと太陽に提案。
その提案を受け入れた太陽は、翌日戻ってきたマイクテリオンの「何も問題なかった」という言葉により孤独感を強めてしまうのでした。

そんな中やってきたのは3度目のピュアノプシオンとの戦い。
更にパワーアップしたピュアノプシオンの大群に、マジカル・リリーの姿に変身したマイクテリオンまでパンチラ完備で出現。
画像

流石に今回は苦戦必至です!
全員バラバラになり、太陽は昴と雪待とともに洞窟の中に身を潜める状況に追い込まれてしまいました。
このままでは確実な死が待っているのみ。
そんなとき太陽の脳裏に、密かに敵側についているとは言え本当に世界を破滅させようとしている者が約束を守って自分だけ命を救ってくれるのだろうか?と言う考えが思い浮かびます。
悩んだ末、このまま殺されても良いかもしれないと考える太陽に雪待が活を入れました!
画像

この後太陽は自分の能力の新たな可能性を知り、死にたくないと考え始めます。
でもこのままでは、そう考えたときにやってくるのは
画像

ヒーローと相場が決まっているというモノです!

これをきっかけに太陽は変わり始めます。
敵につくのか、夕日たちとともに行く道を選ぶのか。
いやがおうにも選ばなければならないときが近づいているようです……

と言うわけで今巻も物語はガンガン進み、内容が非常に濃い一冊になっています。
今ひとつ存在感の薄かったロリっ子二人も掘り下げられ、後ろ向きな太陽との対比もあって他のキャラに負けないほどいきいきと動き始めました。
バトルシーンも満載で、敵だけではなく夕日VS三日月という注目の対人戦も実施!これは見逃せませんな!
ドラマ部分も大充実しており、ロリっ子ズの過去だけでなく、三日月の過去等のキャラの掘り下げや、白堂と夕日の絡みなどの恋愛的要素も盛り込まれており、注目点満載です!
そろそろ太陽の立ち位地も決まりそうで、物語自体に佳境が近づいてきたのではないでしょうか!
徐々に変わりつつあるのは太陽だけでなく、夕日もです。
ココのところの立ち位置がどうなるのかが物語を左右するわけで、このへんも非常に興味深い!
読者の心をがっちり捉えて放しませんね!

勝っても負けても世界は破滅予定の問題作(?)、「惑星のさみだれ」最新第7巻は好評発売中です!
予想もつかない展開が矢継ぎ早に襲い掛かるスピーディーで衝撃的なこの作品、必見ですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!


惑星のさみだれ 7 (7) (ヤングキングコミックス)
少年画報社
水上 悟志

ユーザレビュー:
流石だ! この人の漫 ...
ベタだが展開が進むの ...
アツい…アツいよ…… ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「忍空 ~SECOND STAGE 干支忍編~」第7巻です。
集英社さんのジャンプ・コミックスにて刊行、ウルトラジャンプで連載中!

作者は桐山光侍先生。
今までの本作や桐山先生の紹介は「桐山光侍」のテーマにてまとめておりますのでそちらもご参照くださいませ。

さて、前巻では恍然宗の怪僧、阿武礼由(あぶれいゆ)の術中にはまり大ピンチを向かえてしまった風助。
視覚や聴覚を完全に奪われた闇の世界に叩き込まれた風助はどうやってこの場を抜けるのでしょうか!

と言うわけで第7巻。
何も見えず何も聞こえないとなれば手も足も出ない……筈なのですが、風助はその持ち前のセンスを発揮し、気配のみで攻撃をかわし続けます。
ですが障害物などは流石に感じ取れず、思うように戦えません。
そしてなんと敵は阿武礼由1人ではありませんでした。
なんと10人もの部下を率いて風助に襲い掛かるのです!
画像

目も耳も効かない上に10VS1!
それでも風助は2人倒しますが、このままではやられるのも時間の問題です!

そんな時、宿を借りていた老婆の家で1人待っていた山吹に異変が起こります。
突然風助が襲われているその姿をまるでその場で見ているかのように感じ取れるようになったのです!
ですがその能力は見ていることだけしかできない為、山吹の無力感を煽るのみとなってしまいます。
苦悩する山吹ですが、その時山吹の目の前に竜が現われたのです!
干支忍のみが見ることのできるはずの竜を目撃したと言うことは、山吹はその資格があるということなのでしょうか。
わけもわからぬままその竜を触れると山吹の見た映像を風助の脳裏へと送信する忍空技が発動!
周囲の様子が把握できれば相手は所詮雑兵の集まり。
風助はあっさりと全滅させてしまいます。
残るは阿武礼由ただ1人。
ですが風助は隙を突かれてまた別の術にはまってしまいます!
画像

完全に身動きが取れなくなり、またも絶体絶命に陥ってしまいました!
どうなる!風助!

と言うわけで今巻は白熱のバトルの末、とうとう阿武礼由編が終了。
この後恍然宗の新たなる刺客も登場し、その上大事な地図まで失ってしまってどんどんお話は複雑になっていきます。
山吹の苦悩や未確定の干支忍(といっても今巻のカバー下に『光の山吹(後に)』と書いてあるので確定な気もしますが……)などなど、これから明かされる筈の謎も満載!
そして週刊連載時よりも洗練された戦闘シーンに加え、このようにストーリー性が深くなり忍空の世界はより一層面白みを増してきました。
勿論その二点だけでなく、忍空名物の顔芸と
画像

ギャグも満載です!
今回は別れた橙次と藍朓の出番はそのギャグ分のみで、橙次はギャグのためだけに大変な目に会ってしまいます。
画像

……時はまさに世紀末……
しかも風助もたまたま同じ床屋によってしまったようで……
画像

ちなみに風助が帽子をかぶるようになったのは、このモヒ風助をみると吹き出してしまう山吹が頭を隠させるためかぶらせたのがきっかけのようですよ!

バトルもギャグも絶好調、「忍空 ~SECOND STAGE 干支忍編~」第7巻は好評発売中です!
以前にもまして元気に、そしてキモかわいく暴れまくる風助の姿は必見!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!





画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ももんち」です。
小学館さんのビッグスピリッツコミックススペシャルにて刊行されました。

作者は冬目景先生。
92年にコミックバーガーにてデビュー後、様々な雑誌で様々な作品を連載してきた実力派漫画家です。
「羊のうた」「黒鉄」「イエスタデイをうたって」など人気作を多数連載し、荒い線でありながらも柔らかな印象を受ける高い画力を持っていますが……未完結のまま連載を中断することが多いのが玉に瑕でしょうか……

さて、こちらの作品は芸大を目指す女子予備校生の恋を描く恋愛漫画。
主人公の岡本桃寧が抱くほのかな恋心とそのいきさつを追う、ハートフルな作品です。

彼女はマイペースなのんびり屋で、友人や家族に助けられながらも毎日を楽しく過ごしていました。
画像

そんなある日、身になる男子生徒、松本に出会います。
画像

一見すると大雑把な印象を受ける彼に岡本はあまり良い印象を受けません。
しかし彼女がデッサンの授業に使った鶏を飼うことになってしまった際、ケージを作る手伝いをしてくれたことから少し変わってきます。
ですがそんな時松本が女性を泣かせている場面に出くわしてしまいました。
画像

岡本は自分が思っていた以上にショックを受けたのか、熱を出し数日予備校を休んでしまいました。
その後なにやら松本と会うとどうじてもギクシャクしてしまう岡本。
そんな状態でやってきた美大の一次実技試験。
大事な試験だと言うのに岡本は道に迷ってしまい、試験の開始時間になっても会場にたどりつくことができません。
困り果て、絶望する岡本の元へやってきたのは同じ試験を受けるはずの松本でした。
岡本の為に遅刻も辞さず、わざわざ探しに来てくれたのです!
画像


その出来事をきっかけに松本への思いを括弧たる物にした岡本。
しかし彼にはあの時泣かせていた女性……彼女がいる様子で告白することもできません。
それぞれの進路も決まり、岡本は東京の美大へ、松本は関西の美大へ行くことに。
春からは離れ離れになってしまいます。
このまま岡本は思いを隠したまま別れを迎えてしまうのでしょうか。
その時は刻一刻と迫ります……

といった塩梅の作品で、のんびりとした少女の淡い恋が堪能できます。
紹介では触れませんでしたが、岡本の複雑な家庭環境等のドラマ性を深める要素もあり、冬目先生独特の印象的な絵柄もあいまって読者をひきつける良作です。
そして主人公の岡本がかわいいことも忘れてはいけません!
のんびりおっとりしていて優しく惚れっぽく、そしてよく眠る岡本の可愛らしさといったらないですよ!
謎の行動も取りますしね!
画像


物語はハッピーエンドを迎え、この物語らしい奇麗な終わり方がより一層この作品の味を豊かにしています。
単行本事態も表紙に特殊加工、カラーページもなんと30P以上、描き下ろしのオマケページも収録し大充実!
まさに磐石の一冊ですよ!


みんなが優しい恋愛ストーリー、「ももんち」は大好評発売中です!
読後感さわやかで読み手を選ばぬこの漫画、ぜひご一読下さい!
冬目先生もいつか続編書きたい、みたいなことを仰ってますのでその時を楽しみにしながら待つことにしましょう!
さぁ、本屋さんに急ぎますか!


ももんち (ビッグコミックススペシャル)
小学館
冬目 景

ユーザレビュー:
冬目景の描く少女まん ...
ほんわかした淡い恋物 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「魔人探偵脳噛ネウロ」第21巻です。
集英社さんのジャンプ・コミックスにて刊行されました。

作者は松井優征先生。
松井先生と「ネウロ」の今までの紹介は「松井優征」のテーマにて触れておりますのでそちらもあわせてご覧くださいませ。

さて、前巻では冷静沈着と思われていた笹塚がまさかの暴走。
無謀にも単身でシックスに戦いを挑みました。
その結果やいかに……?

といったところで第21巻に続きます。
復讐の情念に駆られ、単身乗り込んだとは言え流石にそこは笹塚。
シックス打倒の為の準備は万端で、護衛たちを様々なトラップで戦闘不能へと追い込んでいきます。
十重二十重に張り巡らされたトラップに残ったのはなんとシックス1人。
石垣も駆けつけ、完全に追い詰めた……と思われました。
その瞬間笹塚を襲ったのは深々と腹を貫く凶器の感触。
画像

駆けつけた石垣と思われていた人物は生まれ変わったXiことイレブンの変身した姿でした。
生まれ変わったイレブンはなんと人間に流れる微弱な電流から人の記憶までも読み取り、記憶まで再現した完全な別人に成り代われる能力を会得していたのです!
弥子がその場に駆けつけますが、弥子1人がたどりついたところでどうにもなるはずもなく……笹塚は穏やかな笑みを残して……シックスの凶弾に倒れました。

長い付き合いの、仲間と呼べる人物の死。
弥子は激しいショックを受けますが、笹塚を無謀な暴走に追い込んだ人物に思い当たります。
いままで弥子達をさりげなく窮地へと導き、笹塚とも面識があってシックスを襲う場所を伝えられる人物……
その人物とは、本城でした。
弥子に問い詰められると本城はあっさりとシックスの僕であることを暴露。
画像

あのHALを生み出すきっかけとなった刹那の奇病もシックスの仕業であることを明かし、自らのシックスへの忠誠をあらわし、そして悔いて自らの命を絶ちました……

笹塚を失い、一致団結してシックスを追い詰める決心をした笛吹をはじめとする精鋭警察部隊。
その団結力と笹塚の敵討ちと言う信念をもってして、シックスの実質最後の部下である葛西を追い詰めました。
しかしその一方で弥子は立て続けに二人の仲間を失ってすっかり戦意を喪失し、探偵行を止める……ネウロと袂を分かつ事を選んだのです!
ネウロは止めることなく、弥子に興味を失ったかのように冷たく追い出してしまいました。
画像

この状況でまさかのコンビ解散。
このまま弥子は逃げることを選んでしまうのでしょうか。
それとも……

主要登場人物2名の退場と言うまさかの展開を迎えた本作。
弥が上にもストーリーは盛り上がり、今まで積み重ねてきた伏線や意外な登場人物の再登場など、様々なパズルのピースが組みあがって一枚の壮大な作品の完成を思わせるフィナーレは間近です!
ネウロVSシックスを前に、人間たちと血族の戦いもヒートアップ!
思わず気持ちが高ぶってしまう爽快なまでの人間たちの反撃に驚嘆することは間違いナシですよ!
挙句にこの土壇場でのネウロと弥子のわかれ!
熱いバトルや主要人物の退場と言う十分な見所に加えて畳み掛けるように繰り広げるこの展開は圧倒的としか言い様なし!
バトルでもキャラクターの心の動きや行く末にまで白熱してしまう、ザ・クライマックスです!

畳み掛けるようなクライマックスを向かえ、ラスト間近の「魔人探偵脳噛ネウロ」最新第21巻は好評発売中です!
迫りくるフィナーレに盛り上がるストーリー!
アニメ化も果たした近年のジャンプの一端を支えたこの作品、まさに今が見所ですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!


ユーザレビュー:
話しが佳境に入ってき ...
素晴らしい友人たち今 ...
ヤコの真価が分かる山 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ