3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

本日紹介いたしますのはこちら、「月光条例」第2巻です。
藤田和日郎先生待望の最新作は小学館さんの少年サンデーコミックスにて刊行中!
もちろん連載は週刊少年サンデーです!

説明は不要かと思いますが一応しておきますと、藤田和日郎先生は「うしおととら」でデビューし、高い評価を受けた漫画家です。
「うしおととら」を連載終了後も「からくりサーカス」を連載しコレもまた大人気作品になりました。
その後青年誌でしばらく活動したのち、この「月光条例」で待望の週刊少年誌で連載再開となったわけです。
あの「金色のガッシュ!」で知られる雷句誠先生や「美鳥の日々」で知られる井上和郎先生の師匠でもあり、様々な意味で漫画界に多大な貢献をなさています。

さてこの「月光条例」は、御伽噺を下敷きにしたストーリーになっております。
何十年かに一度起こる不思議な現象、「月打(ムーンストラック)」。
それは真っ青な月の光に照らされ、物語の登場人物がおかしくなってしまう現象。
そしてそれを正す為のただひとつの条文、「青き月光でねじれた『おとぎばなし』は猛き月光で正されねばならない。」が記されている「月光条例」。
そんな不思議な条例の執行者となってしまった主人公、岩崎月光(いわさき げっこう)とその幼馴染、演劇部(えんげきぶ 本名は作中で明かされず)を中心として話は進みます。
おかしくなってしまった物語の登場人物は「読み手」である人間の世界に様々な危害を及ぼします。
それを防ぐ為「鉢かづき姫」の主人公である鉢かづきに導かれ、月光は戦うことになりました。
昔からへそ曲がりだった月光はやる気も無く、悪態をつくばかりだったのですが、なんのかんのいって困ったものを見過ごせずに奮闘します。
そんななか現れた一寸法師と、禍々しく巨大な金棒を携えて大きな牛車を引く鬼のような化け物。
凶悪な力を感じさせる新たな敵に月光はどう立ち向かうのか!?
といった場面で第1巻は終わります。
そいてこの第2巻では一寸法師の世界からやってきたこの化け物との戦いがメインとなっております。
化け物は「姫の口の周りに米粒をくっつける」という方法で姫を陥れ、なかば強制的に姫と旅立った一寸法師を憎み、暴れまわりながら探し回ります。
一寸法師に登場する2匹の鬼の片方を自称するこの化け物は想像以上の力を持っていました。
まず、なんでも願いをかなえるという打ち出の小槌で一寸法師の居場所を即座に突き止めてしまいます。
更にその手に持った巨大な金棒の破壊力はまさに常識はずれで、一度打ち付けられる度に地面に大きなクレーターをつくり、大量の土砂を巻き上げてしまうほど。
ですがその土砂こそが曲者で、1打ちでなんと8億トンも巻き上げていました。
恐竜が滅亡したといわれている理由は諸説ありますが、皆さんも「隕石衝突説」をご存知かと思います。
地球に隕石が衝突した衝撃で様々な物質が空気中に巻き上げられ、それによって地球は氷河期を迎え変温動物であった恐竜達は滅亡した、というアレです。
そのときの物質量は推定64億トン。
すなわち金棒を8回打ち付ければ人類は滅亡してしまうのです!!
……なんか乱暴な理論だ……
でもいいんです!この発想はなかった!!
怒りに任せて振り回した金棒の打ちつけられた回数は6回。
あと2回打ち付けられてしまえば人類は滅亡してしまいます!
ですが肝心の月光は唯一の対抗手段である「鉢かづきを武器として戦う」という行動が気に入らず、なかなか戦おうとしません。
果たして月光は気を取り直して化け物に立ち向かうのか。
そして明らかになる意外な化け物の本性とはなんなのか。
姫を正しくない手段を用いて陥れることで化け物に狙われた一寸法師はどうするのか。
数々の事実ともに、「正しくない」ことは悪いことなのか、その答えのひとつがここにある!

藤田先生ならではの真っ直ぐなストーリーと藤田先生ならではの激しく荒々しいバトルシーン満載でお贈りする、待望の最新作最新刊「月光条例」第2巻は本日発売!!
迸る熱き情熱の血潮をあなたも即体感!!
本屋さんへ急ぎましょう!!

月光条例 2 (2) (少年サンデーコミックス)
小学館
藤田 和日郎

ユーザレビュー:
おもしろいぞ、ゲッコ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますはこちら、「とめはねっ! 鈴里高校書道部」です。
小学館さんのヤングサンデーコミックスにて第3巻まで刊行、ビッグコミックスピリッツにて隔週連載中です!

作者の河合克敏先生は週刊少年サンデーで「帯をギュッとね!」や「モンキーターン」を連載し、大人気を得たヒットメーカーの漫画家。
その作風は丁寧でとにかく爽やかで、主にスポーツを題材とした漫画を描いている方です。

この「とめはねっ!」では今までのスポーツ漫画から離れ、書道という漫画としては非常に珍しいジャンルの作品になっています。
ですが部活動を中心とした青春劇という先生の得意なジャンルでもある不思議な味付けに仕上がりました。

さてこのお話、カナダの田舎から出てきた帰国子女のぱっとしない少年、大江縁(おおえ ゆかり)が不慮の事故から弱みを握られ、書道部に入らされてしまうことから幕が開きます。
書道部のメンバーはその時点で他に3人。
小柄で優しく真面目な眼鏡っ子の部長、日野ひろみ(ひの ひろみ)
長身で切れ長の目が特徴で毒舌の副部長、加茂杏子(かも きょうこ)
美人で物腰柔らかだが腹黒い会計、三輪詩織(みわ しおり)
実は一ヶ月以内に部員を5人にしないとこの部は廃部になってしまう為、縁を無理やり入部させたのでした。
事情を知らない縁は入部したものの自分に務まるのか不安に思います……
そんな彼があるとき、入学式で一目惚れしてしまった少女、望月結希(もちづき ゆき)が男に絡まれているところを発見しました。
勇気を振り絞って助け出そうと駆け寄ると、なんと望月は男を一本背負いで投げ飛ばすではありませんか!
なんと彼女は柔道部で、その上全国2位の腕前だったのです!
ですがその投げ飛ばした先には運悪く縁が駆け寄った場所で……
運悪く縁は右腕を骨折してしまう事態になってしまったのでした。
責任を感じていた望月の弱みを突き、加茂と三輪は彼女を書道部に掛け持ちで入部させてします。
縁が怪我で一月後の大会に間に合わないからその間だけという条件で入っていた望月ですが、縁の骨折が思いのほか早く治癒してしまいます。
加茂や三輪の入れ知恵によってそれを隠す縁ですが、ある出来事がきっかけで望月に嘘がばれてしまいます。
怒る望月ですが、書道と縁に興味を持ち始めていたことから書道部に残ることを決めたのでした。
これによって廃部を免れた書道部の物語がやっと本格始動するのです!

鈴里高校のライバルとなる、ひろみの双子の妹よしみ率いる鵠沼高校が登場し、ますます話は盛り上がっていきます。
望月の大切な思い出である出来事をなぜか思い出させるイケメン、勅使河原(てしがわら)や、書道暦が短いもののなかなか評価を受け望月に密かにライバル視される宮田麻衣(みやた まい)なども加えてますます複雑になっていく人間関係にも要注目です!
しかしそれでもなお損なわれない爽やかさ!すごいぞ河合先生!
書道というミクロといわざるを得ない世界で繰り広げられる熱く爽やかな戦いを!
甘酸っぱい青春のにおいを感じさせる人間模様を!
奥深い書道の世界の入門書がわりにも!
あなたもすぐさま体験しましょう!
河合先生特有の媚びない萌えキャラ達も満載の「とめはねっ! 鈴里高校書道部」は第3巻まで大好評発売中です!!
さあ今すぐ本屋さんにいそげっ!!

とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
小学館
河合 克敏

ユーザレビュー:
『永字八法』と『九成 ...
青春、アミーゴ ! ...
期待を裏切らない作者 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



そういえばこの作品を読んでいてふと考え付いたことがあるんで4コマにして見ました。
第1巻74P参照です!もし既出ネタでしたらスルーしてください!!
画像

……すみません。
望月、部長の両ファンの皆様……本当にすみません……

本日紹介いたしますのはこちら、「ちぇんじ123(ひふみ)」です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスにて刊行、チャンピオンREDで好評連載中です!

作者は原作が坂口いく先生、作画が岩澤紫麗先生。
坂口いく先生は「闇狩人」を月刊少年ジャンプで連載するなどその他様々な雑誌で活躍しているキャリア25年を超える大ベテランの漫画家で、今作品では原作にはじめてまわっただけでは無く、絵コンテまで担当なされているようです。
岩澤紫麗(いわさわしうる)先生は(資料が無いので詳しくはわからないのですが……)チャンピオンRED上で読みきりを発表した後この作品に携わった方です。
少なくとも単行本はこの作品がはじめてなのですが、確かな画力を持つ実力派の漫画家です。

さてこの「ちぇんじ123」ですが、ある意味非常にチャンピオンREDらしい漫画だといえます。
チャンピオンREDといえば萌えとエロとバトル(あとグロ)で構成されているといっても過言ではないのですが、この作品はその全てが高いレベルでミックスされています。(グロはありませんが)
主人公の小介川ヒデオ(こすけがわ ひでお)は大人しい女子高生、月斗素子(げっとう もとこ)としりあいます。
そしてひょんなことから彼女の秘密を知ることになります。
なんと彼女、素子は多重人格者で、他に3つの人格を持っていたのです。
しかもそのどれもが格闘技の達人で、素子が危機に陥ったときに表面化してしまいます。
男勝りで打撃を得意とする「ひびき」
冷静沈着で武器を使った戦法を得意とする「ふじこ」
天真爛漫で子供のような関節技を得意とする「みきり」
この3人に素子はいつも助けられているのですが、そのためにトラブルに陥ることも多いようで、同時に困ってもいます。
小介川はそんな彼女に好意を抱き、彼女の心の支えになる決心をしたのでした。

様々なトラブルに巻き込まれながらも互いに距離を縮めていく二人でしたが、ある人物に彼女の多重人格を治す為には彼女が今まで表さない感情、怒りを引き出すことが必要になると伝えられます。
怒りを引き出すためにその人物は素子たちに次々と腕利きの人物を送り込み戦いをけしかけます。
その結果とうとうその怒りをつかさどる人格、「ゼロ」が発現しました。
ですが破壊的なまでの戦闘力によって多くの人物が重症を負う事態になってしまいます。
誰もがゼロを止めることが出来ないと思われた時、最終的に彼女を止められたのはやはり小介川でした。
ゼロが小介川に止めをささんとした時に寸前で彼は自分が素子の全てが好きだと打ち明け、それを意識の中で聞いた素子とひふみ達がゼロを押さえ込むことに成功したのです。
こんなやり方は賛成できないと考える彼でしたが、協力者達の支えやゼロを押さえ込んだ一瞬に見せた人格が融合した素子の姿を見て、多重人格を治せる手ごたえをつかむのでした。

そんなながれでこの「ちぇんじ123」の物語はつむがれていきます。
この紹介したあらすじの後にも様々な新キャラが登場し、数々の事件が起こるのですがそれは読んでのお楽しみです。
素子とひふみ達と小介川の初々しい恋愛模様や岩澤先生の流麗な線で描かれる数々のサービスシーンで萌え要素&エロスを求めるあなたも安心、刃物や素手、そして銃器に到るまで様々な相手と戦うバトルシーンもふんだんに取り入れられてアクションを求めるあなたも大安心という欲張りな作品に仕上がっている「ちぇんじ123」、あなたにも是非一読していただきたい!
RED連載作品にしてはエロスが大人しめなので行き過ぎなエロスが苦手なあなたでも大丈夫ですよ!
現在第7巻まで刊行中、そして今月20日に待望の最新第8巻が発売予定になっております。
さぁ!いますぐ本屋さんに向かいましょうか!

ちぇんじ123 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
坂口 いく

ユーザレビュー:
RED編集部GJ!  ...
最高にセクシー可愛ら ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介するのはこちら、「CLOTH ROAD(クロスロオド)」です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラにて第6巻まで刊行され、ウルトラジャンプで大好評連載中です!

作者は原作が倉田英之先生、作画がokama先生。
倉田先生は「魔法少女プリティ・サミー」や「ガン×ソード」、そして2009年に始まる予定の「明日のよいち!」など様々なアニメの脚本を担当し、「サムライジ」などの漫画原作、「R.O.D」などの小説なども作り出し精力的に活動しているマルチな作家さん。
一方のokama先生は透明で淡い印象のイラストを描くイラストレーターで、様々なアニメのデザインを手がけています。
漫画では「スクール」などの成年向け漫画を発表した後、この「CLOTH ROAD」を連載開始しました。
ペンネームの由来は格ゲーで女キャラばっかり使うからだそうな。

さてこの「CLOTH ROAD」ですが、独特の世界観が印象的な物語です。
超小型コンピューターを織り込んだ服が世界的に普及し、それを作り出しているトップブランドの7社が事実的に世界を支配しているこの世界。
星ごとが服に包まれて守られているほどに服が重要とされている為か、小中都市では服とそれを着るモデル同士が1対1で戦う「WAR-KING(ウォーキング)」が盛んに行われ、主人公であるファーガスはWAR-KINGに参加している弱小ブランドで洋裁を学んでいました。
口だけで実力の伴わないモデル、飲んだくれて愚痴り、殴りつけてくる師匠……そんな環境で過ごす彼は将来を悲観して生きています。
ですがある出来事によりファーガスの運命は大きく変わることになるのです。
ひとつは飲んだくれではあるものの、ファーガスを育て、技術の基本を教えてくれていた師匠が余命僅かであることの発覚。
そしてもうひとつは突然やってきたわがままで勝手気ままであるものの真っ直ぐでかわいらしい少女、ジェニファー……彼と赤子のときに生き別れた双子である彼女との出会いです。
彼女との出会いをきっかけにファーガスは少しだけ自分の気持ちで前へ進む決心がつきます。
そして師匠は死を目前にして洋裁道具一式をファーガスに譲り渡し、いつまでもここでうじうじとするな、外に出て夢をつかめと怒鳴りつけます!
悲壮で、真剣そのものであった師匠の檄に背中を押されファーガスは旅立ちます。
ジェニファーとともに顔も知らぬ両親を探しに。
そして、夢をつかむ為に……

そしてファーガス達はWAR-KINGに参加して路銀を稼ぎ、旅を続けます。
ですが旅の途中で立ち寄ったトップブランドのひとつ、ロイヤルカストラートでファーガスが牢獄へ繋がれてしまいました!!
そして残されたジェニファーは来る途中の電車でほんの少しだけ会話をしたロイヤルカストラートのトップモデル、ジューン・メイを頼ります。
しかし自分のことしか考えていないジューン・メイはジェニファーのことを覚えておらず、冷たくあしらいました。
ですがジェニファーの面白さから手元において鍛え上げてみようと考え付き保護することにしたのです。
一方のファーガスはロイヤルカストラートの本社で衝撃の事実を知ります。
そこでであった老人はなんとファーガスたちの父、ガーメントの友人だったのです。
30年ほど前、この星を保護していたオーロラ層が消滅寸前になり、人類滅亡は寸前になっていました。
技術者達がなんとか保護する布を作ろうと苦心しましたがうまくいかず、絶望します。
そんな中ガーメントは「人と布を融合させたドレスを作る」ことで星を守ることに成功しました。
その改造された人間の名はアルジャンヌ……ガーメントの妻、つまりファーガスたちの母親だったのです!

ファーガスは決心します。
技術を磨きぬき、星を覆う完全なドレスを完成させ母を救い出すと。
ファーガスは洋裁の技術を、ジェニファーはモデルの技術を学ぶ。
二人がそれぞれの役割を見出し、力強く歩みを始めたのです!

……が。
トップブランドの中のトップを決める大会、クロスロオドの開催中に事件が起こります。
ガーメントが突如として現れ、人々を蹴散らし、あっという間にアルジャンヌの服を着替えさせてしまいます。
その服の機能によりロイヤルカストラートは壊滅。
さらにその服は彼女を襲う苦痛を和らげる代わり、17ヶ月でアルジャンヌの命を奪うというのです!!
彼女の命が終わるということはつまり世界が終わるということ。
そんな事実を突きつけてガーメントはまた姿を消してしまいました。

これでファーガスはまた旅に出ることになります。
世界中の技術を学び、ガーメントを超える服を作る為に!!

そんな双子の姉弟(兄妹?)の絆、そして父と子供の対立を軸に、世界の覇権を奪う為トップブランドたちが様々な策略を練る、そんな複雑で単純な物語が展開されます。
あっと驚く展開もあり、okama先生の個性的で美麗な作画で描かれる迫力のバトルもありの息をつかせぬ「CROTH LOAD」は第6巻まで発売されております。
燃える熱血の展開アリ、萌え要素もアリ、涙を禁じえない人間ドラマアリのこの漫画、読まない手はありませんよ!
さぁ!今すぐ本屋さんへウォーキングで向かいましょう!!

CLOTH ROAD 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)
集英社
倉田 英之

ユーザレビュー:
シャープな絵柄、広が ...
まだまだまだまだ。物 ...
ちょっと変わったバト ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



しかし倉田先生脚本だし、okama先生も「月面兎兵器ミーナ」とかで有名になったいまこそアニメ化すべき!だと思うのは俺だけでしょうか。
面白い動き多いし、しっかり作ればそうとうアニメ映えすると思うんですけどねぇ……

さて本日紹介いたしますのはこちら、「毎月父さん」です。
小学館さんのビッグコミックスにて現在第2巻まで刊行され、ビッグコミックスピリッツにて月一連載されております。

作者のヒラマツ・ミノル先生の紹介は9月2日の「ヨリが跳ぶ 始動編」の紹介の記事をご参照くださいませ。

さてこの「毎月父さん」は今までのギャグではあるものの根幹はシリアスなストーリーライン、という平松先生の過去作品に比べると比重が大きくギャグ漫画に傾いている作品です。
主人公は500余戦無敗を誇る地上最強の格闘家、鈴木・グレーテスト・総四郎。
格闘一族鈴木家の頂点となるべく育ってきた彼の欠点は「あまりにも世間の常識を無視する」こと。
そんな彼を理想のマイホームパパへと転進させようとする妻の策略に振り回されるグレーテストの生活が主に描かれていく物語なのです。

圧倒的な地上最強の自負心と頑固さで今まで自分を貫き通していたグレーテストですが、とある事件から少し旗色が変わってしまいます。
地上最強を証明する為にやってきたサファリパーク。
そこでなんとグレーテストは象に勝負を挑んでしまうのです!
最強のオーラを激しく噴出しながら象へ全力でダッシュするクレーテスト!!
ですがそのこぶしを振る前に象の鼻の一撃によってあっさりと敗北してしまうのでした……
そんな姿を家族に見られたグレーテストは妻の提案する理想のマイホームパパ像を作るための習い事などを次々に押し付けられる羽目になってしまいます。
ピアノ、町内のバザーの手伝い、バーベキューパーティー等など様々押し付けられるイベントの数々をなんとか強引に潜り抜けていくグレーテスト。
ですが彼の「敵」は妻だけで終わらずに実の兄、鈴木・マジック・総二郎も現れます。
彼はグレーテストの前に鈴木家を背負っていた地上最強の格闘家だったのですが、とある事件によりコンディション不良に陥り判定負けを喫してしまいます。
たった一度の敗北で一族のトップの座を下ろされたことに納得がいかず、昔から一族に才能を認められ、自分の立場に成り代わったグレーテストに逆恨みをします。
何とか以前の立場に復帰する為、グレーテストに敗北を味あわせることによってその場に返り咲こうと目論んでいるのです!なんという小悪党!!
何年も海外を探し回っていた結果、ついにグレーテストに勝てそうな男を捜して勝負をけしかけてきます。
トラウマを抱えているグレーテストは一応確認します。
「対戦相手が象ってことは無いだろうな?」と。
トラウマ負いすぎです!流石にそんなわけ……
ありました。
マジックは象をけしかけようとしていたのです!!
内心看破された事に動揺しますがそれを億尾にも出さずに一応つれてきていたリザーブ選手を対戦させることにします。
……ゴリラでした。
地上最強を自負するからには逃げるわけには行かないグレーテスト。
勝負は始まり、グレーテストはぶつかりざまに額に正拳を打ち込みますが、ゴリラはそのまま突進してきて吹っ飛ばされてしまいます。
ですが流石にパワーは象>ゴリラなのか、体勢を立て直し次の攻撃に備えるグレーテスト!!
さすが地上最強の格闘家!さあ反撃だ!!
……と思いきや、そこでマジックは強引にゴリラのTKO勝ちを宣言してしまいます。
野生を舐めるな、とめなければ殺されていたぞ!と捨て台詞をはき帰っていくマジック。
グレーテストはまだまだ修行が足りないと悔やむのでした。
ですが3人(2人と1匹?)が別れたあと、なんとゴリラは倒れて気を失います。
なんと出会い頭の一撃が効いていたのです!!
さすが地上最強の格闘家!!!常識はずれだぜ!!
それを見たマジックはいよいよもっと強い格闘家を探さなければならないと冷や汗をかくのでした……

こういった日常をグレーテストが強引に生きていくパートとマジックなどの刺客とギャグ交じりに対決していくパートが入り混じって進んでいく漫画です。
ジャンルでいえば……ほのぼの日常格闘技ギャグ漫画?
5月に発売された第2巻ではついにグレーテストを脅かしそうな凄腕のロシア人格闘家、ゴルビーが現れ、話が大きく動く(かもしれない)シリーズが始まっており、ストーリーにも目が離せなくなってきております!
ちなみにゴルビーはまったくといっていいほど声を発しない強面の男なんですが、趣味は萌えイラストを描くことだったり。
ですがどんな打撃にも耐える頑丈な体、マジックも認める強烈な圧力、そして常識はずれの技を持つゴルビーをグレーテストはどう迎え撃つのでしょうか!
そしてマイホームパパになってしまうのか!?象に勝利を収める日は来るのか!?
あと某高田総統そっくりなグレーテストの自称親友で実際はうざがられている男、片田が友人とに認められる日は来るのか!?
注目点満載の「毎月父さん」は第2巻まで好評発売中です!!
スピリッツ新創刊も記念して、みんなで本屋さんへ買いに急ぎましょう!!

毎月父さん 1 (1) (ビッグコミックス)
小学館
ヒラマツ ミノル

ユーザレビュー:
こっちに走ったか最近 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ