3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「NIGHTMARE MAKER(ナイトメア・メーカー)」です。
秋田書店さんのヤングチャンピオン烈コミックスにて刊行、ヤングチャンピオン烈にて連載中です。

作者はCuvie(キュービー)先生。
03年ごろから活躍されている漫画家で、主な活躍場所は成年向け漫画。
ですが06年頃から全年齢向けの漫画も精力的に発表し始め、エロスでありながら繊細な絵柄もあって多くのファンを獲得しておられます。

さてこちらの作品、学園を舞台にして、ある発明品から来るトラブルを描いた、一見すると単なるエロ漫画です。
ヤングチャンピオン烈という雑誌柄もあり、乳首だのなんだのなぞとっくの昔に超越したエロス描写が満載されていますので、エロスが多分に含まれているのは否定しようもありません。
表紙めくったカラー口絵から乳首まろびだしてますし、1話目から夢の中とは言えリンカーンなんかも描かれてます。
画像

お子様でも安心して読める健全サイトを目指す(目指すだけ)のウチではこれが限界……!
とにかくエロいんです!
しかしこの漫画、しばらく読み進めていくとどうやらエロスだけが目的ではない、なにやらいやな展開が待っているであろう人間ドラマであることがわかってきます。

事の発端は主人公の内田が自分の願望通りの夢を見ることの出来る夢見装置を発明したことから始まります。
これさえあれば夢の中とは言え女の子とキャッキャウフフ、そしてベッドでしっぽりなんてことも思うがまま!
ところがなぜか自分自身では今ひとつ思うような結果が得られません。
そこで他人に実験を協力してもらおうと考えます。
ある日、保健室に行くと保健の先生がベッドで居眠りをしているではないですか。
ここぞとばかりに装置を取り付けると……なにやら保健の先生はモノごっついエロスな夢をみてしまったのです!
その後装置が願望をかなえる夢を見せてくれると言う噂がクラスに広まり、内田はデータが欲しいこともあり何台か作ってどんどん貸し出していきます。
しかし思う存分に願望どおりの世界に浸れるがため、夢の世界に逃避し続ける生徒が増えていってしまうのです!
自分のリビドーを満たす為……という目的の他に辛い境遇にある幼馴染の灯明にせめて夢の中だけでも楽しい思いをさせてやりたいという思いのあまり、周囲の変化を気にせず研究を続ける内田。
灯明は叶わない望みなど持たない、夢など見ないと否定し続けていることすらも知らずに……
画像

そんな時、夢と現実の境界を越えてしまい、夢の中のような欲望を現実で吐き出してしまう生徒が現われ、事態はどんどんと深刻になっていってしまうのでした……

チャンピオン系の面目躍如と言わんばかりの溢れるエロスはステキなのですが、やはり今作の見所は灯明と内田の関係や、内田をライバル視していたはずなのに装置によって偏執的ともいえるゆがんだ愛情を持ってしまった渡会の今後の動向でしょう!
内田のことを信頼していながらも装置を否定し、内田への思いも否定してしまう灯明は自分の気持ちや境遇にどう決着をつけるのか、決着をつけずに我慢を続けていくのか。
渡会は夢の中のまやかしによって作り上げられてしまった気もちを暴走させてしまうのか。
画像

現実世界でも徐々に壊れ始めた境界線、このまま崩壊へとむかってしまうのか。
見所が満載としか言いようが無いではないですか!
兄妹のインモラルな関係を描いた「せかいはすべてきみのもの」、ピュアでエロスな高校生の恋愛を描いた「ばらんす」の2本の読みきりに加え、書き下ろしの表題作番外編4Pを収録し、表紙はなんか新ビックリマンのヘッドみたいなキラキラした加工(光る粒が散らばってる感じのアレ)で豪華に仕上がっております。
エロス目的の変態なかたも、ドラマ目的な紳士淑女のかたも、その両方の変態紳士のみなさんにも、とにかくエロ描写が許容~ドンと来いな方々にはオススメできる、先の気になる一冊です!

エロスのちシリアス、「NIGHTMARE MAKER」第1巻は好評発売中です!
表紙からは想像できない、ドラマティックなストーリーは読まずにいるのは損といえるのでは!?
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!


NIGHTMARE MAKER 1 (1) (ヤングチャンピオン烈コミックス)
秋田書店
Cuvie

ユーザレビュー:
誰にも知られたくない ...
表紙は綺麗な加工がさ ...
ナイトメア・メーカー ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「性本能と水爆戦 征服」です。
ワニマガジン社さんのワニマガジンコミックススペシャルにて刊行されています。

作者は道満晴明先生。
今巻と関係の深い「最後の性本能と水爆戦」は08年12月15日の記事にて紹介しておりますのでそちらもよろしければご参照くださいませ。

さて、今作は01年に発行された「性本能と水爆戦」と、05年に発行された「続 性本能と水爆戦」を書き下ろしを加えつつ一冊にまとめ、お求め易い価格で刊行したものです。
快楽天にて連載をしていた短編が、書き下ろし1本を加えてなんと45本も収録されています。
1997年から2005年にかけてというもの凄い長期間の連載作を一冊に収めているというのはまさに豪華と言う他はなく、書き下ろしの作品も含めてしまえばなんと足掛け13年の歴史すら感じさせる単行本になっているのです!
97年、
画像

05年、
画像

09年、
画像

と、絵柄の変化を見てみるのもまたオツなもんですね!

道満先生作品の特長と言えば「最後の~」の紹介でも言ったようにエロくていい話、もしくはエロくて切ない話……エロいい話です。
この単行本でも勿論それは当然健在なのですが、単純なギャグやエロス重視の作品なんかもありバラエティ豊かであきさせません。
掲載誌が掲載誌だけに実現が出来た(であろう)ギリギリな表現も多く、道満先生ワールドの本領を思う存分に発揮なさっています。
書き下ろしで表題作となった「性本能と水爆戦」はこれぞ!と言えるほどの道満先生らしさがぎゅっとつまった「性本能~」シリーズの最後(?)の一編にふさわしいエロいいにも程があるお話で、必見と言わざるを得ませんよ!

「なんだかんだいって結局はただのエロマンガなんでしょ?」と言う方もいるでしょう。
確かにエロマンガです。エロイです。
成年向けマークこそついてはおりませんが、子供の目に届くところにおいておく人はカブキ者過ぎると言わざるを得ません。
ですがこの非常に奥深い、なんともいえない印象を残す作風は他に類を見ないのではないかと言うほどのインパクトを与えてくれるはず。
エロマンガだからって敬遠するのはナンセンスですよ!

とまあいい点ばかりを上げてきましたが、欠点もあります。
いや、作品の内容にではなくこの単行本自体の問題なんですが。
とにかく紙質が悪いんです!
表紙こそマット仕様で手触り滑らかなのですが、肝心の本文部分はざらざらでぺらぺらの紙なんです。
言ってしまえば週刊漫画誌の紙をちょっと良くした感じ!
油断すると破れそうです!危ない!
ですがその代わりA6の大判で、380P超の大ボリュームにもかかわらず1000+税円とリーズナブル。
プレミア化していた以前の単行本から考えれば夢の価格帯と言えるわけで、善し悪しなのかもしれません……


と言うわけで長らく入手が難しくなっていた「性本能~」シリーズを手軽にかつ大きなサイズで読むことのできる「性本能と水爆戦 征服」は全国書店にて発売中。
道満先生作品を未体験だった人にこそオススメしたい一冊になっています。
ファンの方ですでに元の本を所有している方も、次の単行本が何時になるかわからないからには買うしかありますまいて!
版型的にも「最後の~」と並べておさまりがいいですしね!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!

それにしてもカバー下の表紙&裏表紙はすごい……
常人には考え付かない、いや考え付いても実行できないデザインです!!
必見!!

性本能と水爆戦 征服 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
ワニマガジン社
道満 晴明

ユーザレビュー:
コピーアンド ペース ...
祝!二冊をまとめて新 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「前夜祭」です。
講談社さんのモーニングKCにて刊行されています。

作者は小田扉先生。
小田先生の著作は「小田扉」のテーマにてまとめておりますのでよろしければご覧下さい。

さてこちらの作品、とある中学校を舞台にしたギャグ漫画です。
しかしただのギャグ漫画ではなく、小田先生が得意とする奥深いドラマも内包した奥深い作品なのです。

主人公の吉井さんはひょんなことから変わり者の港さんと友人になります。
画像

そんな折始まる学園祭。
港さんは異様に学園祭情熱を燃やしており、彼女に引っ張られる形で吉井さんも学園祭の実行委員になってしまいます。
何でも5年前の学園祭は物凄く盛り上がり、それに感動して自分が盛り上げてやろうと考えているようです。
しかしこの学園祭、何故か泥を使って何かを作る泥祭りと言う風習があり、そのアレさ加減から学生の大半は乗り気ではありません。
しかも代表の生徒が一人怪しげな仮面を被って「泥王」として音頭をとらねばなりません。
画像

皆やりたがらない泥王ですが、港さんはいの一番に立候補。
ですがなんと物好きがもう一人おり、泥王の座は簡単には決まりません。
そうなればどうするかと言いますと、去年の泥王が任命することになるようで。
去年の泥王、川崎さんは前年の泥祭りを壮絶に失敗した苦い思い出を持ち、それをずっと引きずっていました。
ところが今年はやる気のある人物がおり、盛り上がるのでは?と少し期待をしてもう一年泥王をやろうかと目論み始めました。
用務員さんを巻き込んで不正なくじ引きをして見事泥王の座についた……と思いきや、なんと当たりのくじは吉井さんの手に!
あまり気乗りしていなかった吉井さんですが、意外にも積極的に行動。
画像

港たちの協力もあり、盛り上がりそうな企画を考え付き、準備を続けます。
なにやら5年前の学園祭には事故があったことがわかったりもするのですが……今を生きる吉井さんたちにはそれほど関係のないこと。
このまま素晴らしい学園祭が始まろうとしていた本番前日。
泥祭りをこころよく思っていない佐野先生、吉井さん達と用務員さんまで絡む5年前の泥祭りの日に起きた事故の隠れた真相が明かされるのです!

本作は全9話にまとめられており、非常に完成度が高い中編になっています。
個性豊かなキャラクター達は勿論見所なのですが、脇役だと思われていた用務員さんや佐野先生に隠されていた衝撃の真実の数々はギャグ漫画のワクを大きく逸脱した悲しくも感動的なドラマを形作っています。
ギャグもドラマも高いレベルでまとまっている、まさしく名作と呼ぶにふさわしい作品ではないでしょうか。
この単行本には表題作のほか、半ページ~10Pの超短編が9作収録。
ひたすらバカだったり、バカでありつつ感動させる話だったりとバラエティ豊かで読むものを飽きさせません!
カバーも特殊な加工がされており、なんだかちょっとお高い図鑑みたいな豪華な感触が味わえますよ!

小田先生待望の最新単行本、「前夜祭」は大好評発売中です!
脱力系ドラマティックギャグ漫画、その真髄を味わうべし!
この本で小田先生の単行本3ヶ月連続刊行、「オープン・ザ・小田扉フェア」も終了。
3冊そろえてあなたも前夜祭ではおわらさず、小田扉祭りに参加しましょう!
さぁ、本屋さんにダッシュ!


前夜祭 (モーニングKC)
講談社
小田 扉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「GAMBLE FISH(ギャンブル フィッシュ)」第11巻です。
秋田書店さんの少年チャンピオンコミックスにて刊行、週刊少年チャンピオンにて連載中!

作者は青山広美、山根和俊両先生。
本作の今までの紹介は「ギャンブルフィッシュ」のテーマにてまとめておりますので、そちらもあわせてご覧頂ければ幸いです。

第10巻ではアヴィの衝撃の事実が明かされました。
そしてとうとう阿鼻谷との勝負へと続く、「獅子堂学園OB会ギャンブル夜会」への出場切符を手に入れたトム達。
ですがその予選前に現われた謎の老人。
彼はトムの父からメッセージを預かっていると言うのです!

老人の名は周王銘(しゅう おうめい)。
彼はバカラで一財を築いた伝説のギャンブラーです。
そしてトムの父から受け継いでいたメッセージとは「全てを忘れて普通に暮らして行け」という衝撃のものでした。
幼き日のトムにギャンブルに生きるか平凡に暮らすかの選択をさせた父のものとは思えない言葉ですが、本当の父の言葉であろうとなかろうとトムの心は打倒アヴィとすでに決まっています。
しかし周はトムではアヴィに勝つことなど出来ない、勝てるというのならその前に自分を倒せと自らの蓄えた30億円と、トムの命を懸けて勝負をしようともちかけてきました!
画像

挑まれた勝負は受けるのが信条のトム。
アヴィを前にして過酷な勝負が始まります!

トムと周のあまりに意外な勝負の結末。
そのためにトムはOB会の予選に出ることが出来なくなってしまいました。
そこで水原達は友情(と欲望)の為にトムの預金を使い、代打ちをすることにしたのです!
トムの預金は1億。予選通過ラインは10億!
水原達はそれぞれが別々の競技で奮闘します!

……もちろん素人があっさり勝てるほどあまい場所なわけもなく。
結局のところ皆そろってすっからかんになってしまいました。
一人を除いて!
その一人が誰であろうたんなるへたれ&腹黒の解説キャラと思われていた水原その人だったのです!
なんと彼、とある場所では「カイザー水原」と言われるほどのポーカーの腕前を持っており、チップを着々と増やして8億円にまで増やしていたのです!
そこで最後の大勝負が始まります。
相手は100億円を稼ぎ出した天才少年相場師、十文字。
賭ける金額は8億円!
待ったなし、水原の最後の勝負が始まります!
画像

おお、かっこいいぞ!!

ちなみに水原がカイザーの名を馳せたとある場所とはオンラインの「脱衣ポーカー」……
画像

……かっこよくなかったよ水原……
勝負中はけだものそのもので、その刺すようなまなざしは
画像

視線を浴びたものが脱衣してしまう錯覚を起こさせるほどです!
しかし相手もさるもの絶対的不利な状況を招いてしまい、追い詰められてしまう水原。
そこにやってきたのはやはり主役、我らがトムでした!

今までスポットライトを浴びることのなかった朝比奈の出番が増え、更にトムの欠場によって水原達が奮起すると言う新たなシチュエーションは新鮮!
久々に真っ当(?)なギャンブルということもあり、ギャンブル漫画らしさも復活だ!!
単行本のおまけとして水原の独白が1P、そして何故か突然ギャンブルフィッシュキャラ別診断などというモノが掲載されています!
14の質問にチェックを入れ、ギャンブラーとしての適正をキャラクターに当てはめて採点するものなんですが……
「エクストリームにもほどがあると、言われる。」「たまに奇声を発する。」「耳が尖っている。」とかいう項目にギャンブル要素あるのかと!
って言うかこれ途中からキャラクターなりきり度チェックになってる……!!

水原の奇跡の大活躍が存分に堪能できる「GAMBLE FISH」最新第11巻は大好評発売中です!
ミスかませ犬の月夜野さんのみならず、新たなかませ朝比奈さんも加えてますます華やかになったエクストリームなギャンブルに酔うべし!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!





画像

本日紹介いたしますのはこちら、「マイティ・ハート」第7巻です。
秋田書店さんの少年チャンピオンコミックスにて刊行されました。

作者はマツリセイシロウ先生。
前巻は09年2月6日に紹介しておりますのでそちらもあわせてご覧くださいませ。

さて、とうとう「マイティ・ハート」も大詰め。
前巻ではヴォルケンとそっくりな謎の人物に救われ、窮地を逃れたところで続きました。
クライマックスを迎える第7巻はどうなるのでしょうか!!

なんやかんやでいいムードになってしまったヴォルケンと舞島。
とうとうその腕に彼女を抱くことが出来、感無量のヴォルケンですが、舞島は衝撃的な発言をするではないですか。
「8年前のあの時もこうして抱いてくれた」、と。
ヴォルケンはその8年前、まだ培養液の中。
出歩くことなど出来ないし、ヴォルケン自身もそんな記憶はないのです。
舞島が言っている8年前の男は恐らく、ヴォルケンそっくりのあの男のこと。
舞島は自分ではない誰か想っている、と考えると……たまらずヴォルケンはその場を逃げ出してしまいました。
そんな時その謎の男がヴォルケンの前に姿を現します。
彼はヴォルケンの、天河十市の全ては自分のものだと宣言してさっていきます。
ヤツの名はベネトナシュ。
ヴォルケンとは因縁の一言では終わらせられない、深い関係があるのでした……

ベネトナシュが現われて以来、ヴォルケンはどんどんと弱っていきます。
なんでもベネトナシュとヴォルケンは同一の存在で、同じ空間にはひとつしか存在が許されないようなのです。
このままでは消え行くのみ。
ヴォルケンは決意を固め、その運命を覆す為に大勝負に打って出ます。
画像

8年前にさかのぼり、ベネトナシュの存在を抹消すると言う作戦に!!

作戦の最大のネックであった巨大なエネルギーは敵であったはずのフェクダのこころよい協力もあり
画像

見事解決!
ヴォルケンは過去へとさかのぼります。
しかしそこでは様々な衝撃の事実が明かされるのです!

まずメラクベータをはじめとする怪人騎士は全てが元普通の人間か動物だったと言うこと。
そしてその怪人になる要因とは、地下室に隠されていた巨大な化石、グレート・オールド・ワンだというのです!
化石となってなお生きているグレート・オールド・ワンは、近づくものを吸収し、捕食してしまいます。
その力は強大そのもので、神骸石はこの化石のかけらだと言うことでした。
ところがその傍らに寄り添うように生きている少女が一人。
足を鎖で拘束され、目隠しをされ、何故か体操服姿の少女……それが後の舞島だったのです!
なんと彼女は舞島博士の娘がグレー(略)に吸収され、そっくりの個体として生み出された存在だと言うではないですか!
拘束から解き放ち、彼女に生きる希望を与えて逃がしてやるヴォルケン。
その瞬間、
画像

ヴォルケンは凶弾に倒れます。
その凶弾の射手こそがベネトナシュによって入れ知恵をされた「8年前のベネトナシュ自身」。
彼はその後身を隠し、全てを手に入れるチャンスをうかがっていたのでした。
ヴォルケンは死んだヴォルケンをベネトナシュと勘違いして、細胞を培養され作りだされた怪人だったのです。

時は現代に戻ります。
ベネトナシュは舞島を神骸石の増幅器として利用し、グレ(略)を消滅させてこの8年間をすべてなかったことにして人間に戻ろうとしていることが判明。
抗うメラクベータとミグレスでしたが、時間移動の為にエネルギーを使い果たしてもはや殆ど戦闘能力を持たない二人はあっさりとやられそうになってしまいます。
しかしそこに助っ人が現われます!
我らがイケメン、シヴァルツシルトさんだ!!
高い実力を持つシヴァルツはヴェネトナシュ以外の敵を一蹴!
相変わらずのイケメンぶりを発揮してくれます。
そして彼、なんと舞島(再構成前)の兄だと言うではないですか!
やはり再構成されて血の繋がりがなくなったとは言え、兄妹の愛は顕在なんですなぁ……
画像

違いました。

ともかくシヴァルツの強さに追い詰められたベネトナシュは神骸石の力を使い、ラスボスらしい姿に変身!
圧倒的パワーアップを果たしシヴァルツを圧倒します。
またも追い詰められるメラクベータたち。
ですがシヴァルツが持って来たメモに活路を見出します。
その内容はヴォルケンの死体をグレ(略)び吸収させたと言うもの。
グレ(略)に近しい存在の舞島ならば、ヴォルケンを再構成することができると言うのです!
しかし彼女はヴォルケンに抱きしめられたあと逃げられたことを思い出し、自分が望んでもヴォルケンが再び現われることはないのではないかと怯えます。
ですがメラクベータとミグレス、(舞島は無自覚とは言え)恋敵の叱咤激励もあってその力を発揮!
ヴォルケンは復活し、パワーアップまで果たしていました!
画像

ついにヒーローとなったヴォルケンはベネトナシュを撃破!
野望は潰え、とうとう大団円を迎える、かに思えました。
ところがグレ(略)に近いとは言えやはりその力を使いきれてはおらず、再構成は不完全だったのです。
画像

ヴォルケンはその存在をこの世から、消しました……

……えー、皆様ご安心下さい。
切ないお別れエンドと思いきや、最後の最後にはしっかりハッピーエンドを迎えます!
意外ではあるものの楽しい、本作らしいラストですよ!
これは是非とも読んでみるべしです!

ビックリする位の盛り上がりを見せ、それをきっちりと纏め上げた激動&感動のクライマックスは必見!
もちろん今作の原点(?)であるサービスシーンも流石に少な目ながらも健在です!
画像

単行本のオマケこそ空きページが殆どないこともあり1Pしか載っておりませんが、最終話は雑誌掲載時の柱を掲載し、マツリ先生の作品に対する深い愛情も感じ取れて不足感はなし!
カバー折り返しのマツリ先生のコメントが「まだ俺たちは登り始めたばかりだぜ!どこまでも続くこの漫画坂をよ!!」だったり、最終話のタイトルが「星を継ぐもの」だったりと謎の小ネタもいっぱい!
その上カバー下には感動のラストを彩るようなファン必見の素晴らしいイラストが載っており、痒いところに手が届くってモンです!

悪と正義の、いやヒーローとヒロインのエロスラブコメ、「マイティ・ハート」最終第7巻は好評発売中です!
萌えもエロスもギャグもバトルも濃厚に詰め込まれた本作、その最高のクライマックスをあなた自身の目で目撃せよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!


……それにしてもクーデルカの出番少なすぎですよ!!
最終巻にして目立った活躍がこれだけ!!
画像

……せつねぇ……


マイティ・ハート 7 (7) (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
マツリ セイシロウ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ