3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「西遊妖猿伝 西域篇(さいゆうようえんでん さいいきへん)」第1巻です。
講談社さんのモーニングKCにて刊行されています。

作者は諸星大二郎先生。
諸星先生の他作品は「諸星大二郎」のテーマにてまとめておりますのでお時間等ございましたらそちらもご覧下さい。

さて、こちらの作品は諸星先生のライフワーク的作品、「西遊妖猿伝」の第二部にあたります。
第1部、「大唐篇」の連載が終了したのが97年。
昨年モーニングで連載が再開されるまで実に11年ファンが待ち続けた、時代を超えて支持されている作品です。

第1部、「大唐篇」は玄奘と悟空たちが別々にとは言え、西域へと向かって広大な砂漠に足を踏み入れたところで終わっていました。
「西域篇」はもうごく当たり前のようにその続きから始まります!
国から出ることが違法となっている現状、先はただ延々と広がる砂漠とは言え当然国境を守る関所が作られています。
できることならこっそりと素通りしたいところですが、この先どれだけ進めば補給できるところがあるかも解らないわけで、せめて水ぐらいは補給できればと玄奘は5つある見張り用の塔の一番唐に近い塔に立ち寄ります。
そこにいた責任者は話のわかる人物で、あっさり玄奘を通し、第5の塔にいる責任者は自分の親戚で信心深い男だから力になってくれるだろうとアドバイスしてくれました。
ところがいざ第5の塔にたどりつくと、そこにいたのはまったく別の人物で玄奘を国に叩き返すと言い出します。
どうやら第1の塔にいた責任者が間違えてアドバイスしていたようで、親戚は一つ前の塔にいたのでした。
困り果てる玄奘ですが、第4の塔から緊急事態用の狼煙が上がったことから第5の塔がパニック状態に。
どさくさにまぎれて現状は逃げ出すことに成功しました。
その狼煙は第4の塔で暴れていた悟空たちが起こした騒動が原因であげられたもの。
図らずして悟空の望みどおり玄奘を救うことができたのです。

なんとか完全に国境を越えた玄奘。
ですが水も底をつき、意識が朦朧として砂漠の只中に倒れてしまいます。
その時現われたのが謎の神らしき存在。
画像

なんだか物凄い厳しいこと言ってますが、彼の激励と導きにより玄奘は立ち上がり、ほどなくしてオアシスを発見して命を拾ったのでした。

そしてその先に見えるのは朽ちかけた集落。
玄奘は先ほどの神に導かれたとおり、「竜の橋」をわたり、その集落に足を踏み入れます。
人っ子一人いないと思われたその集落ですが、ある建物の中に人影を見かけました。
そこにいたのは3人の家族……と思わせた死体でした。
その時驚く玄奘のもとに今度こそ生きた人間が姿を現わします。
仮面を被った怪しげな男は玄奘に奇妙な三つの質問を投げかけました。
画像

自分の名はなんなのか、自分の母はどこにいるのか、自分は何時この場所を離れるのか。
いきなりこんな質問を投げかけられて答えられるはずも無く、玄奘は戸惑うばかり。
ですが仮面の男はこれに答えられなければ殺す、と言い出すではないですか!
馬や荷物は隠され、逃げるに逃げられない状況になってしまう玄奘。
武器を振り回して襲ってくる仮面の男から逃げ惑うしかありません。

ですがここでやってくるのが悟空(と八戒)。流石主役、出番をわきまえています。
仮面の男は悟空にも同じ質問を投げかけますが、そこはあまり賢くない悟空。
知ったこっちゃないといわんばかりにぶっ飛ばす気マンマンです。
画像

流石悟空だ!相手の事情とか関係ないぜ!!
しかしこのあたりは流砂になっている地面が多く、足場が悪く思うように戦えません。
仮面の男はその場所を熟知しており、なかなか思うように攻撃できないのです。
逃げつつ隠れつつ襲ってくる仮面の男との戦いの最中、玄奘と再会を果たす悟空。
やっと皆そろったよ!!と喜びたいところですがそんな状況ではないわけで……とにかく仮面の男を倒さないことにはどうにもなりません!
それにしてもこの仮面の男は何者なのでしょうか。
記憶喪失と言うわけでもなさそうなのに、自らの名前すら知らず、その答えを探し続けている……
何か深い事情があることだけは確かな様子。
仮面の男の目的は、その意外な正体とは!?
気になるところがしっかり今巻中に解明されます!
更にとうとう旅の道連れとなる「沙悟浄」が登場!
連載開始からなんと26年を経てとうとう西遊記のメインメンバーが結集!
物語はこれから始まると言うことです!!
……マジ?何時終わるんでしょうか……!!
諸星先生本当に長生きしてくださいね!!

とうとう連載再開&玄奘御一行勢ぞろいとなって俄然盛り上がる「西遊妖猿伝 西域篇」第1巻は260P超の大ボリュームで好評発売中です!!
連載開始後26年経つというのにまったく新しい、諸星先生の集大成的「西遊記」、読まずして漫画を語るなかれ!(ちょっと言いすぎ?)
第一部の「大唐篇」も先月新装版が刊行を終え、一気に読むには丁度いいのではないでしょうか!
不思議な魅力にどんどん引き込まれる諸星先生ワールドを堪能すべし!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!
ちなみに新装版「大唐篇」と同じB6版なので「当然諸星先生の漫画はA5!」と思っているファンの方はご注意下さい!


ところで苦し紛れに八戒が仮面の男の名前をあてずっぽで叫びまくるシーンなんですが、
画像

結構博識ですね!八戒!!
時代とか国とか超越してますけど!!


西遊妖猿伝 西域篇 1 (モーニングKC)
講談社
諸星 大二郎

ユーザレビュー:
待望の再開です! ま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「GANTZ(ガンツ)」第26巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックスにて刊行、週刊ヤングジャンプにて連載されています。

作者は奥浩哉先生。
今までの本作の紹介は「GANTZ」のテーマにてまとめておりますのでよろしければそちらもあわせてご覧くださいませ。

さて、第25巻では熾烈を極めた大阪編が終了。
加藤が100点を獲得し、玄野の再生を果たしました。
ほっと一息ついていたところ、西がガンツに語りかけ、何かのタイマーを表示させました。
残り8日弱と言うそのタイマーはなんと現在の世界が崩壊する「カタストロフィ」がやってくるまでの残り時間だというのです!
8日弱の後、一体何が起こるというのでしょうか……

と言うところで今巻に続きます。
残り僅かになったカタストロフィまでの時間、ガンツのメンバーはそれぞれ普段の生活に戻ります。
西にガンツへの疑問をぶつけても、ガンツはどこかの国で人間が作り出したものらしい、あのカウンターはその技術者の研究によってはじき出したものらしい、という程度のことしかわかりません。
とにかくあと1週間で何か、決定的な何かが起こるということだけは確からしいのですが……
西の言うことを信じきることもできず、信じたところでなにか特別用意できることなどあるはずも無く、つまるところ一同はいつもどおりの日常を過ごすしかないのでした。

そのころ一度死ぬ前の玄野と接触していたルポライター、菊池はネット上で何かを知っているらしいドイツ人と接触します。
はるかドイツへと足を伸ばし、彼に導かれてたどりついた工場。
そこには驚くしかない、異様な光景が広がっていました。
画像

なんとその工場ではあのガンツを大量に生産していたのです!!

日本ではカタストロフィを前にしてか、普段とは異なる行動を取ったものもいました。
レイカが突然玄野のもとにやってきて、好きだと告白したのです!
何だかんだいってタエを愛している玄野は慌てはしたもののその告白を受け入れることはしません。
目先の芸能人に飛びつかないとは、玄野もいつの間にか成長したもんだ!
読者的には好感度アップと言えるこの行動も、真剣そのものであったレイカには受け入れがたい事実です。
泣きじゃくるレイカにその時、一つの考えが浮かんでしまいました。
画像

もう1度、もう1人玄野を再生させる、という恐ろしい考えを……

そしてもう1人、異常な行動を取る人物がいます。
カタストロフィを前に異様な昂ぶりを感じていた、西でした。
普段からクラス全員に村八分にされ、嫌われていた彼がいつものようになのかいつも以上なのか、とにかくいじめにあったことをきっかけにキレたのです。
ガンツの兵器を使い、残酷にクラスの殆どを葬り去る西。
画像

通報を受け出動した機動隊も惨殺し、暴れまわりますが……スーツの限界が来たのか銃弾を数発うけて瀕死になってしまいました。
ですが息絶える寸前、西の体が消え始めます。
そう、やってきたのです。
カタストロフィ前、最後のミッションが……!

ミッションが始まるものの、ガンツはなにやら酷い文字化けを起こし、いつもの曲も途切れ途切れ。
すでに普通ではないことがありありと見て取れます。
とりあえず転送は無事に終えるのですが、ついた先はどうやら外国……イタリアのようです。
そこでいきなり目にしたのは
画像

岡が身に纏っていたパワードスーツを着た者の惨たらしい死骸でした……
注意を払いながら先に進むと、すでに戦闘は始まっているではありませんか!
画像



激闘と言う言葉では片付けられないほど過酷であった大阪編をクリアしたのもつかの間、更なる地獄を予感させる最終ミッションが始まりました。
パワードスーツを着たまま殺されている描写や、今までの流れから行ってもこのミッションの敵は相当な強さを持っているとか考えた方がいいでしょう。
挙句に数も多く、このミッションで命を落としてしまう人物も何名か出てしまう予感も感じさせます。
仮に生き延びたとしてもカタストロフィが待っている可能性があるわけで……どう転んでも絶望が待っているとでも言うのでしょうか。
西やレイカの思惑も今後を混乱させる要素を孕んでいますし、ますます目が離せませんね!

物語はまさしく佳境目前、ガンツの謎も解明され始める「GANTZ」最新第26巻は好評発売中です!
崩壊する日常、そして日常ではないはずのガンツまでもが崩壊し始めた驚きの展開は必見ではないでしょうか!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


GANTZ 26 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
奥 浩哉

ユーザレビュー:
束の間の日常編…結構 ...
クライマックスに向け ...
ラストミッション?? ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「キン肉マン2世 究極の超人タッグ編」第18巻です。
集英社さんの週刊プレイボーイ・コミックスにて刊行、週刊プレイボーイにて連載されています。

作者はゆでたまご先生。
今までの紹介などは「キン肉マン」のテーマにてまとめておりますのでそちらもあわせてごらんくださいませ。

さて、第17巻ではウォーズマンが再びマンモスマンの餌食、「ウギャアキン肉マーン!」となってしまいました。
それだけでは終わらず、スグルに次の試合開始666秒後に死んでしまう魔の砂時計という呪いがかけられてしまいます。
正義超人たちに次々降りかかりまくる災厄に、どう立ち向かうと言うのでしょうか!

と言うわけで第18巻。
呪われた体といえど勝負は目前ということでいつもどおりトレーニングに励むマシンガンズですが、やはりスグルは呪いに蝕まれ息も絶え絶えになってしまいます。
解呪するためには世界に1人だけいるというスグルを愛するキーパーソンを見つけ抱擁させるしかないのですが、母も父も恋人もキーパーソンではありません。
そこで残されたスグルを愛する人物がマリでした。
原作ではいつの間にか出なくなっていたマリさんですが、一応ビビンバのことを考えて身を引いたことになっている彼女。
アニメ版ではスグルと結婚しているだけに確かに刺客は十分なのですが、そういった背景もあってスグルに会いに行く踏ん切りがつかないのでした。
命かかってるんだからそんなこと言ってる場合じゃないでしょマリしゃん!

その頃、悪行超人連中も真面目に特訓していらっしゃいました。
ネプ&マンモスのヘルエキスパンションズは「どうせ21世紀には姿を消すんだから引導を渡してやろうぜ!」みたいなこといってこの頃まだ普通に現役なはずの0系新幹線を練習台にしてぶっ壊しまくります。
画像

……新幹線好きにぶっ飛ばされますよ!!
更に偵察に来ていたミートから「宇宙超人大全」を奪い取り、その本に書いてある知識をマンモスマンに吸収させてしまいます!
画像

……鼻から!!すげえ能力持ってますね!!!!
知識を吸収し、心体共に完璧な超人となったマンモス!
ミートのおかげさまでより強大な敵となってしまったわけです!
ちなみに宇宙超人大全、「こいつはいい物が手に入った~っ」とほくそえんでいたネプですが、ちゃんとこの後ミートに返してあげてました。
いいヤツだな、ネプ……

時間超人はその時間を操る能力を利用したらしいバキもまっさおのリアルシャドーでマンタ・カオス組やマシンガンズを圧倒し、その自身を高めています。
ですがその時マンタたちは何故か突然海から現われた亡霊状態のプリンスカメハメとであい、短時間とは言えメキメキとその実力を挙げていたのです!

各々が各々の特訓を終え、いよいよやってきた試合当日。
選手控え室でいまだ呪いが解けず苦しんでいるスグルのもとにマリがやってきました!
ビビンバがスグルを救えるのはあなたしかいないと涙ながらに説得し、何とか連れてきたのです。
ですがビビンバはスグルとマリがいまだ惹かれあっていると察したのか、スグルとまりの二人だけを部屋に残して外に出た後号泣。
うーん、とにかく抱き合いさえすれば命がたすかるっぽいのに、マリといいビビンバといい凄い真剣に考えているんですなぁ。
確かに昔の恋人(ではないですけど)が抱き合ったり、婚約者を差し置いて抱き合ったりするのは面白くないとは思うんですが……命かかってるんだから割り切れよ!!とか思うから俺はリア充になれないんでしょうか!!

とにかく準決勝の組み合わせを決める抽選綱引きの場に全員が集合。
運命の準決勝が決定します!
無難なにマンタ・カオスVSヘルエキスパンションズ、マシンガンズVS時間といった組み合わせになるのかなーと思っていると……
画像

なんと正義超人同士、悪行超人同士の組み合わせになったではないですか!!
これは予想外&楽しみな組み合わせです!
流石ゆで先生、決めるところではしっかり決めてくれます!!
対正義超人のリアルシャドーしかしてない時間超人がちょっぴりまぬけになってしまいましたが!!

とうとう決定した準決勝の組み合わせ。
驚愕の親子対決が実現、これはもう楽しみで仕方ありません!
抽選綱引きの際感じたスグルの底知れぬ戦闘能力にマンタのやる気も燃え上がっているようで、お互い負けられないこの勝負は激闘になること間違い無しでしょう!
心配と言えばやはり呪いです。
いくらこまけぇことはいいんだよ!精神溢れるゆで先生といえど、あれだけ引っ張った呪いを戦いに何の影響ももたらさないまま無かったことにするなんてことはしないのではないでしょうか!
とにかく目の離せない一戦です!
また、もう一戦の時間VSネプ・マンモスも注目せざるをえません!
とにかく圧倒的な強さを見せ続けてきた両者の勝負だけにこれもまた熱いバトルになることは必死!
ただ、ネプチューンマンがなんだか電波を……いや、体調に問題があるのか
画像

嬉しすぎて血を吐いているところが勝負のカギとなりそうです。
これってネプはやっぱり正義側だったよフラグのような気がするんですが……どうなんでしょうか。
悪党が病気とか無理がたたってダウン、って言われてもあんまり盛り上がりませんから……
どちらにしろこっちも面白い展開になってくれることでしょう!

予想を裏切り期待を裏切らなかった「キン肉マン2世 究極の超人タッグ編」最新第18巻は好評発売中です!
最近1戦1戦が長すぎじゃね?と読むのを中断していた方はすぐに戻ってきていただきたい急展開を迎えています!
中断中の方も未読の方も、とにかく注目の親子対決が迫ってきた今、読むしかない!と言いきってしまいしょう!
さぁ、本屋さんにダッシュ!!





画像

本日紹介いたしますのはこちら、「CLOTH ROAD(クロスロオド)」第7巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラにて刊行、ウルトラジャンプにて連載されております。

作者は脚本に倉田英之先生、漫画がokama先生。
両先生と本作の簡単な紹介は08年9月15日の記事にて触れておりますのでそちらもよろしければご覧下さい。

第6巻ではファーガスとジェニファーが更なる技術を身につけるため新たなる国、世楽へと旅立ちました。
一方の父でありラスボスのガーメントはトップモデル二人に狙われますが、寵愛する少女ジェニファーの手により返り討ちにあってしまいます。
トップモデル二人をあっさりとあしらうジェニファーの驚くべき才能と、底知れぬガーメントの技術。
はたしてファーガスとジェニファーは太刀打ちできるのでしょうか?

そしてこの第7巻。
世界を混乱に陥れたガーメントを倒すべく、世界に名だたる7ブランド中4ブランドが協力することに。
画像

ガーメントは私兵に更なる強力なドレスを着せて迎撃するのですが、そのドレスは今までのドレスとは一線を画す驚くべきものでした。
画像

巨大で強力なだけでなくドレスと人間を完全に一体化させた、さながら生物兵器の様相を呈しています。
その戦闘力は圧倒的というほか無く、ジュリエットすら参加していないたったの3人で4大ブランドの総力を挙げた艦隊があっけなく全滅してしまうではないですか!
その頃ユニイズムのトップモデル、カピスルは偶然出会った美美介と共に補給部隊の守りについていました。
補給をたつのは戦争の鉄則。
そこにも当然のようにガーメントの刺客がやってきます。
いままで感心なさげに振舞っていたカピスルですが、ユニイズムの人々が作り出した補給物資を守るため静かに闘志を燃やしていました。
画像

カピスルに怪我を治療してもらった恩義がある美美介も参戦し、トップモデルVS生物兵器という注目の一戦が始まります!

一方のファーガス達は、世楽で一人の老婆に出会います。
基盤などを使わずに自立して動く機械人形、「からくり」を作り出す腕利きの技術者である老婆は、なんとガーメントの育ての親であることが判明。
老婆の口からガーメントの生い立ちが語られました。

老婆とガーメントの出会いは海岸でした。
ガーメントが乗っていたロイヤルカストラートの船が難破し、たった一人生き延びて海岸にたどりついていたのです。
身寄りがわかるまで預かるつもりだった老婆ですが、いっしょに暮らすうちに情がうつり、身よりもまったくつかめないことやガーメントの持つ才能を感じたこともあって自らの工房の後継者にしようと考え始めます。
ガーメントは老婆の教えを素直に聞き、めきめきとその技術を上げていきました。
ですがある日、老婆がガーメントに自分の夢である未完成の「いっしょに歳をとっていっしょに生きていける人形」を見せた時から決定的な事件が起こります。
画像

ガーメントは老婆の技術を全て吸収しきり、熟練の技術者しか作れないクローゼットをたった一日で作り上げていずこかへと消え去ってしまったのです!
そもそもガーメントが世楽に来たきっかけである船の難破も幼い子供だったガーメントがおこしたもので、全て自分の求めるドレスの知識のために仕組んでいたのです!
老婆の愛情や親切心から与えたものは全てガーメントの「天才」を加速させ、「天災」を招く結果になっていたのでした!

衝撃の過去が明かされたその頃、もはや勝負を決したかに見えたガーメントの部下VS4大ブランド連合のもとに1人の人物がやってきました。
恐ろしいほどの華やかさと、他の誰よりも絶大な人気を誇るその人物は
画像

ジューン・メイ!
華麗すぎるジューン・メイの舞台が突然に、そして美しく開幕します!!

今までも目が放せない展開の続いてきた「CLOTH ROAD」ですが、この第7巻では更なる盛り上がりを見せます。
明かされた過去から痛感させられる、ガーメントの圧倒的才能は今後いったいどうやって立ち向かえばいいのかを判らなくさせ、より一層ラスボスの強さを引き立てています。
そして何より今巻から始まったガーメントVS世界は、まさにクライマックスと言う他無く、最終決戦が近づいている様をありありと感じさせてくれます。
ついに姿を見せたジューン・メイの登場シーンと言ったらもう盛り上がっているの一言では片付けられない、待ってました!感が凄いことになっています!
その上八面六臂の大活躍を見せ、今までの連合軍のフルボッコぶりでたまりにたまったもやもやを一気に解消するカタルシスを感じさせてくれるんですから流石メイ様というほかありません!
カピスル達の戦いも驚きの展開を迎えますし、とにかく面白すぎる展開が凄まじい勢いで続いている大満足の内容ですよ!!

新感覚ファッションバトル漫画、「CLOTH ROAD」最新第7巻は好評発売中です。
クライマックスまっしぐらに盛り上がり続けているこの作品、okama先生の美麗作画とあわせて話、絵両面で高水準の一作になっています!
読まずにすごすのは勿体ないですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!


CLOTH ROAD 7 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
倉田 英之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「クロとマルコ」です。
秋田書店さんのヤングチャンピオン烈コミックスにて刊行されました。

作者は掘骨砕三(ほりほねさいぞう)先生。
95年にデビューし、成年向け作品を10年以上一線で生み出し続けてきた漫画家です。
成年向け漫画家ということで二の足を踏む方もいるとは思いますが、物語全体に漂う独特なムードや丁寧で可愛らしい絵柄はエロス描写関係なく高い評価を得ています。
ですが青年向け作品の数々は扱っているジャンルが特殊すぎて、とてもじゃありませんが普通の方には薦められません!
よいこむけコミックスしょうかいサイトをめざしているここではとてもしょうかいできませんので、しりたかったらぐぐってね!

さて、こちらの作品はヤングチャンピオン烈に連載された表題作、「クロとマルコ」を中心に、同誌に掲載されていた短編をまとめたものとなっています。
ディープな漫画好き(と、業の深いエロス趣味の持ち主)に評価の高い掘骨先生初の全年齢向け単行本ということで、注目すべき一冊と言えるのではないでしょうか。

表題作の「クロとマルコ」は、宇宙を舞台にした二人の少年の日常漫画です。
と言ってもスペースオペラ的な超サイバーなメカメカしい世界観ではなく、獣人型から半サイボーグ型、爬虫類型などの様々な種族の人類が、太陽系の名を冠した宇宙で交流している不思議な世界観になっています。
主人公の二人、クロとマルコはその半サイボーグ型(と言っても厳密にはメカじゃないんですが)の人類で、アステロイドベルト内の小さな星に二人で暮らしています。
画像

さすがショタを得意とする掘骨先生だ!必要以上に可愛らしいぜ!!
そんなかわいらしい彼らが大小さまざまな事件に巻き込まれながらも楽しい毎日をすごしている様子を描かれております。
注目すべきなのはその温かみのある繊細な絵柄と、しっかりと構成された独特な世界観でしょう。
様々登場する人種はそれぞれに仔細な設定がされており、僅かに4話70Pの作品だと言うのに驚くほど細かく世界が構築されています。
日常漫画という楽しみ方も勿論ですが、知らない土地のガイドブックを見るような……旅漫画っぽい楽しみ方もできるのではないでしょうか。

表題作以外の短編もかなり個性の強い作品がそろっています。
殆どの作品に共通しているのが現実世界(もしくは作中の主人公)からすると物凄く異常なことが当然のように行われていると言うこと。
不老不死の妙薬とされる竜の血をを取る為にドラゴンを捕獲しようとするハンター達と、狙われた竜を必死に助けようとするネズミの話「鼠と竜のゲーム」では竜も鼠も半分人間ですし、
画像

山深い田舎の友人宅を訪ねるとタイシサンと呼ばれる不思議な生物と出会うことになる「湖のひみつ」では、タイシサンがこんな姿ですし、
画像

夜明け前の公園で出会った少女と繁殖(!)する「翼のざわめき」では繁殖と言ってもこんなですし、
画像

とにかく「おぉ!?」と声に出てしまうような想像もつかない物語ばかりです。
基本的にはおかしなことをやってはいるけど平和な作品が収録されているのですが、さりげなくホラー調の作品も混ざっていてホラー好きのオレには嬉しい不意打ちでした!

単行本オマケ要素として各作品のネーミングの由来を解説した「元ネタ集」が書かれており、そのネタはウルトラセブンからスティーブンキング、ナイトライダーからキン肉マンに到るまで幅広いにも程があるというもの!
カバー下には4コマ漫画3本が書き下ろされており、無駄なスペースのない充実の一冊に仕上がっています!

あの掘骨先生のつむぐ新世代ファンタジー漫画、「クロとマルコ」は好評発売中です!
その独特な作風はかなり特異で楽しめるものになっていますので、掘骨先生を知らない方にこそ読んで欲しい作品と言えるのではないでしょうか!
……他の作品は成年向けだし半端無いディープぶりなので他作品が薦めづらいと言うのもあるんですが!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!





このページのトップヘ