3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ガンジョリ」です。
小学館さんのビッグスピリッツコミックススペシャルにて刊行されました。

作者はいがらしみきお先生。
79年にデビュー後、4コマ漫画などを主に執筆。
休筆期間を経て「ぼのぼの」や「忍ペンまん丸」などの動物が主人公のほのぼのとしたギャグマンガで一般に広く知られるほどの知名度を獲得しました。
ですが本来はストーリー漫画を描きたかったそうで、近年では「Sink」や「かむろば村へ」など様々なジャンルの作品を生み出しています。
ちなみに「ぼのぼの」は連載20年を突破し、現在も連載中です!

さて、こちらの作品はホラー漫画の短編集となっています。
ぼのぼのなどでしかいがらし先生を知らない人はビックリすることうけあいですよ!

短編集と言うことで、今巻には4つのエピソードが収録されています。
東北の田舎で起きる恐怖を描いた王道的ホラーの表題作「ガンジョリ」、
画像

ある日突然巨大観音像が動き出すという奇妙なパニックもの「観音哀歌(かんのんエレジー)」、
画像

人間は全て細胞でできていると言う言葉を聞いてから世界を見る目が変わってしまった少年の悲劇を描いた「みんなサイボー」、
画像

落語家の元に届く弟子入り志願のカセットテープが招く狂気を描く「ゆうた」。
画像

4編それぞれが違った個性を発揮している力作となっています。

個人的に一番面白かったのが「みんなサイボー」でして、主人公が人間は細胞でできていて、物事を考えているのは人間でなくて細胞なのだ、と言う思い込みから疑心暗鬼のような状態に落ち込んでしまう……という物語。
ですがその実、主人公の狂気を描くサイコスリラーと思わせておいて実際に周囲の人間がおかしくなっていっていると言う、二段構えのお話なのです!
その皆が細胞のとりこであると思い込む主人公が見るビジョンが上に紹介したようにまた病的にキモくて素晴らしいのですが、実際におかしくなってしまったママンの行動がまた、
画像

イヤァああ!
リアルでこんな状況になったらガクブルしてしまいます!
他にもこのママンが全裸に帽子と手袋長靴で庭の手入れしたりと、マニア垂涎もう勘弁してください状態が満載の一編となっていますよ!


この「ガンジョリ」、とにかく全体に漂う精神的に嫌な描写は特筆もので、ホラーに良くあるビックリや恐怖というものとは少し違う、イヤなものを見たなぁ……とでも言うべき不快感のような恐ろしい何かを感じることができます。
絵が上手いとか下手とかを超越した、いがらし先生ならではの生々しさがその不快感とマッチし、なんともいえない良いイヤな気持ちがより増幅!
トラウマになりかねない漫画になっております!

不快感がぎっしりと詰め込まれた短編集、「ガンジョリ」は好評発売中です。
こういういがらし先生を知っている人も知らない人もぜひ読んでいただきたい作品。
あなたもイヤな気もちになれること間違いなし!
……すすんでイヤな気もちになりたくない方にはオススメできかねますが!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!


いがらしみきおモダンホラー傑作集ガンジョリ (ビッグコミックススペシャル)
小学館
いがらし みきお

ユーザレビュー:
いがらしみきおのゴー ...
わたしは・好きですよ ...
ゾッとならぬ恐さガン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「PSYCHO+(サイコプラス)」です。
集英社さんのジャンプ・コミックス及び「藤崎竜作品集1」として集英社文庫より刊行されています。

作者は藤崎竜先生。
90年にジャンプで手塚賞佳作を受賞しデビュー。
その後読みきりや連載を経験した後96年より連載した「封神演義」はアニメ化までされる人気作となりブレイク。
連載終了後もジャンプの一線の作家として活躍しました。
現在はジャンプSQにて「屍鬼」を連載しております。

さて、こちらの作品は謎のゲームをめぐっておこる不思議な出来事を描く漫画です。

主人公の綿貫緑丸は名前のとおり髪の毛と瞳が生まれつき緑色の少年。
画像

そんな自分の体を憂いながら生きていた彼は、人目につきづらいからと夜の公園を散歩していたときにある女性と出会います。
彼女は水の森雪乃。
画像

雪乃は緑丸の髪と瞳の色をとても奇麗だと褒めてくれました。
奇異の目に晒され続けてきた色に関して褒められた緑丸は彼女のことが気になり始めるわけですが、偶然にも同じ学校であった彼女の良くない噂を聞いてしまいます。
その噂とは自分にゲームで勝った男でないと付き合わないし、勝てる男なら好き嫌い問わず付き合う……というもの。
ゲーム好きで腕に自身のあった緑丸は雪乃にそんなことを止めさせようと勝負を挑む決意をします。
その対戦用に選んだゲームは、中古屋で目に留まった謎のゲーム、「PSYCHO+」でした。
メーカー等も不明なそのゲーム、雪乃がやろうとすると起動はするもののはじめることができません。
しかし緑丸が手にするとすぐさまゲームが始まるではないですか。
そのゲームの内容とは、対象の木を目的地まで動かすと言うゲーム性のカケラもないもの。
早速実行すると……
画像

現実世界の木がゲーム画面のように動き出したのです!

物語の大半はPSYCHO+の謎解きと雪乃との交流を描いているこの作品。
謎のゲームという興味深いメインテーマに加えて、雪乃と緑丸の関係なども描かれておりラブコメ的な一面も楽しめます。
残念ながら全11話で打ち切られてしまったわけですが、PSYCHO+の謎や緑色の髪の毛の謎などをきっちりと明かし、急展開こそあるものの打ち切り漫画に良くある投げっぱなし感はありません。
藤崎先生の緻密な描画も当時から健在で、独特な雰囲気やギャグなんかもすでに発揮されています。
封神演義や最近の作品でしか藤崎先生を知らない方でも抵抗なく楽しめるのではないでしょうか。

藤崎先生の連載デビュー作、「PSYCHO+」は現在手に入りやすい文庫版が発売中です。
身近なゲームという題材からおどろきの地球規模にまで話が広がるこの作品、藤崎先生の歴史を振り返る意味も込めて読んで見てはいかがでしょうか。
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


藤崎竜作品集 1 (1) (集英社文庫 ふ 26-1)
集英社
藤崎 竜

ユーザレビュー:
フジリューの原点今の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「以下略」です。
ソフトバンククリエイティブさんより刊行、ゲーマガにて連載中です。

作者は平野耕太先生。
平野先生の紹介は09年3月28日の記事にて触れておりますのでそちらもあわせてご覧くださいませ。

さて、こちらの作品はゲームを取り扱ったギャグ漫画となっています。
よくあるゲームのコミック化でも、あらしから脈々と受け継がれる(今は壊滅状態ですが……)ゲーム対決ものでも、タイアップ的な紹介漫画でもなく、とにかくゲームが好きな人物が延々とふざけたり喋ったり暴走したりするだけの漫画です。

舞台はゲームショップファンタジィ。
栗原真紀という眼鏡っ子がそこでバイトを始めるところから物語は始まります。
店長はイケメンで優しいし、ゲームは好きだし楽しいバイト生活になりそうだと思った矢先に
画像

キチ……少々おかしな人が現われました。3人も。
かかわりたくないなぁと当然思う真紀ですが、なんと彼らはこの店のオーナーたちなんだそうで……
こんな彼らと面白おかしくも振り回され続ける真紀の苦悩の日々がひたすらつづられています。
……真紀も普通の子と言うわけでもなさそうなんですけどね!
画像

腐ってる方面の素質を持っていらっしゃるようで……

平野先生独特の暴走ギャグなどがふんだんに盛り込まれており、個性豊か……というわけではないのかもしれませんが、アクが強すぎるキャラたちが異常としか言いようのないテンションで暴れまくる、いろんな意味で圧倒されるこの漫画。
ですがなんと言っても一番の見所は異常なまでに幅広いネタの数々でしょう。
とにかくライトなものからディープすぎるものまで取り揃えており、読者がついていけないとかそういったレベルを超越してついてこさせる気が無いとさえ感じさせるマニアックぶり!
「ひぐらしのなく頃に」や「Fate」辺りのマニア御用達のゲームから、「竜が如く」辺りの流行のゲーム、「BIO SHOCK」辺りの別の意味でのマニア向けゲーム、「株トレーダー瞬」辺りの一発ネタ的ゲームまで幅広く網羅。
挙句にはゲームネタだけではとどまらず、出版社の違いなど物ともしない漫画ネタまでモリモリと盛り込まれています。
画像

漫画のネタもともかく、お尻のネタも好きですね……
……で、話は変わりますが軍鶏の再開ってまだなんでしょうか……裁判まで行っちゃってるから流石にもう無理なんでしょうかね……
後このかなりマニアックと思われるこのネタ、
画像

「覚悟のススメ」はともかくとしてマニアックの最たる例の一つ、「平成武装正義団」なんかは「山口貴由」のテーマにて紹介しているのでぜひ参照してくださいね!!
といきなり宣伝してみます!

お楽しみの単行本書き下ろしはあとがき1P&カバー下丸々を使い、いつものノリで好きなゲームに対しての情熱を叩きつけまくっているコメントが。
「ソーサリアン」とかあげてます。
・ジャンプしていろんなとこいっておつかいするゲーム。
だそうです。
……やべぇ、完璧にあらわしてる……

ゲーム&漫画マニアの深度チェッカーとしても使える、「以下略」は大好評発売中です!
俺の専門外ゆえにまったく触れませんでしたが、ミリタリー的なネタもありますのでそちらのファンの方も一読の価値アリ!
更にその昔連載されていた「進め!!聖学電脳研究部」の頃からいまだに「ギレンの野望」をやり続けてるっぽいそのゲームラブにも注目です!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!

ところで平野先生。
画像

俺は淵さんだと思います!


以下略
ソフトバンククリエイティブ
2009-04-28
平野 耕太

ユーザレビュー:
まだ生きてたww最初 ...
面白いが買うほどでは ...
正に平野耕太ワールド ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「あねとむち」です。
メディアファクトリーさんのMFコミックスにて刊行されました。

作者は春日旬先生。
春日先生は03年ごろからアンソロジーや同人などで活躍している漫画家です。
すっきりとしながらも書き込まれた絵柄で、魅力的な女性キャラを描く実力のある方ですが、単行本の発売は今作が初のようです。

さてこちらの作品はおそらく学園を舞台にしたギャグ漫画に分類されます。
しかし普通のクラスメートやら幼馴染やらとキャッキャする作品とは違い、主人公とその姉の不思議な関係をメインに据えた作品になっています。

主人公の友樹はごく普通の高校生です。
しかしその双子の姉、愛はそうではありません。
愛は容姿端麗成績優秀、誰にでも優しく接する完璧超人で、クラス中どころか教師を含めた学校中のアイドル的存在。
それだけならばいいのですが、何故か彼女は常に友樹に数々の罠を仕掛け、それを見破れなければ容赦なく鞭をふるい、見破ることができれば飴を与えるという試練を与えてくるのです!

その罠とはかなり奇奇怪怪なものばかりで、
授業を終えた後なのに水着を着たり、
画像

バイトに女王様ルックで行こうとしたりと、
画像

いろいろと間違ってます。
一応友樹のことを考えて試練を与えてくれているわけですが、いくら優しく奇麗な姉と言ってもこうしょっちゅう怪しげな行動をされては身が持ちません。
しかし周囲の面々は皆愛の持つ魅力にメロメロで、おかしいことに気付かず友樹の苦悩に一切気付いてはくれないのです!

そんな中愛の圧倒的人気に嫉妬し怒りに燃える少女、西園寺が現われます。
彼女はなんとか愛の弱点を探ってやろうと友樹に接近して奮闘するのですが……
画像

彼女自身が愛にメロメロになってしまう始末。
友樹に気があるふりまでして家に押しかけたりもしますが、まるでどうにもなりません。
しかもこういう展開から主人公とヒロインが良い関係になる、と言うありがちな展開が
画像

勿論ありません!

とにかく素っ頓狂な愛のキャラクター性が楽しいこの作品、主人公の家庭環境やらのストーリー性もあるにはあるのですが……そんなことは気にしないでただただギャグを堪能する単純娯楽作品になっています。
萌え要素も豊富になっており、天然なのかなんなのかわからない愛のキャラクター性やコスプレなどに萌えること間違いなし!
エロス要素はオマケ漫画で愛さん地震が「テコ入れが必要」と仰っているように控えめになっていますが、それゆえに安心して(?)読み進められると言う利点もあるわけです!
一応全裸もありますしね!
画像

友樹の!

萌えとギャグのカオスなハイブリッド漫画、「あねとむち」は好評発売中です。
頭を空っぽにしても楽しめるギャグ漫画として、そして比較的一般の方に見られても大丈夫な萌え漫画としても一冊いかがでしょうか!
……一般の方は表紙でアウトですか、そうですか……
とにかく、本屋さんに急ぎましょうか!


あねとむち (MFコミックス フラッパーシリーズ)
メディアファクトリー
春日旬

ユーザレビュー:
設定はいいのだが、話 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「肉の唄」第1巻です。
講談社さんのヤンマガKCにて刊行、ヤングマガジンにて連載中です。

作者はコウノコウジ先生。
2000年のデビューからヤンマガ一筋(別冊ヤンマガはありますが)に連載を続けている漫画家で、代表作と言える「アウト・ロー」は14巻にわたる長期連載となりました。

さて、こちらの作品はいわゆるプロレス漫画。
最近の流れなのか、プロレス=八百長、と言うことをしっかりと明記した作品ですが、それゆえに奥深いプロレスの面白さを描こうと言う作品になっています。

主人公の一色亮太は絵に描いたような駄目人間で、落ちぶれに落ちぶれていまやジュース一本買えない極貧状態に陥っています。
そんな時目に付いたのが「新世紀プロレス」の新人募集チラシでした。
プロレス団体に入門すれば寮で暮らせるだろうし、そうなれば食事もでる……などという考えなどチラリとも浮かば無いようで、亮太が選んだのはなんと道場破りでした!

どうやらこの亮太、総合格闘技で成らした腕自慢のようで、道場破りと称した賭け試合を持ちかけて食い扶持に当てようと考えた様子。
ですが団体を率いるレスラーの佐島はあっさりとそれを断りました。
画像

「真剣勝負などという子供の遊びに付き合えない、真剣勝負などくだらない。」
佐島はプロレスを八百長と認めたうえでそう言い放ったのです。
ですがその時、1人のレスラーが倒れます。
それは道場破りを挑んだ際、いの一番にハイキックを叩き込んだレスラーでした。
そのレスラーがあまりにも頑丈だったのか、単に鈍感だったのか……とにかく今になって効いて来たようなのです。
目の前で部下のレスラーが倒されたのでは流石にスルーなどできるはずも無く、とうとう勝負を受けてたった佐島。
ですがその対戦相手はなんと練習生の小柄な少年、小坪!
画像

しかも対戦形式はヒンズースクワットを長く続けていた方が勝ちという無制限一本勝負!
更に勝ち役と負け役をあらかじめ決めようと言うのです!

見た目からしてヒール感バリバリの亮太は負け役に決められてしまいます。
そのシナリオをたどらなければ無条件で負け、たどったとしても勝敗は佐島が決める、と言う不可解極まりない勝負ですが、金がかかった勝負ですからやらないわけにも行きません。
貧弱な坊やだと思われていた小坪ですが、その体は相当にビルドアップされたボディを持っており、そして何よりプロレスを愛していました。
プロレスを散々バカにする発言を繰り返していた亮太に内心ブチギレており、凄まじい執念でくらいついてきます。
500回を超え、1000回を超えてなお続くスクワット対決。
どれだけ注目を集められるか、が勝負のカギとなるこの勝負、プロレスらしいセコンドの介入や選手のドラマを交えた熱戦となります。
そしてあまりにも衝撃的な決着を迎えることとなるのです!

と言うわけでこの作品、プロレスを地上最強の即興芸術と称し、筋書きのあるドラマならではの盛り上がりを見せてくれます。
いわばさわりの部分であろうこの第1巻ですが、早速盛り上がっているのはさすがと言ったところ。
上記の紹介では触れていませんが、謎の多い主人公亮太の経歴などの更なる今後の広がりを予感させる要素も数多く用意されています。
バトルシーン……といっても今回は実質スクワットしかやっていないわけですが……とにかく熱気が伝わってくるような書き込みがされており、見る者を熱くさせてくれます。
画像

凄い汁!

そして亮太の駄目人間ぶりも凄い!
なんかギャンブルしてないときのカイジがかわいく見えるほど駄目!!
画像

これは逆に一見の価値アリです!

プロレス人気は下火なれどもその火の熱さをしっかり感じさせてくれる、「肉の唄」第1巻は好評発売中です!
プヲタも普通のプロレス好きもそうでない人も読めばきっと熱くなる、そんな作品をぜひ読んで見て下さい!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!


肉の唄 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
講談社
コウノ コウジ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ