3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

本日紹介いたしますのはこちら、「GANTZ」24巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックスから刊行され、連載はもちろん週刊ヤングジャンプです。

作者は奥浩哉先生。
1988年にデビューし、「変」などで人気を絵たのち2000年に連載を開始した「GANTZ」で大ブレイクを果たしました。
この作品は2004年にアニメ化も果たし、いまだ高い人気を誇っています。

さてこの作品、玄野の死と言う衝撃の展開に続き、21巻より「大阪編」が開始されました。
先達ての「鬼編」から一般の人々にもGANTZメンバーや敵星人達が完全に見えてしまうようになり、様々な人物に目撃されてしまっています。
そのためか、被害の規模などもどんどん広がってしまっています。
今回の敵星人は妖怪をモチーフにしており、とにかく数が多い上に大きさや攻撃方法が多種多様。
加藤達の東京GANTZメンバーは突然大阪に呼び出され、大阪メンバーの戦うさまを目撃するのですが……
今回の星人はあまりにも強く、歴戦の大阪メンバーも次々と倒されてしまいます。
目視できることにより存在に気付き駆けつけた自衛隊も続々と倒れ、東京メンバーも窮地に追い込まれます。
しかし大阪メンバーの中でも特に腕利きの二人の活躍もあってほとんどの敵を撃破しました。
……ですが残っていたボス、ぬらりひょんは比類ない強さだったのです。

そしてこの第24巻はぬらりひょんとの激闘がひたすら続いています。
ぬらりひょん以外の中ボスを撃破した猛者もあっさりと敗北し、加藤はおいつめられます。
そんななか身を隠していた西が凄まじい威力である必殺の一撃をはなち、ぬらりひょんは血だまりだけを残して跡形も無く消し飛んでしまいます。
西が余裕の表情で勝ち誇りますが、なんと血だまりからぬらりひょんは完全に復活!!
西の右腕を吹き飛ばし、その後加藤と西以外の集合していた東京チームを追い詰めます。
そのあまりに強い能力でおっちゃんや稲葉の手足もふきとばしてしまいました。
坂田の命を賭した足止めでからくも逃げ延びますが、おっちゃんや稲葉を出血が酷く虫の息。
二人を背負って必死に逃げる東京メンバーはなんとか加藤と合流します。
その合流先で巨大な星人を容易く退治していた男……岡八郎。
そしてとうとうぬらりひょんと「7回クリア」の男、岡が出会い、戦いが開始されるのでした。

最強の星人ぬらりひょんと最強のGANTZメンバー岡の戦いはどう決着するのでしょうか。
息も絶え絶えな西たちの死の前に決着がつけば彼らの命は助かります。
凄まじい二人の戦いは熾烈を極め、やがて……

そんな1Pたりとも目が離せない最強の星人との決戦が収録されている「GANTZ」第24巻は本日発売です!
大阪編もクライマックス!
雑誌連載では衝撃の展開が巻き起こり、物語全体も収束に向かっているこの作品、ますます目が離せませんよ!
さぁ、今すぐ本屋さんで買ってくだちい!

GANTZ 24 (24) (ヤングジャンプコミックス)
集英社
奥 浩哉

ユーザレビュー:
決着を。大阪編、やは ...
大阪編いよいよ終盤か ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「水木しげる妖怪コレクション」です。
双葉社さんの双葉文庫名作シリーズにて刊行されています。

作者はもちろん水木しげる先生です。
「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」「河童の三平」などなどの有名作品を書いてきた超人気漫画家なのはいうまでもありますまい!
鬼太郎なんかは「墓場鬼太郎」までアニメ化し、それをカウントすれば6回もアニメ化した上、実写ドラマ化や実写映画も製作され、まさに国民的人気作品です!
「悪魔くん」も実写化やアニメ化され、なぜか俺は「悪魔くんタロット」と「悪魔くんタロットデラックス」を付属品がちょっと違うだけなのに両方買った思い出があります!
象人や家獣が好きでした!!

さてこちらは水木しげる先生が知名度を広げ、めきめきと頭角を現してきた1964~1974年の読みきり作品が14編収録されています。
どの作品も鬼太郎のようなヒーローはおらず、一般の人々が奇怪で幻想的な事件に巻き込まれていくものばかり。
人々はただ翻弄され、時に痛い目を見たり時に喜びを得たりと多種多様な展開が用意されています。
水木先生特有の電波ユニークな展開や、意外に結構好きなシモネタが出てくる話も収録!
夢オチの話があるのも印象的です!!
他にも第2期アニメ版鬼太郎にアイディアを流用(?)した作品「原始さん」が収録されているなど、鬼太郎ファンとしてもニヤリとできるつくりです。

水木しげる先生のファンはもちろん、現代の鬼太郎しか知らない=水木先生の本来の作風を知らない方にも入門書としてオススメできる「水木しげる妖怪コレクション」は好評発売中です!
第5期アニメ版ゲゲゲの鬼太郎のアニメ映画の公開も近い今こそリアル水木先生に触れるいい機会ではないでしょうか!!
というか水木先生今年で86なのに新連載始めてるし、精力的すぎ!!
現代に生きる妖怪、水木先生の生き様に惚れるしかない!!
さぁ、いまこそ本屋さんにだっしゅです!!



しかし水木先生の作品って端から読んでくとおんなじネタ描いてる事が多いんですよね……
多分貸本時代の作品を多くの目に触れさせたい気持ちで描いたんでしょうけど。
貸本版とこの商業誌版の同ネタをあわせてみるとより楽しいかも!!
貸本版の入手は難しい(ちょっと前文庫で何か出てたような……)かもしれませんが、案外図書館にあったりもするのでお近くの図書館に行くのも手ですよ!

本日紹介いたしますのはこちら、「超神ネイガー ヒーローズ」です。
ジャイブさんのCRコミックスで刊行されています!

まず「超人ネイガー」とは何なのか。
ええい!まず公式のアドレスを張ってしまえい!!
http://homepage1.nifty.com/nexus/neiger/ (秋田県の地図が超オススメ)
ここを見ていただければほとんど全てが解るとは思いますが、秋田県が誇る(?)変身ヒーローです。
ナマハゲ(正式にはナマハゲのルーツ、ナモミハギ)をモチーフに作られたヒーローで、名前の由来はもちろん「泣く子はい『ネイガー』」!
そんな恐ろしげなモチーフをもってこそいますが、姿は完全に特撮ヒーローそのもので話の流れとしても王道的なものです。
だじゃく組合という悪の組織と戦っているのですが、その組織にもホームページが用意されているという恐るべき力の入れよう!
こまめにショー開いてるし、テーマ曲は水木一郎さんが歌ってるし、怪人のきぐるみもかなり気合はいってるしと底まで特撮が好きじゃない俺でも「秋田始まったな!」と言わざるを得ません!

この作品はそんな超神ネイガーのメディアミックスの一環で生み出された作品です!

作者は小川雅史先生。
俺の知る限りですが、デビューは1994年、コミックゲーメストに掲載された「速攻生徒会」。
掲載誌がかなりマイナーだったにもかかわらずドラマCD化やセガサターンでゲーム化された稀有な作品でブレイク。
雑誌や出版社がなくなったせいで単行本は最後まで刊行されませんでしたが、2001年に講談社さんから新装版が刊行され無事に日の目を見ることができました。
その後はアフタヌーンの主戦場にして「風林火嶄」「悪1013」等を連載しました。
現在はウルトラジャンプエッグで「キン肉マンレディー」を連載しています。

この「超神ネイガー ヒーローズ」は小川先生の作風が全開な感じで、あまりメディアミックス感はありません。
オリジナルキャラが登場したり、かなりシリアスなムードだったり……
ですがその分アクションシーンが満載でヒーローのかっこよさといったものが多分に発揮されています。
なにより個人的には小川先生の漫画が久々に読めたのが嬉しかったり。
書き下ろしもたっぷりで雑誌掲載時に既読な人も安心の内容ですよ!
丁寧に設定が説明してあったり、(多分)本場の方言で台詞が描かれていたりと、元来のネイガーファンや地元色に触れたい方々もバッチグーな出来ですよ!

壮大な物語と小川先生の激しい戦闘シーンやノリ、そして秋田県の文化(?)にも触れることが出来る豪勢なつくりの「超神ネイガー ヒーローズ」は好評発売中です!
出版社がジャイブさんで探すのが大変かと思いますが、公式からリンクされている「超神ネイガー ヒーローズ」特設サイトで通販をやっているようなのでそちらを利用するのもアリではないかと!
そんなワケでいまや希少かもしれない熱血ヒーロー漫画を体感しましょう!!
本屋さんか特設サイトさんに豪石(ごうしゃく)!!

超神ネイガー:ヒーローズ (CR COMICS)
ジャイブ
小川 雅史

ユーザレビュー:
カッコイイ!ギャグっ ...
郷土愛みなぎる快作! ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


……個人的にはきりたんぽを粗末にしすぎな気がします!!

本日紹介するのはこちら、「フランケン・ふらん」です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスにて刊行、チャンピオンREDにて連載中です!!

作者の木々津克久先生は2002年にマガジンSPECIALで連載を経験した後、2006年にチャンピオンREDでこの「フランケン・ふらん」の連載を開始しました。
丁寧で細かい画風が特長なのですが、その特長を活かしてグロいシーンを描くのが印象的といわざるを得ません!
いま週刊少年チャンピオンで短期集中連載されている重い障害を持った超能力少女のハートフルな感動漫画「ヘレンesp」と同じ作者さんだと言うことを知っているとより楽しめる……かもしれません!

さてこちらの「フランケン・ふらん」はジャンルワケをするならホラーコメディ漫画ということになります。
ですがホラーと言うほど心霊などのオカルティックな要素は無く、むしろ(無茶はありますが)科学というか医学と言うか、そういったもので説明をつけている現実主義の作品作品です。
それでもホラーに分類されてしまうのはあまりあるグロテスクな描写のせいでしょう!
脳みそ心臓当たり前、ありとあらゆる臓器がそこかしこに登場するばかりか、改造による人外生物や体が虫になってしまった少女などなど、もうグロの限りを尽くしています。
とはいえ単なる悪趣味なスプラッタ作品ではなく、内臓が必然的に出てくる内容……手術をメインにすえている為なのです。
……趣味がいいとは言えない内容ですが!

ではどんな内容なのかといいますと、こんな作品です。
主人公のふらんは斑木という博士の「最高傑作」で、その姿は一見すると可憐な美少女。……体中のつぎはぎと頭に刺さった電極が無ければ、ですが。
ふらんは人知を遥かに越えた医学技術を持っており、ものすごく新鮮なら死体ですらギリギリ生き返らせてしまう程です。
ですが人格に少々問題があるのです。
根は素直で人の頼みは断れず、親子や友人などの情にももろいですが、基本的に普通の人間とは考え方が違うと言うか……人の命や倫理観というものをとても軽視しているきらいがあるのです。
基本的に助けられる人命は全力で救助するのですが、どんな形であっても生きていればいい、みたいなありえない手術を施してしまうことも多く、自分の気に入らないものにはものすごく(人間としての人生オワタ\(^o^)/みたいな)酷い目にあわせたりもします。
その数々の手術内容たるや、バラエティ豊かな上にそのどれもがここに書くことをはばかられるような衝撃的なものばかり!!
二人の男の子に告白されてどちらかを選べない女の子を二つに分裂させたり、生首を臓器移植用に作ったボディに移植して生き返らせたりとホントもう一般の人が見たら勘弁してくださいというようなものが目白押しなんですよ!
そんな彼女の可愛くもゆがんだ日常と手術を中心に展開する多種多様な事件をブラックなギャグをまぶしながら展開するのがこの作品なのです!!

とにかくグロい上にブラックなので万人にはとてもオススメできませんが、そういう描写が平気な人には単純なスプラッタ漫画でなく、様々な人間ドラマや主義なんかを感じることができて楽しめるはずです!!
キャラクターも魅力的で萌えられる人は萌えられる筈!
っていうかこういう人体改造的なものに萌える人もいる筈!!
グロが平気で主人公が必ずしも正義と言うわけではない作品が好きな方にはオススメできる「フランケン・ふらん」は第2巻まで好評発売中!!
「シグルイ」と「聖痕のクェイサー」と「フランケン・ふらん」を読めばチャンピオンREDが大体どんな雑誌かわかるといえるかもしれないチャンピオンREDのスプラッタ的描写をリードするこの作品、読まない手はありませんよ!!
……グロが平気な人に限りますが!!
さぁ、グロが平気なひとは今すぐ本屋さんにダッシュ!!

フランケン・ふらん 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
木々津 克久

ユーザレビュー:
ブラック・インパクト ...
漫画は娯楽であれ正直 ...
マッドサイエンティッ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


なんかamazonの評価が真っ二つになってて面白いですね……
それだけ評価が分かれる作品なのはわかります!!

本日紹介いたしますのはこちら「ネムルバカ」です。
徳間書店さんのリュウコミックスにて刊行されています。
昨日紹介しました「それでも町は廻っている」の作者、石黒先生の作品つながりで連日の紹介!

作者の石黒正数先生に関しての紹介は昨日、10月12日の「それでも~」を参照してくださいませ。

さてこちらの「ネムルバカ」はわはり日常漫画に分類されます。
ですが昨日紹介した「それでも~」とは違い、2人の女子大学生がメインにすえられています。
とはいえその二人は頭のあったかい女子大生、入巣柚実(いりす ゆみ)と、歌手を目指す口は悪いが根はやさしい(?)入巣の先輩、鯨井ルカ(くじらい るか)で、どことなーく「それでも~」に通じるキャラクター設定。
そんなわけでシリアス一辺倒になるわけも無く、のんきな大学生特有の自堕落でのんびりした日常を描く漫画になっています。

ですがそこはやはり石黒先生、様々な内容を盛り込んでいます。
なかでもひときわ目を惹くのはやはり第4話に出てくる「駄サイクル」ではないでしょうか。
ぐるぐる廻るだけで一歩も前進しないダメなサイクルのこと、と作中で触れられている造語なのですが、この作品内でそう例えられていた状況とは「自称アーティスト同士が作る→褒められる→見る→褒めるを繰り返す」という物でした。
作中ではとにかくダメさ加減を誇張してかかれており、素直に笑えるものになっているのですが……なんだか思い当たる節がある人も多いのではないでしょうか。
俺もだ……俺もだみんな!!
他にも人生の立ち位置に関しての話が描かれており、俺のようなダメな人生をおくって来た人が読むと心に刺さるものがあったり。
そういった人によってはかなり共感できる痛々しい姿をさらっと描いてしまうところも凄いといわざるを得ません!!

そんなワケで色々悩みの多い若い方から、過去を振り返るとちょっと切ない思いをしてきた人あたりに狭く、しかし大きくオススメする「ネムルバカ」は、大好評発売中です!
リュウコミックスはまだ刊行巻数が少なめですので比較的探しやすいはずです!
さあ、今すぐ本屋さんにダッシュだ!!

ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
徳間書店
石黒 正数

ユーザレビュー:
こんなの読みたかった ...
本屋で偶然見つけた ...
『それ町』ファンも是 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ