3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「藤子・F・不二雄大全集 エスパー魔美」第2巻です。
小学館さんから刊行されました。

本作をはじめとしたF先生の大全集は「藤子・F・不二雄」のテーマにて紹介をまとめておりますので、そちらもよろしければ併せてご覧くださいませ。

さて、超能力少女者の先駆け的漫画である本作。
第2巻でも小さなトラブルからあわや国際問題という大事件まで解決していきます!!

第1巻の紹介では魔美が知り合いに陥れられ、周囲に疑われるという身近な人物に裏切られる話を紹介しました。
今巻でもさまざまな事件がおきるわけですが、やっぱり恐ろしく感じるのは身近な悪意ある人物。
しかも第1巻のエピソードのようにクラスメートではあるものの実際は完全なゲストというキャラではなく、今まで何度と無く登場してきたキャラクターが牙をむくのです!!

その人物とは今までも魔美の家にいろいろ文句をつけに来たおとなりのおばさん、陰木さんです。
今巻の「のぞかれた魔女」というエピソードでは、陰木さんが今までにもましてネチネチと文句を投げかけ、
画像

魔美はとうとう泣き出してしまいます。
その時たまたま訪ねてきていた高畑さんのとんちというか屁理屈で陰木さんを追い払うのですが、その屁理屈に陰木さんは怒り心頭!
怪しげな行動の多い魔美の監視を強め、とうとう自分ぼ部屋にテレポートで突然現れる姿を目撃し、逆隣の細矢さんに共同で監視して決定的な証拠を掴もうとするのでした!!

超能力研究家を家に招き寄せ、更に魔美の部屋のカーテンをクリーニング業者に頼んで持っていってもらってしまうという力技を用いて一段と魔美を追い詰める陰木さん!
大ピンチになる魔美ですが、またも高畑さんのアドバイスにより「監視に気づかないフリをして超能力をまったく使わずに生活」します。
そして協力者がが疲れ果てた時を狙って陰木さんだけに
画像

「怪獣が屋根の上で踊る」光景を見せました!
あわてて細矢さんや研究家を呼びますが、当然そのときはもう片付けた後。
陰木さんは「ちょっとおかしいひと」として周囲に認識され半ば引きこもるようになり、魔美が超能力者という話題も忘れられていくのでした。

なんだか後味悪い解決方法です!!
お隣さん確かにいやな人だけど犯罪者ってワケではありませんから……ちょっとかわいそうな結末だなぁ……
と思ったのもつかの間!
今度は毎夜魔美の家にいたずら電話がかかってくるようになったのです!
陰木さんしかいねぇ!!と思いきや、「お前の家は呪われている」と繰り返す声は男性のもの。
陰気さんの旦那さんは体調が悪くて近々寝たきり状態である上、紳士然とした真面目な人物だそうで電話の主とは思えないのだそうです。

そんな魔美をもうひとつ悩ませているのが突然現れる幻。
若い男が中年男性を刀で切りつけるシーンが突然見えてしまうのです。
そんな折、電話から逃れる意味も込めて父とともに絵を描きに行った片田舎で、1人の男に出会います。
その男はなんとその幻を魔美に無意識のうちに見せていた人物で、以前極道の親分を出世のために切りつけ、7年ぶりに出所してきたという経歴の持ち主でした。
足を洗ってまっとうに生きようと考えた彼は実家に、自分をまだ待っていてくれるなら庭に黄色いハンカチを出しておいてくれ……とかの有名映画をなぞらえた手紙を出したのです。
魔美は家を見に行く勇気が出せず迷っていた男の手を引き、その家へと導きます。
ですがその家にはハンカチなど無く……男は友人を頼って仕事を探して生きていくと去っていったのでした。

納得行かないのは魔美です。
子供を待たないなんてなんて親だよ!!と後先考えずその家に怒鳴り込むのですが、なんと家の住民は3年前に引っ越してきたばかりでわけがさっぱり分かっていない様子。
あわてて男を捜す魔美ですが、どこにも姿は見えずに後悔ばかりが残るのでした。

家に帰るとさっそく高畑が訪ねてきて、いたずら電話の声をテープにとって倍速にしたものを聞かせてくれました。
その声はほかならぬ陰木さんの声!!
なんと陰木さんが自分の声を2分の1の速度に加工して電話から流していたのです!!
当時(77年)こういうことが家庭で出来るのはごっついオープンリールのカセットデッキくらい。
わざわざ購入してまで魔美への嫌がらせに心血を注いでいたのです!!
画像

早速現場を押さえてとっちめようとした魔美ですが、ちょうどその場面に陰木さんの旦那さんが登場!
お隣はいい人だからこんなバカなことはやめろ、と病気で苦しみながらもしかりつけます。
陰木さんはそれを受け、なぜ自分達だけこんな惨めな思いをしなければならないのか、せめて息子がまともならば……と嗚咽を漏らすのでした。
隠れて様子を見ていた魔美がふと飾ってあった写真を見てみると、その息子とは先ほどの彼だったのです!
どうにかして魔美達は彼の連絡先を探し出して……
無事に親子は再会!
陰木さんは憑き物が落ちたかのように優しく品の良い奥さまへと変貌したのでした。
画像


お隣さんが悪意を持って嫌がらせを続けてくるという、実際にあったらもうどうしようもないくらいいやな状況に陥ってしまう魔美。
漫画の中でもやっぱりいやな状況なのですが、さっさと引越し!などといったドロドロではない幸せでどこにも角が立たない解決法が導き出されました。
いやー、さわやかに物事が収束してすがすがしいエピソードですね!
……でもやっぱりこういったエピソードには言いようのない恐怖を感じてしまいます……
そういう漫画じゃないんですけどね……

VS陰木さん編以外にももちろん注目の話が多数繰りひろげられます。
F先生作品ではもはや恒例とも言える漫画家を目指す話(フニャ子フニャ雄先生も登場!)、
用心暗殺をもくろむ腕利きの殺し屋とのバトル、
画像

そして最近見かけなくなったパートカラーでの魔美3P連続ヌード
画像

などなど、物語的にも絵的にも見所たっぷりです!

恒例の巻末資料も「魔美+手づくり動くおもちゃ」というなんだか珍しい連載当時の企画を収録!
さらに今回の作品解説はアニメで魔美役を演じたよこざわけい子さん!
今作も細部にまでわたって充実していますよ!

小さな小さな悩みから日本が危ない大事件までスパッと解決、「藤子・F・不二雄大全集 エスパー魔美」第2巻は好評発売中です!
ドジながらも健気に頑張る魔美の姿は今でも断然魅力的ですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!


エスパー魔美 2 (藤子・F・不二雄大全集)
小学館
藤子・F・不二雄

ユーザレビュー:
ゲスト出演藤子・F・ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「森のテグー」第1巻です。
秋田書店さんのヤングチャンピオンコミックスより刊行、ヤングチャンピオンにて連載されています。

作者は施川ユウキ先生。
施川先生とその著作、「え!?絵が下手なのに漫画家に?」の紹介は09年11月25日の記事にて記載しておりますので、気が向きましたら見てやってくださいませ。

さて、本作は基本的に2Pで1遍のギャグ漫画を繰り返す形式の作品です。
しゃべる動物達と人間が一緒に暮らすいかにもメルヘンな設定のなかで施川先生らしいシュールさや毒、そして癒されるネタがふんだんに用いられています!

舞台となるのはたくさんの風車が立ち並ぶ丘と豊かな森。
そこで主人公の猫、テグーやその親友の少女チポを中心に起こるさまざまな日常の出来事を綴っています。
森にすむ動物達はなんかもう無国籍で、セミレギュラーのお友達からして
画像

パンダ、海の精霊ともうなんか自由!
しかもその4人に授業を教える先生からしてなんだかもこもこしたちょっと見たこと無い何かです!
画像

しかもキノコ生えます!!

他のサブキャラたちも個性の強い面々がそろっております!
底なし沼に沈みながら沈み慣れたり木から落ちて骨折した瞬間慣れたりして、ハプニングがおきることに周囲がなれてもはや誰も助けないという恐ろしい境遇に慣れながら生きるひよこの村長。
画像


洞くつをダイナマイトで掘り進めながら図書館として整備を続けるマッタさんは、本と爆破が大好きというまさにこの職のために生まれてきたような人物。
ですが一番好きなのは
画像

「本の爆破」という底知れぬ趣味の持ち主です!

他にも数々の動物や人間が登場する本作ですが、見所は個性豊かなキャラクターだけではありません。
やはり施川先生ならではのキャラの掛け合いやギャグも魅力的なのです。
前述した通りのシュールなネタからピリッと毒の効いたネタ、そして
画像

タイムリーなネタなどなど幅広くカバー。
そんなブラックめなネタがやや多い本作ですが、キャラクターの外見&性格のかわいらしさでブラックさはかなり和らぐ印象を受けます。
テグーの素直でありながらもどこかシニカルで、底抜けにかわいらしいキャラクター造形は見事!
主に突っ込み役であるチポも常に冷静なキャラである様に見えてその実しっかりと子供らしいキャラで、のんびりやのテグーと見事にマッチしたコンビ芸(?)による癒しギャグを見せてくれます!
中心となる子供達だけでなく、テグーの両親をはじめとした大人組のネタも収録されており、こっちは癒しとはちょっと違うよりインパクトの強いネタが披露されます!
画像

こちらのネタの方がより施川先生らしい気がするのは俺だけではないのではないでしょうか!

ちょっぴりブラックたっぷり癒し、和やか日常ギャグ漫画、「森のテグー」第1巻は好評発売中です!
施川先生自らが同日発売の「え!?絵が下手なのに漫画家に?」よりキャラがかわいくて面白くて深みがあると言うこの作品。
施川先生自身がいうんだから間違いありません!だまされたと思って読んでみてはいかがでしょうか!
いや、もちろん「絵が下手なのに~」も「テグー」とは違ったベクトルで十分面白いですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


森のテグー 1 (ヤングチャンピオンコミックス)
秋田書店
施川 ユウキ

ユーザレビュー:
おもしろおかしく奇妙 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ACLLA(アクリャ) 太陽の巫女と空の神兵」第1巻です。
BbmfマガシンさんのYA!コミックスより刊行、コミックYA!にて連載中です。

作者は高田慎一郎先生。
高田先生は94年にデビュー後、スクウェアエニックスさんの雑誌を中心に多数の漫画を発表。
代表作である「神さまのつくりかた。」は単行本14巻にわたる長期連載作品です。

本作は2国間の戦争に関するさまざまな作戦や事件などを描くアクション漫画となっています。
ですが舞台設定などに独特なものが多く、一風変わった味わいが楽しめます。

舞台はピスカ・スーユと呼ばれる国。
大国ではあるものの農業主体であったピスカ・スーユに強大国家エストレージャが攻め込み、平和だった国は戦渦の只中となっていました。
そんな中エストレージャの1部隊に蹂躙されたピスカ・スーユの巡察使隊。
無惨に殺されていく隊員達ですが、その中にいた1人の少女は命を奪われる前に陵辱されようとしていました。
絶望する少女ですが、そこに飛来するひとつの影が。
画像

ピスカ・スーユが誇る空を飛ぶ兵、「千の鳥(ワランカ・アルパ)」に所属する少女兵士、カイでした!
カイは自由自在に空を飛び、次々とエストレージャの兵を笑みすら浮かべながら皆殺しにしていきます。
瞬く間に全滅させ、襲われていた少女を保護するのですが
画像

その少女はカイと昔親交のあった少女、チャルチだったのです!

その後チャルチはカイとともに生活することになります。
カイは「千の鳥」138人の中に2人だけしかいない女性戦士で、戦闘技術自体はさほど秀でてはいないものの飛行技術はトップクラス。
「千の鳥」は重力に逆らう特殊な糸を特殊な模様で編むことによって作られた翼で空を飛ぶ特殊部隊の名称です。
その翼による飛行は非常に難しく、「千の鳥」のメンバーですら事故で怪我をすることもある様子。
それだけに高い飛行技術を持つカイは危険な任務などにも欠かせない人物となっているのです。
ですがカイ自身もなにやら自らすすんで危険に突っ込んでいる節があり、常に死と隣り合わせ。
チャルチはそんなカイが心配で溜まらず……という言葉では終わらない、ちょっと行きすぎな位の執着心を見せるのです!
おお、百合百合しい展開?と一部の好事家は胸をときめかせるわけですが……実際チャルチはカイにぞっこんべたぼれなのは確実!
ですがそれ以上に何か重大な謎を秘めているようで、
画像

謎の存在にカイを殺すように支持されているのです!
しかも憎しみとかそういった感情は一切無く、あるのは「カイを殺すのもカイのため」、という歪んだ感情!
裏で手を引く謎の存在の目的はさっぱりわかりませんが、よからぬ何かが起ころうとしていることだけは間違いありません!
更に今巻でのクライマックスではチャルチに更なる異変が生じます。
はるか遠くで戦闘に敗北し、カイが辱めを受けようとしていることを「見た」チャルチは使いこなすことが難しいはずの翼を身につけあっという間にその場に参上。
そして組み伏せられていたカイの姿を見るや否や
画像

その表情を悪鬼のように変貌させ、恐ろしい超能力を発現させたのです!

というように空飛ぶ兵士が特色となる戦争アクションもの、と思わせておきつつ中盤から一気に急展開が続き、謎の多い物語へと変わっていく本作。
カイが行き急ぐ理由とはなにか、最後に登場した「黒の中隊」は一体なんなのか、チャルチの背後にいる禍々しい存在の正体は、そして怒りとともに現れたチャルチの異様な能力は……?
たくさんの謎が先をよませない気になるストーリーを作り出しています!
アクションシーンも丁寧に描きつつもスピード感あふれる作画で、さらに単調さや退屈さを感じさせないさまざまな構図などもあり、すっきりと見やすいながらも十分な満足感が得られる仕上がりになっています!

……で、余談ではあるんですが。
この漫画、戦闘に勝利したエストレージャの兵が、敗北した側にいた女性を襲おうとするという展開が妙に多いです!
この単行本1冊だけで
画像

なんと3シーンもあります!!
しかもうち2回は主役(カイ&チャルチ)が被害者で、残り1回は助けが入りません!
なんかすごい!なんかこれすごいですよね!!
3回も襲おうとしてるだけじゃなくて1回成功してるって……!そういうエロス目的の漫画じゃないはずなのに……!!

単行本オマケ要素としてカバー下本体に4コマ2本と1P漫画が描き下ろし!
本編ではあまり無いギャグ要素、一服の清涼剤となるのではないでしょうか!!

中盤から一気に物語が急展開する、「ACLLA 太陽の巫女と空の神兵」第1巻は全国書店にて発売中です!
謎が謎呼ぶショッキングな展開の数々……とにかく今から第2巻が楽しみな引きは一見の価値ありですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


Aclla~太陽の巫女と空の神兵 1 (YA!コミックス)
Bbmfマガジン
高田 慎一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「団地ともお」第15巻です。
小学館さんのビッグコミックスより刊行、週刊ビッグコミックスピリッツにて連載されています。

作者は小田扉先生。
小田先生や他作品は「小田扉」のテーマにて紹介をまとめさせていただいておりますので、ご興味等ございましたらそちらも併せてご覧くださいませ。

ともおのバカな日常からファンタジー要素あふれる話、しんみりする話まで幅広くカバーしている本作。
ですが前巻にひきつづきこの第15巻でもファンタジー系話は無し!
まっとう(?)な日常ギャグを繰り広げています!

サザエさん的に同じ時間軸が続く本作ですが、今巻では夏休みに突入。
夏休みはともお達が団地にすむ都合上、周囲の子供達との激しい遊び場ポジション争いが繰り広げられます。
主にポジションを争う相手は6年生達。
腕づくではかなうはずも無く、話し合いに持ち込もうとしても
画像

上手いこと丸め込まれてしまう厄介な相手です。
そこでともお達はクラスのブレーン的存在のみつおを駆りだして「団地独占禁止法」を制定。
6年生にもそれを飲ませることに成功します。
その法によってあみだくじ、もしくは双方の合意の上での勝負の結果によって遊び場の所有権を決定することになったのです。

ですがやはりそういったルールには異論が出てくるもの。
夏休み中旅行に行ったりなどしてエンジョイしたものが引き続き遊び場を独占するのは公平ではない、という意見が出始めます。
そこでそのエンジョイ内容によって遊びに制限をかけるのでした。

そんな夏休みもとうとう残り1週間。
ともお達と6年生は残り1週間の使用権利をかけて大勝負をしようということになります。
じゃああみだで……となりかけるのですが、大勝負の場合にも細かなルールが制定されており、その際は階段での「ジャンケングミ」での試合となることが決められていました。
「ジェンケングミ」とはジャンケンして勝ったらそのときの出した手に応じた段数階段を進み、頂点に達したものが勝ち……というよくあるアレに明確な歩数とゴールを追加したもの。
うちの地域では「パイナップル」とか呼んでました!
で、この勝負にももちろん例のエンジョイしている人へのハンデが設定されてまして、それは夏休みに切ない思いをした人は開始時ある程度進んだ場所から始められるというものです。
勝負するのはそのハンデを当て込んで、ともおVS風邪をこじらせて入院し夏休みをほぼ棒に振ってしまった幸子さん。
さっそくハンデのカウントが始められました!
夏休みに臨時小遣いが与えられなかった、外食に連れて行ってもらえなかった、国内外問わず旅行に連れて行ってもらえなかった、夏休み中昼食がソーメンだった日の回数……
画像

その全てが適用され、ともおは勝負開始前に不幸自慢の幸子さんすらぶっちぎってゴールしてしまうのでした……
……のび太ですら夏休みには外食くらい連れて行ってもらえそうなのに……

その後夏休み最後の日に溜まり溜まった宿題を前にして「自分は生まれてこなかった方が良かったのではないか?」というところまで行き着いて、
画像

さらに「生んでくれてありがとう」という境地までたどり着いてしまうともお。
なんでともおって基本すがすがしいまでのバカなのに時としてここまである種の境地に達するんでしょうか!
ただものじゃないぜともお!!

他にも作中作、「スポーツ大佐」のアニメ版が一般層やPTAに媚を売ろうと萌え要素等を追加し、
画像

原作もそれに追随させられそうになるというなんだか昨今のアニメ事情を考えさせられるようなそうでもないようなエピソードをはじめとした16エピソードを収録!
ギャグでやってるとはいえ荒みきった野球チームの2軍が登場し、それを構成させるために2軍落ちさせられた阿羅間選手が奮闘(主に掃除や洗濯)する話などのギャグ話や、有名タレントが探偵に冴えない男の調査を依頼し、その驚きの真相が明かされるちょっといい話、裁判員制度をモチーフに裁判のドラマを取ることになる時事ネタなど、相変わらずバラエティ豊か。
何も考えずに笑える作品と思いきや時々深く考えさせられるという緩急のついた幅広い作風は小田先生の持ち味といえるのではないでしょうか!

恒例の巻末おまけスポーツ大佐もきっちり収録!
今回はお供のクマとカラスの出会いが描かれています!
大佐がクマとカラスとの出会いではなく、クマとカラスが出会う話です!
更に今回余白ページが多かったのか、おまけカットも多数収録。
各話の後日談や補足的な一枚でお話の味わいもより深くなっていますよ!


ともおと青戸さんのあほさ加減が加速しているような気がする「団地ともお」第15巻は好評発売中です!
昨今の萌え重視日常漫画とは別の道を歩くぶっちぎりアホ小学生日常ギャグ、未読の方は是非体験してみてはいかがでしょうか!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


団地ともお 15 (ビッグコミックス)
小学館
小田 扉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「藤子・F・不二雄大全集 オバケのQ太郎」第3巻です。
小学館さんから刊行されています。

本大全集の紹介は「藤子・F・不二雄」のテーマにてまとめております。
お時間などございましたらそちらも合わせてご覧くださいませ。

第3巻目となる本巻。
この巻に収録されている時期に初のアニメ化を果たしました。
そんなことは一切関係ないとばかりにいつものノリで展開します!

今回もボリューム満点、31編が収録されています。
まず取り上げたいのはやはり初登場となるP子、そして両親が出てくる「オバQ一家勢ぞろい」です!
勢ぞろいとはいいいますが、O次郎は出てきません!まだ生まれてないっぽいです!

突然2階に響き渡る「ゆうびん」の声。
その時正ちゃんやQちゃんは1階におり、2階には誰もいないはず……
ひぃ!おばけ!!……まぁQちゃんもオバケなんですけど。
ともかくその推測は間違ってはおらず、窓を開けるとオバケの国からの郵便が舞い込んで来ました。
まるっきり恐怖新聞ですね!!
それは置いておきまして、何枚かの葉っぱに一文字ずつ綴られているその手紙の内容はなんと明日両親と妹がやってくると言うものでした!
喜び勇んで次の日迎えに行く二人。
すると両親達は空き地に新幹線に乗って……ではなく、新幹線に化けてやってきたのでした!
感動の再会を15分間続けた後、一家そろって犬嫌い、などの家族らしい一面を見せつけながらも家に着く一行。
画像

父X蔵、母おZ、妹P子が丁寧に挨拶し、わざわざ人間界にやってきた理由をあかします。
それはなんとQちゃんをおばけの国につれて帰る、というものでした!
オバケはやっぱりオバケの国で暮らした方がいい、という至極もっともな理由です。
ですがQちゃんは正ちゃんと離れたくないと拒否。
オバケは人間と違って嘘はつかないし、病気も何にも無いと某ゲゲゲ的な売り文句を口にしますがQちゃんはそれでも断固拒否!
じゃあしょうがないと早くも両親達は帰ってしまったのでした。

あんまりにもあっさりした別れで、Qちゃんへ急激に寂しさが湧き出してきます。
泣くなよ、人間の世界で暮らしたいんだろ?となだめる正ちゃんですが、今度はやっぱりパパやママと暮らしたいと泣きじゃくるのでした。
その直後、いきなり背後から両親達が姿を現すではないですか!
Qちゃんの本音が聞きたいと変えるフリをして様子を見ていたのです。
さぁ帰ろう!となるのですが、Qちゃんは人間界で暮らすか両親と暮らすか、どちらにしたいのか自分でも解らないと吐露。
もう少し時間をかけて決めようということになり、両親達はしばらく滞在することになりました。
X蔵は、じゃあその間にお世話になった正ちゃん一家にお礼をしたいとそれぞれ欲しいものをプレゼントすることに。
正ちゃんにはモノホンの戦車を、伸ちゃんにはプレイヤーが回るレコードを、ママには新しい服をプレゼントし、残るパパには上等のウイスキーを贈ることにしました。
ですが水道からウイスキーが出るようにしたせいで一家全員が総酔っ払いに!
画像

みんないい気分で踊り狂った挙句眠りこけてしまうのでした。
その姿を見てX蔵は人間なんてだらしない、オバケのほうがよっぽどいいよとQちゃんを諭すのですが、もともとこうなったのあんたのせいだろう!!……とはつっこまず、
画像

人間がだらしないからこそ傍についていてあげなきゃいけない!と人間界に残る決心をつけたのでした!
そして人間が大好きで、人間になりたいとまで宣言するQちゃんを見て頑張って人間になれよ、と今度こそ両親達は帰っていくのでした。
Qちゃんになんにでも化けるための教科書を残して……
ちょっといい話的な終わり方をするかと思いきや、その教科書を人間になるからいらないやと燃やしていたら自分に火がついてしまい、目を覚ました正ちゃんたちにだらしないQちゃんには自分達がついてないとダメだ、と逆に心配されるオチがつくのでした。

もう一度オバケの国に行く話で再登場しますが、基本的にはゲストであるQ一家。
レギュラーになるのはまだ先のようです。
ですがレギュラーキャラとなるハカセが本格登場し、段々とみんなが知るQちゃんの形に近づいてきています。

とはいえ連載の年代から来る今見るとバイオレンスなネタもやっぱり多数入っております。
「Qちゃんのさいみん術」のオチとなっている
画像

「あわれな宿なしでござんす。」は危険すぎる気がします!
確証はもてませんが、発表当時はきっともっとストレートな言葉だったんでしょう!
アムロがランバ・ラルに酒場で言って、最近の放送では音が消されてるあの言葉みたいな!

他にもQちゃんが空腹のあまりおかしくなる話が2話続けて収録され、その様子が
画像

ガチで狂っているところなど、見所はたっぷり!
恒例の資料もやはりレアなものが収録されており、しれっと描かれている「藤子先生の一日」の凄まじさに驚愕!
そのスケジュールは是非ご自身で見ていただければと思いますが……頑張りすぎ!!
仕事量から考えるとこれ、まんざら嘘ではないですよね!


なぜか途中から小池さんの奥さんが姿を見せなくなって心配な「藤子・F・不二雄大全集 オバケのQ太郎」第3巻は好評発売中です!
圧巻のボリュームでQちゃんもおなかいっぱい必至の本作。
温故知新の意味も込めて、未読の方は是非読むべき作品ですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


オバケのQ太郎 3〔F全集〕 (藤子・F・不二雄大全集)
小学館
2009-11-25
藤子・F・不二雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↑このページのトップヘ