3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

本日紹介いたしますのはこちら、「フランケン・ふらん」第3巻です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスにて刊行、チャンピオンREDにて連載中です!

作者は木々津克久先生。
木々津先生の著作は「木々津克久」のテーマにてまとめておりますので、よろしければご参照くださいませ。

さて、とうとう発売されましたスプラッター医療漫画、「フランケン・ふらん」第3巻。
今回もますますエログロ描写に拍車がかかっております。
新キャラの歩く臓器保管庫ことアドレアも登場し、ふらんの手術がどんどん場所を選ばないものになり、舞台もどんどんと広がりを見せてくれます。
この臓器を「出し入れ」するアドレアさんはどうやら木々津先生のお気に入り(先生曰く「もしかして凄くエロイ」そうな)らしく、当初は一回ぽっきりの登場予定だったようなのですがちょこちょことその後も登場。
確かに惜しげもなく自らの体の一部である臓器を提供し、やせ細っていく彼女の姿は健気で好感が持てます。……あとで「利子付きで回収」しなければ、ですけど……
とにかく巻末に書き下ろしで彼女のルーツの漫画まで描かれており、今後の彼女の活躍が期待できそうです。
また、第2巻で登場したヴェロニカをメインに据えた物語もあり、敵役として登場したかに見えた彼女が実はふらんよりもよっぽど常識人であることがわかり、その上ツンデレぶりまで発揮してくれているのも要注目ではないでしょうか!
幾度となくほほを染めて照れてみせるヴェロニカは、あまりに普通ではない人が多すぎるこの作品の一服の清涼剤となっています!
たまに凶器だしたり殺し屋を真っ二つにしたりしますけどね!!
ちなみにその殺し屋が水木先生の「吸血鬼エリート」がモデルに見えるのは気のせいじゃないですよね……?

そういう萌え(?)要素だけではなく、相変わらずのノーマルな人には見せられない描写も満載です。
自殺志願者を生きた着ぐるみに改造してしまったり、半身をのっとってしまうまでに成長する人面瘡を外科的に切り取ってしまうなどなど、他人には見せられない話がたっぷり。
更には超巨大な怪獣が日本の離島に上陸し大パニックになるというふらんには珍しい話も収録。
ニンゲン(http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%B3&btnG=%E7%94%BB%E5%83%8F%E6%A4%9C%E7%B4%A2&gbv=2)を髣髴とさせるデザインの怪獣の大活躍と、その目的の意外さはビックリすること間違いなし!

単行本のオマケも豊富でして、先ほど書いたアドレアのルーツを語る漫画に加え、恒例の各話解説も収録。
さらにカバーで大胆にサービスをしているアドレアが描かれています……が、カバー下の本体には「中身」が描かれており、オチまで付いてます!
そのカバー下には怪獣の話の後日談的漫画も描き下ろされており、サービス精神満点ですよ!

21世紀をリードするスプラッター医療漫画、「フランケン・ふらん」最新第3巻は本日発売です。
愛と狂気とエロスとグロと萌えとギャグと……様々なエッセンスが交じり合った不思議な魅力を持っているこの作品、表紙を見て「お?エロそう!」と思って買った人にトラウマを残すこと確実!
覚悟のある方は是非とも読んでみるべし!
あ、勿論普通にそういうの好きな人も必読ですぜ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!

表紙はこちら!!
画像






本日紹介いたしますのはこちら、「GANTZ」第25巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックスにて刊行、週刊ヤングジャンプにて隔週連載中です。

作者は奥浩哉先生。
奥先生の簡単な紹介と「GANTZ」第24巻の紹介は08年10月17日記事に記載しておりますのでご興味のある方はご覧くださいませ。

長かった大阪編もとうとうクライマックス。
1匹で100点と言う脅威の戦闘力を持つボス、ぬらりひょんとの戦いはまさしく熾烈を極めていました。
7回クリアの男、岡八郎をもってしても倒すことが出来ず、匙を投げてしまうほどの強敵のぬらりひょん。
次々と倒れていく仲間達ですが、とうとうタケシまでもが致命傷を負ってしまい……
と言うところから第25巻は始まります。

早い決着を迎え、完全に息絶える前にクリアさえすれば命は助かる。
タケシに必要とされると同時にタケシを必要としている風は決死の覚悟でぬらりひょんに挑みます。
風の体術は流石で、ぬらりひょんの体をを何度も何度も砕きますが、相手の余裕はまったく崩れません。
起死回生となるはずのの一打から、仲間達総出の射撃をもってしても倒せないぬらりひょんに、とうとう風も倒れてしまいました。
もはや絶体絶命かと思われたその時、ぬらりひょんは「飽きた、ここで待っていろ」と言い残し消えます。
そこで加藤達は岡の残した「意識外からの攻撃」、不意打ちしか効果はないのではないかと結論を出し、加藤がおとりとなってこの場に残ることを決意しました。
程なくしてもどってきたぬらりひょん。
彼の手には無惨な岡の首が携えられています。
武器を失ったとはいえあの岡を難なく倒してのけたぬらりひょんを相手に加藤は生き延びることが出来るのか。
本当に不意を撃つことが出来ればぬらりひょんを倒せるのか、そもそもこのバケモノの不意を撃って致命傷を与えることなどできるのか。
どちらに転んでも最後の一手、最終局面の始まりです……

闘いが終わり、採点、そして100点達成者の報酬の授与が終わりました。
その報酬は皆さんも望んでいたであろう彼の再生です。
再開を喜ぶ加藤達ですが、西はそのつかのまの平和を打ち破る奇妙な数字をガンツのメンバーに見せたのです。
「ガンツ katastrophe」
ガンツの耳元で西がそういうと、ガンツに9桁の数字が表示されるではありませんか。
「000684901」
西はこれが人類に残された数字だ、人類の築いてきた価値観はこれですべて崩れる、そう言い放ちガンツの部屋を後にしていきました。
秒数にするとおよそ8日。
あと一週間あまりで何か非常によくない事がが起こる、それだけは確かなようです。
ガンツメンバーの、いやガンツの真の目的、それがとうとう明かされるのでしょうか……
とうとう物語は大詰めを迎えるようです……

今回も緻密な絵柄で繰り広げられるバトルは白熱そのもの。
本当に長かった大阪編もフィナーレを迎え、とりあえずのハッピーエンドと言って良いようです。
そんな最中に巻き起こる暗雲は目的が不明となっていた物語の行き先を徐々に示し始め、これまでにない盛り上がりを見せる予感を感じさせてくれます。
ファンとしてはとうとうここまで来たのか、と言う高揚というか、感動みたいなものを感じますね!……俺だけ?
とにかく近づいてくる完結を予感させ、今後がますます楽しみになってきたことだけは確かでしょう!
今はただ加藤達の今後をただ見守るしかありません!

凄惨で過酷、大阪編がとうとう完結の「GANTZ」第25巻は本日発売です!
あの恐ろしいぬらりひょんをいかにして倒すのか?新たな展開を迎える今後は?様々な見所を収録した注目作最新刊、見逃すなかれ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!

表紙はこちら!!!
画像



GANTZ 25 (25) (ヤングジャンプコミックス)
集英社
奥 浩哉

ユーザレビュー:
大阪編決着!!大阪編 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「金剛番長」第5巻です。
小学館さんの少年サンデーコミックスにて刊行、週刊少年サンデーにて好評連載中です。

作者は鈴木央先生。
第4巻までの「金剛番長」の紹介は「鈴木央」のテーマにてまとめましたのでお時間などございましたらご参照下さい。

さて、第4巻でとうとう幕を開けた暗契五連槍とアイドル番長軍団の闘いは、苦戦をしながらもアイドル側が4連勝をおさめました。
勝ち抜き方式でないこのバトル、すでにアイドル側の勝利のような気もしますが気にせず物語は進みます!

この第5巻では今までにない圧倒的パワーを感じさせる爆熱番長と我らが金剛番長の戦いが開始するところから始まるわけですが、闘いの開始前に卑怯番長に卑怯な手で敗れたカブキ番長の手によって闘技場が崩落させられてしまいます。
このままでは生き埋めと言うところで、金剛番長と爆熱番長が協力してこのふたり以外の番長達を外にいガスコトに成功します。
生き埋めとなってしまった両番長……不死身と思われていた金剛番長も流石にこれでは助からない……
と言うことはまったくなく、殆ど無傷でふたりとも地面から出てきました。うーんやっぱり不死身。
そしてようやくふたりのバトルが始まるわけですが、またしても横槍が入ります!
なんとたまたま周辺で自衛隊が演習をしており、ミサイルとかガンガン飛ばしているのです!!
容赦なく爆撃に見舞われる番長達ですが、金剛番長や爆熱番長はそのミサイルではまったくダメージを負いません!
それどころか飛んで来たミサイルをつかんで棍棒のように叩きつけるなど、武器にする始末!!
無論そんなことをすれば爆発するわけですが、それでも両番長とも無傷なんだから困ったもんです!!
人知を越えたタフネスぶりもいい加減にしろ!!!みたいな!!
ミサイル棍棒アタックも含め、一方的に攻め込む爆熱番長ですが、金剛番長の一撃を食らっただけで顔色が変わり、吐血するではないですか!
ミサイルも効かない爆熱番長が、金剛番長の一撃で何故大ダメージを受けてしまったのでしょうか!
その答えは金剛番長自らが応えてくれました。
「俺の拳骨はミサイルより痛え!!それだけだ!!」
それだけだそうです。

というわけで結局は爆熱番長との格の違いを見せ付けることとなった金剛番長。
暗契五連槍とのバトルがどういう結果になったのかはもはや説明するまでもないでしょう……
そんな訳で新シリーズが始まります。
突然やってきたのはマシン番長。
そう、名前のとおりマシンの番長で、瞬く間に三つの区を陥落したつわものです。
マシンですから、頭を銃で打たれようと無傷ですし、遠く離れた位置から狙撃されようとロケットパンチで撃破可能です。
……人間外でもいいのかよ!もはや番長とか飾りに過ぎねえよ!!
とにかく彼の狙いは金剛番長のようす。
何か惹かれるものがあったようで、仲良くなった月美の静止も効かずに金剛番長VSマシン番長が始まってしまいます。
マシン番長の強さは凄まじく、金剛番長の力をもってしてもダメージを与えられません。
ミサイルより痛いパンチでノーダメージって……恐るべき耐久力……
攻撃力も一級品で、金剛番長をみるみる追い詰め、ついには金剛番長の体をドリルで貫いてしまいました!!
ピクリとも動かない金剛番長を前にマシン番長はこういいました。
「生体反応ゼロ、心配停止― 金剛番長ノ死亡ヲ確認。」

金剛番長の死を前に、怒りに燃える卑怯番長達は敵を討つ決意を固めます!
金剛番長すら一蹴するマシン番長に、アイドル番長軍団は勝ち目があるのでしょうか!
そして泣き叫ぶ月美を見て謎のノイズが発生したマシン番長の今後の動向は!?
古来よりこういったトンデモバトル漫画ではあてにならないとされる「死亡確認」、今回こそは確かなのか!?
様々な疑問が次巻にて明かされる、ハズです!!!

単行本のオマケとして、恒例の番長図鑑に加え、なんと「元祖!浦安鉄筋家族」と微妙にネタが被ったからと殆ど丸々1話ボツになった幻の41話が収録!!
仕上げ中の描き直しと言う事で、適当なのかなーと思いきや、殆ど完成原稿と言える出来上がりは驚嘆するばかり。
この段階から殆ど書き直したの!?と言わざるを得ないような、鈴木先生の真面目さがひしひしと伝わってきます。
べつに被ったからってパクリとかいいませんよ鈴木先生!
心の広い(?)チャンピオン読者なら「シンクロニシティ」の一言で済ませてくれるはずです!!

ますます激しいバトルが繰り広げられ、激動の展開を迎えた「金剛番長」第5巻は本日発売です!
21世紀、おそらく最初にして最高(いろんな意味で)の番長バトル漫画、活目してみるべし!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!

表紙はこちら!!
画像

しかし鈴木先生本当に楽しそうに描いてますよね……


金剛番長 5 (少年サンデーコミックス)
小学館
鈴木 央

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「キン肉マン2世 ~オール超人大進撃~」です。
集英社さんのVジャンプブックスコミックスシリーズにて刊行されています。

作者は勿論ゆでたまご先生。
キン肉マン関係の記事は「キン肉マン」のテーマにてまとめておりますのでよろしければそちらも見てやってくださいませ。

さて、いまやキン肉マンを越える長期連載作品となっている「キン肉マン2世」。
1998年に連載を開始してから現在の「究極の超人タッグ編」まで11年もの長期連載となっていますが、プレイボーイでの本編に加えてVジャンプでこちらの「オール超人大進撃」を足掛け7年にわたって同時に連載していたのです!

では一体どういう内容なのか、本編とはなんか違うのか?と言われますと、これがまた結構違うのです。
まず注目すべきなのは主人公の万太郎の性格。
ぐうたらでめんどくさがり、カルビ丼が大好きで臆病、のような性格は共通しているのですが、このVジャンプ版では必要以上に痛めつけられている仲間の姿に怒りの炎を燃やす強い正義感を持っているのです!
さすが少年向け雑誌であるVジャンプ向け、万太郎も少年向け性格にチェンジだ!!
とはいえやはりなんだかんだいって作者はゆで先生。
子供向け2世として明るく楽しくわかりやすい作品作りを目指しているであろう反面、つよい電波を発することも忘れてはいません!!……っていうかその子供向けと言うことを忘れて電波を発しています!
なにせ記念すべき第1話の敵超人がプリプリマン!!!
そう、初代キン肉マンで悪魔超人として登場し、その後消息が不明となったあの顔がお尻の超人、プリプリマンなのです!!
しかも恥じらいを覚えたのか、なんか顔(というか尻?)にパンティーまで被っていて見た目の変態度は大幅アップ!
使う技にいたっては「ガス・エクスプロージョン」と言う口からガスを吐く技まで出してきます!!
もういや!!いくら子供がそういうの好きだからって1話目からそれでいいんかい!!
ほかにもジェイドがヘルメットを伸ばすと言う不可思議な技を使ったり、モチの超人VSタコの超人(名前は天タコルズ)が特設鍋リングで戦い、負けた超人は煮込まれて食べられてしまう(しかも普通の観客に)と言うガクブルものの闘いや、万太郎がたこ焼きになって食べられそうになる(しかもキン肉マンに)というホラーかよ!と言うような激しい電波が発されております!!
こりゃあ子供向けだからと敬遠するのは勿体無いですよ!

勿論見所は電波だけではありません。
本編では2世の初代かませ犬の名をほしいままにしていたガゼルマンの貴重な戦闘&勝利シーンが描かれていますし、超人オリンピックならぬ「超人一等祭」が開かれ、ケビンと万太郎以外本編とはまったく違う顔ぶれが並ぶトーナメントが繰り広げられるなど、キン肉マンらしい熱いバトルも収録されています!
しかもそのシリーズではキン肉マンでは非常に珍しい戦う女性超人が2名も参加しており、その活躍にも要注目!
漫画以外の企画も充実しており、Vジャンプ版には登場しないキャラが続々入賞する謎の人気投票を始め、登場する超人のデータが記載されている名鑑や、ガゼルマンのインタビューなどのお楽しみがたっぷりですよ!

勧善懲悪少年向けキン肉マン2世、「キン肉マン2世 ~オール超人大進撃~」は全4巻が刊行されています。
主人公らしいマン太郎が見てみたい貴方やガゼルマンが好きな貴方に特にオススメのこの一冊、是非ともご一読くださいませ。
さぁ、本屋さんにダッシュだ!!


それにしても3巻までは物凄くテンポよく進むのに、4巻だけ異様にたっぷり1試合をやってるのが謎です!!
さすがゆで先生!とことんマイペースだぜ!!

キン肉マンII世(second generations)~オール超人大進撃~ (1fight) (Vジャンプブックス―コミックスシリーズ)
集英社
ゆでたまご

ユーザレビュー:
本編にはない魅力のあ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「悟空道」です。
初出は秋田書店さんの少年チャンピオンコミックス、新装版はチャンピオンREDコミックスにて刊行されています。

作者は山口貴由先生。
先生の作品の紹介等は「山口貴由」のテーマにてまとめさせて頂いておりますので気が向いたら見てやってくださいませ。

さてこちらの作品、タイトルから見てわかるように西遊記をモチーフにした物語となっています。
ところがというかやはりと言うか、玄奘がお供の3人とともに天竺を目指す、と言う大筋以外は殆どオリジナルのストーリー。
西遊記漫画ではこうなることが多いですな!

日本に数多くある西遊記漫画ですが、この「悟空道」の特色と言えば何か、と言われればやはり独特の山口先生節でしょう。
登場人物それぞれが濃すぎるぐらいの個性を持ち、それら全てがいきいきと動き回ります。
ストーリーも悟道と妖怪のバトルと、悟道と玄奘との解りあいながらも解りあえない不思議な関係の二つに重きを置かれており、熱血もドラマ性も両立させており、非常に完成度の高い作品になっているのではないでしょうか。

バトル描写は「覚悟のススメ」でも見られるような激戦ぞろいで、思わず手に汗握る素晴らしいものです。
「覚悟のススメ」では主人公が強化服に身を包んで戦うと言ういわば「仮面ライダー」だったわけですが、今作では巨大化して巨大な妖怪と戦う、「ウルトラマン」的なところがあり、文字通りスケールの多きバトルが展開。
悟空は如意棒程度しか武器を持たず、戦う敵もロボットなどに乗ったりすることはあるものの、打撃戦が殆ど。
巨大な体と体がぶつかり合い、その質量の凄まじさまで感じさせる戦闘シーンはさすがと言う他ありませんよ!
そのバトルシ-ンも凄いのですが、今作はやはりストーリーの奥深さもわすれてはなりません。
序盤ではステレオタイプとすらいえるような聖人の玄奘ですが、彼女(この作品では普通に女性です)の本来の目的や立場など、が物語が進むにつれ明らかになっていきます。
その正体は意外なもので、玄奘をこういった役どころにするのは非常に珍しいのではないでしょうか!
玄奘だけでなく、悟空の粗暴ながらも魅力的なキャラクター造形も魅力的ですし、登場する敵妖怪達もただただ卑劣で外道な存在から、自分の特殊な体を呪うがあまり暴走してしまうもの、親に捨てられ自らの作り出した兵器のみを信じるようになったものまで、まさに千差万別。
凡庸な敵キャラという者はほぼなく、どれもが強いドラマを感じさせてくれるキャラクターばかりです!
そのキャラクターが生み出す、1話1話気合のこもった壮絶ストーリーは圧巻そのものなんです!!

西遊記漫画の最高峰、「悟空道」は少年チャンピオンコミックス版が全13巻、完全保存版と銘打たれているチャンピオンREDコミックス版が全6巻刊行されています。
昨日紹介した「覚悟」と同じく、インタビューや連載時のコメントを収録し、書き下ろし漫画まで収録された完全版がおすすめです!
圧巻のバトルと壮絶で厳しいストーリの末にやってくる、登場人物全てが救われる史上最大(?)のハッピーエンドは必見ですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!

表紙はこちら!!
画像



悟空道 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
山口 貴由

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ