3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「弱虫ペダル」第9巻です。
秋田書店さんの少年チャンピオンコミックスより刊行、週刊少年チャンピオンにて連載されています。

作者は渡辺航先生。
渡辺先生の作品紹介等は「渡辺航」のテーマにてまとめておりますので、よろしければそちらもご覧くださいませ。

第8巻ではインターハイの出場選手が決定。
めでたく坂道もその一員となりました。
チームが一丸となり、いよいよ決戦のときが近づいてたのです!

昨年。箱根学園の主将と総北の主将、金城の間に起きたアクシデント。
これによって総北は壊滅的なダメージを受けてしまい、さんさんたる結果に終わってしまいます。
ですが金城はその結末に心をおることなく、今年更なるパワーアップを果たして今度こそ総北を優勝に導くためインターハイに帰ってきたのでした!

そしてやってきたインターハイ当日!
うだるような暑さの中、気合の入る総北メンバーですが、本格的なレース自体が初めてな坂道はガチガチに緊張してしまいます。
巻島のサポートなどもあり、ひとまず落ち着きを取り戻した坂道は山岳にボトルを返す約束を思い出し、決意を新たにするのでした。

レース開始前、特設のステージで昨年の王者、箱根学園がインタビューを受けることに。
壇上に上がった山岳を見かけた坂道は思わず前に走り出て、ボトルを上に上げて約束を果たしに来たことをアピールします。
それを見た山岳はTPOをわきまえず
画像

マイクで坂道に声をかけました!
意味も解らずざわつく周囲を尻目に、2人は目と目で再会を喜び、勝負の機運を高めるのでした!

そんな中今泉は1人ある人物を探していました。
その男の名は御堂筋。
昔の大会において5分もの差をつけられてしまった因縁の相手です。
ですが今泉が異様なまでに執念を燃やすのはそれだけではない何かがあることは間違いありません。
目の色を変えて御堂筋を探していると、会場のスピーカーから声が聞こえてきました。
それこそ御堂筋本人の声!
インタビュアーに意気込みを聞かれた御堂筋はいきなり壇上に上がり、
画像

「箱学ブッ潰します」と宣言するではないですか!
あっけに取られる周囲を掻き分け、ステージ前に駆け寄る今泉。
御堂筋は今泉を「弱泉」と呼び、思い切り侮辱の笑いをあげました!
なんと御堂筋は当時レース中の今泉に「君のお母さんが事故を起こしたらしい、審判が探していた」と嘘をつき、気を取られて減速した今泉を抜き去ったという事件を起こしていたのです!
そんなこと普通信じない、そして自分ならレース中親が死んでもペダルを緩めない、と捨て台詞を残して去っていく御堂筋。
ですがその実力は本物で、1年生にして既に所属している学校のエースとなっている様子。
しかし今泉は一切物怖じせず、御堂筋を正々堂々と倒す宣言をするのでした!!

いよいよレース開始のとき。
やっぱり緊張する坂道ですが、
画像

メンバー全員で拳を合わせ、気合を入れてスタートを切ります。
さらに鳴子に3人並んで3日間トップでゴールをしたい、そう声をかけられた坂道は体にぐんぐんと力が湧くのを感じ、ゴールへとペダルを回すのでした!

やがてパレードランと呼ばれるレース直後の混乱を防ぐ慣らし区間を過ぎ、本格的なレースが始まります。
ここでは各校のスピードマン、スプリンター達がレースのイニシアチブを取るために最初のリザルトでのトップを狙うのです!
2人して飛び出す田所と鳴子!
やや遅れての加速という状況にも限らず、流石の速さであっという間にトップに躍り出ました!!
ところが更に遅れてやってきたにもかかわらず、2人に追いついた1人の人物が登場。
王者箱根学園のトップスプリンター、泉田です!
異様に絞り込まれた筋肉を持つ泉田は贅肉などの無駄を省き続けてインターハイにピークを持ってきて、
画像

自分自身が筋肉になる!と発言!
圧倒的なスピードを見せ付けたのでした!!
王者箱学、トップスプリンターも圧巻の速さ!
更に泉田はまだまだ余裕があるさまを見せ付けます!
はたして田所と鳴子は泉田を倒せるのでしょうか!?
注目の決戦が始まります!!

遂に始まったインターハイ。
箱学主将と金城の因縁、御堂筋と今泉の確執、山岳と坂道の勝負の行方……さまざまな見所の導入が描かれ、今後来るさまざまな展開の準備が完了!
先がますます楽しみになってきました!
その準備で登場した新キャラ2名、御堂筋と泉田。
どちらもいようといっていいくらい個性の強いキャラで、読者の度肝を抜いてくれることは必至です!
筋肉大好きっ子の泉田ももちろんアクの強いキャラではあるのですが、それ以上に御堂筋のキャラが強烈過ぎ!
キモッキモッ!!のダンスに
画像

思わずこっちが「お前の方がキモいだろ!」と突っ込んでしまうことでしょう!!
強烈なキャラの追加に激闘の予感。
注目の結末に加え、御堂筋の活躍が今から楽しみなような恐ろしいような感じですね!!

決戦の始まる「弱虫ペダル」第9巻は好評発売中です!
御堂筋のキモさを、泉田のマッスルを、その目で確かめてみませんか!?
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


弱虫ペダル 9 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
渡辺 航

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「健全ロボ ダイミダラー」第1巻です。
エンターブレインさんのビームコミックスより刊行、Fellows!にて連載されています。

作者はなかま亜咲先生。
なかま先生は04年ごろデビューした新鋭の漫画家で、デビュー当初は四コマ漫画をメインに活動されていました。
また同人活動や、ゲームやアニメのアンソロジー漫画などにも参加しており、それぞれで人気を博していらっしゃいます。

さて、本作はコメディタッチのロボットアクション漫画です。
特別な能力を持った高校生が美人パートナーとともにロボットに乗り込み、社会に害為す悪の軍団と戦う……という一見すると良くある作品なのですが、その実態は独自の味付けがされているオリジナリティの強いものになっています!

主人公の真玉橋孝一がいきなり呼び止められるところから物語は始まります。
呼び止めたのは楚南恭子と名乗る美女。
用件を言う間もなく孝一はいきなり恭子に「全体的にエロさが漂っている」などのセクハラ発言を投げかけます!
苦心してやっと探し当てたらしい孝一がこんなスケベだったなんて……と驚く恭子ですが、更に畳み掛けるかのようにそこへ怪しげな集団が押しかけてきました!
画像

どう見ても変態なその集団は「ペンギン帝国」という、「大いなる目的のため人類を困らせる」活動にいそしむ謎の組織です!
ちなみに股間にぶら下がっているのは「前しっぽ」だそうです!!

とにかくいかにも怪しげな集団から恭子を護ろうと飛び掛る孝一!
意外に主人公らしい正義漢だったようです!
ところが孝一はあっさりと吹き飛ばされ、恭子の胸へ倒れこんでしまうではないですか!
恭子の調べでは「Hi-ERo因子」の持ち主で、普通の人以上の能力を有しているはず。
戸惑いながらもその身を案じて声をかけるのですが、いきなり孝一におっぱいをもまれてしまいます!
画像

するといきなり体が発光し、超パワーアップ!
ペンギンたちをあっという間になぎ払ってしまうのでした!

窮地を脱した恭子はようやく孝一に用件を伝えます。
孝一の持つ「Hi-ERo因子」は、身体能力の上昇を促す効能を持っているがそれは単なる副産物。
真の能力は「大いなる力を制御する」ことで、その大いなる力というのが巨大ロボ「ダイミダラー」!
ダイミダラーを動かせる唯一の人間として、ペンギン帝国と戦うのだ!!
……だということです。
孝一もそういうことが好きな性質のようで、協力を快諾します。
ですがその引き換えに孝一が要求したことは……恭子のおっぱいを触ること!!
なんと孝一が先ほどのような「Hi-ERo因子」の力を発揮するには女の子にえっちなことをしなければいけない、というのです!!
あんまりな申し出に恭子はたまらず逃げ出してしまうのでした!

仕方なく自宅に帰る孝一。
するとご自宅に4羽のペンギンが勝手に飲み物飲んだりエロ本読んだりしてくつろいでいました。
(勝手に)のんびりしているペンギンですが、やはり目的は孝一である様子。
さすがに4羽相手は厳しいと踵を返して逃げ出し、恭子を探すかそれとも警察へ駆け込むか……と思案する孝一。
ですがその前にペンギン帝国の巨大ロボットが立ちはだかったのです!!
絶体絶命のピンチ!!
追い詰められた孝一はとっさにダイミダラーの名を叫びます!
こういう状況でのお約束、やっぱり現れたダイミダラー!
恭子が乗り込んで助けに来てくれたのです!
おっぱい云々はとりあえず置いておき、孝一も搭乗し戦闘を開始することに。
レバーを入れるとダイミダラーはその拘束を解き、
画像

孝一だけが変形させることの出来るバトルモードに変じます!

とりあえず腕を振り回して攻撃するのですが、ペンギンロボにはダメージを与えられず、距離をとられてミサイルを叩き込まれてしまいました。
反撃の武器を使いたくてもダイミダラーの保有するHi-ERo粒子が枯渇しており、どれも使うことが出来ません。
そこで孝一が自分の粒子を使い、補充して攻撃しようと発案。
本来ダイミダラーは操縦者の粒子を使って動かすものであり、その案こそ正解であるのですが……それはつまり恭子のおっぱいをもまなければならない、ということ。
もちろん嫌がる恭子ですが、素人の孝一を巻き込んでおいて自分はなにもしないのか、などと挑発されて恭子は半ばやけになっておっぱいを差し出します!
もめばもむほどみるみる上昇するダイミダラーのエネルギー!!
フルチャージされたエネルギーでついに炸裂、
画像

必殺「指ビーム」!
一撃の下にペンギンロボを消滅させるのでした!!
しかし勝利の余韻に浸るまもなく、おっぱいをもんで滾りが収まらない孝一は恭子に襲い掛かります!!
鉄拳を叩き込んで黙らせる恭子ですが、「これから戦いのたびにえっちなことができる」とイヤな方向にやる気を見せる孝一に不安を隠せないのでした……

というわけで合法的(?)にエロスとロボットバトルを同時進行する本作。
この後も孝一を厳しく(エロスの)指導する戦術教官の又吉、ペンギンをこよなく愛すゆえペンギン帝国側につき、孝一たちの前に立ちはだかる強敵美少女のリカンツといった個性の強いキャラクターが登場。
物語をさらにドタバタと楽しく色づけています。
そしてギャグ一辺倒で進むと思わせつつ、第1巻の中盤からは壮絶なバトルが繰り広げられ、更に主人公の挫折や成長劇といった熱血ロボット物につきものなストーリーが展開!
ついには意外な窮地に立たされたまま次巻に続くというシリアスな引き!物語面でも読者を惹きつけるのです!

誰がなんといおうと健全ロボットアクション漫画、「健全ロボ ダイミダラー」第1巻は好評発売中です!
ギャグにエロスに迫力アクション、さまざまな要素がミックスされたごった煮的味わいが堪能できますよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!




それにしても以前紹介した「蝋燭姫」や「乱と灰色の世界」みたいな叙情的な面が強い気がする作品と、こういったバカさが売りみたいな本作が一緒に載ってる「Fellows!」、懐深いですね……!


健全ロボ ダイミダラー 1巻 (BEAM COMIX)
エンターブレイン
なかま 亜咲

ユーザレビュー:
頭の悪さが心地よい巨 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ジャングルの王者ターちゃん」文庫版第3巻です。
集英社さんの集英社文庫コミック版にて刊行されました。

作者は徳弘正也先生。
徳弘先生関連作品の紹介は「徳弘正也」のテーマにてまとめておりますので、併せてごらんいただけますと幸いです。

さて、少年誌連載作品でありながらぶっちぎりの下ネタを連発する本作。
一話完結型である「ターちゃん」ですが、連載終了後引き続きはじめられた「新ジャングルの王者ターちゃん」では連続したストーリーで展開するバトル漫画になるのは皆様ご存知の通りです。
第3巻ではその「新ターちゃん」でも重要なポジションに位置するあのキャラが登場します!

「ターちゃん」のラスト間際になって登場する重要な人物とは、
画像

そう、ペドロです!

突然フランスからやってきた武術家、ペドロ。
彼は武者修行の旅を続けていたのですが、どこからともなくターちゃんの噂を聞きつけてはるばる手合わせを申し込みにやってきたのでした。
ですがターちゃんは大掃除の真っ最中で、いきなりヂェーンの尻に敷かれている光景を見られてしまいます。
ですがペドロは本当に強い男とはこういうものだ、とその体つきをしっかり確認。
各種の筋肉の発達具合に驚愕し、
画像

ちんちんの皮まで急所を護るためだと深読みするのでした!

ペドロは自分の実力を披露しようと空手家がよく(?)やる「自然石割り」を敢行。
見事手刀で真っ二つにするのですが、もちろんターちゃんがそんなことで驚くはずもなく(中にダイヤの原石が入っててそれには驚いてましたが!)、いつものペースを崩しません、
流石にそんな態度に怒ったペドロはいよいよ勝負に挑みかかるのですが、いざというときに近くのジャングルが燃えているという緊急事態が発覚!
急ぐターちゃんにペドロも追従します!
ターちゃんがなんとか火事を最小限にしようと取った行動は「周りの木を折って燃焼範囲を制限する」こと。
手伝いを申し出たペドロですが、流石にそんなことが出来るはずもなく
画像

素手で一撃の下に大木をなぎ倒していくターちゃんに感服するばかり!
ついには弟子入りを志願することにしたのでした!

ターちゃんの家の近くにテントを張り、押しかけ弟子となったペドロ。
ターちゃんは人に格闘技を教えるなんてガラではありませんので、ペドロはもくもくと自主練に励みます。
が、ヂェーンは流石でそのペドロの真面目さを逆手にとって農作業を手伝わせるのでした。

そんな毎日でもターちゃんの人間離れした能力を垣間見れ、それなりに満足がいっている様子のペドロ。
頭も良く、親が大金持ちと言うこともあって、ヘレンちゃんにほれられたりヂェーンにさりげなく欲しいものを催促されたりと、すぐにターちゃん一家に溶け込みました。
こうしてペドロがすっかりレギュラーメンバーとして定着したところで「ターちゃん」は終了。
画像

いよいよ次からは7Pによるショートギャグとしてではなく、きっちりとしたストーリー漫画として「新ターちゃん」がスタートするのです!!

繰り広げられ続ける下ネタの嵐はこの作品の最大の特徴でして、それはもちろんこの本でも健在です。
パッと開いた見開きにギャグがない、ということがほぼないというのはギャグマンガなら珍しいことではありませんが、その半分近くが下ネタというのは流石に徳弘先生ならでは。
現代では考えられない、文庫版には当時のを再現するためにあえて修正してないよ、と断り書きが用意されているほどの目くるめく下ネタワールドが展開されています!
いや、確かにこれがこのまま当時はジャンプに載ってたわけですから……
冷静に考えなくてもすごいです!!
そして12月にはとうとう待望の「新ターちゃん」の文庫版刊行がスタート!
熱いバトルと、やっぱりふんだんに盛り込まれる下ネタが待っているわけです!!

いよいよ完結、そしてターちゃんを一躍メジャーに押しあげた続編への準備が完了する「ジャングルの王者 ターちゃん」文庫版第3巻は好評発売中です!
バトル漫画として間口が広い楽しさを持つ「新ターちゃん」から文庫を買い始めるのももちろんいいとは思いますが、それとはまた一味違う圧倒的平和さをもつお下劣ギャグの無印「ターちゃん」もまた違った楽しさがあります!
アニメしか知らない人や、新から入った人も読んでみてはいかがでしょうか!
……要下ネタ耐性ですが!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ジャングルの王者ターちゃん 3 (集英社文庫 と 20-11)
集英社
徳弘 正也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「トリコ」第7巻です。
集英社さんのジャンプ・コミックスより刊行、週刊少年ジャンプにて連載されています。

作者は島袋光年先生。
本作の今までの記事は「島袋光年」のテーマでまとめておりますので、そちらもごらんいただけますと幸いです。

さて、第6巻ではリンという大きな犠牲を払いながらも大幅パワーアップしたトリコの「10連釘パンチ」でGTロボを粉砕!
辛くも勝利を収めることが出来たのでした。

勝利とトリコの無事を喜ぶ小松。
リンのことを考えて浮かない表情を浮かべるトリコですが、リンがまだ生きていることに気がつきます。
どうやらリンが死の間際にトリコの唾液を摂取していたことでグルメ細胞が活性化し、生き延びることに成功したようです!
リンも生存、目的の「宝石の肉」の入手、 美食會の刺客を完全撃破……最高の結果をおさめてグルメ研究所へと帰り着いたのでした!

リンの治療も終わり、さっそく「宝石の肉」を食べることになるトリコたち。
さまざまな肉のさまざまな部位のさまざまな食管や味をもち、そしてその全てが極上の味である「宝石の肉」。
食べるとまるで体が喜んでいるかのように発光するすばらしい味に、トリコはこれこそが自分のフルコースの「肉料理」に入るにふさわしいものだ、とメニューへ追加することに決めました!
ついに2品目が決定です!
画像

……と思いきや、それを却下するサニー!
「宝石の肉」を食べたことによる発光現象が誰よりも激しかった自分こそがこの肉をフルコースに追加するにふさわしい人物だと主張したのです!
同じメニューをフルコースに入れることに納得がいかない2人は押し問答を続けますが、なんだかんだで結局は(ジャンケンで……)サニーのメインディッシュ追加されることに。
トリコのフルコースの完成はまだまだ先になりそうです。

それから3ヶ月。
トリコは気ままな毎日を過ごし、小松たちはそれぞれの日常に戻っていました。
平和を謳歌していたトリコですが、そんな生活にも不安な要素は存在します。
それはテリーがまともな食事をしない、ということ。
知人に相談したところ、そもそも太古の昔人間の暮らすエリアの外に広がる「グルメ界」で暮らしていたバトルウルフに人間界の食事は口に合わないのではないか、という予測が立ちます。
そこで人間界で唯一取れるグルメ界の食材、「BBコーン」を採取しに行こうということになったのでした。

向かう先は食虫ならぬ食獣植物が生息するウージャングル、通称「植物地獄(ヘルプラント)」。
そこに生息する獰猛で危険な動物達と、それ以上に凶悪な食獣植物の強襲を潜り抜け、うっそうと茂るジャングルの先に待つ「BBコーン」を目指すトリコとテリー。
どんな危険が待っているか解らない場所ゆえ、トリコはテリーに「助け合い」を禁止!
自分の身を護ることだけを考えて進むことを指示します。
ですがそれを破ってトリコ自身が逃れられる脅威からそれを知らず助けようとして植物に捕獲されてしまうテリー!
トリコはそれに怒り、テリーを植物の拘束から逃れる助け舟を出した後、この植物は自分の力だけで倒すことを指示するのでした!
無限に近いのではないかと思える再生&成長能力と、それを生かした空間制圧能力によってテリーを追い詰めていく植物。
テリーは戦闘の才能を垣間見せ、
画像

超スピードで植物にダメージを与えるのですが……とうとう植物につかまり、捕食されてしまいました。
ですがトリコはそれを見てテリーの勝ちだと笑みを浮かべるのです!
そう、テリーはただ植物にがむしゃらな攻撃を仕掛けていたのではなく、自分に足りない攻撃力を補うある手段を用いてすでに勝利を手中にしていたのでした!!

激戦の末手に入れた「BBコーン」。
近くにある火山で早速調理し、ポップコーンにしようということになります。
料理に関しては超一流というわけではないトリコ、失敗を繰り返しながらもなんとか調理に成功!
画像

バスケットボール以上の大きさとはいえ、たった一粒のコーンからあたり一面を埋め尽くすほどのポップコーンが生成されました!
その味は絶品で、あまりの美味さに注意せずにいるとついすぐ飲み込んでしまうほど。
そして食べれば食べるほど食欲が増すのではないかという食欲増進効果まで有しているのです。
トリコは心の底から喜びました。
テリーの口に合う食材の発見と……自身のフルコースの前菜にふさわしいメニューとの遭遇に!!

……ですが喜びもつかの間、あたり一面にあったポップコーンが一瞬で消えてなくなりました。
大量のポップコーンをてにもったストローで吸い込んで食べたらしいその怪人、いつのまにかトリコたちのすぐ後ろに立っており……
画像

次はテリーを吸ってもいいか、と襲い掛かってきたのでした!!
美食會の幹部らしいその男、実力は前巻で死闘を繰り広げたスタージュンに匹敵する程。
苦戦は必至です!
ですがトリコ自身もパワーアップしている今、その戦いの行方はまったく予測不能。
激闘の行方と、とうとう明かされる美食會とトリコがまとめてやまない究極の食材「GOD」。
目が離せない展開はまだまだ続きそうです!

激しいバトルが終わり、久々に始まった単純な食材探しの冒険。
意外なところでフルコースもひとつ埋まり、トリコ本来の目的も徐々に完成に向かっています。
ですがやはり立ちはだかるのは美食會。
美味そうな食材の描写だけでなく、超絶バトルでも読者を楽しませてくれます!
そして最近では珍しい読者参加企画なんかも展開しており、こちらも往年の漫画ファンには懐かしさを感じさせるものに。
こういう企画で読者と盛り上がろう、という作品は昨今少なくなっていますので、この路線は是非とも続けてほしいもんですね!

新たな脅威と未知の食材が広がり続ける「トリコ」第7巻は好評発売中です!
まだまだ続く強敵と手に汗握るバトル、その行方が描かれる続巻を楽しみに待つとしまょうか!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


トリコ 7 (ジャンプコミックス)
集英社
島袋 光年

ユーザレビュー:
テリーが最高に可愛い ...
時には厳しく、誤りを ...
敵(美食會)がやばす ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「現代都市妖鬼考 霊媒師いずな ~the spiritual medium~」第4巻です。
集英社さんのジャンプ・コミックスデラックスより刊行、スーパージャンプにて連載されています。

作者は真倉翔、岡野剛両先生。
本作の今までの紹介は「霊媒師いずな」のテーマでまとめておりますので、そちらもよろしければご覧くださいませ。

さて、「地獄先生ぬ~べ~」のスピンオフ作品である本作。
かつて全国の子供達を震え上がらせ、そして興奮させていた「ぬ~べ~」ですが、掲載誌が青年誌となってエロスは倍増!
かつての子供だった皆さんを今も興奮させてくれます!

というわけで当初は読みきりだった本作もとうとう第4巻を数えました。
もういずなもすっかり一人前の霊媒師。
「ぬ~べ~」時代の実力自体は割りとあるものの過信や油断で失敗、というキャラだった面影はほとんどなく、しっかりと事件を解決していきます!

今巻では収録されているのが話数順ではありません。
というのも5番目にあたる23話の冒頭がカラーだったため、それをちゃんとカラーで収録するために最初に掲載しているのです。
で、いきなり
画像

オールヌードです!
カラーページ、有効活用してますね!!
この話は温泉に行く話なのですが、同行する知り合いのバーのママ、ルナにはこのカラーページも含めもうガンガン乳首券を発行!
ところが女子高生という設定ゆえかいずなには固い湯気ガードなどが発動して一切乳首券の発行はなし!
これも少年誌の残照……なのでしょうか?

乳首券の話は置いておきまして、第3巻でやや控えめだった反動なのか第4巻では比較的エロスな話が多く収録されています。
画像

見れば死ぬという呪いのAVを巡る話、守護霊が惹き合って不倫関係に陥りそうになってしまう男女の話、自分の夢を忘れて男を手玉に取るキャバ嬢に妖怪が取り付く話などなど。

エロスも大変よろしいのですが、そんな今巻で一際俺の目を惹くのが正統派ホラーの「悪夢の病院」です!
心霊スポット大好きのギャル、アンリは友人達とともに廃病院に入り込んでどんちゃん騒ぎ。
霊なども姿を見せず余裕を見せていた彼女達ですが、物音を聞いてそちらに向かっていくと突如床が崩落し、アンリは転落して大怪我を負ってしまうのでした。
病院に運ばれるのですが意識があるのに体はまったく動かず、気管を切開する、とメスがのどに近づいてきて……というところでアンリは飛び起きます。
見覚えのない景色が見える病室で不安になるアンリですが、そこに看護婦がやってきました。
ですがひどく無愛想な看護婦は自分の私物はどこに行ったのかなどというアンリの質問には一切耳を貸しません。
そのうえ何度も注射を失敗し、謝罪のひとつもないのです。
まったく表情を変えないまま食事をしろと言い残して去っていく看護婦。
なんだかいやな気分のままとりあえず食事をしようと箸をつけるのですが
画像

ご飯の中には無数の虫が!!うぉお!!つのだじろう先生の「亡霊学級」のようです!!
それどころか他の食事もなめくじや何かの目玉だったり、点滴にも気味悪い虫が多数混入したりと、明らかに異様!!
あわてて病院から逃げ出そうと飛び出しました。
ですが出入り口は固く閉ざされてビクともしません。
おびえるアンリですが、ドアの向こうにわれらがいずなが姿を現しました!
ですが、今はまだ中に入れないが必ず助けるから待っていろと言い残していずなは姿を消してしまうのです……

困惑するアンリの下に看護婦が近づいてきます。
あわてて隠れるのですがあっさりと発見されてしまうアンリ。
恐る恐る顔を見るとその看護婦はおぞましい骸骨へと変貌していたのです!!

目が覚めるとアンリは拘束されていました。
骸骨の医師と看護士にすぐにでも手術が必要と手術室へと連れて行かれてしまいます。
骸骨医師たちはアンリを裸にひんむいたかと思うと、どうもなっていない足を壊死していると言い出して
画像

普通ののこぎりで切断!!
続いて右腕も同じく切断しました!!
麻酔などもかけられておらず、アンリはあまりの痛みに泡を吹いて苦しみます!
そして内蔵も損傷がひどいと言い出すと
画像

切開&引きずり出し!!
これはひどい!!!
その瞬間やっと姿を現したいずな。
骸骨たちを撃退したかと思うと、呪文を唱え始めます。
するとアンリは普通の病院のベッドでどこも失っていない状態で目を覚ましたのでした。

なんでもアンリは原因不明の昏睡状態に陥っていたのだそうです。
もしやとおもった友人がいずなを呼び、アンリが心霊スポットで憑依されていた霊を払ってもらったというわけです。
心霊スポットなんかに軽々しく行くからこんな目に会う、以後気をつけろということで無事解決!
画像

……と思わせておいて、霊障がトラウマとなってアンリを悩ませるという結末となるのでした。

これはすばらしい!オチまで含めてすばらしいくらい正統派のホラーです!!
ホラー好きにはたまらない、テンプレートどおりのB級ホラー!!
霊を馬鹿にしてはいけないという教訓、おぞましい虫やスプラッター描写での視覚的な怖さ、あからさまに間違っているとわかる医療を(しかも麻酔なしで!)施されるという実際あったら恐ろしいなんてもんじゃない恐怖、そして無事解決と思わせて最後での止め……
わずか24PでB級ホラーの醍醐味をたっぷり味わえるのです!

さらに自殺によってもたらされるのは安らぎではないという生死感に切り込む話や、森林保護に関する人間のエゴを描く真面目な話も収録!
エロスからホラー、果ては自殺防止にエコまで幅広く網羅したバラエティ豊かな内容にきっと皆さん満足できるのではないでしょうか!

すっかり一人前のいずなが体を張ってばっちり活躍する「霊媒師いずな」第4巻は好評発売中です!
往年の「ぬ~べ~」ファンからエロス目的の新規さん、そしてホラー大好きっ子までしっかり楽しめる本作。
「ぬ~べ~」を知っている人も知らない人もさまざまに楽しめる良作になっています!
エロスのみの作品だと決め付けるのは早計ですよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


霊媒師いずな 4 (ジャンプコミックスデラックス)
集英社
真倉 翔

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



↑このページのトップヘ