3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「キン肉マン2世 究極の超人タッグ編」第19巻です。
集英社さんの週刊プレイボーイ・コミックスより刊行、週刊プレイボーイにて連載されています。

作者はもちろんゆでたまご先生。
キン肉マン関連の紹介は「キン肉マン」のテーマにてまとめておりますのでそちらもよろしければごらんください。

第18巻ではマシンガンズVSヌーボーという衝撃の組み合わせが決定。
懸念材料であった魔の砂時計の呪いもキーパーソンであるマリのおかげで解呪されたようで、万全の状態での親子対決が開始されるようです!

さて、第19巻ではさっそく宿命の親子対決が開幕します。
が、その試合開始直前にスグルが恐ろしい提案をしてきました。
勝負に負けたものがそのマスクを脱ぐという特別ルール、マスカラ・コントラ・マスカラを!
現実世界のメキシコリングではビッグマッチによく採用されますし、キン肉マン自身もかつてウォーズマンと経験したことのある対決方法。
ですが今回は大きく事情が違う部分があるのです。
それは両者がキン肉王家のものであり、マスクをはいで衆目に素顔をさらせば自ら命を絶たなければならないという掟を持っているということ!
どちらにころんでも待っているのは悲劇!
もちろん驚き戸惑う万太郎ですが、かつて父に受けた相手に「提案されたルールは絶対に受けなければならない」という教えを思い出し、その勝負を受け入れるのでした!

試合開始、早速リングに向かうスグル。
テリーがまず自分が実力を探ると下がらせようとするのですが、「時間が惜しい」とスグルはどうしても先に出ようとします。
その胸には
画像

解除されたはずの砂時計の影が……!
一瞬でその影は消え去ったため、テリーは目の錯覚かもしれないと考えたのか、そのまま試合を開始。
不安を抱えたままではあるもののスグルはフィジカルからテクニック、そして小ずるい裏技にいたるまであらゆる面で万太郎を圧倒します。
最強の超人の圧倒的実力に最新鋭のテクニックで挑む万太郎ですが、この時代には存在しない関節技をもってしても通用しません。
画像

テリーとの見事なタッチワークによってさらに攻め立てられ、ピンチの万太郎を救おうとカオスがカットに入るのですが、それもあっさりと阻止されます。
何せ相手は本作元祖とも言える最古で最強のチーム。
そう、チームワークならば個人以上に能力差があるのです!

ですがスグルの胸に再び現れた砂時計。
それによって隙ができ、万太郎はピンチを打破します。
スグルの胸にはよりくっきりと砂時計が浮かんできて……すっかり衰弱しきってしまうのです。
マリによって呪いは解けたはずだ、嘘の解き方を教えたなと時間超人に詰め寄るビビンバ。
ですが解呪方法に関して嘘はついていないと跳ね除けます。
ではなぜ呪いは解けていないと言うのか……その疑問に答えたのはマリでした。
なんとスグルは自分がその胸に抱くのは一生愛すると決めたビビンバだけだ、とマリを抱きしめなかったというのです!
魔の砂時計を自身のパワーでねじ伏せていたスグルですが、試合開始5分を過ぎていよいよ呪いが牙をむき出したという現在の状況。
もはや試合どころではないはずですが、スグルは必死に万太郎にくらいついてキン肉バスターを仕掛けたではないですか!
しかし疲労困憊のスグルの仕掛けたバスターは不完全で、万太郎に6を9にするバスター返しを成功させてしまいます。
画像

ところがスグルは余裕の表情でわざと力を抜いてバスター返しをさせたと言い出すのです。
するとなんとバスター返しの降下力で砂時計の砂が逆流!
みるみるとスグルに生気が戻っていったのでした!!
さらにバスター返しで反撃……と思いきや、あっという間に再び砂が元通り流れはじめます。
呪いの力はこの程度のパワーでは打破できなかったのです!

7分経過し、スグルの命は残り4分ほど。
このままではスグルが死に、その息子である万太郎の存在も消えてしまいます。
姿が消え始める万太郎を見て試合の棄権を迫られるテリー。
ですが最後まで戦い抜く決意を燃やしているスグルを考えるとどうしてもそれができません。
追い詰められるテリー。
しかしそこで起死回生の一手を思いついたのです。
その一手とは……仲間割れ!!
正義超人が仲間割れをすると起きる状況といえば……懸命な肉マニアファミリーの皆さんならご存知ですよね。
そう、アイアンスウェットです。
テリーを本格的に(あっさりと)憎んだスグルは何故か顔だけにアイアンスウェットをかき出します。
そしてこの時代のスグルはヘル・ミッショネルズと戦ったばかりで体に大量の磁力を浴びており、アイアンスウェットもまた磁力がたっぷりと含まれています。
その磁力によって魔力で作られているはずなのにたまたま砂鉄だった砂時計の砂がマスク側に吸い寄せられていったのです!
画像

すべて砂が上部に戻ると何故か砂時計ももとの蜘蛛の姿に戻ってスグルから飛び出します!……何で飛び出したのかよく分かりませんが……
とにかくスグルはその蜘蛛を手刀で切り裂いて、魔の砂時計は完全攻略完成!
今度こそ万全のマシンガンズとヌーボーの戦いが開始となるのです!

というわけで今巻、ひたすらに強いスグルの描写と呪いの打破に終始しています。
スグルのパワー(火事場のクソ力?)よりクソ力なし万太郎のキン肉バスターの降下力が強く、さらにそれより強い魔の砂時計。
そしてそれを打ち破ったのは磁力!!
うひょー!磁力最強!!
でも磁力を自在に操るヘル・ミッショネルズを破ったスグルはもっと最強!!!!!
……あれ……?
えー、とにかくこれで試合は仕切りなおし。
いよいよ次から本格的な親子対決が始まるわけで、今後がますます楽しみですね!

注目の親子対決が幕を開ける「キン肉マン2世 究極の超人タッグ編」最新第19巻は好評発売中です!
同日に「キン肉マン2世」の文庫版の刊行も始まりましたので、未読の方はこれを機会にいまだ衰えぬゆでたまご先生独特の味を堪能してみるのもよいのではないでしょうか!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!





画像

本日紹介いたしますのはこちら、「真マジンガーZERO」第1巻です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスより刊行、チャンピオンREDにて連載されています。

作者は原作が永井豪先生、脚本・作画が田畑由秋、余湖結輝の両先生です。
田畑・余湖両先生の紹介等は09年6月10日の記事にて触れておりますのでそちらもご参照いただければ幸いです。

さて、こちらの作品は表題から連想される通りの超有名作品、「マジンガーZ」を元とした漫画です。
ですがさすがチャンピオンRED連載、バイオレンス描写が激しいうえ、物語自体もかなりワイルドにアレンジを施されています。

ページをめくるといきなり世界が終わってます。
世界各国が焼き払われ、地球は焦土と化していました。
見るも無残な光景を生み出した破壊者……それはわれらがマジンガーZではないですか!
ですがその頭部に本来いるはずの甲児の姿はなく、人工知能が鎮座しています。
すでに人類が滅亡しているこの世界ではどうやらマジンガーに甲児が乗り込んでおらず、代わりに搭載された人工知能が暴走してこんな結果になってしまったようです。
そのマジンガーを眺める人類最後の生き残り、甲児。
彼がマジンガーに乗り込まなかったことがこんな結末を迎えたのだと後悔していると、そこになぞの女性が現れます。
腹部に「MINERVA X」と刻まれた彼女はマジンガーに乗っていたら世界を救うために戦っていたと悔やむ甲児に「ルストハリケーン」を浴びせ、塵へと変化させてしまいました!
画像

涙を流しながら甲児とマジンガーZよよみがえれと叫ぶ女性……
それからどれだけの時がたったのかは分かりません。
ですが一人待つその女性のもとにマジンガーに乗り込んだ甲児が現れました。
その敵もまたマジンガーZ。
マジンガー同士の決戦が始まるのでした!!

ところが次なるシーンはマジンガー決戦ではありません。
学校で授業中居眠りをしている甲児が飛び起きるシーンだったのです。
……まさかの夢オチ……?というわけでもないようですが、まだマジンガーは完成していないようで、さやかとともに割りと普通の高校生活を送っている様子。
ですがその日は光子力研究所から緊急の呼び出しがあったようで、二人は急いで研究所に向かうことに。
たどり着くと研究所には警察や自衛隊らしき集団が警戒しており、一目で何かあったことを実感させました。
弓教授に事情を聞けば、なんと甲児の祖父である十蔵がいつの間にか研究所に防衛用兵器を配備させており、それを駆使して地下格納施設を占拠。
さらに研究所の全エネルギーを集中させているというのです。
コンタクトを取ろうとした所員や警備員は皆殺しにされ、もはや手づまり。
そこで十蔵の要求はさやかと甲児、そして父の剣蔵を施設によこせと要求します。
断れば溜め込んだ全エネルギーを持って自爆し、このいったいを消滅させると脅しながら……

30分ほど前すでに十蔵の元へ向かった剣蔵は音沙汰なし。
覚悟を決めて甲児とさやかは施設へと入っていきました。
現れたロボットに案内されるまますすむと、
画像

そこにはマジンガーZが!
そのマジンガーの姿に既視感を覚える甲児ですが、その瞬間いままで案内をしていたロボットが襲い掛かってきます。
とっさに甲児はさやかを抱えて身をかわしたかと思うと、なんと生身のパンチでロボットを撃退してしまうではないですか!
自分のあまりにも人間離れした身体能力に驚く甲児ですが、そこにまたも不意をつく人影が。
それは父の剣蔵……
画像

の生首を携えた十蔵です!
十蔵は息子を殺したことに悪びれもせず、激昂して襲い掛かる甲児の腹に穴を開け、腕を切断。
さらにさやかを捕らえ、甲児の子供を宿してなどいないかといぶかしんで全裸にしてしまいます。
プラトニックラブだと否定する甲児ですが、十蔵はいっこうに信じず拘束を解きません。
さらに自らが作り出した神となる存在、マジンガーZの邪魔となるであろう兜の血族を絶やすと発言。
甲児はまたもマジンガーが世界を滅ぼすという既視感を感じ、そのロボットには人が乗り込まねばだめだと叫びます。
画像

そんな甲児の魂の叫びすらも十蔵には通じず、さやかは串刺しにされ絶命してしまうのでした……

怒り狂った甲児は切り取られた自分の腕をさながらロケットパンチのように投擲。
見事に命中し十蔵は死亡、その狂った野望を阻止することに成功しました。
ですが甲児の怨嗟の声に反応したのかたまたまだったのか、直後にマジンガーは起動してしまうのです!
吹き飛ばされた甲児はこんな化物が神になるくらいなら俺が神になる!と更なる激情を沸かせ、人工知能の入った頭部にこぶしを叩き込みます。
すると甲児は内部の触手のようなケーブルに捕らえられ、引きずり込まれます。
マジンガーと同化した甲児は施設を飛び出し、みんなを守ると宣言。
そしてなんと「守る」為に自ら「敵」の存在を熱望し、本当に出現させてしまったのです!
敵、機械獣の出現によって人々はパニックになり、犠牲者も次々とでる大惨事を招きます。
ですが甲児はみんなを守ったと喜びの雄たけびを上げるばかり。
画像

……どこかでその様子を感じ取ったミネルバX。
彼女はそれを「滅亡の始まり」を呼び、嘆くのでした……

第1巻で2度も人類滅亡を迎えてしまう本作。
マジンガーZの世界観を下敷きにしたループ物となっており、第1巻のメインとなる世界では驚くばかりの展開と、さらに大きな衝撃の待っている終末を迎えます。
先月末に似たようなコンセプトである「偽書 ゲッターロボダークネス」が刊行されましたが、原作からのダイナミックな飛躍振りはこちらのほうが上かもしれません!
全編通してバッサバサ人が死にまくるバイオレンスでダークな物語が展開し、その上謎が謎を呼んで実態がまだ一切明かされないというもやもやしまくるストーリー運びには戸惑うばかり。
ですが従来のマジンガーにはないサプライズの連続に目が離せないことも事実ではないでしょうか!
作画面では非常に迫力のある描写が連続しており、激しすぎるシーンの連続である本作の衝撃度を一層アップ。
ショッキングなストーリーにがっちり符合したダイナミックなビジュアル。
さすがの名タッグといわざるを得ませんよ!

まだまだ導入、それでもぐいぐい引き込まれる「真マジンガーZERO」第1巻は好評発売中です!
下手したら本作が「サポート連載」となっているアニメ「真マジンガー 衝撃!Z編」よりも衝撃を受けてしまうかもしれないほどのびっくりストーリーの連続は驚愕すること間違いなし!
マジンガーファンならずとも必見といえる刺激的な作品となっています!
……根本的なストーリーはまだ全然明かされていないんですが……その辺もまた先の楽しみということで!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!





画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ピコピコ少年」です。
太田出版さんから刊行されました。

作者はもはやおなじみ押切蓮介先生。
押切先生の著作等は「押切蓮介」のテーマにて紹介をまとめておりますので、そちらもよろしければごらんください。

さて、こちらの作品は今までの押切先生の作品とはがらりと違う、自分の体験を基にしたゲーム関連のエッセイ的漫画です。
とはいえいつも(?)の自虐的ネタは健在ないつもとは違うながらもいつもどおりの作品となっています。

本作は押切先生のファミコンとの出会いのエピソードから始まります。
小学一年生の当時、ゲームウォッチのドンキーコングにいそしんでいた押切少年。
彼があるとき近所に住む貴音ちゃんと言う少女の家で留守番をすることになりました。
その貴音ちゃんを押切少年は好きで愛していたんだそうです。
画像

なんかゆがんでますが……
そんな少年の淡い恋心はさておき、貴音ちゃんの家で衝撃的な出会いを果たす押切少年。
そう、ファミコンです!!
画像

ゲームウォッチから見れば雲泥の差ともいえるそのグラフィックとサウンドに圧倒される押切少年!
その後貴音ちゃん家に入り浸ってはゲーム漬けの毎日を送っていくのでした。

そんな小学2年生のある日。
顔を腫らした貴音ちゃんが親御さんとともに押切家にやってきました。
なんとファミコンに熱中しすぎたあまり勉強がおろそかになったと親御さんが怒り狂い、貴音ちゃんを折檻!
そして原因のファミコンを押切少年にあげてしまおうと言うことになったそうなのです!
画像

ファミコンを手渡し、
画像

寂しそうな顔で「ごめんね」とつぶやく貴音ちゃん。
それが今後押切少年と遊ぶことのできなくなってしまった貴音ちゃんの切ない思いの込められた別れの言葉でした……
が、押切少年はそんな切ない思いにまったく気づかず家にファミコンがやってきたことに狂喜しゲーム道と言う修羅道へと落ちていくのでした!!
……その後貴音ちゃんはクラスの秀才となって日の光る道へと歩み、押切少年の行く道と交わることはなかったそうな……

押切少年はちゃくちゃくとゲーム道を邁進して行きます。
ゲーセンに入り浸り、「源平倒魔伝」「西遊降魔録」「ピストル大名の冒険」などに明け暮れた日々。
格闘ゲームにはまり、「ヴァンパイアハンター」でカップル打倒の執念を燃やした日。
ゲーセンが他の中学校との縄張り争いの場となってしまった事件。
「ファイナルファンタジー5」を買うために前日深夜からイトー●ーカドーに並んだ日。
中学生の身でエロゲーがやりたくて身悶えし続けた青春のほとばしり。
ゲームがつないだ友情と、ゲームで砕かれた友情。
ゲームにまつわるさまざまな思い出が押切先生の独特のコミカル時々陰気な作風で描かれています。
俺は格闘ゲームをストゼロやハンターあたりから本格的にはじめた身でして、格闘ゲームの話題が多くてなんかうれしいですよ!!

そんな馬鹿らしい漫画ですが、最終話ではきっちりとしんみりさせる締めを見せ、ゲームへの愛を感じさせてくれます。
最近のゲームプレイ状況を描いた外伝や、描き下ろしのあとがき漫画にいたるまでゲームネタでゲーム好きへの死角なし!
20代後半から30代前半のゲームファンならば楽しめること間違いなしですよ!!

押切先生の並ならぬゲーム愛と自虐に満ちた「ピコピコ少年」は好評発売中です。
いろんな意味で巷の話題を掻っ攫った「四八(仮)」にもちょっとだけ触れられている本作、ゲーム好きならばスルーできませんよ!
もちろんゲームに詳しくない方でもいつもの押切先生風味ですので楽しめること請け合い!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!!


……ちなみに俺、「四八(仮)」発売日に新品で買いました。
早速プレイした自分の出身県が怖いどころかネタで絶望しましたとさ……


ピコピコ少年
太田出版
押切 蓮介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「やる気アナ ムキコ!」です。
メディアファクトリーさんのMFコミックスより刊行されました。

作者は玉置一平先生。
玉置先生は2001年ごろから活躍をはじめた漫画家で、それ以前は河合克敏先生のアシスタントをなされていました。
漫画連載を始める前はゲームのお仕事をしており、「クロス探偵物語」「ゼロヨンチャンプDoozy-J」という知る人ぞしるゲームのキャラクターデザインなどをしておられたようです。

さて、こちらの作品は新人女子アナウンサーを主人公にしたコメディです。
ギャグだけでなく。現役テレビディレクターの監修もついたリアルな内部事情や確執なども描かれた興味深い作品となっています。

六本木テレビに3人の新人女子アナウンサーが入社し、自己紹介を始めるところから物語は始まります。
有名女性向ファッション誌の女性も出るなども勤めた容姿端麗な福永愛。
画像

東大卒で6ヶ国語を使いこなす才媛の戸田英子。
画像

彼女達はそれぞれ明確な狙いの元に採用された新人で、愛が「ルックス採用」、英子が「実力採用」と呼ばれるものにあたります。
そして最後に紹介されるのが前茸向子。
画像

……「ムキコ」と「ムキムキ」をかけた持ちネタだそうです。
なんだかいきなり妙なキャラを発揮する向子ですが、彼女が何採用かと言うと……「やる気採用」!
ニュースの読みもへたくそ、空気も読めない、でも誰よりも明るく前向き!
そんな彼女がテレビ界に旋風を巻き起こします!

入社二日目、いきなり先輩アナの指導のもと現場を体験することになった向子達。
ですがこの指導役の先輩アナ、キララは新人に仕事を奪われてなるものかとよからぬことを考えている人物で、現場につくといきなり仮病を使って救急車を呼んで去っていってしまいました。
残された新人アナ3人。
とにかくやるしかないということで初仕事になるのですが、その仕事内容が「スズメバチハンターの仕事に密着」というような企画で、知的なニュースキャスターを目指す英子や、防護服で自慢の容姿が映らない愛は気がすすみません。
そこで白羽の矢が立ったのが向子です。
色物的仕事を押し付けられることになった向子ですが、そんなことは気にすらとめず、しかも虫が大嫌いだというのに喜んで仕事に向かうのでした。

初仕事、とりあえずは無難にこなす向子。
ですが蜂は食べる為にとる=後で大嫌いな虫を自分が食べることになるという事実を知って怯えてしまいます。
しかしそこはやる気の向子、大声をだして自分を奮い立たせました!
……が、それがきっかけで蜂の機嫌を損ねてお尻を刺されてしまうのです!!
痛みに驚く向子ですが、戸惑うひまもなくハンターのおじさんはズバっと
画像

向子のお尻を丸出しにして毒を吸い出したのです!!

お尻が全国に放映されてしまった向子。
彼女自身は恥ずかしくはあるもののめげてはいません……が、アナウンサーにあるまじき行為とキララにどやされてしまいます。
ところがどっこいこのシーンが番組中瞬間最高視聴率を獲得!
ネット上でも「尻ムキコ」として話題を掻っ攫ってしまうのです!
とにかく数字さえ取れればよしと言った部分のあるテレビ局。
向子は干されるどころかむしろ注目されてしまうことに!
一躍注目を浴びた向子、もしかしたら夏放送する30時間テレビの司会に抜擢されるのではないかとの声もあがり始めました。
毎年新人アナが抜擢されるこの仕事、後のブレイクは確実とも言われており……いままで向子をライバルどころか眼中にも入れていなかった同期の二人がいよいよ意識し始めるのでした。

この後も様々に型破りな仕事をする向子。
大物政治家から爆弾発言を引き出したり、その原因が
画像

「スカートをはいてなかったから」だったり、ペットショップの火事を中継中取り残されたペットを救出しに飛び込んでしまったり……
ことあるごとに注目を浴びる向子にイライラを募らせていた同期の二人とキララですが、そのあまりにも前向きすぎる向子に感化され始めるものもいて全体としていい方向へ向かっていきます。
ですが密かにトップになる野心を激しく燃やしていた愛が、ある出来事をきっかけに六本木テレビ自体に復讐をしてやろうと考え、夏の30時間テレビをぶち壊そうと恐ろしい計画を始めたのです……

本作の見所はとにかく明るく前向きな向子の奮闘です。
ちょっぴり頭のあったかい向子が巻き起こすトラブルは傍から見る分には愉快極まりなく、ニヤニヤさせてくれることうけあいです。
更に単なる能天気というわけでもなく、時として人のことを考えて行動するやさしさやひたむきさを垣間見せ、なにやら胸に熱いものを込み上げさせてくれるのです!
向子だけでなく、自分の扱いやあり方に悩む英子や、なりふりかまわずトップの座に上り詰めようとする愛など主要キャラの織り成すドラマも必見!
前向きな向子に感化されたり、疎ましく思ったり……それぞれの人間模様が描かれ、物語にきちんとした起伏を作り上げていますよ!!

超前向き女子アナ奮闘記、「やる気アナ ムキコ!」は全国書店にて発売中です!
全編通して楽しく、それでいて驚きの事件や胸を熱くさせるシーンもある完成度の高い一冊。
絵柄もすっきりとしたきれいな筆致で、人を選ばずおすすめできます!
ちょいとエロスなシーンはありますが、話の展開上の自然なものなので安心(?)ですね!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


やる気アナムキコ! (MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)
メディアファクトリー
玉置 一平

ユーザレビュー:
読んでいるうちに先が ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「それだけでうれしい」です。
芳文社さんのまんがタイムコミックスにて刊行されました。

作者は松田円先生。
松田先生は98年ごろから活躍をはじめた漫画家で、主に4コマ漫画を執筆。
現在も複数の連載を同時進行されているようで、精力的にお仕事をされています。

さて、本作は4コマ漫画をメインに描かれている松田先生には珍しい4コマではない普通の漫画作品。
幼馴染の二人の間に起こる出来事を描いたほんわかした物語になっています。

主人公の夕子は和菓子屋の一人娘。
画像

彼女には子供の頃からいつも喧嘩したり励ましあったりしている幼馴染がいます。
幼馴染の名前は将一。
画像

彼は夕子の和菓子屋と同じ商店街にある喫茶店のマスターです。
将一は非常に惚れっぽく、様々な女性に肩入れしては振られて落ち込むという毎日を送っており、その度に夕子は将一の好物である自分の店のぼた餅を差し入れて慰めてあげるという関係が続いていました。
夕子は将一のことを完全に異性として好きになっているのですが、将一はそんなことに気づかずに恋多き毎日を過ごしています。
ですが夕子は自分が動くことによって今までの関係が崩れてしまうのではないかと考え、告白をすることができません。
いまはこうしてぼた餅を届け、そばで支えとなってあげられる……それだけで幸せを感じているのです。

そんなある日、夕子の前に一人の男性が現れます。
画像

三好というその男性はやさしく気のきいた人物で、駅前にある高級和菓子屋の息子です。
彼は当初夕子と見合いをする予定だったのですが、夕子は顔すら見ずに断った為自分自身で会いに来たのです。
三好は夕子のことを気に入ったようなのですが、将一の店の常連でもあったため夕子が将一のことを好いている事も知っていました。
その為結果をすぐに求めず、同じ片思いの身としてあきらめずにじっくりと関係を深めていくことを決めたのでした。

将一は夕子と三好がお見合い、という話を聞くとあせるどころかいい話だし、和菓子屋同士で話も合うだろうからおにあいだと能天気に進めてくる始末。
そんな自分に大して何も思っていないようなそぶりを取られた夕子は流石に落ち込み、そばで支えてくれている三好との付き合いをはじめてしまいます。
デートなどを重ねていく夕子と三好。
この時点でようやく将一は自分でもなんだかわからないもやもやした感情を抱き始めるのです。
ですがそんな気持ちなどお構いなしに三好から婚約指輪を買った、という連絡が入るのでした!
画像


本作は片思いを続けている主人公の切なくもやさしい感情の動きを繊細に描いた作品です。
夕子の行動や考えは周囲を励ましたり和ましたりしてくれ、同時に読み手を暖かな気持ちにしてくれます。
ですが中盤から始まる三好を交えた恋の行方はそれまでの流れを大きく変え、今までの完全には満たされないながらも幸せを感じることのできた関係が崩れていき、どうしてこうなるのかと読者をやきもきさせます。
かわいらしい絵柄と切なさの相乗効果で効果は抜群ですよ!

幼き日から続く片思いの行方が気になる「それだけでうれしい」は全国書店にて発売中です。
好きだからこそ近寄れない、そんな切ない思いが詰め込まれている本作。
癖のない読みやすい作品に仕上がっています!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


それだけでうれしい (まんがタイムコミックス)
芳文社
松田 円

ユーザレビュー:
よくわからない・・・ ...
表紙の雰囲気とよく合 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↑このページのトップヘ