3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

本日紹介するのはこちら、「フランケン・ふらん」です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスにて刊行、チャンピオンREDにて連載中です!!

作者の木々津克久先生は2002年にマガジンSPECIALで連載を経験した後、2006年にチャンピオンREDでこの「フランケン・ふらん」の連載を開始しました。
丁寧で細かい画風が特長なのですが、その特長を活かしてグロいシーンを描くのが印象的といわざるを得ません!
いま週刊少年チャンピオンで短期集中連載されている重い障害を持った超能力少女のハートフルな感動漫画「ヘレンesp」と同じ作者さんだと言うことを知っているとより楽しめる……かもしれません!

さてこちらの「フランケン・ふらん」はジャンルワケをするならホラーコメディ漫画ということになります。
ですがホラーと言うほど心霊などのオカルティックな要素は無く、むしろ(無茶はありますが)科学というか医学と言うか、そういったもので説明をつけている現実主義の作品作品です。
それでもホラーに分類されてしまうのはあまりあるグロテスクな描写のせいでしょう!
脳みそ心臓当たり前、ありとあらゆる臓器がそこかしこに登場するばかりか、改造による人外生物や体が虫になってしまった少女などなど、もうグロの限りを尽くしています。
とはいえ単なる悪趣味なスプラッタ作品ではなく、内臓が必然的に出てくる内容……手術をメインにすえている為なのです。
……趣味がいいとは言えない内容ですが!

ではどんな内容なのかといいますと、こんな作品です。
主人公のふらんは斑木という博士の「最高傑作」で、その姿は一見すると可憐な美少女。……体中のつぎはぎと頭に刺さった電極が無ければ、ですが。
ふらんは人知を遥かに越えた医学技術を持っており、ものすごく新鮮なら死体ですらギリギリ生き返らせてしまう程です。
ですが人格に少々問題があるのです。
根は素直で人の頼みは断れず、親子や友人などの情にももろいですが、基本的に普通の人間とは考え方が違うと言うか……人の命や倫理観というものをとても軽視しているきらいがあるのです。
基本的に助けられる人命は全力で救助するのですが、どんな形であっても生きていればいい、みたいなありえない手術を施してしまうことも多く、自分の気に入らないものにはものすごく(人間としての人生オワタ\(^o^)/みたいな)酷い目にあわせたりもします。
その数々の手術内容たるや、バラエティ豊かな上にそのどれもがここに書くことをはばかられるような衝撃的なものばかり!!
二人の男の子に告白されてどちらかを選べない女の子を二つに分裂させたり、生首を臓器移植用に作ったボディに移植して生き返らせたりとホントもう一般の人が見たら勘弁してくださいというようなものが目白押しなんですよ!
そんな彼女の可愛くもゆがんだ日常と手術を中心に展開する多種多様な事件をブラックなギャグをまぶしながら展開するのがこの作品なのです!!

とにかくグロい上にブラックなので万人にはとてもオススメできませんが、そういう描写が平気な人には単純なスプラッタ漫画でなく、様々な人間ドラマや主義なんかを感じることができて楽しめるはずです!!
キャラクターも魅力的で萌えられる人は萌えられる筈!
っていうかこういう人体改造的なものに萌える人もいる筈!!
グロが平気で主人公が必ずしも正義と言うわけではない作品が好きな方にはオススメできる「フランケン・ふらん」は第2巻まで好評発売中!!
「シグルイ」と「聖痕のクェイサー」と「フランケン・ふらん」を読めばチャンピオンREDが大体どんな雑誌かわかるといえるかもしれないチャンピオンREDのスプラッタ的描写をリードするこの作品、読まない手はありませんよ!!
……グロが平気な人に限りますが!!
さぁ、グロが平気なひとは今すぐ本屋さんにダッシュ!!

フランケン・ふらん 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
木々津 克久

ユーザレビュー:
ブラック・インパクト ...
漫画は娯楽であれ正直 ...
マッドサイエンティッ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


なんかamazonの評価が真っ二つになってて面白いですね……
それだけ評価が分かれる作品なのはわかります!!

本日紹介いたしますのはこちら「ネムルバカ」です。
徳間書店さんのリュウコミックスにて刊行されています。
昨日紹介しました「それでも町は廻っている」の作者、石黒先生の作品つながりで連日の紹介!

作者の石黒正数先生に関しての紹介は昨日、10月12日の「それでも~」を参照してくださいませ。

さてこちらの「ネムルバカ」はわはり日常漫画に分類されます。
ですが昨日紹介した「それでも~」とは違い、2人の女子大学生がメインにすえられています。
とはいえその二人は頭のあったかい女子大生、入巣柚実(いりす ゆみ)と、歌手を目指す口は悪いが根はやさしい(?)入巣の先輩、鯨井ルカ(くじらい るか)で、どことなーく「それでも~」に通じるキャラクター設定。
そんなわけでシリアス一辺倒になるわけも無く、のんきな大学生特有の自堕落でのんびりした日常を描く漫画になっています。

ですがそこはやはり石黒先生、様々な内容を盛り込んでいます。
なかでもひときわ目を惹くのはやはり第4話に出てくる「駄サイクル」ではないでしょうか。
ぐるぐる廻るだけで一歩も前進しないダメなサイクルのこと、と作中で触れられている造語なのですが、この作品内でそう例えられていた状況とは「自称アーティスト同士が作る→褒められる→見る→褒めるを繰り返す」という物でした。
作中ではとにかくダメさ加減を誇張してかかれており、素直に笑えるものになっているのですが……なんだか思い当たる節がある人も多いのではないでしょうか。
俺もだ……俺もだみんな!!
他にも人生の立ち位置に関しての話が描かれており、俺のようなダメな人生をおくって来た人が読むと心に刺さるものがあったり。
そういった人によってはかなり共感できる痛々しい姿をさらっと描いてしまうところも凄いといわざるを得ません!!

そんなワケで色々悩みの多い若い方から、過去を振り返るとちょっと切ない思いをしてきた人あたりに狭く、しかし大きくオススメする「ネムルバカ」は、大好評発売中です!
リュウコミックスはまだ刊行巻数が少なめですので比較的探しやすいはずです!
さあ、今すぐ本屋さんにダッシュだ!!

ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
徳間書店
石黒 正数

ユーザレビュー:
こんなの読みたかった ...
本屋で偶然見つけた ...
『それ町』ファンも是 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「それでも町は廻っている」です。
少年画報社さんのYKコミックスにて刊行、ヤングキングアワーズで連載中です。

作者の石黒正数先生は2000年に「ヒーロー」で四季賞を受賞しデビュー。
様々な雑誌で様々な読み切りを発表した後にこの「それでも町は廻っている」でブレイク。
連載作品こそ少ないものの、幅広い芸風を感じさせる懐の深い漫画家さんです。

さて「それでも町は廻っている」は、ジャンルで言えば日常ギャグ漫画に分類される作品です。
丸子商店街にあるちょっと……いやかなり変わったメイド喫茶でバイトする大分頭のあったかい女子高校生、嵐山歩鳥(あらしやま ほとり)がクラスメイトや幼馴染などの愉快な仲間たちと他愛も無い日常を繰り広げるのんびりギャグがメインにすえられています。
が、それだけで終わらないのがこの作品の懐の深さ。
主人公、歩鳥の(作者さんの)趣味が推理マニアという特色を生かした非本格推理短編や、生と死を取り扱った感動短編、どこか懐かしさを感じさせる子供達の小活劇、ラブがコメる物語など、多種多様な物語も取り揃えられています!
作品全体に何気なーく散らしてある様々なパロディも要注目です!

内容の充実振りに拍車をかけるのが個性豊かで綿密に設定が練られたキャラクター達です。
苗字と名前の一文字目ずつをつなげる事によってその性格の全てが紹介されてしまう主人公の歩鳥はもちろんのこと、そんな歩鳥になぜか惚れていること以外はごくごく普通の幼馴染の真田広章、そしてそんな真田になぜか惚れている成績優秀容姿端麗運動神経抜群で巨乳という視力と性格以外は抜群の辰野俊子、一見すると美形中学生男子の容姿を持つメタル卓球少女の紺双葉などなどの登場人物が活き活きと活躍しています。

歩鳥のあほ楽しげな行動に笑い、時に呆れ、時に涙できる日常漫画屈指の名作「それでも町は廻っている」は現在第4巻まで発売中です。
年内に5巻が出る予定があるようですので、少年画報社さんのホームページをチェックだ!
ある程度(このサイトを見ているくらいの)マニア度がある方には諸手を上げてオススメできるこの作品、是非ともご一読下さい!ある意味究極の癒し漫画ですぜ!
さぁ、いますぐ本屋さんにダッシュだ!

それでも町は廻っている 1 (1) (ヤングキングコミックス)
少年画報社
石黒 正数

ユーザレビュー:
お約束に従って楽しめ ...
自分には合いませんで ...
極限の癒し絶対的にお ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますはこちら、「少年少女漂流記」です。
小説すばるに連載されていたものをまとめ、集英社さんから刊行されました。

作者は古屋兎丸(ふるや うさまる)先生と乙一(おついち)先生。
古屋先生は月刊ガロで1994年にデビュー後、「鈍器降臨」等の単行本を多数発行し、スピリッツに「π」を長期連載。
その後も「彼女を守る51の方法」等の話題作を生み出し、現在はジャンプSQで「幻覚ピカソ」を連載しています。
緻密で丁寧な絵柄が特徴で、多種多様な題材を取り上げた漫画を生み出し続ける多彩な漫画家です。
一方の乙一先生は1996年に「夏と花火と私の死体」で若干17歳の若さにしてジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞した小説家です。
その後も様々な作品を発表し、「GOTH リストカット事件」で第3回本格ミステリ大賞を受賞。
その後も「ZOO」「暗いところで待ち合わせ」「きみにしか聞こえない」「手を握る泥棒の話」「KIDS」「死にぞこないの青」「失踪HOLIDAY」など様々な作品が映画やドラマなどになっています。
12月には「GOTH」の映画も公開予定でますます上り調子。
……最近ちっとも新作を書いていないのが玉に瑕ですが。
漫画好きからすると「JOJOの奇妙な冒険 The Book」が有名でしょうか。

さてこの「少年少女漂流記」は小説すばるで連載されていた変り種です。
そのおかげもあり俺自身出てることを知らずに購入したのは発売だいぶ後でした。
どういう話なのかといいますと、十代の少年少女が直面する悩みや事件からなる様々なドラマを描いた作品です。
乙一先生と古屋先生らしい、文学的というか、精神世界を描いた様な摩訶不思議な展開が続きます。
8人の少年少女たちがそれぞれまったく別の場所で別の悩みを抱え、あるものは前向きに立ち向かい、あるものは世の中を憂い、あるものは自分の立ち位置だと諦める……
そんなとき、巨大な台風が関東を襲います。
それは第8話の主人公の少年が夢か現かわからぬままに育てていた竜巻と融合し、凄まじい大きさに成長します。
そしてそれはまるで示し合わせたかのように主人公達を渦の中に巻き込み、一つの場所に集めます。
元の場所に帰るには皆が帰りたいと願えばいい……ですが主人公達は二つに割れます。
帰りたいものと、帰りたくないものに。
主人公達は自分の考えをぶつけあうのですが……
最後に主人公達に起きる結末はどちら側の物なのでしょうか。

この作品は主人公達の「未来への不安と希望」が描かれた傑作です。
奇抜で奇想天外な主人公達に起こる数々の出来事はきっとあなたを驚かせ、最終的にあなたの心に何かを残すことでしょう。
少々展開に突飛過ぎるきらいはありますが、最終話でそれを補って余りあるすばらしいまとまりを見せてくれるので大丈夫です!(多分!)
ついでにファンにはたまらない乙一先生と古屋先生の対談も9ページに渡り掲載。
若い学生さん達に贈る、そしてかつて青春時代をおくってきた全ての人に読んでもらいたい「少年少女漂流記」は全国の書店で発売中です。
箱入りでA5版の特殊な装丁で見つけづらく、おまけに2007年初版の本ですので店頭に無いかもしれません。
そんなときは注文だ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!

少年少女漂流記
集英社
古屋 兎丸

ユーザレビュー:
マザーの中にマザーの ...
面白いんだか面白くな ...
コミックを出している ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますはこちら、「範馬刃牙」第15巻です。
秋田書店さんのチャンピオンコミックスにて刊行、連載は週刊少年チャンピオンです。

もはや説明不要なほどの有名漫画ですが、一応いろいろ解説を。
作者の板垣恵介先生は陸上自衛隊経験者という異色中の異色の経歴を持つ漫画家。
小池一夫劇画村塾の出身で、1989年にチャンピオン誌上に「メイキャッパー」でデビューしました。
ちなみにこの劇画村塾は大物漫画家が多数輩出されています。
チャンピオン畑でみるなら「シグルイ」の山口先生などが挙げられます。
「メイキャッパー」で手ごたえをつかんだ板垣先生は自分の好きな格闘技を扱えばもっとイケると考え、「グラップラー刃牙」の連載を開始。
そしてご存知のとおり大人気を博し、OVA化、ゲーム化、アニメ化を経て現在に到ります。
カードゲーム化もされましたが、ベータ版的な初回出荷のみで終わったようです。
5~6箱買ったよ、俺。
ゲーム版もかなり惨いデキでした。バキ以外のキャストがスタッフさんがやってるようで酷かったし……

さて、この「範馬刃牙」第15巻。
前巻は克巳が計算抜きでピクルと戦う決意を固め、バキがピクルに誘われ地下闘技場で対峙している場面で終わりました。
緊迫の対峙からこの巻は始まりますが、大部分の方が予想していたとおりバキとピクルの戦いは始まりません。
バキが戦うのを止めようとしているところにピクルが蹴りを入れてバキ大ダメージ。
そのままバキの出番は中ほどとラスト、合計20P程しか回ってきません。
さすがです。
さすがネット上でもっとも人気の無い主人公と言われるだけあります!
いいところばかりか出番まで無いぜ!!
では誰が出番を奪っているのか。
あの克巳です。
烈にトーナメントで敗れて以来かませ犬街道をまっしぐらに突き進んでいた彼ですが、試合後親交を深めていた烈がピクルに敗れて以来その扱いが変わりました。
挙句この15巻では烈に「自分との差はそんなに無い」とまで言われてしまいます。
なんと実践でマッハ突きを使うのは烈でも無理だというのです!
……いろいろ突っ込みたい部分もありますが、まあそれは置いておきましょう。
烈は続けます。
他にマッハ突きを使いこなす人物がいるとすれば郭海皇くらいのものであろうと。
そして克巳は烈と郭のアドバイスを受け、一人新たなマッハ突きを生み出さんとします。
中国4000年と空手500年の融合による真・マッハ突き。
その威力は空振りしただけで部屋中のガラスを割ってしまうほどでした。
凄まじいまでの成長を遂げる克己。
烈を超え、父を超え、目指すはピクルただひとり!
どうみても克巳が主人公です!本当にありがとうございました!

そんな感じで克巳VSピクルの機運が高まるところで15巻は終わります。
一方のバキはなんかティラノサウルスっぽいやつとリアルシャドーをやろうとしてます。
……いっくらなんでも見たこともないようなティラノサウルスまでイメージできんだろ……などという愚問は当てはまりますまい。
イメージさえできればいいのですから!
妄想少年バキくん(主人公)は置いておきまして、次巻は間違いなく克巳VSピクルの戦いが始まります!
究極の空手VS史上最強生物の戦いはどんな勝負になるのでしょうか!?
そして克巳は登場当初のバキのライバル的存在に返り咲けるのでしょうか!?
そんな幻想を膨らませる中、とにかく今は克巳の成長劇に酔いましょう!

バキシリーズ最終作「範馬刃牙」最新第15巻は大好評発売中!
今すぐ本屋さんでゲットです!

範馬刃牙 15 (15) (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
板垣 恵介

ユーザレビュー:
結局何がしたいのでし ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ