3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

本日紹介いたしますのはこちら、「ストリートファイター2RYU VS よみがえる藤原京」です。
カプコンさん直々に発行しております。

この冊子は昔ファミリーコンピュータマガジンにて連載された「ストリートファイター2RYU」という漫画と、1995年に奈良博で公開されたアニメ「ストリートファイター2 よみがえる藤原京 時を駆けたファイター達」のDVDがセットになって販売されたものです。

漫画版、「RYU」の作者は神崎将臣先生。
「重機甲兵ゼノン」や「鋼」等で有名なベテランの漫画家です。
激しいアクションと肉感的なエロス描写を両立させた画風が特長で、現在でも「ゼノン」の続編に当たる「XENON-199X・R-」をコミックリュウにて連載しております。
「RYU」描いてた先生がリュウで連載ってなんかむずむずしますね!!

さて、肝心の内容ですが、かなり自由な作品となっています。
公式の設定に囚われず、神崎先生独自のテイストが色濃く出ているのが特徴と言えるのではないでしょうか。
リュウが熱血バカみたいな性格だったり、サガットが小悪党みたいな性格だったり、本田が元横綱だったりとかなり大幅に改編されていますが、それだけに設定に縛られて硬い漫画になることなくストーリーが展開しています。
全キャラクターに見せ場を作ろうと言う意欲も強く見られ、他作品のような出てないキャラとかただやられるだけのキャラクターがいないのはステキです。
さらに当時ダッシュの発売によって実現した「同キャラ対戦」を真っ向から取り扱っている点も非常に意欲的といえますよね。
ちなみにこの作品が恐らく始めてケンが洗脳された記念すべき作品です!!!

当時徳間書店さんから出た単行本は、雑誌掲載時に春麗の服が破れていた際見えていた乳首が擬音で消されてており、物議(?)を醸しました。
当時の小中学生達は雑誌を取っておくべきだったと歯噛みしたそうな……
そんな話題の春麗乳首、この本にはしっかりと掲載されていますのでご安心を!!

もう一方の「藤原京」は奈良博で公開された学習アニメで、ながらソフト化されていない作品でした。
内容はリュウ、ケン、本田、春麗がタイムスリップして1,300年前の藤原京に飛ばされてしまい、流れるように当時の歴史を勉強すると言うものです。
何故藤原京とスト2なのか、謎は尽きることはないのですが……全編通して作画のクオリティは高く、アクションシーンもしっかり描かれている力作であることは確かです。
キャストも豪華そのもので、リュウは大塚明夫さん、ケンは難波圭一さん、本田は郷里大輔さん、春麗は富沢美智恵さんと、隙の無いつくりです!
ところで、作中でそれぞれタイムスリップした時間に差があり、1,300年前の奈良にケンは3年、本田は16年住んでいたと言う衝撃の発言があるのですがみんなあっさリスルーしてます!
さすがファイターだ。そんなことじゃピクリとも驚かないぜ。

というわけでストリートファイターのコミック化第一弾と、レア作品が同梱された豪勢な「ストリートファイター2RYU VS よみがえる藤原京」は好評発売中です。
DVD同梱なので少々お高めですが、漫画もアニメも他メディアでは見られないファイター達の意外な姿が見られる楽しい作品!必見です!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ストリートファイターII -RYU vs. よみがえる藤原京-
カプコン
神崎 将臣

ユーザレビュー:
きゃほほーい!うおお ...
漫画とDVDどちらも ...
懐かしい!ファミリー ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「RYU FINAL~闘いの先に~」です。
今は亡き新声社さんのゲーメストコミックスにて刊行されています。

作者はお馴染み中平正彦先生です。
中平先生のストリートファイターシリーズをはじめとしたほか著作の紹介は「中平正彦」のテーマにてまとめましたのでお時間ございましたらご覧くださいませ。

さてこちら、中平先生のストリートファイターシリーズ完結作ともいえる作品です。
最初の作品である「キャミィ外伝」はとりあえずおいておきまして、「ストリートファイターZERO」「さくらがんばる!」そしてこの「RYU FINAL」に共通する点といえば、どれもが「リュウ」が主軸に置かれていること。
長らく真の格闘家とは、という答えを求め、その道筋でぶつからざるを得ない豪鬼という存在。
その二人の、形こそ違えど「真の格闘家」を目指す二人の宿命がこの作品で決着するのです!

皆さんもお馴染みのストリートファイター2より数年後、ストリートファイター3の時代が舞台となっていますが、リュウのスタンスはまったくかわっていません。
相変わらず真の格闘家になるために流浪の旅を続けています。
ところがいきなり驚きの展開から物語は始まるのです。
久しぶりにケンと拳を交えることになるリュウですが、ケンは圧倒的な強さでリュウを一蹴してしまいます。
ケンはその強さに驚くリュウにこういいます。
「俺は見付けたぜ… 真の格闘家ってヤツを!!」と。
ケンは家族というかけがえの無いものを手に入れ、それを守らねばならないという「心」の力を手に入れた……それが真の格闘家に必要不可欠なものであると!

リュウは拳を振るうだけでは手に入らない「心」の力を手にしたケンを見、拳を振るうだけで生きてきた自分にその力が手に入れられるのか、と考えながらも旅を続けます。
リュウを凌駕する凄まじい力を持つとぼけた老人のオロ、天を突く巨人ヒューゴ、完成されたテクニックを持つボクサーのダッドリー、そしてもう一人の宿命のライバルであるサガット……
様々な人物と出会い、拳を重ね、リュウは真の格闘家というものの答えのひとつ、生かす拳……「風の拳」を導き出します。
そして最後に立ちふさがるのはやはり豪鬼でした。
生かす拳を持つリュウと全てを滅する拳を持つ豪鬼。
リュウと言う格闘家、最後の闘いが始まります!

中平先生作品いつもどおりの迫力の戦闘シーンは勿論、この作品には今まで以上のドラマが盛り込まれ、読ませる作品となっています。
あくまでもオフィシャルストーリーではない、単なるメディアミックス的な作品であるにもかかわらず公式と見まごうばかりの完成度の高いストーリーは秀逸そのもの!
しかも恒例のマンガからゲームへの逆移植もさりげなく実現。
ストリートファイター4の新システム、セービングのモーションは「風の拳」そのものです!!
……以前発売中止となった「カプコンファイティングオールスターズ」と言う格闘ゲームには「疾風の拳」と言う技があったんですけどね……

というわけでリュウと言う格闘家の生き様を描ききった傑作、「RYU FINAL」は全2巻で発売中です。
07年にコンビニ版が出ていますが、正直言って古本屋さん以外ではほとんど購入不能だと思います……
とにかく古本屋さんとかにダッシュするしかないですよ!!

表紙はこちら!!
画像










本日紹介いたしますのはこちら、「ピューと吹く!ジャガー」第16巻です。
集英社さんのジャンプ・コミックスにて刊行、週刊少年ジャンプにて好評連載中です!

作者はうすた京介先生。
うすた先生といえば「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」で大ブレイクした、いまや言うに及ばない人気漫画家。
「マサルさん」では全国の小中高生を主に一代ムーブメントを起こしたり、「武士沢レシーブ」で伝説の最終回を作り上げたりとさまざまな功績を築きました。
現在連載中のこちら、「ジャガー」でもドラマCD化、ゲーム化、OVA化、映画化など様々なメディア展開をしており、いまだ高い人気を誇り続けています。

さてこの第16巻。
いつもどおりのジャガーです。
ジャガーはひたすらボケたおし、ピヨ彦はつっこみつづけ、高菜は空回り、ハマーはダメ人間で不動は空気……
いつもどおり、安定した面白さを保ち続けております。
……これでは感想が終わってしまうので、ここでジャガーで珍しい6話にわたった長編、笛タンクワールドカッ笛編に注目してみましょう!
ある昼下がり、ジャガーは突然ピヨ彦にペタンクを言う遊びを知っているかと聞いてきます。
勿論マイナーなその競技をピヨ彦が知っているわけもないのですが、ジャガーはペタンクと笛をミックスした競技、笛タンク(プェタンク)をやろうと続けてきました。
マイナーな競技な上に更にマイナーに進化した笛タンク、わけもわからぬまま始めてみることになります。
ところがそんな時、その場に世界各国の笛タンクの猛者たちが続々と現われるではないですか!近所の公園に!
なし崩し的に始まる世界対抗笛タンク大会、「第一回笛タンクワールドカッ笛」!
大国アメリカ!北の脅威ロシア!成長著しい中国!オサレなフランス!情熱のブラジル!えーと……ナイジェリア!なんとなく来ていたエペスネ共和国!みんな日本語ぺらぺらだ!!!
つわものぞろいのワールドカッ笛、ジャガーは勝ち抜くことが出来るのでしょうか!!
世紀の対決が今、始まる!
別に勝っても負けてもどうなるわけでもないんですけどね……

ちなみに作中に出てくるペタンクは実在のスポーツで、来年で発祥から100年を迎えるなかなか歴史深い競技です。
日本にもペタンク協会がありまして、そちらも来年で創立40周年という由緒正しい団体です。
全国で定期的に大会も行われているようで、今後ますます発展していくことでしょう!
……しかしジャガーで取り上げられた週とか協会のHP、アクセス数多くてビックリしたんじゃないでしょうかね……?

そしてこの単行本、とうとう増田こうすけ先生の描いたジャガーが収録されました。
雑誌に掲載されたのが07年夏ですから、1年半越しの掲載と言うことになります。
逆の立場であるうすた先生版ギャグマンガ日和は08年4月発売の「ギャグマンガ日和」第9巻に収録されていますので、そこから考えてもなかなかの時間差!
じらしとはなかなかのテクニシャンヌです。
肝心の内容ですが、増田先生節が遺憾なく発揮されており、さらにジャガーという作品にしては珍しい、ジャガーが損をする系の話なのが印象を深めております。
「セパ…セパパアアアア!」と快感に身もだえするピヨ彦は必見だ!!

現代もジャンプのギャグマンガ界をリードし続ける、「ピューと吹く!ジャガー」最新第16巻は大好評発売中です!
アニメ映画の放送も始まり、実写版映画のDVDもリリースされ、OVA第2期も発売中と波に乗っているこの作品、読まない手はありますまい!
……あとはテレビアニメ化を残すのみなんですが……何故かしませんよね。
黒いネタ多いからなんですかねぇ……
ともかく!本屋さんに急ぎましょう!!


ピューと吹くジャガー 16 (16) (ジャンプコミックス)
集英社
うすた 京介

ユーザレビュー:
面白いけど・・・? ...
まだまだおもしろいと ...
どこらへんが潮時かま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「新ゲノム」第3巻です。
コアマガジンさんのメガストアコミックスにて刊行、コミックメガストアにて好評連載中です。

作者は古賀亮一先生。
古賀先生の紹介や「ゲノム」の紹介は08年10月29日に、現在電撃大王にて連載中の「電撃テンジカーズ」の紹介は08年11月16日にございますのでご参照下さい。

さて、第2巻の発売からはや20ヶ月。
待ちに待ったゲノムの最新刊が発売されました。
今回もファンの期待を裏切らない、キレのあるギャグが満載されています。
続々と生み出されるパクマンさんの名言の数々、最早感嘆するしかあるまいて……

第3巻の目玉と言えばやはりパクマンの親父がとうとう現実世界(漫画の中で現実世界っていうのもあれですが)にまで進出してきたコトでしょう!
本来パクマンの夢の中にしか存在しないはずの彼ですが、第2巻で超進化。
テレビの中で完全にひとつの生き物(?)として存在していました。
そんな彼がとうとう現実世界に襲来!
パクマンひとりでも十分たりているボケなのに、パクマンに勝るとも劣らないフリーダム振りを発揮するパク親父までが一緒になってしまったら……ツッコミが足りません!宇宙の法則が乱れる!!
とはいえパク親父はいわばデータ生命体です。
テレビから出てくる方法なんて貞子や電影少女じゃあるまいし、ボディはどうするの?と素朴な疑問が浮かぶのも当然です。
そんなドタバタしているうちにアクシデントがおき、パクマンの体に親父がインストール!!
ひとつのボディに二つの心、ハイブリッドパクマンが生まれてしまったのです!!
……親父はそもそもパクマンの夢なんだからもともとひとつなようなきもしますが……キニシナイ!
いつもの緑に親父の黒が交じり合う、ツートンカラーのセクハラロボにエルエルたちはどう立ち向かうのか!!
宇宙の法則が乱れるその前になんとかしなければなりません!!
まあゲノムなんでどうにもなりませんけどね!!!

他にもエルエルが所持していたウサギンジャーの話や思い出したように出てくるコオロギとその妹さとみの話、そしてこちらもさりげなく頻繁に登場している和菓子のいやらし屋店主(らしき人)再登場などなど、見所満載です!
パクマンさんの台詞の切れもいつもどおり、可愛らしい女性キャラの数々や、エルエルの受けるセクハラも存分に楽しめ、書き下ろし漫画なんかも収録されて大満足の一冊に仕上がっています!!

エロマンガ雑誌にあって成年向け指定を受けていない、超ハイテンションワルイコの学習漫画、「新ゲノム」第3巻は大好評発売中です!!
作者さんのコメント「下ネタとダジャレとゴリラとパンツしかない」と言うのもあながち間違ってはいないような気もしますが、それでも面白いんだからいいんです!
ネタ切れなのか、夏の虫なんていう苦し紛れの題材を選んでいる古賀先生、応援することでねぎらおうではありませんか!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


新ゲノム3 (メガストアコミックスシリーズ No. 204)
コアマガジン
古賀亮一

ユーザレビュー:
反政府ゴリラ!古賀先 ...
古賀亮一作品の最高傑 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「範馬刃牙」第17巻です。
秋田書店さんの少年チャンピオンコミックスにて刊行、週刊少年チャンピオンにて連載中です。

作者は板垣恵介先生。
第15巻の紹介は08年10月10日、第16巻の紹介は08年12月9日にございますので、お暇などございましたらご照覧くださいますと幸せでございます。

さて、前巻ではキングオブかませ犬こと、愚地克巳がとうとう開眼!
マッハ突きをさらに磨き上げた真マッハ突きをピクルに炸裂させます。
しかし自らの拳足を傷つけながら放った究極とも言える拳を何度浴びせようと、ピクルの牙城は崩れませんでした。
ならばと出したのは、真マッハ突きを更に進化させ、拳を当てないことによって生ずる衝撃波でダメージを与える「超・真マッハ拳」とでも呼ぶべき技でした!!
流石にピクルは大の字に倒れます。
ですがあまりにもその代償は大きいものでした。
……凄まじい衝撃により克巳の右腕は筋肉が剥がれ落ち、もはや腕ともいえないずたずたの肉塊へと変化していたのです……

そしてついに第16巻。
場内に一斉に歓声が上がり、克巳は勝利の味をかみ締めます。
……その時気が付いてしまったのです。
ピクルが安らかな寝息を立てていることを!
ピクルはダメージによる昏倒をしているわけではなく、もはや戦闘不能となった克巳をすでに敵とは見ず弱って倒れるのを寝て待っていたと言うのです!
恐るべしピクル、恐るべし史上最強!
やがて起き上がったピクルに克巳は完敗を認め、その命を差し出したではないですか。
容赦なく右腕を食いちぎるピクル!
グロい!!あまりにもグロすぎます!!
助け出そうとする徳川ですが、独歩が克巳の決心を汚すなと救助を妨害します。
……出血により意識を失う克巳。
ピクルは克巳に近づいていき……

今までの戦いを見てもまったく強さの想像が付かないピクル。
刃牙は範馬の血の滾りを押さえきれず、ピクルとの戦いに赴く決心をします。
そしてピクルの元に新たなる強者……餌がやってきます!!
ですがそれは刃牙ではありませんでした。
同じく範馬の血を滾らせる猛者、ジャック・ハンマーです!!

今回もピクルの強さばかりが引き立つ結果に終わってしまいました。
中国拳法の雄、烈海王も、究極の拳を持つ愚地克巳も歯が立たず……
ドーピングを重ねて作り上げた怪物、ジャック・ハンマーはいかにして立ち向かうのでしょうか!
凄まじい肉弾戦となることは必至のピクルVSジャック。
そしてまたしても先を越される形となってしまった刃牙の動向は。
これからもますます目を離すことは出来ません!

超異種格闘漫画、「範馬刃牙」最新第17巻は好評発売中です!
男克巳の生き様を、そして勇次郎と独歩ちゃんの親バカっぷりを堪能すべし!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!

表紙はこちら!!
画像



範馬刃牙 17 (17) (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
板垣 恵介

ユーザレビュー:
購入後の感想ここまで ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ