3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ぼくと姉とオバケたち」第2巻です。
竹書房さんのBAMBOO COMICSにて刊行されました。

作者は押切蓮介先生。
押切先生の各作品の紹介は「押切蓮介」のテーマにてまとめておりますのでよろしければご覧くださいませ。

さて、こちらの作品。
押切先生の4コマ漫画誌での連載作品で、現状では押切先生唯一の4コマ漫画単行本となります。
4コマ漫画だからといって押切先生の芸風は変わらず、相変わらずのホラーギャグ。
連載物の4コマ漫画、と言う題材自体に挑戦しているだけあって、「ゆうやみ」「ミスミソウ」なんかのジャンル的な挑戦は見られず、ごく普通(?)のホラーギャグが展開します。

新居に引っ越してきた主人公、マサルと姉の麗子。
画像

その家はそれはもうビックリするほどのいわくつきで、合戦場>墓>刑場>墓>火葬場>病院>墓>現在の家と凄まじい経歴をたどってきた物件でした。
とにかくびっくりもしないほど日常的に幽霊の出るその家で、マサルは怯え、麗子は物怖じせずに撃退しながら日常を送っていきます。
何故か住み着いていたカッパや、
画像

日本最恐の霊を目指す可愛い幽霊のお菊などを加え、
画像

おそろし和やかな物語はもはや癒し系の域にまで達しています。
……一応ホラーなのに!

そして第2巻では幽霊達と怯えながらも折り合いをつけていたマサルたちの生活を大きく変化させる出来事が起こってしまいます。
3月にやってくる幽霊達の卒業式。
この日は多くの幽霊達がマサルの家を卒業していきます。
……もう何がなにやらわかりませんが、卒業があれば当然入学、もとい入家もありまして。
なんとその入家式には妖怪たちが退去してやってきてしまったのです!
幽霊たちは自力で勝る(?)妖怪たちに押され、これではいかんとマサルたちと協力するのです!!

そんなたくましくなったマサルをみて安心したのか、カッパはマサルの家を後にして自立します。
その姿を見た妖怪たちは何故か人間界に溶け込む決心をし、続々とマサルの家をあとにしていきます。
幽霊もそれに触発されてか家をでて磁場クレイとしてやっていく決意をし、どんどんといなくなっていきます。
このままでは幽霊や妖怪無しの家になってしまうのでは……これではマンガが終わってしまうではないですか!
……そう、物語はとうとう完結するのです!
残されたのはマサルと麗子、そしてお菊。
すっかりたくましくなったマサルのもとに一人の浮遊霊が一晩の宿を借りようとやってくるのですが……
感動(?)のフィナーレを体感せよ!!

押切先生の十八番ホラーギャグと、チャレンジであった4コマ漫画の融合作、「ぼくと姉とオバケたち」最終第2巻は本日発売です。
短期集中連載を除いての初の完結作となる本作。
押切先生の物語のまとめっぷりを括目してみるべしです!
ホラーは苦手だなぁというかたも、読めばお化けが恐くなくなるどころか親近感すらわいてきそうなこの作品、ホラーが苦手だろうと得意だろうと関係ありません!
1巻からあわせて読めば「先生自身がコメントしていたとおり、本当に4コマは苦手なんだなぁ」と思ってしまう連載開始当初から徐々にしっかりとした4コマ漫画へと成長していく様まで鑑賞できてお得な気がします!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!





画像

本日紹介いたしますのはこちら。「天下無双 江田島平八伝」です。
集英社さんのジャンプ・コミックスデラックスにて刊行、オースーパージャンプにて連載中です。

作者は宮下あきら先生。
現在も「暁!!男塾」と、この「天下無双」を同時連載というバイタリティ溢れる創作活動をしております。

さてこの作品、タイトルにもあるとおり、男塾世界最強で最大の人気を誇る漢、江田島平八の若き日を振り返る物語です。
舞台は戦前から始まり、今まで殆ど明かされていなかった江田島の家族や学校生活、そして次々と出会う生涯の友と因縁深い敵……明かされていく事実は非常にショッキングなものが多く、「江田島って……人間だったんだ……」と思い知らされることになるでしょう!
宇宙空間を泳げる平八の若き日がこんな普通(波乱万丈ですしスペック的に天才ではあるものの)の生活だったなんて!!

とにかく見所なのは江田島の天才ぶり。
男塾時代は想像すら出来ない敗北も何度となく経験する今作ですが、その成長振りも驚くべきもの。
剣道の大会に出れば7段の相手を倒し、見ただけで王の必殺技や居合い切りを覚え、10日間で1部屋にぎっしりつまった本を全て読破したうえ身につけ……
技術的にも頭脳的にも勿論肉体そのものもどんどんと強くなっていく江田島の成長振りはもう笑うしかないくらいです!
なんていうかラブロマンス的な出来事もあったりしまして、宮下先生自身からも相当愛されているキャラですな!
こちらがそのヒロインです!!
画像

……失礼いたしました。
こちらが本物です。
画像

でも実際上の画像の小夜子さんの方が出番は多いんですけどね!!

そしてもうひとつの注目箇所と言えば男塾に繋がりのある人物の登場。
古くからの知り合いである、盟友の王大人や民明丸、宿命のライバル藤堂(作中では改名前の伊佐)との出会いや縁が描かれているのは勿論のこと、それにくわえて男塾メンバーの親がガンガン出てきます。
なんか江田島と男塾塾生の年齢差を考えるとおかしい気もするんですが、とにかくそんなことは気にしないとばかりにガンガンでてくる塾生の親父達。
冨樫や虎丸、邪鬼に田沢と松尾の親等がでてきまして、男塾に知り合いの子供入れすぎだろ!と言う他なし!
Jの父、キング・バトラーも出てくるのですが、髭の似合うかっこいい叔父様のはずの彼がJクリソツの姿になっていると言う謎もあるのですが……気にしたら負けです!

戦前から物語が始まるこの作品も、現在の連載ではあの第2次世界大戦が開戦。
毛沢東やマッカーサー、山本五十六あたりの実在の大人物も出てきて(しかもみんな江田島に一目も二目も置いてます)いるだけに、日本の敗北だけは間違いないはずなのですが……
この江田島がいてどうやって負け、そして彼自身が負けを認めるのかが非常に興味深いです!
今まであげた矛盾なんかも考えればパラレルワールド的物語だとも考えられるこの作品、もしかしたら日本の負けと言う事実までひっくり返したり……しない……ですよね……?

とにかく宮下先生の愛がひしひしと感じられる「天下無双 江田島平八伝」は現在第7巻まで発売中です。
もうやりたい放題なこの作品、男塾ファンならば楽しめるはずです!
……ファンじゃなければあまりオススメしません!
さぁ、男塾ファンでいまだ未読の方は本屋さんに急ぎましょう!!





画像

本日紹介いたしますのはこちら、「おろち」です。
週刊少年サンデーにて連載されました。

さて、こちらの作品は69年~70年にかけて連載された、楳図先生作品でありながらホラーでもギャグでもない、人間ドラマを描いた作品です。
ほとんど不老不死であり、様々な超能力を持つ謎の少女、おろちが様々な場所で人間同士のドロドロとしたドラマを傍観していく、と言った内容。
08年には実写映画化もされ、「赤んぼ少女」「神の左手悪魔の右手」「漂流教室」のようなさんさんたる状況……にはならず、そこそこの評価を得たようです。
それも全てこの作品が先生のほかの作品とは違い、突飛であったり、現実からかけ離れていたりする設定を用いていないからだと思われます。
オカルト要素はあるのですが、とにかく人間ドラマで勝負!というこの作品は楳図先生作品をキモイ、恐いと敬遠していた方にこそ読んで欲しいのです!

18歳を越えると醜く変貌してしまう悲劇の美人姉妹を巡る愛憎がこれでもかと渦巻く「姉妹」には意外な結末に度肝を抜かれ、3歳のときに父が目の前で自動車に轢かれ、その運転主を目撃したものの芸能人だった上3歳と言う年齢ゆえに誰にも信じられず人生をかけて復讐をする「ステージ」に驚愕し、いつも嘘をついている少年がたまたま隣人の殺人現場を目撃し、誰に話しても信じてもらえずに孤独に奮闘する「カギ」に戦慄する……
描かれているのはとにかく人間のもつ心の醜さ、そして思いの強さ。
作中のいくつものエピソードでその殆どが残酷な結末を迎えます。
ハッピーエンドといえる作品も無くは無いのですが、それでもなんとも言えない寂しさを残した結末ばかり。 
楳図先生の「漂流教室」以前の若い日に描いたとは思えない哀愁に満ち満ちたストーリーと、若さゆえの力強く気合ののった絵柄がマッチし、非常に味わい深い名作になっていると言えるのではないでしょうか!

画像

写真は長年の意趣返しを達成した理沙さん(推定50)

若き日の楳図先生が生み出した名作、「おろち」は幾度と無く出版されていますが、最も手に入れやすいと思われるビッグコミックススペシャル版は全4巻で発売中です!
小学館叢書版や小学館文庫、なぜか秋田文庫版も出ていますが、どれもが絶版だったりプレミアが付いていたりするようですので、1冊1200円と少々値が張りますがそちらをオススメします。
ちなみに俺が持っているのはその謎の秋田文庫版なんですが……全然関係ない秋田書店が何故……?
同時期に「恐怖」や「アゲイン」なんかの文庫版も出しているようですが、先生秋田書店系で連載したことのイですよね……?
それは置いておきまして、とにかく圧巻の人間ドラマが展開されるこの作品、必見です!
楳図先生を見る目が変わる人もいるはず!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!



おろち 1 (1) (ビッグコミックススペシャル 楳図パーフェクション! 4)
小学館
楳図 かずお

ユーザレビュー:
楳図氏の代表作が鮮や ...
楳図初心者最近楳図先 ...
最も美しいストーリー ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ストリートファイター アート・コミック・アンソロジー」です。
エンターブレインさんから刊行されました。

さて、こちらの作品、ストリートファイター4の発売から来る記念的刊行物の一冊です。
いままでストリートファイターのコミック版や、アンソロジーなどに参加していた様々な漫画家やイラストレーターの方々が集結し、多数の漫画やイラストがオールカラーで収録されています。
内容はシリアスありギャグあり、アメコミ風ありのバーリトゥード状態。
統一感とか設定の矛盾とかそういったものは無視した、お祭り的な一冊に仕上がっております。

参加作家は15名+1社と実に多数で、そのメンツも実に豪勢。
ストリートファイターのコミック版といえばこの人!!と言える中平正彦先生を始め、
画像

コミックゲーメストでスパ2Xのコミック版やウォーザードのコミック版を描いた伊藤真美先生
画像

ストリートファイター2-RYU-でいろいろな意味で少年たちを興奮させた神崎将臣先生、
画像

スト2キャラの生みの親とも言えるあきまん先生が表紙を飾る……と、スト2と密接な関係のあった作家の方々だけでもこの顔ぶれ。
そしてアンソロジーで参加していた多数の作家さんがずらりと並んでいるのですが、その中に「焼きたて!!じゃパン」の橋口たかし先生がいることも要注目でしょう!
画像

意外(?)にもこちらにはケンとフェイロンのイラストを寄せてくださっています。
コミックゲーメストの読者投稿4コマからデビューした谷和也先生も漫画を描いており、こちらには昇竜セビキャン滅や、ワロスコンボを決めているシーンが描かれて谷先生きっちりプレイしてやがるぜ!と思わせてくださいます。
トリをつとめているのはスパ2XHDや、「ストリートファイター ザ・コミック」等で最近ストリートファイターとやたら縁のあるUDON社さん。
こちらは面白い試みがされている5本の連作を収録しており、漫画のほうでは神崎先生と並ぶメインと言える力作となっています。

以上のほかにも山田秋太郎先生や杉崎ゆきる先生などのビッグな先生も参加されており、見所満載!
その全てが余すところ無くオールカラーなんですからステキと言う他無いでしょう!
……ただ難点もありまして、市川裕文先生の作品が少し辛いことになっています。
「混淆世界ボルドー」や、ミクロマン2006などのデザインをされている方で、今回も日本人にもかかわらず超正当なアメコミ風の漫画を描かれており、内容も面白い上に洒落も効いている作品に仕上がっています。
ところがアメコミ風の台詞が横書き+左から右に読む方式で描かれているのに、何故か他の漫画と同じように右開きで掲載されているのです!
これによってなんだか読みづらいことになってしまいました。
出版社としてもいろいろ難しいこともあるとは思いますが、UDON社さんの漫画はきちんと左開きで掲載されているので、ここは上手いことやって左開きで掲載して欲しかったです……
個人的にはこの本で一番楽しめた漫画だっただけに、惜しいなぁ、と思うばかりです。

と、問題は無くはありませんがそれでも豪華執筆陣の集結した大充実の「ストリートファイター アート・コミック・アンソロジー」は本日発売です。
スト2シリーズが好きなら間違いなく買い、スト2シリーズに興味が無くても好きな漫画家さんがいるならオールカラーの作品が鑑賞できる貴重な一冊、まさに必携と言えるのではないでしょうか!
お値段は2000+税円と少々張りますが、この執筆陣に加えてB5版オールカラーで128Pと、それにみあった一冊ですよ!
あ、エロス方面も今回はキャミィがお尻を……もとい体を張っておりますのでご安心下さい。
いぶきとかエフィーなんかもでてますのでスト3も忘れられてないみたいですよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!





画像

本日紹介いたしますのはこちら「終わりと始まりのマイルス」第1巻です。
太田出版さんのFコミックスにて刊行、マンガ・エロティクス・エフにて連載中です。

作者は鬼頭莫宏先生。
鬼頭先生の紹介や、先生の著作である「ぼくらの」の紹介は「鬼頭莫宏」のテーマにてまとめておりますのでご興味ございましたらご覧くださいませ。

さて、こちらの作品はジャンルわけするなら日常モノに分類される、と思います。
いきなり怪しげな表現ですが、なにせ世界設定が普通でない世界の日常を日常モノと分類していいのか良くわからないんです!

炁(き)という物が満ちた不思議な世界、オービスワーヌス。
そこで炁祷師として暮らしている少女、マイルスとそのパートナー的存在であるギカクの生業を描いたこの作品。
炁と言うのは人の情念のようなもので、それが物に込められれば込められるほどその物体は「神」として権化しやすくなります。
神となった物体は物体としてだけでなく、人の形を取って人間と対話をすることが出来たり、とにかく強力な存在であるようです。
炁祷師とはその炁のこもった物質を選別したり、害をなす神と交渉や交戦したりする職業の様子。
そもそも炁のこもった物体、炁物は実体のある幽霊のようなもので、普通の物質では傷つけられないだとか、使う人との相性しだいでトラブルを起こしやすいとか、様々な問題があるようなのですが……現状ではその全てが明かされてはおらず、謎が多く残されています。
なんか設定が(俺の不可解な文章も相まって)わけわからんな、と言う方も「オービスワーヌスの世界」という解説漫画も収録されておりますので安心してください!
俺の文章の1024倍は解り易く、しっかりと解説されています!

今までの鬼頭先生作品とはいくつか大きな違いが見られる今作。
まず、連載誌の関係もあるのかエロス要素が少々あからさまに描かれています。
なんと言ってもギカクは自称24時間絶倫。
マイルスの仕事を手伝うかわり、しょっちゅう体を求めてきます。
描写もあります!
画像

ね!
画像

朝チュンですが!!

そして萌えキャラ的な性格付けがされているキャラクター、キオノナと言う存在も要注目です。
ギカクに惚れている(?)少女で、彼といつも一緒にいるマイルスに嫉妬して荒っぽいことをしたり、いつも小声で喋って「近寄るな」と言う台詞を近寄らせて聞かせたり、破廉恥な言動をする者に照れながら無言で鈍器を叩きつけようとしたりと、とにかく好みは置いておいて、萌え要素を感じさせます。
画像

こういうなかば記号化されているような「萌え」を鬼頭先生が取り入れるのって初めてのような……

と言うわけでこの第1巻、ギカクの正体は?とか、「小さな世界」ってもしかして……?などの見所も勿論ありますが、世界観の紹介に終始している印象です。
今のところはこの世界観を楽しむ作品として、考えさせられながらも単純に楽しめます。
とりあえずキオノナに萌えていてもいいんじゃないでしょうか!
画像


とはいえそこは鬼頭先生。
「なるたる」第1巻のことを考えれば、これからどんな展開が待っているかわかりません。
今後この作品を読み進めるにあたって、……俺、これに萌えてたのか……なんて状況や、うわぁ……欝だ……なんて状況など、とにかくどんな物語になっていも大丈夫な覚悟が必要でしょう!多分!
刊行ペースは遅いようなので第2巻は何時になるのかさっぱりわかりませんが、とにかく今後が楽しみな作品であることは間違いなし!
鬱漫画になればなったで鬼頭先生らしい、平和なままで終わればそれはそれで鬼頭先生の新たな境地と言うことでヨシでしょう!
……今のところ、世界観を考えると物凄ーく鬱展開になりそうですけどね……

「ぼくらの」の鬼頭先生最新作、「終わりと始まりのマイルス」第1巻は好評発売中です!
今までの作品より直接的なエロス描写が増えてますのでご注意を!
……でも「なるたる」とかのドロドロした変態描写のほうがよっぽどヘビーなので、鬼頭先生ファンなら大丈夫でしょう!!
なんか全体的にいい紙を使ってるようで(なんか硬い……)少々お高いですが、値段分の価値は十二分にアリ!
さぁ、本屋さんに急ぎますか!!


終わりと始まりのマイルス1 (Fx COMICS)
太田出版
鬼頭 莫宏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↑このページのトップヘ