3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

本日紹介いたしますのはこちら、「ARCANA HEART(アルカナハート)」です。
角川書店さんの角川コミックス・エースにて刊行、コンプエースにて連載中。
同名の格闘ゲームをコミック化したものです。

作者は葉生田采丸(ばみゅうだ さいまる)先生。
月刊少年ジャンプにて「たたかえ!たらんてら」を連載していましたが同誌の休刊により終了。
その後こちらの作品の連載を始めました。
かわいらしい女の子が戦う漫画がお好きな様子で、そのキュートなキャラクターとアクションシーンが印象的な漫画家です。

さてこちらの「アルカナハート」ですが、簡単に噛み砕いて言えば萌えバトル漫画になります。
アルカナと呼ばれる自然から人の気持ちに到るまで、いろいろなものをつかさどる精霊。
そのアルカナと契約し、普通の人間をはるかに超える身体能力を持った少女達が活躍する物語です。
主人公はひたすら元気で真っ直ぐな女子高生の愛乃(あいの)はぁと。
「愛のアルカナ」であるパルティニアスと契約を交わしています。
彼女が突然姿を消した親友、廿楽冴姫(つづら さき)を探すうちにとても大きな事件に巻き込まれていくことになってしまうのでした。

原作である格闘ゲームには大まかなひとつの物語だけが存在していたのですが、うまく再構成してきちんとしたストーリー漫画になっています。
葉生田先生自身ももとゲームセンター店員経験者ということもあってか、原作を尊重してキャラクターを崩すことも鳴く、それどころかゲーム中に実際に使われる連続技を髣髴とさせるアクションシーンなども描かれており藍を感じさせます。
コマの中を暴れまわるかのように動きのある絵柄で描かれているシーンの数々は格闘ゲームという原作を十二分に活かしていると言えるのではないでしょうか。

現在発売されている第1巻の内容は物語の導入とキャラクターの紹介といった具合のものですが、個性豊かなキャラクターが楽しげに動き回る様子はそれだけでも楽しくなってしまいます。
もちろんストーリーが駄目と言っている訳ではなく、今後の物語の広がりを感じさせる先が楽しみになる内容ですよ。
おまけ漫画も収録されており、雑誌で追っていた方も安心のボリュームです!

可愛らしい少女達が所狭しとはっちゃけまくる「アルカナハート」は第1巻が全国書店さんにて発売中です。
原作のゲームファンの方は勿論、まったく知らない方でも安心して楽しめる作品に仕上がっていますよ!
美少女が肉弾戦する漫画が好きな方は買うしかないでしょう!(ちなみにエロスは控えめに爽やか仕上げです)
さぁ、今すぐ本屋さんに急ぎましょう!!

原作のゲームもプレイステーション2にて廉価版が発売されていますので興味のある方はプレイしてみてください。
見てくれは萌えゲーかもしれませんがしっかりと格闘ゲームしてますので大丈夫です!!(何が?)
ゲームセンターでは最新作である「すっごい!アルカナハート2」が稼動したばかりですのでお近くにある方はプレイしてみるのもいいのではないでしょうか。
……俺は近くにゲーセン自体が無いのでやりたくてもできないのが残念至極なんですが……
ムネン アトヲ タノム


ARCANA HEART アルカナハート (1) (角川コミックス・エース 212-1)
角川グループパブリッシング
葉生田采丸

ユーザレビュー:
格ゲーの流れアルカナ ...
出たぁ!勢いで買いま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「プピポー!」です。
ソフトバンククリエイティブさんのフレックスコミックスにて刊行されています。

作者は押切蓮介先生。
押切先生の紹介は8月18日の「ミスミソウ」の紹介記事に掲載しておりますのでそちらも参照くださいませ。
以前も紹介した「でろでろ」「ゆうやみ特攻隊」の他にも4コマ漫画などを多数連載中で、その連載作品数は現在7作。
その活躍はまさに今が旬といえるやも知れません!

さてこちらの「プピポー!」ですが、押切先生の得意とする心霊要素を取り扱った作品です。
ですが他の作品と同じように、この作品でもまた違ったジャンルに挑戦しています。
「でろでろ」がホラーギャグ、「ゆうやみ」がホラーバトル、「ミスミソウ」がサイコスプラッターというように分類しますと、こちらの「プピポー!」は感動ホラーとでも言うのでしょうか……とにかくそういった「心霊いい話」のような作品です。

生まれつき普通の人が見ることのできない存在を見ることができる少女、姫路若葉(ひめじ わかば)。
彼女はその能力ゆえに孤立し、寂しい毎日を送っていました。
そんなある日道端で段ボール箱の中にたたずんでいる生き物を見つけます。
それはなんかピンク色のフカフカした謎の生き物でした。
謎ではあるもののぬいぐるみのようにかわいらしいそれは若葉に気が付くと「プピポー!」と鳴きました。
彼女はそれに「ポーちゃん」と名付け、家に連れ帰り飼う(?)ことにしたのです。

ポーちゃんは不思議な力を持っており、一緒にいる人に見えないはずのものを見させたり、悪霊を吸い込んで消してしまうことができます。
そんな不思議な力を持つポーちゃんと触れ合うことによって若葉は徐々に変わっていき、家族との距離を縮め、友達を作るまでになったのでした。

そんなこんなでポーちゃんの持つ不思議な力によって様々な人物が救われたり成長したり癒されたりしていくお話になっています。
こちらの作品は押切先生得意のバトル(バイオレンス)シーンこそほとんど存在せず、ギャグもやや控えめ。
ですがその分暖かな人間関係を描いたドラマに力を入れています。
様々な作品を連載しつつそのどれもが似て非なるジャンルを描くというチャレンジャー、押切先生。
もう感服するしかありません!

少女と謎生物のふれあいを描いたハートフルホラー漫画「プピポー!」は第1巻が発売中です!
2009年1月には第2巻の発売も予定されており、ワクワクがとまりません!
さりげなく伏線らしきものが描かれているなど今後もますます目が放せないこの作品、是非読んでみてください!
さぁ、本屋さんに急ぎましょうか!

ちなみに連載誌というか掲載媒体がFLEX COMICS ブラッドということで、ネット上で無料にて読むことができます。
読んでみて購入を検討してみるのもいいかもしれませんよ!

プピポー!1 (Flex Comix)
ソフトバンククリエイティブ
押切 蓮介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「金剛番長」です。
小学館さんの少年サンデーコミックスより刊行、週刊少年サンデーにて連載されています。

作者は鈴木央(すずき なかば)先生。
週刊少年ジャンプ史上稀に見る「連載打ち切りからの再開」を達成した伝説のマンガ、「ライジングインパクト」でブレイクした漫画家です。
1994年にデビュー後、ジャンプで「ライジングインパクト」「ウルトラレッド」を連載後に連載誌を変えます。
ウルトラジャンプで「僕と君の間に」、サンデーで「ブリザードアクセル」を一時は同時に連載し、双方の終了後にこの「金剛番長」の連載を開始しました。
細い線で繊細に描かれる華やかな絵柄と激しい戦闘シーンを描くに耐えうる荒々しい絵柄を両立させた画風の持ち主で、題材にするジャンルも多種多様なのも印象的です。

さてこちらの「金剛番長」は、いまや珍しい番長を取り扱った漫画です。
ですがその中身は昔馴染んだ番長漫画とは大きく違い、個性的過ぎるキャラが人間の常識を超える強烈なバトルを繰り広げるバトル漫画になっています。
その内容は一昔前の漫画のような設定を採用。
国ぐるみで計画されている、謎の「23区計画」。
東京の各区に存在している番長が戦いあい、頂点に立ったものが絶対的な権力を得ることができるのです。
それをぶち壊す為に闘争の渦中に身を投じたのが主人公、金剛晄(こんごう あきら)。
見上げるほどの身長に筋骨隆々の体躯を持ち、長ランがトレードマークです。
見た目の恐ろしさとは裏腹に、ひたすら優しく人の道という者を誰よりも考える情深き男である彼が次々と番長達を撃破していくという作品です。

とても人間のものとは思えない激しすぎるバトルが売りですが、念力などの超能力はでてきません。
超能力か?と思わせる戦法もありますが、実現可能かどうかは置いておいて一応説明をつけて超能力ではないと証明している初期の男塾的なノリです。
純粋な強さの比べ合いだけでなく、トリックや策略の入り混じる番長達との戦いを真正面からぶっ潰す爽快さこそがこの漫画の面白さではないでしょうか。
それだけでなく、戦ってきた番長がピンチに仲間として駆けつけるなどの昔懐かしい展開も燃えざるを得ません!
更に鈴木先生の特徴のひとつであるテンポのよいストーリー運びも魅力で、マンネリやグダグダ感を一切感じさせないのもステキです!

昔懐かしいバトル漫画を髣髴とさせる超現代番長バトル漫画、「金剛番長」は現在第3巻まで刊行中です。
あなたも暑苦しいほどに熱い魂を感じてみませんか?
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュです!!
今月18日に待望の第4巻が発売されますのでそちらも要チェックですよ!


金剛番長 1 (1) (少年サンデーコミックス)
小学館
鈴木 央

ユーザレビュー:
度肝を抜かれたい人へ ...
似て非なるのか?菊地 ...
ぶっちゃけ…ここの皆 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「ファントムブレイブ イヴォワール物語」です。
角川書店さんの角川コミックス・エースより刊行されています。
ご存知の方も多いとは思いますが、日本一ソフトウェアさんの同名ゲームをコミック化した物です。
実は俺、未プレイだったり。
故にゲーム版との違いなどはさっぱりわかりませんので純粋な漫画版のあらすじ&感想ということを前提に読んでいただければ幸いです。

作者は道満晴明(どうまんせいまん)先生。
成年向けマンガを主に描いている漫画家ですが、ホロリとくるいい話を多く生み出しています。
全年齢向けのコミックスは今のところ今作のみですが、年齢制限がついていない作品自体は多く描かれています。

さてこちらの作品。
なんともいえない独特なムードが魅力です。
霊魂を操る不思議な能力を持つ少女マローネが、自分の住んでいる借り島を購入するお金を溜める為の仕事をこなしていくというお話。
彼女がこなす仕事というのは普通の人々が見たり感じたりできない存在が起こすトラブルを解決するというもの。
ですがマローネはか弱い上に頭の方も聡明とはいえない無力な少女に過ぎません。
しかし彼女には心強い味方がいるのです。
それは肉体を持たない魂だけの存在、ファントムのアッシュ。
彼の力添えによってなんとか以来を遂行し、その僅かな報酬で生活している毎日を送っています。

収録されている話のどれもが心温まるものだったり現実の残酷さを見せ付けたりと印象的なものばかり。
コミカルでかわいらしい絵柄も特徴的で、独特のムードにマッチしてより心に残ること請け合いですよ!

ほんわかムードにのどかなギャグ、そして感動と切なさをたっぷり収録した「ファントムブレイブ イヴォワール物語」は好評発売中です。
道満晴明先生の全年齢向け漫画が読める単行本は今のところこの本だけ!!
2004年発売とちょっと古いですが多分探せばあるはずです!
さぁ、今すぐ本屋さんとか古本屋さんとかに急ぎましょう!!

表紙はこちら!!
画像



ファントムブレイブ―イヴォワール物語 (角川コミックス・エース)
角川書店
道満 晴明

ユーザレビュー:
絵が好き~ワニマガジ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「FLIP-FLAP(フリップフラップ)」です。
講談社さんのアフタヌーンKCにて刊行されています。

作者はとよ田みのる先生。
2000年に四季賞の佳作を受賞し、2002年「ラブロマ」で四季賞の大賞を受賞しデビュー。
同「ラブロマ」をアフタヌーンで2003年から連載し、人気を得ました。
その後再びアフタヌーンで連載したのがこちらの「FLIP-FLAP」です。

さてこちらの作品、いわゆるラブコメディです。
しかし一般的なラブコメディと一線を画すのが話の中核となる題材。
それはなんとピンボール!
単行本帯にも描いてあるとおり世にも珍しい、もしかしたら世界初のピンボールラブコメです!!

勿論この作品で注目すべきところは題材の奇抜さだけではありません。
とよ田先生の作品の特徴とも言えるさわやかですがすがしい青春ドラマこそがキモといえるのではないでしょうか。
あまりにも「普通」な自分にほんの少しだけ変化をつけようと考えた主人公、深町。
彼がその手段に選んだのは高校生活最後の日に片思いの女性、山田に告白するというものでした。
ダメモトでしてみた告白ですが、彼女はなんとあっさりOK。
ですがひとつの条件を出してきました。
それはあるピンボールの台に燦然と輝くハイスコアを塗り替えること。
そんな妙な条件の上、彼女は同じ状況の「彼氏候補生」をたくさん抱えていたのです。
深町は山田目当てにピンボールを始めることにしますが、ただひたすらに楽しんでいる山田の様子を見たり、自分自身もピンボールの不思議な魅力に取り付かれていったりと、徐々にのめりこんでいきます。
めきめきと腕が上がっていきますが、ハイスコアは依然塗り替えられず。
そんな時山田に誘われて参加したピンボール大会で優勝。
その流れで参加資格を手にしたより大きな世界大会、PINHEAD EXPOに出場することになってしまいます!!

本来地味であるピンボールを、巧みな演出と躍動感ある筆致でまるでスポーツかのように描写されており、みるものを飽きさせません。
それどころかその迫力に引き込まれ、感動や白熱すら味わえてしまいます!
そしてピンボールを通じて広がっていく世界と、近づいていく深町と山田の距離を見事に描ききっているところもすばらしいの一言。
最後にやってくる、2人の気持ちがひとつになるシーンとハイスコア踏破の瞬間にはこみ上げるものが抑えられませんでした!
ラストシーンで彼が言う、冒頭とはまったく意味合いの違う「普通」の台詞がまた秀逸ですよ!

この「FLIP-FLAP」の原型である読み切りも収録され、カバー折り返しにも書き下ろしの漫画が描かれるなど本編以外の部分も大充実。
そもそもカバー自体なんか光ってますしね!!

読後感のさわやかさでは横に並ぶものが無いと個人的には思っているとよ田みのる先生の「FLIP-FLAP」は全国書店にて好評発売中です!
前作「ラブロマ」といい、あんまり楽しくない青春時代を送っていた俺にはまぶしくてしょうがないこの作品、是非とも読んでみていただきたい!
リアルが充実してる方々もその爽やかさにはやられかねませんので注意ですぜ!!
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュです!!


FLIP-FLAP (アフタヌーンKC)
講談社
とよ田 みのる

ユーザレビュー:
青い青臭い。だけどマ ...
独特の勢いと愛らしさ ...
ピンボール愛に溢れて ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↑このページのトップヘ