3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

本日紹介いたしますのはこちら、「最後の性本能と水爆戦」です。
ワニマガジン社さんのワニマガジンコミックススペシャルにて刊行されています。
成年向けマークこそ付いていないものの、どう見ても男性成年向け漫画ですのでそこのところを留意しつつご覧になってくださいませ。

作者は道満晴明先生。
先生の紹介や貴重な全年齢向け単行本、「ファントムブレイブ イヴォワール物語」の紹介は11月11日の記事にて触れておりますのでお時間ありましたらどうぞご覧になってくださいませ。

さて、こちらの単行本は基本的にワニマガジン社さんより刊行されているコミック快楽天という雑誌に掲載された先生の短編を多数収録したものです。
なんとその収録数31編。
2005年~2008年にかけての道満先生の作品がガッチリと収録されており、バラエティ豊かな味わいが楽しめます。
先生の可愛らしくもエロスな絵柄は勿論健在。
お話の内容もいつもどおりいい話系から切ない話、うすら恐ろしい話から絶望感が漂う暗いお話、果てはバカ極まりない(褒め言葉です)ギャグまで、道満先生の持ち味が存分に発揮されています。

収録作の中でも最後に収録されている「DOWMAN OF THE DEAD」の出来は特に秀逸です!
タイトルどおりDawn of the Deadのパロディ的作品で、男女がショッピングモールに立てこもるというそのものズバリなお話なのですが、道満先生ならではの調理がなされております。
立てこもり自体はかなりきっちり成功していまして、立てこもった4人は結構余裕な毎日を過ごしていました。
そこに突然謎の声が響き、人類はこの4人だけしか残っていない、お詫びにひとつだけ何でもあげるから心に思い描いてみてくれ、と言う旨を伝えてきます。
4人がそれぞれ願ったものは、大それたものではなく、それぞれの思惑を解き放つきっかけを与える程度のものでした。
一見余裕があるようであった4人も極限状態の中でどこかがおかしくなっていたのでしょう。
歯車が狂ったかのように、事件は起こってしまいます……

終末を感じさせる空気を描きつつも淡々と生活する様、そして突然崩れる4人の関係など、まさしく道満先生の持ち味がぎゅっと凝縮された良作です!
こちらはファンならずとも是非チェックしていただきたい!
小ネタとして最後まで放送をしていたテレビ局がアニメを放送している(どうみても某楽しいトロール一家)など、ギャグも忘れない先生に脱帽するしかないぜ!
単行本書下ろしこそ少ないものの、カバーに特殊な加工がされていたり、カバー裏にて各作品の解説のようなものが描いてあったりと、細かな所に力が入れられているのも要注目です。
そのカバー裏にはたった4Pの四谷怪談ネタのためにお岩稲荷にお参りに行っているという用心深い先生の実態や、「ブックオフの店員さん百円コーナーには置かないでね」というもの寂しげなお願いが書いてあり、ニヤリとせざるを得ませんよ!

エロスでいい話、略してエロいい話の第一人者、道満晴明先生の最新単行本「最後の性本能と水爆戦」は好評発売中です!
前作、前々作である「性本能と水爆戦」「続 性本能と水爆戦」を1冊にまとめた「性本能と水爆戦 征服」と言う単行本が初春に発売予定だそうですので、そちらもチェック!

エロスだけでは飽き足らなくなった変態紳士の皆さん、この作品は読まなきゃ損ですぜ!
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュだ!!

最後の性本能と水爆戦 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
ワニマガジン社
道満晴明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますはこちら、「巨人譚」です。
光文社さんの光文社コミック叢書”SIGNAL”にて刊行されています。

作者は諸星大二郎先生。
先生の紹介や他の著作は「諸星大二郎」のテーマにて取り上げていますので興味のある方や暇で暇でどうしようもない方はご覧くださると俺が喜びます。

諸星先生にしては珍しく(?)ギリシャ神話などの古代ヨーロッパを取り上げています。
マイナーな題材ばかり取り上げる先生ですが、今回は単行本未収録作品の「ミノスの牡牛」など有名なエピソードをチョイスした物語もあります。
とはいえかなりワイルドにアレンジされており元ネタを知っている方でも油断できませんが!
他にも某有名述べるゲームで一躍有名になった英雄王のエピソード「ギルガメシュの物語」を渾身の描下ろし49ページが収録され、古代ヨーロッパを題材にした連作が短中編あわせて全4編収録されています。
この古代ヨーロッパ連作シリーズ(仮)は物語全編に漂う退廃的なムードが特徴的で、幻想的なストーリーともあいまってなんとも言えない味わいを生み出しています。
そしてこの古代ヨーロッパシリーズ(仮)とはまったく別の(ページ埋めと言うと聞こえは悪いですが)短編が第二部として2編収録されています。
こちらは第1部と称されている古(略)シリーズ(仮)とはガラリと変わって諸星先生お得意の古代中国不思議物語で、「諸怪志異」の流れを汲んだ短編です。
この2編も単行本初収録でファンには非常にありがたいチョイスとなっております。
更に今回も同レーベルから発売された「海神記」と同じく表紙などのイラストが多数収録され、フルカラーイラストはきっちりフルカラーで収録されているのもポイント高し!です!

老いてますます洗練される諸星先生の最新単行本、「巨人譚」は大好評発売中です!
今年はなんと3冊というハイペース刊行にファンの皆さんは嬉しいことこの上ありませんね!
ファンでない方も漫画界の生ける伝説の一角、諸星先生の伝奇漫画を体感すべし!
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュです!!





本日紹介いたしますのはこちら、「平成武装正義団」です。
リイド社さんのSPコミックスにて刊行されています。

作者は山口貴由先生。
山口先生の各作品の紹介は「山口貴由」のテーマにて取り扱っておりますのでお時間ございましたらご覧くださいませ。

さて、こちらの「平成武装正義団」。
主人公である神風零(かみかぜ ぜろ)がかつて自分をいじめつくした「邪の目七人番長」を倒す為、鋼の武装に身を包んで戦い続けるというもの。
そのデザインは白い学生服に短髪に眼鏡と、「覚悟のススメ」の主人公である覚悟に酷似したデザインです。
他の登場人物も「覚悟のススメ」の登場人物に似たものが登場し、導入も非情に良く似ています。
強化外骨格こそ存在しませんが、四肢と胴を包む鎧に身をまとって人外としか言いようのない凶悪な怪物と闘争を繰り広げるという概容も酷似。
まさしく「覚悟のススメ」の原点となった作品なのです。

「覚悟のススメ」と大きく違う点は、世界の命運などといったスケールの大きな物語ではなく、悪逆非道の邪の目七人番長との戦いに終始する点です。
自分の復讐のために、残虐な行いを繰り返す悪を正す為に、孤独であろうと装備を奪われようと戦い続けていく……
単行本一冊という分量でその悲願は達成され、完結を迎えます。
この作品も先日紹介した「サイバー桃太郎」のように最後の敵を撃破したコマで終了と言う、うちきり!?と驚かざるを得ない終了を迎えていますが、やはり主人公は自分というものに目覚め、信念を固めてエンディングを迎えています。
つまり復讐を遂げると言うことよりも信念の確立と言うものに重きを置いている(とおもわれる)山口先生作品にとっては至極当然のエンディングなのでしょう!

いうなれば「覚悟のススメ」のベータ版であるこちら「平成武装正義団」は全国書店さんにて発売中です。
覚悟を読んだ人は様々な共通点を探して楽しめますし、そうでない方も山口先生節にどっぷりと浸かれるこちらの作品はとにかくご一読いただきたいです。
あいかわらずグロいし下品なのですが、それでも桃太郎やガランよりはいくらか控えめで、現在の先生の作品に近いはず!
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュです!!

表紙はこちら!!
画像



平成武装正義団 (SPコミックス)
リイド社
山口 貴由

ユーザレビュー:
なんじゃあこりゃあち ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「SECTER COLLAPSE(セクターコラプス)-富士山崩壊-」です。
発行は創美社さん、発売は集英社さんのタッグにて刊行されております。

作者は光原伸(みつはら しん)先生。
1991年~1994年、ジャンプの黄金時代を下支えした名作「アウターゾーン」で知られる漫画家です。
「アウターゾーン」終了後はたまに読み切りなどを発表するだけで活動規模は縮小。
特に単行本にいたっては「アウターゾーン」刊行終了後、同作品のジャンプコミックスセレクションと文庫版を発売するだけにとどまり、新作の単行本は本日紹介する「セクターコラプス」の発売まで実に14年もの感覚が開いています。

とうとう発売された光原先生の新作単行本、なんと制作期間3年、光原先生一人の作画で完全書き下ろしです!!
原作は様々な賞を受賞している小説家、石黒耀(いしぐろあきら)先生の「昼は雲の柱」。
さらに監修に静岡大学の教授で火山学、歴史地震学などを専門にしている小山真人(こやま まさと)先生を迎えた万全の体制で送り出された力作です。

ではどんな作品化といいますと、いわゆるパニック物に分類されます。
富士山が噴火し、その猛威が周囲を襲うとき周囲の住民はどうなるのか、どう行動するのかを描いたもの……なのですが、実際に噴火するのは物語の折り返しに差し掛かるあたり。
さらにその噴火も映画などに見られる「ドカーン!!」近隣住民「ギャー死んだー!!」という物凄いものではなく、前兆が会った後噴火し、大人の事情的な汚い妨害のようなものはあれど主人公達の適切で迅速な行動により、ほとんどの住民が無事非難してしまいます。
じゃあ面白くなくね?と考える方もいらっしゃるでしょう。
ですがこの作品の見所は単なるパニック映画的トラブルではなく、リアルな噴火描写によるリアルな反応なのです。
もしこんなことが起きたら?というときに必要以上におびえてパニックになる必要はないといわんばかりの落ち着いた事件運び。
もちろん物語の起伏はありますが、そのどれもが関東一円全滅!みたいな規模の大きいものではなく、避難所が水を含んだ灰の重みで崩れそうになったところを間一髪で脱出するなど、いちいちリアルな事件です!!

しかしそのリアルな噴火描写と裏腹に、物語の導入などにオカルティックな要素も散りばめられているのがまた印象的です。
不老不死を求めた徐福の伝説を用いてそのミイラが富士山の中に眠っていたり、ヒロインが予知能力を持っていたり、ヒロインを徐福のいけにえにささげようとする人が出てきたり、……さすがは光原先生。
そこはかとなく「アウターゾーン」テイストも感じさせてくるグロテスクな描写もあるなど往年のファンも大喜びですよ!

富士山噴火という大仰なネタをリアルに描き出し、権力者の汚い裏の動きまで描いてしまっている意欲作「SECTER COLLAPSE -富士山崩壊-」は全国書店にて発売中!
「アウターゾーン」でもお馴染みの入浴等サービスシーンや巫女さんとかの萌え要素もさりげなく取り入れられている光原先生の最新作品を見逃すなかれ!
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュです!!

表紙はこちら!!
画像


……B6版で272P,1143+税円と少々お高いのが玉に瑕なんですけどね……
SECTOR COLLAPSE―富士山崩壊
集英社
光原 伸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「魔幻戦記 サイバー桃太郎」です。
リイド社さんのSPコミックスにて刊行されています。

作者は「シグルイ」の山口貴由先生。
こちらの「サイバー桃太郎」は先生の初連載漫画となります。

先生の作品には必ずといっていいほど行き過ぎとも言えるバイオレンス描写と、確固たる信念をもったキャラクターが存在します。
こちらの「サイバー桃太郎」では同じようなキャラクターですが味付けがガラリと違う「サイバー桃太郎」と「真サイバー桃太郎」の2シリーズが収録されており、その主人公は桃太郎という名の改造人間という点が共通しています。

「サイバー桃太郎」では、主人公の桃太郎は鬼ガ島に住む鬼に挑み、瀕死の重傷を負うものの辛くも退治。
命を取り留めるため怪しげな医師により改造人間にされますが、その体の3割を人工臓器や死人の臓器に取り替えた為、いつ拒絶反応が起きて死ぬかわからない状態となってしまいます。
死にたくない、せめて戦って死にたい。
桃太郎は死と隣り合わせになりながらも激しい輝きを放つ生き方を選択するのです。

一方の「真サイバー桃太郎」では、桃太郎はすでに改造人間となっており、その素性は一切謎のままです。
人間ではない彼にとっては人間の世界は住みづらいのか、様々な事件に巻き込まれながらも生き続けて行きます。
自分の信念を貫き、人に認められずとも外道の限りを尽くす悪人を倒していく桃太郎。
そんな彼は自分の行く末に悩み、苦しみながらも進んでいくのでした……

両者に共通しているのは自分自身の生き様は自分で決めるべきである、というような個の信念です。
「サイバー桃太郎」では金など欲しくない、大切なのは魂であるという強い思い、そして「真サイバー桃太郎」では悩んだ末桃太郎はオレは世界でただ一人、自分しか進めない道、自分しか行けないゴールがあるはずだと己の人生を己自身で決める決意を手に入れます。
この信念はまさに先生の作品に共通するもので、ブレイクのきっかけとなる「覚悟のススメ」から現在の「シグルイ」に到るまで脈々と受け継がれています。
うーん、流石先生だ。軸がぶれてないぜ!
「過去の作品を見ると恥ずかしいという人がいるが、自分は自分の作品が恥ずかしいと思ったことはない。信念を込めて描いているから。」みたいなことを言っただけなことはあります!!

過去の作品でもやっぱり山口先生作品、山口貴由節を確かに感じさせる「魔幻戦記 サイバー桃太郎」は全国書店さんにて好評発売中です。
こちらもやっぱり酷くグロいので皆さんにはオススメできませんが、「シグルイ」等が大丈夫な人ならきっと大丈夫です!!……きっと。
さりげなく手塚治虫先生のオマージュなんかもされているこちらの作品、是非ご一読くださいませ。
打ち切り作品!?と見まごう強烈なラストは必見!!(しかも2個とも!!!)
さぁ、本屋さんにダッシュです!!

表紙はこちらですよ!
画像



魔幻戦記~サイバー桃太郎 (SPコミックス)
リイド社
山口 貴由

ユーザレビュー:
『魔幻戦記』って何だ ...
珍味初期の山口漫画の ...
かなり微妙シグルイ並 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↑このページのトップヘ