3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

本日紹介いたしますのはこちら、「謎の彼女X」第4巻です。
講談社さんのアフタヌーンKCにて刊行、アフタヌーンにて連載中!

作者は植芝理一先生。
植芝先生の紹介や「謎の彼女X」の概要は9月13日の記事にて触れておりますのでお暇ならご覧になってくださいませ。

さて、第3巻では「もし望むなら、直接手で胸を触ってもいい」と衝撃のお許しを得た椿。
さあ注目のその続きが第4巻でやってきます!!
ドギマギ……もといドキドキしながら表紙をめくりますと、カラーです。
カラーで「私の胸を触ってもいいわ……」ときました。
フヒヒ、流石植芝先生というほか無いぜ!
しかもカラーのうちにしっかり触ってくれます。
わかってるぜ!わかりすぎるほどわかってるぜ植芝先生!
そして勢いあまってついつい卜部を押し倒す形になってしまう椿!!
なんてこった!ついにこの漫画も……と思わせておきまして、やはりそこは健全変態ラブコメ。
椿は我に返り、卜部に謝って逃げるように帰ってしまうのでした。

そんなこんなのいろいろなアブノーマルで健全な事件が起こりつつも二人はひとつずつ段階を踏むようにお互いの距離を縮めていきます。
今巻では一日学校をサボって海に行ってしまったり、一緒に夏祭りに行ったりと、なんとも青春しちゃってくれちゃったりしてくれます。
こうやって徐々に謎の彼女の謎が解明されていくのだろうなぁ、などとのんびり構えていますと、今回もまた最後の最後に激動の予感を感じさせる物語が収録されています。
中学時代の3年間、椿がひそかに想いを寄せていた女子の早川が現われるのです。
彼女は付き合っていた彼に振られてしまい、落ち込んでいました。
そこで偶然であった椿に優しくされ、思わず泣き出してしまいます。
すると早川は必死に慰める椿に何かを感じたのか、また会ってくれないかと頼むではないですか。
椿はその時に早川の口元から流れていた涎を見てこう思ってしまいます。
どんな味がするんだろう、と。
そして口から出た言葉は「よだれをなめさせてくれたら会っても……」でした。
おお、卜部さんのなぞっぷりが移ってますよ椿さん。
慌てて訂正する椿ですが、早川は迷うことなくそれで会ってくれるなら、と涎を指につけて差し出してくるではないですか!!
これはあまりにも予想外です!!
もしこんなことが卜部にばれればただ事ですまないのは確実!!
ですが相手は3年の思いを寄せ続けた憧れの女子!!
さぁ、どうする椿!!
どうなる椿!!
次巻に続く!!!
……うわー!商売上手いぜ!!

といったわけで作品史上類を見ない大事件が巻き起こるかのような予感を感じさせる「謎の彼女X」第4巻は好評発売中です!!
植芝先生の溢れるフェティシズムを感じ取れるボリュームある絵柄に描き込まれた小物や背景も勿論健在で、健全変態な物語に更なる言い表せぬエロスを感じ取らせてくれています!
あなたもこの元祖健全変態ラブコメを今すぐ体験しませんか!?
さぁ、今すぐ本屋さんに急ぎましょう!!!

謎の彼女X 4 (4) (アフタヌーンKC)
講談社
植芝 理一

ユーザレビュー:
展開は予想外。いや、 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「孔雀王 曲神紀」第8巻です。
集英社さんのヤングジャンプコミックスにて刊行、ヤングジャンプにて好評連載中の作品です!

前巻の紹介やこの作品を待ち望んだ俺の心情(え?どうでもいい?)を書き綴った記事は8月21日に描いておりますのでよろしければ参照くださいませ。

さて、第7巻では、孔雀たちは精神に対しての攻撃を仕掛けてきたヒルコに苦戦します。
しかし精神攻撃の為に作り出した阿修羅のコピーをあまりにも完璧に作りすぎたが為、阿修羅本人のような孔雀への思いが生まれてしまい、コピーは孔雀を窮地から脱出させてしまいます。
一方の黄はヒルコの策略にはまり、仲間であるはずの六角と戦闘を続け……

というわけでこの第8巻に繋がります。
この巻ではヒルコとの戦いが決着を迎えます。
そのキーを握るのが彼。
そう、孔雀王ファン800万(推定)が待ち望んだあのキャラ、王仁丸です!!
彼はヒルコに因縁のあるとある神をつれ、一気に形勢を逆転。
呪禁道の奥義や皆大好きな合体技、大極波の披露こそありませんが、以前と変わらぬ頼れる姿を見せてくれます!!
しばらく見ないうちにちょっぴりスリムになった気もしますが、苦労していたんでしょうから仕方ありますまい!!
ファンが気になる行方不明後どうしていたかはまったく語られませんが、それは今後語られるかもしれません。
ともかく、懐かしくも頼もしく、かっこいい王仁丸が帰ってきたことを素直に喜びましょう!!
……ただ、なんだかサングラス越しに切れ長でキュートなお目々が浮かび上がるようになっているのがなんか笑えてしまうんですが……

その後今後のヒントとして大山津見に会えと言われた孔雀たち一行。
初代孔雀王から脈々と受け継がれる最強トリオがそろっているのですから、次の戦いも負ける要素は無い!……と思いきや、なんだか妙な展開になります。
神は人間をあまく見ているから頭を使った戦術は苦手なはずと大山津見の仕掛けるバレバレの罠にあえてはまる孔雀ですが、強力な結界により孤立させられてしまうのです。
ですが当の大山津見本人はなんだか頭が弱くてエロスに興味津々なぽっちゃり系の女の子で、自分の作った料理がまずいと指摘されるだけで泣いてしまいそうになるような人物(神仏?)。
まともな戦いにはならなそうな現状ですが、孔雀王の今までのパターンからして恐るべき能力を持っているんでしょう!
外で結界を破らんとしている王仁丸たちの下にも敵が襲い掛かり、いよいよバトルの開始です!!
……というところで続いてしまうんですけどね。

ヒルコとの激しいバトルと待望の王仁丸の登場と今回も見所満載の「孔雀王 曲神紀」第8巻は好評発売中です!
スサノオの牙もとうとう7つ、そして8つ目の牙も登場して孔雀王史上最大の決戦も近いであろうこの作品、更なる盛り上がりを見せること間違い無しです!!
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュだ!



しかし6つ持ってて海幸(ヒルコ)のも手に入れて7つ持ってるはずなのに大山津見に見られるシーンではなんで6つしか持ってないんでしょうかね?
王仁丸か黄が一つ持ってるんでしょうか。
でも選ばれた孔雀以外が持ってても仕方ないはずだし……
分けて別の場所に持ってたとしても神なら気が付くような気がするんですが……
新たな伏線でしょうか!!!楽しみが増しますね!!!!
……描き忘れとか勘違いじゃ……無いですよ……ね?

本日紹介いたしますのはこちら、「制服ぬいだら♪」新装版第4巻です。
講談社さんのシリウスKCにて刊行されています。

作者は渡辺航先生。
詳しい説明は9月22日の記事を参照していただければ幸いです。
また、テーマ「渡辺航」にて渡辺先生作品の記事をまとめてありますので、この作品のほかの巻や「まじもじるるも」、「弱虫ペダル」各巻の紹介などに興味のある方はご覧くださいませ。

さてこちらの「制服ぬいだら♪」新装版もとうとう第4巻。
キャラクターも増え、賑やかな事この上ありません。
しかし、まだまだ個性的なキャラクターが登場するのです!!
今回登場する新キャラは3名。
見た目は長髪のイケメンの美術教師ですが小さな女の子が好きで好きで自分がランドセルになるのが夢という変態、華島シュナイダー。
そして菊子をライバル視する不良女子高生の水銀と、菊子を突っ込みの師としてあがめる鈴のつっこまれ体質の二人です。
そんな新キャラを交えて繰り広げられる相変わらずののんびりギャグ。
今回はエヴァネタなんかも取り入れられており、なんだか渡辺先生作品的には目新しい感じですよ!
勿論恒例のみのりの着替えシーンもたらふく召し上がることができまして、お色気要素も満載であります。

ですが今回の目玉はなんと言ってもみのりの片思いの相手、道真におきた変化です。
彼は菊子に変装したみのりの姿を見て以来、なんと恋に落ちてしまいました!!
あぁ、みのりのせつない(?)片思いもとうとう終わりを告げるのか……と思いきや、そこは超平和のんびりギャグ漫画。
そうは問屋が卸しません。
常軌を逸した鈍感の道真は、なんとその人物が誰だかさっぱりわからないのです!!
しかもオレンジ色の髪をしていたことから勝手にオレンジバニーと命名。
間近で見てもみのりと気付かず、すれ違いもいいところです。
しかもみのりはみのりでオレンジバニーと呼ばれているのが自分だとは気付かず、しかし道真の好きな人であるとは気付いてしまい大ショックを受けてしまいます。
すがすがしいまでのすれ違い恋愛模様、いったいこれからどうなってしまうのか!!
目が放せない……というわけでもありませんが、ニヤニヤせずにはいられません!

そんなこんなでパンチラパンモロ当たり前ののほほん着替えラブコメ「制服ぬいだら♪」新装版第4巻は本日発売です!
萌えたい人も癒されたい人も笑いたい人もどんとこいなこの漫画、是非読んでみていただきたいものです!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!




本日紹介するのはこちら、「鉄のラインバレル」第11巻です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスにて刊行、チャンピオンREDにて連載中です!

作者の清水先生と下口先生の紹介、「鉄のラインバレル」のあらすじなどは9月19日の記事にて書いておりますのでよろしければご参照くださいませ。

さて、前の第10巻では世界同時核ミサイル発射という狂気のテロの予告がなされました。
阻止するには命を賭してラインバレルで撃墜するしかありません。
当初は城崎がその任を遂げようとしますが、様々な事件を乗り越えて成長した早瀬がその役目を負うことになります。
核ミサイル発射まで後5時間39分……!

といった状態でこの第11巻に繋がります。
世界各国で続々と発射される核ミサイル。
それを早瀬は次々に撃墜していきます。
しかし撃墜する場所に向かう為のオーバーライド(瞬間移動みたいなもの)は体への負担が大きく、みるみる消耗していきます。
息も絶え絶えになりながらも残り一箇所、中東を残すのみとなったその時です。
なんと核を持たないはずの日本から核ミサイルが射出されます。
体はもう限界寸前の早瀬は後一回のオーバーライドが限界。
咄嗟に早瀬は日本へ向かい、核ミサイルを撃墜します。
肝心の中東の核ミサイルはまだ見ぬ仲間の射撃によって破壊され事なきを得ますが、その後の加藤の発言は早瀬の振りかざす正義への自信をぐらつかせます。
「自分の正義という名の価値観で一つの国を見捨てた」という言葉によって……

その後、加藤は更なる衝撃の発言をします。
「2052年 人類は絶滅する」と。
加藤はその絶滅を免れた数少ない人類の一人なのだと。
そして城崎も同じ未来からやってきた人間だということまで判明しました。
彼女が言うには、人類が絶滅した原因は「自殺」だというのです。
当時の城崎はまだ幼く、詳細は不明ですが人類絶滅は人類自身の望んだ結果だというのです。
城崎も加藤もそれを阻止する為にやってきて、手段は違えど目的は同じだと。

それを聞き迷う早瀬。
ですが大切なのはどうすればいいかではなく、自分がどうしたいか、です。
早瀬は自分自身のやり方で人類滅亡を阻止すると決めます。
たとえ加藤が正義で人類の味方だったとしても自分はそれを止める。
人類に対しての悪になろうとも、人類にとっての鬼になろうとも!!

そして高校に進学した早瀬達の前に偶然にも見知った顔に出会います。
それは9巻に出てきた九条でした。
彼女と、新たに現われた大型マキナ。
その二つが今後の物語を左右することになりそうです……

そんな訳で次巻に続くことになります。
新たな決意を固め、闘志を沸きあがらせる早瀬と城崎。
そして人類絶滅の真相、謎の大型マキナ、中東を救った正体不明の味方などなど、豊富に張られた伏線もたっぷり登場。
様々な要素が複雑に絡み合い、ますます先の読めない今後の展開に目が放せませんね!
恒例?のないがしろにされる理沙子が見られる和やかな日常パートもあり、重苦しさ一辺倒にならない作りも緩急が付いていい感じです!
さらに今巻はチャンピオンREDいちごにて掲載された番外編、「天才美少女科学者レイチェルちゃん」を3話掲載してバラエティ豊かな1冊に仕上がっております。

アニメも話題沸騰中の「鉄のラインバレル」第11巻は本日発売!
さぁ、今すぐ本屋さんに急ぎましょう!!

表紙はこちら!
画像






本日紹介いたしますのはこちら、「ハチワンダイバー」第9巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックスにて刊行、週刊ヤングジャンプにて連載中です。

作者は柴田ヨクサル先生。
1992年にヤングアニマルにて「谷仮面」でデビュー。
そのまま「谷仮面」を4年間連載するなど人気を獲得し、終了後連載をした「エアマスター」は足掛け9年もの長期連載&アニメ化を果たす大ヒットを飛ばしてブレイクします。
その後活躍の場をヤングジャンプに移してこの「ハチワンダイバー」を連載し、早くもドラマ化をするヒット作になりました。
とにかく迫力とか勢いといったものを感じさせる絵柄と特大ふきだしに載った熱い台詞群が特長です。

さて前巻の第8巻では文字通り命をかけた将棋を打ち、勝利を遂げた菅田。
そしてその勝負に負けたマムシは茫然自失となり、死を受け入れるたかのようにふらふらといずこかへ去ろうとしました。
菅田はそんなマムシのみを案じて追おうとしますが足腰が立ちません。
その場にやってきた澄野と斬野に力づけられ、必死で後を追い始めました……

そしてこの第9巻です。
菅田は空回りに空回るもののマムシを救うことに成功しました。
それなりに怪我をしていた菅田は一泊入院して家に帰ります。
するとそこにはメイド姿のそよが寝ているではないですか!
そう、そよの出張メイドの時間を無制限に買い、自分の部屋で待たせていたことをすっかり忘れていたのです!
ボロボロになりながらも勝利を収めて帰ってきた菅田にそよは感動し、ものすごい台詞を口走ります。
「ご主人様ののぞむ事なら何でもします」と。
なんでも、どのくらいまでも、と!
うおおおお!
何か急に今までとは違うベクトルに盛り上がってきてます!
菅田!ここで何かしなければ男じゃないぞぉおお!!
と読者なら思うはず!!
そして同時にでも菅田じゃなぁ……とも思うはず……
……ええ、男じゃありませんでした。
とはいえまったく何もしなかったわけではなく、ほんの少し気持ちが通じたかのような進展はありました。
これで菅田のエネルギーは十分ですよ!

その後、鬼将会のプロに痛い目を見せる為だけの将棋を撮影したムービーを見る機会を得、鬼将会をつぶす決心を強めた菅田にとある作戦が持ちかけられました。
鬼将会をゲーム上で倒し、マムシを打ち破った菅田を餌にして奴らの場所を突き止めてしまおうという危険極まりない作戦を!
もちろんとまどうしかない菅田ですが、口論をする最中に突然謎の男達に連れ去られてしまいます!
鬼将会です!
彼らは菅田を捕らえた上菅田の部屋に火を放ち、謎の地下施設へと放り込みました。
そこは病院から銭湯まである小さな町のような空間で、中にいるたくさんの人々はただひたすらに将棋を打っています。
そこで2万円を渡され、これを100万円にしろと突き放されます。
ですがただひたすらに将棋を打っているこの光景に滾りを感じる菅田。
それを抑える為にまずは心を慣らそうと座り込みその光景を見物……のはずが、居眠りをしてしまいます。
目を覚ますとパンツ一丁に身包みをはがされていたのでした!!

と、このように鬼将会の内部に潜り込む、というか放り込まれる形になり、とうとう鬼将会の姿が明かされ始めてきました。
今巻は将棋を打つシーンはあまり描かれておませんが、テンションは落ちるどころかむしろ上がるほどの勢いに溢れています。
そよとの関係や、おぼろげながら見えてきた敵の全容が読者の心を引きつけて放しませんぜ!
マムシや二こ神のその後などもしっかり描かれており、柴田先生作品ではお馴染みとも言えるのサブキャラ愛も満ち満ちていてステキです!
勿論恒例の描き下ろしおまけ漫画も6P掲載されており、手抜きは一切なし!
雑誌連載派でも安心して購入できますよ!

話題の超ハイテンションアクション将棋漫画、「ハチワンダイバー」第9巻は本日発売!
激動に次ぐ激動の物語に散りばめられた独特のギャグにあなたも夢中になれるはず!
更に将棋界でも結構話題らしいこの作品、見逃す手はありませんよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!






↑このページのトップヘ