3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

本日紹介致しますのはこちら、「でろでろ」第14巻です。
講談社さんのヤンマガKCDXにて刊行、ヤングマガジンにて好評連載中!!

作者はこちらもお馴染みの押切蓮介先生。
「押切蓮介」のテーマで先生のほか作品の紹介等もしておりますのでお時間ございましたららご覧くださいませ。

さて、ホラーギャグというジャンルを定着させたともいえるこちらの「でろでろ」もとうとう14巻を迎えました。
今回もたっぷり18話+書き下ろし1話+日記漫画という大充実の内容です。
いつものノリのギャグからほんのりいい話、ダメ人間を取り扱った話などを適度に織り交ぜ似たようなお話が連続して飽きないような構成になっていますのも読みやすくてステキ。
そして久々に相原が主役の話があったり、珍しくみち子が主役の話があったりと今回は登場キャラのバラエティが豊かでより楽しげです。
中でも226話として収録されている水面とカントクのコラボレーションという異次元ストーリー(ウイングマンじゃないですよ)が要注目でしょう!!
妖怪もいるようないないような話で、ただひたすら水面とカントクの葛藤や確執が描かれています。
痛い目に会いまくるカントクが不憫で不憫で……
カントク可愛いよカントク!!
しかも今回の書き下ろしストーリーはこの話の続編で、結局中野から立川まで歩いて帰ることになってしまった水面とカントクのトラブルがもう一声収録!
またも酷い目に会いますがちょっぴりかっこいいカントクが見られます!!
カントクイケメンすぎるよ!!抱かれてぇよ!!

というわけで今回も日々の疲れも吹き飛ぶ笑いが満載の「でろでろ」第14巻は本日発売です!
これを読まずしてホラーギャグは語れません!!……この漫画以外にほとんどありませんが!!
さぁ、今すぐ本屋さんに急ぎましょう!


でろでろ 14 (14) (ヤンマガKCデラックス)
講談社
押切 蓮介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「暁!!男塾(あかつき おとこじゅく) 青年よ、大死を抱け」第21巻です。
集英社さんのジャンプコミックスデラックスにて刊行、スーパージャンプにて連載中!

この作品、勿論作者は宮下あきら先生です。
もはや言うまでもない有名漫画、「魁!男塾」を生み出した漫画家で、「暁!!男塾」はこの「魁!男塾」の続編に当たります。
様々なビックリバトルの連続に当時の少年は熱を上げ、民明書房は実在するとだまされたもの。
アニメ化もはたし、今年の初めには実写映画も放映された大人気作品でした。
他にも「瑪羅門の家族」などの話題作を多く生み出しています。

さて、こちらの作品は要するに昨今のブームである二世ものの作品です。
ですが主要登場人物に直接の2世は意外なほど少なく、それこそ桃、赤石、邪鬼の息子くらいしかまともに登場はしません。
しかし江田島平八や王大人などの魁の教師的キャラはかなり登場し、魁の通ってきた道筋をたどるかのような物語運びをしています。

前巻である20巻では亜流魔偈呑(アルマゲドン)と呼ばれる大会が始まりました。
その参加団体の名前が明らかになったのですが、そこには懐かしい名前が続々と!!
「狼髏館(ろうろうかん)」「王家の谷の守護者達(ファラオ・スフィンクス)」「巌娜亜羅(ガンダーラ)」「淤凛葡繻(オリンポス)」……
そう!かつての男塾が天挑五輪大武會にて激闘を繰り広げた相手たちだったのです!!
一回戦ではいきなりファラオ・スフィンクスと戦うことになる獅子丸達。
謎の助っ人の活躍もあり相手の対象を引きずり出しますが、まだ秘められた力を持っているようで……

というところで21巻は始まります。
ファラオ・スフィンクスの将は驚きの戦術で攻めてきますが、謎の助っ人は2枚も3枚も上手であっさりと撃破。
場所をニューヨークに移し、2回戦が始まります!!
相手は「狼髏館」。
かつての男塾が天挑五輪大武會の予選にて戦った団体で、首天童子や宗嶺厳が所属していました。
今回の彼らはなにやらキワモノぞろいで、赤いサングラスの金髪、人民帽を被った料理人、凄い髪型のひげのおっさんの3人です。
ですが彼らは1回戦でガンダーラを軽々と倒す脅威の使い手で、やはり男塾を苦しめてきます!!
獅子丸たちは勝つことが出来るのでしょうか!?

という内容は置いておいて、今回もかなり濃いです!!
敵の一人が物体と合体してその物体の力を引き出すという術を使ってくるのですが、その合体した相手はなんと自由の女神!!
ですがなんか小さい……ような……
戦いの舞台であるエンパイアステートビルや人間と比べてもなんか小さいですよね……?
10メートルなさそう……
男塾側にも同じ術を使いこなす男がおり、対抗してティラノサウルス(の標本)と合体するのですが、自由の女神の倍以上あります!!
縮尺滅茶苦茶ですよ宮下先生!!
ほかにも一切顔どころか体のどこにも打撃を受けていないのに口から血を流して精根尽き果てたようになった敵や、レーザーレーサーをモデルにした零坐麗差(れいざれいさ)という動きを抜群に早くする着物をすでに着ていたのにその上に来ていたものを脱ぎ捨てると突然効果が現われたりと、宮下先生節が相変わらず満載です!!
勿論皆大好き民明書房の刊行物の引用もたっぷりでオールドファンは感涙モノですよ!!

そんなわけで魁を髣髴とさせる大会も盛り上がる「暁!!男塾 青年よ、大死を抱け」第21巻は本日発売です!!
ばかばかしくも手に汗握る男塾の妙味をたっぷりと味わえるこの作品を読まずにスルーはできますまい!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!

表紙はこちら!!
この3人の奇人が今回の敵ですよ!!
画像







本日紹介いたしますのはこちら、「新性生活(しんせいかつ)-ネオ・ライフ-」です。
白泉社さんのジェッツコミックスにて刊行されています。

作者はSUEZEN先生。
漫画も複数発表していますが、それよりもむしろアニメ業界で名の轟く方で、そちらでは飯田史雄と名乗っております。
「マクロス」や「グレンラガン:など多数の有名アニメの原画として多くかかわり、NHKで放映された「ヤダモン」ではキャラクターデザインも手がけています。
先生の作品には特長的な大きなつり目の少女が必ず登場するのが特長です。

さてこちらの作品、「ヤダモン」と同じ人ということでイメージするものとはまったく違うお話しで、読む方はビックリするはずです。
なぜなら取り扱っている題材が「性」そのものだからです。
とはいっても成年向け漫画のようなそのものズバリではなく、性を取り巻く様々な事情を持つ人々の様々な出来事を描いています。
昔ストリッパーだった老人、背が低いことにコンプレックスを抱き何でも縦長にして絵を描く女性、男女の行為のパントマイムで生計を立てる男……
別々の場所でそれぞれが別々の悩みを抱えながらも強く生きていく彼らが出会うまでの物語なのです。

SUEZEN先生のすっきりとしつつも丁寧な作画で描かれるストーリーは性を取り扱いつつも下品……は下品ですが下品にはなりすぎず、エロスを盛り込みながらもそれなくしては成り立たない物語を作り上げている手腕は流石としかいいよう無しです。
同時に男女関係を描いた「Privation」という読みきりも収録し、盛りだくさんの内容となっております。

性を通じておきた不思議な出会いを描いた秀作短編「新性生活-ネオ・ライフ-」は1999年発行と少々古い作品ですが探せばきっとあります!
エロスを取り扱いながらも読後感爽やかで、何よりSUEZEN先生独自の色気ある絵柄を堪能できるこちらの作品は一見の価値ありですよ!
さぁ、今すぐ本屋さんに急ぎましょう!!

表紙はこちら!!
画像







本日紹介いたしますのはこちら、「学園七不思議」です。
秋田書店さんの秋田文庫にて刊行されています。

作者はつのだじろう先生。
つのだ☆ひろさんの兄として有名な……いや、「恐怖新聞」「うしろの百太郎」などの怪奇漫画で一時代を気付いた漫画家です。
他にも「ピュンピュン丸」などのギャグ作品や「空手バカ一代」の作画を担当したり将棋漫画を描いてみたりとまさしく多岐にわたる活躍をしておられます。
確かスクリ-ントーンを最初に使ったのは自分だとどこかでおっしゃってたような……
とにかくトキワ荘関係者ということも含め、漫画界に多大な貢献をした方なのです。

さてこちらの「学園七不思議」は1986年からサスペリアにて連載された作品です。
少女向けホラー誌と言う非常に厳しい感じの掲載でしたが、人気を獲得しアニメ化を果たしました。
「ハイスクールミステリー学園七不思議」というタイトルで放映されていたそれは黄泉(こうせん)学園にかよう一条みずきという少女を主役として、様々な幽霊や怨念の起こす事件を解決したり解決しないまま終わったりする作品でした。
解決しないまま終わるところなど非常につのだ先生テイストが強く出ているといえる作品なのですが、原作とアニメには大きな違いがあります。
原作はあくまで学園の七不思議を扱った作品で、7話毎舞台となる学園が変わってしまうのです。
じゃあまるっきり違う話なのかというとそういうことはなく、共通のエピソードは沢山ありますし、主役のみずきや助言してくれる月影先輩も登場します。
ところがどっこいみずきが登場したシリーズの7話目、つまりその学園の7不思議が総登場した話で霊障により正気を失って車にはねられ、死んでしまうのです!!
うっひょう!さすがつのだ先生!!
「恐怖新聞」でも主役最後に殺すし、もう驚くことじゃありませんよね!!

内容は勿論つのだ先生ですから、恐ろしいお話が満載であることは言うまでも無し!!
肌寒い冬の夜に体の芯から凍えられること間違い無しです!
そして微妙なところにも見所があります。
掲載誌がサスペリアという少女向けホラー誌と先ほど言たのですが、それにあわせたのかアシスタントさんもどうやら少女漫画系の方のようなのです。
そのせいでモブキャラの顔が少女漫画然とした柔らかで繊細な絵柄で描かれていることがあり、更にその繊細な絵柄で幽霊の女性が描かれたりもするわけです。
そこで主役級がつのだ先生のあのなんていうかカッチリした絵なわけですよ!!
凄い異次元です!!マジで必見!!
先ほど話題に出したアニメ版の主役が死ぬ話なんかもぶっちゃけ幽霊よりおびえるみずきのほうがおっそろしい顔してますからね!!

というわけでアニメ化もしたつのだ先生の女子高生怪奇現象漫画「学園七不思議」は文庫本が全2巻で刊行されています。
冷え切った体なぞ、怖い話で体の芯まで冷やして逆に暖かく感じてしまえばいいんです!!
……無理言いました。すみません。
冗談は置いておいて、非常に読みやすくわかりやすく、グロテスクな描写も少ない為心霊漫画ファンは勿論あまり読まない方の恐怖漫画の入門書的な作品としても楽しめます。
さぁ、今すぐ本屋さんに急ぎましょう!!
慌てて飛び出して車に引かれないでくださいね……

学園七不思議 (1) (秋田文庫)
秋田書店
つのだ じろう

ユーザレビュー:
やはりつのだじろうは ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介するのはこちら、「ゴーゴー♪こちら私立華咲探偵事務所。」です。
新潮社さんのバンチコミックスにて全4巻が刊行されています。

作者はウチではすっかりお馴染みの渡辺航先生。
「渡辺航」のテーマで様々な著作を取り上げておりますのでよろしければ見てやってくださいませ。

さて、こちらの作品は探偵事務所を舞台とした漫画です。
とはいえ渡辺先生の漫画ですから、人死にが出たりするようなシリアスな事件などあるわけもなし!
それどころかまともな仕事自体がほとんどありません。
とにかくこの探偵所の局長(所長じゃないのね)であるサヤが普通の街にある小さな事務所であるにもかかわらず「ハードでエキサイティングでモエモエな仕事がしたい」と主張し、細かな仕事を断りまくっているからです!!
そんなサヤと探偵所のメンバー、そして主役である小金田一耕太郎がゆるーい日常や細かな仕事、ラブがコメってしまうトラブル、そして世界征服を阻止なんかをするギャグ漫画なのです。

渡辺先生の得意とする個性豊かなゆるいキャラたちも続々と登場し、いつもどおりの賑やかなムードで進むこの作品。
普通の世界での普通の人間達のストーリーのはずなんですが、もうとにかくやりたい放題やってくれます!
宇宙に飛び出したり、巨大ロボットが空を飛んだり、挙句巨大ロボット同士のバトルシーンまであったり……
ここはチャンピオンじゃないんですよ!!目を覚ますんです渡辺先生!!
そんなわけで小金田一の恋の行方やらは決着はつかず、サクッと終わってしまいます。
ですがなんと言いますか、楽しげな日常は続いていくよ、という終わり方もまた良しといえる漫画なのです。

コミックバンチには少し……いやかなり作風が合わなかったであろう萌え系ドタバタ探偵ギャグ漫画、「ゴーゴー♪こちら華咲探偵事務所。」は全4巻が発売中です!
渡辺先生の作品では珍しい学園物ではない作品、ファンの方も「弱虫ペダル」しかしらないよ
という方も是非一読していただきたい!
新たな魅力が発見できるはずです!
単行本書下ろしも豊富で、カバー下まで楽しませてくれるサービス精神は流石!
さぁ、本屋さんに急ぎましょうか!!

ゴーゴー・こちら私立華咲探偵事務所。 1 (1) (BUNCH COMICS)
新潮社
渡辺 航

ユーザレビュー:
非探偵物語探偵事務所 ...
こち華? とにかく勢 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↑このページのトップヘ