3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

本日紹介いたしますのはこちら、「アリスの100℃C(ひゃくどしーしー)」です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスにて刊行されています。

作者は中嶋ちずな先生。
2006年に「いいなり!あいぶれーしょん」でマンガ界に激震を起こした漫画家です。
何が激震って、扱う題材が「お漏らし」なんです。女の子の。
しかもそれを当たり前のように少年誌でやるんだから恐ろしいもんです。
そんな漫画界を戦慄させた作品「あいぶれーしょん」は2007年秋に休載。
一向に再開する気配を見せないまま2008年にこの「アリスの100℃C」の連載が始まりました。
……あのチャンピオンREDで……!

中嶋先生と秋田書店の赤い核実験場がタッグを組んだのですからただで済むわけもありません。
それはそれは恐ろしいお漏らし漫画が誕生しました!
少年誌の限界に挑戦する漫画が……といっても「あいぶれーしょん」とほとんどおんなじノリなんですが!

ではどんな漫画かと申しますと、様々なトラウマを持つ女の子と主人公がお漏らしの絡んだトラブルに巻き込まれていくというもの。
すでに頭がどうにかしていることがわかると思います!
しかもそのトラウマと言うのが「何かをきっかけにおしっこがしたくなる」というものばかり。
もう徹頭徹尾おしっこです。
更にそのトラブルと言うのもお漏らしがらみばかりで、主人公ですら尿関係に特化した陰陽師、陰尿師と言う設定なんですから参ったもんですよ!
その能力は女の子の衣服を下着に変化させるとか、女の子の香りをかいで能力を高めたりとか、もう変態街道まっしぐら。
終いには女の子のおしっこを浴びて「女の子のおもらしは…恋の病以外なら何でも治す!」ですから。
もう手遅れです!!

変態街道まっしぐらな漫画ですが、なんのかんの言って恋愛要素やら大きな事件やらもあって物語に起伏もしっかりと存在します。
もちろんそっちもアレですが!
最後のエピソードのわけのわからない盛り上がりぶりは特筆ものといわざるを得ません!
なにせ降りしきる式神の尿の雨の中、女の子達の尿をちょっとづつわけてもらって空跳びますからね!!
何を言ってるかわからねーと思いますが俺も何を言ってるのかわかりません!!
怒ったことをありのままに話しているだけです!!
他にもここで書くことをはばかられるくらいギリギリな内容が満載!
そもそもカバーからお漏らししてますからね!
本当に大丈夫なんですかこれ!
チャンピオンREDは頭がどうにかしているとしか……!

というわけで(頭が永遠に)少年(な大人たちが狂気の中作っている)誌、チャンピオンREDがお送りする、最先端お漏らしラブコメディ「アリスの100℃C」は「全国書店さんにて発売中です。
人類の(黒)歴史に残るであろう稀代の作品を見逃す無かれ!!
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュです!


アリスの100℃C (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
中嶋 ちずな

ユーザレビュー:
秋田書店の攻撃的姿勢 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


で、「アリスの100℃C」のタイトルの意味って結局……?

本日紹介いたしますのはこちら、「神宿りのナギ」です。
角川書店さんの角川コミックス・エースにて刊行、エースアサルトにて連載中です。

作者は三部けい先生。
三部先生の紹介は12月24日の記事に、前作にあたる「カミヤドリ」の紹介は12月30日の記事にございますのでよろしければご覧になってくださいませ。

さてこちらの作品、前述したように12月30日に紹介しました「カミヤドリ」の続編で完結編にあたります。
前作「カミヤドリ」では多くの謎を残したまま終了を迎えました。
え?終わり?あれって誰がやったの?あの人はあの後どうなったの?という疑問点が多いままの終了におどろきとまどった読者の方も多いはず。
そして連載終了後1年の後、雑誌をエースからエースアサルトに移し、更に主人公を変えての続編が始まったのです!

世界観や状況などはほとんどそのまま。
第1巻から登場人物紹介的なものがあったり、用語解説に「カミヤドリ1~5巻を読むと更に詳しくわかります」とか描いてあったりすることからもわかりますね!
その変わった主人公というのがまだ少年であるものの恐ろしいほどの才能を見せる、ナギです。
戦闘能力の高さや純粋さ、更にカミヤドリによって異形へと変わった人間への容赦の無さは前作の萌え……もとい主人公核キャラであったヴィヴィを彷彿とさせます。
ナギがヴィヴィと出会い、そしてコンビを組むことになるのですが……それは運命のようなものなのかもしれません。

第1巻ではほとんどがナギの能力の片鱗を見せることとヴィヴィとの出会いに割かれているため、これから始まるであろう物語の導入部に終始しています。
ですがその導入部にすら意外な人物の退場や今後に関係するであろう謎が散りばめられており、導入だけにとどまらないドラマを味あわせてくれます。
ナギとヴィヴィという凄まじい才能を持つ子供同士という、危なさを感じさせるコンビの今後の活躍(トラブル?)が楽しみでたまりません。
相変わらずの魅力的な絵柄も健在で、第1巻には少なめの女性分を補って余りある迫力のバトルシーンはステキですよ!

前作のキャラも続々と登場し、これから来るであろう壮絶な物語に機体を隠せない「神宿りのナギ」第1巻は好評発売中です。
書き下ろしのおまけマンガに加え甘露樹先生とみつみ美里先生の寄稿などもありまして痒いところに手の届く一冊に仕上がっております。
今回もヴィヴィははいていません!フヒヒ!
女性キャラに萌え、バトルに燃え、衝撃の展開にドッキリすべし!
さぁ、本屋さんにダッシュです!!


神宿りのナギ (1) (角川コミックス・エース 112-8)
角川グループパブリッシング
三部 けい

ユーザレビュー:
祝・シリーズ再開好き ...
前作のファンなら必読 ...
ついについにカミヤド ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「墓場鬼太郎」です。
角川書店さんの角川文庫より刊行されています。

水木しげる先生の漫画人生を決定付けたとも言えるこの作品。
第1話となる「幽霊一家」はなんと1959年に生み出されました。
貸本漫画として発表したこの作品は高い人気を獲得したようで、「墓場鬼太郎」としてシリーズ化されました。

世代を超越して人気を博している「ゲゲゲの鬼太郎」の元といえるこちらの作品ですが、鬼太郎、ねずみ男、目玉の親父などの主役級以外の登場人物はほとんど出ません。
それだけでなく、鬼太郎自体も今の人間の味方で悪の妖怪と戦うヒーローと言ったキャラクター造形とはかけ離れた、自分のことを第一に考えて行動する小悪党じみた存在になっています。
もうそのわるぶりは凄いです。
生活の為の働き口として借金取りを選んだり、仮にも育ての親となっていた水木という男を平気で見捨てたりとやりたい放題。
あげく妖怪と戦う超能力も無いわひどく不細工だわで褒めるところなし状態です!
ですが「ゲゲゲ」とは別物の奇妙なムードを持つ怪奇漫画としてみれば面白いことこの上なし。
うわ、ひでぇ!とかいいながらニヤニヤして読み進めてしまうはずですよ!

今回紹介している最新の復刻版は全6巻で構成されておりまして、4巻くらいからだんだん「ゲゲゲ」の鬼太郎に近づいてきます。
ものすごい不死性を発揮したり、戦闘用ではないものの超能力(妖力?)を使ったり。
見た目も大分現代に近づいてくるのでそういった変化も楽しめますよ!
とはいえねずみ男と女の子を取り合ったり、カレーと勲章に引かれて仕事を引き受けたりと性格は別物なんですけどね!!

文庫本な為少々サイズが小さいという欠点はあるものの、台詞などの改変も無くカラーページなどをカラーで掲載している豪華仕様。
最近アニメ化されましたが、細かな表現や話の流れが違っていたり、そちらで映像化されなかった作品も収録していますのでファンならスルー不能ですよ!
もちろん水木先生特有の雰囲気はたっぷり味わえます!
当時の芸能人をモデルにしたと思われるキャラも出たりしてノスタルジー気分にも浸れますぜ!

「ゲゲゲの鬼太郎」の原点にして水木先生の出発点ともいえる「墓場鬼太郎」。
入手しやすい角川文庫版は全6巻が大好評発売中です!!
鬼太郎を見る目が変わってしまうこちらの作品、漫画好きなら一見の価値あり!
さぁ、今すぐ本屋さんに急ぎましょう!!


墓場鬼太郎 (1) (角川文庫―貸本まんが復刻版 (み18-7))
角川書店
水木 しげる

ユーザレビュー:
原点にすべてがあると ...
こっちの鬼太郎の方が ...
ついに文庫化された復 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「カミヤドリ」です。
角川書店さんの角川コミックス・エースにて刊行されています。

作者は三部けい先生。
三部先生(瓦敬助先生)の紹介は12月24日「菜々子さん的な日常RE」、12月25日「鬼燈の島」の紹介をご参照くださいませ。

さて、こちらの作品は異世界ファンタジー的な舞台で特殊な能力を持つ主人公が怪物と戦う能力バトルものに分類される作品です。
しかしその内容は非常にシビア且つ残酷なもので、単なる能力バトルものにおさまっていません。
その戦う怪物と言うのが奇病により怪物へと変化してしまった人間なのです!
変化してしまった人間を助けるすべはなく、殺すしかありません。
主人公達もその奇病の力を借りてその怪物を排除していくのですが、いつその奇病が発生するのかという危険と隣り合わせの状態で戦い続る運命を背負っています。
その上戦う怪物と言うのが時として大切な人物であったり、肉親であったりもするのです。
そんな世界観ゆえに、主要な人物だろうと続々と退場していくストーリー展開はスリリングそのもの。
確かな画力で描かれる、次々と繰り広げられる凄惨なバトルと非常なドラマが行着く暇もなくつむぎだされ、主人公は様々な人物と悲しい別れを告げながら過酷な現実を歩んでいくのです。

それはさておきまして、三部先生の魅力と言えばやはり(?)肉感的な女性キャラ。
今作でもやはり個性的な女性キャラが数名登場しておりまして、ムッチリボディを惜しげもなく曝け出してくださいます。
ダイナマイツなボディの持ち主からペタンコな少女まで幅広くカヴァーしてらっしゃるこの作品でイチバン目立つキャラクターと言えばやはり主人公の一人とも言える少女、ヴィヴィでしょう。
褐色ボディにローブ一枚しか身に纏わない彼女は、いわゆる「パンツはいてない!」というアレです!
それだけでなく、口数少なく純粋で時に冷酷、体に似合わぬオオバサミのような得物と銃器を扱うという萌え要素満載少女!
はいてないだけに物凄くきわどいカットもたっぷり収録し、全裸も惜しげなく披露してくれるどっきどきどん一年生状態!!
うへへ、三部先生は俺を萌え殺す気に違いあるまい!!

シリアスでシビアな内容は手に汗握る素晴らしいもので、アクションシーンも迫力満点、そのうえ萌えも完備している隙のない「カミヤドリ」は全5巻が好評発売中です!
現在は続編に当たる「神宿りのナギ」がエースアサルトで連載中ですので入手も容易なはずです!
燃えも萌えも泣き要素も完備したこの作品、読まなければ勿体無いですぜ!!
さぁ、本屋さんにダッシュ!!


カミヤドリ (1) (角川コミックス・エース)
角川書店
三部 けい

ユーザレビュー:
凄絶地獄絵巻な世界の ...
格好よくて可愛い!  ...
待望の第一巻カミヤド ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「風まかせ月影蘭」です。
角川書店さんの角川コミックス・エースにて刊行されています。

作者は原作が大地丙太郎先生、作画がSUEZEN先生。
大地先生といえば数々のアニメに監督としてかかわっている方で、その作品には「こどものおもちゃ」「十兵衛ちゃん」「ギャグマンガ日和」など多数。
スピーディー且つハイテンションなギャグ作品を得意としている方で、各作品で高い評価を得ていらっしゃいます。
作画のSUEZEN先生の紹介や著作である「新性生活-ネオ・ライフ-」の紹介は12月3日の記事にて記載しておりますのでお暇でしたらご覧くださいませ。

さてこちらの作品、2000年にアニメが放送されています。
といってもマンガ版が原作と言うわけではなく、当時(今も?)流行に流行ったメディアミックスのマンガ版というやつに当たります。
と言いましてもよくある描かされている感の強い作品ではなく、SUEZEN先生独自の味も存分に取り入れられています。
どんな作品かといいますと、女素浪人の月影蘭と猫拳の使い手であるミャオの二人がトラブルに巻き込まれながらも旅をする、というギャグ時代劇。
SUEZEN先生の持ち味(?)である性的なニュアンスを漂わせるギャグエピソードや蘭の出自に迫る重要な話まで幅広いストーリーに、色気ある絵柄があわさってえもいわれぬ味を生み出している力作です。

単行本には4Pに渡る大地先生とSUEZEN先生の対談が掲載されており、大地先生のこの作品に対する愛情の深さが熱く語られている点も要注目。
続編やりたいね、とか実写版もいいね、とか話してらっしゃいますが、今見るとなかなか現実は厳しかったようで……
ただ、2005年に「風まかせ けやき十四」と言う舞台劇を作ったようで、ただのリップサービスではなかったようです!

いまだ数少ないギャグ時代劇の雄、「風まかせ 月影蘭」は全国書店にて販売中です!
2000年発売と古めの作品で、アニメ版の人気も大好評と言うわけでなく、単行本も全一巻ということでなかなか書店さんでは見かけないかもしれませんが、探せばきっとある、ハズ……
お酒とおからが妙に欲しくなる一品、是非体験すべし!
とにかく本屋さんに行って見ましょう!

表紙はこちら!!
画像

……帯ボロボロなのは見逃してください……


風まかせ月影蘭 (角川コミックス・エース)
角川書店
大地 丙太郎

ユーザレビュー:
呑みたくなってくる作 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↑このページのトップヘ