3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

本日紹介しますはいつもと少し毛色を変えて企画本、「肉萬~キン肉マン萬之書~」です。
生誕29周年を迎えたキン肉マンの偉大なる軌跡、とくとご覧あれ!

こちらの本はもはや説明の要らない「キン肉マン」の29周年を祝った記念本で、内容は本当に盛りだくさん。
今日は少しこの本の見所と、初回限定付録のキン消しに付いて書いてみたいと思います。

まずページを開くと書き下ろしカラーポスターが付いております。
これはその昔ジャンプに「とうとう明かされるキン肉マンの素顔ポスター!」などといってファンの度肝を抜き、その上恐ろしく落胆させた伝説のポスターをモチーフに描かれたもの。
その当時のポスターは顔が影になってみることは出来ませんでしたが、なんと今回は影になんてなっていませんよ!
もうばっちりです。
ばっちり見えません!!
フェイスフラッシュで輝いて何も見えねえ!!!
さすがゆで先生、外さないぜ!!!

そのままカラーページがなんと計40P続き、内容は単行本に収録されなかったイラストなどの掲載、ゲーム、アニメ、グッズなどの歴史を紐解きながら今までの歩みを振り返っています。
ちなみに肉ゲーの中で俺が一番やったのは王位争奪編です。飛車角の迷宮、カンで抜けてました!

そして白黒ページに入ります。
まずはこの本のため書き下ろされたウォーズマンの過去を(矛盾とか無視して)描かれた読みきりがなんと49P!
そして先日ジャンプに掲載された、キン肉マンの結婚式当日の熱きストーリーを(矛盾とか無視して)描いた読みきりが50P掲載されています。
他にキン肉マン、II世をそれぞれシリーズごとに分けてのストーリー解説、ゆで先生のほか作品(ゆうれい小僧からグルマン君まで幅広くカバー)の紹介等のデータ的なものがたっぷり。
あげくゆでたまごを構成する嶋田先生と中井の対談もありアデランスの中野さん(のモデル)のメッセージありと特盛状態。
この時点で肉好きは「もう我慢できない!!」とケロッグコンボよろしく飛びつきたくなるのですが、さらにさらにもうふたつものメインと呼べる企画が収録!!
そのひとつが各界の有名人のキン肉マンへの思い入れが語られるページ。
その幅は本当に広く、多種多様に渡ります。
キン肉マン芸人として(というより最近は少年漫画マニア芸人になってる気がしますが)有名なケンドーコバヤシさんはもちろん、甲本ヒロトさん、袴田吉彦さん、宮路真緒さん、ゆずなどなどビッグな皆様がずらずらと31名!!
特に後半のプロレスラー&格闘家のメンツはホントに大物ぞろいでそっちの業界への強い影響力がうかがい知れます!
武藤敬司選手、蝶野正洋選手、武蔵選手、神取忍参議院議員等々……興味の無い方でも聞いたことのあるのでは無いでしょうか。

ですが発売前からネットで一番話題になっていたのは以上のどれでもありません。
「大物漫画家がオリジナル超人を発表」
これです。
そのメンツはまさしく豪華そのもので、その上秋本治先生や島袋光年先生、尾田栄一郎先生等のすでにコラボレーション経験のある先生方だけでは終わりません。
「デトロイト・メタル・シティ」で大ブレイク中の若杉公徳先生やある意味大ブレイク中のガモウひろし先生、藤子不二雄A先生なんかの新鮮極まりない面子もたっぷりなのです!!
そのあげくみんなの話題をかっさらっているのが荒木飛呂彦先生ですよ!!
実に荒木先生らしいデザインの超人を掲載されています。必見ですぜ!
正直言って全然超人じゃなくて単なるお祝いイラストも多く混ざっておりますがそれはご愛嬌。
個人的にはみのもけんじ先生が「らしい」イラスト見せてくれてうれしかったなぁ。
うわわわ~ん!Gスピリッツの連載終わってもみのも先生の絵が見られたよおお~!!って感じです。
他にも車田正美先生が一切空気読まないイラストを見せてくれたり、高橋陽一先生が実は総合格闘技がかなり好きだと言うことがわかったりと本当にワクワクが止まらない企画でしたよ!

そして最後にちょっと付録について。
完全オリジナルキン消しで覆面狩りVerと言うことですが。
顔が見えねえとこまで完全再現!!そして頭に巻いている包帯のせいでジェロニモに見えると言う罠!!
クオリティはちょっと低いかなぁ。腕とマントくっついてるし。あと小さいです。
写真撮ったのであなたの目で比較して見て下さいな。
画像が小さかったり写りが悪かったりするのは仕様です。
……しょ、しょぼいデジカメだからじゃ無いんだからね!
あ、貴方の目で実物を見て欲しいからなんだから!!

画像

こちらが大きさ比較。1円玉の横においてあるのが今回のジェロニ……覆面狩りキン肉マン。
俺が持ってる奴で、小サイズと普通サイズ共通して持ってるのがマイルドマンしかなかった……
小サイズのキン消しとほぼ同サイズですね。

画像

俺の持っている様々なサイズのキン肉マンのキン消しとの大きさ比較。
色々出てたんだなー。グレートが混ざってますが気にしないでください!!

画像

お気に入りの皆さんと記念撮影。


そんなわけで、この「肉萬~キン肉マン萬之書~」の魅力が皆さんに伝わったでしょうか。
ほんの2ミリくらいでも伝わりましたら幸いです。
お値段は結構立派ですが、充実の320P超!うちカラーは約40P!値段相応のボリュームと内容の濃さです。
肉ファンなら必携のこの一冊、皆様も是非御一読いただきたい!!
今なら初回限定キン消しつきだ!本屋さんに急ぐのです!!

生誕29周年記念出版『肉萬~キン肉マン萬之書~』
集英社
ゆでたまご

ユーザレビュー:
これは買わなきゃ損! ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますはこちら、「なおざりダンジョン」です。
JIVEさんより刊行のCRコミックスにて刊行中、連載は月刊コミックラッシュとなっております。
マイナー誌の帝王の人気シリーズ最新作、いまなお驀進中!

作者のこやま基夫先生は「知らない人は知らないが、知ってる人は知っている」を地で行く漫画家の代名詞。
数々のマイナー誌(含むチャンピオン)を渡り歩き、様々な作品を生み出し続けてはや25年。
いまだ各(マイナー)誌で精力的に作品を発表し続けています。
そのこやま先生のブレイクのきっかけであり代名詞的存在の作品が「おざなりダンジョン」
今回紹介する「なおざりダンジョン」はその約20年続くダンジョンシリーズの最新作なのです!

さてこのダンジョンシリーズは俗に言うファンタジー物です。
それも魔法文明と機械文明が同時に存在するという世界観となっております。
主要キャラは3名で、ボーイッシュ……というより男同然荒っぽさとの喧嘩っ早さを持つ超凄腕女戦士「モカ」、チビで体力はないが機械いじりや錠前外し等の手先の器用さと知識は並ぶものがいない「ブルマン」、一切言葉をしゃべらずつかみ所のない行動をするが魔法の腕は抜群の「キリマン」となっております。
この3人が強敵と戦ったり罠だらけのダンジョンを攻略したり路銀稼ぎの為スポーツに挑戦したり世界を救ってみたりと様々な冒険をするというお話。
比較的ありふれた題材ともいえますが、何せ始まったのが20年近く前な上にいまだネタぎれなく続いているというだけでも驚異的です。
その上きっちり面白いんですから言うことありませんな。
……問題はマイナーなことだけ……
全盛期にはOVA化まで果たしたというのに何故マイナーなんだ……

さてこの「なおざりダンジョン」第5巻では今までと少し毛色の違ったお話が収録されています。
なんか女学園物+サスペンスになってる!
さすがこやま先生!何でもありだ。
まぁこの作品のファンにはそんなことで驚くものはほとんどおりません。
驚かされたのはモカの服装だ!!
今回モカは相次ぐ殺人事件の調査をするためにとある女学園に潜入します。
ところかまわず暴れてしまうモカの力を抑える為に魔法のかかった服を着せられたのですが、なんとその服は女学園の制服=スカート!
今までの長い歴史中数えるほどしかはいていないスカートをはいてくれているのです!
しかもドレス着せられそうになったときは大暴れして拒んだ気がするのに、今回は普通に着てます。
……成長したねぇ、モカ……
しかもいつもは水着同然の格好して飛んだり跳ねたりしているのにもかかわらず、今回この服装をしているときにパンチラ一切なし!!
モカさんの涙ぐましい努力が垣間見れますなぁ!
……こやま先生のこだわりともいいますかね……

そんなレアな姿をたっぷり拝見できる「輪舞蝶の園編」と全編ほぼギャグの短編「魔球回廊編」を収録した「なおざりダンジョン」第5巻は……とっくの昔、7月7日に絶賛発売中!!!
最近まで気づかなかったんです!ファン失格!
あげく気づいて車で行ける数件の大きめの本屋回っても全滅!!
……田舎暮らしはつらいよ。
結局amazon様に頼みましたとさ。
ちなみに同日に「おざなりダンジョンSpecial」っつーのも出てます。
おざなりダンジョンの5~6巻に収録されている「ギルドの街編」、おざなりダンジョンの新装版に書き下ろされていた「わりこみダンジョン」が再録され、なおざりダンジョン第5巻収録話の後にコミックラッシュに掲載された「虚脱の勇者編」が掲載されております。
8割再録。2割新作。
2割の新作はキリがよく、再録分とあわせての収まりがいいのでたぶんなおざりダンジョンの単行本に掲載されることは無いと思います。
なによりキートンとサルバドルの戦いが描かれておりますので、読まない手はありません。
この内容でこの値段。これってボッタク……いや、なんでもありません。
とにかくファンなら買いです!!
さあ!今すぐ本屋さんに走れ!!
……といいたいところですがマイナー誌連載なのであんまり置いている本屋さんは無いかも。
なので「JIVE(ジャイブ)という出版社から出ているこやま基夫先生の『なおざりダンジョン5巻』ください!」と店員さんにそっとお願いしましょう!!
無かったら取り寄せてくれるはず!!
取り寄せてまで欲しい人がいるなら、と次巻は多く入荷してくれるかもしれません。
そうなったらいいなぁ……


なおざりダンジョン 5 (5) (CR COMICS)
ジャイブ
こやま 基夫

ユーザレビュー:
モカ、女学生にギルド ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



おざなりダンジョンSpecial (CR COMICS)
ジャイブ
こやま 基夫

ユーザレビュー:
やられた(;'д`) ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日ご紹介いたしますはこちら、皆様ご存知の「よつばと!」です。
現代日常漫画界をグイグイひっぱる話題作、本日待望の最新第8巻発売!

夏休みも終わり、緩やかですが確実に時間の流れていくこの作品。
この第8巻ではいよいよ秋も深まってまいりました。
よつばは今回もあっちこっちと忙しく遊びまわっております。
このくらいの年頃の甥がいるんですが、よつばは聞き分けが良くてマジでうらやましいZE!
それは置いておきまして、今巻もいつもどおりのほのぼのと楽しい作品に仕上がっています……が!
背景がものすごいですね今回。
今までもものすごく丁寧に書き込まれていたんですが、今回は鬼気迫る何かを感じるくらい凄いです。
顔のどアップ以外のほとんど全てのコマにきっちりと背景が書き込まれ、ごみごみとした街や学校の細部も甘さず記載されています。
まさに感嘆の一言。
あずま先生の何がそれを掻き立てるというのか……
子供ならではの日常を面白おかしくさりげなく取り上げるというコンセプトだと思われる「よつばと!」
そういった楽しさを空気ごと感じさせてくれるのがこの漫画の醍醐味なのかもしれません。
しかしそれを成立させる為にここまで凄まじい書き込みをしなければならないとは……
漫画道は1日にしてならずですなぁ。
とにかくこの背景だけでも630円出す価値はあります。マジで。
なかでも台風の話の背景は筆舌に尽くしがたい!
なにこの背景!

他にも高砂神社秋祭りをモデルにしたと思われる祭りの話、風香の学校の学園祭に行く話など舞台設定も様々でバラエティに富んでおります。
勿論内容は今までどうりハイクオリティ。
隠れファンが多いといわれる風香の友人しまうーやイケメン女子大生こと虎子も再登場し、マイナーキャラ萌えも安心だ!ひげもじゃも出てるぜ!
買い忘れていた方は今すぐ書店にラン・ローラ・ラン!
今まで興味はあったけど買ってないなー、なんて人もこの恐ろしいまでの背景の書き込みを見るために買うといいと思いますぜ!


余談ですが、稲刈りをしてたシーンをみて一瞬で「あぁ……10月中旬くらいなんだ……」と理解した俺は田舎者。
今年も延々とはぜかけ(※)する仕事が待ってるぜ……

よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
アスキー・メディアワークス
あずま きよひこ

ユーザレビュー:
待ちに待った第8巻よ ...
こっこわいっ今回もた ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



※ 刈り取った稲を、木製または鉄製の三脚を何本か立てそこに渡した棒に逆さまにぶら下げる作業のこと。田舎ものなら常識だZE!

本日紹介いたしますはこちら、「危さん」です。
読み方は「あぶさん」……すでに危険な香りが漂って来てますが、内容は更に危険です!

作者のどれえじゃっきぃさんは2000年くらいから精力的に性欲的な漫画を執筆なさっている漫画家で、全年齢向きの作品としては「錬金3級まじかる?ぽか~ん」のコミック版の作画を担当されました。
そんな先生の全年齢(?)向け漫画の最新作がこちら、「危さん」です!
青年誌の単行本だけど成人向けではないから……全年齢ですよね!ね!

さてこの「危さん」はロシアからの留学生「危(あぶ)」さんとそれを取り巻くさまざまな女の子がハチャメチャでドロドロでヌッチョンヌッチョンなトラブルを巻き起こすギャグ漫画。
掲載誌が「ヤングチャンピオン烈」ということもあり毎回ひどくカオスなお話が展開されております。
どこぞの姫君である危さんですが、何事にも動じず自らの萌えやらの信念っぽいなにかを貫いて毎日過ごしているご様子。
とりあえずトイレに入るときはすっぽんぽんになる主義らしい!
関係ないですが俺のいとこもトイレはいるとき下は全部脱いでます!……男ですが!
巨乳柔道少女の俵ちゃんやその幼馴染の巧くん、危さんに絶対のドス黒い欲望……いや愛情をもって奉仕する2メートルのメイドめい子さん、このあたりを中心にいろいろと危ない日常を送っていく漫画です……
が、終盤は3話より登場するろる子の出生の秘密を追う展開へとなって行きます。
そのろる子の母親はとても意外な人物なのですが、それは読んでのお楽しみということで!

主人公にもかかわらず自ら全裸になって人前で仁王立ちするわ、全身謎の白濁液にまみれて張り付けにされるわ、シュレディンガーの猫に例えられるお小水を全校生徒の前でするわ、そんな様々な危ないトラブルも動じず受け止めるわと大活躍する危さんは必見と言うほかありません!
性的な漫画家ならではのマニアックでディープなギャグをあなたも即体験だ!

……しかしタイトル的にも内容的にもこれにGOサインを出す秋田書店さんは本当に器が大きいなぁ。
むしろ脳みそに何か問題がおきているんじゃないかなぁ。……いい意味で。

正直店頭ではあまり見かけないのでさっそく注文しに本屋さんへ急げ!!
同じ秋田書店で連載している某大御所漫画家さんがビッグコミックオリジナルで長期連載しているアレと間違えられないようにしっかり著者と出版者の名前も告げましょうね!
「秋田書店から出ているどれえじゃっきぃ先生の『危(あぶ)さん』取り寄せてください!!」
そう大きな声で注文するんですよ!
これであなたもその本屋さんで噂になること間違いなし!!

危さん (ヤングチャンピオン烈コミックス)
秋田書店
どれえじゃっきぃ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日買って来ましたのはこちら、「ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~」です。
ガンガンで連載されアニメ化までした「ハーメルンのバイオリン弾き」の続編で、前作の主人公であるハーメルの息子が軸となって展開する物語です。

作者の渡辺道明先生はこの「ハーメルンのバイオリン弾き」でデビューし、10年にわたる長期連載をしたデビューとともに頭角を現した漫画家です。
ハーメル終了後は「ファントム デッド オア アライブ」というガラリと違う空戦を扱った漫画を連載したり、プレコミックブンブンで児童向け漫画を連載したりと活躍されていました。
持ち味はたとえ美形であろうとヒロインであろうと容赦なく汚れ役を演じさせる執念ともいえるくらいのギャグ根性、そしてそれをシリアスなストーリーに混ぜ込む作風です。
徳弘正也先生にちょっと近いかも。絵に癖が強いところも含めて。

さてこの「ハーメルンのバイオリン弾き」ですが、全盛期はかなりの人気を誇っておりましたのでご存知の方も多いとは思います。
しかしネット上の感想などを見ておりますとなにやら20巻くらいまでしか知らない方が多いようで。
確かに原作はヴォーカルが出てきてからなかだるみ……もといひどく重苦しい展開が続いていましたのでそこで読むのをやめてしまった方が多いのもうなづけます。
ですが最終決戦近辺の盛り上がりは壮絶で、中盤以降読んでいないという方には「勿体無いお化け出るよ!」といいたくなるようなすばらしい仕上がりなんですよ!

自分以外のあらゆる万物は自分のおもちゃか餌に過ぎないと言い切る魔王ケストラー。
誇張抜きの凄まじいまでの強さでハーメル達はねじ伏せられてしまいます。
その強さに加え魔王にふさわしい卑劣な手段を用いるケストラーに怒ったハーメルは己のなかに流れる魔王の血の力を全開にし、魔族化をもいとわず必死に戦います。
ですがそれでもケストラー力は圧倒的で、手のひらの上で踊らされるかのようにもてあそばれてしまうのです。
人類は壊滅寸前にまで追い込まれ、ハーメル達も倒れます。
しかしその窮地でハーメルを支え続けてきた少女、フルートが女王の力を目覚めさせ人々の活力をよみがえらせていきます。
それによって人間の力を取り戻したハーメルは魔族の力でなく、魔曲という人間の力でケストラーを撃破するのでした……

渡辺先生の躍動感あふれる絵柄もあいまって、興奮と感動を味わえること間違いなし!
もちろん合間のギャグもバリバリで楽しませてくれます。
こりゃあ読まないと損ですぜ!!
なにやら廉価版の単行本が同日発売らしいので興味をもたれた方は本屋さんへ急ぎましょう!
……廉価版だからコンビニかも!わからん!

そして待望の続編がこの「ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~」です。
物語の中心になりそうな人物は二人。
ハーメルの息子でその面影を色濃く感じさせる「グレート」
そして妖精をつれた不思議な何かを感じさせる少年「シェル」です。
この第1巻では二人がそれぞれの思惑を旨にスフォルツェンド魔法学校に入学しようとします。
そのために繰り広げられた入学試験では常軌を逸した魔法使いになるという信念を見せたシェル。
それは幼い頃自分の村が魔物に襲われた際に魔法使いである「クラーリィ」に命を救われ、その姿にあこがれ続け自らも絶対にそうなろうという気持ちの現れでした。
何とか試験に合格した二人でしたが、城内を案内されているうちにアクシデントが起きてしまいます。
グレートが実験のため研究していた凶暴な魔物と同じ檻のなかに閉じ込められてしまうのです。
魔物の猛襲によりグレートは自らの得意とする父譲りの「魔曲」を奏でることが出来ずに絶対の窮地に追い込まれてしまいました。
その窮地にやってきたのはシェル。
自らの小柄な体を檻の隙間よりねじ込んで侵入してきたのです!
そして彼は「時間を稼ぐから魔曲を弾け」と促します。
ですが魔曲は心を持たない魔物にはきかない可能性もあるのです。
そこでシェルはためらわずこう続けるのです!
「じゃあっ… 僕に弾いてよっ!」
自らを強化する魔曲を弾かせ、自分の十数倍はあろうかという魔物を倒すと決めたシェル。
魔曲が完成するまでに何度と無く攻撃を受け、負傷してしまいます。
何とか魔曲は完成し、叫びとともに一撃を決めることに成功しますが……

ここで第1巻は終了します。
グレートの複雑な背景と、シェルの熱き思いが僅かに明かされました。
そして第2巻ではグレートの更なる深き闇が明かされていくことになります。
ますます深く暗く、そしてギャグも満載で展開していくであろう「ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~」
もう目が離せませんね!
さあ!今度こそ本屋さんにいそぐのです!!




↑このページのトップヘ