3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

本日紹介いたしますのはこちら、「FLIP-FLAP(フリップフラップ)」です。
講談社さんのアフタヌーンKCにて刊行されています。

作者はとよ田みのる先生。
2000年に四季賞の佳作を受賞し、2002年「ラブロマ」で四季賞の大賞を受賞しデビュー。
同「ラブロマ」をアフタヌーンで2003年から連載し、人気を得ました。
その後再びアフタヌーンで連載したのがこちらの「FLIP-FLAP」です。

さてこちらの作品、いわゆるラブコメディです。
しかし一般的なラブコメディと一線を画すのが話の中核となる題材。
それはなんとピンボール!
単行本帯にも描いてあるとおり世にも珍しい、もしかしたら世界初のピンボールラブコメです!!

勿論この作品で注目すべきところは題材の奇抜さだけではありません。
とよ田先生の作品の特徴とも言えるさわやかですがすがしい青春ドラマこそがキモといえるのではないでしょうか。
あまりにも「普通」な自分にほんの少しだけ変化をつけようと考えた主人公、深町。
彼がその手段に選んだのは高校生活最後の日に片思いの女性、山田に告白するというものでした。
ダメモトでしてみた告白ですが、彼女はなんとあっさりOK。
ですがひとつの条件を出してきました。
それはあるピンボールの台に燦然と輝くハイスコアを塗り替えること。
そんな妙な条件の上、彼女は同じ状況の「彼氏候補生」をたくさん抱えていたのです。
深町は山田目当てにピンボールを始めることにしますが、ただひたすらに楽しんでいる山田の様子を見たり、自分自身もピンボールの不思議な魅力に取り付かれていったりと、徐々にのめりこんでいきます。
めきめきと腕が上がっていきますが、ハイスコアは依然塗り替えられず。
そんな時山田に誘われて参加したピンボール大会で優勝。
その流れで参加資格を手にしたより大きな世界大会、PINHEAD EXPOに出場することになってしまいます!!

本来地味であるピンボールを、巧みな演出と躍動感ある筆致でまるでスポーツかのように描写されており、みるものを飽きさせません。
それどころかその迫力に引き込まれ、感動や白熱すら味わえてしまいます!
そしてピンボールを通じて広がっていく世界と、近づいていく深町と山田の距離を見事に描ききっているところもすばらしいの一言。
最後にやってくる、2人の気持ちがひとつになるシーンとハイスコア踏破の瞬間にはこみ上げるものが抑えられませんでした!
ラストシーンで彼が言う、冒頭とはまったく意味合いの違う「普通」の台詞がまた秀逸ですよ!

この「FLIP-FLAP」の原型である読み切りも収録され、カバー折り返しにも書き下ろしの漫画が描かれるなど本編以外の部分も大充実。
そもそもカバー自体なんか光ってますしね!!

読後感のさわやかさでは横に並ぶものが無いと個人的には思っているとよ田みのる先生の「FLIP-FLAP」は全国書店にて好評発売中です!
前作「ラブロマ」といい、あんまり楽しくない青春時代を送っていた俺にはまぶしくてしょうがないこの作品、是非とも読んでみていただきたい!
リアルが充実してる方々もその爽やかさにはやられかねませんので注意ですぜ!!
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュです!!


FLIP-FLAP (アフタヌーンKC)
講談社
とよ田 みのる

ユーザレビュー:
青い青臭い。だけどマ ...
独特の勢いと愛らしさ ...
ピンボール愛に溢れて ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「忍空 SECOND STAGE 干支忍編(セカンドステージえとにんへん)」第6巻です。
集英社さんのジャンプコミックスにて刊行、ウルトラジャンプにて連載されています。

作者は桐山光侍先生。
詳しい紹介は10月30日の記事を参照してくださいませ。

さて、前巻の第5巻では謎の僧侶兄弟に風助たちがなんとか勝利を収めました。
その戦いの中で丑の干支忍の正体が発覚します。
今までに申忍の青馬、未忍の緑里の干支忍たちと出会い、それぞれが忍空の元締めといえる麗朱(れいしゅ)が待つはずである「虹を翔る銀嶺」に向かうことになりました。

さてこちらの第6巻。
「虹を翔る銀嶺」の手がかりを手にした風助たちは3手に分かれる事になります。
そこで方向音痴の風助と一緒に旅をすることになったのが山吹(やまぶき)。
丑忍の林慶(りんけい)の娘であり、遠く離れた場所の風景を見ることのできる不思議な力を持った少女です。
その旅先で風助は偶然にも見知った人物に出会いました。
その人物とは辰忍の赤雷(せきらい)でした。
しかし彼はまだ辰の干支忍になる前の一介の忍空使い。
赤雷は龍の見えない自分に悩んでいる毎日を過ごしているようでした。
そんな中前巻まで戦っていた僧と同じ、超能力を持つ恍然宗(こうさしゅう)の僧が襲い掛かってきます。
不可解な超能力を持つ上、残忍で冷酷極まりないその男に赤雷は敗退。
そこに駆けつけた風助も卑怯な手段により術中にはまり、何も見えない暗闇の世界を味わわされてしまいます!
一方恍然宗と手を組み世界の転覆を狙う夜叉連合。
そこで第一司令長官を務める銅朱(どうしゅ)という、ある目的のために非道の限りを尽くす男がいます。
その男の前に、やがて赤雷に見えるはずである炎の龍が現われていました……

というように、今回も新たなる強敵と静かに動き出す物語が印象的な「忍空 SECOND STAGE 干支忍編」第6巻。
忍空という超能力を更に超える協力極まりない術を使う新たな刺客に手に汗握ること間違い無しです。
更にただパッと出てくるだけでなく、なにか過去を背負っていることを匂わせる描写は流石桐山先生といった深みを感じさせてくれます。
おなじみのギャグもたっぷりと収録されており、おなじみの顔芸や、もはやお約束とも言える風助の空腹&食事シーンもより一層パワーアップしております。
肝心のストーリーの面でも新たな登場人物である銅朱が現われ、麗朱を連想させる名前を持つ上どうやら忍空を使いこなすようで、更に混迷を深めてきています!

干支忍編もまもなく佳境といったドラマ作りがうかがえる注目の「忍空 SEODND STAGE 干支忍編」第6巻は好評発売中です。
より一層激しくなるであろう世の動乱の序章を見逃すな!
さぁ、今すぐ本屋さんに急ぎましょう!!

表紙はこちら!
カバー下でも徹底して寝ながら起きている赤雷が目印です!!
画像





巻末書き下ろしの恒例となっている次巻予告ですが、今回はクイズ付き。
恍然宗の顔ペイントは往年の名マスクマンレスラーがモチーフになっているよ、今回出たキャラのは誰かな?という感じのものでした。
興味ない人がほとんどだと思うとかいう寂しいコメント付きで……
少なくとも俺は興味津々ですよ!!
ぶっちゃけデストロイヤーだと思います!!どうでしょうか!!
そもそも正解発表とかあるんでしょうかね……?

本日紹介いたしますのはこちら、「弱虫ペダル」第3巻です。
秋田書店さんのチャンピオンコミックスにて刊行、週刊少年チャンピオンにて連載中です。

作者の渡辺航先生の紹介は9月22日の「制服脱いだら♪」第2巻の記事を参照してください。
また、「弱虫ペダル」に関しても第1巻が8月16日、第2巻は9月8日の記事であらすじやら感想やらを書いていますのでご覧になっていただければ幸いです。

さて前巻ではいよいよ初レースとなる1年生対抗レースの開始、といったところで終わっていました。
第3巻では早速レーススタート。
レース序盤の追い抜き禁止区間こそ大きな波乱もなく進みますが、その追い抜き禁止区間が終わるや否や小野田はみるみると差をつけられてしまいます。
他の1年生は体力や技術ではなく自転車の差だと指摘し、小野田を置いて先に行ってしまいます。
あせる上にチェーンがはずれ転倒してしまった小野田。
そこに一台のワゴンが近寄ってきます。
その車の助手席から顔を出し、小野田に対して「止まれ」と指示を出したのは部長でした。
このレースは実力を測るためのレース。
ですがあまりに遅い選手は後ろからやってくる回収車に回収され、リタイヤとなってしまうという話を聞いていた小野田は鳴子や今泉と一緒に走るという目標を達せないとおびえ、まだ走れると足掻きます。
ですがすぐに転倒し、前に回りこまれてしまいます。
絶望する小野田ですが、なんとそこからは一台のロードレーサーが。
初心者の小野田のために特別に貸し出されたものでした。
これがテニスならラケット、野球ならグローブとバット、サッカーならスパイクシューズに例えられる、ロードレースに無くてはならない道具なのです!
とうとう紛れもない未経験者だった小野田が本当の第一歩を踏み出したのです!!

ロードレーサーを手にした小野田は水を得た魚のように凄まじい速さでコースを進んでいきます。
激坂と呼ばれる急な上り坂の続く道でどんどんその他大勢の1年生を抜いていき、あっという間に前には今泉と鳴子だけという状況になります。
ですがずっと車で後を着いて来て様子を見ていた部長が「このままでは追いつかない」と明かします。
そしてこのまま走り続ければ初心者が初レースで3位という快挙。
しかし二人に追いつきたいなら更に大きくスピードをあげる必要があり、そうすればおそらく体力切れで坂を登りきるかその手前でリタイア。
そのどちらかを選べと小野田に告げました。
小野田は迷わず叫びました。
「ボクは追いつきます!」と。

一冊のうちに緊張から楽しみ、喜び、絶望、そして感動と様々な局面を迎える小野田。
もって生まれた才能なのか、その急激な成長と純粋な感情に胸が熱くなること間違い無し!!
特に追いつくと決心した後の小野田の快進撃は言葉に尽くせないほどのワクワクを与えてくれますよ!!
書き下ろしのおまけページは3P。
渡辺先生のラヴ溢れる自転車の解説コーナーになっており、自転車さっぱりわからんという人にもわかりやすい解説をしてあります。
渡辺先生本当に自転車好きなんだなぁ……

そんなワケでいよいよ開始され、悲喜こもごも激動の展開を迎えるレースが収録されている「弱虫ペダル」第3巻は好評発売中です!!
なんでも1・2巻も同時に増刷されたそうですので興味のある方はこれを期にそろえてみるのもいいかもしれませんよ!
さぁ、今すぐ本屋さんに急ぎましょう!!

表紙はこちら!
画像





本日紹介いたしますのはこちら、「GAMBLE FISH(ギャンブル フィッシュ)」第9巻です。
秋田書店さんのチャンピオンコミックスにて刊行、週刊少年チャンピオンにて連載中です。

青山、山根各先生方の紹介や本作のあらすじなどは8月15日の記事で詳しく触れていますのでそちらをご参照くださいませ。
また、第8巻の紹介は9月9日にしていますのでそちらも見て頂けると感激です。

さてこちらの第9巻。
トムと美華が行き止まりの洞窟に追い詰められてしまった所から始まります。
ここでさっそくトムのトリックが披露され、難を逃れるのですが……
注目すべきは美華の驚くべきデレデレっぷり。
窮地を脱出する為の作戦を実行する為に、「服を脱げ、ちゃんと下も」とせかすトム。
それを聞いた美華はなんとマッパになってしまいます。
しかも恥じらいの表情を浮かべながら「これでよろしくて…?」と胸を高鳴らせる始末。
TPOをわきまえましょう!美華さん!!
それだけでなく、今回は獅子堂の天狗やエミリー達の猛襲に幾度と無くピンチに追い込まれてしまうトム達ですが,その度になんか美華さんが脱ぎます!!
美華を救う為に怪我を負い、それがきっかけとなって高熱を発して気を失うかのように眠ったトムを暖める為(?)全裸になって一緒に寝袋に入ったり、そのまま裸で天狗にさらわれて鎖で繋がれてしまったり……
サービスしすぎです!!マジで!!

そんな美華のサービスシーンは置いておきまして、天狗の凄まじい身体能力によってグリーンベレーは全滅。
さらに天狗はエミリーに牙を向けます。
その時、エミリーの右目が怪しげな色を発したのです!
これこそがエミリーに秘められた力、「夜明けの虹(ドーン・ボウ)」。
その能力はその瞳の光をいっていの距離内で浴びたものはエミリーの命令に逆らうことができなくなってしまうという物でした。
人知を越えた能力を手にしてしまったエミリーに、人知を越えた身体能力を持つ凶暴な獅子堂の天狗。
その手ごわい2人の敵をトムはいかにして打ち破るのでしょうか。
サバイバルゲーム編もとうとう最終局面を迎えます!!

というわけでサバイバルゲーム編は佳境を迎え、美華のサービスシーンも必要以上にたっぷり盛り込まれた「GAMBLE FISH」第9巻は本日発売です。
今作中でも異色の決戦を見逃す無かれ!
さぁ、今すぐ本屋さんに急ぎましょう!!

表紙はこちら、月夜野さんとなっちゃんです!!
でも出番なし!!見落としていなければ1コマもなし!!登場人物紹介にもなし!!凄い!!
画像





本日紹介しますのはこちら、「サムライうさぎ」第8巻です。
集英社さんのジャンプコミックスにて刊行されました。
「サムライうさぎ」、とうとう完結です!

作者は福島鉄平先生。
詳しい紹介は9月7日の「サムライうさぎ」第7巻の記事の方を参照していただければ幸いです。

さて第7巻では伍助が流人たちのリーダーである百舌九に敗れ、勝敗数を並べられてしまいました。
満身創痍で挑むことになった決着戦。
ただでさえ脅威の実力を持つ百舌九に伍助はどう挑むのでしょうか!!

そんな感じでこの第8巻に続きました。
苦戦しながらも仲間の応援と志乃の想いを受け、勝利を収めた伍助!
その姿に伍助たちと因縁深い講武館の清木がうさぎ道場をつぶす決心をします。
ひと月後に講武館との試合が決まった伍助たち。
決意を新たにしていたその時、突然伍助の母が家にやってきました。
これから一緒に住むと宣言する母に圧倒されますが、断る理由もなく……
自分よりも炊事洗濯などのすべての家事を上手にこなす母に志乃は言葉にできない不安な気持ちを持ってしまいます。
それを払拭する為に懸命に働こうとする志乃。
志乃の姿を見た伍助はある考えに到ります。
志乃はどんな気持ちで今まで一生懸命に生きてきたのか。
そして自分はその志乃にたいしてどうあるべきなのか。
そんな考えを素直に受け入れることができるほどに伍助は成長していました。
お互いの気持ちを確かめ合い、二人の絆はより強く、深くなったのです。

そんなこんなで伍助と志乃の物語は終わりを告げました。
後日談として二人の娘が自分の生きる道を見つける特別編が載っており、それが物語を締めくくるにふさわしい明るさと希望を感じさせる短編に仕上がっています。
また、福島先生の書き下ろしで贈るうさぎ道場の面々のその後が描かれており、感動をより盛り上げてくれますよ!
人気投票の結果も漫画形式で発表されており、おまけは大充実です。
更に2004年に発表した読みきり、「よしっ!!」も収録。
ファンにはますます目の離せない盛りだくさんの内容になっております!!

数々の感動を生み出してきた「サムライうさぎ」。
最終第8巻は全国の書店さんで発売中です。
今すぐ本屋さんに急ぎましょう!!
表紙はこちらです!
画像


サムライうさぎ 8 (8) (ジャンプコミックス)
集英社
福島 鉄平

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↑このページのトップヘ