画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ねじまきカギュー」第7巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックスより刊行、週刊ヤングジャンプにて連載されています。

作者は中山敦支先生。
本作は「中山敦支」のテーマにて紹介記事をまとめておりますので、よろしければそちらもご覧ください。

さて、鉤生、マブルゥ、生徒会の三つ巴の様相となっている本作。
鉤生が修行を行っている中、戦況は急変!
かもが生徒会に拉致されてしまった上、窈が男装(?)し、生徒会に入ると言い出したのです!!

窈はやはりスパイとして生徒会に入っていました。
ですがスパイと言うことを悟らせないため、生徒会には本当の情報を手土産にもって言ったのです。
5時55分に反逆者たちが生徒会室に突入する。
時刻は丁度その時間。
画像

特訓を終えた織筆たち風紀委員+朱羽たちは、生徒会の居城「生徒会タワー」へと突入したのです!!

生徒会室は最上階。
ですが一同は、真っ直ぐに隠し扉を開けて地下へと向かっていきます。
これはもちろん窈の手引き。
5時55分と言うのは、生徒会長と副会長が定時報告会で席を外す時間。
その時間に突入すると言う情報は信憑性の高いもので、窈は生徒会に信頼されることが出来たようです。
早速窈は、生徒会長たちが戻ってくるまでの間、鴨を見張るように頼まれます。
期せずして鴨と二人きりになった窈。
実は窈がこの生徒会スパイに志願した本当の理由は別のところにありまして。
それは鴨に何かを告げることのようで、早くもそのチャンスが巡ってきたのです!
画像

真剣な表情で鴨に話しかけ始める窈ですが……
その時丁度、織筆たちがその部屋に入ってきてしまいました。
チャンスを失してしまったことに思わず顔をしかめてしまう窈ですが、そこで一つ引っかかることがありました。
さっき出て行った生徒会長たちは、織筆たちを迎撃にいったのではないのか……?

そのころ、生徒会タワーの前では惨劇が繰り広げられていました。
タワーを取り囲んでいた、エグ美の部下の皆さん達。
彼らが生徒会のメンバーになぎ倒されてしまっていたのです!!
……全ては生徒会長の手のひらの上。
窈がスパイであることも重々承知のうえで、泳がせていたのです。
その上で、「生徒会に挑んだものの哀れに逃亡する鴨達」という構図を作り、その様子を全校放送で放映する。
画像

そうやって更なる生徒会こそが生徒の味方で、鴨達一派が敵である図式をはっきりとしたものにしようとしていたのです!!

まんまとその目論見通りに動かされてしまった織筆たち。
鴨は取り戻したことですし、そのまま逃亡を図るのですが、織筆たちに賞金がかけられてしまったこともあり、より一層状況は悪くなってしまいました。
いたぶられてしまった鴨を一刻も早く医務室に送り届けたいところですが、追走の手も近づいていまして……
その追っ手を食い止めるためにまず立ち止まったのが、織筆でした。
程なく織筆の元にやってくる生徒会の5人。
彼女たちは、誰が織筆と戦うかジャンケンで決めるなどと言い出すのですが、織筆は迷うことなく二人の人物を指名するのです。
安吉良と、ラム。
そう、紫乃を医務室送りにした二人です!!
生徒会のメンバーは二人に任せ、他のメンバーを追います。
残った三人でのバトルが始まるのですが、始まるのとほぼ同時に安吉良とラムの攻撃が炸裂!!
画像

「劇終」。
織筆ほどの実力者でも、やはり彼女達にはかなわないのでしょうか……!?

その後、続々と戦いの組み合わせは決まっていきます。
ある意味生徒会メンバーで一番得体の知れない小柄な人物、ムームー。
彼女と戦うのは、丸恵&エグ美の重量級タッグです!!
画像

熱血キャラの走と、忍者系の小鹿の二人と闘うのは、朱羽と富江の犬猿タッグ!!
画像

この生徒会メンバーVS織筆軍、どちらの手に勝利が握られるのでしょうか!?
観戦を決め込む生徒会長&副会長は?
今は窈に任せている感じのマブルゥは?
そして特訓にいそしむ鉤生は!?
戦いはさらに激しくなっていきそうです!!

と言うわけで、生徒会と織筆チームの総力戦が繰り広げられる今巻。
前巻に引き続き、激しいバトルが繰り広げられていきます!
本作の戦いといえば、愛のぶつかり合い。
ですが今巻で行われるのタッグでの戦いでは、今までとは違う信頼や、パートナーへの気持ちがクローズアップ。
それぞれのキャラクターがそれぞれ持っている気持ちが、今回も火花を散らせるのです!!
そしてほかに注目したいのが鴨と鉤生の出会い。
彼らの初コンタクトはどのようなものだったのか?
鉤生の深い愛情が生まれるきっかけとなる出来事が描かれるのです!!

激戦が繰り広げられる、「ねじまきカギュー」第7巻は全国書店にて発売中です!!
生徒会VS織筆の三大バトルが始まる今巻。
連載初期には誰が予想したでありましょうか、エグ美さんの活躍も描かれております!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ねじまきカギュー 7 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2012-10-19
中山 敦支

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ねじまきカギュー 7 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル