画像

本日紹介いたしますのはこちら、「君に届け」第17巻です。
集英社さんのマーガレット・コミックスより刊行、別冊マーガレットにて連載されています。

作者は椎名軽穂先生。
本作は「君に届け」のテーマにて記事をまとめておりますので、ご一緒にご覧くださいませ。

さて、千鶴と龍、そしてあやねとケントが僅かずつでも距離を縮めて行った前巻。
ですがあやねはどうしても素直にケントの気持ちを受け入れることが出来ず、悩みに暮れているのです。
そして悩んでいるのは爽子も同じ。
風早とのすれ違いが続いている状態のまま、付き合ってからはじめてのクリスマス会の日を迎えてしまうのでした。

その人望や人当たりのよさ、面倒見のよさなんかもあるのでしょう。
風早はクリスマス会の幹事として、慌しく働いておりました。
そんな中、千鶴はなんだかいつにもまして龍を意識してしまっているようで、ちょっとしたことでいつも以上の突っ込みが炸裂する状態になっておりました。
とは言えすこし前に比べれば明らかに二人の関係は良好。
二人の関係をあやねなんかは苦笑い交じりに見守るのでした。
爽子はやはり風早との最近の関係性の性でどうしても心から楽しめない状態に会ったのですが、クラスメイトからカラオケの歌をリクエストされて思わず感涙!
今まで言われたことのなかった「歌を聴きたい、歌って」と言う言葉に感動しながらも、彼女独特のセンスで選曲された歌を披露して、場を盛り上げることに成功したのでした。

ひとしきり盛り上がった後、自然に隣同士に座ることになった爽子と風早。
どすんと肩同士がふれあうほど近くに座ったにもかかわらず、一言も言葉を交わさないまま再び感じの仕事に戻っていってしまったのです。
画像

寂しげな瞳でそれを見送ることしか出来ない爽子。
すかさずケントが、風早は働き者だからとフォローを入れてくれるのですが……やはり爽子は簡単に割り切ることは出来ないようです。

そんな状況で、波紋を巻き起こすのは本作のザ・空気を読まない男、ジョーでした。
クリスマス会を見渡してみると、「クリスマス」と言うご時勢もあってどうもカップルが増加していると言うことに気がついてしまいました。
理由はわからないでもありませんが……なぜ彼女が出来ないのかといつものように悩んでいるわけです。
そんな彼が出し抜けに言い出したのは、風早と爽子は付き合ってるらしいが、どうやって、何やって付き合うに至ったのか?そして二人で何をやっているのか!?という空気を読まないにもほどがある発言だったのです!!
画像

すかさずあやねが首ももげんばかりの強烈なツッコミを叩き込むわけですが、その質問は爽子の心を揺り動かすのに充分なものだったのです。
自分と風早は、彼氏と彼女なんだろうか。
爽子の気持ちをざわつかせるジョーですが、その矛先はあやねにまで向けられました!
あやねも彼女として「けっこーアリ」だと抜かすジョー。
なぜそこまで強気なんだと軽い(?)つっこみで返すあやねですが、そんなやり取りにケントがズバッと割り込んできたのです。
「あやねちゃんはだめだよ」と!
そのままジョーの欲望の矛先を変えようと、まず女の子に「俺のことどう思う?」と聞け、そうすれば面と向かって悪いことは言われないはずだから、「俺はおまえのこと好きだ」と言っていい方向に関係を転がしていけばいい、とアドバイスをしました。
あやねはそんなケントの手馴れた恋愛講座に、「俺のことどう思う?」ってみんなに言っているのか?とチクリとやるのですが……またまたケントは言い切るのです。
画像

「あやねちゃんにはできないよ」。
あやねには、ケントが自分に対して本気であると言うのが充分すぎるほどわかるのです。
ですが、今まで流されるように男子と付き合ってきた自分が、真摯に自分と向き合ってくれるケントと付き合うのは「楽な道に逃げている」と感じてしまっていまして……

程なくして、クリスマス会のメインイベントともいえるプレゼント交換が始まりました。
人数が多いのもあるのでしょう、5回くらいに分けて催されるこのプレゼント交換。
その開幕の合図を聞いた瞬間、わかりやすいくらいに千鶴が動揺を見せるではないですか!
その同様の理由は……龍が尋ねてきた「千鶴はプレゼントを何にしたの」と言う質問に対し、
画像

これまた動揺する様からうかがい知れるってもんです。
そんな感じで一回目のプレゼント交換が開始。
一回目のプレゼントには風早のプレゼントが含まれていまして、そのプレゼントをゲットしたのはなもなきクラスの男子でございました。
品はカップケーキ的なお菓子で、飛びぬけて素敵なものではないかもしれませんが……爽子にとってはぶっちゃけ何よりも欲しいブツでして。
当たった男子生徒をうらやむあまり、おもわず爽子の中に眠る獣がちょっぴり顔を出してしまったのでした!

で、2回目のプレゼント交換。
その中には、千鶴のプレゼントが含まれています、
千鶴のプレゼントは、吸い込まれるかのように龍の手にわたった……と思いきや、その直後に手渡されたジョーのものになってしまったじゃありませんか!!
全然見当違いなところに行ってしまったならばまだしも、物凄く惜しかった上に手渡されたのがあの(失礼!)ジョーなのですからその心情はいかばかりか……!!
能天気にはしゃぎながら袋を開けようとするジョーから、
画像

思わず千鶴はプレゼントを奪取!!
そんなおきて破りな行動にくわえ、直後に龍と目が合ってしまった千鶴は思わずクリスマス会の会場のカラオケボックスから逃げ出してしまったのです!!
外は寒風が吹きすさんでいるにもかかわらず、上着すらおいていってしまった千鶴。
しっかりとその上着を持ちながら、追いかけるのはもちろん龍です。
外にでたはいいものの、あまりの寒さにカラオケボックスのロビーに戻ってきた千鶴のところに、龍がちょうど駆けつけてきました。
期せずして二人きりになってしまった千鶴と龍。
画像

どこからか聞こえるジングルベルの音色は、二人の関係を変えることになるのでしょうか……?

と言うわけで、クリスマス会で繰り広げられる爽子たちの気持ちの動きを描く今巻。
今回の紹介では千鶴と龍の関係までしか取り上げておりませんが、このあとあやねとケント、そして爽子と風早の関係も大きく大きく動くことになるのです!
ケントの気持ちを知りながらも受け入れられなかったあやねは、彼の気持ちにどうこたえるのか。
風早はなぜ、付き合いだしてからのほうが爽子に対してよそよそしくなってしまったのか。
そんな様々な問題が今巻で一気に動き出します!!
やはりクリスマスと言う特別な時間が、奇跡をもたらしてくれているのかもしれません。
なにせあのジョーに次ぐ本作のアレな人物と行って良いだろうピンがなんかいいことを言って爽子達の関係性をいい方向にもって行ってくれたのですから!!
そんなピンの奇跡も今巻の目玉といえるかもしれません……!!

6人の関係が大きく動く、「君に届け」第17巻は全国書店にて好評発売中です!!
今巻もまた、別冊マーガレット最新号直前の内容まで収録。
現在観光中の雑誌で連載分に隙間なく繋がっておりますので、今巻のラストに待っているとても気になる展開のあとがすぐに楽しめると言うのも嬉しいところです!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


君に届け 17 (マーガレットコミックス)
集英社
2012-09-25
椎名 軽穂

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 君に届け 17 (マーガレットコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル