画像

本日紹介いたしますのはこちら、「魍魎の揺りかご」第5巻です。
スクウェア・エニックスさんのヤングガンガンコミックスより刊行、ヤングガンガンにて連載されています。

作者は三部けい先生。
本作は「三部けい」のテーマにてまとめていますので、あわせてご覧ください。

さて、寄生虫による感染でゾンビのような存在となってしまった「ヤドカリ」から逃れながら、転覆した船より脱出を試みることになってしまった真琴たち。
ですがその最中、観戦してしまったクラスメイトのカナに真琴たちの集団の要と言える存在になっていた滝川が噛みつかれてしまうのです。
まだ寄生されているかどうか確定したわけではありませんが、もし感染してしまっていればいつ牙をむかれてもおかしくないわけで……
逃げ出せると言うあてもはっきりとはつかめないまま、恐怖の逃避行は続くのです。

単独行動を行い、徐々にその凶悪な本性を露わにしてきた春日。
おのれの欲望のために平然と人を殺めていく彼が次にであったのは、芹沢が率いるグループの女子、摩魅でした。
用を足しているスキに忍び寄り、のどもとに刃物を突きつけて自由を奪ったのです!

帰りを待っていた芹沢と小雪澤の元に、慌てて戻ってきた波瑠。
画像

用足しに同行し、終わるのをすぐそばで待っていたにもかかわらず、摩魅がいなくなった!と報告してきたのです。
物音などにも気がつかず、気がついたらいなくなっていたと言うのですが……あたりは暗く、恐怖心もあったために血痕等は確認しなかったとのこと。
それを聞いた芹沢は、ほんのすこしだけ考えたあと、ここを離れようと歩き出してしまったのです!!
芹沢達がヤドカリ判別のためにつけた焼印があるものを問答無用で殺すクロスハンターや、ヤドカリにやられてしまったのなら捜索に行くのは危険すぎる。
そして何かに気がついて逃げたと言うのなら、待っていた波瑠達を見捨てて言ったと言うことになる。
つまり、探しに行く価値はもう無いと判断したのです!
画像


3人になってしまった芹沢グループ。
注意深く進む道中、波瑠がナイフを貸してくれと芹沢にもちかけます。
もし摩魅がヤドカリになっていたら、自分の手で殺したい。
友人である彼女の、最後の友情だと言うことでしょうか!
その心意気を買ったのか、はたまたいつもの冷酷な計算あってのことなのか……とにかく芹沢はナイフを波瑠にてわたしてくれました。
波瑠は思いつめた表情でナイフを見つめます。
そんな彼女の心中をよそに、小雪澤と芹沢は新たな道を見つけて先に進もうとしていました。
考え事をしていた為なのか、僅かに二人の後ろに位置していた波瑠。
そのとき、さらにその背後にヤドカリが姿を現したのです!!
そうなれば当然一番後ろに位置していた波瑠が狙われてしまうわけで。
小雪澤を芹沢は今見つけたドアの中へと逃げ込むことに成功するのですが、波瑠は腕をむんずと掴まれてしまうのです!!
逆の手で、今にも狂気を振り下ろさんとしてくるヤドカリ。
波瑠は必死で手を伸ばし、二人に助けを求めるのですが……
画像

芹沢はナイフがあるだろと言い残し、躊躇無くその扉を閉めてしまうのです……!

やがて扉の向こうからは物音が聞こえなくなり、心配そうな小雪澤を尻目に芹沢はその場を離れてしまいました。
扉の向こう側で、ヤドカリと取り残されてしまった波瑠。
もはや生き延びることはかなうまい……と思いきや、実は
画像

そのヤドカリは、春日が扮装していたものだったのでした!!
しかもその後ろには、五体満足な摩魅も立っていて……
これは芹沢が信頼に足る人物かどうかを確認させるためのテスト。
どんなに忠実に従っていたとしても、いざとなればただの道具としてしかあつかわれない……
春日はそんな芹沢の人となりを、波瑠と摩魅にまざまざと見せ付けることに成功したのです!
春日の話術もあり、波瑠と魔魅は完全に芹沢を殺さなければならない敵であると認識!
画像

3人は協力関係になり、芹沢を殺すための作戦を実行に移しはじめます。
……春日もまた、波瑠と摩魅を道具としてしかあつかっていないことを知らず……

と言うわけで、春日の思うままに物語が進んでいく今巻。
文字通り人を道具扱いすることをいとわない春日と芹沢。
作戦を立てている分、春日が絶対に有利といえましょうが、狡猾にして冷静な芹沢がまんまとやられるとは考えづらいです。
どちらが勝つにせよ、真琴たちにはあまりよい結果とはならないこの卑劣漢同士の戦いはどのように転がっていくのでしょうか!?
そしてやはり気になるのは滝川の感染状況でしょう。
獅子身中の虫になりかねない状況は続いているわけで。
感染しているにせよしていないにせよ、ひと時も心が許せない状態が続きそうです!!
クロスハンターもどこを歩いているかわからず、船から脱出できるかも、ヤドカリや春日の脅威もいつ襲い掛かってくるかわかりません。
恐怖の船旅は、まだまだ終わらないのです……

恐怖の揺りかごに揺られる、「魍魎の揺りかご」第5巻は全国書店にて発売中です!!
生き残りの数も徐々に減り、船の沈むタイムリミットも迫る本作。
嫌がおうにも決着のときは迫っています!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


魍魎の揺りかご(5) (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
2012-06-25
三部 けい

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魍魎の揺りかご(5) (ヤングガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル