画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ハイスコアガール」第2巻です。
スクウェア・エニックスさんのビッグガンガンコミックスSUPERより刊行、月刊ビッグガンガンにて連載されています。

作者は押切蓮介先生。
本作第1巻等の紹介は、「押切蓮介」のテーマにてまとめていますので、そちらもあわせてご覧くださいませ。

さて、待ちガイルとザンギと言う間柄で出会ったハルオと大野。
待ちハメなんでもありのストロングスタイルのハルオに、大野がブチ切れ右フックを見舞うと言う最悪の出会いをした二人ではありますが、ゲームと言う共通の趣味を通じて二人の距離はだんだんと縮まっていきました。
ところがなんだかいい感じになってきたあるとき、突然大野がアメリカに引っ越してしまうことになり……
ハルオは二人で言ったゲーセンでゲットした指輪を手渡し、いつかまたやってくるかもしれない再会の時を待つことにしたのです。
スト2の腕を磨きながら……!

時は流れ、小学6年生だったハルオも中学2年生になっていました。
スト2で盛り上がりに盛り上がっていたゲームセンターですが、まだまだその隆盛は衰えておりません。
それどころか各メーカーが柳の下のどじょうを狙ってどんどんと格闘ゲームを発売し、対戦業界はマウント富士もかくやというほどに盛り上がっていたのです。

格闘ゲームの隆盛と同じように、ハルオの生活も変わってはいませんでした。
プレイしていたゲームは、業界を震撼させた初の3Dポリゴン格闘ゲーム「バーチャファイター」にこそ変わっていましたが……先生の目を盗み、放課後になればゲームセンターでゲーム行脚を行っているのです。
その日もゲームセンターに見回りに来た生徒指導の教師に見つからないように、ゲームセンターから逃走をはかっていたハルオ。
画像

一般的な目で見れば、不良と言うには小物過ぎ、優等生や普通の生徒と言うにはダメすぎる、中途半端ないい加減生徒といえましょう。
ですがそんな彼を、羨望の瞳で見つめている女子生徒がいたのです。
ハルオは気ままでいいなぁ、呟く美少女はハルオのクラスメイトで酒屋の娘さん、日高小春。
画像

趣味と言えるものがなく、家に帰っても勉強食らいしかすることのない彼女からすると、よくもわるくも毎日をエンジョイしているハルオがまぶしく見えてしまったのでしょう。
いつのまにやら彼女はハルオに惹かれてしまっているのでした。

ある日、ハルオはゲームセンターに入り浸っていることを告げ口されてしまい、放課後の子って反省文を書くことになってしまいます。
たまたま日直だった日高が、戸締りの為に反省文書き終わりを待っていることも知らず、なにやらカバンをごそごそやり始めたハルオ。
カバンから出てきたのはなんと
画像

スト2´forPCエンジンGT!!
教室でスト2をやると言うタブー、その禁忌を犯す喜びに打ち震えるハルオくん。
4万円以上のゲームハードを学校に持ち込むと言うリスクや、2ボタンと言うスト2には向かないにもほどがある操作形態を補って余りある快感なのでしょう……!
ですが流石にそんな棒虚を目の前で繰り広げられては、日高も指摘しないわけには行きません。
先生に報告などこそしないものの、早く反省文を書いてもらわないと帰れないよ、とチクリとやるのです。
それもその通り、とハルオは帰り支度を始めました。
何でも反省文を書かずに帰ることにより、反省文を書かなかったことの反省文を書かされることになり、その反省文を書くことでゲームセンターに関しての反省文をスルーすることが出来ると言うウルトラC(?)を狙うとのことです。
これでようやくおうちに帰れるわけですが、どっこい外に出てみると猛吹雪。
雨具なども持ってきていない日高は、猛吹雪を身を縮ませて耐えながら家路を急いでいたのですが……
先に帰ったはずのハルオの声が耳にはいって来ました。
ハルオがいたのは、彼行きつけの駄菓子屋さん。
無数の駄菓子が用意されているだけでなく、収録されているラインナップがちょっと古めではあるものの、ネオジオの各ゲームが楽しめるMVS筐体が置いてある、ハルオにとっての楽園なのです!
翻って、日高は駄菓子屋にはいること事態が初体験だとか。
ならばとばかりにハルオは半ば強引に日高を筐体に座らせ、「龍虎の拳」のプレイを強制(?)したのです!!
龍虎の拳といえば、CPU戦は超高難度です。
あっという間に1人目の敵、竜白にやられそうになってしまう日高。
ですがここの駄菓子屋さんは、100円で2プレイが出来る財布にやさしい値段設定でして。
ここで乱入すれば対戦も楽しめるし、買ったほうがCPU戦を続けられる!と、ハルオは日高に乱入したのでした!
画像


龍虎の拳の一作目は基本主人公の二人しか使用できないのですが、対戦のときだけはCPU用キャラも使用できます。
そんなお得感もあって対戦プレイを始めるハルオですが……女子の隣に座ってゲームに興じると言う久々の感覚が、かつて大野とともにゲームをプレイした日々を想い起こさせてすこしおセンチになってしまいます。
そのために気が抜けたのもあるのでしょうが、日高がその時出すのが非常に難しい隠し超必殺技、「龍虎乱舞」を偶然出してしまい、ハルオは敗北してしまうのです!!
素人の予測不可能なガチャガチャプレイに翻弄されたとは言え、思わぬ敗北に悔しいやら恥ずかしいやら……
その汚名は、このままやっても負けるだけだと席を譲った日高の代わりに行った一人プレイで、バッチリクリアすることでかろうじて雪ぐことが出来たのですが……!

そんなこんなのうちに、雪もやんでまいりました。
それじゃあ家に帰ろうと言う道すがら、実はあの駄菓子屋は店主の恒例によってもうすぐ閉まる、元気付けの為にも通っていたんだけど……というハルオの言葉になにやらホッコリしてしまう日高。
羨望や憧れが、もしかしたらこのとき淡い恋心へと変化してしまったのかもしれません……!
思わず日高は、自分の家の酒屋に例のMVS筐体が入荷されたと言うことをハルオに明かすのです。
日高の家はわりとハルオの家に近いようで、これで近くでゲームが出来るぜとはしゃぐハルオ!
そして、そんなハルオの様子と、ハルオが「冬休みは毎日行く」と言う発言になぜか胸が躍ることを不思議に思う日高なのでした……
画像


というわけで、新たなヒロインが登場するハルオ。
大野のようなガチゲーマーとは違い、ゲームとは無縁のところで生きてきた日高がヒロインとなるわけですが、それでもハルオはぶれません!
餓狼伝説スペシャルやらモータルコンバットやらの名作珍作を経て、スーパースト2、スパ2Xとかつての王道へと戻っていく彼。
その心の中にあるのは残念ながら日高ではなく、いつか来るかもしれない再選に備えて腕を磨き続けると言う大野への想いなわけで。
日高の淡い恋心はどうなってしまうのか、ハルオはそれに気づいたり……はしないでしょうが、どう彼女と交流していくのか?
そのあたりが本作の鍵となりそうです!
ですがそんな中、にわかにふって湧いた転校生の話題。
ハルオたちとは別のクラスにやってきたという、超美少女のお嬢様なのですが、超美少女のお嬢様と言うことは、もしかして……?
画像

ゲームをメインの題材におきながらも、より一層ラブコメ要素が濃くなってくるのです!!

ゲーム狂のハルオを取り巻く、愛とゲームの行方やいかに?「ハイスコアガール」第2巻は全国書店にて発売中です!!
30歳前半から20代終盤のゲーム好きの方ならばスルー不可能の本作。
ヤングガンガン誌に掲載された番外編や描き下ろしのオマケも収録し、充実の内容となっております!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ハイスコアガール(2) (ビッグガンガンコミックススーパー)
スクウェア・エニックス
2012-06-25
押切 蓮介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハイスコアガール(2) (ビッグガンガンコミックススーパー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル