画像

本日紹介いたしますのはこちら、「コープスパーティー Blood Covered(ブラッドカバー)」第7巻です。
スクウェア・エニックスさんのガンガンコミックスJOKERより刊行、ガンガンJOKERにて連載中です。

作者は祁答院慎、篠宮トシミ両先生。
本作の今までの紹介は「コープスパーティー」のテーマでまとめていますので、よろしければご覧ください。

さて、少女の幽霊の協力によって、現実世界に戻ることができた岸沼とあゆみ。
ですが他の友人達はみなまだ天神小学校にとらわれたまま。
なかでも由香は異常な行動を見せる刻命と共にさまよっており、危機的状況は続いているのです。

すべての元凶が生き残った少女である、サチコの亡霊だと言うことがわかったあゆみ。
サチコを成仏させれば皆は帰ってこれる。
ヒントを手に入れた上、もう間もなく天神小学校は危うくなったバランスが崩れて異次元に飲み込まれ、取り残されたものは二度と帰ってこられなくなると言う事実も知ったあゆみは、心を決めました。
もう一度天神小学校に戻り、皆を連れ帰る、と!
散々危ない目に会ってきて、やっとのことで戻ってきた現実世界です。
岸沼は猛烈な勢いで反論するのですが、友達を見捨ててはおけないとあゆみもまた断固として譲らないのです。
そこで岸沼は思わず「お前が好きだから死んで欲しくない」と、思いのたけをぶちまけてしまうのですが……
あゆみは好きな人と自分だけ助かればいいとは思えない、みんなとの楽しかった日常を取り戻したいから行くんだ、貴方はそうじゃないのかと激しく主張し、天神小学校へと向かうのです。
画像

岸沼に、「じゃあね」と一瞥もないままの言葉を残して。

再び天神小学校へと戻ってきたあゆみ。
そこには、一段と荒廃が進み、今まで以上に死体が転がっている有り様がひろがっています。
今までの、あゆみたちがばらばらの世界に閉じ込められていた多重閉鎖空間が壊れ、ひとつの世界に統合されたためにこんな様子になったようです。
より一層恐怖を感じさせる風貌となった校舎ですが、ひとつの空間になったと言うことは、全員子の校舎内にいると言うこと。
再会を確信し、あゆみは進み始めるのです!

そのころ、一人校舎内を探索していた森繁は多重閉鎖空間が消えて、校舎が一団と荒れ果てたことに驚いていました。
どんどんと状況が変わっていく中で、ただ一人彼の理解をしてくれた親友であり心の支えであった繭の身の安全がどうしても不安になってしまいます。
精神が不安定になってしまい、このままでは冷静な判断ができなくなってしまうと考えた森繁。
彼が何より好む……この学校で集めた死体の画像を見て、心を落ち着けようとします。
その中でも一番派手な、あの壁に叩きつけられてぐしゃぐしゃになった死体を見てにやつくのです。
この死体が捜し求めている繭のものであることなど考えもしなかった森繁。
だからこそこの画像を見て興奮することができるのですが……その瞬間、どこからともなく繭の声が聞こえてくるのです。
耳を澄ませば、その声はどうやら着信もしていないはずの携帯から聞こえてきます。
その携帯に映し出されているのは、撮影したあの死体の写真。
そして聞こえてくる繭の声がいっている言葉は……
画像

「私のお腹の中 見ないで」……!
あの、興奮を禁じえなかった無残な死体が。
あの、自らの手ではらわたをかき回した惨たらしい死体が。
誰よりも大切に思っていた、繭のものだった。
その事実を知ったとき、森繁の心は音を立てて崩れ去ってしまいました……

あゆみがその場所に来たときには全てが手遅れでした。
森繁の携帯に映し出された、森繁の最後の姿を見た彼女がすべての事実を知り、窓から外を見るとそこには物言わぬ森繁が横たわっていたのです。
画像

事実を知った森繁の絶叫を聞きつけていながら間に合わなかった、そして死体を見てニヤついていた彼を見た時に繭のことを伝えていればこんな結果にはならなかったんじゃないか。
自分のせいで、再突入前に生き残っていた全員そろって帰ることができなくなってしまった……と、悔やんでも悔やみきれないあゆみ。
突入したばかりだと言うのに早くも泣き崩れてしまうあゆみですが、そこになんと
画像

岸沼が現われ、もう泣いてるんじゃないぞと声をかけてくるではないですか!
あの直後、彼もまた天神小学校に戻してもらったんだそうです。
あゆみに言われてはじめて、彼もまた友人達の大切さを思いだせた。
そしてあの告白のことは一旦おいておいて、とりあえず今は全員そろっての脱出に全力を投入することにしたのです!

心強い友人を加え、二人そろって仲間を探し始めます。
すると今度は今までこの学校で見かけることのなかった、でもあゆみはどこかで見覚えがある和服の男性の姿を目撃します。
画像

手招きする彼の元へと近づいてみると、その途中の床が崩壊!
岸沼によってなんとか落下は免れたものの、やはり罠だったのでしょうか?
ですがそこであゆみはその男性の正体を思い出します。
小説家の鬼碑忌(キビキ)コウ。
鬼碑忌先生なら嘘をつくような人じゃないはずだ!となぜか確信したあゆみ、彼が手招きしていたところに行ってみるとそこには
画像

瓦礫に埋もれた哲志と直美がいたのです!!

というわけで、着々と仲間が再集結を始めた本作。
残すところは由香と、生死不明の宍戸先生。
宍戸先生は棚の下敷きになったうえその前に亡霊が姿を現していました。
そして何より由香には友人すらもその手にかける狂気の男、刻命が寄り添っています。
その凶刃がいつ由香に降りかかるかもわからない今、一同には一刻の猶予すら残されていないでしょう。
早くも森繁の命が失われてしまった一同ですが、これ以上の被害者を出さずに帰ることができるのでしょうか!!
黒幕であるはずのサチコですが、その同期などは以前謎のまま。
更にサチコの更に後ろにいる存在も示唆され、物語は着々とクライマックスが近づいてきているようです!!

再び恐怖の腹中に飛び込む、「コープスパーティー Blood Covered」第7巻は好評発売中です!!
恐怖の中でも明るい材料が集まり始めてきた今巻。
とはいえこのまま一挙に脱出!とは流石に行かないでしょう!
サチコの逆襲にも気をつけて行きたいところです!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!



コープスパーティー BloodCovered(7) (ガンガンコミックスJOKER)
スクウェア・エニックス
2011-11-22
祁当院 慎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コープスパーティー BloodCovered(7) (ガンガンコミックスJOKER) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル