画像

本日紹介いたしますのはこちら、「鬼の作左」第2巻です。
メディアファクトリーさんのMFコミックスフラッパーシリーズより刊行されています。

作者は西条真二先生。
本作第1巻の紹介等は「西条真二」のテーマにてまとめておりますので、よろしければそちらもご覧くださいませ。

さて、徳川家康の忠臣であった、本多作左衛門重次を主役に据え、その破天荒な生き様を描いている本作。
前巻では秀吉だろうと主君だろうと、圧倒する忠義を見せ、あの信長ですら一目置かざるを得ない豪気ぶりを見せ付けました。
今巻ではどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?

まだまだ幼い少年ながら、並ならぬ頭脳を見せ、自分を殿に推挙しないか?と作左に提案してきた大久保平助。
作左もまた平助の才能を見抜き、次の三河を背負う人材として育てる決意をしました。
全三河を統一するための戦に借り出された平助は、口では強がりながらもそこはまだ六歳の子供。
戦果として部下達が持ってくる生首に恐怖を禁じえず、思わず戻してしまうのです。
ですがそこで作左の教育が始まるわけで。
画像

勝ち負け関係なく死人が出るのが戦。
「文」でなく、「武」での奉公を目指すと言う平助だが、どちらだろうと戦場には出てもらう。
自分は平和など見たことは無いが、きっと世で一番戦を憎んでいるであろう家康がきっと招いてくれるはずだ。
その為に戦って戦って戦い抜き、主君の望みを叶える。
それこそが奉公である!
作左の熱のこもった弁に、平助も負けじと対抗。
6歳の身でありながら、生首など屁でもない、奉公なら誰にも負けないとはっきり意思表示をしたのです。
その平助の表情を見た作左はにやりと笑い、そうでなくてはいけないと平助を認めるのですが、同時にこの三河を統一する戦が終わったら新たな強敵が現れるから、生首に驚いている暇はないと釘を刺しました。
その強大な敵とは誰なのか?
次に戦わねばならないその強敵とは……
画像

戦国の巨獣、武田信玄です!!

武田信玄と言うと、現在の調査では鎧の大きさからって150センチ強だとか、肖像画の扇子から考えて160センチ強だとか、諸説あるものの大体160センチくらいと言うことになっているようです。
ですがこの「鬼の作左」で出てくる信玄は、なんと身長七尺!ざっくりいって210センチ!!
しかも趣味が
画像

釜茹でにした絶命寸前の断末魔の叫び声を聞くこと……とのことで、今まで様々な作品に出てきた信玄像の中でもトップクラスの「怪物」として描かれています!!
そして三河の主が家康になったと言う話を聞くと、
画像

釜茹でにしてみたい、と鬼の形相で高笑いする見事なヒールぶり!!
その上、家康陣営が攻め落とすことになっていた遠江に、約束を破って進行を始める信玄さん。
その目的は、領土の拡大とかの普通の理由ではないのです。
真意を明かしてくれたのは、なんとその信玄の狂い振りを恐れてそっと抜け出してきた部下!
残虐な殺戮を強いてくる信玄はもはや病気。
「骨の砕ける音を聞きながら眠りたい」「馬のひづめで敵将の頭を踏み砕くのが趣き深い」などと日ごろ漏らしている信玄は、とにかく「戦がしたい」から約束を破って遠江に侵攻をしたんだと言うのです!!
無残な犠牲を生まないためにも、戦わずして傘下に入ってくれ、と遠江に来た信玄の部隊を追い払いに来ていた作左に訴える部下達。
それも決して相手をなめていっているわけでなく、本気で心から言っていることに流石の作左も戸惑います。
ともかくあの鬼作左が戦わずして降伏を選ぶことなどありえないわけで。
当然申し出を断る……前に、その場に現れたものがいました。
画像

巨獣、信玄その人です!!
敵の総大将が何故こんな最前線に来ているのか?
いうまでもなく、戦がしたいからでしょう!
戦いに飢えた、羆を超える巨躯を持つ信玄はまさに化け物以外の何の形容詞も浮かばない化け物!!
振り下ろした刀は、それを防いだ刀をやすやすとへし折る常識はずれの威力を持っています!!
果たして作左はこの化け物に一矢報いることができるのでしょうか!?
巨獣信玄と、戦国最強の呼び声も高い武田軍を相手に、作左決死の戦が幕を開けることとなるのです!!
画像


というわけで、あの武田信玄との戦いが描かれる今巻。
で、この武田信玄、本作のラスボスとなります。
つまりこの第2巻で完結!
鬼作左を語る上で避けて通れない、焼き殺すも残念ながら文章で描かれるのみなのです!!
本作の信玄は、ラスボスにふさわしい超強キャラ&ヒール振りを見せてくれているのですが、ここでの終了は残念としか言い様がありません……!
それでも、作左の忠義、豪放さは西条先生らしいエネルギッシュな描写でバッチリ描かれており、見所は十分。
化け物信玄も強烈なキャラを持ってまして、楽しめることは確実ですよ!!

作左の型破りな活躍が描かれる、「鬼の作左」最終第2巻は全国書店にて発売中です!
西条先生による作左の大暴れもこれで見納め。
物語全体にあふれる、パワフルな勢いを堪能すべしです!!
さ、本屋さんに急ぎましょう!!



第2巻であえなく終了となってしまった本作。
くしくも先日、西条先生の「キガタガキタ!」も終了となってしまいましたが、そちらは最終第5巻の発売予定が消えてしまっています。
本作と間を空けず最終巻が出る予定だったのに……超不安!!
秋田書店さん、マジお願いしますよ!!


鬼の作左2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
メディアファクトリー
2011-07-23
西条真二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鬼の作左2 (MFコミックス フラッパーシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル