画像

本日紹介いたしますのはこちら、「範馬刃牙」第27巻です。
11年1月に秋田書店さんの少年チャンピオンコミックスより刊行、週刊少年チャンピオンにて連載されています。

作者は板垣恵介先生。
本作の紹介は「板垣恵介」のテーマでまとめておりますので、そちらもよろしければご覧くださいませ。

さて、烈がボクシングで大活躍し、勇次郎が雷に打たれても普通にお散歩を続行し、バキがゴキブリを師匠とあがめた第26巻。
はてさて、今巻では皆さんどんな予想外の行動を起こすのでしょうか!?

常にバトルにいい感じの食べ物を食べている気がするバキ。
ですがどうもそんなわけでもないようで、その日はコーヒーなどを入れておりました。
するとなんか首筋にぞわぞわ来るものが。
バキをここまでゾワらせる存在といえばあの方しかおりますまい。
来てる来てる、ヤバイヤバイといいながらバキが二つコーヒーを入れて振り返れば、もうそこには勇次郎さんがどっかりと座り込んでいたのです!!
画像


なんか予感したから二つ入れたんだよ!といいながら勇次郎と自分の前にコーヒーを置く勇次郎。
勇次郎はズズッと一口であらかた飲み干した後、バキにお前が望む親子関係とはこういうことか!?と問うて来ました。
画像

だいたいそうだよ、と答えるバキに、勇次郎は怖気づいたのかと迫ります。
すると今度は、オヤジに怖気づいてなかったことなんて1秒もない、恐れ、慄き、慕い、憧れ、尊敬し、憎悪してたよ!と返すのです。
じゃあその憎悪をなんでぶつけないのだとやる気満々な勇次郎に対し、バキは2人の間で行われるべき戦いは「試合」なんかじゃなく、日常の生活の中で自然に起こる親子喧嘩こそがそれだとキッパリ。
それを聞いた勇次郎、なるほど確かにと意外にあっさりと納得……するのですが、早速闘志をむき出しにして「この俺にまずいコーヒーを飲ませるとは何事だ」と切れはじめたのです!!!
画像


ところがどっこい、バキはそれに
画像

土下座してごめんなさいと陳謝します。
が、そのあと勇次郎にウソはダメだよと言い出すではありませんか。
なにせ勇次郎さん、コーヒーを計2口で飲み干しているんですから、そのコーヒーがまずいと言うわけがないと言うのです。
たとえ些細でも、ホントのトラブルじゃなきゃいけない。
バキの条件は妙に厳しいです!!
そんなことを聞かされて、俺にはわけわからんといった風情の勇次郎。
彼に対し、バキは今度は勇次郎がコーヒー入れてよ!と結構無茶なお願いをしました!
勇次郎、今度はなにやら嬉しそうな顔で立ち上がり、勇次郎の入れたコーヒーは飲めるよ!と言い出すのです!
その方法とは、要するに力づくで叩きのめして入れさせろ!と言うもの!
画像

なぜかちゃぶ台をちぎりながらその方法を教えてくれた勇次郎さん、綺麗にそのちゃぶ台を4等分したところで、そうすれば飯だって炊かせられる、と言い残して帰って行きました。
バキはその姿を見送りながら、こう考えるのです。
なんだ、そんなことでいいんだ……と。
画像

バキさん、「ご飯の支度」を賭けて地上最強の生物との大決戦に挑むと言うのでしょうか!!

そんなこんなでとりあえず団欒ティータイムを終えたバキさん。
そんな彼のもとに意外な人物が戦いを挑んできます。
その人物とは、あろうことか柴千春さん!!
最大トーナメントでは相当な存在感を誇ったものの、その実力と言うとちょっとハテナマークをつけるしかない彼が何故今になってバキに戦いを挑んできたのでしょうか!?
それもひとえにある人物の手回しによるものなのですが……
バキはこの戦いでなにを得ると言うのでしょうか!?
千春のど根性がバキに真っ向から襲い掛かります!!

また、ボクシング界をあっさり制覇しそうだった烈にも意外な敵が立ちはだかります。
飛びぬけた実績も強さもない、年も36とピークは完全にすぎている地味なボクサー、ジョー・クレーザー。
ですが、試合前に烈の元を訪れたマホメド・アライの予言どおり、烈は苦戦を強いられるのです!
スピードにも乏しく、決して突出したパワーがあるわけでもないジョー。
そんな相手に列はなぜ苦戦すると言うのでしょう!
久々にバトルをしている本編に負けじと、ボクシング編始まって以来の熱戦が繰り広げられるのです!

と言うわけで、すっかりおなじみ範馬家の日常が描かれる今巻。
戦うきっかけと言うか、火種のようなものこそ示唆されましたが、まだまだ二人が戦う日は遠そうです!
なんかこのまま勇次郎がおさんどんしてくれちゃうんじゃないかと妙な期待感も募ってくる、二人の親子関係に注目するしかありますまい!!
とはいえ久々にバキの戦闘も行われ、烈が強さを見せ付けるだけだったボクシング編もやっと「戦い」になってまいりました。
バキは正直負ける要素のないVS千春戦に何を見出すのか。
まさかの大苦戦を強いられる烈は、この強敵をどんな技で倒すのか。
こちらのほうも見逃せないところですね!

どんどん勇次郎が話せる人になっていく気がする「範馬刃牙」第27巻は好評発売中です!
最新第28巻は4月に刊行が予定されていますが、同時に刊行されるチャンピオンコミックス版「餓狼伝」も気になるところ。
未読の方はそちらのほうもこの機会に読んでみてはいかがでしょうか!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


範馬刃牙 27 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
2011-01-07
板垣 恵介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 範馬刃牙 27 (少年チャンピオン・コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル