画像

本日紹介いたしますのはこちら、「マジンガー乙女大戦」です。
メディアファクトリーさんのMFコミックスより刊行されています。

作者は立花未来王先生。
本作の前作、実質の1巻に当たる「マジンガー乙女」は10年2月23日の記事にて紹介しております。
キャラ紹介などもしておりますので、ご興味などありましたらそちらもご覧ください。

さて、ダイナミックプロが誇る数々のスーパーロボットを女性化し、ポロリもある日常ギャグ漫画に仕立て上げた本作。
ところが2作目に当たる今巻ではなんと丸まる一冊ひとつのシリーズが展開!
まさかのタイトルどおりな大戦が繰り広げられるのです!!

マジンガーZこと、瀬戸は一人息巻いておりました。
最近はそこかしこに瀬戸たちの行動(主に必殺技の発動)を制限する標識が立ち並んでおり、思うように暴れまわれない。
だが、そんなおり思う存分必殺技を出せる空き地を見つけた、そこなら気兼ねなく必殺技を出せ、マジンガー大戦だって引き起こせる!と!!
ですが当然そんな主張に賛同するものなどいないわけで、そこに集まっていたダイナミック乙女さんたちはぞろぞろと引き上げていってしまうのでした。
ですが瀬戸も天然ボケに見えて意外に考えているようで、ものすご~く挑発に乗りやすいグレートマジンガーこと麗人さんをうまく乗せ、件の空き地へ誘導することに成功したのでした!

勝手に盛り上がって去って行ってしまった二人は置いておきまして、残された皆さんはそれぞれの用事へ。
グレンダイザーことグレースさんはというと、愛車兼寝袋のスペイザーの置いてある屋上へと向かっておりました。
すろと、スペイザーの上で仁王立ちしている褐色の女性が要るではありませんか!
画像

グレースを探していたと言い出すこの謎の女は一体……?

謎の女と出会っていたのはグレースだけではありません。
自宅である川沿いのテントに帰り着いていた鋼鉄ジーグこと椎子も、なんかキャラがかぶっている感じの物静かな少女と出会っていたのです。
画像

こちらもなにかただ事ではないムードを放っておりますが、その目的やいかに?

で、空き地でマジンガー大戦にいそしんでいたはずの瀬戸と麗人。
ところが彼女たちは二人そろってボロボロになっておりました。
決して二人が相打ちになったというわけではなく、謎の二人にやられてしまった結果なのです!
その謎の二人とは、やたらな露出とおでこが目立つ少女と、鎧を着込んだ侍風味の口調の少女。
画像

彼女たちはなんと、瀬戸たちと同じマジンガーの名を冠するロボ少女!
N(ネクロ)マジンガーこと陣賀音呂、そしてマジンガーV(ヴァラー)こと陣賀巫唯の姉妹ロボです!!
何でこんなにボロボロになるまで痛めつけられてしまったのかといいますと……必殺技出し放題なこの空き地の使用権の争奪戦の為。
どちらもこれだけは譲れないと、激しいバトルを繰り広げていたというわけです!
ところが陣賀姉妹はただならない強さを持っています。
麗人必殺のサンダーブレイクは巫唯の「マジンガード」なる巨大なたてで完全に防がれてしまい、挙句に得意のグレートソードまで叩き折られてしまうのです。
この鉄壁の防御を崩すためにはもう瀬戸&麗人の合体技しかありません。
ダブルマジンガーファイヤーの構えを取る二人ですが、音呂のほうにもまだ切り札が隠されていたのです!
眼帯でふさいでいた左目をあらわにし、そこから放たれる「光子力バインド」。
対象の動きを封じてしまうその技は、瀬戸&麗人の動きを完全に封じてしまったのです!
さらに動けなくなった二人に、巫唯の必殺技、ブレストゲイザーが炸裂!
強烈過ぎる攻撃を食らい、断つこともままならないダメージを負ってしまったマジンガー姉妹。
画像

まさかの完敗を喫してしまったのでした!!

その頃、グレースのところに来ていた謎の女の正体もあかされておりました。
こちらはベガ星連合軍によって打倒グレースのため作られた、グレンダイザーの強化コピーであるグレンダークだそうです!
グレンダイザーには欠かせないスペイザーも所有していたのですが、地球に来た再操縦ミスでぶっ壊してしまっていまして……
グレースのグレンダイザーをいただこうと考えたのだとか!
そんなことは許せないと早速ここでドンパチをはじめようとするのですが、残念ながらこの学校の屋上にも必殺技禁止の標識が立っておりまして。
ここじゃ駄目だと場所を移すことになったのです。
そう、例の空き地へと!!

空き地では一戦終えた後の陣賀姉妹が空き地をキープしたまま暇をもてあましておりました。
そこに振ってくるグレース&グレンダーク。
二人は激しくぶつかり合うのですが、スタイル、能力、そして視力にいたるまで上回っているグレンダークに押されてしまうグレース。
挙句、スペイザーを完全に奪われてしまい、黒く変色したスペイザーから放たれたダークサンダーによって敗れてしまうのでした!!

残った椎子はというと、なぜか泣きじゃくっております。
どうも先ほどのキャラかぶり少女に何かされたようで、許せないとつぶやいてその少女のいる場所へと飛んで行きました。
彼女がいる場所とは、なんの因果か例の空き地。
椎子は怒りのままに空き地に乗り込んで戦いに挑もうとするのですが、キャラかぶり少女もまた新型ロボ少女で、新ジーグこと高徹新。
いかにも鋼鉄神になりそうな風貌な彼女が例によって超強いだろうことは想像に難くありません!
それでも戦おうとする椎子ですが、そこへ気を取り直した瀬戸たちも駆けつけてきました。
陣賀姉妹とグレンダーク、そして新もいろいろあって協力関係を結び、これで4対4。
まさかまさかの4vs4、ギャグタッチでも意外に本格的なバトルが繰り広げられることになってしまうのでした!
画像

ですが一体一体の力は確実に敵側が上。
果たして瀬戸たちはこの劣勢をひっくり返し、勝利を収めることができるのでしょうか!!

というわけで、バトル展開まっしぐらになっている本作。
ギャグやポロリも相変わらずふんだんに盛り込まれておりますが、とにかく本作の目玉はバトルです!
4vs4の団体戦が繰り広げられるわけですが、このバトルはまさかの方向へと転換。
思いもよらぬ本格的なシリアスバトルが繰り広げられることになるのです!
オリジナル武装やオリジナル形態もふんだんに登場し、そちらも見所となっております!

女体化マジンガー大決戦、「マジンガー乙女大戦」は全国書店にて発売中です。
表紙はやたらハードな雰囲気ですが、中身はもちろんそんなにハードじゃありません!
エロスもギャグもあり、コメディタッチながらしっかりバトルなんかもしちゃう盛りだくさんな内容となっております!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


マジンガー乙女大戦 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
メディアファクトリー
2011-03-23
永井 豪

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マジンガー乙女大戦 (MFコミックス フラッパーシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル