画像

本日紹介いたしますのはこちら、「絶対可憐チルドレン」第23巻です。
小学館さんより刊行、週刊少年サンデーにて連載されています。

作者は椎名高志先生。
本作の今までの紹介は「椎名高志」のテーマにてまとめておりますので宜しければごらんください。

さて、前巻でフェザーの捕獲に成功したバベル。
どんな立場のどんな存在なのかまだはっきりとはわからないフェザーですが、とにかく未来の鍵を握っていることだけは確か。
何とか情報を聞き出したいところですが……

イヤリングの中に封じ込められている状態のフェザー。
なんにせよ仮のボディを与えて、話が出来るようにしなければどうにもなりません。
そこでチルドレンの影武者を作っているティムに白羽の矢が立ち、ファントム・ドーターそっくりのボディを作り上げました。
ところがフェザーはそのボディがどうにも受け入れられないようで、キモいと全力で拒否!
マニアとしてのプライドを傷つけられたティムはどこを直せばいいんだとご立腹。
そんなわけで、チルドレンたちが以前仕事で知り合った、同じような境遇のマサラにアドバイスを求めました。
マサラによれば、要するに自分のイメージするものに近い形のものでなければダメとの事。
立体映像装置なんかで望む形になれはするものの、そもそもそのベースである人形にどうかしてくれないのですから困り者です。
そんなときにティムの脳裏に、正体不明の天才造形士がよぎります。
その人ならばもしかして……と考え、早速その人物の調査を開始することに。
ですがちょうどそのタイミングで、チルドレンの出動要請が発令されたのです!!

予知された現場にたどり着き、銃を乱射すると予知された人物をすぐさま押さえつけるチルドレン。
画像

ですがその人物、なんと超能力によって操られる人形ではないですか!
紫穂のサイコメトリーを使っても身元が探れないことから相当に高度な超能力者と思われる人形の操り手。
ところが人形のうなじの部分に製作者のサインがしてあるではないですか。
有力な手がかりになるだろうとこちらも調査をすることになるのでした。

そんなある日、意外なところからそのサインの主、「Mr.9」に近づいているものがいました。
それはティムとバレット。
ひょんなことからMr.9が元バベルで元パンドラのエスパー、九具津であることを聞き、澪たちに引き合わせてもらえることになっていたのです!
彼が根城にしている倉庫に入ると、そこは美少女フィギュアから鉄道模型、果てはリアル寝台列車の車両まで飾られているマニア垂涎のシャングリラでした。
その寝台列車を寝床にしているようで、姿を現さない九具津を起こしに行く澪。
すると寝台列車から出てきたのは、
画像

銃を携えた反エスパー組織、「普通の人々」のメンバーだったのです!!
気が付けば周囲は「普通の人々」メンバーに包囲されています。
しかも超能力を封じるECMもしっかりと用意されており、ティムたち一同はもはやたんなる子供同然!
やむなくおとなしく拘束されることを選ぶこととなるのでした。

ティムやバレットが戻っていないことや、澪たちの残した痕跡によって以上を察知し、九具津のアジトへやってきた皆本とチルドレン。
とにかく急がないと彼らに危険があるかも、と一同は後先考えずアジト内にワープします。
中に入ると当然ECMが発動しており、チルドレンたちの能力も消失!
画像

更にそれを待ち伏せていたかのようにマシンガンの雨あられが浴びせかけられたのです!
物陰に隠れ、咄嗟に手持ちのECM無効化装置、ECCMを作動させる皆本。
ですが緊急用のECCMでは皆本の周囲極わずかな範囲内しか効果を発揮しません。
その範囲内から反撃できる薫は運悪くその範囲外から動けない状態に!
テレポートもECCMの範囲内しか移動できず、どうにもならないと思ったその時、
画像

背後から等身大の着せ替え人形が近寄ってくるではないですか!
そしてその着せ替え人形、いきなり手のひらからマシンガンの銃口を突き出し、アジト内の「普通の人々」を一掃したのでした!!
人形を操り、窮地を救ったのはなんと九具津。
運よくECCMの効果内にいた人形を操ることができたと言うことのようです。
九具津と、Mr.9の調査に来ていた賢木も捕らえられてしまい、子供達と一緒にどこかへ拉致されてしまっていたのでした。
このままでは大勢いすぎる子供達の何人かが殺されてもおかしくありません。
救援を呼んでいる暇はない今、すぐに子供達と賢木を助けるには九具津と協力するしかなさそうで……
裏切り者の九具津と、チルドレンたちの急造(憎?)タッグの結成となります!!
画像


と言うわけで、思わぬところとタッグを組むことと成った今巻。
もう本筋に絡むことはないのかな……と誰もが思ったとか思わなかったとか言う九具津がまさかの重要人物に!
しかもかつてないほどの強キャラ振りを見せ付けてくれます!
利害が一致し、タッグを組むことにはなったわけですが、もうひとつの目的であるフェザーの乗り移り先についてもどうにかしてくれるようで、敵になって本当によかったね……といわざるを得ません!
フェザーがその口から重要の情報を語ってくれれば、物語が一気に進展することは間違いなし!
ブラック・ファントムとの決戦もそう遠いことではなさそうです!
また、今回のオマケでは、雑誌掲載時に宣言していた「OVA及び22巻特装版の売れ行きがよければ23巻のオマケで乳首券を発行する」と言う宣言が実践!!
なんやかんやとファンサービスを振りまいてきた椎名先生ですが、そういえば乳首券の発行は「美神」時代までさかのぼってもなかったような……
その乳首権がいよいよ、万を辞して、3人分も発行されるのです!!
衝撃のそのシーン、あなたの目で確かめてください!!
……たぶん今あなたの考えているオチ通りですけど!!

久々すぎる旧キャラの活躍が描かれる「絶対可憐チルドレン」第23巻は好評発売中です!
500万部突破となった本作。
そうかかれた帯では、さりげなく「TVアニメ第1期DVD全14巻も発売&レンタル中!!」と書いてあります。
変に勘繰ると、TVアニメ第2期があるんじゃないかと希望を持ってしまうところですが……
期待し過ぎない程度に期待しとくことにしましょうか!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


絶対可憐チルドレン 23 (少年サンデーコミックス)
小学館
2010-10-18
椎名 高志

ユーザレビュー:
「禁断の地」 超能力 ...
オタクっぽいネタ多い ...
大人たちの戦い、子供 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 絶対可憐チルドレン 23 (少年サンデーコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル