画像

本日紹介いたしますのはこちら、「水木しげるの日本全国神様百怪(にほんぜんこく かみさまひゃっかい)」です。
小学館さんのビッグコミックススペシャルより刊行されました。

もちろん作者は水木しげる先生。
水木先生の過去作の紹介は「水木しげる」のテーマでまとめておりますので、ご興味などございましたらごらんくださいませ。

さて、本作はタイトルどおり水木先生が日本全国の様々な神様を描き、取材なんかをして得た知識を併記している図鑑や画集のような作品です。
紹介されているのはやっぱりタイトルどおり100柱……ではなく、101柱。
それらが渾身のオールカラーで描かれたイラストで楽しめるのです!

北は北海道、南は沖縄まで全国くまなく網羅している本作。
その各地の神様を描くわけですが、アマテラスだのイザナミイザナギだのといったメジャーな神様はほとんど出ません。
メインとなるのは各地方で進行されているローカルな神、土着神的な神様なのです。

ではどんな神様が紹介されているのか、ほんの少しだけ紹介したいと思います。
まず、有名なところでは東北地方に伝わる「オシラ様」。
画像

かの「遠野物語」でも紹介され、水木先生の著作である「水木しげるの遠野物語」でも登場、その他ゲームやコミックなどにも登場しているビッグネーム(?)です。
「水木しげるの遠野物語」では昔話などで伝えられている馬の姿で描かれましたが、本書では現実に祀られている男女対のこけしのような姿で描写。
解説ではオシラ様振興に関してのさまざまな決まりごとに加え、着せられている衣装などに対しても詳しく言及されています。

神様として紹介されていながら神様といえるのか怪しい感じで紹介されているのは「抱きつき柱」。
画像

福島県の恵隆寺にある一本の柱がそれで、何でも抱きつくと「ぽろりと枯葉が落ちるように楽に死ねる」といういわれがあるそうです。
え、怖いじゃん!と思ってしまういわれですが、年配の方々にはありがた~いご利益な様で、多くの方々が抱きついて黒光りしているんだとか。
そのいわれや奉納されている変わったものなんかを解説しているのですが、結局このいわれの元なんかはまったく言及されていません!
ただ水木先生ははっきりわからないが何かがいる、とは感じたそうで。
水木先生が言うんだからそりゃぁ間違いありますまい!!
なんだかわかりませんが神様なんでしょう!!

マイナー神様メインの中、数少ない古事記に出ているような超メジャー神も紹介されています。
それが「一言主神」。
こちらはこういった日本の神様にちょっとでも興味のある方なら漏れなく知っているようなリアル有名神で、解説にも日本書紀に記載された物語のあらすじが書かれています。
時の天皇が、狩りの最中に背の高い自分そっくりな顔をした者……一言主神に出会い、なんか一緒に狩りに行っちゃったというお話なのですが、
画像

さすが水木先生です。
ぜんぜん天皇(らしき人)に似てない!!!
いや、このイラストがそのシーンを描いたものとは限らないんですけどね!

最後に紹介したいのは、神とはついていますがこれまた神なのか怪しい「ひだる神」。
画像

餓鬼と同じで取り憑かれると腹が減って動けなくなってしまうと言われています。
ひだる神の由来や、取り憑かれたときの対処法、かの南方熊楠がこの神について書いたことなど事細かに解説してくれているのですが、なんと言っても注目なのは水木先生も憑かれたことがある、という点ではないでしょうか!
本書中では「これに憑かれるととてもえらい(つらい、疲れる)」としか書いてありません。
たしかオレが小学館だか講談社だかの大百科かなんかでよんだ記憶によりますと、歩いている最中突然体が動かなくなり歩けなくなってしまった、たまたま田んぼの近くだったので、稲から米をむしりとって食べることで難を逃れた……みたいな経験談だった気がします。
その体験談が読めないのはちょっぴり残念ですが、水木先生が遭遇したということを噛み締めるとより興味深く読めるのではないでしょうか!

というわけでほんの4柱ほど紹介させていただきましたが、今まで紹介したような感じの美麗カラーイラスト&水木先生による解説でたっぷり101の神様を堪能できる本書。
妖怪ファン大注目の「怪異・妖怪伝承データベース」の監修者としても知られる小松和彦さんの解説や、期間限定配信中の無料携帯ゲーム「神様コレクション」の遊び方なんかも収録され、興味深い内容となっています。
実は本書、「妖鬼化(むじゃら)」「図説 日本妖怪大全」「図説 日本妖怪大鑑」「妖怪・神様に出会える異界」で発表された作品に加筆修正したものにちょこっと描き下ろしを加えたものなんだそうです。
ですが「妖鬼化」は名前どおり鬼のようにお値段が高く、他の冊子も古かったり手に入れづらかったりするようですので、ファンの方でも未見の作品が多いはず!
水木ファンならば避けて通れないでしょう!!

神様というくくりで紹介がまとめられている、「水木しげるの日本全国神様百怪」は全国書店にて発売中です!
いつまでの期間限定なのかはわかりませんが、増刷されるときにはおそらく「神様コレクション」関連のページはなくなってしまうと思われます。
その辺を考えるとファンならばやはり初版で抑えておきたいところ!
俺は恐ろしく古い携帯を使っているためゲームのほうを試すことは出来ませんが、そちらも合わせて楽しめばきっとより一層面白いんじゃないでしょうか!!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


水木しげるの日本全国神様百怪 (ビッグコミックススペシャル)
小学館
2010-09-10
水木 しげる

ユーザレビュー:
水木先生の絵がぴった ...
古典へのいざない 本 ...
そんなに批判対象?他 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 水木しげるの日本全国神様百怪 (ビッグコミックススペシャル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル