画像

本日紹介いたしますのはこちら、「絶対可憐チルドレン」第22巻です。
小学館さんより刊行、週刊少年サンデーにて連載されています。

作者は椎名高志先生。
本作の今までの紹介などは「椎名高志」のテーマにてまとめておりますので、お時間などありましたらごらんくださいませ。

さて、第21巻で突然薫たちの学校に転校して来たパンドラのエスパーたち。
兵部が何をたくらんでいるのかはわかりませんが、今すぐどうにかしようとはしていない様子。
むしろ彼らの動向を気にしているのはファントムの方なようですが……?

やってきた4人のパンドラのエスパーを追い出そうとしているファントム。
最初はかつて精神を掌握していたパティを使おうとしていたのですが、その洗脳を破った薫のブースト能力がいまだ彼女を守っていてうまくいきません。
そこで目をつけたのはカガリ。
本作中では珍しい気がする比較的普通な中学生男子の彼ならば、少しつついてやればうまくコントロールできると考えたのです!

珍しく二人で帰ることとなった悠里とちさと。
バスが混んでいたため歩いて帰ることにしたのですが、帰り道の高架下でチーマー風の二人組みに絡まれてしまいます。
あまりのうざったさに悠里内のファントムがぶち切れかけていたそのとき、
画像

突然破れるチーマー風二人組みの服!!
パンドラの面子を迎えに来た葉がたまたま通りがかり、助け舟を出したのでした。

その夜、いつものようにチルドレンにちょっかいを出されたりしながらも一日を終えて部屋に戻ってきた皆本。
そこにはフェザーが待ち構えていました。
画像

突然現れた彼女は「明日の朝ちょっとしたトラブルが起こるが手を出さないでほしい」と告げ、自分も未来を変えるため行動していると言って去っていきました。
……「ミナモトが好き」とも言い残して。

そしてその翌朝。
昨日葉にひどい目に合わされたチーマー風二人組みが悠里を捕まえ、昨日のエスパーは誰か教えろと恐喝していました。
今日そこに通りがかったのはカガリ。
かわいい子にいいところを見せようと、中学生らしいやる気をみなぎらせて二人組みに挑みかかりました。
画像

「学校生活で超能力を使わない」という薫たちとの約束などどこへやら、いきなり超能力で二人組みをノそうと構えます。
まさに狙い通り、これでパンドラの面々は学校にいられなくなるとほくそ笑むファントム。
ですがそこへ薫が乱入し、
画像

カガリの超能力発動を踵落としで妨害しました!
なんでも心配で早く起きてしまい、早めに登校したらこの現場に居合わせたんだそうで。
予想外の出来事にあっけに取られる悠里&ファントム&ミラージュですが、さらにそこへ紫穂と葵までやってきてなんだかくっちゃくちゃになっちゃいました。
さらにそこへまたまたクラスメイトが合流。
今度は宿題を忘れて早めに学校に来た東野です。
すわ喧嘩という現場に遭遇した東野は、常人より強いはずのエスパーが喧嘩したらいろいろまずいだろうと自分が変わると言い出しました。
画像

そんな東野の男気に感じるものがあったのか、カガリも超能力なしで加勢することにした様子。
なんだか人がいっぱいになっちゃいましたが、とにもかくにも喧嘩する流れ。
二人組みVS東野・カガリタッグが幕をあけます!!

……が、超能力がなければ所詮は並の中学生。
ほぼ一方的にやられちゃいました。
それでもまだ蹴りつけようとする男たちに、薫に怒りがふつふつとわいてきて、その瞳にあの未来を髣髴とさせる威圧感が宿り始めます。
その雰囲気に二人組みが一瞬ひるんだそのとき、運よくパトカーが通りがかりました。
二人組みはいの一番に逃げ出し、薫たちも厄介ごとはごめんだと逃走。
事態は収束するのでした。
実はこのパトカーに乗っていたのは榊で、皆本の要請によってうまいこと角を立てずに収めるためにやってきたのです。
超能力を使わずに済ませようとした薫たちに感心するとともに、何もいわれていなかったら確実に手を出していた自分の信じる心の弱さを痛感した皆本。
ですが榊たちにここまで成長させたのも皆本であると励まされ、元気を取り戻すのでした。

先ほどの事件で東野に対する認識を変えたカガリ。
自分があの二人組みが怖くもなんともないのは超能力があるおかげだが、東野はそんな絶対的な優位などが無いどころか、明らかにかなわないことがわかっている相手にも向かっていった。
そんな東野を認め、もっと知り合いたいと思ったのでしょう。
カガリはこれから電車やバスで一緒に登校することを宣言しました。
ファントムの企みは薫も含めた彼らの関係をより深める結果に終わってしまったのです!
画像


そのころ、この騒動を知った兵部はこれ以上学校の周りで騒動を起こさないように指示しました。
また別の何者かが未来に手を加えている。
その正体を知りたいから、と……!

というわけで、またも謎の存在であるフェザーがよい結果に導いた今巻。
ですが、この後の事件でも不可解な行動をとったりと謎は深まるばかり。
それでもいよいよ彼女が何者なのかが明かされそうな方向へもすすみ始めます!
さらにそれだけでは終わらず、ミラージュの人格にも変化が訪れ始めます。
当初は道具としか思っていなかった節のあるナイに隠された真実を知り、今まであらわすことの無かった感情を見せ……
ファントムの人格は相変わらずなようですが、今後の動向が気になるところです!

最近は恒例となりつつある初回限定版は今巻も発行。
今回のおまけは各話1P目で連載されている4コマ漫画、増補版さぷりめんとを単行本形式でまとめた小冊子です。
描き下ろし4Pを含め、12巻~21巻の間に収録された作品をまとめて110Pを超える大ボリューム!
ホッチキスでとめたようないい加減な感じの本ではなく、ちゃんと平綴じ(無線綴じ)でカバーもついている単行本になっています!

ファントムドーターをめぐる新たな局面を迎える「絶対可憐チルドレン」最新第22巻は好評発売中です!
フェザーの正体も明かされて行きそうな流れになり始め、ますます目が離せません!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


絶対可憐チルドレン 22 (少年サンデーコミックス)
小学館
2010-07-16
椎名 高志

ユーザレビュー:
複雑になってきたよ複 ...
未来へ?未来から。皆 ...
カバー折り返しの3D ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 絶対可憐チルドレン 22 (少年サンデーコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



絶対可憐チルドレン 22 小冊子付き限定版 (小学館プラスワン・コミックシリーズ)
小学館
2010-07-16
椎名 高志

ユーザレビュー:
サプリメントの別冊付 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 絶対可憐チルドレン 22 小冊子付き限定版 (小学館プラスワン・コミックシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル