画像

本日紹介いたしますのはこちら、「シュメール星人」第2巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラより刊行、ウルトラジャンプ及びウルトラジャンプエッグにて同時連載されています。

作者はツナミノユウ先生。
先生と本作第1巻の紹介は09年1月19日の記事に記載しておりますので、興味など湧きましたらご覧下さいませ。

長い宇宙航海の末地球に降り立ったシュメール星人。
彼らを受け入れるための準備期間として唯一日本語がしゃべれる一人が「ふれあい大使」として日本に住むことになりました。
その奇妙な風貌や慣れない地球の風習に戸惑いつつ、そのあんまりにもあんまりな運の悪さを発揮して毎回むごい目に会っている様をおもしろおかしく描いている本作。
第2巻では新たな登場人物や、第1巻でちらりと登場していたキャラの再登場などのキャラの増加がみられ、主役のシュメール星人以外のキャラクターが掘り下げられ始めました。
……といっても彼が毎回悲惨な目に会うのは変わらないんですけどね!!

続々と現れる新&旧キャラたち。
「おしごと体験文化交流」と称して市役所で1週間ほど働くことになる話ではプロローグで登場して以来の出番となる市役所勤務の男性が登場するのですが、それ以外に複数回登場するキャラクターは女性ばかりです!
シュメール星人からみて地球人女性がどう見えるのかはよく分かりませんが、なんかうらやましい気も……
その品揃え(?)はお隣にすむあわてもののドジっ娘女子大生、女性警察官の二人組み、ウェイトレスの姉妹などなどバラエティに富んでいます。
お隣さんにはちょっと好かれているようですし、最初は犯罪者と誤解されていた女性警察官とも分かり合えそうになったりするのですが……
画像

結局は
画像

トラブルの種に
画像

つながるだけなのです。
せつねぇ……

基本的に善良で、ひっそりと生きていこうとしているシュメール星人。
彼が悲惨な目に会うのはかわいそうでかわいそうでしょうがないのですが、それが面白くてしょうがないのもまた事実。
時として犯罪を解決したり、事故を防いだり、人助けをしているにもかかわらず報われない……
画像

応援せざるを得ませんよこれ!がんばって!!本当に!!

単行本書き下ろし要素として各話の登場人物の裏設定などを無駄に細かく解説したキャラ紹介や、その裏設定を活かした脇役たち中心のカットが多数収録。
雑誌で既読の方も納得、充実の単行本になっています!

漫画史上まれに見る、非地球人型異星人日常漫画「シュメール星人」第2巻は好評発売中です!
21編という大ボリュームが収録され、そのほとんどで痛い目に会ったり恥ずかしい目に会ったり誤解されたりするシュメール星人。
もうこれは彼のかわいそうな毎日を見守ってあげるしかありません!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


シュメール星人 2 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
ツナミノユウ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ