画像

本日紹介いたしますのはこちら、「謎の彼女X」第5巻です。
講談社さんのアフタヌーンKCより刊行、アフタヌーンにて連載されています。

作者は植芝理一先生。
植芝先生と本作の今までの紹介は「植芝理一」のテーマにてまとめていますので、お時間などございましたらご覧くださいませ。

さて、第4巻で椿の前に現われた初恋の人、早川。
失恋のショックで泣き出してしまった彼女ですが、その時たらしてしまっていたよだれを見て椿は卜部以外の女性のよだれの味に興味がわいてしまいます。
早川のこれからも時々会えるか、と言う問いに思わずよだれを舐めさせてくれたら会う、とどう見ても変態な台詞を口走ってしまう椿。
しかし予想外にも早川は自分の口に指を入れ、よだれを差し出してくるのでした!

そんな場面で第5巻に突入します。
口を開け、よだれを舐めようとする椿ですが、
画像

卜部との「よだれは私たちの絆」という言葉を思い出して踏みとどまります。
椿はいないと嘘をついていた彼女が実はいることを打ち明け、別れるのでした。

ですが早川はすんなり諦めたわけではありません。
「椿の彼女」に興味がわいた早川はなんと直接卜部に接触。
次の日曜日に開催される文化祭へ来てくれる様に誘います。
卜部は早川が椿の初恋の人だと知っており、不快感のようなものを見せるのですが、早川は文化祭には椿も来て面白いものが見られる、と発言したのです。
これはスルーすることも出来ないってものでしょう!

場面は変わって椿家。
突然椿の元へ早川から電話がかかってきます。
呼び出されて外にでると、すぐの場所に早川は待ち構えていましたが……その顔にはあざが出来ているでは無いですか。
なんでも別れた彼氏が現われ、よりを戻そうと言われたので断ったら殴られた、と言うのです。
そこで早川は次の日曜日に開催される文化祭に元彼がくるので、いっしょにいるところを見せて諦めさせてくれないかと懇願してきました。
画像

1日だけ恋人のふりをする……椿は卜部に心の中で謝罪しながらも早川のためにその申し出をうける事にしたのでした。
約束をした後、1人公園にやってきた早川。
彼女はハンカチを水にぬらして顔を拭うと、元彼につけられたはずのあざはきれいサッパリとなくなりました。
すべて文化祭に来させる為の狂言だったのです!
恐るべし早川!

あくる日卜部に日曜日の予定を聞かれる椿。
咄嗟に友人と買い物に行く、と答えた椿でしたが……また別の日にその友人は友人の彼女とともに例の文化祭にいくと言う事実を知ってしまいます。
椿が付いた嘘と、早川の言葉。
心の事情などお構いもなくやってくるその日。
卜部は心にもやもやを抱えたまま文化祭に向かうのでした。

といった、本作史上まれに見る長編が収録されている第5巻。
このあと椿を巡る卜部と早川の驚きの行動が展開し、かなりなんと言いますか……ファンサービス溢れるシーンが繰り広げられます。
画像

……なにこのシャングリラ。
どうしてこういう展開になったのか、どういうおいしい場面なのか、そしてどうなるのか!気になるならば貴方の目で確かめるといいですよ!!
くそう椿!幸せもんじゃないか!

サービスシーンはおいておきましても、珍しく積極的にワイルドな行動を起こしたり、更に珍しい茶目っ気を出したりするレアな一面を見せる卜部は必見です!
この事件がきっかけなのか、二人の、特に卜部の距離がより縮まっており、さらにラヴ度があがっております!

あい変わらず丁寧に書き込まれた絵柄も魅力的でして、今回はコスプレに力が入っています。
特にカバー下でも描き下ろされた鎧姿は異常なまでに力が入っており、植芝先生からあふれ出る何かを感じさせてくれますよ!
描き下ろしといえば恒例のオマケ漫画も5P収録!
こちらでもファンサービスに溢れたものになっています!

健全アブノーマルラブコメディ、「謎の彼女X」第5巻は好評発売中です!
卜部さんの全裸から豪華版(?)ダンボー姿までも拝めるこの一冊、読まずに避けることなどできませんよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!


謎の彼女X 5 (アフタヌーンKC)
講談社
植芝 理一

ユーザレビュー:
か、かわいい!卜部さ ...
カメラ!カメラ!初恋 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ