画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ミミの怪談」です。
メディアファクトリーさんのMFコミックスにて刊行されました。

作者はお馴染み伊藤潤二先生。
ですが今回は原作に木原浩勝、中山市朗の「怪談 新耳袋」で有名な両先生がついており、この作品自体もその新耳袋を基にした作品となっています。

さて、こちらの作品は女子大生のミミが様々な奇妙な恐怖を味わうホラー漫画です。
原作が新耳袋ということで、一応実話が元になっていると言うことになるわけですが……アレンジもしっかり加えられており、ちょっとグロ描写控えめないつもの伊藤先生作品に落ち着いています。

収録されているのは6+2話。
物音立てず生活する謎の黒尽くめの女をめぐる「隣の女」、山中で発見した首吊り死体が恐怖を招く「草音」、マッチョが墓を動かす「墓相」、海辺で死霊が招く「海岸」、少女に付きまとう黒い影「ふたりぼっち」、地下室で人が忽然と消える「朱の印」の6話。
そしてカバー下~本編までの間のページで展開されるショートストーリー「電柱の上にいるもの」「畑の看板」の2羽です。
少ないとは言えそこは伊藤先生作品、グロいクリーチャーは見所のひとつ。
「海岸」に登場するドザえもん、
画像

「ふたりぼっち」に登場する黒い人
画像

なんかはやはり読み手をゾクゾクさせてくれます。
物語自体も4P~30P超の長短さまざま織り交ぜられており、心霊から怪物的な物、不思議な空間や謎としかいえない奇妙な現象などバラエティ豊かで一辺倒で終わりません。
カバー下のショートストーリーだけでなく、本文中にいきなりカラーで血痕だけが描かれたページが入るなど装丁にも気合が入り、伊藤先生によるあとがき漫画も収録されて充実の一冊ですよ!

……で、上のちょっとした作品紹介で気になったところがあるのではないでしょうか。
いや、「墓相」なんですけど……ホラーなのそれ?と思ったのではと。
まぁこれを見てください!!
画像

ホラーでしょう!!
冗談は置いておきましてこういった隙あらばこういったナンセンスギャグを織り交ぜてくるのも伊藤先生のたまらない魅力のひとつ!
なんだかんだ行ってこの話も
画像

きっちりホラーですしね!!

現在月刊サンデーにて「怪、刺す」を連載中の木原先生×伊藤先生の縁を作り出した(?)ホラー漫画、「ミミの怪談」は好評発売中です。
確実に近づく夏の暑さを吹き飛ばす清涼剤として一服いかがでしょうか。
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ミミの怪談 (1) MFコミックス
メディアファクトリー
伊藤 潤二

ユーザレビュー:
相変わらず、怖い全6 ...
ちょっとだけコワイシ ...
ミミ 『新耳袋』の漫 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ