本日紹介いたしますのはこちら、「菜々子さん的な日常RE」です。
コアマガジンさんのメガストアコミックスにて刊行されています。

作者は瓦敬助先生。
別名義の三部敬(あるいは三部けい)として「鬼燈の島」「神宿りのナギ」などを連載している人気作家で、イラストレーターの兼処敬士先生とやんごとない関係にある(らしい)漫画家です。
手塚賞に二度入賞し、荒木飛呂彦先生のアシスタントを経験したり、四季賞の受賞経験もあったりする実力実績ともにある方で、むっちりした女性が印象的な絵を描いていらっしゃいます。

さて、こちらの「菜々子さん的な日常RE」は、いわゆる日常ギャグ漫画です。
掲載誌の都合(?)などもあり、行き過ぎないエロスがふんだんに取り込まれており、辛抱たまらない作品であります。
こちらの作品はタイトルに「RE」と描かれているだけあり、続編モノでして「菜々子さん的な日常」「菜々子さん的日常2」に続く第3巻にあたります。
しかし第2巻に当たる単行本が発売されたのは2002年の4月。
実にその間6年半のブランクがある、満を持しての発刊となったわけです。

内容は相も変わらぬと言いますか、いい意味で前2冊と同じノリでのエロスで馬鹿らしい日常を描くギャグに終始しております。
8年間の空白期間を埋めるかのようにドーンとパワーアップ(主に菜々子さんの胸としりが)!!
今回の収録内容にはシリウスに掲載された作品もあるためなのか、なんと今までついていた成年コミックマークが取れてるのも特長ではないでしょうか!!
とはいっても前々から大人の事情で付いていたマークだそうですので、成年向け時代から変わらぬギリギリ健康的
なエロスがたっぷり堪能できますよ!

沸き立つエロス、愉快なギャグ。
この単行本にはそれだけではありません。
プレゼント企画があったり、おまけページが豊富だったりと言う魅力もあるのですが、何より凄いのがスペシャルサンクスの長さ。
ちょっとしたギャグのつもりで瓦先生が様々な漫画家のほとんどに実際にお会いして作品にベタを入れていただいたんだそうです。
その人数の膨大さたるや……なんと220人以上。
師匠である荒木先生を始め、野口賢先生や伊藤真美先生などの一般誌で活躍する漫画家さんからG-ヒコロウ先生、okama先生、道満晴明先生などのヒコロウ一家(仮)、貞本義行先生やSUEZEN先生などのアニメ界でも著名な方、田沼雄一郎先生や米倉けんご先生などのエロス系、様々な雑誌の編集者の方々などなど、千差万別豪華絢爛そのもの。
確かに読んでいる俺たちにはほとんど意味は無いのかもしれない企画なのですが、意味は無くとも心に感じる確かなワクワク感!!
こんなに様々な意味で前代未聞な企画はありませんよ!!
このスペシャルサンクスを見てニヤニヤするためだけにも定価の半分くらいは出す価値はある気がします!!
無論内容だけでも値段以上の満足感なので、コストパフォーマンスまでいいぜよコリャぁ!!

ギリギリ健全エロスと若気の至り満載なギャグで読者の気持ちを放さない、「菜々子さん的な日常RE」は好評発売中です。
あなたも菜々子さんの一挙手一投足にドキドキすべし!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


菜々子さん的な日常RE (メガストアコミックスシリーズ No. 186)
コアマガジン
瓦敬助

ユーザレビュー:
中学生の気持ちで読む ...
健全な寸止めエロスの ...
健康的でライトテイス ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ