本日紹介するのはこちら、「GOTH」です。
角川書店さんの角川コミックス・エースから刊行されています。

作者は原作が乙一先生、作画が大岩ケンヂ先生。
乙一先生の紹介は10月11日に紹介した「少年少女漂流記」の記事を参照してくださいませ。
そして大岩ケンヂ先生ですが、アニメ化まで果たした「NHKにようこそ!」のコミック版でブレイク。
現在も活躍している新鋭の実力派漫画家です。

さて、こちらの「GOTH」。
2003年の「このミステリーがすごい!」で2位、そして第3回本格ミステリ大賞を受賞した小説「GOTH リストカット事件」が原作。
日本とハリウッドの両方で映画化が決まり、12月20日より本郷奏多さんと高梨臨さんの主演による日本版の上映が開始される予定になっています。
そんな話題の作品を発表当時に間を空けず漫画化されたのがこの作品です。

主人公は殺人等の人の闇に強く惹かれる高校生。
彼は物静かで美しく、手首にリストカットの痕がある少女、森野夜(もりの よる)に興味を持ちます。
しかし彼が惹かれたのは森野自身ではなく、彼女の持つ美しい手。
折りしも世を人間や動物の手を切断する事件「リストカット事件」が騒がせていました。
本当に偶然に犯人を見つけてしまった主人公は悪夢のような策略を考え付くのでした……

その後、不思議な縁から交友を持つようになった主人公と森野。
彼らが人々の闇から発生する事件と出会う奇妙な物語です。

その暗く淡々としつつも驚きの連続を与えてくれるストーリー展開と、大岩先生の美しくも陰のある絵柄はすばらしくぴったりとはまっています。
普通でない主人公達が普通でない事件を普通でない結末へと導いていくこの作品。
題材が題材なだけに中二病の人は勿論、ミステリ好きや暗いムードの漫画が好きな方は満遍なく楽しめます。
映画公開も近づいてきている今こそ未読の方の予習や小説版を既読の方の復習に、是非読んでみてはいかがでしょうか。
映画やる前の今ならミーハー扱いされる心配もないですぜ!!!
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュです!

GOTH (角川コミックス・エース)
角川書店
乙一

ユーザレビュー:
善悪の彼岸に立つ静謐 ...
不思議なくうかん 乙 ...
おもしろい!!小説の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ