本日紹介しますのはこちら、「ゲノム」及び「新ゲノム」です。
前者はビブロスさんのカラフルコミックスキッズから、後者はコアマガジンさんのメガストアコミックスより発売されています。

作者は古賀亮一先生。
近年では「ニニンがシノブ伝」がヒットし、アニメ化にまで到った人気漫画化です。
コロコロとした可愛い絵柄が特長で、ドタバタギャグを得意としている……というかそういう作品しか描きません!

さてこちらの「ゲノム」、古賀亮一先生の原点とも言える作品です。
1997年から現在に到るまで掲載誌を移しながら連載され、今はコミックメガストアで連載。
成年向け漫画誌で連載をしてはいますが、直接的な性描写は一切ありません。
とはいえエロスを扱ったギャグはたんまりとありますのでお子様には薦めづらいですが!

ではどういった話かといいますと……
エルフの大学生エルエルは虫についての卒業論文を書くために人間界にやってきています。
居候しているのは小林という女性研究者の自宅。
そしてそこには謎のフリーダムエロスロボットのパクマンがなぜかすんでいます。
エルエルはパクマンのフリーダム具合に振り回されながら楽しくにぎやかに研究(?)の日々をすごすのでした。
……などという按配なのですが、そんなストーリーなど実際はあってないようなもの!
ナメクジの子孫でエルエル大好き雌雄同体のなっちゃんや、乱暴なダークエルフでエルエル大好き女の子のダクエルなどの多くのキュートな女の子と、変態街道まっしぐらでエルエルを嫁にしようと画策する人間大2足歩行バッタのバッタ16世などのセクハラ全開生物達が毎回なんらかの生物を主題にしたドタバタ日常をおくるだけの作品なのです。
ですがその台詞のキレやテンポのよさ、そしてギャグの面白さは凄まじいものがあります!
こういったものは本当に言葉では表現しづらいのですが、8Pのショート漫画のような形式の作品では並ぶものがないのではないかというほどの面白さ。
特にパクマンの暴走振りはツッコミなしでも十二分の面白さで、最終的には彼をみるだけでニヤニヤしてしまうほどですよ!

そんなわけで疲れや悩みも吹っ飛ぶハイテンポドタバタセクハラギャグ漫画、「ゲノム」は全4巻、入手が比較的容易な「新ゲノム」は2巻まで刊行中です。
シノブ伝しか知らないあなたや、テンションの高いギャグ漫画を求めているあなたに手放しでオススメです。
あなたもパクマンさんのハンサムぶりに酔いしれましょう!
さぁ、本屋さんにはしれっ!

新ゲノム 1 メガストアコミックス
コアマガジン
古賀 亮一

ユーザレビュー:
密度が濃すぎて読みに ...
パクマン節が冴え渡る ...
ワルイコの学習マンガ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ