本日紹介いたしますはこちら、「職業・殺し屋。」。
白泉社さん出版のJETSコミックスより刊行中で、ヤングアニマル増刊Arasiにて連載中です。

作者の西川秀明先生は80年代から「Graham Marsh」「まみやこまし」といった別名義で成年向け漫画を描いていらっしゃっいました。
その後現在の名前で少年ガンガンにて漫画賞を受賞。
その受賞作、「Z MAN」がヒットし、それからも様々な雑誌や出版社で作品を発表していらっしゃいます。
スピード感と迫力のあふれる画風は圧巻で、その上イケメンからナイスミドル、美少女から麗しの人妻まで幅広くしっかり描ける画力が魅力的です!

西川先生作品といえば「Z MAN」や「アークザラッド2~炎のエルク~」あたりを思い浮かべる方も多いと思います。
そういった方がこの作品を見るとビックリするのではないでしょうか。
この作品、それらの少年漫画とは違い、ものすげえエロス&バイオレンスなのです!!

あらすじはこんな感じ。
ネット上に存在する怪しげなサイト、「職業・殺し屋。」
そのサイトは俗に言う殺人依頼サイトで、実行する者達は本物の「殺し屋」達なのです。
しかし普通に想像するそういったサイトと大きく違うところがあります。
まず選ばれた一部のものしか利用できず、その大部分が社会の闇に苦しめられている人達。
そしてその殺人依頼を逆オーディションで決定するのです。
ここで言う「逆」とは値段設定のことで、殺し屋達がいくらでその依頼を受けるかを「どれだけ安く引き受けるか」で決定するのです。
その下限というものは存在せず、安いときには100円などで引き受ける殺し屋が現れます。
そういう者は金のためや干渉の為に働くのではありません。
「殺したいから殺す」
そんなイカレた者達がひしめいているのが「職業・殺し屋。」なのです。
主人公は自らを「イカレた銀髪の蜘蛛」と称する男、志賀 了(しが りょう)。
彼は自らの快楽への欲求を満たす為、そして悪の手に苦しめられたものの復讐を遂げる為に次々と社会の闇にひしめくもの達を惨殺していく……

まあこんな感じです。
最初はエロありグロあり、主人公がいっちゃってる仕事人といった感じで物語は描かれていくのですが、5巻くらいから毛色が違ってまいります。
相手が謎の闇組織だったり政府の影の諜報部員だったり超人人切りだったり、ドンドンとバトル色が強くなってきたのです。
同業の仲間である面子も傷を癒す能力を持つ「松田 小夜子(まつだ さよこ)」、元ボクサーのダンディな巨漢「赤松」、死条皇神流(しじょうこうしんりゅう)という由緒正しい古武術を操る戦闘マニア「四条 誠(しじょう まこと)」等々バトル関係のキャラが増えていき、いまやすっかりバトルマンガ。
ですがもともとが少年誌のバトル漫画出身だっただけに今こそがまさに本来の持ち味を出せているのではないでしょうか。

さて前巻、謎の集落で依頼者の美女に出会った志賀と四条。
妙に古臭いいでたちの村人達はなにやら奇妙でどう考えても普通の現代人ではないようです。
奇妙に思いながらも依頼者に話しを聞くと、彼女は自分の姉を殺してくれと打ち明けます。
するとそこにその当の姉が仲間を引き連れてやってきたではないですか。
その連中は頭に角を生やし鋭い爪と牙を生やし……さながら鬼のようです。
話をするまもなく襲い掛かってくる姉達。
そのとき村人達はバリアのようなものを張ります。
なんと「念」を使える一族なんだそうで、これで何とか今まで村を守ってきた様子。
しかし日増しに偉業の力を増す姉はとうとうバリアを破って中に侵入してきてしまいました。
迎え撃つ志賀たちはその圧倒的な強さで鬼達を次々と倒していきます。
ですが、油断があったのか四条が猛毒の蛇に咬まれ、毒を受けてしまいました。
毒蛇を操る姉に窮地に立たされる志賀達。
ですが姉は突然苦しみだし、逃げ去っていきました。
なんとか助かった志賀達ですが、四条は虫の息……
どうなってしまうのでしょう!

てな感じでした。
どうなっちゃったの!?とこの第12巻を読みますと……続々と繰り広げられるどんでん返しの連続でした!!
まず怪しげな雰囲気を持つ村人達はなんと「宇宙人」!!
超能力やら何やらが日常的に出てくるこの漫画ですが、とうとうここまできたか!!
そしてその技術力……というかメカで四条も回復させてしまいます。
こういったメカがあっても実はその残されているメカが使えると言うだけですごい武器とかは無いんだそうです。
そんなことは知らない四条は一人で温泉に入ってくると別行動をしようとします。
姉はとにかく強いので出会ったら無線で呼んでね、と無線機を手渡す志賀。
ひとり温泉に入る四条。
そこで直前に言われた「姉に出会ったら無線で呼んで」という言葉に怒りを覚えます。
志賀は死条皇神流の使い手である自分を下に見ている、と。
怒りを地面に叩きつける四条ですが、そこに声をかける者が。
気づかなかったことに驚く四条。
それもそのはず、声の主はその姉……日神火(ひみか)だったのです!
彼女は四条を言葉巧みに誘導します。
依頼者……日神火の妹である水月(みずき)こそが全ての元凶だと。
志賀への怒りとその言葉、そして日神火の念によって四条は堕ちてしまいます。
日神火の忠実な僕へと……

そしてこれからが今巻の肝。
「職業・殺し屋。」が誇るトップ2の猛者が本気で大激突!!
職コロファンなら一度くらいは想像したはずのこのドリームカードがとうとう実現します!!
肉を裂き、骨を砕くその激闘はどちらが勝利し、どのような結末になるのか!
そして凄まじい力を持つ日神火をいかにして倒すのか!?
壮絶なバトルと驚嘆の結末が貴方を待っています!
傷直す装置あるから悲惨な結末にはならないよね、という予想は置いておくんだ!!!
勿論エロス要素もたっぷりと含んだ「職業・殺し屋。」第12巻は大反響発売中です!!
本屋さんに慌てず騒がす急ぐのです!!