3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

2008年09月

本日紹介いたしますのはこちら、「ぼくらの」第9巻です。
小学館さんのIKKI COMIXより刊行、月刊IKKIにて大好評連載中。
アニメ化され、その衝撃のストーリーにより各方面で話題になった作品です。

作者の鬼頭莫宏(きとう もひろ)先生はサンデーでデビューした後チャンピオンに読み切りが載ったりアフタヌーンで連載したりと様々な場所で活躍していらっしゃいます。
先生が一躍有名になったのはアフタヌーンで連載していた「なるたる-骸なる星珠たる子-」で、導入の少女が活躍する活劇ものの予感を大きく裏切り、残酷で悲壮な所謂「鬱展開」の漫画で、まさかのアニメ化も果たしました。
その後は主たる活躍の場所を月刊IKKIにうつし、「ぼくらの」の連載を開始。
「なるたる」を上回る超大スケールでの非情で残酷なストーリーを繰り広げて人気作に。
2007年にはアニメ化もされ更に多くのファンを作り出しました。

ご存じない方のためにあらすじを一応簡単に説明しておきますと、主人公といえる子供たち14人は好奇心からある契約をし、500メートル超の巨大ロボットに乗って謎の敵巨大ロボットと戦うことになります。
最初はわけもわからず戦いますが、戦闘を重ねるにつれ非情な現実に直面することになります。
まずこの巨大ロボットを操縦すると勝敗に関係なく操縦者は死ぬこと。
そしてこの勝負に一回でも負けると主人公達が生きていた宇宙そのものが消滅すること。
更に敵も同じ条件で戦っていること……
現実を受け入れられず精神の平衡を保てないもの、死を受け入れ守りたいもののために戦うもの、ロボットの強大な力を自分の私欲の為に使おうとするもの、様々な思惑を秘めて子供たちは戦い、そして死んで行きました……
逃れようの無い現実と絶望的な未来に押しつぶされながらも懸命に歯を食いしばり戦う、そんな子供たちの物語なのです。

第8巻の時点で残された子供たちは5人。
そしてアンコとカンジはそれぞれの想いを込めて敵を倒し、死にます。
今までに無い戦い方をしてきた敵を倒す為、今までサポートして来てくれた軍人の関もその命を散らしていきました。
カンジは死の間際誰が次の操縦者なのか気にかけていました。
もう子供たちの中に契約者はいないということになるはず。
ですが次のパイロットは決まったのです。
……カナでした。

この第9巻ではカナの最期の日常と強い気持ちの描写、そして戦いが収録されています。
何故契約していないはずのカナが戦うことになったのか、カナが頼み込んでいたウシロの母親とは、そしてマチの正体とは。
新旧含めた様々な謎がこの第9巻で続々と明らかになっていきます。
しかもアニメ版を観た方は思わず「え?マジで?」と言ってしまう事実の数々!!
ですが流石は鬼頭先生、アニメ版を遥かに超える非情極まりない展開を見せてくれます。
アウェイで戦うことになったカナですが、優しい彼女は相手を気遣い、痛い目にあわせないで戦いを終わらせたいと考えます。
そういった人間らしい反応を利用するためか、相手は煙幕をまいて視界を奪う為の無人戦闘機にあえて人を乗せて使うなど、なりふりかまわぬ手段に訴えました。
煙幕を利用して攻撃する相手に手も足も出ないカナ。
しかし田中の活躍などもあり戦闘機を撃破し、煙幕を晴らすことに成功します。
いよいよカナと相手の肉弾戦になると、カナは完全にパワー勝ちをして相手を圧倒します。
地面に倒れた相手に止めを刺そうというその時、相手はある人物を人質にとってしまうではないですか。
その人物とは、田中でした。
田中を盾にとられたカナは攻撃が出来ません。
そんなカナに「どうせ死ぬんだから攻撃しろ」と冷たく言い放つウシロ。
そこでカナはウシロにとうとうあの事実を明かしてしまうのです……

相変わらずの繊細な絵で冷酷に物語を進めていくこの作品。
物語の中心的存在であったウシロとカナの物語は最期にカナが見せてくれた優しさと強さをもって完結しました。
数々の事実が明らかになり、物語はまさにクライマックス間近です。
恐らくそう遠くないうちに物語は終わりを告げるでしょう。
苛烈で冷酷で非情な問題作は果たしてどのようなエンディングを見せてくれるのでしょうか。

そんな話題作「ぼくらの」最新第9巻は本日発売です。
今すぐ本屋さんで購入しましょうか!


ぼくらの 9 (9) (IKKI COMIX)
小学館
鬼頭 莫宏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「霊媒師いずな」です。
集英社さんのジャンプ・コミックスデラックスにて刊行、Ohスーパージャンプにて連載中。
ぬ~べ~を生み出したタッグが再び結成して生み出されたぬ~べ~のスピンオフ的作品!
これは注目せざるを得ないでしょう!

作者はもちろん真倉翔、岡野剛の両先生です。
真倉先生は意外な経歴の持ち主で、なんと別名で成年向け漫画を執筆している最中に「天外くんの華麗なる悩み」で週刊少年ジャンプで少年誌デビュー。俺はこの漫画で唐獅子牡丹という物を知りました。
一方の岡野先生は「AT Lady!(オートマチック・レディ)」でジャンプにデビューします。
余談ですが両作品とも多数のヒロイン+あまりぱっとしない男主人公一人と言う構造の最近で言うハーレム物。
連載は前者が1991年、後者はなんと1989年。
時代を先取りしすぎていたのかもしれませんね……
結局両者とも短期で打ち切られてしまいますが、その後二人がコンビを組んで連載したのが皆さんご存知の「地獄先生ぬ~べ~」。
大人気を獲得し、アニメ化や映画化、果てはゲーム化までして一時代を築きました。
ですがぬ~べ~終了後は両先生とも芳しい結果が得られず、長く華々しい舞台に立つことはありませんでした。
そんななかついに連載されたのがこちら、「霊媒師いずな」なのです!

さてこちらの「霊媒師いずな」はぬ~べ~に登場した女子中学生イタコのいずなが成長し、一流の女子高生霊媒師となって現代の様々な霊による事件を解決していくという者です。
掲載誌がバリバリの青年誌と言うこともあり、ぬ~べ~で全国の子供達に一石を投じたエロス描写も激しくパワーアップ。
事件自体も世相を反映した犯罪やインターネット、性を取り扱ったものなどに変化しています。
しかしテンポのいいストーリー運びや少年たちにトラウマを植え付けた迫力溢れる霊の描写などは当時を髣髴とさせ、よいところはそのままに残しています。
もちろんぬ~べ~にも見られたバトルやお色気だけでなく、感動のお話も盛り込んで当時のファンは懐かしさを感じずに入られないことでしょう!
それでいて続編物特有の旧作を知らない方お断りといった話作りはされておらず、一見さんもまったく気後れする必要はありません!
とにかく青年誌らしいエロスに両先生らしい少年誌的エロスが上手い具合にブレンドされているその様子はファンの方でなくとも一見の価値アリ!!……だと思います、多分。

どうやら不定期連載のようで今ひとつ次巻の発売時期がわからないのが難点と言えば難点ですが、ファンならば必携、ファンでなくとも必読の価値のあるこの「霊媒師いずな」。
あなたもジャンプの一時代を気付いたレジェンドの新作を今すぐ目撃しましょう!!
さぁ、本屋さんにダッシュです!!

これも表紙画像のっけときますかね……
画像


霊媒師いずな 1 (1) (ジャンプコミックスデラックス)
集英社
真倉 翔

ユーザレビュー:
帰ってきた!ぬ~べ~ ...
読み方によって感想変 ...
ホラー&エロス「地獄 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「ガン×ソード another」です。
幻冬社さんのバーズコミックススペシャルより刊行されています。
スパロボ発売記念ロボット漫画紹介シリーズ第3弾ということで。
……え?スパロボにえんもゆかりも無いって?
ありますよ!!……俺が……出して欲しいんです……

作者の守屋直樹先生は漫画版「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER」なども描かれている、丁寧でしっかりした絵柄の漫画家です。
協力としてアニメ版「ガン×ソード」の主要スタッフである谷口悟郎、倉田英之、木村貴宏、まさひろ山根の4名がクレジットされています。

さてこの「ガン×ソード another」ですが、上記の4名が協力しているだけあってキャラクター設定などが原作に忠実に描かれています。
その内容はヴァン&ウェンディ、カルメン、プリシラ、そしてなんとカイジの4組のサイドストーリーが描かれています。
ヴァンたちはカギ爪の男を追う道中で出会った男達に追い回されていた花嫁姿の女性を巡るハプニングを。
カルメンはアニメでは深く触れられていなかった本来の仕事の様子を。
プリシラはヴァンと出会う前、孤児院の子供たちのため戦っていた時の出来事を。
そしてカイジは彼の謎に包まれていた私生活の様子に迫ります!
アニメ版で形成されたイメージを崩すことなく展開するストーリーはファンも納得間違いなし!

更にこの単行本の特異な点は何かの雑誌で連載されたものをまとめたという一般的な単行本のそれとは違い、全編が書き下ろされた完全な新作であると言う点です。
普段は「全部読んだ作品だけどファンアイテムとして買っておくか……」と一抹の無念さを抱いて単行本を買う方や、何の気なしに買った後「ゲェーッ!!全部読んだことある!!」と嘆いてしまったことのある方などにも安心してオススメできる単行本です。
守屋直樹先生の「ガン×ソード another」が読めるのはこの単行本だけ!!

なんか原稿をスキャナで取り込んだのを出力して単行本にしてるみたいな画質は少々残念ですが、それ以外はガン×ソードファン垂涎の出来となっているこの「ガン×ソード another」。
まだ持っていない、もしくは存在を知らなかったファンの方は入手するべし!
さぁ、今すぐ本屋さんにウェイクアップ!!
……といいたいところですがこの本もちょっと古く2006年に発行されていますので在庫が店頭に無い場合が多そうです。
本屋さんで注文するしかない!!

ガンソード-another (バーズコミックススペシャル)
幻冬舎

ユーザレビュー:
ファンなら1度読んで ...
アニメとは一味違った ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ガン×ソードにはもうひとつコミック版があります。
それは秋田書店さんのチャンピオンコミックスで出ている作品。
タイトルはそのものズバリ「ガン×ソード」。
表紙は木村貴宏先生のものと思われるウェンディに、この漫画版の作者であるひのき一志先生のヴァンが描かれているデザインです。
アニメ版とまったく設定が違い、名前と見た目が同じなだけのキャラが数名出ている以外はほとんど共通点がありません。
アニメ版ファンにはあまりオススメできませんが、何も考えず肩の力を抜いて読むギャグ漫画が好きな方にはぴったりの作品かと。
俺も持っていますが……どうやら自分は前者だったようです……
キャストへのインタビューが収録されているのでコレクターアイテムとしては価値ありです。

ガン×ソード (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
兵頭 一歩

ユーザレビュー:
だめだ・・・この表紙 ...
ショック!私はアニメ ...
アニメとは内容が違う ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「Gの影忍」です。
メディアワークスさんのDENGEKI COMICSにて刊行されています。
これもかなり古い漫画ですがスパロボ発売記念ロボット漫画特集第2弾ということでお目こぼしくださいませ。

作者はこやま基夫先生。
あの「おざなりダンジョン」等のダンジョンシリーズで知られるミスターマイナーメジャーといえる漫画家です。
詳しくは8月28日の「なおざりダンジョン」紹介時の記事を参照していただければと思います。

この「Gの影忍」は宇宙世紀の数々の争乱の影で暗躍してきた謎の傭兵リョウガの生き様を描いた作品です。
その仕事は主に隠密行動で、つまり忍者そのもの。
漆黒にカラーリングされ、G-3ガンダムを自在に駆る彼を人は「Gの影忍」と呼ぶのです。
その忍術は確かなもので、丸太と入れ替わり敵の攻撃を避ける「変わり身の術」や、メインモニターに頼らないことによって作動する全視界モード「心眼センサー」、相手を羽交い絞めにしたまま大気圏に突入し絶妙の角度をつけることで相手だけを焼き尽くす「イズナ落とし」、太陽風を受けて移動する(と思われる)大凧乗りなどなど、多彩な技を見せてくれます!……もちろんガンダムに乗ったまま!!
裏で活躍する忍者の敵はやはり正道を持って戦うモビルスーツ乗りはいないのか、敵も驚きの術を使うヤツばかり。
五体をバラバラにされたもまだ襲い掛かってくるザク、腕が6本もあるモビルアーマーのα(アシュラ)・アジール、東部が外れて巨大手裏剣になるハンブラビ+など、もう笑うしかない驚愕するばかり。
他にも素手でビームサーベルを白羽取りする謎の老人が出てきたり、その正体がなんと眉間に傷のあるあの人だったりともう大変なことに。
最初はギャグ色の強いこの作品も、話が進むにつれシリアスな色合いが濃くなり、最終的には地球の危機を救うまでに物語は膨らみます。
その敵は謎の宇宙生命体がモビルスーツを模したものを生み出し襲い掛かってくるのですが、その描写はなにかを思い起こさせてくれます。
そう、デビルガンダムです。
主人公が忍者で忍術のような戦法でデビルガンダムと戦う……
これはなんだかGガンダムに通じるものがあるような気がしますよ!
事実はわかりませんが、この作品をきっかけに何かアイデアが生まれてそれがGガンダムに繋がったのだと考えると……
なんだか嬉しくなってしまうのは俺だけでしょうか!

歴史の影で活躍し、その歴史を動かすと言う忍者漫画と、モビルスーツ同士の激しい戦闘を堪能できるガンダム漫画、その両方を同時に堪能できる「Gの影忍」。
是非あなたも体験してみてはいかがでしょうか!
さぁ、今すぐ本屋さんに影のごとく走れ!!
最後に出た電撃コミックスバージョンの初版が2005年なんで、多分注文しないと無いでしょう……
皆さんの健闘を祈ります!!
表紙はこれ。画像無いのかよamazon!!
画像


Gの影忍 (電撃コミックス)
角川(メディアワークス)
こやま 基夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



これを読んだガンダム好きの方が他のこやま先生作品を読んでくれたらうれしいなぁ、なんて……

本日紹介いたしますのはこちら、「∀(ターンエー)ガンダム 月の風」です。
角川書店さんの角川コミックス・エースより刊行。
今更?と思う方もいらっしゃるとは思いますが、いいんです!
∀スパロボ参戦&発売記念なんです!!

作者のあきまん先生はカプコン社員として「ストリートファイター2」や「ファイナルファイト」のキャラデザインなどを手がけた後個人会社を設立し、「∀ガンダム」のキャラデザイン、「OVERMAN キングゲイナー」のメカデザインなどを手がけた後完全にフリーとなって活躍している……なんだろう……絵を描いて生活している方です!
最近では「コードギアス 反逆のルルーシュ」のナイトメアデザインをしたようです。
漫画の仕事は非常に少なく、単行本になっているのは今のところ唯一この「∀ガンダム 月の風」のみです。

さてこの「∀ガンダム 月の風」ですが、舞台は地球にやってくる前、月にいた頃のロラン・セアック少年時代の物語です。
ディアナ・ソレルに使える為ディアナ・カウンターに入隊したばかりのロラン。
様々な人物と彼との出会い、そして優勝者にはディアナのキスを受けられると言う耐久レース地球の尻尾(アーステイル)とその影で蠢く陰謀を巡って物語は進行していきます。
作中でも本編同様ロランは超良いヤツで、見も知らぬ少年を助けてあげたり、毎日マメに自分の乗るモビルスーツを奇麗に洗ってたりともうこっちが困るくらい。
この性格のおかげで助かる場面があったり。しかも超重要なところで。
そして∀ガンダム本編の前日譚的な色合いの強い本作はロランとキース・レジェの出会いやロランの父親についてなども言及されており、ファンには非常に興味深い作品になっています。
ハリー・オードが謎の格闘技「Iフィールド・アイキ」を使ったり、ディアナカウンターの基地が定食屋の裏の物置の地下にあったりとギャグ色も強く、あきまん先生独自の作風が色濃く出ております。
画風も低い等身で、線も細かったりぶっとかったり丁寧だったり荒々しかったり統一されておりませんが(これは雑誌掲載時のラフ状態から単行本に直したときにかなり書き直したのが原因だと思われます。)それでもなおあきまん先生の確かな画力を感じさせてくれる作画です。
魅力的に描かれた女性キャラも流石。
第1話の表紙に出てるフラン・ドールが作中には一コマしか出てないのが気になるところですけどね!!

そんなこんなでガンダムシリーズの完結編とも言える「∀ガンダム」の世界観の理解をより深めてくれるこの「∀ガンダム 月の風」は全国書店にて発売中です。
∀ファンの方、あきまん先生のファンの方、そしてスパロボで∀に興味を持った方々皆様にオススメ!
ちゃっかりコズミック・イラも黒歴史の仲間入りをさせてしまったこの作品、貴方もその目で確かみてみろ!
さぁ、今すぐ本屋さんにユニヴァース!!

ターンエーガンダム 月の風
角川書店
あきまん

ユーザレビュー:
ガンダム出てこなくて ...
賛否両論だけど・・・ ...
あきまん祝初マンガマ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



あ、この漫画ガンダムは一コマしか出てきませんのであしからず。

このページのトップヘ