3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

2009年05月

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「妖幽戯画~おどろ怪異譚」です。
竹書房さんの竹書房文庫から刊行されています。

作者は西浦和也(にしうらわ)、うえやま洋介犬(うえやま ようすけ)の両先生。
文を担当している西浦和也先生は同じ竹書房文庫で何冊か恐怖系の書籍を刊行している作家さんです。
また、「コ・ワ・イ・ハ・ナ・シ・ヤ・ミ・ノ・サ・サ・ヤ・キ」という怪談サイトも運営されています。
うえやま先生に関しては09年3月11日の記事にて紹介しておりますのでそちらもご参照くださいませ。

さて、本書はうえやま先生が自サイトで連載していたショート恐怖漫画に多数の書き下ろしを加え、西浦和也先生が実話怪談を加えた1冊です。
西浦和也先生の会談も非常に魅力的なのですが、一応ウチは漫画紹介サイトっぽいのでうえやま先生の担当部分について触れて行きたいと思います。

本書に収録されているうえやま先生の恐怖漫画はなんと80編超!
いつもの超短編漫画に加え、「不思議ナックルズ」で連載されていた4コマ恐怖漫画「怪奇新聞」や、「座談怪」と銘打たれた18Pの短編が収録されています。
その内容は以前の単行本同様非常にバラエティ豊かで、様々な視点からの恐怖が楽しめます。
今回はとりわけキモイクリーチャーと、
画像

人間の恐さ
画像

を描いた作品が多く、なんかもう見てるだけでむずむずして来ます!
勿論心霊的な恐怖もありまして、今回は読者投稿の実話怪談の漫画化も多数収録。
画像

そちらでもグンバツの恐怖を描かれています!

そんな1~3Pのショートストーリーの中で異彩を放っているのが前述した18Pの「座談怪」と、6Pの「黒骸」です。
「座談怪」は集まった友人3人が軽い気持ちで身近に起こった怪現象を語る恐怖の様を描いたもので、オリジナリティの高いあまりに奇妙な物語がつづられた後、最後にはお約束とも言える最大の恐怖がやって来るお話。
うえやま先生独特の不可思議な味わいも素晴らしいのですが、王道もまた良し!と言える一粒で二度おいしい一編です。
かわって「黒骸」は突如おこった友人の神隠しをきっかけに起きる出来事をつづっています。
半年後突然神隠しから帰ってきた友人は以前とは変わり果てており……
画像

更なる怪異が起こるのです。

とにかく本書は一気呵成とばかりに襲い来る恐怖が堪能できる一冊です。
うえやま先生独特の味がこれでもかと盛り付けられており、暑い夜をすごすのに最適と言えるのではないでしょうか。
本書の為の書き下ろしもなんと40Pを数えており、気合を感じさせてくれます。
足しげくうえやま先生のサイトに通っているファンの方でもスルーできませんよ!

文庫本サイズに怪奇がぎゅっと凝縮された「妖幽戯画~おどろ怪異譚」は好評発売中です!
コミック扱いではなく文庫本書籍扱いですので、本書を探す際にはご注意くださいませ!
本が本だけに本屋さんよりもコンビニとかの法が案外見つけやすいかも。
とにかく夏の夜の枕元にふさわしい一冊!
涼しい夜がすごせることでしょう……!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


妖幽戯画 幽玄漫画怪異譚 (竹書房文庫 HO 64)
竹書房
うえやま 洋介犬

ユーザレビュー:
マンガと怪談文学のコ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ミミの怪談」です。
メディアファクトリーさんのMFコミックスにて刊行されました。

作者はお馴染み伊藤潤二先生。
ですが今回は原作に木原浩勝、中山市朗の「怪談 新耳袋」で有名な両先生がついており、この作品自体もその新耳袋を基にした作品となっています。

さて、こちらの作品は女子大生のミミが様々な奇妙な恐怖を味わうホラー漫画です。
原作が新耳袋ということで、一応実話が元になっていると言うことになるわけですが……アレンジもしっかり加えられており、ちょっとグロ描写控えめないつもの伊藤先生作品に落ち着いています。

収録されているのは6+2話。
物音立てず生活する謎の黒尽くめの女をめぐる「隣の女」、山中で発見した首吊り死体が恐怖を招く「草音」、マッチョが墓を動かす「墓相」、海辺で死霊が招く「海岸」、少女に付きまとう黒い影「ふたりぼっち」、地下室で人が忽然と消える「朱の印」の6話。
そしてカバー下~本編までの間のページで展開されるショートストーリー「電柱の上にいるもの」「畑の看板」の2羽です。
少ないとは言えそこは伊藤先生作品、グロいクリーチャーは見所のひとつ。
「海岸」に登場するドザえもん、
画像

「ふたりぼっち」に登場する黒い人
画像

なんかはやはり読み手をゾクゾクさせてくれます。
物語自体も4P~30P超の長短さまざま織り交ぜられており、心霊から怪物的な物、不思議な空間や謎としかいえない奇妙な現象などバラエティ豊かで一辺倒で終わりません。
カバー下のショートストーリーだけでなく、本文中にいきなりカラーで血痕だけが描かれたページが入るなど装丁にも気合が入り、伊藤先生によるあとがき漫画も収録されて充実の一冊ですよ!

……で、上のちょっとした作品紹介で気になったところがあるのではないでしょうか。
いや、「墓相」なんですけど……ホラーなのそれ?と思ったのではと。
まぁこれを見てください!!
画像

ホラーでしょう!!
冗談は置いておきましてこういった隙あらばこういったナンセンスギャグを織り交ぜてくるのも伊藤先生のたまらない魅力のひとつ!
なんだかんだ行ってこの話も
画像

きっちりホラーですしね!!

現在月刊サンデーにて「怪、刺す」を連載中の木原先生×伊藤先生の縁を作り出した(?)ホラー漫画、「ミミの怪談」は好評発売中です。
確実に近づく夏の暑さを吹き飛ばす清涼剤として一服いかがでしょうか。
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ミミの怪談 (1) MFコミックス
メディアファクトリー
伊藤 潤二

ユーザレビュー:
相変わらず、怖い全6 ...
ちょっとだけコワイシ ...
ミミ 『新耳袋』の漫 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「プロペラ天国」です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラにて刊行されました。

作者は富沢ひとし先生。
富沢先生とその代表作、「エイリアン9」は08年11月29日の記事で紹介させていただいておりますので、よろしければご覧くださいませ。

さて、こちらの作品は学園を舞台にしたアクション漫画になります。
ですがその一言では片付けられない、富沢先生ならではの強い強い個性が散りばめられている一癖も二クセもある作品なのです。

主人公は中学1年生の女子、桜田子鐘(さくらだ こがね)。
画像

彼女はあまりにも頼りない姉、子糸(こいと)を強い子にしようと考え、「恋愛探偵組」という依頼者の悩みを解決する部活を作ります。
名前が名前なせいか、入ってきた依頼は恋の悩み。
気になる女子の素性を調査して欲しいというものでした。
素性、というか調べて欲しいのは「人間かどうか」。
この世界には「普通人間」と「合成人間」と呼ばれる奇妙な人種が存在するのです!
そして子糸もまた合成人間で、普通人間の子鐘を守るため奮闘します。
画像


様々な事件に首を突っ込んで行く子鐘たちですが、実はこの部活は一冊の本を元にしていました。
その本は「恋愛探偵組」。
何故か登場人物の名前が子鐘たちと同じなのですが、この本の中では子糸が非常にかっこいいヒーローのように描かれていました。
ある日子鐘が「子糸も早く主人公みたいにカッコよくなって」とつぶやきます。
するとどこかで奇妙な合成人間が起き上がり、つぎつぎと合成普通とわず人間たちを襲い始めたではないですか!
その合成人間にかかると普通人間は昏倒し、合成人間は奇妙な肉の塊に変形して機能を止めてしまいます。
子鐘もその魔の手にかかり昏倒してしまうのですが、それを見た子糸の様子が変わります。
顔がはずれ機械的な頭部が現われたかと思うと、謎の合成人間と共に人間たちを襲い始めたのです!
画像

瞬く間に動くもののいなくなってしまった学校。
しかし翌日、何事もなかったかのように日常が始まりました。
いや、何事もなかったかのようなと言うにはあまりにも大きな変化がおきていたのです。
頼りなくおどおどとしていた子糸ががさつで乱暴で妹をいじめて喜ぶような性格へと変化し、子鐘もそれが当然のように受け入れているのでした!


と言うわけでこの物語、とにかく謎が謎を呼ぶ展開が続きます。
この後物語は驚くべき急展開を迎え、この世界の衝撃的な実状が明かされるなどの息をもつかせぬクライマックスに突入します。
人間と合成人間、その関係の本当の姿は驚くべきもの!
他にも明かされていく謎の数々や、予想以上のシリアスな展開に驚愕間違いなし!
このように、とにかく驚きの連続が楽しめるハードSF漫画になっているのです!

謎が謎呼ぶ女子中学生アクション漫画、「プロペラ天国」は全1巻で発売中です。
独特の作風は勿論、富沢先生が好んで描く「少女がキモい生物に変化」も
画像

しっかり(?)とはいり、ファンは必読!
そして富沢先生の作品としては圧倒的にわかりやすいので、先生の作品を敬遠していた方にもオススメですよ!
まぁその「少女が~」の特長のおかげで万人に薦めづらいというのもあるんですけどね!!
とにかく、本屋さんに急ぎましょう!!


プロペラ天国
集英社
富沢 ひとし

ユーザレビュー:
冗談や漫画ではすまな ...
とにかく回る。 ウル ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「伊藤潤二 恐怖マンガ Collection(いとうじゅんじきょうふまんがこれくしょん)」です。
今は亡き朝日ソノラマさんから刊行されました。

作者は勿論伊藤潤二先生。
伊藤先生の作品紹介は「伊藤潤二」のテーマにてまとめておりますので、ご興味ございましたらそちらもご覧くださいませ。

さて、こちらは97年から99年にかけて刊行された、その時点での伊藤潤二先生作品をまとめた全集的単行本です。
勿論中身はこれでもかこれでもかとホラー漫画です!

全16巻にも及ぶこの単行本、伊藤先生の新旧織り交ざった作品を堪能できます。
収録作は映画化した「首吊り気球」、「案山子」、「死人の恋わずらい」等の知名度もインパクトも抜群の作品をはじめ、双一シリーズや押切シリーズなどの連作、「フランケンシュタイン」と言う超有名作品のリメイク等、実に様々。
中には「なめくじ少女」というあまり嬉しくない知名度の広がり方をした作品もありますが……(知らない方は『なめくじ少女』でググって見ましょう!)
そんな多種多様な作品の中、やはり伊藤先生を語る上で避けて通れないのは「富江」でしょう!

「富江」はやはり伊藤先生の代表作と言うことで、この単行本でも1・2巻に割り振られています。
もはや説明不要ともいえるこの「富江」ですが、名前くらいは知ってるけど……という方のためにも紹介したいと思います。
ミステリアスな美少女、富江。
画像

彼女はその絶世の美貌と魔性の魅力によって年齢を問わない殆ど全ての男性を虜にします。
それによって現われた先々でトラブルを起こすのですが、彼女の恐ろしさはそこではありません。
富江の虜となった男性は絶対服従といってもよいほど心酔するのですが、同時に富江を奪われたくないと言う嫉妬心や、わがまま放題の富江に対する憎しみといったものも増大させていきます。
そして富江本人も非常に飽きっぽく、虜になった男性がどんなに尽くそうともいずれ興味をなくして違う男を求めてしまうのです。
そうなる虜となった男の取る行動はひとつ。
富江を殺し、バラバラにしてしまうのです!!
そして彼女の持つ本当の恐ろしさはここから発揮されます。
バラバラに切断された死体のそれぞれが不気味に蠢きだし、再生。
そのバラバラになった一つ一つが富江となり、各地に散らばっていくのです!
画像


各地で恐怖を巻き起こして増殖を続ける「富江」は、一世を風靡した「リング」に端を発する「増殖系ホラー」の魁ではないでしょうか。
とにかく富江の持つおぞましさと、登場人物が持つことになる狂気の描写は鬼気迫るものがあり、これぞホラー漫画!と言うにふさわしい漫画になっています。
この「富江」以外の作品もグロくて狂っていて……なによりも奇抜なオリジナリティの溢れる作品ばかり。
ホラーが苦手でなければ確実に楽しめるものばかりです!
ギャグ要素の強い作品や、一周回ってもはやギャグマンガになっている作品もあるので息抜きもできますよ!!

伊藤先生クロニクル、「伊藤潤二 恐怖マンガ Collection」は全16巻で発売中です!
文庫版として「伊藤潤二 恐怖博物館」もでておりますが、どちらにしろ朝日ソノラマさん亡き今絶版。
プレミアがついていてむしろ文庫の方が入手困難だったりする始末です。
かさばりますがこちらの方が入手しやすいのではないかと!
さぁ、古本屋さんとかに急ぎましょう!!

それにしてもいろいろと傑作もある中、ぶっちゃけ富江しか紹介しなかったけど良かったんでしょうかね。
まぁ伊藤先生作品の主役と言うか、顔は富江だということで勘弁してやってください!
……あれ、誰か来たようです……
画像

ひぃ!すみません!!淵さん!!


伊藤潤二恐怖マンガCollection (1)
朝日ソノラマ
伊藤 潤二

ユーザレビュー:
元祖・富江!!伊藤潤 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「おもかげ幻舞」です。
秋田書店さんの少年チャンピオンコミックスにて刊行されています。

作者はこやま基夫先生。
こやま先生の他作品の紹介は「こやま基夫」のテーマにてまとめさせて頂いておりますので、合わせてご参照くださいますと嬉しい限りでございます。

さて、こちらの作品は主人公が社会に潜む悪人達を退治していく、仕事人系の漫画……と見せかけた能力バトル漫画です。
主人公はある学校の教師をしている青年、面影蒼(おもかげ あおき)。
画像

物腰の柔らかい礼儀正しい美青年なのですが、感情表現を殆どせず、私生活は謎に包まれています。
そんな彼を何故だが気に入ってしまった少女、神楽マキ(かぐら まき)が彼の家に押しかけるとその家には世界格好の様々な仮面が飾られていました。
メジャーなものからマイナーなものまで様々ある仮面の中に紛れ込んでいる、人間の顔を写し取ったライフマスクとデスマスク。
この仮面は何かとマキが聞くと、蒼はそのマスクの人物を忘れない為に飾っているのだと答えまるのでした。

ライフマスクのモデルとなった人物は蒼が闇へと葬った人物のものでした。
蒼は許しがたい悪人を目にしても感情を動かすことはありません。
ですが心の奥底に眠る心が彼の仮面の姿を借りてこうささやきます。
放って置いていいのか、われわれがやるしかない、と。
画像

その声を聞いた蒼はその悪人にふさわしい仮面を被り、葬りに向かうのです……

という1話完結の仕事人スタイルなのですが、それは実質第1巻だけ。
第2巻で人形を操る殺し屋、呪三郎が現われてから物語の雰囲気はガラリと変わります。
画像

いままで味付け程度でしかなかったバトル展開が挿入され、今まで使わなかった「仮面をかぶるとそれにちなんだ攻撃ができる」という特殊能力まで発揮。
そして呪三郎とは仲間と言いづらいものの一応の協力関係となって日本を裏から牛耳る闇世界の首領、渋澤翁と戦うという大事になります。
敵もどう見てもバケモノな人や、出る漫画ちがくね?というようなサイバーな感じの人が現われ、とにかく少年漫画らしいバトル漫画へと変貌します。
画像


能力バトルものとしてもなかなか楽しめるのですが、最大の売りはやはり蒼の過去ではないでしょうか。
蒼は何故感情を表さないのか、自宅の特別な部屋に飾ってある女性のライフマスクはなんなのか、それらが物語にしっかりと絡んで作品のしっかりとした芯になっています。
とにかく黒幕と言うか全ての原因となったある人物の外道っぷりは特筆ものです!

また、作中に登場する仮面の詳細とかも記載されていてなんだかお得な気分になれますよ。
メキシコのモザイク仮面なんかは「孔雀王 退魔聖伝」とかでもでていましたので、興味深く読める方も多いのではないでしょうか!
……その知識があるからといってどうなるってわけでもないんですけどね……

こやま先生作品としては非常に珍しい、シリアスなバトル漫画、「おもかげ幻舞」は全4巻で発売中です!
ギャグが非常に少なく、終わり方もなんだか寂しい感じでとにかくこやま先生らしからぬ作品ではありますが、意外性がありつつテンポのよい展開やキャラクターの強い個性からはしっかりとらしさを感じさせてくれます。
特に実質のラスボスとなった呪三郎との決戦は燃えますよ!
マイナーメジャーと言えるこやま先生の作品の中でも更にマイナーなこの作品ですが、終盤の急ぎっぷりはともかくしっかりとまとめられた完成度の高い作品になっています。
能力バトルが嫌いでなければ一読してみていただきたい!
さぁ、古本屋さんとかに急ぎましょう!!


おもかげ幻舞 1 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
こやま 基夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ