3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

2009年07月

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「藤子・F・不二雄大全集 パーマン」第1巻です。
小学館さんから刊行されました。

作者は藤子・F不二雄先生。
今回の全集で刊行された「オバケのQ太郎」は09年7月25日の記事にて紹介しておりますのでそちらもよろしければご覧下さい。

さて、記念すべき大全集の初回刊行の1冊となった「パーマン」。
2度にわたるTVアニメ化、近年にも劇場アニメ化をした世代を超えて愛されている名作です。
こちらもA先生が多少なりともかかわっているようですが、いろいろあったオバQとは違って幾度となく新装版や文庫版が刊行され、比較的入手のしやすい作品でした。
とはいっても今回の全集は一味違うようで、今回刊行された3冊の中で最も薄い(といっても300P超!)とは言え全8巻での刊行が予定されており、完全版と銘打つにふさわしいボリュームになっているようです。

やはり注目したいのは第1話です。
開始早々なかなかのダメっぷりを見せ付けるミツ夫。
勝てないと解りきっているけんかを売ったりするなどの謎の男らしさを持ち合わせていますが、憧れの女の子に「いつもいじめられてかわいそうね」と面と向かって言われてしまう、基本的にかわいそうな毎日を送っていたようです。
いつものようにいじめられていた彼がであったマスクの男。
彼は自分をスーパーマンと呼び、ミツ夫にマスクやマントを与えてさっさと去って行きました。
このマスクやマントをつけると空を飛べたり6600倍の筋力が出せたりする本物の超科学道具。
その力はスーパーマンには及ばないものの相当なもので、スーパーマンに少し足りない……スーがスーっと消えて、パーマンと呼ばれる超人に変身できるのです!

とまあ誰でも知っている導入部ですが、やっぱり当時らしいおおらかさに溢れる作品になっています。
ミツ夫が偽札をつかまされたり、牧場の取り合いで銃撃戦が起こったりなどの普通なら相当な大事をさらっと極普通の1話として消化してしまう等の物語的な大らかさはもう全編から漂ってきます!
キャラクターとしても、例えば皆よく知るパーマン2号、ブービー。
なんと彼、何の説明もなく突然パーマンの姿で登場し、「さるをパーマンにするとはなあ」の一言でいろんな疑問をすっ飛ばし、1号と共に事件を解決してそのまま普通にレギュラー入りするのです!
いいんだよ!細かいことは!!といわんばかり!

ところで、初登場からパーマン状態でアルバイトに励んで金を溜めている4号のパーやん。
異様なまでに落ち着きがあり、人生の酸いも甘いもかみ締めたように冷静且つ的確に物事を判断するその様は貫禄十分で、幼き日の俺は結構いい年したおっさんだと思い込んでいました。
その後認識を変える機会もなく今に到っていたわけですが、今回読んでいたら
画像

「おとなになったらパーやん貿易という会社をつくるんや」と言う台詞があるじゃないですか!!
うおおビックリ!子供だったんかい!
とにかく今巻中でもガンガン冷静な判断力と圧倒的な行動力を活かして大活躍し、
画像

第1巻ででているパーマン4人の中で最高のスペックを見せ付けてくれるのでした!

アニメ版ではバードマンになっていた彼が今巻ではきちんと(?)スーパーマンになっているなど、やはり出来る限り初出に近い形にしているようですが、「正体がばれたらクルクルパー」は流石に元に戻っておらず「正体がばれたら動物に変える」のままでした。
ぶっちゃけブービーに対してこの脅しは通用しないですよね……
というかブービーは動物である自分の目の前で「動物に変えるぞ!!」と脅される仲間を見てどう思っていたんでしょうか!!
また、そのエピソードでスーパーマンは心理分析カウンターという物を使って心の奥底を調べ、自分の正体を明かさず正義の為に働くものを選んで任命したといっています。
画像

ほほう、ここで読み返してみますと……
画像

……嘘つくなよ!!スーパーマン!!!

とまあ細かいことは気にしない大らかさもF先生作品の魅力。
それを別としても、「特別な道具や存在といっしょに日常を送る」と言う作品ばかり描いているというのに「あれ?このネタ他の作品でも見かけたな?」ということがないというのがすごすぎます!
こればっかりはF先生の天才性そのものではないでしょうか!
第1巻だというのにパーマンのアイテムが奪われたり、劣化コピーを製造されてしまったり、コピーロボットが壊れてしまったりと山場が多いのもまた凄いところ。
連載でありながらもしっかりと1話1話で勝負しているF先生らしい、飽きさせない作りとなっています!
もう本当にさすがと言うしかないです!

同全集のオバQと同じく全集にふさわしい、貴重な連載予告ページや最初に発行された単行本のみに掲載されていた幻の第1話導入等のレアなものが収録!
83年に発表されたF先生のコメントの再録に、パーマンの声優である三輪勝恵さんのコメントも載って、そこから両氏のパーマンに対する熱い思いがひしひしと感じられます!
漫画部分だけでも十分以上のクオリティだというのにオマケ要素もこの充実振り!
これが小学館さんの本気なんでしょうか!

今見てもまったく色あせない魅力を放つ「藤子・F・不二雄大全集 パーマン」第1巻は好評発売中です!
謎の毒ガス密造団から恐竜探索まで、ふり幅広すぎるこの作品。
とにかく今読んでも断然面白い!の一言に尽きます!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


パーマン 1 (藤子・F・不二雄大全集)
小学館
藤子・F・不二雄

ユーザレビュー:
パーマンだけ追体験で ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「絶対可憐チルドレン」第17巻です。
小学館さんの少年サンデーコミックスにて刊行、週刊少年サンデーで連載されています。

作者は椎名高志先生。
椎名先生と今までの本作の紹介は「椎名高志」のテーマにてまとめておりますのでそちらもよろしければご参照くださいませ。

さて、前巻では薫達が中学校に進学。
それに伴って新たな敵の影と、いかにもな新キャラが登場しました。
なにやら敵とその新キャラに繋がりがあるのは間違いないようで……

といってところで今巻に続きます。
前巻から続いている友人の誕生日に起こると予知された事件。
しっかりとした事前予知に成功し、ナオミや初音の協力もあって無事に防ぐことに成功します。
画像

しかし、まるで薫たちの予定に合わせたかのように予知よりも早く起きた事件や、犯人は突然超能力に目覚め突然凶行に走ったという事実などから、皆本達は違和感を感じずに入られないのでした。

そんななか大事件が起こります。
……といっても大事件なのはチルドレン達にとってだけなのですが……
なんなのか、といいますと皆本がお見合いをするんだそうで。
今まで話を断ってきた皆本が今回のお見合いを受けるのはどうやら相手が小学校時代の同級生だったためのようで、懐かしさやその女性と昔交わしたある約束もあってのこと。
勿論結婚など考えてもいないのですが、周りはそう見てくれるはずもなく、チルドレンたちは勿論バベルの面々も総出で様子を見に行くのでした。
画像

早々にチルドレン達が乱入してドタバタしだすのですが、そこに兵部たちもちょっかいを出しに現われたものですからもうどうしようもありません!
お見合いに来た彼女の本当の目的は果たされたものの、お見合いはなんかようわからんうちに終わるのでした。

ところでこのギャグ重視の話、注目点は薫にありました。
今までならば紫穂や葵とともにお見合いをぶち壊す行動を取っていたであろう薫ですが、なにやらドギマギするばかりで途中に帰宅してしまう始末。
体調のせいだと本人は言っていましたが、明らかにそれは心の変化が由来。
今までも皆本が好きだった薫ですが、体の成長と共に精神的にも成長し、完全に皆本を男性としてみるようになっていたのです!
画像

大人の階段登ってます!君はまだシンデレラです!!(今月、俺2度目の使用ですねこのフレーズ……)

と言うわけで新たな敵との戦闘が本格化をし始め、なにやら更なる展開を予感させる今巻。
同時に薫の成長によって恋愛要素も一層増してまいりました。
画像

次巻以降確実に来るであろう敵との決戦は勿論のこと、女性になり始めている薫の心の動きや、チルドレンに女性を感じ始めてしまっている皆本の間に起こるラブコメ的展開にも期待せざるをえませんね!
ギャグも相変わらず絶好調で、もはや恒例となっているパロディネタも掲載。
画像

幽波紋な感じのネタも!!
成長性は低そうだ!!
そのうえ単行本書下ろしのオマケ漫画も収録し、まさに大充実です!

中学生編も変わらぬ盛り上がりを見せる「絶対可憐チルドレン」第17巻は好評発売中です!!
ギャグやアクション、ラブコメ要素も詰め込んだ本作、アニメが終了した今なお衰えぬ完成度を楽しむべし!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!



絶対可憐チルドレン 17 (少年サンデーコミックス)
小学館
椎名 高志

ユーザレビュー:
先生~~~~~~!! ...
やっぱり薫ばかり、伏 ...
おっさんもはまる!1 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「孔雀王 曲神紀」第10巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックスにて刊行、週刊ヤングジャンプにて連載されています。

作者は荻野真先生。
今までの今作の紹介等は「孔雀王」のテーマにてまとめておりますので、そちらもよろしければご覧になってくださいませ。

さて、前巻では新たな敵、ヤマタノオロチが現われました。
さらに「八の神」という脅威の存在がちらつき始め……

そんな続々と明らかになる新事実の中、第10巻は始まります。
さっそく大山津見から語られたのは、我々がよく知るものとは大きく違うヤマタノオロチの神話の本当の姿、神の間で語られる「真話」でした。

それははるか昔、まだ人間と神の距離が極近かった頃の話です。
滅多な事で死ぬことはない神々。
そんな神が続々と死体となって発見される事態がおこりました。
当時から神と人との間で唯一「死と病」を研究していた月読はその調査を命じられます。
死体を一時的によみがえらせて語らせると、死んだ女神はどうやら男に恋をしていた様子。
その恋の相手の名は「八千矛(やちほこ)」。
八千矛がもたらしたのは女神の死体だけではありません。
被害を受けた女神達の半分に、通常の神には見られない明確な「老い」がもたらされていたのです!
画像

しかもその老いた女神達はそれぞれが八千矛の子供を生み、その後急激に老いさらばえたのだと!

本来老いも病みもしない神。
すなわちそれは「子供の神」も存在しないということです。
ですが八千矛の生ませた子供たちもまた神であり、今まで存在したことのなかった「子供の神」となります。
その異様な事態に緊張の走る神々ですが、八千矛は近々また神たちの住む皇宮に侵入するであろうことは確実と考え、月読に守備を任せるのでした。

そしてやはりやってきた八千矛。
新たな女神を毒牙にかけますが、月読は何とかその現場に到着します。
自らをイザナギに変わる「産ませの神」であると名乗る八千矛ですが、5柱の神を殺し、また5柱の神に子供を産ませたもののやはり老いを与えて殺す。
ですが月読は数の減るばかりの産ませしかできない八千矛が「産ませの神」であるはずがないと一蹴。
八千矛に強烈な一打を叩き込んで動きを止めることに成功します。
そこで月読は八千矛に宿らせれば自らのコントロール化におくことの出来る蛾を使い、八千矛の全てを掌握します。
問い詰める月読ですが、結局八千矛自身も自分のルーツなどははっきりとわかっていないようで、彼が何者なのかはわかりません。
その上「イイ女を孕ませろ」と言う命令を受け、最初に襲った女のことを語りだすと異常な姿に変貌!
画像

爆散し、消滅してしまうのでした。

得体の知れないまま消えた八千矛。
しかし八千矛は2度生まれていたことから、3度目もあるかもしれない……と考えた天照は八千矛の産ませた子供の神たちを皆殺しにしようとします!
ですがそれを阻止したのはなんとすべての神の父であるイザナギでした。
イザナギは子供の神たちを文字通り自らの子供のようにかわいがり、天照達を自分の手足や道具に過ぎないくせに勝手なことをするなと怒鳴り散らす始末。
神々に滅亡をもたらす恐れがあるというのにもかかわらず八千矛を放っておけとまでいうイザナギですが、神々はそれに従うしかなく……
ところが月読はこのやり取りから八千矛もまたイザナギの手足や道具……つまりイザナギの持つ何かの化身だという結論に行き着くのでした。

明かされた衝撃の過去。
明かされたといってもまだまだ謎は多く、イザナギの思惑や八千矛、そしてヤマタノオロチの素性や彼に子を産ませるよう命じた存在など、物語はますます混迷を深めるばかりです。
とにかく放っておけば人間たちのみならず、神達にも甚大な被害をもたらすであろうヤマタノオロチ。
ヤマタノオロチによって殺された女神達の復讐に燃える大山津見達と、本来の目的である明星を取り戻す第一歩として神と協力関係になろうと言うことになった孔雀達の利害が一致。
画像

当面の目的は協力してヤマタノオロチの打倒、と言う一点に絞られたようです!

舞台は変わり、とある場所で踊る女性が登場します。
孔雀王読者ならばよく知る特長を持つ彼女は……
画像

やはり月読(人間)です!
彼女もなにやら神をめぐるトラブルに巻き込まれているようで、早速物語に絡んでくる様子!
ますます先が楽しみですね!!

元祖退魔師バトル漫画の最新作、「孔雀王 曲神紀」最新第10巻は好評発売中です!
なんかもう最近ちっとも法力とかの出番ありませんし、曲神すらでてきませんが……とにかくそれでも物語が進んでいるのは確か!
今巻ではヤマタノオロチの過去の話に終始して戦闘シーンは殆どありませんでした。
ですがこれで仕込みは万全、あとはヤマタノオロチとの戦闘を迎えるだけ!(まあもう少し過去話はありそうですが……)
より一層激しさを増すであろう神々とのバトルを楽しみに待とうではありませんか!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!

ところで、月読(人間)様が目が見えない、って設定完全に忘れてませんか……荻野先生……
そして何より、退魔聖伝のとき孔雀に月読(人間)を頼まれたはずの阿久谷(アコヤ)はいずこへ……
設定の変更は置いておくとして、アコヤはこのまま放置したりしませんよね!荻野先生!!





画像

本日紹介いたしますのはこちら、「あいは呪いの日本人形」です。
スクウェアエニックスさんのガンガンコミックスONLINEより刊行されました。

作者は水兵きき先生。
水兵先生は03年にガンガンパワードでデビューし、その後同誌で連続掲載された「みかにハラスメント」が主にネットを中心にブレイク。
そのいろんな意味で限界ギリギリな作品で話題をさらいました。
現在は月刊少年ライバルで「葵さまがイかせてアゲル」を連載中です。

さて、本作は水兵先生の得意とするエロスなギャグ漫画になっています。
ちなみに原作者が付いている作品で、ぱーと先生が原作なんだそうですが……
正直調べてもサッパリ経歴やらがわかりません!
誰なんですかマジで!!

物語は主人公の少年、海洋コトブキが呪われた日本人形を譲り受けるところから始まります。
その名前のとおりコトブキは人形が大好きで、収集したり自ら作ったりしている程。
そんな事情も知らず呪いの日本人形、あいはいつもどおり髪を伸ばしたりラップ音を引き起こしたりして恐がらせてやろうと画策するのです。
……が、そんな怪異を引き起こそうとほくそえんでいる内にあいはあっという間に
画像

ひん剥かれます。
たまらずコトブキをぶっ飛ばすあいですが、コトブキは恐れるどころか動いて喋る人形に大感動!
それどころかあいは異様なまでに人形愛を発しているコトブキに逆に恐怖します!!
髪を伸ばして驚かそうとするものの、好きな髪形に変えられると喜ぶコトブキ。
ならばと地震を起こして驚かすあいですが、コトブキは飾ってあるフィギュアの心配をするばかり。
結局コトブキを恐がらすことは出来ず、お気に入りのフィギュアが棚から落下して崩壊して落胆させるだけの結果に終わりました。
予定外の結果にとまどうあいは仕方なく
画像

あなたのお人形になる宣言をすることに!
まあ譲り受けた今、すでにコトブキの所有する人形なんですけど!

さっそく着せ替えさせるコトブキ。
その人形に対する優しい取り扱いに今まで感じたことのない安らぎを覚えてしまうあい。
なんだかお互いが満足できる理想の組み合わせが出来上がったようです。
画像

……着せる服はアレなんですが……

というように、全7話で構成された表題作。
必死に恐がらせようとするあいと、まったく堪えずひたすらあいを愛で続けるコトブキの日常を面白おかしく、そしてエロスに書き綴っている作品です。
とにかくあいがいろいろと感じまくるのが各話恒例のイベントでして、こういったギリギリ萌え漫画にはもはやつきものの「くぱぁ」も勿論収録!!
画像

人形だからそこにはなんもないはずなんですけどね!!!
水兵先生の相変わらずの変態漫画ぶり(褒めてますよ!)になんだか安心すらしてしまいます!
それにしても全年齢漫画に「くぱぁ」がつきものとか……大丈夫なのか、日本……
いや、大丈夫ですから例の法案みたいなのはもう勘弁してくださいね!!

表題作のほか、ガンガンパワードに掲載されてきた読みきり作品が4本収録。
いずれも劣らぬエロスギャグなのですが、「ウシチチ!」というタイトルはちょっとストレートすぎるのではありますまいか!
内容も牛の神をあがめていた家系の為か、ドキドキすると胸が大きくなってしまう特異体質の少女が思う存分その体質を披露する……というストレートなもの。
画像

……実にストレート!
そんななか「妹(シスター)コマンド ゼロ」と言う読みきりはエロス描写が非常にひかえられた(全裸が1シーンありますが!)コメディで、水兵先生作品では逆に貴重となっています!

呪いの人形廃業をかけた(?)エロスコメディ、「あいは呪いの日本人形」は好評発売中です。
240P超の大ボリュームで詰め込まれた圧倒的なエロス描写は圧巻です!
―さぁ ふるえるがいい
とにかく、本屋さんに急ぎましょう!!


あいは呪いの日本人形 (ガンガンコミックスONLINE)
スクウェア・エニックス
水兵 きき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「月光条例」第5巻です。
小学館さんの少年サンデーコミックスにて刊行、週刊少年サンデーにて連載中!

作者は藤田和日郎先生。
先生の作品は「藤田和日郎」のテーマにて紹介をまとめさせていただいております。
よろしければそちらもご覧くださいませ。

さて、前巻では短編がガンガン消化され、月光もすっかり執行者として板に付いてきました。
次々執行される物語の中、玄関からへんなカオがドーンとでたところで第5巻に続きます。

第5巻ではとりあえず玄関から(以下略)をサクッと解決。
そこから今巻のメインとなり、今後にも絡んでくるであろう新キャラが登場する長編が始まります!

月光たちの通う学校には才色兼備の図書委員、工藤と言う女生徒がいました。
文部科学省から声がかかるほどの秀才であるものの、その誘いを断って自分が愛してやまない本に囲まれることの出来る図書委員の仕事を続ける彼女。
彼女の前に突然嵐のように現われた人物……それは月光たちでした。
図書館でいま戦っているおとぎばなしの情報を探そうとしているのですが、膨大にあるおとぎばなしの中から一つの目的を探すのは至難の業。
ドタバタとやかましく手がかりを探る月光たちを注意しようと近寄っていく工藤ですが、逆に月光に「動物4匹がなきまくる」おとぎばなしを知っているかと質問されます。
あっさりと「ブレーメンの音楽隊」であると答える工藤。
怒ろうとしたはずの彼女ですが、騒ぎを聞きつけてやってきた教師達の月光たちへの小言や野次馬達、そして何よりもはじめて本についての質問をされたことに心を動かされてすっかり気勢を削がれてしまいます。
工藤にくわしい内容を聞き、ブレーメンの音楽隊打倒に向かった月光たち。
取り残された工藤は月光が気になるものの、その場を後にしようとします。
そこにやってきたのは人気アイドルのイデヤ。
彼は工藤がある論文を買われてテレビに出演した時に目をつけていたのですが、なにやら様子が普通ではありません。
イデヤは見る見ると姿を変え……
画像

工藤を誘ったのです!

場面は変わり、ブレーメンの音楽隊を追い詰めていた月光。
とどめの一撃、というところで音楽隊を一刀の元に切り捨てるモノが乱入しました。
画像

それは先ほど工藤を誘ったイデヤではないですか。
彼は例え殺してしまっても月光条例が執行されて元に戻れば生き返るんだから問題ないと言い放ちます。
そして更に衝撃的な事実を告げたのです。
画像

月光たちは〈違法執行者〉であり、自分は人間界からも協力を受けられる〈合法執行者〉であると!
イデヤは「長靴をはいた猫」の猫であり、共に月光条例を執行するのは
画像

工藤でした!

この後すぐに現われる「おむすびころりん」。
巨大なおむすびというあんまりな外見とは裏腹に非常に強力な力を持っているそれは、人間たちを人質に取るような行動を取ります。
何とか助けようとする月光たちですが、イデヤは「執行が終わって元通りになればそれに巻き込まれたて死んだ人間たちも生き返る」と言う主張をし、人間もろともミサイルでぶっ飛ばそうとするではないですか!
月光たちは勿論、工藤もそれには大反対!
しかし政府の協力も得ているイデヤは強引にその非道な作戦を推し進めようとして……!

と言うわけでいよいよ物語は新たな展開を迎えました。
今まではただ黙々と月光条例を執行してきたわけですが、ライバル的存在の登場と、執行者を認可する「上」の存在がちらつき、それらが今後の物語を左右する存在になることは間違いなさそうです。
そもそもこの敵対関係ではないライバル的存在、というのはさりげなく藤田先生の作品では初な気がします。
「うしおととら」の日輪とかキリオが近いような気もしないでもないですが、ちょっと違いますよね……
藤田先生が描くライバルキャラはどのような味付けがされていくのか、今から楽しみにしましょう!
とりあえず現状わかっているのはイデヤがドライな合理主義であること、そして工藤が結構萌えるということ位!
明らかに月光が気になっているのに面と向かうと憎まれ口しか叩かない……おお、見事なツンデレではないですか!
もしかして演劇部を加えた三角関係的なものになったりするんでしょうか!
ラブがコメったりするんでしょうか!!
……それにしても月光があんまりにもそういうムードとかけ離れた性格をしていていろいろと難しそうですが……
そういえばうしおといいマサルといいナルミといい、藤田先生作品の主人公ってモテまくりですよね……

皆が大好きなおとぎばなしの主人公達を金棒でぶん殴りまくる痛快アクション、「月光条例」第5巻は好評発売中です!
今巻最後には知らない人はいないであろう「あかずきんちゃん」のシリーズが始まり、更に度肝を抜かれる導入に先が気になりまくり!
目先の展開も今後も両方気になるこの作品、見逃す手はないのではないでしょうか!!
皆で叫ぼう「だむ ですとろい」!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


月光条例 5 (少年サンデーコミックス)
小学館
藤田 和日郎

ユーザレビュー:
どうにもイマイチ、今 ...
長期連載決定かな!ネ ...
ご馳走様でした今巻で ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ