3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

2009年12月

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ちゃんじ123(ひふみ)」第11巻です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスより刊行、チャンピオンREDにて連載されています。

作者は坂口いく、岩澤紫麗両先生。
本作の今までの紹介等は「ちぇんじ123」のテーマにてまとめさせていただいておりますので、そちらも宜しければご覧になってくださいませ。

さて、第10巻ではひふみたちがゼロとの融合を果たし、更に生まれたきっかけともなる衝撃の記憶を取り戻した素子。
しかしそのショッキングすぎる記憶に素子の心は耐え切れず、自分の存在をいずこかへと消してしまうのでした……

素子の存在が消え去ってしまっている現状、ひふみたちは協力して周囲に感づかれないように生活を続けていました。
小介川の協力もありちょっぴり周囲に違和感は感じさせてしまうものの、楽しい学園生活を送ります。
ですがひふみたちは本来の素子の人格はゼロであり、素子は人格をまとめる為のホストと言う存在にすぎずに完全消滅してしまったのではないか……と考え始めます。
ですがそれを聞いた小介川は他人格ももともと本人の持っていた要素のひとつだから完全に消滅することなどないはずだと訴えかけます。
単なる希望に過ぎない訴えかけですが、
画像

その言葉を聞いたひふみたちに何か閃くものがあった様子。
閃いた考えを神無弥に相談すると、やってみる価値はあると言う答えとともにそれがひふみたちの「最後の闘いになる」可能性も示したのでした!

その第一歩としてひふみたちが取った行動とは作中屈指の実力を持つ日野とギンガとの闘いに挑むこと。
しかも2人同時に、です!
画像

2VS1(ひふみたちは3人という見方も出来ますが)という変則的で厳しい闘いを自らに課したひふみたち。
いまだその目論見の全体像は見えませんが、厳しい闘いの末にその目的は達成されるのでしょう!
早速戦いは始まるのですが、まさかのひふみたち……いや、ひびき一人の圧勝に終わるのです!!!
関節技から逃げるために自らの方をはずすと言う負傷は負うものの、日野とギンガという近場で戦える最強タッグでもなんなく倒してしまったひふみたち。
そこで次に考えた方法はより強い猛者たちが集まっているはずの場所……代々忍者と呼ばれる特殊な人物が暮らす隠れ里であり、素子の母の故郷である「添の里」に行くことでした!

素子が戻るまでしないと言う約束を破ってまでしてきた突然のキスと
画像

待っていろ、という置手紙を残して突然その姿を消してしまったひふみたち。
残された小介川は驚き、何故何の相談もなしに姿を消したのかと涙します。
とにかく手がかりを掴もうと神無弥に相談する小介川。
神無弥はひふみの目的を知ってはいるものの、多重人格治療のセラピストとして接しているからには守秘義務があると教えてはくれません。
が、そこはザ・イケメンの神無弥。
治療事案に関わる直接的な答えは出来ないが、それに直接関わらない事や勝手な予測ならば教えられると小介川にヒント……というか自身が予想した行き先、ひふみの実際の行き先そのものずばりを与えてくれるのでした!

京都にあるという添の里に向かう決心をつけた小介川。
偶然その時期に母も旅行の計画があり、ギンガはひふみたちの力になろうと日野とともにパワーアップ合宿に出ることにしていたため、あっさり一人旅を認められました。
いつか素子と行こうとしていたリッチなデートのためにこつこつ溜めたバイト代を全額持ち、深夜バスで一路京都へ向かいます!!

あっさり京都には着きそうですが、京都についた後どうなるかわからないわけで、軍資金はまだ9万円もあるものの身長に使おうと誓う小介川。
リスク回避に財布には5000円ばかりしか入れず、残りは封筒に戻してバッグに入れておきました。
目が覚めれば京都……ということでうとうとしていた小介川ですが、隣のおじさんに30分のトイレ休憩だけど行かなくても大丈夫かと起こされます。
あわてて財布だけ持ってトイレに駆け込み、ついでにささっと小腹を満たし、起こしてくれた隣のおじさんにお礼のお茶を買ってバスに戻りました。
ですがまだ時間はあるはずなのにバスがないではないですが!
バスのあった場所には小介川のバッグがうち捨てられており……入れてあったバイト代だけが抜き取られていたのです……
画像


突然ほとんど全ての金を失い、サービスエリアに1人置き去りにされてしまった小介川。
金も無く、家にも連絡できず、未成年の一人旅と言う現状を考えると素直に警察にも知らせづらい八方塞状態!
このまま京都にたどり着けるのか、そして京都に行けたとしてもわずかしかないお金でひふみたちを見つけるまで生活できるのか?
小介川のピンチが続きます!
更にひふみたちの考えた目的に、よりパワーアップを遂げる日野とギンガの動向、そして京都にやってきたとある重要人物……
今巻も前巻に引き続いて気になる要素が満載!
しっかりお色気要素も収録し、ファンサービスも忘れていません!
画像

大・丈・夫!RED連載の単行本だよ!!


異常にいいやつっぷリを発揮する小介川の奮闘が収録された「ちぇんじ123」第11巻は好評発売中です!
クライマックスもいよいよ近づいてきている今こそ読み始めるにぴったりかもしれませんよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ちぇんじ123 11 (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
坂口 いく

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「CLOTH ROAD(クロスロオド)」第8巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラより刊行、ウルトラジャンプにて連載されています。

作者は倉田英之、okamaの両先生。
本作の今までの紹介は「okama」のテーマにてまとめておりますので、そちらも宜しければご覧下さいませ。

前巻でいよいよ決戦の地に現れたジューン・メイ。
ジュリエットとの激突は必至です!
そのころ補給部隊として参加していたカピスルは、襲ってきたガーメントの手のものに体を真っ二つにされてしまいました!
残された美々介は1人で戦うのか?ジューン・メイとジュリエットの決戦の行方はどうなるのでしょうか!?

と言う盛り上がりの中ではじまる第8巻。
ジューン・メイとジュリエットは早速凄まじい戦いを始めます。
ですがジュリエットの天才ぶりはジューン・メイをして認めざるを得ないずば抜けたもの。
押しも押されぬトップモデルであるジューン・メイに対し、互角どころかほとんど一方的に攻め込んで見せるのです!

そのころの美々介はガーメントの刺客にもはや戦う意思がないと告げていました。
ガーメントの刺客は補給物資さえつぶせれば他はどうでも良いと考えているのですが、補給物資を運んできたユニイズムの部隊員達がおさまるはずもありません!
必死に抵抗を見せるのですが、モデルですらない部隊員達では傷ひとつ与えられない結果に終わります。
それでも邪魔するものには容赦などしないガーメントの刺客たち!
補給部隊を皆殺しにするためにその武器を振り下ろしました!!
その瞬間!
画像

なんと真っ二つになったカピスルが飛びつき、逆に刺客を引き裂いたのです!
カピスルは力を振り絞って同胞とその思いが込められた物資を護ったのでした!
生き残ったもう1人の刺客は地面にもぐって逃げようとしますが、あらかじめ掘って置いたはずの穴がいつの間にかふさがれています。
降伏したとはずの美々介が地面に捨てたと思われた武器が実は大地の穴を封じていたのです!
美々介はもう1人の刺客の首を瞬く間に刎ねてしまうのですが、その刺客の首から下は全てドレスで出来ておりいくらでも交換が可能となっており、首だけで飛んで逃げさってしまいました!
が、それを阻止したのはまたもカピスル!
今度は下半身が動き、凄まじい威力のけりで逃げる首を完全に叩き潰してしまったのです!
さすがユニイズムのトップモデル、ここまでされても死なない!……と言うわけではなく、今までの半身のみでの活躍は着ていた服の力によるところが大きかったようです。
物資の無事を確認すると家で帰りを待つ家族達に残す形見を同胞に託し、これから絶命すると宣言しました。
しかし同胞達はそれだけは許可できない、ユニイズムの誇りであるカピスルが死ぬことだけは反対すると同胞達は全員が必死に懇願します!
カピスルはその懇願を受け入れ、「生きます」と返答するのですが……
画像

その数瞬後にカピスルの死亡が確認されるのでした……

そのころジューン・メイは新たなドレスを身に纏っていました。
美しく力強いドレスを纏ったジューン・メイは
画像

ジュリエットやガーメントに挑発的な言葉を投げかける余裕を見せます。
ですがなんとそのドレス、かつてガーメントが作ったもの!
それを知ったジューン・メイはどうりで優美さにかけると受け流しますが、ガーメントは良く似合っていると反論し、更に言葉を続けます。
「まさしく全時代の象徴だ」と。
「新時代の逸材は肥料にすらなれず転がっている」と、自らが片付けたガーメントの部下達を小バカにして更に受け流すジューン・メイ。
メイさまカコイイ!!
ですがガーメントも負けじとジュリエットに新しいドレスを与えます。
画像

新たなドレスを纏ったジュリエットは驚きの動きを見せ……ません。
……なんと全然動けないのです。
ボッコボコにされるジュリエットですが、そのボッコボコにしているジューン・メイはあることに気がつきました。
一手一手ジュリエットはデータを吸収して反応が早くなり、ドレス自身もジュリエットに合わせて変化していると言うことに。
そして最後は服と一体化するであろうことまで……!
ガーメントはジュリエットを「世界を変えるドレス」に仕立て上げようとしていたのです!かつての妻、アルジャンヌのように!!
そんな得体の知れない存在になってしまっても良いのかと問われるジュリエット。
彼女はそんな事実を知りながらもガーメントが自分を必要としてくれるなら協力するとけなげに答えるのでした。

再び始まった2人の戦い。
ジューン・メイは闘争本能をむき出しにして襲い掛かりますが、その狂気を見たジュリエットは
画像

醜い、とジューン・メイを貫いたのでした!!
流石のジューン・メイも体のど真ん中に風穴を開けられれば無事ではいられず、走馬灯をみるほどのダメージを負ってしまいます。
走馬灯に現れたジェニファーをきっかけになんとか命をつなぎとめるのですが、ジュリエットは無慈悲に止めの刃を向けました。
しかし

そこに立ちはだかったのはジューン・メイの執事、スコップ!!
尋常ならざる身体能力を持つスコップですが、ジュリエット相手では10秒も持たないだろうことはわかりきっています。
ですがスコップは1秒あればジューン・メイは華麗に逆転すると信じ、
画像

たった1秒を稼ぐために命すらも惜しまずに立ち向かうのです!!

程なくして、新ドレスを引っさげてようやく到着したジェニファーとファーガス。
ですがそこにはあまりにも衝撃的な光景が広がっていたのでした!!


と言うわけで凄まじい盛り上がりを見せる今巻。
すさまじい凄みを見せるカピスルの最後、激しすぎるトップモデルの激突、ガチでかっこよすぎるスコップの忠義……
とにかくそれら全て余すところなく盛り上がりまくります!
更にジュリエットとの悲しすぎる過去やジューン・メイとスコップの固い絆が描かれ、よりバトルを繰り広げる両者に対する思い入れが深まります!
このバトルの後に待っている意外すぎる展開もびっくりすること間違いなし!
そう来たか!!と驚くばかりでなく、ガーメントとは違う道を選ぶファーガスや、更なる決戦に対する機運の盛り上がりを感じさせるストーリーとなっています!!
さらにokama先生による迫力と優美さを兼ね備えた作画も圧巻で、それら物語の勢いを一層強く印象付けてくれることでしょう!

衝撃に次ぐ衝撃、華やかにして残酷な展開を迎える「CLOTH ROAD」第8巻は好評発売中です!
とにかく圧倒される急展開の連続は読む手を止めさせませんよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


CLOTH ROAD 8 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
倉田 英之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ブラック・ジョーク」第3巻です。
秋田書店さんのヤングチャンピオン・コミックスより刊行、ヤングチャンピオンにて連載されています。

作者は小池倫太郎、田口雅之の両先生。
本作の今までの紹介は「田口雅之」のテーマにてまとめておりますので、ご興味などございましたらご覧下さいませ。

賭博やカジノが合法である通称ネオン島で巻き起こるトラブルを独自の手段で解決していく本作。
今巻は今までと少し毛色が違う話が収録されています!

第3巻の収録内容は各キャラにスポットライトを当て、よりそのキャラを掘り下げる話がメインになっています。
仁義に熱い車椅子イタリアンマフィアのランオーバー、小玉に恋するゴスロリボディーガードのあかり(25歳)、吉良や小玉のボスである都々目社長と、メインどころはほぼ網羅。
これに加えて吉良と小玉が手を組むことになる過去のエピソードが語られるのです!!

吉良と小玉がつるむことになったのは17の時でした。
高校生であった当時から2人は学校のトップとして一目置かれる存在だったようです。
小玉はやはりそのあまりにも規格外な身体能力の高さと何を考えているかわからない危なさで恐れられています。
何でも高校1年のときに高校3年のチーム30人以上を全滅させてしまった上、そのうち数人は死んでしまっていたと言うのです!
そんなことになっても警察のご厄介にならなかったのもひとえに小玉家の尋常ならざるマネーパワー。
規格外のパワーに何でも揉み消す財力まで持っているんですからそりゃぁ一目置かれないわけありませんね!
一方の吉良はやはり喧嘩はたいしたことがないと認識されています。
ですが喧嘩の弱さなどがかすんでしまうような知力を持っていました。
パーティーの主催やドラッグの売買、援助交際の斡旋など様々な悪事を働き、金だけでなくそれ目当ての人脈までもガッチリキープ!
更には教頭先生の不倫の証拠まで握っており、学校でもやりたい放題しているようなのです!

ある日の昼休み、小玉は学校の中だと言うのになにやら物凄い豪華な食事を楽しんでいました。
吉良の方はと言うとポテトチップにアイスと言う不健康極まりないランチ。
これも格差社会なのか……と思いきや、小玉の目は吉良の食べているアイス、「メリメリ君」に向いていました。
どんな食感なんだメリメリ君……メリメリって……というのは置いておいて、ナリや行動は粗野そのものな小玉も実際は超お坊ちゃま。
家庭的に食べることを許されない安っぽいアイスが物凄くおいしそうに見えたのです。
熱視線に気がつく吉良ですが、何で見られているかわかるはずもなく愛想笑いをしながらメリメリ君の最後の一口を食べてしまいました。
画像

吉良は自分のアイスを食べただけだと言うのになぜかショックを受ける小玉。
学校をトップを狙うチンピラ学生にたきつけられてことをきっかけに、メリメリ君のうらみ(?)を吉良に対して爆発させる小玉!
いきおいにまかせて1対1のバトルを挑むのでした!

対峙した二人ですが、超人的にも程がある小玉の力を知っている読者としては吉良に勝ち目があるのかと心配してしまいます。
ところが吉良は高校生のみであるにもかかわらずいきなり拳銃を取り出し牽制!
普通ならば拳銃を出した時点で勝負は決まったようなものなのですが……なんせ相手は小玉です。
威嚇射撃にもひるまず、ならばと急所をはずして狙って打った弾も俊敏な動きで回避!
みるみると吉良との距離をちぢめ、あっという間に拳の触れる距離に
画像

届きませんでした。
実力差を十分知る吉良は落とし穴と言う罠を張っていたのです!
やたら深い穴の奥底に落ちた小玉に吉良はもしそこに剣山でも仕掛けていたらどうなっていたか、と自分の勝利を宣言します。
吉良は小玉のパワーを上手く活かすようにプロデュースするから組まないか、と誘いをかけるのですが、小玉はなんと落とし穴の壁に拳を突き立て、どんどん登ってくるではないですか!
もう笑うしかない身体能力で落とし穴から脱出する小玉!
華麗に飛び出して今度こそ小玉タイムが
画像

はじまりません。
もうひとつ仕掛けてあった落とし穴にぴったりと落ちてしまったのでした。
そこで吉良が取り出した次なる策略は
画像

「メリメリ君」でした。
小玉はメリメリ君をもらうと大喜びしてあっさりと組もうと言う提案を受け入れてしまいます。

他にもいろんな味があるけど食いに行くか?と問う吉良に「いく」とハートマーク付きで文字通り飛び出す小玉。
画像

こうして2人のタッグは結成されたのでした!!
……あれ……?全部メリメリ君のおかげ……?

当時から変わらない二人の運命の日という印象深いエピソードの他、前述した各キャラのエピソードも非常に面白いものばかり。
社長の話は彼の意外なエピソードが語られ、今まで受けていた底知れない印象を更に深めてくれます!
あかりは相変わらず小玉にぞっこんべたぼれでツンデレ(小玉意外にツン、小玉にだけデレという特殊な形ですけど!)っぷりを発揮!
ランオーバーにいたっては相変わらず美や仁を尊ぶイケメン振りを発揮しつつ、なんと車椅子なしでの戦闘まで披露してくれます!
ホント、アクの強すぎるキャラクターぞろいで濃いにも程がありますよ!
もっともっと!!もっとやってください!!

濃すぎるキャラのバイオレンスな活躍が癖になる、「ブラック・ジョーク」第3巻は好評発売中です!
テーマ性なんて関係ない、むちゃくちゃな暴れっぷりが楽しい作品になっています!
バイオレンス描写が多いので人こそ選びますが、そこら辺がクリアできればきっと楽しめるはず!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ブラック・ジョーク 3 (ヤングチャンピオンコミックス)
秋田書店
田口 雅之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ワルタハンガ ~夜刀神島蛇神伝~」第1巻です。
秋田書店さんのプレイコミック・シリーズより刊行、プレイコミックにて連載されています。

作者は藤澤勇希先生。
藤澤先生は88年に小学館コミック大賞少年マンガ部門佳作を受賞しデビュー。
その後ビッグコミックやガオなど様々な雑誌で連載をしますが今ひとつ結果が出ませんでした。
ですが99年から週刊少年チャンピオンで連載した「BM~ネクタール~」は高い評価を得て一気に知名度を上げました。
その後も秋田書店さんの雑誌を主戦場にパニックホラー的なものを多く描いておられます。

さて、本作はやっぱりパニックホラーものです。
隔離された状況で未知の怪物に襲われる恐怖を描く、これぞパニックホラー!といった物語となっています!

ある日突然勤めていた会社が倒産し、未払いの給与や退職金などもろもろ合わせて20万を渡された主人公、八尋。
貯金もなく、歳も30過ぎでこのご時世。
どうしていいかわからない状況に陥ってしまいます。
そんな彼が趣味としていたのが未確認生物……UMA。
会社がつぶれたその日も今後に悩みながらもマニア向けの番組を観賞していました。
その番組の終了後、気になる告知が放送されます。
画像

それは参加費20万でツチノコ探しツアーを決行、ツチノコの発見者には5000万の賞金を与えると言うもの。
八尋はなけなしの20万を払い、なんとそのツアーに参加することにしたのです!

ツアー当日、八尋は意外な人物と出会います。
画像

それはつぶれた会社の同僚、笠原でした。
実は彼女もUMAマニアで、同じ番組を見て20万の使い道を決めていたのです!
他の参加者はキャンプ的な目的で参加したファミリー層……だけではなく、ツチノコ探しに人生をかけているような本気の人が大勢。
それだけこのツアーの主催はUMA界に強い影響を持っている番組と言うわけです。
そしてこのツアーの企画責任者、影山はツアーの開始前に携帯電話や通信機能のあるゲーム機などの通信手段を全て自分達に預けろと言い出しました。
今回の行き先である孤島は確かな筋から極秘に手に入れた情報で、外部に情報を漏らすことだけは避けたいらしいのです。
最初は文句を投げかける参加者達ですが、ツチノコ探しに全てをかけている笠原が真っ先に携帯を預けたことをきっかけに結局全員がそれに従うことに。
1人の参加辞退者もなく目的の島へとつくことになったのです。

着いた島の名は夜刀神島。
そこはUMAファンの間では伝説とされている島で、昭和初期に国がツチノコを確認したと伝えられる島でした。
影山はその島が夜刀神島であるという情報を掴んで、自分達の持つCATV局の進退までもかけたこの企画を計画したのです!

基本的には自由行動となる島での生活。
安全や健康のことを考え、毎日午後6時に炊き出しと1人当たり3リットルの水の支給は保障されています。
ですが
画像

10日後に迎えの船が来るまで帰ることは出来ないのです!
何が起こるかわからない絶海の孤島で10日間のキャンプ。
不安は禁じ得ませんが、参加者のほとんどはツチノコ探しに燃える人々だけあって、捜索開始の合図とともに駆け出すのでした!!

八尋は笠原の荷物持ちもかねて二人で捜索をします。
そう簡単にツチノコが見つかるわけもないのですが、どこかから悲鳴のようなものが聞こえてきたではないですか。
鳥の声と聞き間違えたのかもしれないし、見に行っている時間もないから……と午後6時の支給に戻る二人。
すると1人支給にやってきていない人物がいることがわかりました。
帰ってきていないのはツチノコハンター暦35年とすごいのかすごくないのか良くわからない自慢をしていた人物です。
しかし偉そうな態度で周囲から良く思われていなかったこともあり、いい大人なんだからそのうち戻ってくるだろうとほって置かれてしまうのでした。
……しかしその夜、彼が帰ってくることはなかったのです……

心配になった八尋は笠原を説得して声が聞こえた気がする地点からツチノコ捜索をするように促します。
そんな二人の目の前に現れたのは
画像

無惨な姿となったその人の骸でした……


と言うわけで、本作では得体の知れない謎の凶暴生物の姿が見え隠れする恐怖を描いてます。
早速1名死亡してしまい、彼意外にも数名の人物がそれに襲われてしまいます。
凶暴なその生物はいまだ姿を見せていないものの、それらしい抜け殻のようなものが発見されることに。
画像

それはカンブリア期に生息していた奇怪な生物「パージェスモンスター」を思わせる姿をしていました。
加えてこの島は非常に珍しい地質や地形をしていることが判明。
太古の生命がそのまま生態系を保っている可能性まで明かされました。
八尋たちの大人たちだけではなく、子供達も独自に行動をはじめ、謎の生命体の姿は徐々に白日にさらされていきます。
が、同時に恐怖の惨劇も広がっていくのです……

徹底したモンスターパニックものとしてのストーリー展開はホラー好きならたまらないはず!
藤澤先生得意のグロいモンスターや、見るだけでイラッと来るようないやな大人たちもその味わいをより深いものにしています!
ホラー好きでなくとも楽しめる……かどうかはちょっと微妙ですが、不安をはらんだまま進むドキドキの展開は読者を「あぁ、そんなことしちゃダメじゃない!?」とヤキモキさせてくれることうけあい!
今後の展開しだいではありますが、第1巻ではパニックホラーの王道といえる展開で楽しませてくれますよ!!


王道的モンスターパニックホラー漫画、「ワルタハンガ ~夜刀神島蛇神伝~」第1巻は全国書店にて発売中です!
このまま王道的に突っ走るのか、一味ひねった驚きの展開が待っているのか……そのあたりに注目しても面白いのではないでしょうか!
全ては藤澤先生の匙加減ひとつ!
とはいえここは藤澤先生の得意ジャンル。、どっちに転んでも面白く仕上げてくれるのではないでしょうか!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ワルタハンガ 夜刀神島蛇神伝 1 (プレイコミックシリーズ)
秋田書店
藤澤 勇希

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「エナ Cyber Girl Ena」です。
双葉社さんのアクションコミックスより刊行されています。

作者は磯本つよし先生。
磯本先生は96年に四季賞を受賞しデビュー。
その後ヤングキングやヤングキングアワーズなどで漫画を発表し、「東京クレーターのアカリ」は高い評価を得、根強いファンを獲得しておられます。

さて、こちらの作品はワケありの少女が裏の仕事をして生きていくうちに自分の運命を左右する事件に巻き込まれていく、というアクション漫画です。
題材や設定は良くあるものと言えてしまうのですが、さまざまな面できっちりと作られた魅力的な作品になっています!

主人公のエナは危険な仕事をこなす組織の一員として日々を過ごしていました。
人並みはずれた元気さや明るさ、そして人並みはずれた、では済まされない力と頑丈さを持つ彼女。
画像

特にその頑丈さは桁外れで、銃で撃たれても「痛い」ですんでしまうほどなのです!
エナのカラダはステンレスのように鍛えてあるから……ではなく、なんと彼女はサイボーグ。
その頑丈な体を活かして仕事をしていたのですが、ある事件がきっかけでエナに賞金がかけられてしまいました。
賞金目当てのチンピラたちがエナを狙って次々襲来!
それだけならばまだなんとかなっていたのですが、エナが過去いた研究所から追っ手がやってきます!
画像

高いサイボーグ技術を持つ研究所からの追手だけにその技術を活かした武装をしている上、エナの弱点も知っているようですぐさま追い詰められてしまいます。
仕事仲間であるスガ達の助けもあって窮地から脱出するのですが、その研究所はどうやら国の機関であることがわかります。
普通に考えれば国を相手にして敵う筈などありません。
ですがその研究所はエナの父を殺した仇でもあり、正直どうして良いか解らなくなってしまうエナ。
当初は強大な敵に二の足を踏むスガ達と別れて一人でも戦おうと決心したようですが、エナに関わったもの全てに監視がついているらしいことが解り結局スガたちの力を借りて研究所の手がかりを探ることになります。
相手は国の組織と言う途方もない強敵である上、エナを追う怪しげな少年まで登場。
画像

物語は意外な展開を迎え、クライマックスへと向かっていくのです!

エナのキャラを紹介する意味合いの強い導入から、物語の軸になる事件のきっかけ、そして組織との戦いに奇麗にまとめられたラストと、見事な起承転結となっている本作。
白熱のアクションや色恋沙汰、悲しいドラマなど様々な味付けもなされており、奇抜ではないながらも読者を飽きさせることのない物語が展開します!
さらにエナがサイボーグなった背景などもしっかりと語られ、未回収の伏線などをなこさない、とにかく丁寧な話作りが印象的!
そして丁寧なのは物語運びだけではなく、絵柄の面でも同じことがいえます。
全てのコマにおいて奇麗な線で丁寧に描写されている本作ですが、キャラクターもさることながら何より目を奪われるのは背景。
もう本当に徹底的に描き込まれており、街の景色や自然、
画像

車などのメカに至るまで
画像

凄まじい細やかさには驚きを通り越した何かを感じてしまうこと必至です!
そしてちょっぴり古さを感じてしまうかも知れない絵柄ですが、とにかく明るく元気でさりげなくむっちりとした健康的なお色気まで持っているエナには萌えを感じる方も多いはず!
青年誌で連載していたにもかかわらず基本的に下着どまりで、それすらも必然性のない露出はない……という昨今珍しい健全なお色気はやっぱり磯本先生のこだわりなんでしょうかね……?

あらゆる面で丁寧な美少女アクション漫画、「エナ Cyber Girl Ena」は好評発売中です!
全1巻で見事に完結している本作。
読み手を選ばず万人に薦められる完成度の高い作品ですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


エナ (アクションコミックス)
双葉社
磯本 つよし

ユーザレビュー:
いまや貴重な(健全な ...
表紙が気に入れば買い ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



↑このページのトップヘ