3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

2010年05月

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「団地ともお」第16巻です。
小学館さんのビッグコミックスより刊行、週刊ビッグコミックスピリッツにて連載されています。

作者は小田扉先生。
小田先生とその著作は「小田扉」のテーマにて紹介をまとめさせていただいておりますので、お時間などございましたらご覧くださいませ。

さて、団地に住む少年ともおのアホらしい毎日や、周りで巻き起こる様々な小さな奇跡や感動を描くなんでもありな日常漫画である本作。
今巻も振り幅広く物語が紡がれます!!

今巻注目したいのは、世にも珍しいケリ子のデートが描かれる「君は完璧なのさともお」です!
本作随一の武闘派であるケリ子のデートという珍しさと、主役にもかかわらず7コマほどしか出ていないともおなど、見所の多いエピソードとなっています!

物陰からケリ子を見つめる少年、宮川。
彼はそもそもともおたちの隣のクラスなうえ、団地にすら住んでいない少年です。
ところが彼、何を血迷ったかケリ子にご執心なようで、クラスメイトで団地住みの根津を探しているフリをしてさりげなく話しかけようと画策していたのでした。
ところが迷っているうちに逆に根津に見つけられてしまう宮川、根津からのサッカーの誘いを今忙しいと断ります。
なんか納得いかないまま素直に引き下がる根津ですが、同行していたともおがケリ子とじゃれあって(?)
画像

いいケリを貰っているのを見ていてもたってもいられなくなってしましました。
早速話しかける宮川えお、ケリ子は一応隣のクラスということで知ってはいる様子。
当初の予定通り根津の居所を聞く宮川ですが、
画像

それはもう近くにいるわけであっさりと教えるケリ子。
ですが宮川の真の目的は根津なんかではないわけで、追わずに懐から映画のチケットを取り出しました。
根津は超近くにいるにもかかわらずあんな遠くに行っちゃったからとケリ子を映画に誘う宮川。
基本的に深く考えない性質であるケリ子は素直にその誘いを受け入れ、デートが決定するのでした!

夜、兄からのアドバイスを受けつつ綿密な計画を立て、最後は「ケリ子ちゃん」と呼ぶことを目標にかかげる宮川。
一方のケリ子は寝床につく頃になってようやく明日することがデートというものに分類されることに気がついていました。
すかさず部屋にあった雑誌、「いやしい四年生」の先月号にデート特集があったことを思い出して見てみると、デートの秘訣は「怒らず笑顔」と書いてありました。
ケリ子はケリ子なりに楽しみなようで、肝に銘じつつ翌日デートに向かうのでした。

予定通り映画鑑賞する2人。
観賞後、感想を交わして会話に花を咲かせようとする宮川。
ところがいきなりケリ子がトイレにたっていたときの場面を面白かったと挙げてしまい、さっそくケリ子をむっとさせてしまいます。
ですがケリ子も昨日の記事を脳裏によぎらせ、むっとしてはいけない時を取り直すのでした。
そんなところでいきなり母親にライドオンしつつ姿を現したともお。
画像

デートしてやがる、いいふらそう!と母親の肩ではしゃぐともおにいらつきを感じる宮川ですが、「怒らず笑顔」をモットーに掲げたケリ子はあんな子供は相手にするなと冷静に対処。
宮川はケリ子は大人だと惚れ直すのでした。

兄から教わったある意味おしゃれなハンバーガー屋で昼食をとり、
画像

食後に公園でキャッチボールとしゃれ込む(?)2人。
転んでも笑顔のケリ子とその後も仲良くデートを楽しみ、夕方に差し掛かってきたところで残ったお金はあとわずか。
そんな時ケリ子の目に楽しげなイベントのポスターが飛び込んできました。
ですがもうイベントの時間には間に合いそうもなく、そこに行く電車賃は片道分しかないという状況。
普通ならばスルーするところですがそこはケリ子、後先考えずやんわり止めようとした宮川を振り切って会場に向かいます。
しかしたどり着いた会場ではもう後片付け中。
宮川はやっぱりもう終わってるねともらすのですが、そのわかった風な物言いにケリ子は再びカチンと来てしまいます。
むっとしたまま帰ろうとするのですが、電車賃が足りません。
とりあえず歩いて帰れない距離ではないので、宮川は2人のお金をたして1人分の電車賃を捻出し、ケリ子だけ先に帰そうとします。
その申し出に自分がスマイルを忘れていたことを思い出したケリ子。
画像

差し出された電車賃を受け取り、一本の缶スープを購入。
これを飲みながら2人で歩いて帰ろうと提案します。
仲良く手をつないで帰路に着く二人。
ケリ子はなんだか一歩大人に、そして宮川の目的も果たされたハッピーエンドを迎えるのでした。

といったケリ子の意外な一面が明かされ、読後感もホンワカする名エピソードとなった今作に加え、他にも多数の面白いお話が収録されています。
団地が意思を持ってその姿を変えているというファンタジックなお話や、ともおがランドセルを壊してしまって通学道具を次々と変えていき、仕舞いにはしょいこで通学するというシュールな話、50円で買ったゲームがもしかしたらクリアしないと呪われるゲームかもしれないと怯えつつ謎を解くお話……
ファンタジーから純粋なギャグ、小さな感動を感じさせてくれるお話などなど各種取り揃えております!
また、恒例の巻末オマケ漫画はスポーツ大佐の衝撃の過去が明かされる超必見の内容!
大佐ファンの度肝を抜くこと間違い無しです!!

今回も安定した面白さを堅持している「団地ともお」最新第16巻は好評発売中です。
姉ちゃんの面倒見のよさやともおの器の大きさなんかも存分に発揮されている本巻。
いつもどおりの面白さですので、ファンの方は安心してご購入ください!!
ファンでない方もこの不思議な作風は癖になる面白さを持っていますので、是非とも一度読んでみていただきたいもんです!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


団地ともお 16 (ビッグコミックス)
小学館
小田 扉

ユーザレビュー:
ケリ子が・・・ともお ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「アパシー 学校であった怖い話1995 殺人クラブ リベンジ」第1巻です。
アスキー・メディアワークスさんの電撃コミックスより刊行、月刊電撃マ王にて連載されています。

作者は原作が飯島多紀哉先生、作画が両角潤香先生。
飯島先生は飯島健男名義で「ラストハルマゲドン」「ONI」などを手がけてきたゲームクリエイターで、小説なども手がけております。
勿論本作の原作である「学校であった怖い話」も飯島先生が手がけていらっしゃいます。
両角先生は05年にデビューした漫画家で、主にゲームのコミック版を描いていらっしゃるようで、現在も本作の他、ゲーム原作ではありませんが企画ものの「マリッジロワイヤル」の漫画を描いていらっしゃいます。

さて、本作はスーパーファミコンやプレイステーションで発売された「学校であった怖い話」のエピソードである「殺人クラブ」をモチーフにしたホラー漫画です。
とはいえそのまま漫画化したわけではなく、様々な設定やストーリーの改変などが行われ、まったく別の物語となっているのです。

双子で連弾を演奏する校内で有名なピアニスト姉妹、芽衣子と亜希子。
画像

無邪気に姉を尊敬して日々励む妹の芽衣子とは違い、姉の亜希子はいつか1人で賞賛を受けることになるだろうとおごり高ぶる高飛車な性格。
正反対の性格の2人ですが、仲良く毎日ピアノの練習に打ち込むのでした。

ところが待ち望んでいたピアノのソロコンクールの結果発表の日、あまりにも衝撃の結果が亜希子を待ち構えていました。
亜希子が4位に終わってしまった
画像

……だけならまだしも、なんと芽衣子が2位に食い込んでいたのです!
普段から周囲にすかれている芽衣子はみんなから祝福されます。
亜希子に賞賛の言葉を投げかけてくれる者もいたのですが、芽衣子に負けているという結果に怒りすら感じている亜希子にとってそれはいやみにしか聞こえません。
イライラしながらもその日の練習に向かう亜希子。
ですが先生は上位入賞した芽衣子が権威ある大会に呼ばれたため、今後特別レッスンをしなければならないため、一時期亜希子へのレッスンを中断すると言い出すではないですか。
その言葉を聞いて亜希子はいつもへらへらと笑っていてピアノに真剣に向き合っていない芽衣子が評価されるなんて許せない、と歪んだ怒りが頂点に達してしまいます。
その時脳裏に浮かんだ「殺人クラブ」の噂。
校庭の右から3番目にあるイチョウの木に殺したい人間の名を書いた赤い紙を結びつける。
次の日自分の靴箱に「了承」とかかれた緑の紙が入っていたら自分の代わりにその人物を殺してくれる。
そんな噂です。
普通に考えて眉唾物の噂ですが、怒りに身を任せて実行に移す亜希子。
翌日になっても当然緑の紙は届いていませんでした。
そこで諦めれば良いものの、亜希子はとうとう自ら恐ろしい計画を実行することにしたのです!!

それは事故を装ってピアノの蓋を落とし、その勢いで芽衣子の指を切断してしまおうというものでした。
蓋のつっかえ棒を半分はずしておき、僅かな衝撃で落下するように調整。
ピアノの音の出が悪いから芽衣子に何か引っかかっていないか調べさせるように促し、手を突っ込ませる……
全て計画通りに進んでいき、後は衝撃を与えて蓋を落とすだけとなった時、さすがの亜希子も躊躇するのです
画像

が、何もしていないにもかかわらず蓋が落下!!
芽衣子の人差し指と中指は切断され、薬指と小指も複雑骨折という大怪我を居ってしまうのでした!

芽衣子はもはやピアノの弾けない体になってしまいました。
亜希子は物憂げな顔でクラスメイト達に励ましてあげてくれと懇願するのですが、内心ではほくそえんでいます。
湧き上がる笑みを抑えきれないままピアノを弾いていると、突然その部屋に芽衣子がやってきます。
亜希子は見せ付けるようにピアノをかき鳴らしますが、芽衣子は羨んだり憎んだりするどころか、「やっぱりお姉ちゃんはすごい」と満面の笑みを見せ、こころから亜希子を応援して見せたのです!
その芽衣子の健気さに耐え切れず、とうとう亜希子は全てをぶつけてしまいました。
画像

この怪我も自分が仕組んだこと、みんなに愛されピアノでも自分を追い越している芽衣子が憎いこと……
その勢いのまま自分の目の前から消えろと叫ぶと、それでも芽衣子は反論や怒りを見せることなく謝りながらその場を去っていくのでした。

これで全てが周囲に知られてしまい、何もかもが終わりだとピアノにふさぎこんですすり泣く亜希子。
やがてその部屋を出ると、なにやら騒ぎが起こっています。
そこには
画像

屋上から転落死した芽衣子の姿がありました。
そして「了承」と書かれた紙が……!!
殺人クラブは本当に実在したというのでしょうか!?
亜希子の心は崩壊して行き、更なる悲劇と惨劇の連鎖が起きるのです!!!

といったエピソードを序章とし、第2話以降から殺人クラブの実態や活動が紐解かれていく本格的な物語が始まります。
明らかになっていく殺人クラブのメンバー、そしてその毒牙にかかる生徒達、なにやら謎を持っていそうな新キャラクター……
血なまぐさい惨劇は謎のヴェールに隠されながらも展開し続けます!
更に原作の「学校であった怖い話」に登場していた細田が登場し、ファンサービスも忘れられておらず、かつてのファンのハートもキャッチ!
物語自体に加え、今後どんなキャラが登場してくるのかも要注目です!!


学園で繰り広げられる惨劇、「アパシー 学校であった怖い話1995 殺人クラブ リベンジ」第1巻は全国書店にて発売中です!!
動き出す殺人クラブの目的とは、そのメンバーとは?
興味深い事柄の数々から目が離せませんよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


アパシー学校であった怖い話1995 殺人クラブ リベンジ(1) (電撃コミックス)
アスキー・メディアワークス
両角 潤香

ユーザレビュー:
原作の雰囲気がよく出 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「アイアムアヒーロー」第3巻です。
小学館さんのビッグコミックスより刊行、ビッグコミックスピリッツにて連載されています。

作者は花沢健吾先生。
本作第1・2巻の紹介は10年1月13日の記事にて記載しておりますので、そちらもよろしければ見てやってくださいませ。

さて、ゾンビ映画が現実になったかのように崩壊を始めた日常。
ゾンビ化した人々から逃げながら電車に飛び乗った英雄ですが、その電車にもゾンビ化した乗客が乗り込んでいて……

といってところではじまる第3巻。
感染したサラリーマンはたった一枚の扉を経ただけの隣の車両からこちらを窺っています。
猟銃で迎撃……する妄想をする英雄ですが、こんな状況でも「常識」を気にして妄想のみに留めてしまうのです。
とうとう英雄の乗っている先頭車両に侵入してきてしまう感染者。
感染者は扉の近くにいた若者の頭を噛み砕き、咀嚼します。
車内は騒然となりますが、その瞬間近くにいたおじさんが立ち上がり感染者を1本背負い!!
床に組み伏せることに成功します。
ですが感染者はその怪力で暴れ、柔道経験者(多分)のおじさんでも抑えきれません。
車内に応援を頼むのですが、世知辛い現代で自ら進んで協力しようとするものはいませんでした。
英雄も傍にいた見知らぬおばさんに行くよう促されるのですが、今までの惨劇を見てきたうえ投げた際におじさんも噛み付かれているシーンも目撃している英雄が行ける訳もなく、のらりくらりとかわすのでした。

そんな状況が続いたあと、組み伏せていたおじさんが突然たちあがり、わけのわからない言葉を叫んで走り始めました。
画像

さっそく感染後の症状が出てしまったようです!
座っていた女性の顔を噛み千切り、殴りつけ始めるおじさん。
異様過ぎる事態が自分の身にも降りかかってくる事実を知り、車内はいよいよパニックとなります。
感染者から離れよう離れようと運転席側の壁に群れ集う人々。
そのうちの1人であった英雄ですが、とつぜんおばさんに男が前へ出ろと無茶な言葉と共に背中を押されてしまいます。
噛まれたら終わり。
その事実を心の中で反芻した英雄は咄嗟に熊とあった時の対応を思い出し、首をリュックサックでガードしつつ全身を丸めて亀になりました。
その体勢のせいで視界から外れたのか、襲い掛かってきたおじさんは英雄を踏み台にして後ろのおばさんに飛び掛り、とりあえずの窮地を防ぐことに成功。
ですが感染者はまだまだ近くにいるわけで、まったく助かってはいません。
しかしその時近くにいたカップルの男が彼女を救おうと突進!
もろともに電車から転落するのでした。

惨劇の連続とはなったものの、電車は駅にたどり着きます。
車内はやはりどの車両も酷い有様だったようで、駅に着くなり多くの人々が外へ飛び出します。
まったく見知らぬ町でしたが、英雄もとにかくその場を離れようとダッシュ!
駅から出るなり客待ちをしていたタクシーへと飛び乗るのでした。
乗り込むなりとにかくでてくれと懇願する英雄。
ですがそれを阻止するように一組のカップルがタクシーの扉を掴みます。
先客がいようと関係ない、こちらは怪我人がいるから病院まで急いでくれと無理やり乗り込んでくるそのカップル。
英雄も鼻血を出していたため、じゃあ一緒に病院にいけばいいと都合よく同乗を決め込みます。
正直これだけでも勘弁して欲しい状況だというのに、更に招かれざる客が現れました。
外国人がなにやら英語でまくし立てながら扉を叩くのです!
なにやら彼も病院に行きたいようで、やっぱり同乗することになるのでした。

先ほど乗り込んだカップルの男が英語を話せるようで、外人は横田基地の病院に向かうように行っていると通訳しました。
ならばとその病院に向かうことになった一同。
タクシーは走り出しますが、あろうことか
画像

カップルは両方とも感染者の毒牙にかかってしまっている様子。
隣に感染者予備軍……本格的にやばい状況です!
そこでいつでも逃げられるように漫画の取材と称して、「後部座席は客が開けられるのか」と運転手に尋ねる英雄。
帰ってきたのは運転席からしかあけれない、という無情なものと、隣に座っているカップルの男からの「漫画家って儲かるの?」という質問でした。
ピンキリですねと無難な返事を返す英雄ですが……
画像

男は同じ質問を鸚鵡返し。
……とうとう始まってしまったようです!
カップル2人とも支離滅裂な言動を繰り返し始め、まだ襲い掛かってくる様子こそないものの、とにかくかなりやばい状態に。
英雄は怯えながらもどうにも出来ずに身を縮めていると、やがて目的の横田基地へと到着します。
すかさず降りる外国人。
その目は血走っており……彼も感染の症状が出始めているようです。
それでもなんとかギリギリ意識を保っているようで、両手を挙げながら基地の中で警戒している兵に話しかける外国人。
ですがしばらく問答していたかと思った矢先、外国人の脳天が銃で撃ち抜かれてしまったのです!!

とても受け入れてくれる様子ではないと悟ったタクシーはすぐさまその場を発進。
隣もやばいですし、とりあえずここで降りようとする英雄ですが、良く見ればそのあたりも感染者だらけでパニック状態。
仕方なくとにかく人気のないところへ向かおうと、高速に乗ることになりました。
それで良いかと運転手さんが問いかけると、隣の感染カップルはなにやらキッスの真っ最中。
とりあえず反対意見もないということで車は再び走り出すのでした。

高速に入るとカップルの様子がまたまたおかしくなり始めます。
お互いしていたのはキスではなく、
画像

なんと噛み付き合い!!
大暴れを始めるカップルの異様さにようやく気がついた運転手さん。
咄嗟にカップル側のドアを開き、英雄が息を合わせてカップルを外へけりだすことに成功!!
これでなんとか安全は確保されました。
……と思った直後!
今度は運転手さんが突然豹変します!!
どうやら運転手さんも昨夜感染者の孫に噛み付かれていて、今になって症状が発生したようなのです!
いきなり襲い掛かる運転手さん!
そして目前には感染者の運転している車が逆送して迫ってきています!!
画像

窮地に次ぐ窮地、英雄は果たしてどうなってしまうのでしょうか!!!

と、ここまできてもまだまだ第3巻は3分の1程度。
舞台を変え、様々な出来事が巻き起こります。
いよいよおそらくメインキャラになるであろう、第2巻の表紙にいた少女も登場。
激動の第1章がこの巻を持って終わったといえるのではないでしょうか!

この漫画の見所といえば、ゾンビ作品らしい恐ろしさ……は勿論なのですが、全体から漂う生々しさがはずせません。
英雄の煮え切らなさというかかっこ悪さがホラー映画の主人公に見られるヒーロー的行為と対局になっており、映画などとは違った身近でリアルな雰囲気を作り上げているのです。
それ故に本来現実味のない世界の崩壊が一層恐ろしく描写!
ホラー好きなら誰しもが考える「もしゾンビが現れたら」という妄想がより現実的な形で突きつけられている感じになっています!!

広がり続ける恐怖が生々しく描写された「アイアムアヒーロー」第3巻は全国書店にて大好評発売中です!
世界が崩壊を始め、新たな展開を始めた本作。
どうにもならなそうな絶望を感じさせるこの物語が今後どのように展開していくのか、もはや先が楽しみで仕方ありません!!
ホラーが苦手な方には流石にお勧めできませんが、少なくとも現段階では漫画好き必見の漫画といえる先の気になりっぷりですよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


アイアムアヒーロー 3 (ビッグコミックス)
小学館
花沢 健吾

ユーザレビュー:
分からない面白さ主人 ...
う?ん・・・凄くスピ ...
全ては悪い夢なのか? ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「放課後プレイ2」です。
アスキー・メディアワークスさんの電撃コミックスEXより刊行されています。

作者は黒咲錬導先生。
前作「放課後プレイ」の紹介は09年4月2日の記事にて紹介しておりますので、ご興味などありましたらそちらもご覧くださいませ。

さて、本作は電撃プレイステーションのオマケである4コマ漫画の小冊子で連載されていた作品です。
ゲームに関する4コマが掲載されているその小冊子ですが、少なくとも本作に関してはゲーム要素はあくまで風味程度。
一組の男女の会話がメイン……というか、9割以上がそれで構成されています。
ちなみに大ブレイクした前作「放課後プレイ」の続きではなく、本作は独立した物語になっています。
一応最初の方に前作の主人公の二人がちらりと登場しますが、あくまで前作ファンへの顔見世程度なのでご注意ください!

前作では主人公の2人は恋人といえるかどうか微妙なものの、最初からかなり仲良しさんでいい雰囲気でした。
今作では付き合っているとかそういったことはなく、比較的フラットな位置から物語はスタートします。

主人公の2人の関係は、漫研の部員同士。
漫研、といっても他の部員は幽霊部員ばかりで、真面目に活動しているのは主人公の少女だけ。
放課後1人黙々と漫画を描いている少女のいる部室(かわりの美術準備室)に、もうひとりの主人公である少年がやってくるという形が基本形となっています。
前作は放課後といっても主役の少年の自室がメインだったので、今回はよりタイトルに沿った内容といえるのではないでしょうか!
だからどうだってわけでもないんですけどね!

主人公の少女は眼鏡でショートカット、そばかすが特徴的。
なにやら自分の容姿や性格なんかにコンプレックスを抱えているようで、
画像

胸なんかを見られても自分の胸なんて誰が好き好んでみるんだ、なんて考えてしまうタイプです。
主人公の男はわりと平気でかるぐちなんかを叩くタイプで、部室に来ても漫画を読んだり雑談をしたり、ゲームを進めてきたりと漫画的なことはあまりしません。
欲望にも忠実な感じで、ちょっとしたゲームの賭けで買った代償に少女にコスプレさせようとしたりします。
画像

そんな2人が投稿ハガキ(電プレへの)をかいてみたり、プラモの話題やトレーディングカードゲームの話題なんかをだらだらと喋る毎日が続くのですが、とあることから2人の関係性が大きく変わり始めるのです!!
ちょっとしたすれ違いから距離が開いてしまう二人、そして少年の描いた漫画が月刊誌に掲載されるという出来事。
様々な怒涛の展開を経て物語は激動!
画像

すれ違いや自己嫌悪なんかの重いイベントをへて、感動のハッピーエンドへまっしぐらです!!

というわけで、前作の「付き合ってから」のお話とはうって変わって、「付き合うまで」の心の動きなんかに重きを置かれている本作。
前作で何かと話題になった、「直接描写はされていないけど確かに存在するエロス」はなりを潜めています。
ですが前述の通り今回の売りは心の動き。
エロスはなくとも物語としての完成度は今回の方が高くなっています!
描き下ろしの後日談的な漫画を6P収録し、カバー下本体にもイラストを描き下ろし。
カバーの折り返しや裏表紙にも4コマが描かれ、充実の一冊です!

エロスで話題となった前作から一転した「放課後プレイ2」は全国書店にて発売中です。
前作と色の変わった本作、エロス抜きでもバッチリ楽しめますよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


電撃4コマ コレクション 放課後プレイ2 (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 127-2)
アスキー・メディアワークス
黒咲練導

ユーザレビュー:
少女漫画好きにオスス ...
多角的成長を遂げたイ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「怪獣のテイル」第1巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラより刊行、ウルトラジャンプエッグにて連載されています。

作者はF4U先生。
F4U先生とその著作、「文化部をいくつか」の紹介は09年2月24日の記事にて紹介しておりますので、よろしければそちらもご覧ください。

さて、本作は突然現れた来訪者がトラブルを巻き起こすタイプの日常漫画です。
登場するのが美少女で、同居することになる……という黄金パターンを踏襲している本作ですが、その美少女の設定がちょっぴり変わったことになっているのです!

自分が特別でない、極普通の人間で極普通の日常を送り続けることに気付き、それを変えてくれる何かを待ち続けていた青年、マサキ。
彼が夜1人公園でたそがれていると、隕石のようなものが飛来してきました!!
画像

もしかしたら愛してやまない宇宙怪獣の類だったりして、と思ったマサキはおもわず「来たれ宇宙怪獣!世界に破滅を!!」などという中二的発言を口走ってしまいます。
するとその隕石らしきもの、突然ぐるりとUターン。
マサキのもとへと急降下してきたのです!!

恐る恐る近寄ると、
画像

本当に卵のような物体がクレーターの中心に鎮座ましましておりました。
こりゃもう間違いなく怪獣の卵だろうと擦り寄ると、早速ひび割れ始めるではないですか。
中から飛び出してきたのはやっぱり怪獣でした!!
画像

……女の子型の、ですが!!
登場するなりマサキを見て尻尾を振りながら「お父さん」と呼ぶ女の子。
家に連れ帰るわけにもいかず、とりあえず同じ怪獣好きの女性、カオリが店長を務める喫茶店を訪ねます。
最初は少女誘拐かと通報しようとするカオリですが、女の子のお尻に生える尻尾を見てようやっと怪獣であるらしいことを理解。
そして卵から生まれる動物にある刷り込み……生まれたはじめてみたものを親だと思う習性によって正樹を父だと認識したのだろうと予測しました。
預かって欲しいというお願いもあっさり却下され、結局正樹は自宅へとつれて帰ることになってしまうのでした。

親に見つからないよう女の子を自室へ連れ帰るマサキ。
一応怪獣図鑑で調べては見るものの載ってるはずもありません。
明日からどうしようと悩みながらも眠ってしまいます。
翌朝目が覚めると、女の子の姿はありません。
そうか夢なんだ、夢に違いないと言い聞かせて茶の間へと降りていくと、そこには両親と一緒に食事をしている女の子がいるではありませんか!
両親はどうやら女の子をマサキの彼女だと勘違いしているようで、それならその方向で誤魔化していこうとするマサキ。
ですがそんな思いも知らず、女の子はマサキがお父さんだとあっさりばらしてしまいます。
が、両親はそれを聞いてもまったく驚きません。
尻尾があることを教えても、母のご飯をおいしそうに食べる女の子なら娘だろうと尻尾があろうと気に入った、とすんなり受け入れてしまうのでした。
結局一番驚いたのはそんな両親の所業を見せ付けられたマサキだったわけです。
そんなマサキに対してマサキの父は、その子がマサキの子なら家においても良いが、親になる覚悟があるならまずは名前をつけろとだけ言いつけるのでした。

とりあえずカオリのもとへ相談に行くマサキ。
怪獣は好きだがこの子は尻尾以外まるで怪獣らしいところがないなどと嘆くマサキに、カオリはそれこそがこの怪獣の特殊能力なんじゃないかと指摘します。
生まれていきなり日本語を話したり、朝ごはんを普通に食べたりマサキ家にすぐ馴染んだりと、そういわれればそんな気もします。
相談中の今も熱心に怪獣のDVDを鑑賞中で、今は尻尾だけでもそのうち超進化するんじゃないか!そんな可能性すら漂ってきた
画像

……様な気がします。
無限の可能性を秘めた女の子を見つめるマサキ。
するといきなり女の子は振り返り、DVDの怪獣がしていた口から火炎噴射をやってみたいと言い出しました。
難しいがそのうちできるんじゃないか、とわりと無責任な返しをするマサキですが、女の子は無邪気に火を吐くまねをすると……
画像

でました。すごいのが。
コントのオチみたいになってしまったマサキ。
人に向かって火を吐いちゃいけない、と怒りつつ、まだまだ怪獣成分は尻尾だけで十分だという意味合いを込めて女の子に「テイル」と命名したのでした。
こうして始まったマサキとテイルの奇妙な親子関係。
テイルを欲しがるお金持ちの高飛車キャラ円や、幼馴染でマサキが好きだけど素直になれない王道的キャラのかなめなど、個性豊かなキャラが続々参戦しつつ展開していきます!!

という感じの日常ギャグ漫画となっている本作。
設定、性格共にはちゃめちゃなテイルを中心として物語は進むものの、ドタバタというよりは独特の味わいある雰囲気で進んでいきます。
生まれたばかりで何事に対しても好奇心満点なテイルの日常の他、恋愛要素やほんのりバトル風味も加わったりして、単なる日常におわらない起伏を作っているのです!
最後に収録されているエピソードではなにやら今後の展開を左右する謎のキャラが姿を現し、気になるところで終わっているのも憎いもんですよ!!
こういった作品でとりわけ重要視されるキャラ付けですが、こちらもバッチリ。
天真爛漫なテイルやツンデレを地で行くかなめは勿論、ワルいキャラになりがちな金持ちキャラの円も憎めない面白キャラですし、地味になりがちな眼鏡キャラのカオリも結構はっちゃけるいい味を出すキャラ。
だれをとっても嫌な人がいない、平和な感じのキャラ関係が心地良いんです!

単行本のおまけとして設定資料やカバー下本体に怪獣図鑑などを収録。
巻末のイラストなどには「文化部をいくつか」の生徒会長が出演し、テイルとの夢の(?)共演も果たされています!!

求めてやまなかった怪獣との共同生活が始まる「怪獣のテイル」第1巻は好評発売中です。
かわいらしい女性キャラによる萌え要素に、独特なシュールなギャグ、意外にも多くの謎を孕んでいる今後など、様々な要素が楽しめる本作。
エロスはあれども乳首券などはない無難な範囲、バイオレンスもほとんど皆無な平和さは万人が楽しめる作品となっています!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


怪獣のテイル 1 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
集英社
F4U

ユーザレビュー:
クトゥルー的なにかが ...
怪獣の娘というのもい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



このページのトップヘ