3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

2011年03月

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「地球の放課後」第3巻です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスより刊行、チャンピオンREDにて連載されています。

作者は吉富昭仁先生。
今までの紹介は「吉富昭仁」のテーマにてまとめておりますので、よろしければそちらもあわせてご覧くださいませ。

さて、ファントムと呼ばれる謎多き存在によって人類のほとんどが消えてしまった地球で暮らす4人の少年少女の日常を描いている本作。
そんな非日常な日常をじっくりと描きつつ、この物語に秘められた謎も徐々に輪郭を現しています。
そして今巻でもまた一つの謎が姿を現すのです!!

大雨が降りしきった翌日。
正史は三人娘を残し、町が被害を受けていないかを調査しに行くことにしました。
車を走らせ、瓦礫で道がふさがっていることなどを確認しながら町を回り続ける正史。
すると、ふと視界に人影がよぎるではありませんか。
慌てて車を降り、人影のいたほうへと走ります。
ですがそこへたどり着いても人の姿は在りません。
気のせいかとも思いましたが、次の角を曲がった道の真ん中に、自宅周辺の片づけをしているはずの八重子の姿があるではないですか。
何も言わずこちらを振り向く八重子。
その様子に何か奇妙なものを感じだ正史は、そっと無線を取り出して3人娘と連絡をとることにしました。
無線に出たのは早苗です。
いきなりのそこに八重子はいるか、と言う質問にちょっぴりジェラシーを感じてしまう早苗ですが、そこはグッとこらえているけど代わろうか?と返事する早苗。
勿論早苗が想像するような下心的なものは一切ない正史はそれだけ確認すると無線を切り、目の前にいる八重子が今まで一緒にいた八重子でないという事実を確定させてコミュニケーションをとることにしたのです。

正史はこの八重子が今まで何度かあった経験からして、未来から来た別の時間の八重子だと仮定し、話しかけました。
ところがこの八重子は何も答えず、そっと手を正史の首に回してくるのです。
そのまま表情一つ変えず顔を近づけてくる八重子。
このままだとベーゼになっちゃうよと思ったのか思わなかったのかはわかりませんが、正史は咄嗟に体を後ろに引きました。
すると、
画像

八重子の腕が正史の首に回されたまま、ゴムのように伸びてしまったではないですか!
これは八重子ではないと直感した正史はその腕を振り払い、ダッシュで逃走。
ニセ八重子は急いで追ってくる様子もなく、とりあえず正史は物陰で一息つきました。
すると今度は突然背後から早苗が現われるではないですか!
言うまでもなくこの早苗も本物であるわけがありません。
あろうことか彼女の
画像

お胸がいきなり巨大化し、そこからにょきにょきと手が生えてきます!
つかまってはまずいとそこから走って逃げる正史。
取り残されたニセ早苗はというと、今度は胸から生えた手に引き続いてそのまま杏奈の上半身が生え、早苗と入れ替わるように杏南の体へと変貌して行ったのです!
画像


ニセ杏南はそのツインテールを触手かアンテナのように動かしながら、正史を探して町をさまよいます。
そっとその様子を空き家の一室から窺っていた正史ですが、今度はその部屋に謎の美少女が入ってくるではないですか。
画像

謎の美少女と入ってもどうやら正史は知っている顔のようで、その少女の登場に驚きを隠せない正史。
それでも今は身を守らなければならないと手近な花瓶を手にとって身構えると、彼女は膝立ちの状態になって体を小刻みに振るわせはじめました。
謎の少女はその体をまるでスライムか何かのように奇妙に変形させ、その体から八重子や早苗、杏南の体を生やしはじめます。
画像

その間の形で不気味に蠢きながら正史のほうへとにじり寄るその塊。
正史はたまらず手にした花瓶を振り下ろそうとしましたが、そのときその塊から
画像

妹の体が現われ、「おにいちゃん」と声をかけてきたのです!
妹の姿を取り、さらに今になって声をかけてきたその塊に驚いたのか、その手を止めて塊を凝視する正史。
塊はその体を大きく膨らませたかと思うと、姿を正史が良く知るファントムのそれへと変貌させはじめました。
危険を感じ取った正史はさっと庭へ飛び出して距離をとると、ファントムは以前であったことのある「具合の悪いファントム」のように球状に変形した後消滅してしまったのです!

というわけで、またまた不可思議な自称に遭遇した今巻。
結果としてあの塊はファントムだったわけですが、最後に妹の姿を取り、正史に声をかけてくれたおかげで消滅に巻き込まれる危機から救ってもらったとも取れます。
噂では、ファントムはその体を対象の良く知る人物に変形させ、油断させてから消滅させると言う行動を取ることがあるそうで、先ほどの事件はまさにその行動そのものであるだろうことがわかりました。
そもそも死んだはずの人間の姿になることもあることから「ファントム(亡霊)」と名づけられたんだそうで、そんなことからもファントムがとにかく人間を消滅させるために特化した存在であることが窺えます。
ですが今巻、いくつかの事柄から正史はファントムが人間を殺さないように消滅させていたであろうことが確定的であると結論付けました。
人間をわざわざ殺さないように自分の餌食にしていた、ということは、踊り食い以外ようすかん!という趣味でない限りは殺すつもりがない=消滅させられて人は生きていると言う意味であることが予想されます。
偶然かもしれませんが、先ほどの正史を結果として救ったファントムの行動もそれを感じさせるわけで……
ファントムと言う存在の謎はますます深まるばかり。
ますますその謎が明かされる日が楽しみとなってまいりました!
謎の少女の素性なども明かされるでしょうし、今後の展開に目が離せませんね!

じわじわと謎は深まりながら真相に近づいている感もある「地球の放課後」第3巻は好評発売中です!
今回紹介した謎の他、只者ではないムードを纏っている正史の正体(?)があかされたり、意外な特技が判明してそのままその特技を利用したお遊びをしてみたりと見所は今回もバッチリ!
謎を追う読み方は勿論、独特な日常ものとしても十二分に楽しめる内容となっていますよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


地球の放課後 3 (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
2011-03-19
吉富 昭仁

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地球の放課後 3 (チャンピオンREDコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ハチワンダイバー」第19巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックスより刊行、週刊ヤングジャンプにて連載されています。

作者は柴田ヨクサル先生。
本作の今までの紹介は「柴田ヨクサル」のテーマでまとめておりますので、よろしければあわせてご覧くださいませ。


さて、3匹の鬼の登場によっていきなり死というものを間近に感じはじめた菅田達。
鬼は凄まじい勢いで問答無用の勝負を強い、海豚七段、そして二コ神は壮絶な勝負の末命を落としてしまったのです。
次なる鬼の標的は文字山。
悲鳴を上げる隙さえ与えてもらえず、あっという間にどこかへと連れ去られてしまったのでした。

文字山が連れ込まれたのは「鬼の間」と書かれた板張りの部屋でした。
そこにあるのは巨大な将棋盤。
その異様な見た目にあっけに取られる文字山ですが、将棋を指すしかこの部屋を出る道はありません。
勿論負ければ死体となって、ではありますが……
ですが文字山がその決断を下す前にそこに割って入る人物が現われます。
音楽をまだ聴いていないのにかなりやる気満々状態な右角です!
……が、彼が対極を始める前に更に割り込んでくるものがいました!
菅田たちの中で文句なしに最強の男、鈴木八段が!!
画像

鈴木八段はこの一局に命がかかっていることを重々承知の上対局に挑みます。
しかも、この様子を映し出しているカメラ越しに谷生を指差し、お前も死ぬぞ、と挑発まで決めて!
余裕の表情を崩さず第一手を打つ鈴木八段。
対する鬼も物凄い音を立てて第1手を打つのです!
最強鈴木八段VS最凶の鬼、その命をかけた熱戦はこうして幕をあけました!!

そのころ、上層界で菅田の回復を待っていた先行組の戸を叩く音が鳴り響いていました。
澄野が戸をあけて外に出てみれば、そこに居たのは最後の鬼。
突然現われたその鬼は、あいつを出せと迫ってきます。
「あいつ」とは、ジョンス・リーを真っ向からねじ伏せた菅田のことを指しているのですが……その意図を知ってかしらずか、澄野はあいつって誰だ、お前はなんだと質問で返しました。
その質問に「将棋と暴力の使い」だと答える鬼。
ならばと澄野は今までの展開を覆して「じゃあ暴力で」と宣言し、
画像

思いっきり鬼に蹴りを叩き込んだのです!!
巨大な体躯を持つだけあり、あっさりとはやられない鬼。
猛烈な勢いで突進し、壁を破壊して菅田達のいる部屋へとなだれ込みます。
鬼は眠る菅田を指差し、用があるのはそいつだと言うのですが、澄野は爆睡中だからとそれを却下し、斬野とともに本格的な肉弾バトルに突入することにしたのです!!

鈴木八段と鬼の命をかけた将棋勝負が決着を迎えた頃、こちらの肉弾バトルもまた最高潮を迎えていました。
澄野と斬野が入れ替わり立ち代りで攻撃を加え続けたにもかかわらず、一向にまいる気配のない鬼。
強烈な蹴りを澄野に見舞うと、澄野はその一発で
画像

大量吐血してしまう大ダメージを負ってしまうのです!
その強烈すぎる一発で完全にスイッチの入った澄野、打撃のラッシュからバックドロップ、そしてガッチリとスリーパーを炸裂させました!!
まさに野獣と言うようなその攻めで、一気に息の根を止めようと言うところまで鬼を追い詰めるのですが、そこは鬼もさすがのもので何とか振り払います。
それでもすぐさま澄野はラッシュを仕掛け、鬼を圧倒するのです!
……が、そこで突然澄野の動きが止まってしまいます。
地面に倒れ付し、体を動かすことの出来ない状態に陥ってしまう澄野。
そこで彼は実感します。
画像

「寿命」がやってきてしまった、と!

鬼将会の手により、寿命を縮められてしまった澄野。
予定では残された命はまだもう少しあったはずですが、この突然のハードな戦いで消耗しきってしまったと言うことなのでしょうか。
倒れてしまった澄野を気遣い、一人鬼に立ち向かう斬野。
ですがやはり斬野では役者不足だったようで、鬼にあっさりと倒されてしまいます。
そんな光景の中でもピクリとも動かなかった澄野ですが、斬野の「生きてますよね?」と言う問いかけには「死んだ」と答えました。
何とか上体を起こし、座り込んでいる状態にまでは戻ってきましたが、体中がかなりズタズタで動かない状態であるとのこと。
じゃあ一思いに死ね、と蹴り飛ばそうとする鬼ですが、そこへもまた割ってはいるものが現われます!
将棋盤を持ち、「ここでは将棋で戦うなら全部ふりだしよね」と鬼に立ちはだかるのは、紅(?)一点のチッチです!
チッチはここで自分も谷生に将棋を教わった、4人いると言う谷生のレプリカは3人の鬼と自分であると明かし、
画像

ここでレプリカ最強は誰なのか決めようじゃないかと言い出しました!
面白いとそれを受けて立つ鬼。
ところがそこで今度は澄野が立ち上がり、なんとなく回復した、喧嘩祭が帰ってきたと宣言し、思い切り鬼を蹴っ飛ばしたではないですか!!
画像

もはや虫の息と言っても過言ではない状態の澄野は何故立ち上がるのか?
こんな状態で鬼を倒すことが出来るのか?
命を懸けた文字通りの「戦い」は決着を迎えます!!

というわけで、命がけの戦いが加速する今巻。
すでに2名の犠牲者を生んだこの戦いは、今回も犠牲者を増やすこととなってしまうのでしょうか。
過酷な戦いは非常な運命を刻みながらもまだまだ続いていくのです!
そして谷生のメイドにされてしまったそよのお話も進みます。
谷生によってもたらされたあるものは、そよにとって凄まじい衝撃をもたらすことに。
菅田達側の犠牲者が続出すると言う確実に物語を左右するドラマは勿論のこと、この動きもまた今後の展開を大きく動かしていくことになりそうです!!

肉弾&将棋の命がけバトルが続く、「ハチワンダイバー」第19巻は好評発売中です。
物語は次々と急展開を迎え、確実にクライマックスを近づけている本作。
最近展開が遅いなぁと思ってしばらく呼んでいなかった方々も、昨今の凄まじい展開を見ればあっけに取られること必至!
迫る最終決戦へ向けて着々と進むドラマはもう目が離せないなんてもんじゃありませんよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ハチワンダイバー 19 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2011-03-19
柴田 ヨクサル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハチワンダイバー 19 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ブラック・ジョーク」第5巻です。
秋田書店さんのヤングチャンピオン・コミックスより刊行、ヤングチャンピオンにて連載されています。

作者は小池倫太郎、田口雅之の両先生。
本作の今までの紹介は「田口雅之」のテーマにてまとめておりますので、そちらのほうもご覧くださいませ。

さて、カジノや売春などが合法となっている「ネオン島」と言う土地でホテルマンとして厄介ごとを解決していく2人の男を主役とした本作。
第4巻では肉体派の小玉がメインとなるお話が多数収録されていましたが、今回は逆に小玉の出番が控えめで、頭脳派の吉良が中心となったお話がメインとなっています。

吉良が社長に命ぜられた今回の任務は、いつもとは一風変わったものでした。
ホテルの顧客である青柳コンツェルンの御曹司がオカルティックな殺人事件を起こしてしまったとのことで、その調査に言って来いと言う……「名探偵」をやってくれと言うものだったのです。

吉良はあかりをパートナーにしてその青柳家へとたどり着きました。
被害者はこの青柳家の長男、天馬。
2階から転落したとのことで、警察は事故とみなしている様子。
ところが、次男の海斗は「自分がこの右腕で突き飛ばしてしまったんだ」と言うのです。
しかしその右腕は肘と手首の中間辺りから失われています。
普通に考えれば華奢な海斗がその右腕で、4歳も年上の天満を突き落とすと言うのは考えづらいところ。
ですが海斗は、自分の右腕には恐ろしい腕が生えていて、自分の意思にかかわらず暴れだし、兄を突き飛ばしてしまったと言うのです!
画像


海斗は一年ほど前の事故で右手を失ってしまいました。
絵画(萌え絵ですけど!)を趣味としていた海斗にとってはかなりの苦痛であったでしょうが、何よりも海斗の生活を様変わりさせてしまったのが幻肢、そして幻覚だったのです。
ないはずの右腕を感じたり、感じるはずのない痒みや痛みを感じると言う幻肢というのはよくあることなんだそうです。
ですが、「ピンクのパラソルを差した大きな女がビルを通り抜けていた」「小さな象の群れがテーブルの上を通っていた」という幻覚まで見ると言うのですから普通ではありません。
更に問題なのは、その幻覚なのであろう右腕で兄を2階から落としたのだと言うところ。
海斗本人は俺の秘められし力が……!!と言わんばかりの中二病な犯行を自供しているわけですが……だましだまされのシビアな大人の世界に生きてきた吉良にとってはそんなドリームは信じようと言う気すら起きないわけで。
ともかくもっと良く事情を知るべく、青柳家に縁深い人物に話を聞いてみることにするのです。

母親から聞けたことからわかったのは、どうも海斗はいろいろ情操教育のようなものを強いられたりの押さえつけられた生活を過ごしてきたと言うこと。
そして海斗と相当なかよしな巨乳眼鏡メイドさんからは、
画像

海斗は例の事故で頭の手術などもしたおかげで今の霊能力チックなものを手に入れたのに違いないと言うことと、「キリコ」というネット界隈で有名なスピリチュアルアーティストとやらに傾倒していることがわかりました。
何でもそのキリコは、生放送のネット配信の最中、海斗の怪我や能力のことを名指しであてて見せたのだとか。
その放送をきっかけに海斗の右腕はひめられしパウワを解放しはじめ、それ以来海斗がキリコの番組を見るたびに青柳家の建物が揺れると言う海現象が起こり始めたのだそうです!
そしてその放送視聴&建物揺れが2度続いた3度目の晩、件の事件が起こったんだそうで。
番組の視聴中に建物が揺れ、天馬は2階から落下、命を落とした……右腕の暴走で海斗は兄を殺してしまったと思い込んだわけです。

様々な情報を聞いて吉良が思案に暮れていた時、青柳家に訪問者が訪れました。
屈強な体つきの男、摩仁藤(まにとう)と、
画像

噂のスピリチュアルアーティスト、キリコその人が!!
どうも海斗の母親が気を利かせて(?)呼んだようで、こういったことを信じていない父親は苦々しい表情を隠しませんが、海斗くんはそりゃもう嬉しそうな表情です。
現われるなりキリコは部外者である吉良を指し、冷静に見えるけど物事の本質を受け入れず皮肉をこめて捉えることで自分を守ってると言うオーラが出てるよ!と軽いオカルティックジャブを放ってきました。
そんな先制パンチをもらった吉良、キリコにこう返すのです。
そういうのを不確実な主観で他人をディスって主権を握ろうとする霊的嫌がらせ、オカルト・ハラスメントって言うんだぜ!俺の造語だけど!と!!

いきなりキリコの仕事(?)の全否定にかかった吉良に、ボディーガード的ポジションらしい摩仁藤が掴みかかります。
そうなれば今度は吉良のボディーガード的ポジションであるあかりがだまってはいません!
画像

いきなり殺気むき出しで戦いを繰り広げる2人ですが、その戦いはキリコの唇をプルプルさせると言う謎行動で摩仁藤の気持ちを鎮めることによって中断することとなりました。
とりあえずその場が収まり、キリコはこの家にやってきた目的を果たすことにします。
それは、間もなく配信されるキリコの番組で今日も青柳家が揺れると予言しているのを確認し、そのゆれを止めて見せようと言うもの。
いつもはライブで配信される番組ですが、今日はわざわざその為に録画放送としているそうで。
要するにわざわざやってきた目的は、この録画した過去の放送での揺れの予言とその揺れを止めて見せることで自分の霊能力が確かなものだと証明しようと言うことなのです!

番組が始まって程なくすると、本当に建物が揺れだします。
そしてキリコが止みなさいと叫んだかと思うと、すぐさまその揺れは収まったのです!
画像

キリコの霊能力は本物であるとの確信を強め、信頼のまなざしで見つめる海斗。
吉良はその場では何もキリコを否定できず、その姿をため息をつきながら見つめるしかないのでした。

キリコの能力を見せ付けられ、付け入る隙はないかに見えたこの事件。
ですが、実はもう吉良にはこの事件の実態が見えているようです。
吉良が向かったのは幻肢に詳しい美人女医のもと。
そこで幻肢に関しての詳しい情報を掴み取る吉良。
その一方であかりには、どこか良くわからない地下の配管を調べさせて……
それらの情報を得た吉良はにやりと会心の笑みを浮かべるのです。
勝利を確信したかのような笑みを!!
そして吉良は不敵な笑みをそのままに、キリコの種明かしに挑むのでした!
画像


と言うわけで、一見オカルトな事件の謎解きに挑むと言う珍しい展開を迎える今巻。
この後とうとう謎解きパートとなるわけですが、本作らしいワイルドな仕掛けなんかが明かされつつ、揺れとか幻覚とかに直結しないあたりはスルーなの?というおおらかな謎解きが披露されます。
いやらしい吉良の追い詰めっぷりはまさに堂に入っており、見ているこっちもニヤニヤしてしまうこと必至です!!
もちろん素直に頭脳戦オンリーで終わる本作ではありません。
キリコの種明かしが終わった後は、見るからに只者ではない雰囲気をまとう摩仁藤とあかりとの直接対決が収録!
こちらはいつもどおりの色々飛び散るバイオレンスバトルとなっているのです!!
このほかにも珍しく吉良がバトルを担当するエピソードと、第2巻でハッスルしたアドミラル・ジョニーさんが再登場するエピソードを収録し、今回もボリューム満点!
しかもこのアドミラル・ジョニー再登場のお話では、田口先生作品のファンの方ならば思わずにやりとしてしまう場所が登場!!
いつにもましてファン必見の内容となっております!

今回も単純に楽しめる娯楽作品に仕上がっている「ブラック・ジョーク」第5巻は好評発売中です!
表紙の雰囲気ががらりと変わり、シックな印象を受ける今巻。
ですが内容はいつもどおりのハチャメチャでエロスでバイオレンスな作品となっておりますのでご安心ください!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ブラック・ジョーク 5 (ヤングチャンピオンコミックス)
秋田書店
2011-03-19
田口 雅之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブラック・ジョーク 5 (ヤングチャンピオンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「岩戸石太郎の霊石奇譚」第5巻です。
講談社さんのKCDXより刊行されました。

作者は古川斉昭先生。
本作の紹介は「岩戸石太郎の霊石奇譚」のテーマにてまとめておりますので、よろしければそちらもご覧くださいませ。

さて、天番(あまつが)を復活させようとするクロノと協力関係にあるルリ夫の罠にはまってしまった石太郎と将吾。
ルリ夫と対峙する石太郎と将吾ですが、将吾の母親を人質に取られてしまい手も足も出ない状態になってしまいます。
母親を殺されたくなければ石太郎を殺せと迫られる将吾、反撃などすれば将吾の母を殺す結果になってしまう石太郎。
2人は一体この窮地をどう潜り抜ければいいのでしょうか!

ルリ夫の卑劣な策略を辛くも逃れた二人。
ですが石太郎の神の目が奪われてしまうという決定的な窮地に立たされてしまいました。
こうなれば神の目をそろえてしまったクロノが天番をよみがえらせてしまうのも時間の問題。
そうなってしまえばあとは
画像

世界の崩壊を待つばかりだと言うのです!
石太郎はまだ時間があると笑うのですが、なにせそのたよりの石太郎が疲弊しきっているのですから楽観など出来るはずもありません。
そんな時そういえば、と千里は神の目と石太郎の関係について疑問を投げかけました。
神の目を使っているから命を吸われ、寿命が縮まっているという石太郎。
ならば神の目が奪われた今、石太郎の寿命はどうなのか?と。
勿論今は平気だよ!……と言う虫のいい話があるわけもなく、神の目と石太郎は契約のようなもので結ばれていて、今もなおその命を吸っているんだそうです。
と言うことは石太郎の体調が良くなることはなく、ただただ消耗するばかりと言うこと。
一同はより強い絶望を味わうことになるのですが、石太郎はそれでも微笑むのです。
画像

まだ自分とつながっていると言うことは、神の目のありかがわかると言うことでもあるのだ、と!
更に石太郎はこう続けます。
自分のもっていた神の目と、ルリ夫の使っていた神の目、二つの目にはそれぞれ反発する力があることが先ほどの戦いで解かった。
うまく使って神の目の力を相殺できれば、天番ですら消滅させることが出来るかもしれない!
ほんのわずかな可能性ではありますが、こちらにも逆転の目が見えてきたのです!!

神の目を二つ手に入れたルリ夫ですが、その体に石太郎のような斑点が浮かび上がって来てしまいました。
これは石太郎との戦いで神の目の力を使いすぎた反動なのですが、こんなリスクのことなど知らなかったルリ夫は焦るばかり。
そこに現われたクロノはルリ夫を助けるどころか、全力で戦った結果石太郎の神の目にも力が蓄えられたことに礼を言いつつ神の目を拾い上げていきます。
どうすればこの斑点が消えるのかと縋ってくるルリ夫が塵と消えていく姿を一瞥もせず去っていくクロノ。
その姿は今までの犬のそれではなく、人の姿へと変貌して行ったのでした。
画像


クロノとの最終決戦へ向かう石太郎達。
その門出に石太郎の母は一本の包みを渡しました。
これはかつて神の目を守るためクロノと戦い、死んで行ったと言う父の形見。
必ず生きて帰って来い、そうすれば今まであまりした事のなかった父の話をしてあげる。
画像

その約束と武器を託され、石太郎はさらなる闘志を漲らせ、出発するのです!!

神の目と石太郎を繋ぐ糸をたどり、クロノが天番を甦らせようとしている場所へと向かう石太郎達。
むこうもこの事態は想定済みで、数々の番人を配置してあるのです。
仲間たちに助けられ、クロノの元へたどり着いたのは石太郎、珊瑚、将吾、そして千里の4人。
すでに天番はその姿をこの世界に現しはじめていました。
もはや猶予は一刻もなし!
石太郎は父の形見の刀を構え、世界の命運を左右する最後の戦いに挑みます!!
画像


というわけで、ついに完結を迎える本作。
完全にバトル展開となり、今まで数々の思わせぶりな行動を取っていたクロノとの対決、そして天番との戦いが収録されています。
クロノ及び天番は、まごうことなき本作史上最強の敵。
石太郎はその実力の差を見せ付けられることになってしまうのです!
手に汗握る最終決戦の結末を是非その目で確認ください!!

クライマックス真っ只中の「岩戸石太郎の霊石奇譚」最終第5巻は全国書店にて発売中です。
見逃せない最終決戦は最高潮!
窮地の連続からたどり着くハッピーエンドを堪能してください!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


岩戸石太郎の霊石奇譚(5) (KCデラックス)
講談社
2011-03-17
古川 斉昭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 岩戸石太郎の霊石奇譚(5) (KCデラックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「SKET DANCE(スケット・ダンス)」第17巻です。
11年2月に集英社さんのジャンプ・コミックスより刊行、週刊少年ジャンプにて連載されています。

作者は篠原健太先生。
本作の今までの紹介等は「スケット・ダンス」のテーマでまとめておりますので、よろしければそちらもご覧ください。

さて、スケット団を中心とした学園日常物である本作。
ゆっくりとではありますが時間が流れておりまして、今巻では大きな転換期を迎えることとなるのです。

めずらしく生徒会の仕事をこなしている安形。
どんな風の吹き回しなのかといいますと……3年生である安形(とミチル)の生徒会引退まであと3日に迫っていたからなのです。
次期生徒会長はもう椿に決定しているも同然。
画像

安形はすべてを椿に、残ったメンバーといずれ入るはずの新メンバーに託すのです。

程なく会長の座につく椿は、いつにもまして俄然やる気を燃やします。
張り切りまくった椿、早速学校のガラスを割ってしまっている生徒を発見。
彼はあとで生徒会室に報告に行く(現場を見られていなければどうだったかはともかく)つもりだったが、今はとにかく急いでいるので勘弁してくれと弁解します。
その男子、何か用事があるのは確かなようで何か怪しげな箱を持っています。
問い詰めて確認してみれば、中は立派なバースデーケーキ。
なんでも担任の先生へのサプライズ誕生パーティーを催しているんだそうで、後はこのケーキの到着を待っている状態なんだとか。
必ず後で生徒会室に行くから今は見逃してくれと言う男子ですが、椿は
画像

それを断固として拒否。
特例は認められないときっぱり言い切ってしまうのです!!
その時、そこへ安形が姿を現します。
そして何も言わずつかつかと歩き出し、なんと日々の入ったガラスがはめ込まれているドアへ思いっきりドロップキック!!
画像

ドアを真っ二つに粉砕し、ドアを壊してしまったから始末書を書かせろと椿に迫ったのです!
これでガラスのことはどうでもよくなったと言うことか、男子にその会場へ向かうよう指示する安形。
椿はそんな行動が理解できません。
安形はと言うと、規律をしっかり守る椿の行動もありだとはいいながら、それよりも大事なものがあると思っていると主張。
そして、ボッスンもそうするんじゃないかと呟きました。
先ほどの男子をはじめ、様々な人物に慕われている安形。
そして、あんなですがなんだかんだと皆に信頼を寄せられているボッスン。
そんな数々の事柄を脳裏によぎらせた椿は、自分には欠けているものがあることはわかっていて、新しい会長としてやっていけるか不安なのだと弱気な言葉をこぼすのです。
こんな状態でも真面目一辺倒な椿に対し、安形が返したのは、自分が1年会長をやってこれたのも「みんながいたからだ」と言う含蓄ある一言。
1人でやろうとするな、会長なんて昼寝でもしてればいいんだと笑いながら立ち去っていく会長。
その姿と言葉を見た椿は完全に吹っ切れたようで……
画像

全校生徒を前にした所信表明で、自分はまだ未熟だから、よりよい学校を作るため皆に協力をして欲しい、と立派な演説をして見せました。
その姿を見届けた安形はすっかり安心し、椿に全てを任せることにしたのです。
が、そんな思いを廻らせながらたそがれていた安形の携帯電話が突然鳴り響きました。
非通知のその電話から聞こえてきたのはなんと、サーヤを預かったと言う誘拐をほのめかす言葉だったのです!
画像


サーヤをさらったと言うその謎の声、目的はさっぱりわかりませんが、安形にゲームをするように持ち掛けてきました。
お前の首をへし折ってやるぜと高圧的に命令を下してくるその声が提案するゲームとは、指定された各教室にある問題を決められた順序どおりに解いて行けと言う摩訶不思議なもの。
釈然としないにも程がありますが、サーヤを人質に取られているとなれば無視するわけにはいきません。
一つ目の問題に取り掛かってみれば、なんだか物凄く難しくてややこしそうに見えながら、答えは実に簡単なもの。
ですがその答えを窓に貼り付けてある大きな紙にローラーで書かなければならないというおかしな縛りがありまして、そこでまた時間を取られることにイライラを募らせる安形。
問題に正解するたびにおちょくりの電話を入れてきたりする犯人に怒りを抑えきれないながら、とにかくどんどん問題を解いていくしかないのです。

苦心して全ての問題を解いた安形。
すると犯人から電話がかかってきて、妹を帰すからとある場所へくるよう告げられます。
安形がその場所へたどり着いても、サーヤどころか犯人の姿もありません。
その時、呼び出された部屋の窓から今まで自分が書いてきた解答の紙が全て見えることに気が付きます。
そしてその紙の横には、それぞれ思いもよらない人物がいるではないですか!
更にこの時点でようやく安形はその紙に隠されていた事実を知り……
安心して生徒会をされると思っていた安形に突然降りかかった大事件。
この事件、安形の想像を超えた真相が秘められていたのです!!

というわけで、安形が引退するお話が収録された本作。
この展開に連動し、生徒会にも新たなメンバーが入ることとなります。
新たなメンバーも非常に個性的な面子となっておりまして、彼らが中心となったお話もこれから多くなっていくことでしょう!
もちろんこのお話のほかに、いつもどおりの日常ギャグ話なんかも充実。
チュウさんとレミ先生の関係が進展するようなしないようなお話や、サブキャラ同士の意外なカップルが誕生しそうになるお話など、レギュラーメンバー以外の活躍にも注目です!!

時間は流れ、登場人物も入れ替わりはじめてきた「スケット・ダンス」第17巻は好評発売中です。
4月よりTVアニメ放映も予定され、更なる人気獲得も予想される本作。
そんな勢いも合わせ、キャラ入れ替え後も新たな盛り上がりに期待したいところですね!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


SKET DANCE 17 (ジャンプコミックス)
集英社
2011-02-04
篠原 健太

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SKET DANCE 17 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↑このページのトップヘ