3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

2011年04月

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「範馬刃牙」第28巻です。
秋田書店さんの少年チャンピオンコミックスより刊行、週刊少年チャンピオンにて連載されています。

作者は板垣恵介先生。
今までの本作は「板垣恵介」のテーマで紹介をまとめておりますので、よろしければあわせてご覧くださいませ。

さて、前巻で繰り広げられた烈VSジョー、バキVS千春。
バキは予想通り難なくにも程があるほど難なく千春をたたむのですが、千春はその不屈の闘志でまだまだ襲い掛かりなおしてくる様子です。
そして烈はと言うと、ボクシングのリングの上での技術に長けているジョーに思わぬ苦戦。
まさかのダウンを喫してしまったのです!

まずバキVS千春ですが、じつにあっさり敗れてしまったにもかかわらず千春はバキ宅へ向かい、再び戦いを挑みました。
バキはといえば余裕のよっちゃん、玄関のドアのすぐ前に千春が立っているのがわかっていながら、靴のかかとを踏んだまま扉を開こうとするのです!
千春さんによれば靴のかかとを踏んだままでは戦力は10分の1になるのだそうで、千春さんはなめんなとばかりに扉越しにバキへパンチを叩き込んだのでした!!
画像

さすがのバキさんも戦力が10分の1ではぶっ飛ばされてしまいます。
ぶっ飛ばされながら、バキが感じていたのは単純に千春のパンチがすごい、という賛美。
のっしのっしと土足で家に上がりこんできた千春は転がっているバキを引きずり起こし、そのままスリーパーに移行。
バキも感心する力強さで締め上げたかと思うと、首を決めたままスープレックスで外へ放り投げる千春!
更に間髪いれず殴るわ蹴るわの追い討ちを叩き込み、バキを圧倒するのです!!

実際はたいしたダメージを負っていないバキ。
バキが感嘆していたのは、千春のもつ戦闘技術は非常に低いにもかかわらず、並ならぬ闘争心に引けをとらない強さを発揮していること。
これはすなわち、千春は技術や肉体だけでなく、闘志を強さにしていると言えるのです。
その事実に気がついたバキは、今までのやる気のなさから一転、テーマが出来たと構えをとったのでした!!
画像

バキが見つけたテーマとは、もちろん闘志=戦闘力と言う己にはない千春の能力に触れることでしょう。
勇次郎と戦うには、強くなるための鍵はひとつでも多いほうがいいわけで。
バキはこの千春の能力は、彼のその戦いの美学にあると考え、思いもよらぬ方法でかたいかたい千春の闘争心をぶちおるのです!!

で、ロートルボクサーのジョーに絶賛大苦戦中の烈さん。
グローブによる打撃は脳をしたたかに揺らす効果があるようで、烈の司会はぐんにゃぐにゃに歪んだまま。
このままでは烈といえどもマズイでしょうが、烈はこの状態に陥るのは初めてではない、と過去の体験を思い起こしておりました。
それは修行時代にまでさかのぼったある日のこと。
ひも付きの砂鉄袋による痛打を受け、視界が歪みきった状態を体験する烈。
師はこういうときどうすればよいのか?ということを、おわんに入った豆腐をもって説明してくれました。
横からトンと器をたたけば、豆腐は激しく揺れてボロボロに。
これが先ほどの歪んだ視界を生んだ頭蓋骨と脳の状態であるという師匠、続けてもう一セット同じものを取り出し、こういうときの対処法を教えてくれました。
器をトンとたたいたその瞬間、師匠はそのまま思いっきりその場で大回転!
自ら回転することで横からの衝撃を打ち消したのでした!

さっそくその技術で、司会のゆがみから回復しきるまでの時間を稼ぐ烈。
画像

うまいこと回復に成功するのですが、ジョーもそれで終わるようなタマではありません!
すさまじい勢いでそのスモーキンという異名のようにまとわりつき、烈に連打を叩き込んだのです!!
画像

完全に回復しきっていなかったところに連打を受けてしまい、再びダウンしてしまう烈。
脳は激しく揺れ、立ち上がることもままなりません。
10カウントを聞いてしまうのかというこの状況で、再び脳裏によぎる過去の記憶。
先ほどとまったく同じ、器と豆腐で頭蓋骨と脳の状態を説明されている烈。
ですが先ほどと大きく違うところは、教えているのがあの郭海皇なのです!
郭から教えられていた、脳みそシェイクからの回復法とは?
こんなところで負けて入られない烈の反撃は始まるのでしょうか!!

というわけで、バキと烈の戦いが描かれた今巻。
両方とも実力差がある組み合わせかと思われましたが、バキも得るものがあったようですし、烈は意外なまでの大苦戦をしています。
バキが勇次郎に勝つというのはなかなか難しいことでしょう。
一ミリでも強くなれるのならばバキにはプラスですし、強くなってもらえれば千春さんも浮かばれるってもんでしょう!
で、今巻の帯にも描いてありますが、バキと勇次郎の最終決戦が間近に迫っているんだとか。
本当に戦えばその決着が本作のフィナーレとなるのでしょうが、烈のボクシングとか、戦いのことを考えるとつい喧嘩しちゃう独歩ちゃんや渋川さんの去就、病魔に蝕まれた徳川のじっちゃんが企んでいる事など、物語を締めるにはたたんでおかなければならない風呂敷がいくつかあるわけで。
板垣先生がどう物語を転がしていくのか、見逃せませんね!!

バキと烈の変り種バトルが収録された、「範馬刃牙」第28巻は好評発売中です。
確実に近づいてくるラストバトルに期待が膨らむ本作。
ですが、ちょっと前までは想像できなかった範馬親子の団欒もいろんな意味で楽しみなのは俺だけではないはず……!!
そのあたりにも期待しちゃいますよね!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 範馬刃牙 28 (少年チャンピオン・コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「亭主元気で犬がいい」第1巻です。
小学館さんのビッグコミックスより刊行、ビッグコミックスペリオールにて連載されています。

作者は徳弘正也先生。
「ターちゃん」「狂四郎」といった徳弘先生の各名作の紹介は「徳弘正也」のテーマにてまとめておりますので、よろしければそちらもご覧くださいませ。

さて、本作はいつものような下ネタを織り交ぜつつシリアスとギャグを混ぜ合わせた作品となっています。
ですが本作は久々の特殊能力や高い戦闘力を持つ人間が登場しない、リアル志向な物語に。
それでも途中からガラッと印象の変わる、読者を引き込む圧巻の展開は健在なのです!!

「人殺しの妹だったのか」。
そんな言葉とともに彼氏に捨てられ、すべてを失った九頭竜マリ。
画像

足は自然と高い位置に架かった橋へと向き、飛び降りるか……という気持ちへ追い込まれていました。
自分は殺人者の身内であるために受ける迫害に耐えられるが、今このおなかにいる子供はどうだろうか。
そんなことを考えると、彼女の心はどんどん追い詰められてしまうのです。
ですが、その橋から飛び降りたのはマリではありませんでした。
ちょっと離れた位置から情けない声を上げて飛び降りたおっさんがいたのです。
おっさんは下の川に流れていたダンボールを拾い上げようとするのですが、足がつってしまった様子。
先ほどまで死ぬ気だったマリもこりゃ大変だと服を脱いで川へ飛び込み、おっさんを助けるのでした。

おっさんはダンボールの中にいた動物を助けたかった(結局それはぬいぐるみでしたが)と言い訳しつつ、助けてくれたことに丁寧なお礼をしてきました。
彼は水田連太郎。
画像

超一流大学の教授をしている45歳の独身男性です。
実は連太郎、動物を助けるために飛び込んだというのは真っ赤な嘘。
今にも飛び込みそうなマリを見て、先に自分が飛び込んでしまえば思いとどまらせることが出来るかもしれない……と考えて川へ飛び込んだのです。
なりゆきでマリは連太郎の家で一夜の宿を借りることとなるのですが、連太郎の母親はマリを花嫁候補だと思い込んでなんとか家にとどめようと考えました。
ですが連太郎は底抜けにいい人でして、助けてくれたお礼とそのいざこざで荷物を盗まれてしまったお詫びということで、当面の衣料品と50万入った封筒を渡して家に帰そうとするのです。
さすがに50万は多すぎると、5万だけもらって家を出て行くマリ。
ところがその直後、おなかを押さえて地面に倒れ付してしまったではないですか!
連太郎は慌てて彼女を病院へ連れて行くのでした。

病院で倒れた原因が妊娠悪阻であることがわかり、同時に彼女が凶悪殺人犯の九頭竜博章の妹であることが判明しました。
殺人者の妹だとわかってしまえば、奇異の目で見られ、つばを吐きかけられる。
今まで彼女はそうやってつらい人生を過ごしてきたのですが、連太郎はその限りではありませんでした。
それは兄貴であってあんたじゃない。
画像

連太郎は力強い言葉で彼女をまっすぐに見つめるのです。

連太郎の優しい人となりに惹かれていき、やがて二人は結ばれます。
19歳のマリと45歳の連太郎ではあマリに年の差が離れておりますが、愛があれば年の差なんてなんてこたぁありません。
ですが何よりもネックなのはやはりマリが殺人者の妹だということです。
いくら連太郎とその母がまったく気にしなくても、やはり親族は面子がどうのと結婚を許そうとはしません。
連太郎は強い意志で反対を押し切り、
画像

マリと結婚するのですが……
世間の目はやはり彼女の素性を知れば知るほど冷たくなっていくのです。
しかし強い絆で結ばれた二人はそんなのへでもございません。
ラブラブ生活を謳歌しつつ、マリが堕ろしてもいいとまで言った前の男の赤ん坊を自分との息子と言うことにして生めばいいさと懐の深さも見せ付ける連太郎。
どんな困難もこの優しすぎる彼と、すべてを受け入れてくれる男性の登場に幸せいっぱいのマリならば乗り越えられる!
……ハズだったのです……

水田家の周りにちらちらと姿を現す薄汚い女性。
彼女はマリの母親でした。
あらゆる手段を使って溺愛する自分の息子の刑を軽くしようと奮闘していた彼女ですが、やはり擁護しようのない犯罪を犯した博章の反抗をありのままに証言した父親とマリに対してショックを受けてしまったのが原因か、いまやうつろな瞳でふらふらと放浪の生活を送っているようなのです。
そんな彼女が水田家を見てつぶやいた言葉。
画像

「ずるいなあマリ… あんただけ幸福になって。」
狂気すら感じさせる彼女は一体何をしようとしているのでしょうか!?

そんな彼女の存在に気がつかない連太郎は普通に生活をしておりました。
帰宅途中、道のど真ん中を歩く犬を見かけ、危ないよと路地に追いやろうとする連太郎。
そこへトラックが通りがかりまして、連太郎はちょっと待ってくださいよと犬を行かせるために手で合図しました。
が、トラックは一切スピードを緩めません。
そのままの勢いで連太郎を跳ね飛ばすトラック。
大地に倒れ、ピクリとも動かない連太郎のもとへそのトラックの運転手が近寄ってくるのですが、その運転手がしたのはとんでもないことでした!
「命より大切な人を失う苦しみをマリも味わうがいい。」とつぶやきながら
画像

止めとばかりに連太郎の背中をナイフで一突きしたのです!!!

連太郎の凶報を聞き、ショックで倒れてしまうマリ。
おなかの赤ちゃんも流れてしまい、あげく親戚から水田家を追い出されてしまうのでした。
マリは心の中にひとつの想いをたぎらせて新しい生活に望みます。
きっと連太郎を殺したのは、殺人犯の一家で自分だけ幸せになることを快く思っていないだろう母親だ。
だとしたら許せない、何の罪ものない連太郎を殺した犯人を、自分の手でぶち殺してやる!という想いを!!

というわけで、とんでもない非情な運命に翻弄される姿を描く本作。
徳弘先生作品といえば差別をテーマにしたものが多かったりするのですが、本作はその中でもとりわけ生々しく、理不尽な差別を描いています。
酷すぎる境遇を耐えに耐え、やっとめぐってきた幸せを十分堪能することもなく再び地獄のような生活に戻されてしまったマリ。
復讐のために活きることを決意するというこれまた辛い生き方を選ぶマリですが、一筋縄ではいかないのが徳弘先生作品。
今まで以上に恐ろしい、悪夢のような境遇がマリを待ち構えているのです!!
ですがそんな彼女にたった一つだけ素敵(?)な出来事が巻き起こります。
一匹の犬と出会うことになるマリ。
タイトルでわかっちゃうとおもうんですが、その犬はなんと……!
この出来事がマリの人生をどう左右することになるのか?
話の展開上長く続くお話にはなりづらい気もしますが、血なまぐさい展開もありえそうで……
マジで今後の展開に目が離せません!!

小学館さんに見放されたら先はない、新連載があたりますように……と作中で徳弘先生らしき人物も祈願する新連載、「亭主元気で犬がいい」第1巻は好評発売中です!
お得意の下ネタと脱力ギャグ、そしてゾクゾク来る人間の怖さを実感させてくれるサスペンスが共生する本作。
「ふぐマン」からうって変わって、徳弘先生作品の中でもトップクラスの息を呑むシリアスな作品となっています!
絵がなぁ、下ネタがなぁ、などと徳弘先生作品を敬遠していた方にも是非読んでいただきたい、先が楽しみな作品ですよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


亭主元気で犬がいい 1 (ビッグコミックス)
小学館
2011-03-30
徳弘 正也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 亭主元気で犬がいい 1 (ビッグコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「怪獣のテイル」第2巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラより刊行、ウルトラジャンプにて連載されています。

作者はF4U先生。
本作第1巻の紹介は10年5月27日の記事にて紹介しておりますので、ご興味などございましたらそちらもご覧くださいませ。

さて、ニートの特撮大好き青年マサキの下に突然ふってきた怪獣娘のテイル。
色々型ハズレな彼女に振り回されるものの、なんだかんだと特撮好きの彼にとって怪獣の娘が出来たと言うことは喜ぶべきものでした。
ですがやっぱり怪獣の身内がいるという異常事態は、当然厄介なトラブルも招くわけでして……

テイルの存在に興味を持ち、一時は金で買おうとまでしていた超お金持ちのお嬢様、マドカさん。
その日はテイルにお友達を紹介しに来た、とマサキの常駐先となっているお店にやってまいりました。
早速空から降ってきたそのお友達、名前はセイバー。
画像

ドイツからやってきた、マドカの「怪獣」となるロボットです!!

特撮界においてセイバーとはやられ役戦闘機の名前だよ、と変なところに落胆するマサキですが、そこはそれ。
マドカは自信たっぷりに、テイルにセイバーと戦ってみないかともちかけてきました。
怪獣の本能なのか、戦いに飢えまくっているテイルはいちもにもなく承諾!
仮にぶっ壊してしまったりしたとしても、これはくまで怪獣ごっこと言う遊び、弁償とかは気にしなくていいよ!とのことで、世話焼きの幼馴染、かなめの心配も杞憂に終わります。
オマケに対決ムードを盛り上げるためだと、
画像

25分の1スケール特撮セットまでわざわざ製作!
このセットにこれで俺も夢の体長44メートル、体重1.5千キロだと興奮を隠せないマサキ、テイルに思いっきり遊ばせてやろう、と目を輝かせるのです!

テイルとセイバーの一同公認バトル、名づけてごっこバトル。
業火を吐いたりできるテイルが有利なんじゃないかと身内は当然思うわけですが……
セイバーはマドカの謹製だけに、有り余る資金をつぎ込んだ超性能&超コスト。
一発打つのに10億かかると言うレーザーは、ミニチュアとはいえそれでも10メートル弱はありそうな巨大ビルを一瞬で両断してしまう高威力なのです。
実際最初に戦いの主導権を握ったのはセイバーでした。
画像

ジェット噴射で勢いをつけた飛び蹴りでテイルを思いっきりふっとばし、それならと瓦礫を盾にガードを固めたテイルを再び飛び蹴りで蹴散らすと言うパワーを発揮!
テイルも大声でひるませてから車を投擲、続けて懐にもぐりこんでセイバーを空中にカチ上げ、
画像

動きをとりづらくさせたところに必殺のファイヤーを炸裂させたのです!!
それでもなんと
画像

セイバーは無傷!
全てをはじくと言う超硬い物質、カネモチタニウム合金の装甲、そして地球外の素材を使ったと言う柔軟さと衝撃吸収率に富むバイオスキンで身を固めた彼女の性能はまさに規格外でした!
テイルの全力は見せてもらった、今度はセイバーのターンだと彼女をなんだかたいそうな形態に変化させるマドカ!
いかにもヤバげな雰囲気が漂ってきますが……
あえなくここで電池切れ。
タイムアップでテイルの勝利と相成るのでしたとさ。

と言うわけで、セイバーのお友達兼好敵手が登場した今巻。
今巻の新キャラは彼女だけでなく、今後話の中心に食い込んできそうな新キャラクターが続々登場するのです!
小笠原諸島からやってきて行き倒れなんかそのままの成り行きでマサキのお家に居候することになった野生児キャラの少女あづき、突然現われた一発キャラに思わせるミザル、そして彼女の目の前にふってきたあのタマゴ……
あずきはこの第2巻でもう早速活躍!
小笠原諸島の人に起こられるんじゃないかというくらい、ナチュラル野生児な彼女の重要なんだか重要じゃないんだかイマイチハッキリしないアレコレは本作のカオスぶりをより一層際立ててくれるのです!
ミザルは今巻では顔見世程度ですが、テイルが生まれてきたのと良く似たタマゴ第一発見者と言うことで、当然中身と一緒にこれからの物語を引っ掻き回してくれることは間違いないでしょう!
これから彼女達がどうハチャメチャハッスルしてくれるかが楽しみな限りです!!

また、さりげない恋愛模様も本作の隠れた(?)キモ。
ニートのマサキを密かに大好きなかなめは、相変わらず特撮一筋で何にも察しないマサキに対してやきもきし通し。
その上マサキは意図せずにマドカとのフラグを着々と立て続けていまして……
画像

かなめの本心を知るテイルも気が気じゃない、なんか良くわからない人間関係が出来つつあるのです!
怪獣がいっぱい来て大変なことになるんじゃないか?という本筋っぽいお話、テイルの成長と言う核といえるお話、そして味付け部分ながらも見逃せない恋愛関係と、それぞれ楽しめる実に贅沢な物語といえるのではないでしょうか!!

オマケ要素も設定資料的なものに描き下ろし漫画2Pとバッチリ!
隅々まで楽しめる内容となっています!

テイルのお友達が登場する「怪獣のテイル」第2巻は好評発売中です!
F4U先生独特のノリが楽しい本作。
萌え漫画といえば萌え漫画でしょうが、それだけに終わらないいろいろといきわたった作品ですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


怪獣のテイル 2 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
集英社
2011-04-19
F4U

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 怪獣のテイル 2 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「GANTZ(ガンツ)」第31巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックスより刊行、週刊ヤングジャンプにて連載されています。

作者は奥浩哉先生。
今までの本作は「GANTZ」のテーマにて紹介をまとめておりますので、そちらもよろしければご覧くださいませ。

さて、始まってしまったカタストロフィ。
玄野はとらわれた多恵を救いに敵の本拠地に突入するものの、多恵はそのまま敵の少女の家へと運ばれてしまいました。
なんとか助けたいと一人敵船内で奮闘するのですが、捕獲されていた人々を救わなければならなくなってしまい……

玄野はたった一人で大胆な行動に踏み切っていました。
巨人の女性にそっと近寄り、
画像

刀を突きつけて脅迫この町から出るための手助けをするよう強要したのです!
ですが巨人とは言葉が通じないわけで、なかなかこちらの意図する所を伝えきれず、イライラを募らせる玄野。
女巨人は不安からか恐怖からか、涙をこぼすのですが……
携帯電話をいじっていたかと思うと、いきなりそこから日本語で自分の名前はフラだ、と会話を始めたではないですか!
なんと急ごしらえの翻訳プログラムのようなものを組んだようです!
これで普通に意思疎通も出来るようになったのですが、地上に行くのは軍人じゃないと無理だし、地球人をぞろぞろ引き連れたこの状態では目立ってどうしようもないといってきました。
そこで玄野は軍人のスーツを奪うから大丈夫とこれまた大胆発言。
程なく狙い目の軍人を発見するのですが、フラは翻訳機を切ってその軍人と会話を始めてしまいます。
翻訳機を切ったとなれば何を言っているのかまったくわかりません。
どうにも不安をぬぐいきれない玄野ですが、やはりその不安は的中!
いつの間にか軍人が大挙して押しかけてきており、玄野を取り囲んでいるではありませんか!
多勢に無勢、フラも大人しく投降しろと持ちかけてきますが……玄野にとってこういった状況はもはや日常。
鬼神のような戦いぶりを見せ、軍人たちを一掃!
画像

フラにそこのスーツを着ろと命令したのでした!!

そんな八面六臂の活躍を見せていた玄野ですが、もう一人のコピー玄野もまた別の動きをしていました。
加藤やレイカ、風&タケシといういつものメンバーでやってきたのは、見慣れたあの部屋でした。
何度となくガンツによって呼び出されていたこの部屋も今や、窓の鍵に触れないといったような不思議な力は失せている様子。
ガンツも沈黙したまま動かないかと思われましたが、そこでどうもこの部屋に人の気配があることに気がつきます。
その人物は姿を消していた西。
ここに一人でいたということは、おそらくガンツを操作できるということなのでしょう。
問い詰められた西は舌打ちで返答するのですが、西の意思を無視していきなりガンツの横が開いたではありませんか!
画像

そしてそこからあの中の人が顔を出し、出来ることなら何でもするよとわりと気さくに応対してくれたのです!

中の人のおかげで脳内の爆弾を除去してもらい、他のガンツからの転送を無視できるようにしてもらったコピー玄野たち。
西に話を聞いてみれば、先ほどリーダーシップをとっていた偉そうなやつらは日本の財閥や企業のトップで、大分前からカタストロフィの対策を練っていたんだそうで。
そして彼らの間では、世界中がめちゃくちゃになった今、この事態を収拾したものこそが次の地球の覇権を握る……という話になっているとか。
地球が大ピンチでどうなるかわからないというのに、もう巨人を撃退したことを前提にしているとは、とコピー玄野も呆れ顔です。
そんな彼らが次に確認したのは、他のガンツと通信することができるのかと言う事実の確認でした。
すると実に簡単に出来るよと言葉が帰ってくるではありませんか。
じゃあ日本中のガンツと交信できるようにしてくれ頼んだ玄野が言い出したのは
画像

これを見ているガンツメンバーは俺たちと一緒に敵船へ捕獲された人間を救いに行ってほしい、というお願いでした!
最初は反応がないかとも思われましたが、レイカが呼びかけてみたりもするとやがて反応が返ってきます。
多くの人数がその言葉に賛同……というほど多くの人数は集まりませんでしたが、只者ではなさそうなものからそうでもなさそうな人まで8人の戦士がここへ集まってくれました。
とらわれた人類救出のために敵船に突っ込むという決死行。
コピー玄野を含め、歴戦の猛者ぞろいである新チームですが、果たして何人が生きて変えることが出来るのでしょうか……!

というわけで、ダブル玄野がそろって活躍を見せる今巻。
この二人の活躍も目を引くところですが、このほかにも注目したいところが多数収録されています。
ペットとして飼われていたものの、想いもよらない緊急事態を迎える多恵。
そして第29巻でトンコツのなきがらを発見し、絶望に打ちひしがれることになってしまった桜井。
画像

こちらのストーリーも同時展開し、どれも目が離せない引き込まれる展開となっているのです!

なおも激戦が続く「GANTZ」第31巻は好評発売中です。
注目の劇場版第2作の公開も間近となり、注目度さらにアップは間違い無しの本作。
劇場版独自の結末とは何なのかという興味もわくところですが、こちらの原作の結末も非常に気になるところですね!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


GANTZ 31 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2011-04-19
奥 浩哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GANTZ 31 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日」第9巻です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスより刊行されました。

作者は原作が横山光輝先生、脚本が今川泰広先生、漫画が戸田泰成先生。
今までの本作は「ジャイアントロボ」のテーマにて紹介をまとめておりますので、そちらもよろしければご覧くださいませ。

さて、梁山泊の党首の座と草間博士の遺言書の主有権をかけた大会が行われている本作。
ところがこの大会、激動の連続で、九大天王たちがどう見ても雑魚な風貌の忍者たちに続々とやられてしまったのです。
さらにその敗者となった九大天王はみんな大作に忠誠を誓うという謎の事態に。
謎の存在である行者も大作の味方のようですが、やはりこの大会の主催といえる韓信元帥は何かたくらんでいる様子。
そのたくらみをくじくため、大作はサリーとともに遺言書を探しに行くことになったのですが、そこへ死んだはずの「幻妖斎がすがたをあらわし……

韓信元帥の罠が張り巡らされており、一言でも声を発すれば死んでしまうという遺言書の保管場所。
ここに入ったものは当人のもっとも嫌悪するものが見えてしまうとのことで、細心の注意が必要です。
プールの中のようなその場所に広がっていた光景は、
画像

ぶつぶつと言うつぶやきのようなものに取り囲まれて巨大なマシンの前に立つ草間博士!
そして草間博士は不敵な笑みを浮かべながらひとつのスイッチを押してしまいました。
画像

それはあの世界の半分が壊滅したという「草間の乱」の引き金となるスイッチです!
スイッチを押した瞬間、地球は燃え尽き……
こうまではっきり見せられては大作も認めざるを得ません。
自分の父こそが地球を破滅に導いた、諸悪の根源なのだ、と!

そのショックに浸る時間もままなりません。
いずこからか突然衝撃のアルベルトが姿を現し、大作をつかみ上げたではありませんか!
サリーは記憶を失ってしまっているものの、やはりパパとしてきになっているアルベルトさん、
でもそのサリーは、大作の邪魔をするのならとアルベルトに攻撃を仕掛ける気満々です!
画像

サリーVSアルベルト、期せずして親子の殺し合いとなってしまったこの対戦。
ですが、親子で殺し合いをするなどとんでもないことです。
サリーが記憶を取り戻せば不測の事態は避けられるかもしれません。
しかし、それを教えるために声をかければ韓信元帥の罠が牙を剥くわけで……
大作はこの状況をどう脱するのでしょうか!

その頃、大会参加者のほうはわけのわからない状況になっておりました。
あばれ天道、影丸、ディック牧、唯一無二の戦闘能力を持つ九大天王が
画像

二人ずついるのです!!
なんと彼らは多重世界から来たもう一組の九大天王なんだとか。
セルバンテスの次元を超える能力を垣間見たことにより多重世界の存在を知り、こちら世界に介入することができるようになったんだそうで。
ところがこちらの世界の九大天王がどうも品格が足らないと見て、モブキャラのような変装をしてこちらの九大天皇を懲らしめたという事情だったようです。
ただのモブキャラではないことはわかっていたものの、まさかの九大天王本人であった謎の男たち。
彼らは大作を支持してくれているようで、赤影はこれで一気に旗色が悪くなってきました。
更にここで、あの大ピンチから大作が遺言書を持って見事生還!
ともにやってきた幻妖斎は声高に大作を新頭領として認めたいと宣言し、梁山泊の面々もそれに賛同!
画像

大会の結果をまたずして、大作がすべてを手に入れることになりそうです!!
が、それを快く思わないものがいます。
もちろん敵対する十傑集の赤影と、そして韓信元帥!
赤影の実力は折り紙つきで、いくらこちらが有利に見えようとも油断ならないでしょう。
ですがここで韓信元帥の、秘めていた恐るべき能力が発揮されたのです!!
画像

たとえ1対100だろうと戦局を覆す韓信元帥の能力とは!?
赤影もまだまだ力は隠しているようで、激しい戦いの予感が漂ってきております!!
果たして激闘はどう決着するのか、草間の乱に隠された真実とは。
「地球の燃え尽きる日」、堂々完結です!!

というわけで、いよいよ完結を迎える本作。
本作ラストの敵は赤影とまさかの韓信元帥。
彼らの驚くべき能力と、相も変らぬド迫力バトルがたっぷりと描かれています!
数々の謎が明かされ、戦闘だけでなく物語も大盛り上がり!
すさまじい存在感を放ってきたアルベルトさんは今回も見せ場を作ってくれていますので、ファンの方も安心です!

衝撃の大激突が決着する、「ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日」最終第9巻は全国書店にて発売中です。
完結はしたものの、始まりともなっている今巻。
「ジャイアントロボ バベルの篭城」として装いも新たに再スタート!
あのビッグファイア様もばっちり登場するようで、こちらも先が楽しみですね!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 9 (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
2011-04-20
横山 光輝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 9 (チャンピオンREDコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



このページのトップヘ