3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

2011年06月

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「憂国のラスプーチン」第2巻です。
小学館さんのビッグコミックスより刊行、ビッグコミックにて連載されています。

作者は原作が佐藤優先生、脚本が長崎尚志先生、漫画が伊藤潤二先生。
本作第1巻の紹介は10年12月26日の記事に、それを含めた伊藤先生作品の紹介は「伊藤潤二」のテーマにてまとめてさせて頂いております。
ご興味等湧きましたら、そちらもあわせてご覧くださいませ。

さて、佐藤先生の実体験を基にした、検察とのバトルを描く本作。
北方領土問題に挑む都築議員の部下である憂木が、彼の信念と敬愛する都築議員、そして日本を守るため検察と戦い続けます。
拘留され、様々な心理的攻撃を受けながらもまったく折れない憂木。
ですが相手もさるもの、手を変え品を変えて憂木の心を揺さぶってくるのです……

信頼していた商社マン、今田が検察によって落とされ、偽計業務妨害での再逮捕となってしまった憂木。
もちろん憂木はそんな覚えはないと主張するのですが、だからといってじゃあ無実!といかないのは当たり前です。
改めての取調べとなるわけですが、このまま黙っていてはずるずると相手のペースに引き込まれていずれは心が折れてしまいかねません。
そこで憂木はとうとう反撃を試みることにしたのでした!

憂木が試みた反撃とは、つい先ほどテレビで放送されていた憂木自身の再逮捕に関する報道に関してです。
北方四島のディーゼル事業に入札できないようにした主犯が憂木だ、と報道していたのですが、そういうガセネタを流したのは検察だろう!と噛み付いたのです。
それを聞いた検察の高村は少し慌てたような表情を見せ、ちょっと待ってと言い残して取調室を去っていってしまいました。
確かにまだ何も確定していない状況で、まるで完全に犯人扱いしているような報道は偏っていると言わざるを得ません。
血相を変えた高村を見送った憂木は噛み付きすぎたかなと勝ち誇ります。
その余裕からか、部屋に残っているもうひとりの男に高村の人となりを尋ねてみました。
ところが他の検事同様えらそうなのかい?との問いに、帰ってきたのは「真面目で仕事熱心、きっちりしていて人当たりもいい」との賛辞ばかりです。
たいていの特捜検事は時間に対して変則的で、午後から取調べを始めてとっぷりと夜が暮れるまで取調べをする。
が、高村は容疑者に対してそれをやらず、特に憂木に対してはいつも夜、短時間の取調べだけ。
その話を聞いた憂木は、冷静に高村の情報を反撃の手段にしようと分析。
それで簡単に評価を変えようとは考えません。
すると程なくしてそこへ高村が帰ってきました。
彼の口から出てきたのは、電話で文句を言ってきたと言う言葉。
検察で余計なことを漏らすやつがいるから、難しい性格をした憂木があばれて取り調べにならないよ!と告げてきたのだそうで。
きむずかしやの暴れん坊呼ばわりされた憂木はむっとした表情を浮かべますが、高村は今日の取調べはなしにするから怒らないでよとおどけて見せます。
上も暴れている=黙秘はしていない、ととってくれ一安心しているんだそうで……
そして口のすべりが良くなってきた高村は、「駐車違反と同じ」などと言い出します。
今田の起こした犯罪に対し、「なんて大罪を起こしたんだコラ!」とは思っていない、談合は日本の文化で本気で企業が価格競争なんかしたら会社がつぶれまくる、必要悪だ。
だから駐車違反のように皆やっているし、みつかったらごめんなさいって素直に謝りさえすれば問題ないよ……と!
その言葉は自分が絶対に悪事を働いていないと確信している憂木にとっては、火に油を注ぐようなものです。
画像

いい加減にしろ、そうやって言葉巧みにだまして罪を認めさせようとするんだろう!と激高します!
高村もその様子を見て大きくひとつため息。
今日も憂木を落とすことができなかったと言うわけです。

が、今日の戦いはこれでは終わりません。
いえ、戦いではなく、憂木からのお願いというか、注意がひとつ投げられたのです。
今田を落としたとき、商社マンはアイスクリームのようにすぐ溶ける、と形容した今田。
画像

商社マンがアイスクリームのように溶けやすいのなら、自殺に追い込むようなことはするな。
憂木は刺すような眼光と共にそう念を押すのです。
その言葉は、決して過ぎた猜疑心から生まれたものではないことが数日後にわかることになります。
裁判所に移送されるとき、たまたま見かけることとなった今田。
画像

その姿は見る影もなくやせ細り、国益のための夢に燃えていた在りし日の彼からすると見る影間ない姿になっていたのです。
憂木はその背を見送りながら、声に出さないエールを送ります。
この拘置所が人生の終着点じゃない。
ここからが出発点なんだよ!と……!
画像


この後も憂木は戦い続けます。
ある程度の自由があり、その間に勉強もできればデザートなんかも注文できる。
更に食事もなかなかのものが出るこの生活を完全に受け入れ、「拘置所は楽しい!」と開き直るのです!
ですが周囲の状況は良くありません。
一見話がわかるようにも見える高村は、その奥に鋭い観察眼を持っている油断なら無ない相手。
さらに悪いことに、とうとう都築議員が逮捕されることになってしまうのです。
高村は様々な材料を使って憂木を追い詰めようとしてきます。
憂木もまたハンガーストライキ等で対抗するのですが……
果たしてこの終わりの見えない検察との戦いを潜り抜けることができるのでしょうか?
事体は好転する気配すら見せないのです……!

というわけで、行き詰る攻防が繰り広げられる本作。
現実の世界でこの事件の真相がどうなのかはおいておいて、本作では絶対の正義(と本人は確信)を背にした主人公が、孤独に戦う様を淡々と描く作品になっています。
揺るがない精神力で、拘置所生活も難なく(?)すごし、絶対的不利であるはずの検察相手にも引かない憂木の姿には思わず肩入れしてしまうこと必至でしょう!!
ですが問題は着々と崩されていく城壁……周囲の状況です。
都築はともかくとして、かつての仕事仲間などははやくも憂木にすべてを擦り付けて事件を終わらせてしまおうと言う動きを見せてきています!
無論そのもと仕事仲間は国家の組織であるわけで。
もはや憂木の周りは弁護士以外、敵しかいないといっても過言ではないのです!
もちろんその敵の手は同じく拘置されている都築にも伸ばされていて……
緊迫の状況は続き、読者をより引き込むのです!!

あと注目したいのは、結構豪華な拘置所のお食事。
画像

なんかシャバよりいいものでてるんじゃ……と思う献立は、あなたの興味をそそっちゃうこと間違い無しですよ!

敵だらけのなかでの孤軍奮闘、「憂国のラスプーチン」第2巻は全国書店にて発売中です!
伊藤先生の本職(?)であるホラー的描写はなりを潜めている今巻。
ですがその分、より人間の心理描写に力が割かれており、物語に没入できること請け合いですよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


憂国のラスプーチン 2 (ビッグコミックス)
小学館
2011-06-30
佐藤 優

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 憂国のラスプーチン 2 (ビッグコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「どげせん」第2巻です。
日本文芸社さんのニチブンコミックスより刊行、週刊漫画ゴラクにて連載されています。

作者は板垣恵介、RINの両先生。
本作第1巻を含めた板垣先生関連作品は「板垣恵介」のテーマで紹介をまとめています。
よろしければそちらもあわせてご覧くださいませ。

さて、一見ひ弱な眼鏡教師、瀬戸が圧倒的土下座力でトラブルをねじ伏せていく本作。
早くも第2巻の登場となるわけですが、今巻もやっぱりその土下座っぷりは健在!
第1巻よりもギャグ成分がより増したような気がする今巻のうち、なんか微妙にタイムラグのある時事ネタを取り扱った「せり上がれ、夷蔵(えびぞう)」を紹介したいと思います!!

灰皿いっぱいに並々と注がれたテキーラ。
族上がりらしい若者達に、「死ぬ気で走っていたと言う君達の『命がけ』に対する祝福だ」、と言いつつ差し出しているのが歌舞伎役者の12代目松川夷蔵です。
画像

テキーラとニコチンのカクテル、これもある意味命懸けだ……という夷蔵さん。
成人男性の致死量はタバコ2~3本だそうですから、いくら吸殻とはいえゆうに10本以上は突っ込まれているこのカクテルを飲んだら洒落じゃすまなそうです!
差し出されていた男達も洒落がきついよ、楽しく飲みましょうよと返すのが精一杯。
その降参宣言とも取れる言葉を聞いた夷蔵は大笑いして、君達も命懸けと言う言葉のリスクがわかったろう、この世には簡単に口にしちゃいけない言葉があるんだよとありがた~いお言葉を続けるのでした。

が、そこでいきなり夷蔵さんの顔面にナイフが突きつけられました!
画像

ずっと黙って聞いていた、族上がりの面々のリーダー格の男。
あんまりにもえらそうな態度に腹が立ったのでしょう、ナイフを突きつけたままありがたい命の能書きを続けてみなよと威圧感満々の視線を投げかけています。
ナイフというわかりやすい敵意を間近にしては流石の夷蔵さんもごめんなさいと謝るしかありません。
謝罪の言葉を聞いたところでリーダー的存在も許してあげるのでしょうか?
いいえ、彼はバーのマスターにある酒を持ってこさせました。
アルコール分98パーセントのスピリタス!
それを先ほどの灰皿にたっぷりと注ぎ込み、人間国宝の詫び入れを見せてくれよと迫ってきたのです!!
画像


吸殻は注いだ勢いでほとんど残っていないものの、今度注がれているのはほとんどアルコールそのまま。
ニコチン具合も気にならないではありませんが、そもそもアルコールそのものといってもいいそれを飲み干すことなんてできっこありません!
一気に飲まなきゃ顔面を切り刻むよ!とせまるリーダーの表情には有無を言わさない迫力があふれており……
このまま顔面陥没とかの大怪我を負わされ、目を真っ赤にして舞台の降板や活動自粛の記者会見を行うことになってしまうのでしょうか!?
そんな予感も漂う中、カウンターで一人静かに飲んでいた男がここでいきなり声を上げました!!
そう、瀬戸です!!
くるりと振り返り、「いよっ!初代夷蔵の十八番、まってました!」と言いながら、懐から取り出したライターを夷蔵に投げ渡す瀬戸。
画像

男達はなんで初代なの?12代だろ?と突然の乱入(?)者に冷静な突っ込みを入れます。
ですがもちろん「初代」といったのには理由があるのです。
ライターを受け取った夷蔵の脳裏によぎるのは、死霊にもほとんど残っていないらしい初代夷蔵の十八番、「華伏座」!!
突然の横槍にリーダー格の男は黙ってろと迫るのですが、瀬戸は君こそ黙って200年ぶりの演目を見ろと促しました。
すると夷蔵、意を決したように灰皿スピリタスを一気飲み!!
ほとんど100%アルコールの液体を一気に嚥下すれば当然胃は耐え切れず逆流してしまいます。
しかしそれこそ夷蔵の目論見どおりで、逆流してきたアルコールを霧状にして吹き散らし……そこに着火!!
画像

見事な火炎伏座(はなふざ)となり、その火炎の渦を背に土下座して「御免」と謝罪したのです!!
一応灰皿スピリタスを一気飲みしたわけですし、その上バッチリ謝られては文句のつけようもありません。
いえ、それ以上にこの見事な火炎伏座はリーダーの心をバッチリキャッチした模様!
夷蔵さんは無傷でご帰宅となったのでしたとさ。

と言うわけで、まさかの瀬戸以外の、更に瀬戸の指導も無い芸術的土下座が披露されたエピソードを収録した本巻。
現実でもこれくらい空気読める人だったなら……いや、何も言いますまい……
この他、様々なエピソードで様々な土下座が見られます。
「雪中土下達磨」「一族の尊厳・出世土下座」「かかってこいや土下座」「返上(サゲ)土下座」「祈りの土下座」などなど、文字だけ見るともうわけのわからない品揃えとなております!
更についには土下座だけにとどまらず、「ブリッジ」まで披露!
一体どれがどういう場面で披露されるのか?どれもいろいろな意味で笑えてしまう、衝撃的な土下座ばかり!
瀬戸の圧倒的土下座力と、圧倒的屁理屈力に度肝抜かされること間違い無しです!!

漫画史上屈指の土下座率を誇る「どげせん」第2巻は好評発売中です!
今度はどんな土下座を披露するのか?誰が土下座するのか?謎のワクワク感が楽しめる本作。
その意味不明な迫力に思わず笑ってしまうこ必至!?
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


どげせん 2巻 (ニチブンコミックス)
日本文芸社
2011-06-29
RIN

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by どげせん 2巻 (ニチブンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「電撃テンジカーズ」第3巻です。
アスキー・メディアワークスさんの電撃コミックスEXより刊行されました。

作者は古賀亮一先生。
古賀先生の作品は「古賀亮一」のテーマにて紹介をまとめておりますので、そちらもよろしければご覧くださいませ。

さて、天竺を目指すテンジカーズのドタバタ冒険を描く本作。
天竺を目指しているとは言うものの、なんだかあっちでキャッキャ、こっちでウフフといつ到着するのか知れたもんじゃありません。
ところがどっこい、本巻でいよいよまさかの天竺到達!
古賀先生すらつけると思っていなかった天竺で一同を待っていたのは!?

物凄い勢いで福引のガラガラするアレを回す太郎。
なんでも太郎の買い物のおかげで福引券を大量にゲットしたようで、一等のエアコンほしさに福引きまくっているのだそうで。
ですがあたるのは99等の鉄球つき首輪やら、85等の大量のなめたけの空き瓶、4等の福引屋さんのサインなどなど、どうすればいいのかわからない商品ばかりです。
そんななか、ハルカたちが回して出たのが77等の立派な寺をお参りできる特別入場券。
画像

その寺ってどこさとよく見てみれば、でかでかと「天竺」の文字が踊っているではありませんか!!
天竺はどこにあるのかと聞いてみれば、目と鼻の先!
いつの間にか天竺の間際までやってきていたようです!

勢いよく中にはいる一同ですが、中はわりと普通のお寺。
目に付く普通じゃないところと言えば、自販機のジュースが200円だったり、ポップコーンが800円だったりと、観光地価格で物販が行われていることくらいでしょうか。
そこに現れた、例の螺髪姿の神々しげな方。
その方におしゃか様かと聞いてみれば、そうだよと答えてくれました。
画像

とうとう天竺でお釈迦様に会えた……はしゃぐハルカですが、今まで何度となく悪行妖怪にだまされてきた一同は完全に信じきることができません。
ぐずぐずしているうちに、お釈迦様(仮)はなんか術を発動!
するとハルカと八戒はなぜかサンバの衣装に変身してしまいました!
ガンガン働いてしっかり稼いでもらおうと二人に語りかけるお釈迦様(仮)!
天竺のお釈迦様ともあろう者が何を言い出すんだと糾弾してみれば、自分が天竺のお釈迦様だなんて誰が言ったんだ_とにやりとするじゃありませんか!
やはり今回も悪行妖怪だったのか!!と驚く男性陣は、突然現れた落とし穴で地下深くに落とされてしまいました!
そこではなんかよくわからない装置を人力で回す、絵にかいたような強制労働の光景が広がっています。
このまま一生ここで働かされるのか?と泣き出す悟空ですが、今頃ハルカたちはどんなエロスな目にあわされているのか……と言う想像をしたらいろんな意味でいても経ってもいられません!
如意棒を使ってあっという間に地価を脱出することに成功するのです!!

ところがどっこい、ハルカ&八戒とお釈迦様(仮)は和やかに談笑しておりました。
なんでもハルカたちはちょうどこの寺で募集していたサンバカーニバルの面接に来た人だと勘違いし、悟空たちはおしゃかになった地下発電機の修理に来た人と勘違いしたんだそうです。
今回は悪行妖怪ですらなかったようですが、じゃあなぜ天竺の看板を掲げていたんでしょう。
それは
画像

彼の名前が「一大 竹二」だったからだそうで……
紛らわしい運命のいたずらに一同は振り回されたようです!
……が!
竹二さんに天竺がどこか聞いてみたところ、すぐそこだと教えてくれました。
画像

そのすぐそこ具合はガチで、もう目の前に見えてるのです!!
今度こそ本物の天竺!!
最終回間近で到達した天竺で待っていたのは……
画像

猿!?
猿で始まり猿で終わる、テンジカーズの旅の結末やいかに!?

というわけで、いよいよ天竺にたどり着いちゃった一同。
目的が果たされれば物語は終わるしかないわけで、それはこのハチャメチャな本作でもそこだけは押さえています。
ですが最後の瞬間まで猿を配置するのはさすが古賀先生としか……!
それだけでなく、意外な人物の意外な正体が最後の最後に判明!
しかも前々からこの設定は暖めてあったんだそうで……取って置きのどんでん返しを用意してくれたもんです!!
そして天竺到着と対をなす本作の目的。
正直皆忘れていたような気もしますが、それは悟空の人間界への帰還です。
しんみりとは対極にあるこの作品ですが、一体どんな別れになるのでしょうか!?
大丈夫、相変わらずの調子でエンディングを迎えてくれますから!!

4年半にわたる西への冒険が完結する、「電撃テンジカーズ」最終第3巻は好評発売中です!
古賀先生のヘルニアなんかで発売日が伸びるなどの紆余曲折があった末に刊行された本作。
最後の最後までハイテンションでかっ飛ばしてくれていますよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


電撃テンジカーズ(3) (電撃コミックスEX)
アスキー・メディアワークス
古賀亮一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 電撃テンジカーズ(3) (電撃コミックスEX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「藤子・F・不二雄大全集 ドラえもん」第14巻です。
小学館さんより刊行されています。

本大全集の今までの紹介は、「藤子・F・不二雄」のテーマでまとめております。
そちらもよろしければあわせてご覧下さい。

さて、いつどんな話を読んでも楽しめる、安心クオリティの「ドラえもん」もいよいよ14巻目。
14巻目になってもそのクオリティはやっぱり安定しておりまして、相も変らぬ楽しさを提供してくれています。
今巻は74年度生まれの方が学年誌で親しんでいた作品が収録。
64作品もの多数にわたる収録作の中で、今回紹介したいのは「さらばキー坊」。
そう、08年に公開された「緑の巨人伝」の下敷きとなった作品です!

裏山の崖に立ち、辺りを見回すドラえもんとのび太。
足元に見えるのは、あわただしく行われている工事の様子でした。
なんでもまた新しく団地ができるのだそうで、その為に裏山の一部が切り開かれてしまったようです。
のび太は裏山で緑に囲まれながら、どんぐりを拾ったり、木苺を摘んだりするのが大好き。
そんなこともやがてできなくなってしまうのかな……
のび太は珍しく神妙な面持ちで山を歩きます。
そんな時、ふと目に止まった若木。
育てば何百年も生きられるのに、もうじき掘り返されてしまうんだ……と涙ぐむのび太。
気の優しいのび太に心を打たれたのでしょう、ドラえもんは一緒にその若木を掘り返し、自宅の庭に移すことにしたのでした。

ところが残念なことに、野比家のお庭はそんなに広くありません。
ママにこれ以上植えるとこないよ!とぴしゃりと言いつけられてしまい、戸惑うのび太。
そこでドラえもんが取り出したのが「植物自動化液」!
画像

これをかけられた植物は、自由に動けるようになるのです!
庭に植えられないのならば、家で飼えばいいじゃない―犬や猫を飼うことなど許さないママですが、植物を飼うことなど禁止されていないんですから!!

そこからのび太&ドラえもんと、若木……キー坊の共同生活が始まります。
キー坊はとっても賢く、のび太が読んでいる漫画ばかりか、宿題まで興味深々で覗き込んできました。
木を飼ってる事をジャイスネに馬鹿にされたりもしますが、そんなことが気にならないほど仲良しになるキー坊とのび太。
一緒に漫画を読んだり、テレビを見たりして楽しく過ごします。
雨が降ると植物の血(?)が騒ぐのか、外に出て全身に雨を浴びるキー坊。
そんな姿をみんなほほえましく眺めるのですが……
画像

空たかくからその姿を眺める別の存在がいたことを、みな知る由もないのでした……

様子を窺っていたのは何を隠そう、宇宙人。
彼らは植物型の知的生命体で、地球の様子を観察していたのです。
環境破壊をし続ける人類をこのままのさばらせておいたら、同胞とも言える植物が絶滅してしまうかもしれない。
そんな観察結果から導き出したのは、地球上全ての植物をサルベージして移住させよう!という結論でした。
極少数、そんなことをすれば残された動物達が絶滅してしまうではないかと反論するものもいましたが、焼け石に水。
画像

早速作戦を実行に移そうと言う流れになってしまうのです!!

もちろんそんな地球のピンチなど知るはずが無いのび太たち。
勉強を続けるキー坊に対し、危難だからたまには太陽のしたであそばにゃいかんよと言うことで裏山に来ています。
もともとこの山の生まれですから、周りの木はみな顔見知りのようなもの。
いつも以上にキー坊ははしゃぎまわります。
そんな姿を見たのびドラは、やはりやりきれない思いを隠せません。
このあたりもそう遠くないうちに切り開かれ、木や草も根こそぎなくなってしまうんだ。
悲しげにそんな話をするのびドラですが、その会話をキー坊が聞いてしまったからたまりません!
ショックを受け、どこかへと走り去っていってしまいました!!

夜になるまで探し回ってもまったく見つからないキー坊。
あせるのび太たちですが、その背後で異常な事態が巻き起こったではないですか!
植えられている土ごと地面へと巻き上げられていく木々……
冷静になるまもなく、一緒に吸い上げられてしまうのびドラ。
気が付くとそこは、木のたくさん生えたプールのような場所でした。
扉が開いて、中に入ってきたのは例の植物型知的生命体。
彼らは計画を見られてしまったのびドラを返すわけには行かないと前置きをし、計画を赤裸々に明かします。
もちろんそれを聞いたのびドラは、そんなことしたら動物が皆死んじゃうよと反論。
ですが少数とはいえ、同胞の同じ意見すら聞き入れなかったものが人間の意見など聞く耳など持つはずがなく……
抵抗しようとするのびドラをあっさりと捕まえてしまう植物型知的生命体。
再び必死で植物の回収をやめるようお願いするのですが、やっぱり無理……
ところがそこで、もう一人意見を述べる人物が現れたではありませんか!
画像

それは他ならぬキー坊。
今までの学習の成果なのか、流暢に日本語をしゃべって意見の補足を始めました。
動物が植物を必要としているように、植物もまた動物を必要としている。
動物の呼気である炭酸ガスを吸っていたり、花粉を媒介してもらったり、死んで土に戻った動物を養分としたり……
確かに今、人間は植物を粗末にしている。
でも、だんだんと意識も変わり始めている、きっと美しい星を取り戻してくれる……!
キー坊の熱のこもった主張はその場にいた植物型知的生命体に一考させる力を持っています。
悩んだ末、彼らが取ったのは母星への連絡。
画像

最後の決断を母性へと委ねたわけです!!
人類の存亡をかけたこのやり取り、どんな結末を迎えるのか?
そしてキー坊の選ぶ道とは何なのでしょうか!?

と言うわけで、時折F先生が描く環境問題を真っ向から取り入れつつ、友人との絆を描いた作品を収録している今巻。
もちろん見所はこれだけであるはずもありません!
のび太が自力でテストで高得点(?)をとることで有名な「のび太の0点脱出作戦」、ジャイアンが歌手引退を表明する「ふつうの男の子にもどらない」、妙に出木杉くんがしずかちゃんにアプローチをかけてくる「貸し切りチップ」などなど注目作がたっぷりと収録されています。
普段は1冊に1回出るかどうかと言う出木杉くんですが、今巻はわりと活躍!
「たまごの中のしずちゃん」「コメットハンターに挑戦!」などで、相も変らぬ博識&イケメン振りのハイスペックを見せ付けてくれるのです!!
画像

特別資料室には、なんと朝日新聞に掲載された1コマ漫画&藤子不二雄先生によるコメントと言うレアなものも掲載!!
作品解説が水田わさびさんであるなど、本編以外にも注目です!!

今巻もバッチリ楽しい「藤子・F・不二雄大全集 ドラえもん」第14巻は好評発売中です!
「ドラえもん」も第3期刊行分で完結とのことで、いつの間にか刊行も折り返しを過ぎていた様子。
それでもまだまだ出てくる名作の数々を、心躍らせて待つしかありませんね!!
さぁ、本屋さんへ急ぎましょう!!



ドラえもん 14 (藤子・F・不二雄大全集)
小学館
2011-06-24
藤子・F・不二雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラえもん 14 (藤子・F・不二雄大全集) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「むげんのみなもに」第2巻です。
一迅社さんのIDコミックスより刊行されました。

作者は高崎ゆうき先生。
本作第1巻の紹介は、10年10月24日の記事にて記載しておりますので、よろしければそちらもご覧くださいませ。

さて、普通の人間よりも早くからだが成長してしまうみなもに時間を与えるため、時間商人と取引しているカギリ。
時間を与えるには他人の時間を奪うしかないのですが、不老不死の寿命を持つカギリの時間では他人に分け与える価値がないと一蹴されてしまいます。
そこでカギリはやむなく、悪人相手と言う限定をして逃げ道を作りつつ、他人を殺してその時間を作り出していたのです……

カギリに買ってもらったリボンをつけ、鏡に向かってはしゃぐみなも。
そこで彼女は、最近自分が鏡を割っていないことに気がつきました。
依然はどんどん年をとっていくのがいやで、頻繁に割ってしまっていたはずの鏡。
そういえば最近は、心なしか自分の見た目があまり変わっていないような……
それはおかしいことなのですが、嬉しいことでもあります。
何がなんだかわかりませんが、嬉しいことが起きたならカギリのおかげに違いない!
そう考えたみなもは、カギリの観察を始めました。
画像

ですが、カギリが学校に行っている間は観察できないことに気がつき、仕方なく家に帰ることに。
その帰り道、歩いていた親子連れの会話から、水面は大好きなキャラのパーカーが限定販売されていることを知りました。
うらやましい、欲しい、と言った旨のメールを思わず限りに送ってしまうみなも。
しかし今は学校中、慌てて送ったところですぐメールが帰ってくるはずがありません。
反射的に行動してしまった自分を悔いるみなもですが、意外にもメールはすぐ帰ってきました。
学校中なのにはやいなぁ、むりしなくていいのになぁ、と微笑みながらそのメールを見ようとするみなも。
その瞬間、水面のお玉の中に記憶がよみがえりました。
昔自分が、メールしたのになかなか帰ってこなかったと泣いて抗議したこと。
そしてその抗議のすぐ後、時の感覚があいまいな自分が勝手に長い時間待ってしまったように感じてしまっただけだ、と謝ったこと。
そのときのカギリの悲しそうな表情を。
画像


自分のためにすぐメールを返してくれたことに感動し、カギリへの思いを深めたみなもは、カギリの観察を続けることにしました。
それは今までのような目で見る観察ではなく、おうちで行っている二人の交換日記の読み返しですが。
記憶があいまいになってしまう生で様々な記憶を忘れてしまっている自分ですが、日記さえ読めば過去のやりとりやカギリの行動がわかるはず。
ウキウキ気分で日記をめくってみると、交代で書くはずの交換日記なのに、カギリが妙に連続して書いていることが多いと気が付きました。
毎日書いていたはずなのに、なんでこんなことに?そう思った瞬間、みなもはまたも気が付いたのです。
時の感覚があいまいな自分がいなかった時間も、カギリは日記を書いてくれていた。
その場にいなかった自分に笑いかけてくれていたんだ、と!
画像


事実に気が付いたみなもの心には、ふつふつとカギリと会いたいという感情がわきあがってきました。
するとそのカギリから電話がかかってきて、帰るのが一時間後くらいになってしまうと断りを入れて来ます。
直接的には言いませんが、前後の会話からするとカギリはこれからわざわざ先ほどのパーカーを買ってきてから帰ってくるようです。
わざわざ探しに行ってくれるカギリ。
いつでも自分のことをやさしく包んでくれたカギリ。
過酷な運命にさらされているはずの自分が、何故「自殺」と言う行動を選ばなかったのか……
全てカギリが、自分の不幸を覆い隠して余りある程の幸福を与えてくれたから。
みなもはその時、始めて自分がカギリのことを日常でいつも言っている「好き」以上の「好き」であることがわかったのです!!
画像


カギリに会いたいと言う気持ちをより強くしたみなもですが、いつの間にか眠ってしまったようです。
ふと目を覚ますと、外は真っ暗。
ですがいつもなら隣に眠っているはずのカギリがいないではないですか。
会いたいと思い立ったらもうとまりません。
みなもはなんとなくこっちにいる感じがする、と勘を働かせて夜の街に出て行きます。
まるでカギリとつながっているような気がする!そんな予感をたどって路地裏にたどり着くと、そこには
画像

手を真っ赤に染めたカギリと、死体が転がっているではありませんか!!
ついに自分が最も見られたくないことを、最も見られたくない人物に見られてしまったカギリ。
そして、何よりも大切な人が許されない重大な罪を犯していることを目の当たりにしてしまったみなも。
果たして2人はこの後どうなってしまうのでしょうか!!

というわけで、今巻で完結となる本作。
本格的に物語が動き始め、一気に急転直下!
カギリの、みなもの、そして時間商人の衝撃的な過去が明かされるのです!
非情な運命にもてあそばれていたかに見えたカギリとみなも。
その運命の大本とも言える、カギリの過去がついに判明!
そして物語も感動のラストを迎えることになるのです!

百合百合キャッキャとシリアスが混載する、「むげんのみなもに」最終第2巻は全国書店にて発売中です!
儚げな筆致で描かれる非情な運命の行く末は?
萌えだけでない、重いドラマの結末をその目でご覧ください!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


むげんのみなもに 2巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)
一迅社
2011-06-18
高崎 ゆうき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by むげんのみなもに 2巻 (IDコミックス 百合姫コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



このページのトップヘ