3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

2012年01月

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~」第8巻です。
スクウェアエニックスさんのヤングガンガンコミックスより刊行、ヤングガンガンにて連載されています。

作者は渡辺道明先生。
本作は「渡辺道明」のテーマにて紹介記事をまとめておりますので、ご一緒にご覧くださいませ。

さて、魔法学園を襲うグローリアを辛くも撃退したシェルたち。
ですがグローリアの本当の目的であった、故人であるはずのグローリアの戦闘元帥、ハープシコードの右足の奪回を許してしまいます。
一撃で学園のほとんどを破壊してしまう強力な力を持ったハープシコード。
右足を手に入れたことにより、この強力過ぎる力が更に増してしまうのでしょうか。
グローリアの脅威はより大きなものになり、スフォルツェンドに厚い暗雲を立ち込めさせるのです……

グローリアの復活、そして各国への宣戦布告。
魔法学園を大破させたこともあり、絶大なる軍事力は言うまでもないほどに知れ渡っていました。
各国の首脳は、グローリアが暴走したのはスフォルツェンドが怒りを買ったせいだと決め付け、2国間の問題だから自分達は中立の立場をとって無関係を決め込むと言い出したのです。
その上各国首脳陣は、ハープシコードと同じ妖精魔法を使うシェルの存在にも言及し、危険だから拘束しろだの、分解して調べろだのと言いたい放題言ってくれます。
囂々と浴びせられる無責任な意見。
クラーリィは苦虫を噛み潰したような表情で押し黙るしかないのでした。
画像


崩壊した魔法学園、そしてスフォルツェンドの町並み。
都市部の被害は7割に及び、町は絶望に支配されています。
しかもこの被害は、ほとんどがハープシコードの一撃によるものなのです。
かの大魔王、ケストラー級といっても過言ではないスケールの相手に、恐怖を隠しきれません。
しかも相手が右足を回収しに来たということは、体の部位を集めることで完全な復活がなされると言うことでしょう。
完全体になったら一体……?
一同はより一層、その気持ちを沈ませてしまうのです。

ですがその中でも最も落ち込んでいるのは、体のほとんどを失った上、正気を取り戻しかけたハーモニーを目の前で連れ去られてしまったシェルでしょう。
一切言葉を発さず、目も伏せたままです。
そんな彼の周りを、魔法学園の生徒達がシェルがグローリアに体を改造されていたことを知ったとき、シェルをグローリアの手先だとか、闇の妖精の仲間だとか、心無い言葉を投げかけていた彼ら。
彼らがここに来たわけは……なんと謝罪のため!
画像

体を張って必死に戦う姿を見て、悲痛な過去を知って。
彼らはシェルの本当の姿を知り、応援と協力を申し出てくれたのです!!
辛いことばかりだったこの戦いも、たった一つとは言え良いことも産んでくれました。
……まあすぐにグスタフが男女関係無い愛に目覚めてしまい、シェルに迫ってくると言う辛いことが追加されてしまいましたが……
画像


グスタフの襲撃から逃れようとしたりしていたドタバタの最中、シェルの懐から指輪が転がり落ちます。
それは、ハーモニーとの別れの時に、僕だと思っていてくれと渡した指輪です。
守ると約束した、助けると約束したハーモニー。
彼女は妖精兵器されて心を奪われたように見えたものの、ハーモニーはちゃんと覚えており、その消え入りそうな意識の中で「待ってる」とシェルに伝えてきたのです。
シェルはその指輪を自らの人差し指に通し、搾り出します。
画像

行かなきゃ、グローリアへ、と……!

グローリアの力は強大。
本国となれば、より一層の戦力があると考えるのが自然でしょう。
更にハープシコードの体もまた完全体に戻りつつあります。
その上、シェルの体はボロボロで、一人で歩くことすら出来ません。
今の今まで協力を申し出てくれていた生徒達も、敵の本拠地に乗り込むとなれば物怖じしてしまい……
激しい求愛を仕掛けてきたグスタフすら、俺が惚れたのは見た目であって精神じゃないぜ!と外道な発言をする始末。
せっかく立ち直りかけたシェルですが、この状況では再び失意のそこへと落ちてしまうのも仕方ないでしょう。
ですが、それでも彼に賛同してくれる仲間がいます。
俺がいなければ必殺のシェルクザールスも使えないだろう、めんどくさいけど付き合ってやる、とグレートが。
シェルに思いを寄せるブラーチェと、そんな妹を放っておけないビィオーネのストリングス姉妹が。
そして、グレートを敵視し続けてきたティナーが!!
誰もがシェルのひたむきな姿を見て、感化された者たち。
この心強い仲間たちもまた、シェルの心が作り出した絆……シェルの力といってもいいのではないでしょうか!
シェルは仲間たちと共にグローリアへ向かう旅に出発します。
画像

まず最初にめざすのは、シェルの体すら治すことができると言うある天才発明家の下。
その天才発明家、どうやらあの大戦で便器とかを作って活躍したあの人のようですが……!?
はたしてシェルはそのエロジジィ天才発明家と出会い、体を治すことが出来るのでしょうか!!
グローリアにたどり着き、ハーモニーを救いだせるのでしょうか!!
その戦いの行く末は一体!?


というわけで、いよいよ本番に突入したと言える本作。
パーティーメンバーも出揃い、旅に出ることになり、旧作のキャラもがんがん登場し、盛り上がりをみせてまいりました!!
……が、なんとここで物語は完結!!
切ないことに、戦いはこれからだエンドを迎えてしまうことになるのです!!
そんなこともあり、渡辺先生も開き直って話を畳もうとはしなかったようで、普通に次巻に続いていきそうな感じに完結しています!
とは言え必要最低限の謎は明かされています。
グローリアのトップの正体や、バロックたちの姿や魔力の強さの源泉、コッペリアの三姉妹の正体……そしてティナーがグレートを猛烈に敵視しているわけ等々が!。
もちろん妖精王などの謎や、新たに投げられた謎など消化されていないものもあるんですけど……!!

終わりが決まったことで覚悟を決めたのでしょうか、本巻の中盤くらいからはファンサービスとも取れるハーメル&フルートの旅路、ライエル&サイザーとトロン&コルの近況と言う前作キャラのエピソードがふんだんに盛り込まれています。
今もなお当時のノリのまま暮らしているハーメルたち、大人になって一人前になったトロン(コルは相変わらずアレに変身しますけど)などは、旧作ファンなら思わずにやりとしてしまうこと必至でしょう!
無理やり物語を終わらせるよりもこちらを選んだのは正解かも知れません!!

無念の完結を迎えた「ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~」最終第8巻は全国書店にて発売中です!
残念ながら途中での終了を迎えてしまった本作。
このご時勢では第2部(前作から考えると第3部?)の開始は難しいのでしょうが、どうにもこのエンドのまま終わらせるのは寂しいところ。
なんとか続編を発表して欲しいところですが……どうなんでしょうか……!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~(8)(完) (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
2012-01-25
渡辺 道明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~(8)(完) (ヤングガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ちゃりこちんぷい」第1巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックスGJより刊行、グランドジャンププレミアムにて連載されています。

作者は原作が坂井音太先生、漫画が玉置勉強先生。
坂井先生は、本作がデビュー作となる漫画原作者です。
玉置先生は、90年代中盤くらいから活躍をしている漫画家です。
デビューは成年向け雑誌で、しばらくはエロスな漫画で活躍しておりましたが、98年の「恋人プレイ」より本格的に一般誌で活躍を始めました。
現在はコミックバーズで連載中の「彼女のひとりぐらし」と、本作を同時に執筆されています。

さて、本作は分類するならば今流行の部活系日常モノになるでしょうか。
しかも題材がバンドでして、一見流行にのっかりまくった作品に見えるのですが、実際はかなりひねられた設定の作品なのです!

とぼとぼと廊下を歩く高校一年生、黒田千代治、通称チョコ。
彼は始めたばかりの部活に、早くも嫌気がさしていました。
昨日、フォーク&ロック部で言われた言葉。
まだ先の話だけど、文化祭と言うのは構内だけでなく、いろんな人が来る。
みんな知っている曲じゃないと駄目なんだ。
そんな先輩の言葉に、おもわず
画像

客受け第一ですか、とチョコは口に出してまいました。
当然生意気な態度に先輩たちはご立腹。
誰も得しないようなそろよりも、ちゃんと伴奏できるよう練習した方がいいよと無碍にされてしまったのでした。

今思い出してもその出来事はチョコを不快にさせます。
文化祭で客受けなんて考えるな、健全な高校生らしくねぇとぼやきながら歩きます。
もっとこうガツンとした何かをやりたいんだ、わかってくれる人はいないのか、などと考えていると、不意に耳にギターらしき音が聞こえてきました。
かなり上手いその音をたどって歩いていくと、どんどんとその音は鮮明になっていきます。
そうなると、その音色は上手いなんて言葉が生ぬるいほどの技術を持っていることがわかり……
鳥肌の立つ音の主を一目見ようと、音の聞こえてくる部屋の戸をそっと開いて中をのぞくと、そこには
画像

髪の長い女性が、楽しそうに洋楽を歌っているのが見えました。
何を歌っているのかもわからないのに、胸に迫ってくる音。
プロとかそういうレベルを超えた、魔法のようなそれにチョコは興奮を隠し切れません。
自分が求めていた、ガツンと来る何かはこれだ!
あの子とバンドを組むしかない!
そう思いこんだチョコは、すぐさま行動に移します。
フォーク&ロック部の扉を開けるなり、
画像

部もバンドも辞めると高らかに宣言するチョコ。
客の知ってる極とか、媚びててダサいと思っていた。
自分のやり太陽にやればいいじゃないかと思うんで、俺は新しい次元に旅立ちます。
そんなテンション任せのちょっと恥ずかしい台詞を捨て台詞にして、すっぱりと部活と袂をわかったのです!

早速先ほどの部屋に戻り、勢いよく扉を開けるチョコ。
ですが勢い余りすぎ、足をもつれさせて転んでしまいます。
いきなりの得体の知れない男の襲来におびえるギターの少女。
それでもチョコは、バンドを組もうと這いよって行きます!
画像

這いよるチョコ、おびえ後ずさる少女。
なにやらよくわからない状況を打破したのは、ギターの少女と親しげに話していたショートカットの少女、玉木未来……ミキでした。
這い蹲るチョコの股間を蹴り上げ、なにやってんだと問いかけるミキ。
どうやらミキとチョコはいわゆる幼馴染と言うやつなんだそうです。
ですがミキは幼馴染と呼ばれるのが気に入らないようで。
なんだかんだいってチョコのことを憎からず思っているようですが、照れ隠しなのか何なのか、何してくれてるんだよとチョコを足蹴にします。
まれちゃんがおびえてるじゃないか、と言うのですが……
その怯えたまれちゃんというのがギターの少女のようです。
奈良本希という名のその少女。
なにやら恥ずかしそうに視線を外しながらチョコに自己紹介をするのですが、チョコは以前マイペースにバンド組もうと彼女を誘いまくります。
俺もギターやってるけど、君のほうがずっと上手いから俺がベースやって……と相手のことなどかまわず語り掛け捲るチョコ。
ミキはそんなチョコをまれから引き離し、落ち着かせます。
すこし冷静になったチョコ、まれとミキ、そしてインチョーと呼ばれている高坂陽子の三人はそもそも何なんだと聞くことに。
なんと彼女たち、部活でもなんでもなく、ここで遊んでいるだけだと言うのです。
物凄い勢いで部活を飛び出し、凄い意気込みでここにやってきたチョコと、三人の意識差はそりゃもう明らか。
そしてなにより、まれにはどうしてもバンドなど出来ないある事情があったのでした。
持ち前のシャイな性格が災いして、知らない人や大勢の前だと緊張してしまい、ギターの現に触れることすら出来なくなってしまう、という性格上の問題が……!

せっかく俺のガツンが見つかったのに……大見得切って部活もやめてしまった今、一年生にしてもう俺の居場所はないと頭を抱えるチョコ。
ですが、意外なことに
画像

照れ屋さんのまれからここにいてもいいというお許しが出るではないですか!
それはどうもチョコにこそブルーズが必要だと感じたからのようです。
ブルーズはどうしようもない時に歌ったり弾いたりすると元気が出てくるもの。
弱い人、居場所のない人、もてない人さえない人、何をやってもいまいち駄目な人に優しい音楽なんだ、と微笑むまれ。
画像

居場所を手に入れ、バンドはともかくとしてまれと一緒に音楽がやれる状況に近づいたチョコ。
ですが流石に、自分が駄目な人だと宣告されたようなその台詞を聞いては、もろ手を挙げて喜ぶことは出来ないのでした……

というわけで、音楽を中心に三人娘プラスチョコの日常を描いていく本作。
部活ではないものの、部活系日常漫画である本作ですが、やはり最も特異な設定と言えるのがメインキャラ全員が日陰者的な学校生活を送っている……俗に言う非リア充であるということでしょう!
前述の第1話で、いきなり独りよがりで部活を飛び出してしまったチョコですが、正直彼が一番クラスのとけこみ具合では恵まれていたり。
そんな彼女達が、こと放課後集まって音楽をやるとなると活き活きとしだす、そんなカタルシスにも似た不思議な味わいが最大の肝なのです!
即興でノリノリになる三人娘の楽しげな様や、他愛ない日常はもちろんのこと、ミキとチョコの微妙な関係性なんかも注目していきたいところ。
バンド活動をする日が来るのか、恋愛なんかにも発展するのか、この微妙な距離感のまま日常を送っていくのか。
のんびりした日常モノでありながら、なにかのきっかけでバランスが崩れる要素も孕んでいるのも特徴的ですね!

放課後ミュージックタイム、「ちゃりこちんぷい」第1巻は好評発売中です。
はっきり色づけされた女性キャラがナイスな本作。
彼女達のかしましいやり取りを眺めるだけでも楽しめる作品ですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ちゃりこちんぷい 1 (ヤングジャンプコミックス GJ)
集英社
2012-01-19
坂井 音太

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ちゃりこちんぷい 1 (ヤングジャンプコミックス GJ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「イコン」第2巻です。
講談社さんのアフタヌーンKCより刊行されました。

作者は田中一行先生。
本作第1巻の紹介記事は、11年7月23日にアップロードしております。
よろしければそちらも併せてご覧くださいませ。

さて、人の体に触れると相手の思考が文字となって見え、その上思いのままに命令することが出来る不思議な石版を手に入れたナオヤ。
彼はその石版を使い、軽い気持ちで街角の女性の所持金を拝借することにしたのですが、その女性が運悪く極道の娘だったため、彼女のサヤもろとも大変な事態に巻き込まれてしまいます。
更にその極道だけでなく、石版について知っているらしい怪しい集団と、その長であるらしいコエヒトがなる人物が直也達に襲い掛かってきたのでした!

コエヒトの部下により、サヤやユーリと一緒に拉致されてしまったナオヤ。
部屋に閉じ込められ、手錠こそはめられているものの、それ以外は自由にすごせる状態になっていました。
その時、部屋の鍵が開いてコエヒトがその部屋に入ってきました。
ナオヤが自分たちの管理していた祠に侵入してくれ、石版をもってきてくれたおかげでこんな面白いものが手に入ったと語るコエヒト。
見るからに気味の悪いオーラを放っているコエヒトは、この医師の存在を知ってからどんな派手なことが出来るか考えていた、もうすぐ退屈は吹き飛ぶ、と思わせぶりな言葉を残して再び部屋を出て行ってしまうのでした。

どうやら彼が考えているのは、ユーリの父であり、狂気を秘めた極道のリョウキと事を構えたい、というもののようです。
リョウキが何より大切にしているのは、ユーリその人。
彼ならばそう遠くないうちにコエヒトたちの根城を見つけ出すことでしょう。
コエヒトはそのことも重々承知で、石版に出来ることをたっぷりと研究し、さらにやってくるリョウキたちの組を歓迎する準備も進めたのです。

部下と2人でコエヒトの根城になっているホテルにやってきたリョウキ。
そこにはコエヒトと大勢の部下、そして石版の力で意識を奪われているらしいナオヤたち三人でした。
その中でとりわけ目を引くのは、壁のすぐ横で血まみれで横たわっている死体。
状況はそう簡単につかめそうにありませんが、ご丁寧にコエヒトは三人の中でナオヤだけ起こした後、解説を始めたのです。
サヤとユーリには、ある言葉を口にするか誰かが触れるとすぐ自殺するように命令をした。
画像

つまり、大人しく自分の提案する「愛を試すゲーム」を受け入れるしかない。
ゲームと言うのは至極単純なもので……コエヒト達とリョウキ達が命を懸けて殺しあう、というもの……!
コエヒトの部下達は、石版の力で筋力を暴走しないギリギリまで引き出された超人となっているようで。
早速飛び掛ってくる一人に対し、リョウキはかけらも躊躇せず胸を撃ちぬきました!
銃弾は交わせないのか、サーカスと変わらないなと吐き捨てるリョウキ。
ですが胸を撃ち抜かれたその男、立ち上がって再び襲い掛かろうとしてきたのです!!
それでも今度は頭を撃ち抜き、やはり大して変わらないと余裕の表情を崩さないリョウキ。
このままでは娘が風邪を引く、皆殺しにしてやるからさっさとはじめろとすごみました!
ですがコエヒトもまた余裕を崩しません。
自分が死ねば部下たちも死ぬように命令してあるとのことで、勝敗はリョウキたち全員が死ぬか、あるいはコエヒトが死ぬかで決まるようです。
ボスを倒した時点で勝敗が決まるわけですが、コエヒトは自分のコマに自信満々でして。
これじゃあフェアじゃない、とリョウキたちに石版を渡してしまうのです!!
画像

ですがその石版、なんと小さく切断させられてしまっているではないですか!
様々な実験の末、コエヒトは石版を9つに切断したんだそうです。
するとこの石版、ひとつの切れ端につきひとつの命令をするとその効力を失う、使い捨ての道具になったのだとか。
実験にコエヒトが一枚使ってしまっており、残りの石版は8枚。
その8回の能力を上手く使い、俺を殺して見せろと言うコエヒト。
そのまま後ろに下がって仕切りなおそうとするのですが、フェアな戦いをするというのなら人質にもなってしまうサヤたちをこのままにして帰っていくのはおかしいはず。
サヤとユーリはどうなるんだ、とナオヤが問いかけると、コエヒトは一転してさっきのは嘘で、触れば起きるよと言い出すのです。
とはいえ、それこそが嘘だったらサヤたちは死んでしまうのでは?
そう考えるとナオヤの手は止まってしまいます。
そこに追い討ちをかけるようにコエヒトはこういうのです。
愛と幸福に脅され、一人で遠くに行けなくなる。
お前が大切にしている愛っぽいものはゴミに過ぎない。
持たざるものこそが無敵だ、と。
画像

……そう語るコエヒトの左手の薬指は、愛を捨てたことを象徴するように切り落とされていました……

その言葉に真っ向から反発するのがリョウキです。
愛こそが最も強い力だ、思えの愛のないコマでは私の愛する部下には勝てない。
お前が私を愛すると言うなら許してやる、だが
画像

私を愛さぬものは皆殺しだ、と!!

愛情は足かせにはならない、苦境の恋人一人救えずに何が男だとナオヤに語りかけながら、ユーリに手を触れるリョウキ。
ユーリは意識を取り戻したようで、ナオヤも慌ててサヤに手を触れるのでした。
すると何と言うことでしょうか。
画像

2人は何故こんなに静かなのか、真っ暗だ、というではないですか!
……コエヒトは、あらかじめ石版の力で2人の視力と聴力を奪っていたのです!!
2人は激高します。
愛情と言うのは素晴らしい。憎しみが無限に湧いてくる。
コエヒトはいやらしい笑みを浮かべるのでした……!
画像


というわけで、リョウキと共闘してコエヒトと戦うことになった本作。
第1巻のホラー調から一転し、一気にバトルメインの流れへと変わっています。
残忍で狡猾なコエヒトを、異常性では負けていないリョウキがどう倒すのか。
この壮絶すぎる戦いに、ナオヤはどう加わればいいのか。
耳や目を失ってしまったため、石版の力を使っても「命令」が伝えられなくなってしまったサヤとユーリはどうなるのか。
激しいバトル、石版の力の使い方、そして各キャラクターの過去や葛藤など、様々な要素に決着がつけられ、物語はフィナーレへと向かっていくのです!!

完結を迎える「イコン」最終第2巻の紹介記事をアップしました。
サイコホラー調から激しいバトルへと様変わりする本作。
味わいやテーマは変わってしまっているものの、こちらはこちらできちんとまとめられていますよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


イコン(2) (アフタヌーンKC)
講談社
2012-01-23
田中 一行

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イコン(2) (アフタヌーンKC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「GANTZ(ガンツ)」第33巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックスより刊行、週刊ヤングジャンプにて連載されています。

作者は奥浩哉先生。
本作の紹介は「GANTZ」のテーマでまとめておりますので、あわせてご覧くださいますと幸いでございます。

さて、各地のガンツチームの精鋭とチームを結成し、捕らえられた人々を救出に向かった加藤たち。
ですが巨人宇宙人は様々な化け物や武装を駆使し、人類をあざ笑うかのように殺していきます。
その上、何も知らない一般の人類には和平公約を結んだと言う偽りの事実を明かし、必死の抵抗をしているガンツチームを、平和を壊すテロリストだと喧伝したのです。
玄野はそんな中でも、多恵を探して奔走していました。
ですが多恵もまた、巨人異星人の残酷な罠にはまってしまっていて……

加藤たちは、奇妙な場所にたどり着いていました。
そこには3人ほどの別のガンツチームがいたのですが、既に2人は致命傷を負っているようで、すぐに動かなくなってしまいます。
生き残った一人は、駄目だ、逃げられない、みんな死ぬ!と絶望に暮れているようです。
慌てて駆け寄り、大丈夫かと声をかける加藤。
するとその背後には、水の張られていないプールのような穴が開いており……
画像

そこには一般人、自衛隊、ガンツチーム問わず、死体がぎっしりと詰め込まれていたのです……!

生き残りの男によれば、彼らもまたさらわれた人間を解放するために、精鋭を集めて宇宙船に侵入してきたんだそうです。
ですが、会えなく全員やられてしまったのだとか。
それが事実であることは、加藤たちの前に広がっている屍の海がまざまざと教えてくれるのです。
相手とは文明のレベルが違いすぎる、人類を救うとか甘いことを言っている場合ではない、逃げるしかない。
おびえきっている男は、やつらにとっては人類の歴史なんてクソの価値もないし、そもそも敵だとすら思っていないかもしれないと続けます。
事実、その頃別の場所では大変な惨劇が起こっていました。

山咲と眼鏡が居合わせていた場所。
そこでは奇怪な生物が大勢現われ、全裸にされていた人々へ襲い掛かっていました。
なす術なく殺されるしかないかとも思われていた人々ですが、一人のおっさんが奮起し、生身で抵抗を試みます。
必死の攻撃で何匹か片付けるのですが、程なくして立ちはだかった大型の化け物には歯が立ちません。
殴りかかっても堪えない相手、負傷する拳、一撃必殺の避けるしかない攻撃。
遂にはむんずと捕らえられ……頭からかじり取られてしまったのです!!
その様子は街角のモニターに映し出されていました。
それを観て、談笑している巨人宇宙人たち……
画像

確かに人類の反抗など、単なる娯楽の一環としか捕らえていないようです。

加藤達がここに転送されたと聞いた生き残りの男は、ガンツ球までハッキングされているのか、と更に絶望。
ここにいても人質の救出は出来ないと悟った加藤たちは、山咲たちのところへ向かうことにしたのですが……
男は更にその表情をひどくゆがめました。
視線の先には子供が2人。
そして、その一人は小さな化け物を抱えていたのです。
画像

それを観るなり、来るな、向こうへ行け、近づくなと大慌てする男。
ですが子供たちは、この子は迷子なんだと言いながら近寄ってきてしまいます。
するとその小さな化け物、ピュルルルルと快音を発し始めます。
瞬間、化け物は破裂!!
中から小さな発光体が飛び出し、周囲をふわふわと飛び回りだしたのです!!
生き残りの男はすばやく伏せて、光に触れるなと叫びます。
画像

なんだかわかりませんが、男がこれだけおびえているのだから何かあるのでしょう。
一同はそれに従い、身をちぢこませるのですが……ガンツチームの一人、関根の体の中に光が入ってしまいました!!
関根の腕の中でなにやらバタバタと暴れだす何か!
もう駄目だと言い出す生き残りの男ですが、とにかく頭を乗っ取られるなと言うアドバイスはしてくれました。
やむなく、腕ごと仲間に切り取らせる関根。
躊躇しながらも仲間の吉川が肘から先を切り落とすと……
画像

その腕からは関根の頭や腕などの部品がうじゃうじゃと生えてくるではないですか!!
恐ろしい攻撃から、腕を失ったもののなんとか逃れられた……かに見えたのですが……
背中から侵入した光は、既に彼の頭の中に達してしまっていたようで。
頭部が裂け、そこからぞろぞろと生え出してくる関根のパーツ。
一瞬にして関根は、大小さまざまな関根本人のパーツで構成された、巨大な化け物に変じてしまったのです!!
画像

しかもそれぞれの頭に意思があるようで、助けて、死にたくないと口走りながらも、体は勝手に加藤たちへ攻撃を仕掛けてきます。
同情せず殺せと叫ぶ生き残りの男。
その言葉を聞くまでもなく、もはや助けるすべなどなさそうですが……
ただでさえ強大な敵、装備など無視して人間を化け物に変えてしまう光。
もはや手の施しようがないように見える絶体絶命の危機に、加藤たちはどう立ち向かえばいいのでしょう。
ピンチはこれだけではありません。
多恵を探し、巨人宇宙人の協力者と共に奔走する玄野。
その人類のために、愛するものの為に戦っている玄野が、地球人に対して「テロリストの首謀格」として報道されてしまうのです!!
前門の虎、後門の狼というのにも生易しいこの状況。
絶望しか見えないこの戦いに、光明は差すのでしょうか……

というわけで、絶望的な展開が連続する今巻。
厳しい戦いと残酷な運命が待ち受けてはいるのですが、今巻のラスト近辺でようやくかすかながら反撃が始まります。
それはまだ逆転の糸口と言うにはか細すぎるものですが、もし勝ち目があるというのならばここからしかないのは間違いないでしょう!
玄野、加藤、そして西。
彼らと、玄野に協力してくれた巨人異星人のような理解ある異星人が今後の物語を左右しそうです!!
ですが、その間にも次々と犠牲は生まれてしまうわけで。
誰が生き残り、誰が死ぬのか?
平和になったと勘違いしている地球人類は、首謀格の関係者と言うことになってしまった玄野の家族は?
不安要素は尽きず、平和への道はまだまだ遥かとおくまで続いています!!

異星人の残忍さが露になる、「GANTZ」第33巻は全国書店にて好評発売中です!!
決着の時はまだ遠そうな本作。
激しすぎる戦いの行方はもちろんのこと、種族間抗争にどのような結末がもたらされるかという点にも注目瀬宇ざるを得ませんね!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


GANTZ 33 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2012-01-19
奥 浩哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GANTZ 33 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「三鬼本家の食卓」です。
エンターブレインさんのビームコミックスより刊行されました。

作者は犬童千絵(いぬどう ちえ)先生。
犬童先生は本作で連載デビュー、初単行本刊行となった新人漫画家です。

さて、本作はとある定食屋のお母さんが再婚することをきっかけにおきる、一連の出来事を描く作品です。
母一人で男三人を育ててきた三鬼本家、そこで起こるトラブルとは?

いかにも不良と言った感じのリーゼントの男に、顔面を蹴っ飛ばされる男、高洲礼次郎。
画像

生まれてからこの方、恵まれた境遇で順風満帆に人生を過ごしてきた彼が、一体何故今になってこんなバイオレンスな目に会うことになってしまったのでしょう。
その発端を知るには、ほんのすこし前にさかのぼる必要があるようです。

ひとつのちゃぶ台を囲む数人の人物。
特に目を引くのは、肌を真っ黒に焼いたガラの悪い龍仁、リーゼントを決めた目つきの悪い鷹義、坊主頭で寡黙で巨体の寅信の三兄弟。
強面ぞろいですが、皆さんまだ未成年です。
そんな彼らに頭を下げているのが、彼らと比べるとどうしても貧弱に見えてしまう礼次郎でした。
両手をついて頭を下げているのには、もちろんわけがあります。
そのわけとは、
画像

彼らの母親である智子との再婚を認めて欲しい、と言うものでした!
すぐに認めてもらえないとは思う、努力するから少しずつ認めて欲しい……と言う決意表明をする礼次郎ですが、その言葉が言い終わる前に襲い掛かってきたのが冒頭のとび蹴り!
思わず智子とのなれそめを走馬灯のようの思い浮かべてしまう礼次郎。
小料理屋をたった一人で切り盛りする智子と、そのお客さんだった礼次郎が、徐々に心を通わせて行き、やがてプロポーズにいたるという、実にスタンダードながらも心温まるエピソード。
ですが、その結果がこのキックだったわけで。
鷹義は中指を立て、よりによってこんなヒョロヒョロのガキを連れてきて結婚なんて笑わせるな!と言い放って飛び出していってしまいました。

とりあえず他の2人の息子さんは、頭から反対と言うわけではないようです。
長男の龍仁は、鷹義は口より先に手が出るとぼやきながらも、もっとあんたのことを知りたいから自己紹介してくれと言ってきます。
画像

で、その龍仁にはなんだかお色気たっぷりな異国の女性が張り付いております。
彼女は龍仁の彼女のアンジェラだそうで。
龍仁は、自己紹介が始まる前にアンジェラに礼次郎の印象を聞いてみました。
するとアンジェラは、「アソコ小さそう」「女に振り回されそう」「全然タイプじゃない」と散々いいまくり。
ですがそのあといきなり「いい匂いがする」といいだすのです。
とは言えそれは人間的な魅力を意味するものではなく、「金の匂いがする」と言う意味なのですが……

礼次郎はタカスコーポレーションという超一流企業の息子でした。
アンジェラは、龍仁はプレゼントをくれる、お前は龍仁よりずっと金持ちだ、女に惚れたら金を使え!となぜか上から目線でアドバイスをしてきます。
礼次郎もそれが彼女のためになるなら、と早速そのアドバイスに従うことにしてしまいました。

礼次郎が手を入れようと思ったのは、長年智子が護り続けてきた厨房です。
もともとはお亡くなりになった旦那さんと使ってきた厨房。
画像

改めて見直してみれば、女性一人で使うには大分不便なところが多数存在します。
高いところの食器には手が届かないだろうし、調理場や冷蔵庫なんかの位置関係も改善の余地あり。
そう感じた礼次郎はすぐさま無駄を省き、智子が働きやすいよう効率化することを決心しました!
いいのよ、と断ろうとする智子ですが、自分の出来る限りのことであなたの力になりたいんだ、これは自分のわがままだ……と、礼次郎はすぐ工事の手配を始め、突貫工事を命じたのです!

飛び出した勢いで友人の家に転がり込み、不良らしく酒をかっくらって荒れ狂っていた鷹義。
長いこと友人に愚痴っていたせいでとりあえず落ち着いたのでしょう、ようやく日も完全に暮れてから家へと戻ってきました。
玄関を開けてみれば、そこで待ち構えていたのは満面の笑みの礼次郎と……オール電化されてキレイに整ったネオ厨房でした!!
厨房はすっかり完成しており、もう明日から使えるようです。
礼次郎は自信満々に解説してくれました。
電化厨房なら当社はドコにも引けを取らない、従来よりずっと効率の良い環境になる。
調理器はすべて熱効率の高いIH[に、操作性抜群、タイマーなどのオプションも充実し、省スペースで収納も使いやすく。
さらにオーダーはコンピューターで管理され、モニターに表示される……
まさに至れり尽くせりの生まれ変わりぶりですが、この改造が鷹義には気に入らないようです。
今はこんなありさまですが、幼く純真だった頃の彼の、父親との思い出がたっぷりとつまった厨房。
それをいきなり面影ひとつ残らない状態に変えられてしまったのですから!!
礼次郎は金を使って俺たちを買収するつもりだろう、と迫る鷹義。
それだけでは飽き足らず、そんな簡単に父親のことを忘れてしまうのか、と母親に対しての怒りも露にします。
なにやら長物を取り出し、厨房を壊そうと暴れる鷹義。
それを止めたのは、今まで無言で流れを見つめていた寅信でした。
兄貴に意見する気かよとすごむ鷹義ですが、寅信はこう返してきます。
画像

兄ちゃんは知らないんだ。
任ちゃんが手伝いもせずバイクで遊びまわっている間、母ちゃんがどれだけ不自由していたか。
母ちゃんが疲れて倒れるくらいなら、礼次郎の言うとおりにしたほうがいい。
思い出よりも、今の母ちゃんの方が大事だ、と。
思い出は確かに大事ですが、今や未来の方がより大事。
まったく反論の余地がない正論を浴び、鷹義はここに俺の居場所はないんだなとはき捨ててバイクで去っていってしまいます。
そんな憎まれ口を叩いても、危ないことはしないで、と心配する声を投げかけてくる母を振り返りもせずに。

それでも智子はすぐに笑顔で礼次郎を振り返り、夕飯の時間だと家に招き入れました。
食卓を囲むのは、智子と礼次郎、そして寅信の三人だけ。
智子はさびしそうな表情を浮かべ、孝義が荒れるのも仕方がない、こんな風に食卓を皆で囲めるのは週一回の定休日だけだったんだから……と語るのです。
ですが礼次郎は、こんなおいしいご飯なら龍仁や鷹義もきっと一緒に食べたいはずだと自分に言い聞かせるように紡ぎます。
箸をおいた礼次郎は、いきなりともこの手を握って宣言を始めました。
画像

仕事と家庭を大切にする貴方を本当に意味で幸せにする。
三兄弟にも父として認めてもらい、5人で食卓を囲めるようにする、と!!
智子を顔を赤らめ、顔を背けて食事中だからと恥ずかしがり……
なによりそれを見ていた寅信もなんかおっそろしい貌をしてそれを見つめておりまして。
礼次郎の決心は、そう簡単に果たせるものではない予感を感じさせてしまうのでした……

というわけで、23歳と言う若さの礼次郎が、自分とさほど変わらない三人の男子にオヤジと認めてもらうため奮闘する本作。
わかりやすく反発している鷹義が最大の肝なのは確かですが、むき出しの敵意こそないもののいかにも裏で何かやってそうな龍仁、口数少なく胸の内まではわからない寅信もハイOKと認めてくれるわけもないでしょう。
龍仁の抱えている大きなトラブル、寅信が秘めている願望……それらを解決しないことには話が進みません!
金持ちのボンボンである礼次郎はさぞや苦労するでしょう……が、苦労するのはともかくとして、この礼次郎はただのあほなボンボンではないのです!
超人格者の両親に育てられ、生まれながらの金持ちゆえのズレはあるものの、それを差し引いても相当な人格者なのです!
誠実で真面目で、立派な考え方まで完備している礼次郎。
肉体的なものや、経験と言った面で未熟なのが不安ではありますが、智子への愛もある彼ならばきっとやってくれるはず!!
智子もまた、ただ優しい人ではなく、しっかり芯のあるところもみせてくれまして、各キャラそれぞれの見せ場を盛り込みつつ、一冊できれいにまとめて終わるストーリーとなっているのです!!

三鬼本家に訪れる大変革、「三鬼本家の食卓」は好評発売中です!!
200ページ超のボリュームで、見事なラストを迎える本作。
それぞれのエピソードのその後を描く描き下ろしなども収録し、かゆいところに手が届く一冊と言えるのではないででしょうか!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


三鬼本家の食卓 (ビームコミックス)
エンターブレイン
犬童千絵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三鬼本家の食卓 (ビームコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



このページのトップヘ