3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

2012年04月

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。」第1巻です。
小学館さんのゲッサン少年サンデーコミックスより刊行、月刊少年サンデーにて連載されています。

作者は田中ほさな先生。
田中先生は94年に小学館新人コミック大賞に入選しデビューした漫画家さんです。
週刊少年サンデー超、週刊少年サンデーなどで04年ごろまで「暗号名はBF」等の3作品を連載した後、05年には少年シリウスにて「乱飛乱外」を連載。
6年と言う長期連載を11年におえ、同年古巣の小学館さんに戻り、本作の連載を開始しました。

さて、本作はざっくり分ければラブコメ成分を含んだ日常物です。
ですが本作にはひとつの独特な設定が施されており、本作ならではの味を生み出しているのです!

ゴミの分別をきっちり果たし、ごみ収集上に置く少年、空木宗也。
そんな彼の元に、幼馴染のご近所さん、月音もまたゴミを捨てにきていました。
ですが、彼女の服装は今通っている高校の制服ではなく、中学時代のもの。
どうしたのかと聞いて見れば、なんと制服が盗まれたと言うではないですか!
まだ買ったばかりの征服がなくなってしまい、ため息をつく月音。
傷心の彼女に、宗也はズボラしていたお前も悪いとキッパリ言い切るのです。
宗也は今月音が手にしていたゴミ袋を勝手に開き、生ゴミの袋にビニールタッパーなんかが入っていることを指摘!
画像

こういったことが許せない宗也は、これから学校に行かなければならないと言うのに月音のゴミの再分別を始めたのでした!!

遅刻はしたものの、なんとか朝のホームルームには間に合った二人。
その朝のホームルームでは、転校生の紹介が催されました。
季節は五月。
入学早々のこの時期に転校してくると言うちょっと変な感じがするその転校生は
画像

時坂暦。
高校生らしからぬ、非常に丁寧な挨拶をした彼女は、男子の誰もが目を奪われるような美少女だったのですが……
なぜか宗也をみてにこりと微笑むのです!
一回ならまぁたまたまと言うのもありえるわけですが、どうも時坂は一日中隙あらば(?)宗谷の様子を窺っているようで。
宗也からすれば監視されるようなことはまったく身に覚えがありません。
首を傾げながら家に帰るのですが……彼を異常事態が襲うのです。
朝、アレだけ丁寧に分別したはずの自分のゴミが、回収できないと言う張り紙とともに置き去りにされていました!!
中を検めてみると、余計なものを突っ込んでめちゃくちゃに混ぜられています。
画像

やむなくゴミを一旦持ち帰らざるを得ないのですが……恐怖はこれだけに終わらなかったのです!
それ以来、連日宗也の出したゴミだけが同じように無茶苦茶にされ、回収されないと言う事件が勃発!
あっという間に宗也の家はゴミ屋敷となってしまったのです!!

そんな悩みを抱えたある日、宗也にとうとうあの時坂が話しかけてきました。
なんだか隣の席になった月音にいろいろ聞いているようで、ゴミの分別とかに厳しいと言うことまで知っています。
そして時坂は、真面目なのか、それとも地球のためなのか?といきなり宗也の耳元で囁いてきたのです!!
画像

と言ってもアプローチをかけてきたわけではなく、いまいち体調が優れないようで倒れこんできただけの様子。
それを見て男子達は冷やかしたりうらやましがったりするのですが、宗也と今まで一緒に過ごしてきた月音は気が気じゃありません……が。
月音はまた別のことに気をとられてしまうのです。
時坂の着ている制服についている、小さなシミ。
それは入学式の帰りに食べたカレーうどんでつけてしまったシミそのままだったのです!
考えづらいことですが、時坂がきているのは盗まれてしまった自分の征服なのかも知れない。
ですが月音も乙女ですから、カレーうどんのシミが決め手だと皆に宣言するのもこっぱずかしいわけで。
その不安と言うか疑問をはっきりとは言い出せないまま、放課後になってしまうのでした。

一緒に家路を歩く宗也と月音。
すると今日もゴミが回収不能状態にされてしまっていました。
ここまで執拗にやられるとはただ事じゃないから、と警察に届けようと言い出す月音。
ですが宗也はいまとある事情から両親から離れてひとりぐらしをしています。
そんなお家に警察が出入りしたら、世間様がどう思うかと考えるとそれは避けたいところ。
しかし月音は、もしかしたらこのゴミをいじっているのは自分の制服を盗んだ人と同じかもしれないとどうしても心配でなりません。
宗也はそんなゴミを散らかす意図不明な犯人と、制服を盗んだ変質者が同じひとなわけが無いと思うのですが……
不安でどうしようもなくなってしまう月音の為に……いあや、己がゴミの為に、決断をするのです。
犯人を捕まえて見せる、と!!

夜、息を潜めて張り込んでいると、やはり犯人はその日も現れました。
なぜか外套の消えてしまっているごみ収集所の下で、ごそごそとやっている人影!
バットと懐中電灯片手に躍り出て、そこまでだ、動くな不審者と大見得を切ると……
画像

照らし出されたのはあの時坂さんだったのです!!
時坂はなぜ宗也のゴミを逆分別していたのでしょうか?
月音の制服を盗んだのは彼女だったのか?
そして彼女は、その騒動から巻き起こったトラブルにより、車に轢かれそうになってしまった宗谷を
画像

不思議な何かで車をすり抜けさせたじゃありませんか!
ますます謎の深まる時坂さん、彼女は一体何者で、何をしようとしているというのでしょうか!!

というわけで、奇妙な女性に目をつけられてしまった宗也の苦悩を描く本作。
実はこの時坂、とある使命を持ってとあるところからはるばる来ておりまして。
彼女の狙いは、とにかく宗也にエコ的なアレコレをさせず、逆に環境破壊的な行動をすること!
その行動をとる目的もまた彼女は明言するのですが、宗也でなくとも自分から率先して環境破壊をしたがる人はそうそういません!
彼女の行動に振り回される大変な日常が幕を開けるのです……
そして、彼女にそんな気はさらさらないのでしょうが……宗也と急接近しているかのように見える時坂をみて気が気じゃないのが月音です。
こういった作品にはつき物である主人公に惚れている幼馴染の例に漏れない彼女。
このモヤモヤははらされるのか?あるいは時坂と宗也がほんとに接近してしまったりするのか?
そのあたりも注目したいところです!!

環境破壊ヒロインVSエコ主人公、「時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。」第1巻は全国書店にて発売中です!
独自の味付けを施されたラブコメである本作。
いろいろな謎も含まれておりまして、ラブコメ要素以外の今後の展開も気になるところです!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!





画像

本日紹介いたしますのはこちら、「黄昏乙女×アムネジア」第7巻です。
スクウェア・エニックスさんのガンガンコミックスJOKERより刊行、ガンガンJOKERにて連載されています。

作者はめいびい先生。
本作の紹介は「めいびい」のテーマにてまとめておりますので、よろしければご覧ください。

さて、「夕日に照らされる足」の持ち主の調査を行った前巻。
その依頼から当初の目的である七不思議のひとつ、「異次元十三階段」にたどり着くことが出来ました。
当初は何もない拍子抜けの単なる噂に過ぎないと思われていたその十三階段ですが、実は隠し扉のようなものが存在していて、その先には夕子のためと思われる部屋があって……
そしてどうやらその部屋には、霧江の祖母であり夕子の妹である、紫子が関与しているようなのです。

物憂げな表情でため息をつく貞一。
そしてその姿をちらちらと見ながら、何と言うか……意ずらそうな表情を浮かべる小此木。
怪異調査部の部室には珍しくその二人しかいません。
時間はもう5時を回っています。
とうとうやりきれなくなった小此木は、遅いですよねぇ?と貞一に話しかけました。
小此木が遅いといっているのは当然霧江のことなわけですが、それどころではない貞一は、夕子さん来ないのかな、と吐露してしまいました。
いつもは夕子さんが普通にこの部屋をふらふらしていることを知らない小此木は、噂の幽霊、夕子さんが来るのかと大興奮!
慌てて貞一は霧江さんだとだと訂正するのでした。

その霧江は、夕子はなぜ来ないのでしょうか。
それは昨日のことです。
あの謎の部屋を自分の目で確かめ、影夕子に遭遇したものの、思わず逃げ出してしまった夕子。
そんな夕子にあった貞一は様子のおかしい彼女に対し、夕子の力になりたい、どんな過去でも受け入れるを語りかけるのですが……
自分の意思で一度切り離したものを、「今」受け入れることが出来なかった夕子は、過去を受け入れられない自分の弱さのためなのか、そんな自分に注がれる貞一のやさしさのためなのか……
画像

その場から走り去ってしまうのでした。

そのあと、貞一は自分の目であの謎の部屋を確かめにいきます。
そこで待ち構えていたのは霧江でした。
霧江はこの部屋が何かと言うことを教えてくれます。
夕子の遺品が置かれていると言うこの部屋は、学園の理事でもある紫子が彼女への思いを閉じ込めた部屋なのだと言います。
夕子にこの部屋の存在を教えたのは他ならぬ霧江。
夕子の真の望みをかなえるために教えたと言う霧江ですが、結果として夕子はショックを受けて泣いていたわけで。
こんなのは違うと思う、と漏らす貞一ですが、霧江は続けるのです。
この部屋をキレイに保ってきた60年間、紫子はどんな思いで過ごしてきたのか?
夕子は過去をしらなくてはならないし、それは貞一の目的と同じはず。
夕子がどうなろうとも、それはあるべき姿に戻るだけのこと。
……例え結果として、夕子が消えてしまうことになったとしても……
その言葉に、思わず怒鳴って返してしまう貞一。
画像

勝手なことを言わないでくれ、自分はそんなことを望んではいない。
何が正しくて、どうすれば夕子のためになるかわからない。
ここで夕子に何があったのかすらわからないのに……
そこまで行ったところで振り返ると……霧江はなんか涙目になっていました。
自分だっておばあちゃんが……と何かいいかけた後、仕切りなおして(?)怒鳴らなくたっていいじゃないか!とないて走り去っていってしまったのです!
画像

すけべだのおっぱい星人だのと捨て台詞を残して……

それから何日立っても夕子は部室に来ませんでした。
流石に貞一も不安になったのか、放課後は毎日学校内をウロウロして探し回るのですが、その姿はどうしても見つからないのです。
ですがそんな苦労もついに実を結び、夕子の姿を発見しました!
猫じゃらしで猫をじゃらしている夕子。
画像

ところが夕子、貞一に声をかけられるとあわてて逃げ出してしまうのです!!
必死で呼びかけながら追いかけるのですが、残念ながら見失ってしまいます。
一体夕子がなぜ自分から逃げ回っているのかわからない貞一は頭を抱えてしまうのですが、その時先ほどまでの自分とよく似た境遇の二人を見かけます。
画像

前巻で依頼を受けた、夕日に照らされた足の持ち主の沖浦と、彼女にアプローチをかける三原です。
待って下さいと追いかけるものの、ほっといてとあしらわれてしまった三原。
何があったのかとたずねてみれば、何でも最近彼女の様子がおかしいんだそうです。
学校の絵を描くのが趣味だと言う沖浦。
三原は彼女の横にいてそれを見るのが恒例になっていたのだそうですが、いつもはそっけない態度は取られるものの、別に嫌っていたりはしない感じでした。
ところがここ数日は彼女の様子が明らかに変わってしまいます。
何かを描こうとしていて、それをやめてしまう。
そしてそのことについて聞くと、先ほどのように怒られてしまうと言うのです。
怒られた際に投げつけられた彼女のスケッチブック。
それを開き、その問題の絵を見てみるとそこには、
画像

黒い女性の影のようなものが描かれていて……
これはもしかすると、夕子か、あるいは影夕子を描いたものなのでしょうか?
そしてこの絵を描きかけた沖浦が見たという、「黒い絵」。
一体これらが意味するのは何なのでしょうか!?

というわけで、またも新たな展開を迎える本作。
貞一と夕子、そして霧江がギクシャクとしてしまう本巻ですが、それ以外にも注目せざるを得ない要素がありまして……
今まで夕子のことを思い続けてきた紫子。
彼女が今巻、ついにひとつの決断をするのです。
この決断が実行に移されれば、否が応にも物語は進むしかありません。
紫子の決断、夕子の過去、影夕子。
物語のクライマックスは近そうです!!

夕子の過去は。黒い絵とは?「黄昏乙女×アムネジア」第7巻は好評発売中です!
物語が動く本巻。
次巻以降に更なる大きな動きが待っていることは間違いなさそうで、これからも見逃せない展開が続きそうですよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


黄昏乙女×アムネジア(7) (ガンガンコミックスJOKER)
スクウェア・エニックス
2012-04-21
めいびい

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黄昏乙女×アムネジア(7) (ガンガンコミックスJOKER) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「どみなのド!」第7巻です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスより刊行されました。

作者は雑破業、目黒三吉の両先生。
本作の紹介は「どみなのド!」のテーマにてまとめておりますので、よろしければご覧ください。

さて、ひかりと着々と距離を縮めていく中、その双子の妹であるかげりとも仲よくなっていく武。
その様子にひかりは気が気じゃありませんで、武に八つ当たりなんかをする毎日です。
当初の下ネタ一辺倒+武がひたすらとばっちりを食らうと言う展開はどこへやら、こんな微妙な関係のラブコメ的な物語になってきていた本作。
そんな本作も、いよいよ今巻で完結を迎えるのです!!
……まあ下ネタは健在なんですけどね!

ひかりや武達の様子を見て、長らく引きこもっていたかげりも学校に通いたいと思うようになりました。
成果はともかくとして、あかりやいんこの協力で学校の予行演習も行われ、かげりの社会復帰(?)も徐々に近づいてきています。
次なる段階として、武と二人で外へお出かけすることに。
最初はマント+鉄仮面という完全防備スタイルに身を包んでいたかげりですが、やさしくしてくれる武への信頼感もあってか、徐々にその装備は外されていきました。
珍しく外野の大きな妨害も無く、無事お出かけを終えて帰ってきた武とかげり。
自分の部屋に戻ったかげりは、楽しかった一日の想い出を反芻しながらごろごろするのですが、そこで路上においてきた鉄化面の行方が気になり武に聞きに行くのです。
鉄仮面は怒皆家の手のものによって回収されていたのですが、もちろんかげりはそんなことは知りませんから。

そのころ、武の部屋には光が来ていました。
かげりとのお出かけをバッチリモニターし、そのいい感じぶりにいらいらし放題だったひかり。
その苛立ちをかくすことができず、おもわずどうしてかげりにあんなにやさしくしてやるんだとストレートに問いかけてしまうのです。
すると武は意外な返答をするではないですか。
ひかりの妹だから、と!
いずれ家族になるわけだし、そう思うとやはり家族の一員として仲良くしておいた方がいい問い思ったんだそうです!
その言葉を、扉のすぐ外に立っていたかげりは聞いていました。
画像

愛情のようなものを感じていたかげりは、単なる義務のような思いで接していたと取れるその言葉にショックを受けたのでしょう。
続けて武が発した、かげりを見ているとほっとけなくて、という言葉も聞かないまま去っていってしまったのです。

思わずかげりは、武と初めて出会った井戸へとやってきていました。
武はいつも自分に優しくしてくれた。
だがそれは、あくまでひかりの妹だからと言うだけ……
心の中にわき上がってくる、絶望のような黒い感情。
その感情に誘われるかのように、井戸の中からなにやら黒い影のようなものが競りあがってきたのです。
井戸から顔を出したそれは……うつろな瞳でかげりを見つめます。
画像

言い知れない恐怖を感じたかげりは逃げ出すのですが、井戸から這い上がってきたそれはかげりを逃がさず……
黒い影は、かげりに取り付いたしまったのです……!

その影は、影子さんと呼ばれるあの井戸にすむ悪霊でした。
当初はかげりも意志の力でこの悪霊の思うようには動くまいとしていたのですが、思わぬトラブルによってか下戸に乗っ取られたかのような状態になってしまうのです。
影子に乗っ取られたかげりは、武を拉致。
画像

近寄れば意識を失ってしまうガスを噴射し、さらに蜘蛛の化け物のようなものを放って守りを固めてしまいます。
影子に乗っ取られてはいるものの、あくまでかげりであるかげり。
武の意識を夢の世界のようなものに閉じ込め、自分のものにしようとしているようです。
もちろんこのまま済ませるひかりたちではありません!

意識を失うガスは武とかげりのいる部屋と、その上方だけは立ちこめていませんでした。
そこで、ヘリコプターを使って一気に武達の元へと降下する作戦を決行することになったのです!
エムヨン、音瀬、張形、そしてひかりの四人で戦いを挑みます!!
画像

急展開を乗り越え、かげりを正気に戻すことは出来るのでしょうか?
そして、ひかりとかげりと武の関係はどうなっちゃうのでしょうか!?

というわけで、一転して思わぬクライマックスを迎える本作。
下ネタが最大の売りだった本作ですが、ラストはバトル&恋愛ドラマになってきっちりと完結を迎えました!
第1巻の時点でこの結末は誰もが予想できなかったことでしょうとも……

ラブコメらしいにも程があるラストシーンで割りとさわやかに終わった本作ですが、もちろんいつもの下ネタも健在です。
エムヨンの呪文は逆さから読むとヤバイ言葉になっていたわけですが、とうとうその言葉がハナから逆さに唱えられたり、
画像

まさかの本番直前に陥ってしまったり……
そっち方面も安心の(?)クオリティです!

意外な強さを見せる張形や、謎多きいんこさんの正体なんかも描かれたりしておりまして、脇役キャラの活躍も目立ちます。
チベットへと行ってしまった彩子、途中からめっきり出番の減ってしまった砂戸などはやっぱり出番のないまま終わってしまうのですが……そのあたりはオマケ漫画でほんのりカバーされております!!

まさかの感動のフィナーレを迎える「どみなのド!」最終第7巻は好評発売中です!
チャンピオンREDを代表する(?)下ネタ作品だった本作。
この雑誌でしかできないと言っても過言ではない話だっただけに、次回作も同じ舞台での新作を期待しちゃいますね!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


どみなのド! 7 (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
2012-04-20
雑破 業

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by どみなのド! 7 (チャンピオンREDコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「霊媒師いずな Ascension(アセンション)」第1巻です。
集英社さんのヤング・ジャンプコミックスGJより刊行、グランドジャンプにて連載されています。

作者は真倉翔、岡野剛両先生。
本作の第一部に当たる「霊媒師いずな」の紹介は、「霊媒師いずな」のテーマでまとめております。
よろしければご一緒にご覧くださいませ。

さて、かつて大人気を獲得した「地獄先生ぬ~べ~」の人気キャラ、葉月いずなを主人公としてスタートした本作。
連載していたスーパージャンプが休刊し、ビジネスジャンプと合併してグランドジャンプに生まれ変わったことにあわせ、改題して仕切りなおしとなりました。
といっても何年後、とか主人公まわりの環境が変わったりはしていませんで、ほとんどそのまま、いうなれば前作の第11巻と言える内容になっています。
そんななかで今回紹介したいのは、前作から引き続いてのライバルキャラ、千佳羅との幾度目かの対決が描かれるrピソードです。

夜、仕事のため町に出るいずな。
何か不吉な予感が漂う、赤い月が闇を照らしている……
そんな夜にはやはり事件が起きてしまうのです。

繁華街の裏道で振るわれる理不尽な暴力。
いかにもチンピラといった風貌の男が、サラリーマンに対して容赦のない拳を振るっています。
どうやらこの男はぼったくりバーか何かの用心棒的な役割を生業としているようで、ビール一杯しか飲んでいないと言うサラリーマンに40万円と言うあんまりにもあんまりな請求をふっかけていました。
しかもその男、誇らしげに「オレは人を殺したことがある」と宣言し、割れて鋭利になったビール瓶を突きつけて金を払わないと……と脅すのです。
結局サラリーマンのカードを奪った男は、すぐさまその金を引き出してしまいます。
これっぽっちしか無いのかと毒づきながら歩く男の上空に、なにやら妖しい妖怪のようなものの影が……
それは男の頭上にあったビルの窓を破り、男へと破片を降りかからせました!!
ともすれば命を失ってもおかしくはないその破片ですが、すんでのところでいずなが到着!
画像

男の命を救ったのです。

いずなはすぐこの現象が千佳羅の呪いであることを看破しました。
そこでいずなは、男を近くの喫茶店に連れて行き、事情を説明。
どんな事情があっても霊能力で人を殺させない、と言う新年のもと動いているいずなは、とりあえず呪いを防ぐお守りを男に渡して去っていきます。
そんないずなの真摯な想いも、男にとっては妄想の類としか感じられず……
それどころかいずなをどす黒い欲望にあふれた眼差しで見つめている始末なのですが……

家に帰ろうとするいずなですが、そこで千佳羅からの襲撃を受けてしまいます。
今まで、悪い人間は呪い殺すべきと考える千佳羅、そしてどんな悪人でも呪いはいけないと感じていたいずなの意見は平行線をたどるばかりでした。
ならばもう殺すしかないと言う千佳羅ですが、いずなの考えは僅かに変わっていました。
以前、助けた悪人が再び悪事を働くと言う苦い結果を産んでしまったいずな。
その経験から、悪人はしっかり反省と懺悔をさせ、改心させないといけないと痛感したのです。
そして、悪人が改心したのなら千佳羅が呪い殺すべき「悪人」はいなくなる……
今度の千佳羅のターゲットを必ず改心させてみせるから、時間をくれないかと頼み込むのでした!
画像

千佳羅はそんないずなの思いをあざ笑います。
依頼主である老夫婦は、あの男に息子を殺されていました。
復讐はいけないことだ、無意味だと耳にたこができるほど聞かされてきた老夫婦。
ですが実際に被害にあっていない第三者にその気持ちなどわかるはずが無い、のろいの依頼は自分達なりに苦しみぬいて出した結論なんだと悔し涙を流して力説するのです!
そんな様子を見せられては、いずなも直接言い返すことなどできず……
とはいえ、改心させる猶予は与えてもらうことが出来ました。
決していずなへの親切心からではなく、呪力を最大限に発揮できる「呪殺日」が二日後に迫っているから、せっかくだから呪い殺すのはその日にする、という千佳羅の気まぐれからですが。
しかし、その間も別に呪いがなくなるわけではなく、怪我や病気などの小さな災いはやってきます。
いずなはそれを買い公家って男を改心させなければならない、のですが……

男のクズ具合はどうしようもないレベルだったのです。
男は5年前の中学時代に起こしたと言う例の殺人事件を武勇伝のように語ります。
いじめていた同級生の手足を縛り、真冬のプールに突き落とした。
翌日死体が見つかって事件は白日の下に晒されたが、「遊んでいただけ」「自分から飛び込んだ」と言うとあっさり無罪放免に終わった、と。
警察沙汰になっても少年法でたいした罪にはならない、学校も大事になると面倒だと隠蔽工作をしてくれた。
世の中は結局強いものが得をするんだ、と得意顔をみせるのです!
画像

もちろん男に反省など皆無。
その後も毎日悪行を働き続け、何も出来ないまま問題の呪殺日を迎えてしまいました。
やむなく以前の対決のように、霊能力で呪いを防ぐことにするいずな。
ですが自分の力が及ぶかどうかわからないと言ういずなの素直な状況分析を聞くと、男は約束が違うとブチ切れてしまうのです。
思わずいずなもあんたが後悔も反省もしないクズだから助けられないんだ、と売り言葉に買い言葉で返すと……男はさらに激高!!
いずなの服を剥ぎ取り、乱暴しようと襲い掛かったのです!!
画像


クダ狐の力で窮地を逃れたいずな、やはり生まれつきの悪人を改心させることなど出来ないのか?と絶望に打ちひしがれてしまいます。
ですがその自分自身の思いにピンと来るものがありました。
早速霊能力で男の過去を探ってみると……
幼少期に悪霊に取り憑かれ、そのまま除霊されず魂と悪霊がほとんど一体化してしまうという最悪の状態に陥っていたのです!!
そこで男の霊体を呼び出し、オシラサマの力を借りて悪霊を一刀両断!!
下手をすれば男の命をも失われてしまう難しい除霊でしたが、なんとかいずなは成功をおさめました!
その場にやってきた千佳羅と、老夫婦。
悪霊が取り払われた男は、よみがえった良心の呵責によって今までの行動を激しく後悔し、泣き喚きながら土下座をして老夫婦に謝罪するのです。
画像

それを見た老夫婦も、心から反省しているその様を見て依頼を取り下げてくれました。
千佳羅も一度悪に染まった人間の魂を救うなんて簡単じゃない、めでたしめでたしなんて思うな、と捨て台詞を残して去って行ったのです。
今回の戦いは、まごうことなきいずなの完全勝利。
……かに見えたのですが……!!

というわけで、いずなと千佳羅の第3ラウンドが描かれた今巻。
本作は大体、エロスを前面に押し出した話、ホラー色の強い話、そしてシリアスな話の3パターンで構成されております。
今回紹介したのはそのシリアスなお話。
いずなのひらめきによって、1人の悪人と、復讐に心を奪われていた老夫婦を救ったかのように見えたこのエピソードですが、このあと最後の最後にどんでん返しが待ち構えております。
人の生き死にをも左右する仕事を生業としているいずな。
それだけに今巻で降りかかった事件も、糧となって彼女をより強くしてくれるはずですが……
このエピソードの他にも、いずなが己の無力さを思い知らされるシリーズ(?)や、いずなはあくまでも外野に過ぎない親子の絆のお話、社会人生活に疲れ果てた男が学生時代の幻に翻弄されるお話など、数々のお話が収録。
今回は、前述したお話や感動モノなどのきっちり読ませるタイプのお話が多目となっております!!
ですがもちろん本作が注目されたきっかけかもしれない、エロスなお話も収録。
お金のためなら何を見せてもいい!と言うがめつい少女が出会う怪異を描いております!!
画像

と言ってもこのお話も最後はきっちりいい話で終わってみたり。
どうやら今巻はシリアス分増量キャンペーンが催されているようです!!

新章が幕を開ける、「霊媒師いずな Ascension」第1巻は全国書店にて好評発売中です!!
リニューアルしても中身はほぼ同じ、安心して読める本作。
いずなの成長、やがて来るであろう宿敵との戦い、そして……エロス。
新たな舞台で、新たな飛躍を期待してしまいますね!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


霊媒師いずな Ascension 1 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2012-04-19
岡野 剛

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 霊媒師いずな Ascension 1 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「真マジンガーZERO」第7巻です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスより刊行、チャンピオンREDにて連載されています。

作者は原作が永井豪先生、脚本・作画が田畑由秋、余湖結輝の両先生。
本作は「田畑由秋・余湖結輝」のテーマにて紹介をまとめていますので、あわせてご覧ください。

さて、最強最大最悪の敵、ゴードンヘルとの決戦を間近に控えていた甲児たち。
その直前のつかの間の休息の間に、ミネルバが今まで体験してきたと言う記録を観賞することになりました。
記録の中で繰り返される驚きの事実。
十蔵の望む世界を作るため、ミネルバは何度も時間移動を繰り返すのですが、Dr.ヘルによって製造中のミネルバを奪われたことから、そこから以前に戻れなくなってしまうのです。

ヘルによって生み出された時点までしか戻れなくなってしまったミネルバ。
それでもなんとか未来を変えようと奮闘するのですが、弓教授とともに対マジンガー兵器を開発しても、対マジンガー用スーパーロボットを作ってみても、時にはヘルの部下に徹したりしても……どうしてもマジンガーが暴走する未来を変えられません。
長い失敗の日々を乗り越えてきたある日。
ついにやってくるのです。
そのときが……

けたたましい笑い声を上げる弓教授。
どうしても理解できなかったタイムスリップ現象、どうしてもなしえなかったヘルによるミネルバ製造以前へのタイムスリップ。
度重なる苦悩の末、弓教授はとうとう狂気の淵で十蔵を越える理論にたどり着いたのです!
そもそも、ヘルの強奪によってリンクが断たれてしまっていた大型光子加速器にデータを送ろうとしていた、今までの研究そのものが無理だった。
なぜならばこのタイムスリップは、同じもの同士だからこそ出来るもの。
リンクを断たれている今、もともとは同一の存在だった大型光子加速器とミネルバに内蔵された小型加速器はまったく別のものになってしまっているのですから。
それならば、今の弓教授の記憶を、赤ん坊の当時の弓教授に送るほうが容易い!!
そのための方法とは、ミネルバによって加速化した光子を弓教授に当てること。
加速化した光子とは……ルストハリケーンです!
画像

それはすなわち今の弓教授を殺してしまうことを意味しています。
もちろんミネルバはそんなことは出来ないと断るのですが……
幸か不幸か、そのときまさに悪魔と科したマジンガーの攻撃が降り注ぎ、弓教授は瀕死の重傷を負ってしまいます。
息も絶え絶えとなった弓教授は、800回以上タイムスリップを繰り返してきたと言うミネルバに、それならば一度くらい自分の理論を試してみてもいいだろうと懇願。
ミネルバは涙を飲みながら、ルストハリケーンによって弓教授を塵へと変じさせます。
ですがやはり世界には何の変化も起きません。
マジンガーは大きく口を開け、ミネルバへとルストハリケーンを放ちました。
自身もルストハリケーンの餌食となってしまうミネルバは、その消滅の間際にマジンガーの内部に見える、取り込まれた甲児に向かってルストハリケーンを放って抵抗を試みたのです。
画像

弓教授と同じく、塵と化して行く甲児。
するとどうしたことでしょう。
ミネルバの目の前にいたマジンガーが二重写しのようにぼやけて見えるではないですか!
その瞬間、伸ばされたマジンガーの手から何者かがミネルバを助け出してくれたのです!
その人物とは……なんと甲児ではありませんか!
マジンガーに目をやれば、頭部に取り込まれていた甲児の姿が消えています。
そして、先ほど半ば塵に変わっていたミネルバの体も元の五体満足な状態に戻っているのです!!
画像

どうやら甲児にルストハリケーンを仕掛けたそのとき、「世界が変わった」ようで。
これこそ弓教授の行っていたルストハリケーンによる意識のタイムスリップの成功の証明と言えるでしょう。
ですが残念ながら、ミネルバのタイムスリップのような完全な記録や記憶を過去に送るようなものではありません。
感情や雰囲気と言った、不確かな断片が過去の自分に、自覚の無い無意識に僅かな影響を与えるだけだったのです。
しかしそのほんの僅かな影響が世界を確かに変えました!
不思議なことにこのルストハリケーンによる、世界に影響を与えるような「意識のタイムスリップ」が可能なのは兜甲児ただ1人。
甲児には、この世でただ1人……「世界を変える力」がそなわっているのです!!

ただ1人、世界を救える男。
甲児はたった一人でゴードンヘルへと立ち向かいます。
ですが、全長何十キロメートル、あるいはそれ以上あろうかと言う超巨大なゴードンヘルに対しては無力も同然。
画像

甲児は一方的にやられてしまい、死をも覚悟するのですが……
その時異変が起こったのです!
コクピット内に浮かび上がる不可思議な文字。
友よ、諦めるな。
君と一緒に悪を討つ!!
画像

この言葉は、紛れも無いマジンガーZの言葉!!
これはあの甲児を取り込んだマジンガーの力の片鱗なのでしょうか!?
世界を滅ぼしかねないその力ですが、その力を使わなければゴードンヘルを破壊することなどとても……
甲児はマジンガーの言葉にどう答えるのか?
圧倒的過ぎる力を持つゴードンヘルを倒す糸口をつかめるのか?
マジンガーの力の恐ろしさを知るミネルバは?
甲児VSヘル、マジンガーZVSゴードンヘル。
その激闘は新たなラウンドを向かえることになりそうです!!

と言うわけで、甲児の世界を変える力が明かされた今巻。
その衝撃はもちろん驚くべきものなのですが、何より今巻では白日の下に晒されたゴードンヘルの強さに目を引かれてしまうところです。
強すぎるにも程があるゴードンヘル。
あのパワーを解放したとして勝てるのか、勝てたとしてそのあとどうなってしまうのか。
激しい戦い、そしてそのあとのことが気になって仕方ありません!!

衝撃の過去と激闘の現在が描かれる、「真マジンガーZERO」第7巻は好評発売中です!!
運命の最終決戦の火蓋がきって落とされる今巻。
常に盛り上がっているといっても過言ではない本作ですが、いよいよ本格的なクライマックス近しを予感させてくれますよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


真マジンガーZERO 7 (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
2012-04-20
永井 豪

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真マジンガーZERO 7 (チャンピオンREDコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



このページのトップヘ