3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

2012年04月

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ジョジョリオン」第2巻です。
集英社さんのジャンプ・コミックスにて刊行、ウルトラジャンプにて連載されています。

作者は荒木飛呂彦先生。
本作を第1巻の紹介などは「ジョジョの奇妙な冒険」のテーマにてまとめておりますので、よろしければご覧くださいませ。

さて、自分の記憶が一切ないまま康穂に拾われた(?)主人公。
調査の末、どうやら自分が「吉良吉影」らしいと言うことがわかり、住んでいたとされる部屋へとたどり着きました。
ですがその部屋には全裸の女性が捕まっている上、なにやら「上の階にいるヤツ」から攻撃を受けているようで。
苦戦しながらも主人公は上の階のヤツを引き摺り下ろすことに成功したのですが……?

上の階のヤツを追い詰める主人公。
明らかな殺意を感じさせる攻撃を仕掛けてきたわけですから、当然この下の階の住人が何者なのかを知っているはず。
主人公は「オレは誰なんだ?」と上の階のヤツに問い詰めるのですが、どうも要領を得ません。
ちょいとばかり痛めつけてさらに厳しく問い詰めると、そいつは「この部屋にある手の彫刻が見たい」と言い出すのです。
この部屋にある手の彫刻は、ナルシストである吉良吉影が自分自身で型取りして作ったもの。
実際その手は相当美しいものなのですが……
彫刻の手と、主人公の手はまったくの別物。
つまり、主人公は「吉良吉影」ではない、ということなのです!!
画像


さらに酷く痛めつけて聞いてみても帰ってくるのはこんな話。
この部屋にいた全裸の女性を拉致したのは確かに上の階のヤツである。
だがこの上の階のヤツは本当に上の階の「住人」で、吉良吉影ではない。
そして主人公もまた吉良吉影ではない。
その証拠として、上の階のヤツは吉良吉影の写真を見せてくれました。
画像

確かに主人公が今来ている水兵風ルックをそっくりそのまま着ているのですが、顔立ちは似てはいるものの違う人物だとわかるルックス。
上の階のやつはこの吉良に個人的恨みから復讐がしたくて、計画的にこの上の部屋に住み、吉良を罠にはめようと女性を拉致したりベランダに蛇を放ったりしたんだそうです。
吉良が帰ってくるのを3日間待ち、帰ってきたのは主人公。
ですが服も同じ、ルックスも見間違えても仕方の無い似通いぶりの主人公を、吉良と勘違いして襲ってしまったんだとか。
主人公はさらに詰問を続け、吉良とその上の階のヤツこと、笹目の関係を聞き出すのでした。

08年の夏、笹目は「上に陣取って対象を動かす能力」を使用し、行きずりの女性を弄んでいました。
水中に貼り付けにしたりと、酷いことはしながらも殺したりはしない、と彼なりのルールに乗っ取って遊んでいたのですが……
そんなあるとき、吉良とであったのです。
普通の人が見られない笹目の能力を見ることのできる吉良となんとなく仲よくなった笹目。
ですが笹目は、吉良の雰囲気からなんとなく「殺人を犯している」と感じていました。
そして吉良もまた、笹目に妙ないちゃもんをつけてきたのです。
職業はサーファーだと言い張る笹目に対し、「サーファーと言うのは海の人間なのか、陸の人間なのかあいまいだ」「あいまいなのは男じゃない」と。
最初はうるせぇ、ぶっ殺すぞと一蹴していた笹目ですが、ずっと「男のフリをしている」となじり続けて来る吉良にまいってくるのです。
ついには夜中じゅう「男なら食ってみろ」と囁かれ続けたらしい笹目、朝方その声にしたがって
画像

自分の右手の指を食べてしまったと言うのです!!

結局吉良のことは「得体の知れない怪しい男」ということしかわかりませんでした。
笹目も吉良への恨みしか持っていないようで、これ以上叩いても何も出てくることはなさそうです。
もちろんあの全裸の女性も、パニック状態で誰が誰としっかり見分けたりすることもできなかったでしょうし……
ですが、笹目の持っていた吉良の写真に手がかりはかくされていました。
その背景に密かに映し出されていた水溜り。
それは、安穂が主人公を発見したあの水溜りです!!
いま覚えている自分の原点に立ち返り、もう一度調べてみる。
警察も一応調べたようですが、何も見つからなかったそこを、主人公の「奪う」能力、「ソフト&ウェット」で水やドロを奪い取って掘り返すと……居たのです。
捜し求めていた、吉良吉影が!!
画像

……遺体となって……!!
そしてその遺体には、股間の玉が最初から無かったようになくなっていました。
吉良から失われている玉、そして主人公の股間には4つの……
「奪う」能力を持つ主人公、最初からなかったように綺麗に奪われている吉良。
これの意味するところは一体……?

これで完全に自分が何者かわからなくなってしまった主人公は、予想外なことに安穂の幼馴染である常秀の家に引き取られることになりました。
苗字は東方。
そして、名前は安穂が昔飼っていた犬のジョースケに似ていることからとりあえず定助に。
画像

……東方定助の奇妙な冒険が幕を開けることになるのです!!

というわけで、文字通りの自分探しが振り出しに戻ってしまった今巻。
これからは東方家にご厄介になって生活をするわけですが、この東か炊けというのがまた厄介なムードを孕んでいるのです。
4部の東方家といえば、実質母子二人だけの小さな家庭でした。
ですがこちらの東方家は4人の兄妹+長男一家にお手伝いさん……といった大家族。
そのそれぞれが何か腹に一物あるかのような雰囲気を持っていまして、さらにその家長である憲助は大きな隠し事をしているようで……
定助が自分の事を探すには、数多くの障害を乗り越える必要がありそうです!!

結局何もわからない状態に戻ってしまった「ジョジョリオン」第2巻は全国書店にて発売中です!
謎ばかりが増えていく、今までに無いタイプのジョジョである本作。
ここからどういった方向に物語が転がっていくかも未知数!
俄然目が離せません!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ジョジョリオン 2 (ジャンプコミックス)
集英社
2012-04-19
荒木 飛呂彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジョジョリオン 2 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「てんむす」第5巻です。
秋田書店さんの少年チャンピオンコミックスより刊行、週刊少年チャンピオンにて連載されています。

作者は稲山覚也先生。
本作の紹介は「てんむす」のテーマでまとめておりますので、ご一緒にご覧くださいませ。


さて、全国の女子大食い部の頂点を決める天食祭、その全国大会に出場するための中部予選に挑む天子たち結日高校食い道部。
1回戦は難なく突破したものの、2回戦の長女体大は強敵でした。
接戦の末、勝負は2勝1敗で僅かに結日高校がリードで大将戦に突入するのですが、最後の一戦も大幅リードされて負ければ本大会のルール上負けになってしまいます。
部長同士の意地もかけた大将戦、その行方は……?

激しい戦いを終え、なんとか第3回戦にコマを進めた結日高校。
3回戦の相手は、以勢日輪高校。
天食祭本戦が行われる以勢神宮のお膝元と言うだけあってその歴史は古く、なんとその食い道部の歴史は100年にわたるというのです!
画像

天食祭が今のような全国の女子高生が集う大会となったのは30年前。
日輪高校はその予選に30年連続出場しており、さらに天食祭本戦で5回の優勝を達成している由緒と実績を兼ね備えた古豪なのです!

ただ、今回の大会ではその実力がよくわかりません。
1回戦は4連勝で圧勝したものの、相手は1~2皿しか食べていない興味本位の参加チームだったようで。
そして2回戦は不戦勝で勝ち上がっているとのことで、まったくの未知数と言えます。
果たしてその実力とは?

日輪高校100年に対し、結日高校は創部僅か3年目。
その圧倒的な歴史の違いに二子あたりはかなり緊張してしまいます。
100年の歴史を持つ伝統ある部活、となればきっと部員も物凄い数で、それを率いる部長もきっとただならぬ人物で、スマートでかっこいい人なのであろう。
思わず硬くなってしまう二子たちの前に、噂の日輪高校の食い道部が姿を現します!
……が!!
画像

現われた部員は4人、そしてそれを率いる部長のリンは、遊を上回る(下回る?)低身長でした!
そしてリンは、天子加入前の去年、3人で戦った結日高校の健闘を称え、何かをいい出そうとするのですが……
その瞬間、結日高校が今年は4人いることに気が付き、
画像

裏切り者と泣き出してどこかへ行ってしまったのでした!!

何がなんだかわからないまま、3回戦は始まりました。
3回戦からは試合形式が変わるそうで、今までの1VS1の4戦ではなく、2VS2+1VS1×2の三戦勝負となるのです。
試合数が三戦となることで、勝敗の数が同数だった場合は食べた総量で勝負が決すると言うルールは無くなり、2勝した方が勝ちとなるのです。
そして今までは1回戦ならカツサンド、2回戦ならおやき……と同じ食べ物で勝負が行われていたわけですが、今回からは一勝負事に食べる品物が変わります。
ですがその品物には共通のテーマに基づいて決められます。
今回の日輪VS結日のテーマは、中華料理!
第1試合、早速行われる2VS2の品目はチンジャオロースです!
その勝負には、二子と遊の2年生コンビで出場することとなりました。
一方の日輪高校は、大柄なヤンキー風の女子と眼鏡の外国人タッグ。
見た目は伝統ある部活とは思えない二人ですが、その実力派いかばかりか……!?

終わってみれば、なんと日輪の二人は
画像

60分で三皿しか食べれない体たらく。
なんとこの二人、単なる数合わせで誘われた臨時部員だったのです。
つまり日輪高校の正式な部員は二人!
画像

3戦ということはこの二人が勝てば勝利となるわけで……
要するにここからが本番!
日輪が強豪だったのは昔の話、今は部員二人の斜陽部活。
ですがその100年で蓄積されたデータは本物で、決して侮ることは出来ません!
この勝負、どう転がって行くのでしょうか!?

というわけで、3回戦の幕が開けられた今巻。
実に簡単に1勝を手中に収めた結日高校ですが、相手は言い方は悪いですが捨て駒でした。
その捨て駒相手に、二子と遊と言う経験者を失ってしまった形になります。
部長はともかくとして、天子はもうガチがちの大食い初心者。
知識面では大きな差があることは間違いないでしょう!
もし大食いをすることに注意が必要な、難しい食事だったなら?
今まで順風満帆に来ていた天子に、試練のときがやってきます……!

中部予選も盛り上がってきた「てんむす」第5巻は全国書店にて発売中です!
侮りがたい古豪との戦いが繰り広げられる本作。
結日は、そして天子はこの小さい部長が率いる大きな壁を乗り越えていけるのでしょうか?
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!


てんむす 5 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
2012-03-08
稲山 覚也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by てんむす 5 (少年チャンピオン・コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「バクマン。」第17巻です。
集英社さんのジャンプ・コミックスより刊行、週刊少年ジャンプにて連載されています。

作者は小畑健、大場つぐみ両先生。
本作の紹介は「バクマン。」のテーマでまとめておりますので、よろしければご覧くださいませ。

さて、前巻でエイジの「CROW」の連載終了をかけた戦いが繰り広げられた本作。
残念ながら誰もエイジを人気1位の座から引き摺り下ろすことが出来ず、「CROW」は連載終了となってしまいました。
ですが福田組の一同が得たものも大きく、全員のレベルアップにもつながったのでした。
ところがそんな時、ジャンプには通常考えられないような異変が起きていて……?

ジャンプに巻き起こった異変。
それはなかずとばずのまま消えて行ったと思われていた、ベテラン漫画家の台頭です。
特に絵は達者だったものの、面白い話が描けなかったとされていたベテランが、その過去からは想像できないような抜群のストーリーを引っさげて帰ってくる……
作家の年齢はどうあれ、面白いものなら乗せると言う編集長主義からすれば当然本誌に掲載されます。
そのムーブメントは、ついにベテラン漫画家だけで構成された読み切り三週連続掲載+短期集中連載開始、と言う事態にまで発展するのです。
この流れは、漫画家たちや編集たちも戸惑う異常事態。
サイコーは、夢半ばで倒れてしまった叔父さんの姿を重ね合わせてしまい、ベテランの奮闘を応援したい気持ちも湧いてきます。
ですがシュージンの考えは違います。
若い新人のチャンスを潰してまでベテランを使う必要なんて無い、酷い言い方ではあるものの、大した実績も無い歳を取った作家なんて必要ない、とキッパリ切り捨てるのです。

そんな流れの中、エイジだけは違う見方をしていました。
ベテラン作家の台頭の口火を切った、東美紀彦の「ぱんちらファイト」。
読者人気も高く、短期集中連載にもなったその作品、東単独での作品のはずなのですが……
画像

エイジは「原作は誰がやってるんですか?」と言い出すのです。
漫画に関してのカンや、観察眼に関しては超能力レベルの制度を持つエイジ。
そんな彼が言うのですから、無視できない指摘でしょう。
エイジの担当は不安を禁じえません。

そんな不安は的中していました。
東どころか、一連のベテラン作家陣はすべて「シンジツコーポレーション」なる会社によって原作が提供されていたのです!
シンジツコーポレーションとは、簡単に言えば選ばれた漫画好きが集まって原作を作り出し、その原作を原稿料などの収入6割を代金として絵の達者な漫画家に提供、執筆してもらうと言う組織です。
画像

多くの漫画好きの意見やアイディアを元に、その彼ら自身の高評価を得た作品を提供する。
その仕組みによって「ぱんちらファイト」をはじめとした人気作が生み出されていたのでした!
大勢が寄り集まってアイディアを出し合う……
このシステムを使い、ジャンプで連載をした人物がすこし前にいたような。
……そう、このシンジツコーポレーションの社長の座に座り、裏で糸を引いていたのは
画像

七峰だったのです!!

実は大金持ちの息子さんであった七峰、父親に金を借りてこの会社を立ち上げました。
このシステムで大量のベテラン漫画を送り込んでジャンプを牛耳り、自分に屈辱を味わわせた者たちに復讐しようとしていたのです!
そんな彼がまず復讐をしたいのは、他ならぬサイコー達です。
自分の生き方にまで影響を及ぼしたサイコー達に一泡吹かせなければ我慢がならない!
そう考えたのでしょう、シンジツコーポレーションの実態を七峰自らが最初に明かしたのは、サイコー達でした。
シンジツコーポレーションのありのままの姿を見せながら、自信満々に解説する七峰。
サイコー達はベテラン作家達の奮闘がすべて七峰の仕業であったことに驚きをかくせません。
想像以上にコストがかけられていそうな、シンジツコーポレーションの施設にも。
最初そのことに関して、お金になる作品を量産して返せばいいし、もし儲からなくでも漫画界へのボランティアと考えればいいなどと嘯いていた七峰。
ですがいまいちピンと来ていない様子のサイコー達に対して、早くも七峰は我慢しきれず本性を現してしまいました。
以前あったと気にこういったはずだ。
「次は必ず勝つ、新しい方法で」。
これがその新しい、亜城木夢叶に勝つための方法なんだ。
金や漫画界なんてどうでもいい、2人に勝つためにやっているんだ。
本当に「この世は金と知恵」ですよね、と……!!
画像

もし連載になっても負けない、と迎え撃つ意思を見せるサイコー達。
七峰はそう来なくては面白くない、すべては亜城木夢叶を潰すためにやってるんだと不敵な笑みを浮かべた七峰。
二人は受けてたったものの、心中は複雑。
サイコーが感銘を受けた東の奮闘は独力のものではなかったこと。
そして、シンジツコーポレーションの仕組みはよく出来ていると認めざるを得ないこと……
さらに二人には追い討ちをかける事実が待ち受けています。
シンジツコーポレーションの息がかかった2作品、「ぱんちらファイト」はアンケート2位、「侍バッター」3位。
「PCP」は……6位。
読み切りや短期連載と言う有利はあるものの、それでもここまでわかりやすい差をつけられては……
苦虫を噛み潰したような表情になってしまう二人。
二人は七峰の目論見を潰すことができるのでしょうか!?
念願のヒットを手にしたながら、自分の手による作品ではないことに何か感じている様子の東の動向は?
そして、あの傲慢な七峰が自分以外による漫画で亜城木夢叶に勝ったとしてもそれでヨシとできるのでしょうか!?

というわけで、七峰の復讐劇が始まる本作。
七峰の金に任せた漫画界激動のシステムの行方はもちろんのこと、東のプライドやサイコーの意外な関係など、気になる点もたくさん盛り込まれております!
そしてこの戦いのあと、ジャンプにはまたまた違う形の事件が巻き起こり……
ジャンプに度重なる変革が巻き起こる中、サイコー達にも変革が!
新たな何かを見出したサイコー達、これが物語に大きな転機になりそうです!!

シンジツコーポレーション編決着、「バクマン。」第17巻は全国書店にて発売中です!
七峰のエゴが嵐を巻き起こす今巻。
この出来事によって、サイコー達が更なる成長を遂げることは間違いなさそうですね!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


バクマン。 17 (ジャンプコミックス)
集英社
2012-03-02
小畑 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バクマン。 17 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「僕の後ろに魔女がいる」第4巻です。
講談社さんのシリウスKCより刊行、月刊少年シリウスにて連載中です。

作者は山田ヒツジ先生。
今までの本作の紹介は「僕の後ろに魔女がいる」のテーマにまとめております。
よろしければご一緒にご覧ください。

さて、得体の知れない小学生魔女・ミヤとそのしもべ兼生贄として山盛りの苦難とちょっぴりの幸せの日々を送る南里を描く本作。
前巻で作中での時間が進み、とうとう彼らも5年生。
新学年で迎える新学期、果たして南里の悩み事は少しでも解消されるのでしょうか?

クラス替えが行われたものの、塩谷さんや千田、そしてミヤも同じクラスで嬉しいやら困るやらの新生活を始めた南里。
今日は近所にオープンしたプールメインのアミューズメント施設にクラスの仲間たちと来ておりました。
学校以外のプールに入るのは初めてだと興奮をかくせない南里ですが、クラスの男子達は別のことに興奮しております。
スクール水着ではない女子が見られる……!
スクール水着と言うのはそれはそれでとても素晴らしいものですが、それが日常化している小学生にわかれというのはすこし酷というものでしょう。
さらにまだまだお若い盛りでございますから、もっと露出の多いわかりやすいお色気を求めてしまうのも仕方が無いというもの!
純真な南里はピンと来ないようですが……

ともかく女子達がやってまいりました。
真っ先に南里の目に飛び込んできたのは塩谷さんでした。
画像

スクール水着とは明らかに違う、セパレートの水着を見た南里、興奮とはちょっと違いますが、いつもとはガラリと受ける印象が違うその姿に驚きます。
女の子とは着るものであんなに変わるんだ……
そんな感想を持った南里、そうなると今度はミヤのことが気になってしまうのです。
きょろきょろと周りを見回すと……すぐその姿は見つかりました。
もう既にプールサイドに自分の空間を作り上げ、黒いビキニに身を包みながらトロピカルなジュースを味わうミヤ!
その凄まじいゴーイングマイウェイぶりに驚愕する南里ですが……
画像

それでも、かわいいと胸を高鳴らせてしまうのでした!
ミヤを見つめて固まってしまっていた南里。
そんな南里を見て、ミヤは自分が手にしているジュースが欲しいのかと勘違いし、飲みたいのですかと尋ねて来ました。
咄嗟にいただきますとかしこまった言い方をしてしまう南里ですが……これって間接キッスじゃないか!?と我に返り、やっぱりいいやとジュースを返そうとします。
あんまりにも慌てたためでしょう、手を滑らせてジュースを落としてしまう南里。
謝りまくる南里ですが、ミヤは残り少なかったから別にいいとやさしいお言葉をかけながら、一緒に地面に散らかったジュースを片付けてくれました。
ふと目をやると目の前には、四つんばいになったミヤの姿が!
胸の谷間が(あるかどうかはおいておきまして!)見えそうなその体勢にを間近で見てしまった南里は驚いて思い切り後ずさり!!
するとそのとき、なにやらぬるりとした感触が……
画像

いつの間にか背後に立っていた千田が、ミヤのその姿に興奮して鼻血を滝のように噴出!
そのまま彼は倒れ、ミヤと密着寸前という状態も含めてその場はくちゃくちゃになってしまうのでした!

千田を医務室に連れて行き、とりあえずこれで一安心。
ですが千田がいなくなってしまったことで、一緒にウォータースライダーに乗る予定だった南里はちょっぴり困ってしまいます。
乗りたいが、1人で乗るのはちょっと怖い。
悩んでいる南里の匂いをかぎつけたのでしょうか、いつの間にかミヤがすぐ背後に迫って「アレに乗りたいですか?」と声をかけてきたではないですか!!
ミヤと二人で、一つの浮き輪にのってすべるのはとっても照れくさいですが、やはり乗りたいという欲求、そして1人で乗る恐怖には打ち勝てませんでした。
危ないので眼鏡を外し、南里とともにスライダーに乗り込むミヤ。
いろんな意味で緊張の瞬間ですが、さらに緊張させる要素があることを南里は忘れていたのです。
眼鏡を外したミヤは、普通の人が見えないアレコレが見える、ということを……!
南里には見えない、「ご同乗された人」が早く行きたくてご立腹だと言い出すミヤ!
慌てて逃げ出そうとしてももう遅く……
画像

南里は浮き輪にしがみついた状態で、ご同乗された方とスライダーに挑むことになってしまったのでした!!

そんなこんなで結局いつものような展開になってしまった南里。
ですが、ここで意外な展開が待ち構えていました。
5年生になってのクラス替えで、新たなお友達となった宇井野さん。
彼女は小学生モデルとして活躍しているのですが、この施設にも撮影できていまして……
そのカメラマンに、ミヤがモデルとしてスカウトされたのです!!
そういったことには一切興味がないミヤですが、なんだかんだと整った顔立ちにすらりとしたボディはモデルになったとしてもおかしくは無いわけで。
千田はオレだけのアイドルでいてくれと泣き喚きそうになりますが、南里は複雑な思いでそのスカウトを見守ることしか出来ず……!!
画像

もしかしてミヤはモデルになっちゃうんでしょうか!?
ミヤは写真をバシバシ撮られており、もしかしたらと言うことも!!
一体ミヤは、南里との関係はどうなってしまうのでしょうか!?

というわけで、プールに遊びに行くエピソードを収録した本作。
この三本立てで繰り広げられるエピソードのほか、数本で1エピソードとなる中編が何本か掲載されています。
その中であの塩谷さんが、学校を大好きなBLの世界に染め上げようという野望に燃え、生徒会長に立候補するなどの注目のエピソードが繰り広げられたりも!
新キャラの宇井野さんの存在すらもかすんでしまう、塩谷さんのハッスルぶりは必見かもしれません!!
そして17Pという大ボリュームでお送りする、ミヤと南里の本当の最初の出会い編も収録!
ミヤが南里を標的(?)にしたのは、偶然ではなかったことが明かされるのです!!

ちょっぴり幸せ生贄ライフ、「僕の後ろに魔女がいる」第4巻は全国書店にて発売中です!
新学年になって、新キャラを加えて装いも新たにいつも通りの生活を送る本作。
恒例のカバー下本体への描き下ろし漫画も収録していますよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


僕の後ろに魔女がいる(4) (シリウスKC)
講談社
2012-04-09
山田 ヒツジ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 僕の後ろに魔女がいる(4) (シリウスKC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「オールラウンダー廻」第8巻です。
講談社さんのイブニングKCより刊行、イブニングにて連載されています。

作者は遠藤浩輝先生。
本作は「遠藤浩輝」のテーマにて紹介をまとめておりますので、そちらもあわせてご覧ください。

さて、廻や桃子達が出場した柔術関東大会。
廻は油断からあっさり敗北を喫してしまったものの、桃子は自分の階級で難なく優勝。
無差別級でも目覚しい活躍を見せたのですが……!?

柔術大会も終わり、いつものトレーニングの日々に戻ってきた廻たち。
やめるのやめないのといろいろあった勇大ですが、彼にもまあいろいろありまして、結局今までと同じように練習を再開していました。
文字通りの今までどおりの毎日になったわけです。

最近の総合格闘技では、マットに背中をつけない、寝かされてもすぐ立って打撃を当てる、寝技をする場合も必ず上野ポジションで、という戦術が主流になっています。
大体の大会での判定もそれが重視されているわけで、そのポイントを抑えるためには相手を倒し、倒されないようにする技術……レスリングが非常に重要になってきます。
そしてレスリング技術はもちろんのこと、必要になってくるのはフィジカルの強さ。
そのフィジカル、体の力はとにかく鍛えて徐々につけていくしかないのです。
そうなるとひたすらトレーニングを繰り返すしかなくなり、自然とおなかも減ってくるわけで。
考え事をしながらご飯を食べていると、いつの間にかおひつを空にしてしまうほど食べてしまったり。
画像

朝も早起きしてランニングと筋トレ……
いつの間にか完全に格闘技中心の生活になっているのでした。

目指すは地方予選の最終戦、大阪大会。
廻も勇大に簡単には寝技を決められなくなって来たりと、その成果が僅かながらに顔をみせ始めていました。
そして今までキックしか興味がなかったはずのマキも寝技の練習に精を出しております。
マキもまた大阪大会に出場するつもりで、その大会には以前敗北を喫した選手二人の出場も予定されているからです!
リベンジに燃えるマキ。
そんな彼女が練習後のエネルギー補給に、格闘家御用達(?)のプロテインではないものをとっていることに気がついた廻。
何を食べているのかと聞いて見れば、プロテインはあわないからと豆乳&果物を持参しているんだそうです。
逆に廻は何を食べているのかとマキがたずねると、廻はあっけらかんと「ラーメンとか」と答えるのです。
ラーメンは確かにおいしいですが、脂分とかいろいろ考えると、格闘家、それも大会を控えた日程で食べるにはよろしくありません。
そんなんだから勝てないんだよとマキがチクリとやると、廻はへらへらと笑いながら「だったらマキちゃんが作ってよ」と言い残して去っていくのでした。
当然廻がいい加減な言葉や憎まれ口を叩いては折檻されているマキにたいしての、いつも通りの冗談のつもりでしょう。
ですがマキにとっては思いもよらなかった言葉だったようで、思わず固まってしまうのです!!
画像


体重計に乗って、ため息をつくマキ。
61.4キロと、179センチの長身+筋量もあるマキからすればそれほど重い体重ではないでしょうが……階級性である総合格闘技の性質上体重を落さなければなりません。
今回は6キロ近く落さなければなりませんので、一ヵ月半と言うある程度時間がある段階から準備を始めました。
減量用のメニューを作りつつ、ついでに家族のお弁当まで作る、意外に(失礼!)家庭的なマキちゃん。
夏休みだからと、親御さんの大工のお仕事まで手伝いまして、まさに八面六臂の大活躍です!
ですが仕事の現場で自作の弁当を食べていると、仕事仲間の方から「誰か作ってあげる人いないの?」と聞かれてしまい……
画像

例の件を思い出してまたまた固まってしまうのですが!

いつもの練習では、以前マキにいいようにやられていた首相撲で廻が負けなくなってきていました。
技術がついてきたため、男女のフィジカル差が出てきたというわけです。
面白くないマキですが、廻がいまいち減量に真剣に取り組んでいないような会話が耳に飛び込んできます。
画像

それを聞いていたマキ、自宅に帰ってから廻には母親がいないものの、面倒見のいい姉がいるらしいから何か作ってやる必要もないのか……?などと考えだします。
そもそもなぜ自分が作らなきゃいけないんだ!と自分の考えに対して突っ込んだりもするのですが、結局のところ
画像

翌日には例の果物を買いにあげちゃうのでした!
その思いもよらないプレゼントに、今度は廻が固まるのですが……

そんな大胆な行動に、家に帰ってから反動が来たのでしょうか。
なんだかロボットのようにぎこちない動作で食事をするマキを見て、家族全員がその様子のおかしさに気がつきました。
それが何かまでは気がついていない……と思いきや、お姉さんだけは気がついているようで。
その場でズバリ、あんた片思いしている男がいるね?とたずねたのです!!
動揺しまくるマキ、そして家族の男達。
画像

このマキちゃんの動揺っぷり、これは明らかにクロと見て間違いないでしょう!
なんだか前進したような二人の仲、もしかしていい感じになっちゃうのでしょうか!?

というわけで、廻の何気ない一言でマキとの関係が変化した今巻。
前々からそんな雰囲気だけは出ていた二人ですが、ついに本格的に動き出すと言うのでしょうか!
桃子&勇大なんかも含め、恋愛要素も進展しております!!
そして本筋の大阪大会もこのあと早速開幕。
敵地真っ只中のジムにちょっとだけ席を貸してもらいまして、大会に挑むのですが……
関東から大阪くんだりまで来て全国出場権を掻っ攫おうと言う廻たちをよく思うわけがありません!
廻は優勝するしかないこの大会でどう戦うのか?
そしてマキは?
大阪大会も注目せざるを得ませんね!!

廻とマキのフラグ成立?「オールラウンダー廻」第8巻は全国書店にて発売中です!
桃子の柔術大会完結編、廻&マキのアレコレ、そして大阪大会の導入と盛りだくさんの今巻。
これから繰り広げられるであろう恋愛模様だけでなく、成長を遂げている廻&マキの戦いもも楽しみです!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


オールラウンダー廻(8) (イブニングKC)
講談社
2012-03-23
遠藤 浩輝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オールラウンダー廻(8) (イブニングKC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↑このページのトップヘ