3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

2012年07月

「魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ」第6巻 キタキタおやじ、試練を乗り越え勇者に!?

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ」第6巻です。
スクウェア・エニックスさんのガンガンコミックスONLINEより刊行、ガンガンONLINEにて連載されています。

作者は衛藤ヒロユキ先生。
本作は「衛藤ヒロユキ」のテーマで紹介をまとめていますので、よろしければそちらもご覧くださいませ。

さて、なにやら流れでクリアすれば「勇者」になれると言う「地獄のどうくつ」に挑むことになったチキ達。
まあやる気満々なのはなぜかキタキタオヤジなわけですが……
ですが勇者認定をするだけあり、道のりはなかなか困難なのです!

眼が覚めて第一に視界に飛び込んできたのは、ギップルのふんどし。
そんな最悪の目覚めを経て、今日も地獄のどうくつに挑戦です。
ところが、そのダンジョンの様子がなんだか変。
昨日は閑散としていたはずのこのどうくつに、やたら大勢の人がいるのです。
何か起こったのか?とチキが大慌てで尋ねてみると、なんだかその人たちは「ココが有名な地獄のどうくつだよ」「勇者になりたくてここに来たんだ」などと、よくRPGにある名も無きキャラのような台詞ばかりで返してきます。
どうやら昨日オヤジがこのどうくつに挑戦したことによって、勇者を迎えるイベントが始まったようです!!
ますますやる気をみなぎらせるオヤジ。
その気合に引っ張られるように、チキ達も後に続くのでした。

とは言え、気合だけがみなぎっていてもどうくつの試練が乗り切れるわけではありません。
最大の問題は、炎のブレスを吐いてくる火の竜です。
とても真っ向から戦って勝てる相手とも思えませんし……
どうしようかと頭を捻っていると、そこにギップルが参上。
「チョロチョロくそじじい」で何とかならないか?と言うのです!
このチョロチョロくそじじいとは、要するによくオヤジがみせるキタキタ踊りによる敵の攻撃回避のこと。
ですがオヤジがそのネーミングをよしとしているわけもなく。
キタキタ踊りだと言い張るオヤジと、くそじじいだというギップルの間には不毛な戦いが絶えないのです……
で、このネーミングバトルに決着をつけるためにもこのどうくつをクリアしなければならないと考える親父。
何せ勇者と認定されるには、どうくつの最後に待っている石版に名前を彫る必要があるから。
つまりキタキタと書けば、有無を言わさず勇者の踊り技=キタキタ踊りと言い張れるというわけです!!

で、その火の竜がオヤジの目前に現われます。
親父が取る行動は
画像

もちろん踊るばかり……
とは言えチョロチョロくそじじい、もといキタキタ踊りの効果はなかなかで、炎のブレスをうまいこと避け続けていました。
ですがこのままではいずれ炎にあぶられてリタイヤしてしまうことは確実。
これだと言う決め手がなければどうしようもないでしょう!
そこで竜が火をはくなら私も!とオヤジが取った対抗手段は
画像

いつかうなった謎の歌!!
しかもなぜだかその歌の勢いで、竜の炎を押し返しているではありませんか!!
竜も別の手段を講じればいいのに意地になっているようで、その歌に負けじとブレスリまくります。
その勝負は意外にも拮抗しますが、ここでオヤジの歌のほうに異変がおき始めるのです!
……歌詞が、思いつかない!!
もともとそう長くないこの歌ですから、途中からはその場しのぎのアドリブだったわけで。
気分に左右されるというか、気分こそ全てと言ってもいいオヤジにとってネタ切れと言うのは致命的とも言えるでしょう!!
もはや語尾を延ばすくらいしか手段が残されていないオヤジに、目前まで迫ってくる炎!!
もうダメだ!やっぱりキタキタ踊りなんてダメなんだ!!そう言ってオヤジの愚かさをどさくさに紛れて罵倒するチキ、ですが……!!
画像

その瞬間、キタキタ踊りがダメなんてことはない、踊ればたちまち福が来るんだと物凄い勢いで反論の歌詞を歌い始めるではないですか!!
こうなればしめたもの、
オヤジの反論はとどまることを知らず、ついには火の竜のほうが酸欠で倒れてしまうのでした!!

勇者の行動を万人に広める、謎の天の声にこの歌を「へりくつ小唄くそじじい」と命名されてしまうオヤジですが、とにかくこれで勇者の名を記す石版にたどり着くことが出来ました。
そこに名前を彫れば勇者認定完了。
オヤジはこれで勇者が踊る踊りとしてキタキタ踊りを布教できる!!
ガラにもなく緊張したオヤジは、緊張のあまり名前を記すべき石版に「キタキタ」と彫ってしまいました!!
これじゃあ名前として認められないかもしれない、せめて「キタキタおやじ」にしてフォローしよう!!と慌てて注意するチキ達。
ですが緊張は絶頂に達しており、オヤジはそこに
画像

「キタキタおあじ」と書いてしまったではないですか!!
地獄のどうくつのお膝元にして、天の声で逐一勇者の行動を伝えてもらえるノキマフの町に轟いた「キタキタおあじ」の大音響……
勇者、キタキタおあじ。
特技、チョロチョロくそじじいとへりくつ小唄くそじじい。
オヤジの思い描いていた勇者増とは、かけ離れたものになってしまうのでした……

で、結局もう一度どうくつに挑戦し、親父は腰みのを燃やして全裸になってしまい、
画像

その模様を天の声に実況されながらも石版の元にたどり着きます。
今度はきっちりあの立派なアドバーグと言う名を記すのかと思いきや、
画像

「チキ」と刻むのでしたとさ……

というわけで、なんだかわからないうちにチキが勇者になってしまった今巻。
おかげさまでチキはいつの間にか使わなくなったドラゴンこんぼうの代わりとなる武器を棚ボタで手に入れます。
ですがその武器がまともな武器であるはずもなく……
チキの受難のときはまだまだ続きそうです。
こんな調子で旅はまだまだ続く……と思いきや、今巻の最後のほうで物語は超急展開!!
オヤジの最大の得意技がそりゃもう酷い魔法で封じられてしまい、ガガルのいるはずの地へと直行することになるのです!!
思いがけない急展開ですが、このままクライマックスに突入するのでしょうか!?
次巻、波乱の予感です!!

オヤジはじける、「魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ」第6巻派全国書店にて発売中です。
クライマックスの予感漂う本作。
もしかしたら最終回が近いと言う可能性もありますが、果たして……?
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ(6) (ガンガンコミックスONLINE)
スクウェア・エニックス
2012-06-22
衛藤 ヒロユキ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ(6) (ガンガンコミックスONLINE) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「のりりん」第5巻 御手製マイバイクをゲット。自転車嫌いのはずのノリ、自転車ライフを満喫!

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「のりりん」第5巻です。
講談社さんのイブニングKCより刊行、イブニングにて連載されています。

作者は鬼頭莫宏先生。
今までの本作は「鬼頭莫宏」のテーマにてまとめておりますので、ご一緒にご覧ください。

さて、ひょんなことから知り合った老松と言う男から希少なフレームを購入することになったノリ。
すべては650ccという一般的でないロードに乗るために様々な苦労をしてようやく手に入れたこのフレームを、ノリは自分の手で組み立てることになったのですが……?

あーでもないこーでもないと試行錯誤しながら、リンとともに自転車を組み立てていくノリ。
リンのお母さんのサポートもあって、組み立て自体は大きなトラブルもなく終わりました。
問題はその最中に話題に上ったあること。
リンが興味津々なのは、ノリが自転車乗りが嫌いなである理由です。
自転車のことをわりとよく知っているのにもかかわらず、嫌っている感じが不思議でならないと言うのです。
どうやらそれはノリの「女の子を取り合って勝負した」と言う過去にあるらしいのですが……?
当然そんなあまり思い出したくない過去の出来事を話したくはないと言うのは頷けるもの。
それでも食い下がってくるリンに対し、ノリが取った反撃手段は「かわりにリンが好きだと言う人を教えろ」と言うものだったのです!
画像

多感な青春時代を送る少女にとって、その質問はなかなか答えづらいもの!
それでもノリの自転車嫌いの理由が知りたかったのでしょう。
リンは、ロードで自分に追いつけたら教えてやる、そして自分が教えたらノリも教えてくれ、と条件を出すのでした。

無事お手製のマイロードが完成し、なんだかんだとご満悦の様子なノリ。
晴れて(?)免許取り消しの通知も届き、これから最低でも一年間の自転車通勤生活が始まりました。
毎日30キロの通勤はなかなか大変そうですが、ノリはもともと体力があるほうですし、やっぱり結局は自転車の楽しさに目覚めてしまっていまして。
画像

外回りにも自転車で行くのはちょっぴり恥ずかしいものの、体力的な問題はそれほど苦にならないようです!

仕事を終え、自宅に帰り着くノリ。
ところが同居している妹さん、ミムがまだ帰ってきていないようです。
流石に車での通勤とは段違いに疲れているノリは先にお風呂に入り、夕食を先に済ませてしまいました。
そんな部屋の片隅においてあるのは、もう既に愛着の湧いてきた自分の自転車。
ビールのプルタブを開け、片手に持ちながらしげしげと自転車を見つめ、悦に入るのでした。
画像

すこしバランスの悪いのがまたいい、新しい相棒に乾杯。
そう1人呟きながらビールに口をつけようとしたその時、出し抜けにノリの形態が鳴り響きました。
電話の主はドマチ。
トラブルメーカーな面のある彼からの電話に嫌な予感をビンビン感じるノリですが……やはり彼の用件は急なものでした!
今から来い!という!

集合場所はいつもどおり、リンのラーメン屋。
ミムが帰っていなかったのも、そっちに行っていた為のようです。
仕事が終わって一段楽し、一杯引っ掛けていい気分になって眠りにつく。
そんな至福のひと時になるはずが、一転自転車をまた引っ張り出してお出かけしなくてはならないその面倒さに、一口先にビール飲んどきゃ出なくてよかったのにと毒づくノリ。
ようやっとその場たどり着くと、ドマチから出てきたのは
画像

「ツーリングに行くぞ!」と言う、いきなりのお誘いだったのです!!

とはいっても流石に今から行くぞと言うわけではありません。
ミム達は今日お店に在庫のある自転車を注文してきたとのことで、すぐ納車できるとのこと。
これで一同は一応やる気ある全員が自転車も地になったことになるわけで。
そこでちょっと長めのツーリングをやろう!と思い立ったのだそうです。
ドマチは50キロで行こう!とドヤ顔で宣言するのですが、それはノリが普通に今日走ったくらいの距離なわけで。
負けず嫌いなところもあるドマチは100キロにするか!とレートアップしようとするのですが……初心者揃いなツーリングでそれはちょっと大変でしょう。
そしてツーリングに一番必要なのは何よりも経験者だろう、と言うことで、等々力まで同行することになりました。
ですがそうなると、バリバリの経験者とずぶの素人が同行することになります。
それってみんなが楽しめるのか?と不安になる一同ですが、そこに現われた老松が言うのです。
画像

それぞれが脚力に応じて満足できるやり方がある、と!

と言うわけで、ノリが本格的に自転車乗りになりはじめた今巻。
ツーリングなんかもするわけで、ますますもってロードをエンジョイするのです!
ですが等々力や老松、リンなんかがいるとは言っても、それと同じくらいの人数初心者がいるわけで。
ドマチもアレですから、何かトラブルが起きることは間違いないでしょう!!
そして気になるのはリンの想い人。
リンのお母さんの行動などから、なんとなくリンの想い人はあんまり好ましくない存在のような想像が出来まして。
ノリの自転車嫌いと絡んでくるのかはまだわかりませんが、このあたりがもう少し後のお話の鍵になることは間違いなさそうです!
さらにもう一つ気になるのはカラモモ。
なにやら今回のツーリングにも誘ったものの、メールの返信が来なかったそうで……
何か独自の動きをしているならまだいいのですが、ここで鬼頭先生の「らしさ」画でないかちょっぴり心配なのは俺だけでしょうか!!
ともかくこのあたりの同行にも気を配っていかなければいけなそうです!!

大人のためのロード漫画、「のりりん」第5巻は全国書店にて発売中です!
今巻も自転車の薀蓄満載の本作。
ノリも自転車を乗るのにノリノリになってきましたが、トラブルのかおりもちらほら……
次巻以降にも目が放せませんね!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


のりりん(5) (イブニングKC)
講談社
2012-07-23
鬼頭 莫宏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by のりりん(5) (イブニングKC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「グラゼニ」第6巻 凡田にとっての最大の大一番、契約更改の日がやって来た!!

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「グラゼニ」第6巻です。
講談社さんのモーニングKCより刊行、モーニングにて連載されています。

作者は原作が森高夕次先生、漫画がアダチケイジ先生。
本作は、森高先生の本人執筆時のペンネームである「コージィ城倉」のテーマにてまとめております。
よろしければそちらも併せてご覧くださいませ。

さて、 年俸1800万円の中継ぎ投手、凡田が選手生命やその後の暮らしなんかに不安を抱えながらも奮闘する様を描く本作。
左のサイドスローと言う希少な特徴を持つ凡田ですが、そんな彼にはもう一つのかわった特徴がありました。
それはプロは金を稼いでナンボと言う持論から来る、全球団一軍選手の年俸を把握していると言うもの!
彼がそこまで年俸に執着していると言うことは、彼にとってある意味一番大きなイベントは当然アレになるわけで……
今巻でとうとうそのときがやってくるのです!!

スター選手が大勢の報道陣の前に座り、数字を尋ねられる。
厳密な数字ははっきりと答えられることはなく、だいたいこのあたりだろうとあたりをつける……
そう、これは契約更改直後の恒例の風景です。
スター選手の年俸は誰もが気になるところ。
記者の小刻みな質問と、スター選手の対応で推定年俸を割り出す。
こうやって報道される各選手の年俸が決まっていくわけです。

華々しく報道されるスター選手以外ももちろん契約更改は行っているわけで。
凡田とアキラ、ユキオの中堅どころ三人組もその日が間近となっていました。
三人の中で更改の日が一番近いのはユキオ。
今年の年俸は2000万円とそこそこですが、今年はチームからレギュラーを期待され、135試合に出場。
打率は2割7分9厘、打点53、ホームランも10本となかなかの活躍を見せました。
本人は6番が多かったのにすこし物足りないかな?と不安げですが、アキラは充分年俸の上がる成績だと太鼓判。
3700万は行くだろう、いや、今年はチームが優勝してるから3800万だなと高評価を断言するのでした。
ですがそこに異論を唱えたのは凡田。
いや、高評価と言う点では同意しているのですが……凡田は3900万だと細かな値段まで言い切るのです。
画像

本来4000万円でもおかしくない成績だが、4000万円になると「倍増」と言う計算になってしまう。
だから倍の一歩手前で切ってくるだろう、と。
自他共に認める年俸マニアである凡田。
その読みはかなり信憑性を感じられますが……
翌日、更改を終えたユキオに提示された金額はズバリ「3900万」!!
流石は凡田、と言うほかない予想だったのでした!!

で、その晩今度は凡田とアキラがサシで飲んでいます。
もちろん話題に上るのは明日に迫ったアキラの契約更改。
間近に迫ったリアルな問題に、アキラの表情は浮かばないものになっておりまして。
何せ彼の今シーズンの成績は、3勝4敗、防御率4.45。
登板数は先発が15でリリーフは1……と振るわないものなのですから。
ローテーションからも何回か外されてしまっており、年俸ダウンは確実だと落ち込んでいるのです。
ですが凡田は平然と「年俸ダウンはない」とつげ、オマケに現状維持か、ちょっとだけ上積みがあるはずだとこれまた断言するのです!
画像

凡田によれば、15試合先発していると言うのは充分多い数字で、その先発した試合はアキラに勝ち星さえつかなかったものの、試合の勝率自体はよかったとか。
チームも優勝しているわけですし、絶大な効果かそれなりの効果かは置いておきまして、優勝に貢献したことは間違いありません。
凡田がここまで言うんだから、とちょっとだけ落ち着いてアキラは更改に挑むのでした。

するとどうでしょう。
金額は3650万を提示され、その後公開中のやり取りで(凡田が言うにはちょっとした演出のための小芝居だそうですが)3700万円にアップして契約が結ばれたのです!!
喜びはしゃぐアキラですが、凡田はあくまで冷静。
アキラは本来4~5000万円もらってもおかしくない投手だが、運悪く数字のつき方がよくないほうに傾いているために3000万円台に据え置かれたのだ、と。

そしてついに凡田の出番です。
ですが凡田は、自分の契約金額はある選手の契約で左右されると言うのです。
その選手は、今年38の大ベテラン投手の契約。
最高で2億3000万の高額年俸に達したその大ベテラン、川崎はここ数年は数勝するのが誠意パイな感じの成績に落ち着き、年俸6000万円にまで落ちてしまっています。
いうなれば首切り目前と言ってもいいその川崎が球団に求めたのは、なんと複数年契約!!
一年あたりの金額は相当低く提示してはいるらしいのですが、不惑間近の成績が振るわない投手を数年間契約するのは球団としてもリスクが大きすぎるのです。
当然球団は丹念契約を求めているわけですが、川崎はなかなか受け入れません。
一体なぜそこまでして現役にこだわるのでしょうか?
その理由は、凡田たち自身が、偶然ランニング中であった川崎本人から聞くことになるのです!!

川崎の口から語られたのは、「200勝したい」と言う言葉でした。
画像

45までやれば200勝出来る!と語る川崎。
計算上、今シーズン150勝に到達したところの川崎が45までやったとして、200勝をするには一年当たり7~8勝といった勘定です。
確かに川崎の体は初老間近とは思えない柔軟さと力強さ、タフさを持っており、凡田も「その体なら出来る気がする、そうなれば引退時には年俸1億に復帰してるでしょうね」と賞するのでした。
……ですがそれは当然、大先輩へのお世辞に他なりません。
画像

凡田の冷静な分析では、川崎の求める3年契約は絶対無理、2年に譲ったとしても難しいと言う計算がはじき出されました。
結果として、川崎の契約はちょっと予想外の形に落ち着くのですが……
その契約の如何が凡田の契約金額に関係してくると言うのはどういうことなのでしょうか!?
画像

年俸マニアの凡田が挑む、ひょっとしたら一年の中で最大の大一番。
マウンドに立っているときとは別人のような、冷徹な策士の顔を見せる凡田が繰り出す、必殺のイッテが疲労されることになるのです!!

というわけで、凡田が契約更改に挑む今巻。
今まで様々なプロ野球漫画がありましたが、契約更改の、それも数千万円レベルの選手のやり取りだけで70ページ以上使ったことがあるでしょうか!!……多分ないと思うんですが……!
何せ凡田にとっては年俸関係の知識と駆け引きこそがフィールドと言っていいわけで。
今までにない、強気な凡田が垣間見れるのです!!
そしてこの他、気になるトクさんの仕事風景や、大物ルーキー「二人」に焦点を当てたお話、そして過去編も収録!
今巻も読み応え満天です!!

ついに契約更改の時が来た、「グラゼニ」第6巻は全国書店にて好評発売中です!!
今までにない切り口でやってきた本作もすっかり定着してきました。
それでも他の野球漫画が描かない、野球にまつわるアレコレの種はまだまだ尽きることはなさそうですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


グラゼニ(6) (モーニング KC)
講談社
2012-07-23
アダチ ケイジ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グラゼニ(6) (モーニング KC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「magico」第6巻 絶大な魔力と無慈悲な心を持つファウスト。絶体絶命のピンチに、シオンは!?

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「magico(マジコ)」第6巻です。
集英社さんのジャンプ・コミックスより刊行されました。

作者は岩本直輝先生。
今までの本作は、「magico」のテーマで紹介をまとめておりますので、あわせてご覧ください。

さて、ベストカップルコンテストもいよいよ決勝。
ですがそんな中、出場選手たちに変装したファウストとアインが混ざっており、勝ち残っていたシオン組、ヨシュア組、ジュウベエ組の3組VSファウスト組と言う様相になってきました。
ですがファウストは、生きているものを死者で挟み込むと死者に代わり、逆に生きているものが死者を挟むと生き返る……という、人間オセロのような戦いを挑み、数の劣勢を一切感じさせないのです!!

ファウストが 手駒として放つ死者。
それも実はファウストの魔力によって無理矢理死者に帰られてしまっている罪もない人です。
と言うことは、強引に破壊してしまうと言うチカラ押しは出来ません。
ですが、この場に立っている者はいずれも実力者。
容赦なく放たれる攻撃を、難なく受け流し、受け止めるのです!

シオン達の活躍により、ファウストの手駒をほとんど挟み込み、盤上に残っている死者は二つ残すのみとなっています。
こうなればファウストはもう一発たりとも無駄撃ち不能。
もはや勝負ありかとも思われましたが、ファウストは余裕の表情をくずしません。
生者が死者に挟み込まれると死者になってしまい、そうなると死体兵としてファウストの意のままに動かされてしまう。
……そう思っていたのは、間違いだったのです!
この魔法にかかっている限り、生者の姿に戻ってもファウストの思いのままに操られてしまう……!!
助けたと思っていた、一般の人たちに組み付かれ、動きを完全に封じ込められてしまったのです!!
画像

こうなれば弾は2発で十分!
ファウストは大逆転の攻撃を放ちます!!
ですがシオンがその攻撃を甘んじて受けるわけがありません。
箒を操り、組み伏せられて動きを封じられているジュウベエ、アヤメ、ロゼを空中に持ち上げて回避したのです!!
画像

しかしファウストの魔力はさすがのものでして、なんとその生者を死者にする力は対象が箒でも発動すると言う恐ろしいもの!!
画像

箒は瞬く間に骨片へと変わり、再び三人は無防備な状態になってしまったのですした!!
が、シオンもまた次なる一手を打ちます。
すばやくエマを抱え上げ、2発の弾の片方へ突進!
この一発を挟み込んで生者に変えてしまえば、もう相手が挟み込むことは不可能になる、と言う作戦です!!
ところがここで動いたのはアインでした。
シオンとエマを、死者の弾ごと押さえ込み……自分もろともに一気に死者にさせてしまおうとしたのです!!
画像

なす術なく挟み込まれてしまうシオン達!
ここで死者にされてしまえば、残っているのは片足に大ダメージをおい、立ち上がることすら困難な状態になっているヨシュアのみ。
敗北は時間の問題と言えるでしょう。
そこで意地を見せたのはそのヨシュアです。
武器である銃を放ち、その反動で突進!
組み伏せられていたシオンにぶつかり、ビリヤードのようにはじき出すことに成功したのでした!!

ヨシュアの機転によって救い出されたシオン。
ですが状況は絶望的です。
あれだけいた心強い仲間達はすべて死者になってしまいました。
つまり、生者の数は1人。
ひっくり返すには絶対に駒が2枚いるオセロのルール上、逆転は絶対に不可能ではありませんか!
ここでファウストは、ここぞとばかりに優しい言葉をかけ始めます。
弱虫で怖がりな、オレの大好きなシオンにもどれ。
しかしシオンはここでもまったく引きません。
まったく気力が衰えていないどころか、より一層魔力を滾らせ……
画像

白一枚からの大逆転をみせてやると大見得を切ったのでした!!

シオンがここで繰り出した切り札は、「思い出の掃討」なる強大な魔法。
シオンの周りに様々な箒が現れ、そのすべてから絶大な魔力が感じられます!
これだけの凄い手をもっていながら、なぜシオンは使わなかったのでしょう?
……この魔法には、大きな代償がいるのです。
発動と引き換えに失われるのは、「幸せな思い出」。
エマやルーと出会い、笑ったこと、楽しかったこと、ドキドキしたこと……
そんなシオンの人生では貴重とも言える、幸せな記憶がいくつか失われてしまうのです!!
ですが、エマたちとであった今のシオンはためらいません。
思い出なんてどうだっていい。
画像

これからいくらだって作っていけばいいんだ。
シオンは辛いはずの決断を、溢れる希望で補って下します。
ですが相手は強敵ファウスト、そして逆転の鍵となるはずの生者のコマはシオンただ1人。
果たしてこの窮地を逃れることが出来るのでしょうか!

というわけで、ベストカップルコンテストも佳境の今巻。
長かったこの戦いも決着!
そして、シオンとファウストの戦いも決着を迎える事になるのです!!
因縁深き兄弟の戦いは、どんな結末を迎えるのでしょうか!?
そして物語は新シリーズへ。
今までは敵意の大小の違いなどはあるものの、基本的にはシオン達が求めるものを同じく求める「敵」との戦いが繰り広げられてきました。
ですが新シリーズの鍵を握るキーマンは、明確に「味方」!
それでいて、シオンがこの世界で最も求めているものを奪い合うことになるのです!!
新シリーズからも目が放せません!!

長期にわたるベストカップルコンテストが決着を迎える、「magico」第6巻は全国書店にて発売中です!!
素晴らしい盛り上がりを見せる決着戦を収録した今巻。
白熱の戦いに手に汗握ること間違い無しですよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


magico 6 (ジャンプコミックス)
集英社
2012-06-04
岩本 直輝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by magico 6 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「ツバキ」第2巻 忌わしき因習伝わる村。陰湿な空気が、鬼を産みだす……

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ツバキ」第2巻です。
講談社さんのシリウスKCより刊行、ネメシスにて連載されています。

作者は押切蓮介先生。
本作の紹介は「押切蓮介」のテーマにてまとめておりますので、あわせてご覧ください。

さて、ただ一丁の猟銃を携えて旅を続ける少女、ツバキの物語を描く本作。
その旅の中、彼女は自然の怒りや人間の醜さに直面していきます。
今回はその中でも、特に陰惨な事件に遭遇することになるのです。

切絵の里。
ある姉弟の運命は、家族の不幸のためにこの山深い村に越してきたことにより、大きく歪んでしまうことになるのです。
この村に古くから伝わり、今なお引き続いている因習……「夜這い」。
美しい姉、舞は村の男達から引っ張りだこ。
何を思うのか、姉は夜な夜な尋ねてくる村の若い衆に体を開くのでした……
画像


毎夜のように村に溶け込んでいく姉の姿。
その行為から目を放すことが出来ず、弟の丑男はただただ出歯亀を働くばかり。
思い余って姉を諌めてみても、姉は覗くなと一喝。
ここで受け入れてもらうためには仕方のないことだと受け流してしまうのでした。

美しい姉を半ば神聖視していた丑男は、山奥の村の男などと姉が関係をしていいわけがない、と口に出せない怒りを感じていました。
その向ける矛先のない怒りは鬱積し……丑男も行為へと走らせるのです。
画像


毎夜のように行われる姉の行為、たまる劣情と、姉へのあてつけも兼ねた丑男の行為も時と場所を問わず行われるようになりました。
ですがその丑男の欲望は、あまりにも度が過ぎてしまったようで。
丑男を巡る女同士のいざこざから発展し、丑男のよくないうわさが村中に広まってしまい……
丑男がありもしない不治の病を持っている男だとみなされ、誰一人として相手されなくなってしまったのです。

より丑男の体にモヤモヤとしたやり場のない思いがたまっていくある日。
とうとう丑男はガマンできなくなり、行為にふける姉と村の男の現場に押し入ってこの村は不潔だ、と思いの丈をぶちまけてしまいます。
ですがそこで返って来たのは、驚くべき事実を明かす村の男の話でした。
そもそも舞が男達に体を許したのは、丑男のためである、と。
もともとよそ者を受け入れる気などなかった村の者、特に愛想もないくせに村の女から人気があった丑男が憎くて仕方がなかったのだそうです。
そこで舞が体を許すことで、丑男に対する村のよくない感情をこらえてもらった……
画像

それだけ言うと、再び舞に襲い掛かり始める村の男。
丑男は噴火寸前の憤りを感じるのですが……ここでそれを爆発させれば、姉が、この村でただ1人心から自分達を受け入れてくれた祖母に迷惑がかかる。
何より……自分がどんな目にあうかわからない……
そんな打算が、凶行を押しとめたのです。

そこへやってきたツバキ。
山で怪我をして難儀してしまっていた丑男たちの祖母を助けたことがきっかけで、しばらくこの村で厄介に鳴子とになりました。
当然そうなると、見目麗しいツバキも男達の劣情に晒されることになります。
真っ先にその手を伸ばしたのは……丑男。
ですがツバキはそうやすやすと乱暴を許すようなタマではありません!
逆に丑男を組み伏せ、猛りがおさまったなら寝ろ、女に相手がされたかったらおのれを磨けと諭されてしまうのでした。
画像


ツバキによって惨めな思いに晒された丑男。
そのことによって、また一つ丑男の歯車は狂っていたのです。
翌日目撃した、村の男達がツバキに言い寄り、いいように返り討ちにあっていた姿。
今まで散々ちやほやしてきたくせ、今は石を投げて卑下の言葉を投げかける女達。
自分を慕うようなふりをみせていた、隣に住む男が姉にのしかかる姿。
その全てが、丑男の心を蝕み……
ついにその身に鬼を宿すことになったのです!!
猟銃を一丁、日本刀と短刀を一振りずつ、そして頭には懐中電灯を二本縛りつけ……
画像

……惨劇は、始まります……

というわけで、凄まじい惨劇を描く今巻。
今までツバキが遭遇した事件の中でも最も規模の大きい、そして霊的な要因の最も少ないものとなるのです。
ただただ振り回される人間の怒り。
鬼を撃つ存在であるツバキは、人の身でありながら鬼となった丑男をとめることが出来るのでしょうか?
運命は残酷に降りかかるのです!
このあまりにも惨く、汚れた事件を体験したツバキに、さらに降りかかる予想外の出来事。
1人旅を続けるツバキは、その心に何を思い描くのでしょうか……?

おぞましき事件を描く、「ツバキ」第2巻は全国書店にて発売中です。
人間の汚さをありありと描く本作。
昨今の押切先生の作品を見ていますと、どうやら最近はこっち方面へのチャレンジに挑戦しているようですね!!
今後のツバキの、物語の動向が気になります!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ツバキ(2) (シリウスKC)
講談社
2012-07-09
押切 蓮介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ツバキ(2) (シリウスKC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



記事検索
アーカイブ
カテゴリー
出不精のデブです。
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ