3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

2012年10月

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「NIGHTMARE MAKER(ナイトメア・メーカー)」第6巻です。
秋田書店さんのヤングチャンピオンコミックス烈より刊行されました、

作者はCuvie先生。
本作の紹介は「Cuvie」のテーマにてまとめておりますので、あわせてご覧ください。

さて、灯明の家庭の問題が解決して本作のきっかけともいえるトラブルが解消された前巻。
おかげで灯明は内田の好意を受け入れて、前向きになってくれてはいますが、今は学校がおおわらわ。
二人の恋が実るのはまだ先のことのようですが……時間の問題でしょう!
ですが一方では渡会が襲われてしまい、世界を壊してしまおうと内田に持ちかけるのです。
当然断ると思われた内田ですが、その提案を受け入れました。
機械を壊す前にみんなに飛び切りの夢を見せる。
そう言って機械を渡した一同にいっせいに夢を見せたのですが、その夢はなんだか様子が変で……?

途中までは、以前と同じようないい夢でした。
ところがその夢は途中からぶち壊しになってしまうのです。
幸せから一転、どん底に叩き落される。
そんな悪夢へと様変わりしてしまうのです!
もちろんこれは内田の想定でした。
幸せの絶頂から、ふとしたことでどん底に落ちてしまう。
そんな想像をしたことがあるはずだ。
単に悪い夢を見せるだけではなく、そう匂わせることによって被害者のみんなに自主的に機械を捨てさせるように仕向けたのです!!
画像


そんな真実を知ってたまらないのは渡会です。
自分を騙すなら最後まで騙しきれと当り散らしたかと思うと、今度は崩れ落ちて泣き出してしまうのです。
そんな彼女を保健室に連れて行きたいところですが、自分を裏切った内田のことを汚らわしいとこばみ、そうも行きません。
そして何より問題なのは、みんなが装置の使用をやめているにもかかわらず1人だけ使い続けている茅野先生。
彼女が見つづけている、男子生徒たちに集団で乱暴される(合意の上で”)と言う夢が、内田の、関係した生徒達の見ているモニターに映し出されているのです!!
このままでは茅野先生はヤバイ。
いや、もう現実世界でも十二分に一線を踏み越えてしまっているわけで、手遅れといえば手遅れなんですが……
内田はそれでも自分に責任のあることだから、と保健室へと駆けていったのです!
それを慌てて追う灯明。
その様子を見た渡会は、灯明に言います。
先ほどから必死に灯明がアピールしても、内田は真剣に受け取ってくれなかった。
そんな男を追いかけるのか?と。
つい先ほど、渡会が内田を好きと言うより、自分の願望をかなえたいだけのように見える、だから自分は渡会より内田のことが好きだ、とはっきり言い切ったと言うことがありました。
今までさんざっぱら振られ続けていた内田は素直に受け取ることが出来ずにはぐらかしてしまったのですが、そのことも灯明はわかっていました。
今まで内田にそっけなくしてきてしまったんだから仕方ない。
だから挽回したい、内田が私の告白を信じてくれるまで、何度でも好きだと言う。
画像

マシンなんかつわなくても私を夢に見るように!!
完全に自分との差を見せ付けられてしまった渡会は、内田のことは買い被っていただけだ、もうどうでもいい……そう心の中で毒づきながらも、内田の笑顔を想い
画像

涙を頬に伝わせるのでした。

茅野先生の件は、穏便に……とまではいかないものの、とりあえず解決します。
そのころ取り残された形になる渡会に、残された女子が話しかけてきました。
大丈夫?もしかして内田のことが好きだった?と。
最初は適当にあしらっていた渡会ですが、その女生徒たちの話からどうやら夢見マシン騒動はすべて灯明の為に内田語おこしたものだと言うことを知ります。
内田は自分と似た、自分の大事なもの意外には冷淡になれる人物だ、だから惹かれたんだ。
そう思い込む彼女は、内田は自分のいやなものに蓋をして、自分はみんなのそれを引きずり出したくせに、と考えてイライラしてくるのです。
そして彼女は、内田に利用された渡会と言う構図と思い込んでいる生徒たちに協力を願い出るのです。
いつも冷静で、傍から見ると今回のことも他人事のようなそぶりをしている、ように見える内田に彼らも思い含むところがありまして。
彼女の申し出を受けるのでした。

内田が部屋に戻ってきた瞬間、彼らに頭を叩かれて意識を失ってしまいます。
そして夢見マシンを取り付けられてしまいました。
夢の中では、ひたすらにやさしい灯明が裸のまま内田を抱き寄せて、ここでじっと一緒にいようと誘ってくるのです!
画像

さらにその夢を、渡会が全校中に放送し……!!
無事夢見装置を壊させたと思った矢先のこの出来事。
果たして内田はどうなってしまうのでしょうか!?
長かったパニックも、とうとう決着です!!

と言うわけで、いよいよ完結となった本作。
思わぬ大事件になってしまった夢見マシン騒動ですが、物語はきっちりと終息。
最後の最後まで二転三転し、読者を楽しませてくれました!!
悲惨な最後が待っているんじゃないかとおもわれるキャラも何人かいましたが……とりあえずそんなに悲惨にはならないので、渡会さんファンの方あたりはご安心ください!!
そして本作のもう一つの目玉であるエロスな要素ももちろんたっぷり。
茅野先生、最終巻まで体張ってくれておりますよ!!

とうとう完結となる、「NIGHTMARE MAKER(ナイトメア・メーカー)」最終第6巻は全国書店にて発売中です!!
エロスとドラマを両立した本作。
話的にも、あっち的な意味でも満足できますよ!!
さぁ。本屋さんに急ぎましょう!!


NIGHTMARE MAKER 6 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
秋田書店
2012-10-19
Cuvie

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NIGHTMARE MAKER 6 (ヤングチャンピオン烈コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「つきロボ」第2巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラより刊行、ウルトラジャンプにて連載されています。

作者は中平正彦先生。
本作第1巻は「中平正彦」のテーマで紹介記事にリンクしていますので、 よろしければ併せてご覧ください。

さて、愛してやまないアニメの主人公ロボ、「グラドゥルス」の実物大ロボの存在を知ったつきひ。
友人であり、月で行われる機械によるビーチフラッグのような競技、「ルナホッパー」の相棒でもあるるねや、そのチームの仲間であるカントク、ポン太たちと協力してある計画を実行に移します。
その未完成のまま放置されている実物大グラドゥルスを、完成させて動かす!!
その途方もない目的に向かって、つきひたちはゆっくりと猛ダッシュするのでした!!

そんなつきひに、グラドゥルス修理の実際の作業を実質1人で行っているポン太が声をかけてきました。
困ったことになった、と言う言葉とともに差し出したのは、一本のボルト。
頭の部分にほど近いところから、見事にぼっきりと折れてしまっています。
急にそれを見せられてもピンと来ないつきひ。
なにやら話し込んでいるとるねもやってきたところで、ポン太は衝撃の発表を始めたのです。
このボルトはグラドゥルスに使われているもの。
経年劣化しているので、全部交換しなければならない。
あの巨大なグラドゥルスに使われているわけですから、その本数は相当なものでしょう。
それを交換するには当然膨大な手間がかかるわけですが、今つきひたちはある都合で外にでることができないのです。
果たしてどうしたもんかと思案したいところですが、実際の問題はそんな手間だけで済むような生易しいものではなかったのです。
そのボルト、一つあたりのお値段。
巨大ロボットのものごっつい重量を支える必要のあるボルトですから、当然高硬度の特別なものな訳で……
一本で実につきひのお小遣い半年分に相当するものだったのです……!!

そこでポン太が考えた代謝案です。
グラドゥルスの全身あちこちから使えそうなボルトをピックアップし、その全てを使用。
そスすれば右腕一本くらいは何とかなると思われるので、そこでグラドゥルスのレストアを終了とする、と言うものでした。
ですがそれを聞いてもつきひの心は折れません。
画像

彼女曰く、「ボルトが折れてもあたしの心は折れたりしない!」んだそうで。
ボルトの件は任せて、とポン太に見得を切って去っていったのです!!
ここまで自身があると言うことは、何か策があるのでしょう。
一応つきひもそこは考えているようで、「得意分野を活かす」とのこと。
ですがその得意分野とは、
画像

つきひの「ツインテール」、るねの「黒髪ロング」、すっかり巻き込まれたあまねの「お嬢様」、おなじくみさきの「メガネっ娘」……
この「隙のない布陣」の色香によってボルトを値切り、あわよくばタダにしようと言う「萌え殺し大作戦」と言うアレ極まりないものだったのです……!!

るね以外はわりとノリノリで挑むことになった萌え殺し大作戦。
勢い良くボルトを都合してくれるノートン精工へと乗り込みます。
が、入っていきなり思いもよらない障害にぶち当たってしまいました。
画像

責任者が、お胸の豊かな18歳の少女だったのです!!
色々想定外の事態に計画を練り直さざるを得ないつきひですが、意外に事態はいいほうに転がって行きます。
グラドゥルスに使われていたボルトの何割かは彼女、カーリアの亡くなったおじいさんが作ったとか。
そのころはマシニングセンタ的な機械でパーツを作っていたのではなく、人の手による旋盤の操作、いわゆる職人の技で作っていた……と言うような話につきひがグイグイと食いつき、話が弾んで一気に打ち解けることが出来たのです。
カーリアが砕けたボルトを見ながら語ってくれた、おじいちゃんはどんな想いでこのボルトを作ったのだろうかと言う言葉。
つきひは自身をもって、グラドゥルスに対する熱き想いかと!と答えます。
なんだかハートフルな空気に包まれ、つきひの頭の中からはすっかりボルトに関しての交渉なんて消え去ってしまっていまして。
こりゃもうダメだと思い立ったあまねとみさきは
画像

もう駆け引き無しのストレートに「タダにしてください!!」と切り出しやがったのでした!!

流石にただは無理でしたが、カーリアは出来るだけ安くしてあげると約束してくれました。
とりあえず天地がひっくり返っても手が届かない、と言う金額ではなくなったものの、それでもお金は必要です。
そんな時、ふとしたことから思い出されたカントクの存在。
計画性も何にもない行き当たりバッタリな彼ですが、そもそもグラドゥルスを動かそうと最初に言い出したのは彼なわけで。
曲がりなりにも大人であるカントクが、お金のことを一切考えていないとは考えられない、ハズ!
早速連絡をとってみると、一応考えていたようで。
「得意分野を活かす」作戦を!!
もちろん燃え殺し大作戦じゃあありません。
カントクがはっきりと断言できるつきひとるねの得意分野と言ったらアレしかないじゃありませんか。
そう、ルナホッパーです!!

このルナホッパー、参加側だったつきひとるねは知りませんでしたが、賭けの対象になっています。
要するに自分のチームに賭けて、勝ち星を重ねていく……
バクチといえば聞こえは悪いですが、実際一気にお金を稼ぐとなったら他に現実的な策と言うのは考えづらいでしょう。
そんな状況で行われた試合の相手は、なんと前年優勝のチーム!
タダでさえ強いであろう前年優勝チームですが、その上反則スレスレのズルい戦法でヒール道を突き進む厄介過ぎるチームです。
こりゃ勝ち目はないねと諦めモードに入るつきひですが、カントクはしれっとこんなことを言うのです。
勝ってくれなきゃ困るって。
画像

有り金全部我がチームの勝利に突っ込んでるんだからよ!!
……いきなりの崖っぷちをむかえたつきひ。
あぶく銭を手に入れてボルト購入を果たせるのでしょうか?
はたまた監督の全財産は泡と消えてしまうのでしょうか!?

と言うわけで、いきなりのトラブルに見舞われた本作。
ボルト代、というシビアすぎる現実を突きつけられてしまったのです……
SF世界でも金がなくては始まらない!!世知辛いもんです!!!
ですがそこでもただしょげないのがつきひのいいところ。
グラドゥルスよろしく、よく言えば熱血で乗り切って行ってくれるのです!
グラドゥルスのレストアが最大の肝となる本作ですが、つきひのまわりの人物のドラマも見逃せません。
月生まれのつきひとるねはいいのですが、あまねとミサキには月に滞在できる期間が決められていまして。
刻々と迫ってくる別れを前に、彼女達がどんな行動にでるのかに注目したいところ。
さらに今巻で登場したカーリアにも胸と気風のよさ以外の見所が用意。
彼女の言葉が、ポン太をある行動に踏み切らせることになります!
このあたりがこれからしばらく物語の主成分となって行きそう。
彼女達の動向が楽しみですね!!
もちろんグラドゥルスレストアもすこしずつ進んで行きます。
今巻で早くも……!?

ロボットレストアSFコメディ、「つきロボ」第2巻は全国書店にて発売中です!!
文字通り「動き」が見られる今巻。
中平先生作品にはちょこちょこ見られる、SF薀蓄描き下ろしオマケも健在ですよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


つきロボ 2 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
集英社
2012-10-19
中平 正彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by つきロボ 2 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「新装版ディスコミュニケーション 冥界編」第1巻です。
講談社さんのアフタヌーンKCより刊行、アフタヌーンにて連載されています。

作者は植芝理一先生。
植芝先生が現在連載中の「謎の彼女X」の紹介は、「植芝理一」のテーマで記事をまとめておりますので、よろしければご参照くださいませ。

さて、本作は植芝先生の処女作にしてモーニングコミックオープン大賞受賞作、初連載作品でもある「ディスコミュニケーション」を新装刊行したものです。
この新装版第1巻に収録されているのは第16話までとなっていまして、これは旧版の単行本で言いますと第3巻の半分ほどまでとなっています。
いまでは「夢使い」「謎の彼女X」と相次いでアニメ化し、特にその後者は好評を博してある程度一般的になってきた植え芝先生。
そんな今でもたんなる萌えに終わらず、涎をなめあうといった奇妙な味付けをしたことで良くも悪くも「変」な作品を描くイメージがあるとは思いますが、このデビュー作では更に上を行く、そして一捻りも二捻りもされた「変」がたのしめるのです!!

お昼休み。
仲良しの女子四人組の話題は、もっぱら恋愛に関してです。
そんな中でも今一番ホットな話題といいますと、四人の中の一人である眼鏡の少女、戸川の交際です。
戸川が最近付き合いだしたのは、松笛と言う男子。
その松笛、かなりミステリアスな少年でして……
友達もあまりいないようですし、学校にもあまり来ない。
来たと思えばいつも1人でボーっと外を眺めている、と言う、なんと言いますか、謎ばかりの存在なのです。

そんな松笛は、町外れの空きビルに一人で住んでいます。
その日の放課後、戸川は松笛宅を訪ねることにしました。
今日も学校をサボったわね、と怒りながら中に入っていくと、怪しげな小物でビッチリと壁を覆い、床にもさまざまな雑多なものが散乱している部屋の真ん中に彼はいました。
もう学校も終わっている時間だと言うのに、のん気におはようと返す松笛。
何でもプログラムを売っていたら徹夜してしまったんだそうで、今も戸川に目もくれずキーボードを叩いています。
やっと戸川のほうを向いたかと思えば、足元を指してそのお札を踏むと祟るよ、となんだか恐ろしい注意を促す言葉をかけてきまして。
もう既にこの時点で得体の知れなさが窺えると言うものですが、さらに松笛が戸川にしてきた「お願い」というのはまた謎過ぎるものだったのです。
画像

「お前の涙ってどんな味がするのかな」「涙 飲ませてくんない?」。
普通なら突飛すぎて引いてしまうそのお願いですが……戸川はこういった「お願い」にはもう慣れっこになってしまっているようで。
たまねぎも用意しておいたと言う松笛にそんなの要らないとことわり、目を閉じたかと思うとすっと涙をこぼし、
画像

それを松笛が飲むのでした。

過去の松笛の妙なお願いは、「笑い声が聞きたい」はら一時間以上足の裏をくすぐられて見たりと、こんな程度では終わらないものも多くありました。
でもそんな松笛の変な接し方も、戸川はけっこう好きだったりするんですが。
○部絵はせっかく飲ませてもらった涙に、変な味だと文句タラタラ。
かと思えば、涙を飲ませるために眼鏡を外した戸川を、メガネ外すと結構カワイイ、コンタクトにすればいいといってみたりします。
戸川はそんなふうに簡単にかわいいといわれるのが好きじゃない、と却下しながらメガネをかけました。
松笛はその答えを聞き、そういう頑固なところがまたかわいいぜ!と笑いながら戸川のほっぺたを引っ張るのでした。

戸川はなぜ松笛を好きになったのでしょうか?
その理由は謎の一言に尽きますが、きっかけだけはハッキリしています。
忘れ物を取りに戻った放課後の教室。
そこで、1人外を眺める松笛を見て、突然好きになってしまったのです。
その想いは抑えきれず、後日松笛に告白する戸川。
その時初めて戸川は松笛の変なところを知ることになりました。
好きだと告白した後、かえって来たのは「おれの家に来いよ」と言ういきなりのお誘いでした。
ちょっぴり警戒しながらついていくと、通されたのは寝室でした。
告白したその日に突然……?!
こんなつもりで来たんじゃない、と震える声で抵抗の意思をあらわす戸川に、松笛はと言うとかみそりを持ち出して走りよってくるではないですか!!
ですがその後に松笛が言った言葉は予想外にもほどがあるものだったのです。
画像

「襟足剃らせてくれない?」

それ以来、二人は付き合い始めました。
髪の毛をいじれたり、耳掃除されたり、ただ一緒に並んで眠ってみたりと、妙なことはするくせに、松笛はそれ以外の恋人らしいことは一切注文してきません。
それこそ、恋人同士ならば普通にするであろうキスですら!
松笛には性欲がないのだろうか?
そんな疑問の他にも、謎はあります。
松笛の部屋には妙な宗教的なオブジェが山ほどあるのですが、それは単なるコレクションとのこと。
それなのに松笛はたまにあらぬ方向を見つめることがあり、そのときは必ずその方向にある物や天井なんかがすごい音できしんだり揺れたりするのです。
松笛には見えないものが見えているのかもしれない。
あのオブジェはそれに何か関係あるのかもしれない……
そんなことを考えながらも、二人は付き合い続けます。
今日のお願いは、心臓の音が聞きたい、というものでした。
画像

そっと胸に耳を当て、音に聞き入っている松笛。
そんな彼に、戸川は言うのです。
画像

どういうわけか私は松笛くんを好きになっちゃったんだから、謎を解くまでずっと注文を受けていくからね。
松笛くんの謎を解くことは、私自身の謎を解くことでもあるの、と。

どんな女の子も男の子も、その謎を解かなくキャいけない男の子や女の子が必ず一人はいると思う。
だから私が松笛くんを好きになったってことは、私が松笛くんの謎を解かなくきゃいけない人間だと言うことだ。
戸川はそんなことを考えながら、松笛との距離をより縮めていくのです。

というわけで、戸川と松笛の奇妙な恋愛を描いていく本作。
すぐ直接的な行為に走らず、体液を口に入れると言うような「奇妙な恋愛」と言うテーマは「謎の彼女X」に近いといえるかもしれません。
あちらの卜部もはさみ使いや感覚の鋭さに関しては人間離れした能力を持っているといえますが、本作における卜部ポジションの松笛はより人間離れしています!!
本巻の最初のほうでは謎行動こそありますが、わりと普通のお付き合いをしている彼。
ですが今巻の後半部分あたりから様々なアイテムを使い出し、明らかに普通の人ではなくなります。
なんと物語はそのまま、オカルトバトル物へとシフトしていくのです!!
とは言えもちろん植え芝先生らしい味付けは健在。
さらにそのバトル展開もこの「冥界編」に限っての事といっても過言ではありませんは!
とにかく今となってはレアかもしれない植芝先生のバトルが楽しめるのは確か。
未読の「謎の彼女X」から植芝先生ファンになった方は新鮮なのではないでしょうか!?

「謎の彼女X」と共通した部分もある「謎多き恋愛」を描く、「新装版ディスコミュニケーション 冥界編」第1話は全国書店にて発売中です!!
第1巻の諸般がでてから20年経ってからの新装版となる本作。
旧版カバー下本体に描かれていたオマケなども掲載しつつ、初版限定として巻末に旧版の扉絵をカラーで収録!
さらに現在の植芝先生が本作を振り返るコメントや、雑誌掲載時の作者コメントなんかまで詰め込んでありまして、まさに決定版といえてしまうかもしれない充実振りとなっています!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


新装版 ディスコミュニケーション(1)冥界編1 (KCデラックス)
講談社
2012-10-23
植芝 理一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新装版 ディスコミュニケーション(1)冥界編1 (KCデラックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ねじまきカギュー」第7巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックスより刊行、週刊ヤングジャンプにて連載されています。

作者は中山敦支先生。
本作は「中山敦支」のテーマにて紹介記事をまとめておりますので、よろしければそちらもご覧ください。

さて、鉤生、マブルゥ、生徒会の三つ巴の様相となっている本作。
鉤生が修行を行っている中、戦況は急変!
かもが生徒会に拉致されてしまった上、窈が男装(?)し、生徒会に入ると言い出したのです!!

窈はやはりスパイとして生徒会に入っていました。
ですがスパイと言うことを悟らせないため、生徒会には本当の情報を手土産にもって言ったのです。
5時55分に反逆者たちが生徒会室に突入する。
時刻は丁度その時間。
画像

特訓を終えた織筆たち風紀委員+朱羽たちは、生徒会の居城「生徒会タワー」へと突入したのです!!

生徒会室は最上階。
ですが一同は、真っ直ぐに隠し扉を開けて地下へと向かっていきます。
これはもちろん窈の手引き。
5時55分と言うのは、生徒会長と副会長が定時報告会で席を外す時間。
その時間に突入すると言う情報は信憑性の高いもので、窈は生徒会に信頼されることが出来たようです。
早速窈は、生徒会長たちが戻ってくるまでの間、鴨を見張るように頼まれます。
期せずして鴨と二人きりになった窈。
実は窈がこの生徒会スパイに志願した本当の理由は別のところにありまして。
それは鴨に何かを告げることのようで、早くもそのチャンスが巡ってきたのです!
画像

真剣な表情で鴨に話しかけ始める窈ですが……
その時丁度、織筆たちがその部屋に入ってきてしまいました。
チャンスを失してしまったことに思わず顔をしかめてしまう窈ですが、そこで一つ引っかかることがありました。
さっき出て行った生徒会長たちは、織筆たちを迎撃にいったのではないのか……?

そのころ、生徒会タワーの前では惨劇が繰り広げられていました。
タワーを取り囲んでいた、エグ美の部下の皆さん達。
彼らが生徒会のメンバーになぎ倒されてしまっていたのです!!
……全ては生徒会長の手のひらの上。
窈がスパイであることも重々承知のうえで、泳がせていたのです。
その上で、「生徒会に挑んだものの哀れに逃亡する鴨達」という構図を作り、その様子を全校放送で放映する。
画像

そうやって更なる生徒会こそが生徒の味方で、鴨達一派が敵である図式をはっきりとしたものにしようとしていたのです!!

まんまとその目論見通りに動かされてしまった織筆たち。
鴨は取り戻したことですし、そのまま逃亡を図るのですが、織筆たちに賞金がかけられてしまったこともあり、より一層状況は悪くなってしまいました。
いたぶられてしまった鴨を一刻も早く医務室に送り届けたいところですが、追走の手も近づいていまして……
その追っ手を食い止めるためにまず立ち止まったのが、織筆でした。
程なく織筆の元にやってくる生徒会の5人。
彼女たちは、誰が織筆と戦うかジャンケンで決めるなどと言い出すのですが、織筆は迷うことなく二人の人物を指名するのです。
安吉良と、ラム。
そう、紫乃を医務室送りにした二人です!!
生徒会のメンバーは二人に任せ、他のメンバーを追います。
残った三人でのバトルが始まるのですが、始まるのとほぼ同時に安吉良とラムの攻撃が炸裂!!
画像

「劇終」。
織筆ほどの実力者でも、やはり彼女達にはかなわないのでしょうか……!?

その後、続々と戦いの組み合わせは決まっていきます。
ある意味生徒会メンバーで一番得体の知れない小柄な人物、ムームー。
彼女と戦うのは、丸恵&エグ美の重量級タッグです!!
画像

熱血キャラの走と、忍者系の小鹿の二人と闘うのは、朱羽と富江の犬猿タッグ!!
画像

この生徒会メンバーVS織筆軍、どちらの手に勝利が握られるのでしょうか!?
観戦を決め込む生徒会長&副会長は?
今は窈に任せている感じのマブルゥは?
そして特訓にいそしむ鉤生は!?
戦いはさらに激しくなっていきそうです!!

と言うわけで、生徒会と織筆チームの総力戦が繰り広げられる今巻。
前巻に引き続き、激しいバトルが繰り広げられていきます!
本作の戦いといえば、愛のぶつかり合い。
ですが今巻で行われるのタッグでの戦いでは、今までとは違う信頼や、パートナーへの気持ちがクローズアップ。
それぞれのキャラクターがそれぞれ持っている気持ちが、今回も火花を散らせるのです!!
そしてほかに注目したいのが鴨と鉤生の出会い。
彼らの初コンタクトはどのようなものだったのか?
鉤生の深い愛情が生まれるきっかけとなる出来事が描かれるのです!!

激戦が繰り広げられる、「ねじまきカギュー」第7巻は全国書店にて発売中です!!
生徒会VS織筆の三大バトルが始まる今巻。
連載初期には誰が予想したでありましょうか、エグ美さんの活躍も描かれております!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ねじまきカギュー 7 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2012-10-19
中山 敦支

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ねじまきカギュー 7 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「くろくろ ~BLACK CHRONICLE~」第1巻です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスより刊行、チャンピオンREDいちごにて連載されています。

作者はらっこ先生。
らっこ先生は00年ごろから画業をはじめ、01年より成年向けをメインに漫画家としてデビューしました。
その後も同人誌などで活動しながら、近年では全年齢向けの漫画作品も発表。
本作でついに初の全年齢向けコミックスの発売となりました。

さて、本作は所謂ハーレム型のラブコメ漫画です。
ですがそこはいちご&らっこ先生、単なるラブコメではない、独自の味付けがなされているのです!!

夢の中に現われた全裸の褐色美少女。
なんだかよくわかりませんが、彼女ほユーゴのことを「天下一刹那」などと言う名前で呼び、世界が消滅しそうだとか、貴方の能力が必要だなどとはなしかけてくるのです。
何のことかわからないユーゴに、彼女は何かを見せようとするのですが……

そこでユーゴは目を覚まします。
10年ほど前近所に引っ越してきた幼馴染のミウが、良心の仕事の都合でユーゴの家にしばらく厄介になることになり、その引越しの手伝いをしなければならなかったのです。
さっさと手伝えと言うミウの声で目を覚ましたユーゴですが、寝ぼけた頭の中は先ほどの夢のことで一杯です。
あの夢はなんなのか、あの女性は何者なのか、見せようとしていたものは?
考えれば考えるほど、なぜだか心の中は不安で一杯になって行くのです!

妹のいちるも加え、引越し作業を始めます。
ミウはユーゴの隣の部屋で暮らすことになったのですが、まあ色々荷物がでてくるもんです。
ですが意外にエロスな本とか葉でてきません。
ミウにもそのことを冷やかされるのですが、ユーゴは余裕の表情。
それもそのはず、あらかじめその手のエロスなグッズや、アニメ系グッズなんかは整理済みなのですから!
ところがそんなユーゴすら存在を忘れていた、謎の箱がでてきました。
画像

大きく「あけるな」「封」と書かれていたその箱。
その字は明らかにユーゴのものですが……とりあえず、恐る恐るその箱をあけてみることにしました。
そして他の二人に見えないようにこっそり中を覗くと、そこには……!!

その場は何とか取り繕ったユーゴ。
ミウといちるが一緒にお風呂に入っている間に、ユーゴはその箱を焼却炉に盛って言っていました。
怯えながらその箱の中身をぶちまけるユーゴ。
箱の中からでてきたのは……
画像

自作小説と設定資料集だったのです!!

ペンネームは「天下一刹那」。
「竜の封印」「旧世界のロゼッタ」「エリクサーの精製法」「竜人族の末裔」。
次々でてくるアレなワード、全13部だの劇場版だのといった無駄に壮大な設定、オリジナルの魔法……
サインの練習の後まで描かれているそれは、ユーゴに吐き気を催させるのに十番なパワーを秘めていたのです!!
さっさとこれを処分しないと、と慌てているとそこにタイミング悪く突風が。
このままでは俺の黒歴史が世界中へ……とうろたえていると、それを拾い集めるお手伝いをしてくれるものが現われました。
……ミウです。
ある意味一番見られたくない人物にみられてしまいました……
予想通り彼女は爆笑。
中でもヒロイン的なキャラの設定はツボだったようです。
画像

「煉獄のフェイ・イブリード」。
火属性のバレットガンナー、銃形態の魔導機「クリムゾンブレイザー」。
必殺技は「オロチバレット」(コマンドは6236946+PPP、2ゲージ消費だそうです)。
オマケに裏面にはおパンティの設定までかかれていまして、もうミウは大爆笑。
その笑い声はそりゃもうユーゴの精神力を削っていくのですが、そのユーゴのショックをより倍増させるかのように、突然の大雨&落雷が襲いかかってきました!!
これは危ないと家に逃げ帰ろうとするのですが……
なんか目の前に何か巨大な怪物のようなものが要るではないですか!!
明らかにやばい雰囲気がしますが、よく見るとその怪物の前に誰かたっています。
なんだか露出の多い服装の、褐色の美少女。
彼女は魔導機「クリムゾンブレイザー」を取り出し、必殺の「オロチバレット」を放ち……怪物を一撃で葬ってしまったのです!!
画像

彼女はユーゴを「天下一刹那」と、「創造主」と呼び、こういいました。
私は煉獄のフェイ・イブリード。
ようやくお会いすることが出来ました。
マスター、またこの私めを愛してくださいね、と。
画像

……抱きしめて、キスをしながら!!

と言うわけで、封印したはずの黒歴史が紐解かれてしまう本作。
何がきっかけなのかはわかりませんが、ユーゴの書いた小説のキャラクターが具現化し、この世界にでてきてしまっているようです!
で、どうやら問題はこういった小説にありがちな「飽きて書くのを投げてしまった」ことにあるようで。
要するに完結させてくれ、と言うことらしいのです!
どっこい記憶の奥底に封印していた小説の続きなんてすぐ書けるはずもありません。
どうしようかと悩むユーゴ、といいたいところですが、この後次々と彼の小説のキャラクターが登場!
それもフェイのように友好的なものばかりではなく、なんだかよからぬことを考えているものもいるようで!!
ともかくユーゴの周りは、フェイをはじめとした自作キャラとミウという美少女が取り巻くことに。
男としては嬉しいかもしれませんが、なにせキャラが増えると言うことはその分ユーゴの黒歴史が明らかになると言う面もあるわけで。
うれしはずかしドキドキライフと、出し抜けにやってきたバトルのある日常が始まることとなるのでした!!

黒歴史の復活、「くろくろ~BLACK CHRONICLE~」第1巻は全国書店にて発売中です!!
お色気とバトル、そして黒歴史のハイブリッド作品である本作。
作中にでてくる黒歴史の設定資料集も巻末についていまして、あわせて読むとよりニヤニヤ出来ますよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


くろくろ~Black Chronicle~ 1 (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
2012-10-19
らっこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by くろくろ~Black Chronicle~ 1 (チャンピオンREDコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



このページのトップヘ