mb0
本日紹介いたしますのはこちら、「陣内流柔術流浪伝 真島、爆ぜる!!」第11巻です。
作者はにわのまこと先生。
日本文芸社さんのニチブン・コミックスより刊行、週刊漫画ゴラクにて連載されています。

さて、我を忘れて暴走してしまったものの、意外な難敵柳瀬を退けた真島。
その他にも亜利雛が柳瀬の妹であることが発覚したり、謎の覆面格闘家ニードルの正体が野々宮っぽいことなどもわかってきた上、前作「すっとばす!」で戦ったムエタイ戦士、ガルーダのトレーナーとも再会しました。
そのトレーナー、モンサワンは何か真島に伝えたいことがあるらしく、翌日真島と再び会う約束をしたのですが……
翌日、モンサワンは見るも無残な死体となって発見されたのです。
「シリアルキラーにみつかった」と言う書置きを残して……

モンサワンの死に衝撃を受けた真島ですが、彼に更なる衝撃が襲い掛かります。
同じくかつて真島と戦いを繰り広げた、金兄弟。
その金兄弟のバックアップをしていた孫が、モンサワンと同じく「変死体」でみつかったと言うのです。
モンサワンがみつかったのは千葉、孫が見つかったのはロサンゼルスと場所こそ大きく違っていますが、二人には共通点があるわけで。
かつて真島と戦った……つまり、GIGAバトルに参加していた、と言う。
殺される前にモンサワンが、シリアルキラー……犯人の存在を知っていたと言うことは、ひょっとしたらGIGA関係者に彼ら以外の被害者がいたと言うことでは無いでしょうか。
mb1
……あるいは被害者だけでなく、加害者も……

もともとGIGA関係者と言うのは、人の命などなんとも思っていない節がありました。
ですが今回のモンサワンの惨劇を巻き起こした犯人からは、まともな人間ですらない様なムードが漂っているのです。
そこで真島は、ある人物に合う決意を固めるのでした。
その人物とは……
mb2
亜利雛だったのです!

その頃、真島に協力してくれている雑誌編集者の久保田と岡本は気になる事実にたどり着いていました。
シリアルキラーとGIGA等の関係はまったくつかめなかったものの、今回のモンサワンの死に様がある都市伝説ににていると言う噂がたっていたのです。
「イースターエッグ殺人事件」。
イースターエッグとは、イースターを祝うために色をぬったり装飾を施したりした鶏卵のこと。
ですが、実際に存在しない「赤い卵」のことを指すと言う説もあるのです。
この都市伝説の由来はそれにあります。
全身から大量失血後、体中の関節を破壊し、そのまま強引に丸め込まれる……
mb3
その死体がさながらイースターエッグのようだ、と。

真島が亜利雛にあった理由は、彼女のもつ「超能力」目当てです。
亜利雛はまず、あの夜のことを語り始めました。
6年前に古澤と恐怖の対面を果たした時のことを。
古澤の額と、幼いあり雛の額がふれあった瞬間に……流れ込んできたのです。
古澤の頭の中に存在する、邪悪なビジョンが……!
mb4
これが亜利雛の持つ超能力。
触れた人間の深層心理、いうなれば本人自身も気がついていない「心の扉」の先を垣間見る能力なのです。
心の扉。
その言葉に反応せざるを得ないのが真島です。
記憶を失ってから幾度となく、自身の心の中に姿を現してきたクリエイター。
今の真島の目的は、クリエイターの提出してくる課題をクリアしていき、自らの心の扉を開けること。
ここにきてこの亜利雛の能力は、もってこいと言うほか無いでしょう!
自分の頭のモヤモヤをはらしたい、どんな小さな手がかりだって欲しい。
そう言ってせまる真島のお願いを最初こそ亜利雛は無碍に断るのですが……徐々にその断る理由を明かしてくれるのです。
古澤1人だけならまだしも、キミまであんなビジョンを持ってるなんて。
なんと既に亜利雛は、真島の頭の中を見たことがあると言うのです!!
それはあの、真島が「目覚めた」瞬間、亜利雛とはじめてあったときの事。
そのとき実は真島と亜利雛の額がふれあった瞬間があったのでした。
瞬間、亜利雛の脳裏に飛び込んできた映像は……
mb5
真っ赤な、血まみれの卵。
それはまるで……「イースターエッグ」……!

亜利雛と別れた真島。
際立った情報はそれほど得られなかった真島ですが、もう一つのキーワード「勝者の媚薬」の方から色々調べてみようと仕切り直しをします。
そんな真島の前に、不審の人物が姿を現します。
mb6
この男、亜利雛と別れてから真島をずっとつけていたようで。
強面のこの男、古澤のまわし者か、謎のクラヴ・マガ使い「K」関係者か……
あるいは、シリアルキラー本人か!?
男は真島に戦いを挑んでくるのですが、その前にその正体を明かします。
意外すぎるその正体とは!?
そしてこの男の目的は一体なんなのでしょうか!?

というわけで、Braveは第2回戦を終えてとりあえず一段落し、勝者の媚薬編へと突入していくことになります。
来るニードルとの戦いを控え、少しでも多く自身の記憶の糸を手繰りたい真島。
亜利雛の持つ超能力は、真島の過去を明かすには至りませんでした。
ですがこのシリアルキラーとのつながりを示すイースターエッグが、これからのなんらかの鍵を握ることは間違いないでしょう!!
空白の6年間の謎に迫ることは、同時にシリアルキラーを追うことにも繋がるようです。
真島の前に広がる、巨大な謎。
真島はその謎の牙城を崩すことが出来るのでしょうか!?

そして勝者の媚薬を負っていく中で、ある人物と再会!
旧作のキャラクターの再登場というのは、ファンなら興奮せずにはいられないもの。
今巻に出てくるのは果たして……?

勝者の媚薬シリーズ収録の「陣内流柔術流浪伝 真島、爆ぜる!!」第11巻は全国書店にて好評発売中です!!
自身の過去を追う真島の戦いを描く本作。
激しいバトルに加え、ショッキングかつグロテスクな描写も豊富に取り入れられておりますよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!