wo0
本日紹介いたしますのはこちら、「我妻さんは俺のヨメ」第4巻です。
作者は原作が蔵石ユウ先生、漫画が西木田景志先生。
講談社さんの少年マガジンKCより刊行、週刊少年マガジンにて連載されています。

さて、短時間未来へタイムスリップする能力を持つ男、青島の奮闘を描く本作。
憧れの君、我妻さんと結婚している未来に向かって頑張るのですが、未来は移ろいやすく、すぐ未来は変わってしまい……
今日も彼は憧れの彼女との未来へ向けて頑張るのです!

今日も今日とて、友人の小松とともにバカな話をしている青島。
その日は、巨乳の女の子について話をしておりました。
小松が求めてやまない巨乳女子ですが、実はクラスメイトに一人当てはまる人物がいるのです。
オランダ人とのハーフ、下妻シルヴィア。
シルヴィアは美人でスタイル抜群、見た目は言うことナシなのは小松も賛同するところなのですが、気になってしまうところがありまして。
確かにシルヴィアは顔もスタイルも抜群にいいけど、ガサツで暴力的だからダメだな。
そうはっきりと小松が断言した瞬間、
wo1
悪かったな、と彼女自身による激しいツッコミが襲い掛かってきたのでした!!

突然襲来してきたシルヴィア、青島に用事があるようです。
パソコンが欲しい、買いに行くからついて来い。
有無を言わさぬパワーのあるお誘いですが、彼女のジャイアン的キャラをよく知っている青島からすれば「盗って来い」と言われなくてよかった、とむしろ安心してしまうお誘いです。
ですが青島、特別パソコンに詳しいわけではありません。
素直にもっとパソコンに詳しい人といったほうがよいのではないか?と提案すると、シルヴィアは手近にいた小松にお前もついて来い、と命令します。
が、小松ははっきり行ってパソコンをイコールエロスなリビドーを発散するゲーム専用にしか使っていない人物。
そっち関係なら、青島のもう1人の友人である伊東のほうが良いだろう、と伊藤を呼んでこようとするのですが……
突然小松は必死になって俺が行く、俺に任せろと青島に迫ってくるではないですか!
青島と小松と言う面子では、的確なアドバイスが出来るとは思えません。
ですがそれでも小松は懇願を続けるのです。
学校の外で女子と会えれば、あわよくば、何かが起きるかもしれない……!!
wo2
もてない男子が、万が一、運がよければ……それにかけたいと思ってしまうのは、仕方の無いことなのかもしれません……

シルヴィアさんが別に誰でもかまわないよと言ってくれたので、二人がお供になるのは決まりました。
小松はもう喜びはしゃぎまわるのですが、「二人が女子と出かける」と言う事実が伊東の耳に入ってしまいます。
そもそも小松は、伊東や青島も所属しているDX団と言う集団のリーダーです。
DX団とは端的に言うと、リアルが充実している男子を呪うと言う集団!
実害は与えない、要するに負け犬の集ま……もとい、もてないグループのストレス発散の場なのです。
そんなグループのリーダーであるはずの小松が、女子と……それも中身はともかく飛び切りの美人とデート紛いの行為に及ぶだって……?
伊東たち、他のDX団の心の中には、凄まじい怒りがふつふつと沸き立ってきました。
となればやることは1つ。
wo3
妨害です!!

で、青島はと言うと、悩みに悩んだ末その待ち合わせの場所に来ていました。
シルヴィアは、彼のおよめさん候補だからです。
もちろん今の彼は我妻さん一筋なのですが、シルヴィアと現在で仲よくしていくと、なにやらフラグが立つらしく、シルヴィアと結婚している未来に変わってしまうのです。
少しでも距離をおくために、約束をすっぽかしてしまうか?とも考えるのですが、そうしたときのシルヴィアの寂しそうな顔を想像するといたたまれなく……
wo4
もしかしたらそれがきっかけで、オランダとの国際問題が起きるかも?と思考はアホな飛躍を遂げてしまいまして。
結局ここにやってきたのですが、やってきたシルヴィアはおっぱいの谷間を惜しげもなく披露するセクシー衣装!
我妻さん一筋を心に誓っている青島も、自然とひきつけられてしまうのです!!
wo5

その後、貼りきりまくってから周り気味の小松を加えて三人で買い物に向かいます。
そして予想通り、DX団も来襲!!
パソコンに詳しいと言う伊東の特技を存分に発揮し、家電店の展示品のパソコンやらプリンターやら、電気マッサージ器なんかを駆使して様々な妨害を仕掛けてくるのです!!
が、なんかグダグダのうちに小松と伊東は和解。
シルヴィアさんのお買い物も彼女自身によるミス(?)が原因でいい加減に終わってしまいました。
結局全体的にくっちゃくちゃでデートらしかったものは終わり、DX団も巻き込んで全員でお茶して終わることになったのです。
くよくよ考えなくても、買い物デートは失敗するんじゃないか!
青島が安堵しながら、ハンバーガー店での談話を楽しむのですが、その時に突然例のタイムスリップがやってきたのです。
特にフラグのたつような事件もおきませんでしたし、相変わらずそこで待っているかわいい妻は我妻さんのはず。
ですがそこで待っていたのは
wo6
あたしはあなたのお嫁さんだよ、と頬を染めるシルヴィアだったのです!!
一体なにがどうなってこうなってしまったのでしょうか!?
青島の未来の行方やいかに!!

と言うわけで、再び未来が変わってしまった今巻。
あくまで本命は我妻さんですが、シルヴィアも美人でスタイルがよく、なんだかんだいっていい子出ることは間違いなく……
青島は揺れ動くわけです!!
我妻さんに一途な想いを抱きながら、すぐそばにまで近づいているシルヴィアとのフラグに手を伸ばしてしまう気持ち、わかります……
揺れる青島、その決断をとくとご覧あれ!!

基本的にコメディである本作ですが、時に挿入されるまじめなお話も見逃せません。
前巻から続いている、我妻さんの水泳に関する事件の完結編も収録されていまして、その本作の普段のテンションとのギャップが大きいちょっぴり切ない結末は必見かもしれません!!

未来はリア充、今は……?「我妻さんは俺のヨメ」第4巻は全国書店にて発売中です!
独自の設定が光るラブコメディである本作。
二次元、三次元問わないパロディネタもふんだんに用意されていますよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!